FC2ブログ

2017-10

Latest Entries

松茸の香りで浮かぶ祖母の顔

10月2日。
今日は退院してから37日たち、入院していたと同じ日数がたった。
水曜会のKsさんから回復には入院した日数の2倍から3倍かかると言われましたが、その通りのようで、まだ以前の体調には戻ってない。あせらず、ゆっくり行こう。
大門句会勉強会その258の三四郎さんの句評を見る。
兼題はあかねさん出題の「松茸」。

◇光

松茸の香りで浮かぶ祖母の顔

車中にて松茸匂うローカル線

⇒ときどき松茸を食べさしてくれたおばあちゃん。この香りを嗅ぐと思い出す。少年の日の味はなにかの思い出と共に記憶にありますね。

茸狩りに行った一団が乗っていたのでしょうか。車中に匂いがたちこめるほどだからかなりの量だろう。長野あたりの路線の感じがする。

→あかねさん選。

松茸の香りで浮かぶ祖母の顔

<祖母が作ってくれた松茸料理が香りで甦り優しさを思い出すのが良いです。

  季節ごとに手料理を作る世代がなくなってます。>

→野里子さん選。

車中にて松茸匂うローカル線
→とっておきの何時もの場所での茸狩。帰路の満足した風景です。
→はなさん選。

松茸の香りで浮かぶ祖母の顔

 食べ物の思い出は口に入れたとたんに画像が浮かび会話まで思い出します。

:前句は母方の実家飛騨高山の祖母が時々松茸料理を出してくれた。「**ちゃん、ぎょうさん あがりゃあ」と勧めてくれた優しい祖母の顔を思い出す。

:後句はかなり前だが、山登りで長野か山梨のローカル線に乗った時に、良い匂いが漂ってきた。籠に入っていたような気がする。

私の選句。

◇野里子

「ヨク出マス」松茸山の熊の絵に

⇒暗に「入るな」と言っているのですね。カタカナの「ヨク出マス」が素朴と言うか子供っぽいと言うか手作りの感じが出ている。

:「ヨク出マス」が秀逸。この頃、山道でよく見かける。熊は増えているらしい。

◇あかね

松茸飯しゃもじで探るふたかけら

⇒しゃもじで茶碗によそうときにどれも平等に松茸が入るように探している。みんなの無言の眼がじっと見つめている。まあ、そこまではないでしょうが、なんとも涙ぐましい食事風景。なお、俳句ではすべて大文字で、「しやもじ」。

:松茸は貴重になってしまった。よくわかる微笑ましい景。

◇勝山

松茸を見つけし声の裏返り

⇒茸狩りに行ってさんざん探したあげくやっと見つけた! たぶん女性ですね。一オクターブ高い声で「あったあ!」。

:声が裏返ると言うのが、やったーという喜びをうまく表現してる。

◇はな

松茸や料亭創業四百年

⇒老舗の料亭でいただく松茸。いまや松茸は高級食材ですからいただくにもそれなりの舞台装置が必要。もっともお値段もそれなりにでしょうが。

:高級になってしまった松茸を創業400年で表現したのは秀逸。

◇三四郎

茸狩やけもののごとく四つ這ひで

:茸狩に行ったことはないので、わからないが、多分そうであろうと言う想像力がはたらく。


庭のオキザリス・フラバ。

IMG_0638aaa_20171003231744bf4.jpg 

タマスダレ。

IMG_0639aaa_20171003231745f0c.jpg 

マダガスカルジャスミンの葉の間から、ミズヒキが顔を出した。

IMG_0640aaa_20171003231747b4c.jpg 

ピラカンサが色づきだした。

IMG_0641aaa_20171003231748e10.jpg 

矮性薔薇。

IMG_0642aaa_20171003231750bc2.jpg 

 


ベスト・エッセイ

10月1日。
とうとう10月を迎えた。
入院していたので、夏をあまり感じないうちに秋が来た。
体調は、回復基調にはあるが、鼻風邪気味なので一日おとなしくする。
入院中にTtさんが持ってきてくれた「ベスト・エッセイ」をようやく読み終わる。
本書編纂委員 林 真理子
2016年に新聞や雑誌などに発表された数多くのエッセイの中から,75編を厳選しました。さまざまなジャンルの書き手たちがえがく,日常生活から切り取った機知に富んだ随想,意見文,そして2016年に亡くなられたあの方に捧げる一文など,珠玉のエッセイ群をどうぞご堪能ください。」
とのこと。いろんな観点があり、実に面白い。
IMG_0636aaa_20171002201855da8.jpg 
退院して1か月くらいの間に、「蜜蜂と遠雷」に刺激されて、5冊ばかり読んだ。
Sさんは本を読むのも早く、読む本も私よりレベルが高い。私もSさんに刺激されて、年間50冊以上は読んでいたが、この二三年は読書量が極端に減っていた。久しぶりに本に戻って来て、やはり読書は良いなあといまさらながら思う。
庭のキバナタマスダレ。
IMG_0625aaa_2017100220185701c.jpg 
タマスダレ。
IMG_0628-001aaa.jpg 
ピンクのサルビア。
IMG_0629-001aaa.jpg 
オキザリス・フラバにとまる蝶。
IMG_0630aaa.jpg 
ホトトギス。
IMG_0634aaa.jpg 

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR