2016-09

Latest Entries

エクアドルのコーヒー

庭の金木犀。匂いが庭中漂ってる。
IMG_2372aaa.jpg 
薔薇。
IMG_2373aaa.jpg 
デュランタ。花期が長い。
IMG_2374aaa.jpg 
Sさんお気に入りのタマスダレ。
IMG_2375aaa.jpg 
矮性の百日紅。良く咲く。
IMG_2382aaa.jpg 
昨夜寝しなに飲んだエクアドル産のコーヒーのせいで夜よく眠れず。Sさんも眠れなかったと言って起きてきた。
ガラパゴスに旅行した時に買ったコーヒーで、ずっと飲んでいなかったが、昨日、カルディのコーヒーのカタログにエクアドル産が載っていたのでSさんが思い出してコーヒーを入れてくれた。
やわらかな苦味のなかにさっぱりした酸味が感じられる独特の味わい。何時も飲むコーヒーとは一味違う。喜んで飲んだが、寝際に飲んだのがいけなかった。何時も飲んでる珈琲だと寝際に飲んでも眠れないことはなかった。強いのかなあ。
おかげで二人とも寝不足で調子が良くない。Sさんが頭痛。私も昼寝をしたが調子が良くない。出かける気もうせて一日中ゴロゴロ。ようやく重い腰を上げて大門句会の勉強会の句を作る。兼題は私が出した鹿。簡単にできると思ったがなかなか苦戦。望月や山でよく見かけるのでそれを詠もうとしたが、欲が出てしまい素直に詠めない。ようやく夜中に出来上がって三四郎さんに投句した。
スポンサーサイト

Ktさん油彩画展

Sさんと待ち合わせてKtさんの油彩画展に行く。Ktさんと会社時代の友人。よく酒を酌み交わした。
いつもと違う宝町で降りたら、Sさんが珍しく方向を間違える。
ギャラリーくぼたに到着。
d0117bf73716b0640c01677c538c30a0614d2ff555aaaa.jpg 
Ktさんのご挨拶文より
「私は油絵を始めて今年で43年になります。今年11月に喜寿を迎えますので、久しぶりに「個展」を開いたら、という女房の声に背中を押されて、開催することにしました。シンガポールの赴任を終えて、帰国してから描き貯めた沢山の作品の中から主として小品を選んで陳列してみました。・・・」
42点出品されている。ゆっくりSさんと観賞。何点か写真を撮らせてもらう。
真鶴漁港「1987年写実画壇展(上野の森美術館)出品作品」
t01474c39a9a6220bc043d306a45693ad3d03b6bae1aaa.jpg 
屋台の賑わい(シンガポール)「シンガポールの熱気と匂いと色彩を描く」
sa01bab26207eff12885c8f5f77c92a755ecc67331eaaaa.jpg 
午後の那覇港「宿泊したホテルすぐ横が港、時間がゆっくり流れる」
i0190b1151afceb3c6414e8dfb5bf786afea24b7597aaa.jpg 
ニコライ堂を見上ぐ「友人とニコライ堂を描きに行った。昼下りの雷雨で退散」
n011d6e103eacb26a5242a62496e2012f80d4dd88d0aaa.jpg 
HIMAWARI(ひまわり)「隣のおじさんの庭からいただいた「ひまわり」を描く」
e01044f3c494dcc41242689e3a90caaf4d77211bab0aaa.jpg 
リンゴと椅子たち「リンゴの赤色と椅子の動きをリズミカルな音楽に」
r01675c401e963e0eadc45bdffeaee86eab420bf006aaa.jpg 
七十六歳の自画像「今回の個展を決めてから、今の自画像を描いた」
k019d046f963bf1c8c94d9808b53c16f88ac9431da0cccaaa.jpg 
どくだみの花「我が家の庭の片隅に咲いたどくだみの花」
g01b4dd1ad938637e025ace829b50d792b118b53883aaa.jpg 
天日干しの味覚「魚は天日干しにすると、旨味が増す、描いた後は喰らう」
l010a77c76fc332a89da589cc66ab1dc0a3cd76dd3eaaa.jpg 
橋のある風景(ボルドー)「40年以上前のスケッチブックから油絵に」
p0125cc35fe0830cc20dc9000cf955499cfcacb3cf0aaa.jpg 
Ktさんらしい画風を楽しむ。我が家にも寄贈された逸品が飾ってある。
Ktさんは食事時らしくていなかったので残念ながら会えずに帰る。
帰りにフィルムギャラリーに寄る。
u01c0f73ceb25d3333974e2cc92929eae02f8df6439aaa.jpg 
日本橋に移動してSさんご贔屓の高島屋で蕎麦を食べる。
y01c01313d7a320dcfbe74c1a56a4d265375636a815aaa.jpg v01e6ce20a436f9c719ea61fd5b4a81aa73e23ba37eaaa.jpgw018c0969d1c0a71dcd8e570203b1205d39d80bf31eaaa.jpgx016a8efc5f8296ea3cff6e0702de46efd954fe9325aaa.jpg
京都の物産展を覗く。つい買ってしまう。
z0175518a7bceb184d8e52f124c7b075f7d431eb85caaa.jpg za01bbe16b4ce37392b06ab387df675821f368aeea5daaa.jpg
駅に着いてから、またカルディでハラベーニョを買う。
買物しすぎた。

診察

庭の金木犀。良い香りが漂う。玄関まで匂う。
IMG_2365aaa.jpg 
タマスダレ。凄く咲いてきた。
IMG_2367aaa.jpg 
曼珠沙華、いまが盛り。
IMG_2371aaa.jpg 
今日は診察の日。主治医の若い女医さんが休みなので、もう一人のベテランの女医さんに診てもらう。患者が多いので待たされると聞いていたが、患者は多かったが、あまり待たされることがなく順番が来た。
症状を聞かれたので、調子が良いと答える。血液検査の結果も改善が見られ問題ないという。肝臓、腎臓、CRPとも問題なくなる。
触診して関節リウマチは収まってますねと言う。
お腹に肉がついてきたと言ったら、プレドニゾロンのせいで食欲が出てお腹に肉が付きやすい。確かにすごくお腹が減る。あまり食べると糖尿になることがある。次回の血液検査で確認しましょうと。これはお腹が空いても食べすぎないようにしなくては。
ハイキングに行っても良いかと聞いたら、プレドニゾロンのせいで調子が良いのだから、無理すると関節リウマチがぶり返すと言われる。プレドニゾロンを減らした時の症状で判断するという感じ。焦ってはいけない。まだ退院してから3週間しかたっていない。
10mgまで減らしたら、肺のCTも撮ってみましょう。
プレゾニドロンは15mgから12.5mgまで減らす。
バクトラミンとネキシウムカプセルは同じ。
帰り道のペンタス。
010c4270380e34f8ad46b859d4dd721858af88e9e9aaa.jpg 
マンデビラ。
01ae0958eeebf2a5e36691ab54620fcfc25bc753e2aaa.jpg 
Sさんに報告。ハイキングの話をしたら、そうでしょう急ぎ過ぎよと言われてしまった。この土日にでもちょっと足慣らしに行ってこようと思ったが、やめにした。
Ktさんの個展に行こうと思ったが、あまりに蒸し暑くて汗だらだらなので止める。明日のほうが温度が下がりそうなので明日にする。
歌の練習。1時間もすると疲れてしまう。
夜は食事を抜く。Sさんに間食したら何にもならないわよと言われたので、お茶だけですませた。

Sさんの誕生日

今日はSさんの誕生日。happy birthdayを歌いケーキカットする。
a01e401aea507dc0c8a87d118bd63bd608d367db279aaa.jpg 
Sさんあっての私だといつも感謝の念で一杯。もし一緒になれなかったらどんな人生だっと思うとぞっとする。Sさんがいたから、厳しい会社生活(赤黒生活)も乗り切れたし、退職後の極彩色生活はまさに極彩色に過ごすことができている。これ以上望むことはない。
サントリーホールに出かける。Sさんが偶然手に入れたチケットが誕生日と重なったので、丁度良かった。
d0153840dff6d7f762afaf47a976f57fabe3f19b60caaa.jpg 
会場に入る。花束が一杯。
e014e69bb8ebb96f4ed7b2c823cfbcec9a40c432b5eaaa.jpg h01141c95a9f807c9cb1a1b2e95f2fb7c4a371a72d7aaa.jpg 
招待客が多いみたい。著名人もちらほら見える。
i01c8c7138cd5ea9904fa1a5d5c6bba43412ac1f6f5aaa.jpg 
日本フィルハーモニー交響楽団 
ピエタリ・インキネン首席指揮者就任披露演奏会」
世界各地で活躍の場を広げ注目を集めるインキネンは、2015年よりプラハ交響楽団、ルートヴィヒスブルク城音楽祭の首席指揮者に就任。2009年より日本フィルハーモニー交響楽団の首席客演指揮者を務め、2016年9月に首席指揮者に就任。」
ワーグナーの深き森へ……
インキネンが最も深く傾倒しているワーグナーを取り上げます。
歌手にワーグナーの聖地バイロイト音楽祭でも常連となっている
世界的ヘルデン・テノール サイモン・オニールと、メトロポリタン歌劇場をはじめ
世界で活躍するソプラノのリーゼ・リンドストロームを招きます。」
指揮:ピエタリ・インキネン[首席指揮者]
ソプラノ:リーゼ・リンドストローム

テノール:サイモン・オニール」 

楽劇《ジークフリート》より抜粋

楽劇《神々の黄昏》より抜粋」
日本フィルハーモニー交響楽団のワグナーの世界にひたる。Sさんはワグナーはそれほどでもないようだ。
指揮のピエタリ・インキネンは若い。あんなに長く指揮して肩こらないかしらとSさんが言う。
リーゼ・リンドストロームは素晴らしかった。背が高いが、細身なのによくあんな素晴らしい声が出るわねえとSさんが感心する。
長丁場で疲れた。

痩せ猫のゆるゆるくぐる秋簾

庭の曼珠沙華。
IMG_2338aaa.jpg 
タマスダレ。
IMG_2340aaa.jpg 
金木犀の蕾。
IMG_2344aaa.jpg 
百日紅。
IMG_2346aaa.jpg 
キンレンカ。
IMG_2348aaa.jpg 
苦吟の結果を何と5句選んで大門句会に出かける。
30分前に着いたが、もうかなりの人が来てる。
参加者が多く、13名。フルメンバーに近い。久しぶりのあかねさん。
皆が大変でしたね、元気になって良かったですねと声をかけてもらう。
特に遊介さんと馬空さんからは、無茶してはだめですよ、1500mは泳ぎ過ぎです、スクワット200回はやり過ぎとかいろいろ忠告される。
スキー山はダメと言われそうだったので、86歳の大先輩が骨折しても滑りたい一心で復活してきたという話をした。
幹事三四郎さんの司会で始まる。主宰は小雪さん。
兼題は、小雪さんから

季語

  「露」 風のない晴れた夜に発生、日差しとともに消える

  「葡萄」 マスカット、巨峰。秋の代表的な果物。

  「秋簾」 簾名残、簾納む。秋になっても吊られている簾。

  「月白」 月が昇る前に東の空が白々と明るくなること。

非季語

  「鶏」 にわとり。コーチン、東天紅、チャボなど。鶏頭は秋の季語。

  「ほつれ」 髪などがほどけた状態。

私の句。

痩せ猫のゆるゆるくぐる秋簾  光

小雪さん、三四郎さん、遊介さん、蒼月さん、夢路さん選。

→ゆるゆるくぐる秋簾は良いが、痩せは必然性がない。痩せはいらない。

:この頃、猫は気になっているので、詠んでみたかった。

ほつれ毛に白髪混じるや墓参り  光

小雪さん、三四郎さん、さらさん選。

年取ってる様子が良く出てる。白髪混じりと墓参りはつきすぎ。

:Sさんとの墓参りを詠んだ。母親か祖母と思われてしまった。つきすぎは、つい詠んでしまう。

朝練の掛け声通る露の路  光

小雪さん、三四郎さん選。

→可愛い句。

:鶴見川の河川敷でよく見かける。

お見舞いは友の笑顔とマスカット  光

三四郎さん、さらさん選。

→素直な句。

:遊介さんがお見舞いに来てくれたのを詠んだ。遊介さんが選んでくれると期待したが、選ばなかった。

月白や腕組む妻のぬくもりよ  光

→蒼月さんが、月白はどういう情景ですかと質問しかかったが、(愛妻句だから)聞かなくても良いと言われた。

:Sさんの句を詠みたくて入れた。

小雪さん特選。

胡麻干すやチャボ脱走の一大事  野里子

小雪さん特選、三四郎さん、糸さん、遊介さん、馬空さん、あかねさん、はなさん、光選。

→離れ具合が良い。

素泊まりの駅前旅館秋簾  馬空

小雪さん特選、勝山さん、野里子さん、はなさん選。

→上手くまとめている。

露の宿一番鶏の声長き  はな

小雪さん特選。

人気句。

秋簾ひそひそ声の聞こえきし  小雪

三四郎さん、勝山さん、あかねさん、さらさん、夢路さん、光選。

→秋の雰囲気。

野里子さんから、月下美人が今年は30も咲いたきく。二鉢と言うからすごい。

選評が活発で、3時間以上かかった。いろいろ参考になり楽しい句会だった。こういう人との交流は大好き。楽しかった。

苦吟と苦唱

庭の斑入りヤブラン。
IMG_2265aaa.jpg 
タマスダレ。
IMG_2272aaa.jpg 
曼珠沙華が満開。
IMG_2332aaa.jpg IMG_2334aaa.jpg
今日はSさんはMrさんと歌舞伎に行ってるので、1人で留守番。
明日の句会のために苦吟。
小雪さんの兼題。

季語

  「露」 風のない晴れた夜に発生、日差しとともに消える

  「葡萄」 マスカット、巨峰。秋の代表的な果物。

  「秋簾」 簾名残、簾納む。秋になっても吊られている簾。

  「月白」 月が昇る前に東の空が白々と明るくなること。

非季語

  「鶏」 にわとり。コーチン、東天紅、チャボなど。鶏頭は秋の季語。

  「ほつれ」 髪などがほどけた状態。

案外難しい。

露に時間をとられる。よく見かけるが句にするのは難しい。

月白は知らない言葉。

秋簾もイメージを作るのに時間がかかる。

鶏は私の頭の中では、騒々しすぎて句にしにくい。

ほつれは色っぽい句を詠みたかったが性分に合わず難しい。

かなり時間をかけ、句はかなりできたがぱっとしない。明日もう一度見直そう。

歌の練習。Skさんの音取りを活用。

Nidaros Jazz Mass

  1.Kyrie

  2.Gloria

   3.Sanctus

  4.Benedictus

   5.Agnus Dei

あかん。音がバラバラ。言葉も怪しい。

苦唱。

ブレーメン通り

昨夜咲いた月下美人は、すでにしおれている。
IMG_2324aaa_20160927152455b7e.jpg 
庭の彼岸花。
IMG_2328aaa_20160927152511b95.jpg 
IMG_2329aaa_2016092715251348b.jpg
Nmさんが計画してくれている仙台旅行の、チケットを買いにSさんとみどりの窓口に行く。
ジパングで3割引きで買う予定だったが、仙台からの移動の事を考えると週末パスの方が、便利だと思い、週末パスに変更した。
帰りは、少し歩こうとブレーメン通りを歩く。
f0138ce48a878fbb7f973f2e80569deedb692c3b748aaa_2016092715244954d.jpg
ハラペーニョ スライスがないか探す。お店にはスライスしてないのはあるが、スライスはいずれも売り入れ。人気があるんだ。私は大好きなので丸ごとのを手に入れてそれをスライスして毎食、魚や肉、野菜に乗せて食べている。
e012e725651be6be3a85358b71eef05e359c76d14b0aaa_201609271524501ec.jpg 
Sさんお気に入りの店で、食パンを買う。
これもSさんお気に入りの珈琲店に入る。ケーキが美味い。
f010d68ecb26876df4f9adaa5e98d59dd5e2673ed29aaa_20160927152452cc6.jpg g015ddac7afef9ed6659039cef6896ff77ce6788b96aaa_20160927152453942.jpg
それ程歩かなかったはずだが、疲れてしまった。

お墓参りと月下美人

お墓参りに出かける。Sさんと一緒で、名古屋で息子とまちあわせ。
息子は風邪がようやく治ったらしくて元気だが、風邪薬のせいで眠ってばかりいる。
可児駅で降りる。
c01cc13f38aac51608f579f75c7b5f2009a8326ae77aaa.jpg
タクシーでお墓に向かう。
お墓に向かう途中の彼岸花。
e019567a6058090f5b9a19bc0305211a6060097192aaaa.jpg 
まずは草取り。3人の共同作業。汗だくになる。蚊も襲ってくる。
ようやく草取りが終わり、線香をすべての墓石にお線香をあげる。
お参り。次男、父母、ご先祖様に感謝。
墓石の裏を確認したら、古いのは天明(1781~1789)とあった。一番古いのは苔むして読めない。確か仏壇には、明和(1764~1772)が一番古く、麹町より移ったとある。麹町の前は不明だが、千村氏に仕えていたらしい。
1時間のお参りの後に、再び名古屋に戻り、待望の味仙に向かう。
千種で降りて、Sさんの案内に従って、かなり歩く。迷ったかなと思ったころ、味仙につく。
s01cc9340aa065f900a1ed27edc2096258f4c75fe99aaa.jpg 
瀬戸に住んでいたころ、藤が丘の味仙に家族で良く通った。
3人とも味仙の辛い料理が大好き。
手羽先、子袋、豚足、ピータン、青菜、ニンニク茎、牛筋煮込み、豚の耳、腸詰め、アサリ炒め、イカとセロリ―炒め、カニ唐揚げ。美味しくて3人とも無言でぱくぱく食べる。息子の食欲に感心するが、つられて一杯食べてしまった。始まる前に写真を撮るつもりだったが、すっかりわすれてしまった。
最後に台湾ラーメン。これも箸をつけてから気が付いてパチリ。
r01590c1ab4f4d8a44670cea1ddbe0f2bf33b784bb6aaa.jpg 
お腹一杯。こんなに食べると太ってしまうとSさんと笑いあう。
名古屋で息子と別れる。息子はのぞみ、私たちはジパングでひかり。
かなり疲れた。
帰ったら、月下美人4輪咲いている。
IMG_2298bbbaaa.jpg
4輪咲くと見ごたえもあるし香りも漂う。
IMG_2310bbbaaa.jpg 
Sさんに懐中電灯で照らして貰いながら、パチリ。
IMG_2300bbbaaa.jpg
月下美人の花は、夜に咲いて翌朝にはしぼみ、その後二度と開くことはありません。夕方から香りを放つようになり、満開になる20時頃には香りがピークを迎えますよ。その後2~3時間が最も見頃となっています。夜に花を咲かせるのはライバルが少ないためで、暗闇で目立つ白い花と強力な香りによって、花粉を運んでくれるコウモリを引き寄せます。」
IMG_2302bbbaa.jpg
「「甘く気持ちのよい香り」「上品な香り」「優雅で心地良い香り」と表現される、ジャスミンに似たやわらかい香り。」
IMG_2312bbbaaa.jpg
「あでやかな美人」という花言葉。
「美人薄命」の語源。
『はかない美』『はかない恋』『秘めた情熱』『強い意志』
IMG_2321bbbaaa.jpg 
至福の時よ。

ケプロンの想い

Sさんと上野の東京都美術館に出かける。
スキー仲間のTm画伯出展の新構造展。
b011b16355cff2789a72034132c840d75c99fad2880aaa.jpg 
Tm画伯いわく「絵は付け足し、IVORYでローストビーフを食べる会」。
Tmさんとは20年以上のお付き合い。当初はお客様だったが、Tmさんの仲間に加えて頂き、海外スキーや夫婦旅行を楽しむ。今回は12名のフルメンバーが参加。社長会長の頃から、楽しくお付き合いさせていただいた。
このメンバの中では、私が一番若年。スキー仲間のKbさん、Sbさん、Unさん、Nyさんと旅行をご一緒したSgさん、Tm夫人、Kb夫人、Un夫人、Ny夫人。
Tm画伯の「ケプロンの想い」を鑑賞。
北海道の歴史を語るとき、ホーレス・ケプロンの存在を欠くことはできません。蝦夷地からその名を変えた明治初期、すでに老いていたこのアメリカ人の奮闘によって、北海道は開拓されたのです。・・・新種のイチゴやリンゴ、それまで日本にはなかったトウモロコシやホップなどを次々に作付したかと思えば、同時に首都札幌の選定や函館―札幌間の道路建設など都市行政についても力強くリーダーシップを発揮します。・・・1967年、北海道百年を記念して札幌の大通公園に北海道開拓功労者顕彰像が建立されました。」
その想いを込めて札幌大通り公園を描いたとTmさんが説明。
c010e28826a81de7531e70acce8fdff0b9d1e2ed256bbbaaa.jpg 
絵が実に繊細に描かれている。描いてる途中で建物が変わりその部分だけ描き直したとか。
皆は鑑賞に長い時間浸っている。
他の展示はざざっと見てIVORYに移る。
テーブルが二つに分かれたが、私たちはTm夫妻とKb夫妻と一緒。
まずは関節リウマチと肺炎入院を心配していたのでそのいきさつを説明。元気になって良かったと喜んでくれたが、もう若くはないんですよとたしなめられた。
Kbさんも生命の危険にさらされたようで奥さんがいなかったら生きてなかったかもと言う。医書から首から上と下では年齢が違うんですよと説教されたそうだ(首から上は若いと思っているが、下の体は年取ってるの意味)。
Tmさんのおかげで今でも会社間の付き合いが続いている。最初お会いしたのがスキー場で、Whさんに連れられて、仕事帰りの背広でゲレンデに現れたのに驚いた。
Tm夫人は楽しい方で、お酒も強い。夫人の前では饒舌なTmさんが少し大人しいのが楽しい。
Sさんも楽しげに会話に加わっている。どういうなれそめですかとか、なぜ最初は断ったんですかとかTm夫人に聞かれている。
ワインを2ヶ月ぶりくらいに飲む。
e0130f4a6e1a3d1751f03ba6ae1ff0d36ba73a476ebaaa.jpgf016efb6d072d4077e97a5d2c65a7cd296f01aa4c62aaa.jpgg0176369d632c8bfdf24a3223f234a9d386dbdc95dcaaa.jpg
お目当てのローストビーフ。
h019d50c08f5a4b340e50f7659eab36927a8a72400caaa.jpgi017ac3f9c6d7359671b1f3ee0a33f645afeef691ecaaa.jpgj01eecb02a92fc838f314598513a6702da78d0c461daaa.jpg
楽しい会話とワイン、ローストビーフでお腹一杯で幸せ。
皆さんは更に絵画展に行くようだったが、私たちはここで失礼した。無理はしない。
帰って、近所の猫ちゃん。
l010682cbd024dd4676cbaafda5859012e55fae8a9eaaa.jpg 
庭の曼珠沙華が咲きだした。
m01faf4bdf792db69bd95f073449fb8cb36668cbcd6aaa.jpg 
善き一日であった。

3Y会

庭のコムラサキシキブ。
IMG_2288aaa.jpg 
ムベ。秋が楽しみ。
IMG_2290aaa.jpg 
柚子。
IMG_2291aaa.jpg 
歌の練習をする。音程、リズムが全然ダメ。
3Y会に行く。Ydさん、Kgさんとの会。
まずは、関節リウマチと肺炎の経過報告。二人から無理しない様にと散々言われる。Kgさんは大病を克服しているので特に真剣に注意してくれる。
久しぶりの秋刀魚が美味い。今年は小さくて皿が大きく見えるとYdさんが店員をからかう。
c01dc651b267b798cf671a26a638a530d8a0a63963faaa.jpg d01e634b82fe76b0c42fd7d0a345ea5617ab3f4f7e7aaa.jpg e014204d06e9927d62d53bec1bca813faa82841d861aaa.jpg f012e6a00bd614ede8e38a7eb9f92ae638b891dcbfbaaa.jpg 
アルコールは控えたほうが良いのではと言われるのであまり飲むわけにもいかない。
豊洲の話から、微妙な話になり、いろんな話が出てくる。Ydさんは経験談をとうとうと話す。興味はわくが、豊洲もそうだったらえらいこっちゃ。
あんまり長いと疲れてくるので話は佳境に入っていたが2時間で打ち止めにしてもらう。
帰りがけにも、Kgさんから、無茶したらだめですよと念を押された。
おじさん(おじいさん?)3人の懇親も楽しからずや。

七福の会

七福の会に出かける。
この会は会長は米寿のHtさん。Htさんは怪我で長らく欠席されていたが、今回久しぶりに参加。
幹事は私なので、何としてもこの日までには普段通りの生活ができるようにしようと歩いたり、スクワットをしたりしてきた。入院後、1か月ぶりの懇親会参加。
行く途中の花。
a01e97491ad85e6abe9882314b3355a4216dff10637aaa.jpg b011bbedef1a47dd0717d1eeeae3ff87f100f8612bdaaa.jpg 
早めについてしまったが、少し遅れてHtさんとIkさんが来る。
Dmさん、Nuさん、Mnさんが現れ、最後にTnさんが現れ、7名揃う。メンバのTrさん、Sjさんは欠席。
d012bb1614c0a4b41cb1750f36e965e1ffbf2cc31c9aaa.jpg e0169683d790b8da4cb9c0c6ce6cc1e3f03ffcd291aaaa.jpg 
まずは、Ht様の怪我の克服の様子を聞く。お元気な話に何度も笑いの声に包まれる。手術を二回もして入院期間も長いのに、話が詳細で面白く、Tnさんはじめ、皆大笑い。元気になられて皆喜んでいる。
私の関節リウマチの話になって、Htさんから、ステロイドは劇的に良くなるけど後が怖いから早くやめるようにと言われる。自分のステロ糸の経験も話す。ビールを飲もうとしたら止めたほうが良いと言われて、小ジョッキ半分しか飲めなかった。スキーは今年はあきらめろと言われてむにゃむにゃ。
Tnさんが白内障の手術をしたら、何と世界は美しいんだろうと思ったと言う。白が特に美しい。
何時もより、病気の話が多かったが、Mn夫人の二科展7回連続入選の話や、Dmさんがポケモンは日本発、LINEは日本発で韓国企業に売られたが、今は日本企業と韓国企業との共同、FaceBook、シンゴジラ、君の名は、の話なども出て新しいことに皆興味があるのはさすが。
Ht様、Tn様の大先輩の方々の元気で、前向きで、何事にも興味を持たれる姿勢に敬服。
1か月ぶりの懇親会なので、無事終了してほっとする。次回の予約して、帰ったら、Mnさんが待っていてくれた。
奥さんとお姉さんと3人で八ヶ岳の麦草峠から高見石に向かい、そのの帰りに道に迷って、遭難しそうになったと言う話を聞く。渋湯まで歩いたと言うのだから、相当な距離。暗く成りかかっていたと言うから、無事でよかった。
帰宅して、一休みして、歌の練習。久しぶりの水曜会の参加。Skさんから送って貰った音取りを聞きながら練習。
4時半になったら、Sさんが台風が近づいてるし、帰る頃が丁度、雨が一番強い。濡れて風邪ひいたら何もならないから休んだらと言う。私も免疫が落ちてるときに風邪ひいたら、嫌だなと思っていたので、水曜会の参加を断念した。
行く行くと知らせていた方々に謝りのメールを入れる。一応に無理しないようにと言う優しい返信。
気が抜けてしばらくぼんやり。来週もSさんと出かける用事があるので、再来週の参加になってしまう。まじめに自習しておこう。

お通夜

庭のピンクのサルビア。
IMG_2281aaa.jpg 
黄色いタマスダレ。
IMG_2283aaa.jpg 
デュランタ。
IMG_2279aaa.jpg 
歌の練習。
久しぶりの声を出してみての練習で声が出ない。おまけにやたらと疲れた。
夜は、大先輩のUyさんのお通夜に行く。
着替えをSさんに手伝って貰う。背広を着るのはお通夜と水曜会演奏会位。お腹が出てると言われる。スクワットや腹筋体操を毎日してるが、ステロイドのせいかお腹がへこまない。
Uyさんには、現役の頃に大変難しい問題を、ほとんど初めてお会いするくらいだったが、相談に行ったら、親身になって相談に乗って頂き、じっくり調べて素晴らしい解決策を見つけて頂いた。おかげで、1人の優秀な人を救うことができた。今も彼から感謝してもらってるが、Uyさんの救いがなければ助けられなかった。
極彩色になる直前に、伝々の会に誘って頂き、伝統文化に接することができた。お能、歌舞伎、狂言、太神楽、落語、講談、俳句など。この会のおかげで俳句の大門句会をJnさんに作って貰い俳句に親しむことができた。
お人柄をした人は多く、雨の中を多くの人が参列された。
駅で、Mdさん、Sgさんに会い一緒にお寺に向かった。
私は、入院以来、一か月ぶりの多くの人との会話。ちょっと不安だったが、すぐにUyを偲ぶ会話が出来た。
艶振る舞いに参加。
伝々の会からも多くの方が参列。Kwさん、Sgさん、Mdさん、Kmさん、Sbさんなど。
Mdさんからは、Uyさんの病状を聞く。Kmさんは来て大丈夫だったのと心配される。Sbさんに山は相変わらず登ってるかと聞かれたので関節リウマチの話をしてびっくりさせてしまった。
会社関係者が多い。Odさんとは慶応高校が強いよと聞き嬉しくなる。Fdさんから酒飲んで大丈夫と言われる。Nuさんからも来て大丈夫と言われる。Kdさん、Ymさん、Wkさんなどと挨拶。
帰りかけたら、Kiさんが駆けつけてきた。声をかけたが気が付かなかったみたい。待っていればよかったが、先にKmさんと一緒に帰った。後でKiさんから誰かいないのと電話がかかってきたので、しまった待っていればよかったと思う。人との接触になじんでいない。
帰りは、Kmさんと一緒で楽しく会話。大門句会の句をまだ作ってないと言うので一安心。
懐かしいIgさんに会い挨拶。
帰って、Sさんに塩を撒いてもらう。雨でぬれてるけど大丈夫と言われる。

吾亦紅伸びする猫の先に揺れ

庭の朝顔。
IMG_2266aaa.jpg 
ノウゼンカヅラとその種。
IMG_2269aaa.jpg IMG_2268aaa.jpg
チェリーセージ。
IMG_2273aaa.jpg 
タマスダレ。
IMG_2277aaa.jpg 
外出を控えて、楽譜をじっくり見る。疲れた。
水曜会を休んでる間に、・Nidaros Jazz Massは全曲練習してるし、・宮崎駿 アニメ映画音楽集 1.さんぽ 2. いつも何度でも、まで終わってる。
しばらくは、参加しても大変だなあ。
大門句会勉強会その222の三四郎さんの句評を見る。⇒は三四郎さんの句評。
兼題は遊介さん出題の「吾亦紅」。

◇光

吾亦紅伸びする猫の先に揺れ

吾亦紅風に乱れてまた戻り

⇒散歩の途中の道に猫がのんびり寝ていた。やわら起き上がってうーんと伸び。その先には吾亦紅が風に吹かれている。

同じ場所でしょうか。ひ弱そうな茎のてっぺんに花のかたまりがあって風が吹くと折れそうだけど意外と強い。

:吾亦紅は望月牧場に行く道に良く生えている。あまり目立たない花だが、風に揺れるとなかなか風情がある。猫は鼻先で吾亦紅が揺れても全く気にもしない。

風に揺れてたよりないが、風がやむと、元の姿勢?に戻ってくる。野草はたくましい。

遊介さん選。

吾亦紅風に乱れてまた戻り

→ 野の草花らしく風に吹かれてもまたすくっと元の姿になる。野原に風に揺れる自然の草花の強さを感じます。

馬空さん選。

吾亦紅伸びする猫の先に揺れ
→猫の瞬間の動きを取り合わせに使っているのが、良いですね。

私の選句。

◇野里子

薪を割る父の背中や吾亦紅

⇒山荘か別荘か、広い庭のある家でしょう。薪割りをする父を少し離れて見ている作者。そばには吾亦紅の花が揺れている。秋の空気が濃い。

◇馬空

明日からは無人駅なり吾亦紅

⇒明日から駅員は勤務しませんという張り紙が駅舎に貼ってあったのでしょう。単線の小さい木造の駅。横手の原っぱには吾亦紅。私の和歌山の故郷を走る電車(猫のたま駅長で有名な貴志川線)の駅はこんな感じです。

 ◇はな

墨の香の御朱印帳や吾亦紅

⇒お参りした寺社でご本尊の名や社名を書いて朱の印を押してもらうのが御朱印帳。今まさに書いてもらって墨がまだ乾いていない御朱印帳です。境内に吾亦紅が咲いているようなひなびた寺社でしょう。

◇遊介

川風に乾く音あり吾亦紅

⇒この乾く音を立てているのはなんでしょうか。枯れ始めた夏の草木、アシやススキ。風自体がからっと乾燥した秋風なんでしょう。そんな中で揺れている吾亦紅の花がわびし気です。

◇三四郎

安曇野に稜線はるか吾亦紅


また松の川緑道

書類作成に半日かかる。久しぶりに作成すると、忘れてしまっていて試行錯誤してしまう。
訃報が入る。会社時代も極彩色になってからもお世話になった大先輩。療養中と聞いていたが、また会えるものだとばかり思っていた。19日の通夜には行くことにする。20日から、普通の生活をそろそろお始めようと思っていたが、一日早まった。
一休みしてから、以前行ったお寺まで散策しようと出かける。
途中の公園で一休み。
b01d7f4956a6bf7f8dc5bf8382e00baad2f7118710caaa.jpg 
変わった花。ニクイロシュクシャ。
f019594f9c63cdbc0380de30739318b294449665ee8aaa.jpg 
ピラカンサの実が一杯。
g013253ef81e61451e1a60b686dc3226739f2e66df1aaa.jpg 
お寺はここらあたりの道を曲がったはずと思ったが、見つからず。
モミジアオイ。
i01149abf4b826780f7b359eb1a0b32f57973524a8faaa.jpg 
迷ってるうちに松の川緑道の終点近くに戻ってきた。
彼岸花。
m0120f5ee49fe569b4180b7acfe05c2350a5b182c11aaa.jpg 
松の川緑道の終点に入ってしまう。
o0144f0a2d712a6fcaaeacfb516a604cc8e6ad26d08aaa.jpg 
畑の側を通過。かぼちゃ。
oa01ee93338d53ab7d8c4373b7db087095d8c6c9616faaa.jpg 
一昨日、歩いたばかり。
駒が橋。「源頼朝がこの地を通過したとき、駒(馬)を橋のかわりにしたことからここを駒が橋と言うようになった。」
p018437a7016bbc96f4f014f934c2c63a1f49dd0bcbaaa.jpg 
野球場は誰もいない。今日は東大戦なので試合に出てるか応援に行ってるのだろう。
r01ba04439e00dac3b26fed6a18e9ba271e9b14ad89aaa.jpg 
ホッケー場は練習試合をしていた。
s018803502b4edbcad7ca5da4bfb3b08ac7e920fd3aaaa.jpg 
サッカー場に選手が一杯。
t01b61ddac0e45285d86a715e1f426a8b1ae4405242aaa.jpg 
ラクビー場にも一杯。
v0173a538065e23c7055fb58ec78b28e22362b0babaaaa.jpg 
時々、大きな木がある。
w0100e3775c6f5c017a45423f8277dad0098e8cd430aaa.jpg 
買物をして帰る。
夜に息子がやって来た。喉が痛くて早めに帰って来たと言う。自宅より実家のほうが近いとこういう時は便利。熱はないようだが、疲れ切ってるので早めに休ませる。

月下美人再び

ステロイドのせいで、眠りが浅い。その代わり、昼寝が長くなってしまう。あんまり良い睡眠と言えないが、
ステロイドの量が減って来れば、元に戻るだろう。
雨模様。
毎日、せっせと歩いたので、疲れが出てきた。今日は休もう。
昨夜咲いた三輪は朝にはしぼんでいる。まさに美人薄命。
IMG_2239aaa.jpg
Sさんが日向に出したら、タマスダレが一斉に咲きだした。光よ光。
IMG_2232aaa.jpg 
百日紅。Sさんが肥料をやったら良く咲く。
IMG_2234aaa.jpg 
暑い盛りに暑苦しいくらい咲いていた宿根サルビアはおとなしくなった。
IMG_2240aaa.jpg 
コムラサキシキブ。
IMG_2242aaa.jpg 
苦吟、楽譜開き、ブログ、録画鑑賞、スクワット、腹筋、Sさんとおしゃべり。
月下美人は夜にまた新しい一輪が咲きだす。けなげで可愛らしい。
IMG_2244bbbaaa.jpg 
角度によっていろんな姿を見せてくれる。Sさんが照らしてくれる懐中電灯の光の中に浮かび上がる。
IMG_2248bbbaaa.jpg 
この花の姿が、華やかで、女性らしい雰囲気を持っていることから、「あでやかな美人」という花言葉が付けられている。
IMG_2248bbbaaa_20160917223716dc3.jpg 
月下美人の花は、夜に咲いて翌朝にはしぼみ、その後二度と開くことはありません。夕方から香りを放つようになり、満開になる20時頃には香りがピークを迎えますよ。その後2~3時間が最も見頃となっています。夜に花を咲かせるのはライバルが少ないためで、暗闇で目立つ白い花と強力な香りによって、花粉を運んでくれるコウモリを引き寄せます。」
IMG_2250bbbaaa.jpg 
「花の寿命は1日と短命。「はかない恋」「はかない美」とは、この花の美しさと、すぐに枯れてしまう儚さに由来しています。」
IMG_2257bbbaaa.jpg 
二日続けて月下美人に酔ってしまった。

月下美人と中秋の名月

早朝、凄い雨。
a018a08de7e3197781ad43b7f3e7f2440763cb13964aaa.jpg
外出が認められてから、初めての診察。
血液検査。
どうですかと聞かれるので、快調と答える。普通に歩けるかとか息切れしないかと聞かれたが、普段通りに戻ったと答える。関節の痛みはないかと聞かれたが、全く正常。(プレドニゾロンが効いてるが、根本的に治ったわけではない。治ってるといいんだが。)
眠りが浅い。一晩に3回くらい目覚める。プレドニゾロンのせいかもしれないが、量を減らしていけば、治るでしょう。量は、17.5mgから15mgとなる。
血液検査の結果は、CRP正常。肝機能のGOTは正常になったが、GPTがまだ少し高い。(32以下がが正常だが74。)バクトラミンの副作用かもしれないので、週3回から週2回に減らして様子を見る。
次回は再来週、主治医はお休みなので、代わりのリュウマチ科の先生。普段から相談してるから大丈夫ですよと言われる。おかしくなることはないとは思いますが、呼吸がきつくなったりしたら、すぐに来てください。緊急医療でも活用してくださいと。
次の生物学的治療を始めるのは、プレドニゾロンの量がさらに減って、事前検査してから、始めるのでもう少し時間がかかる。
肺炎は関知してるようだ。今のところ、関節リウマチも全く調子が良いので、以前失敗したみたいに、喜んで無理して副作用を呼び起こさないように注意しよう。
帰り道のダチュラ。
ac01e2bb7764e4e5f6447372d743a1a7bb70593582c4aaa.jpg 
月下美人が今晩咲きそう。
ae0159b069b0738fc43c9b390c29a5377fbe8d2369cbaaa.jpg 
昼食後、散策に行く。昨日歩きすぎたので、今日は軽く。
芙蓉。
am010f900256d745cd9129ff9f2d0de98eda3b07cf80aaa.jpg 
カンナ。
an012d92a460e99ef57fec0bf28074b29629ac5592b2aaa.jpg 
松野川緑道に入る。
オシロイバナ。
aq01e12d0ea0b7e96b06b75e41ee5084baeed1832a49aaa.jpg 
葛の花。
ar01ec629d81a76c871fbfaf6f873a7cb9b628067b63aaa.jpg 
野球場で多くの選手が練習してる。
at018fc80a33ecc9dcc1d3725fc528364f5c7931b32eaaa.jpg 
ラクビー場、ホッケー場は練習が終わったのか、少しの選手しかいない。サッカー場はまだ練習していた。
チカラシバ。
au014b715deb35bc9580332d23e275a0f5aa97d2896daaa.jpg 
松の川緑道。
ax01908dadb84afa6aae891ec54f7cba261abe179442aaa.jpg 
松の川の元の住人、川エビが細々と生息。
ay0112ed0f013276218f855b862837b32d974b33362aaaa.jpg 
シュウカイドウ。
az0119362ac6056ba3749e64e13e8fe9ddabf42c9735aaa.jpg 
斑入りミズヒキ。
ba0191f4818938c94256273cd2141543c4db2ace51c1aaa.jpg 
子供の頃、遊んだ記憶があっるが、名前忘れた。
bb016094d46a05cb19051c839f52436cd8fae526df3aaaa.jpg 
9716歩。
夜、待ちに待った月下美人が咲いた。
IMG_2185bbaaa.jpg 
一夜限りの魅惑的な美しさ。
IMG_2188bbccaaa.jpg
ほのかに良い香りがする。
IMG_2191bbccaaa.jpg
3輪咲く。以前ついた蕾が落ちてしまったので、今年初めての月下美人。
IMG_2204bbbaaa.jpg 
Sさんに懐中電灯で照らしてもらってパチリ。
IMG_2208bbccaaa.jpg 
カメラのフラッシュではハレーションを起こす。Sさんの微妙な照らし具合がいる。
IMG_2215bbbccaaa.jpg 
幻想的な異次元の世界に浸る。
IMG_2217bbbaaa.jpg 
最初、雲にかかっていた中秋の名月も出てきた。
IMG_2218aaa.jpg 
中秋の名月と月下美人。
IMG_2222bbbaaa.jpg 
素晴らしい夜。幸せ。

矢上川から鶴見川


Sさんが生協の品物についてきたドライアイスを火鉢に放り込んだ。
ab01e6446661bf81e9c4ecd2ad74259b5ec765150bfaaaa.jpg 
江川にカルガモが一羽しかいなかったので、どうしたんだろうと心配。
矢上川を下って、鶴見川まで行けば、いるだろうと出かける。鶴見川までは、かなりあったので、ちょっと歩けるか心配だったが、出かける。Sさんは、お休み。
公園を通過。
ad0168e25a5ac802136c05bec5843fae81961b99d15faaa.jpg ae01b7443a8b4677e68b43668bed69480600fb5a3cccaaa.jpg 
矢上川に出る。
af01ab7192c0e17627a107e70bf615b367d05ddc5103aaa.jpg 
カルガモいたいた!
ag01ea0aecc574e83606c36483efd28d44847b7a57b5bbbaaa.jpg 
一安心。
bx0159aa127c68fcb50f5523ec68bff86e652a3ccfaabbbaaa.jpg 
江川ではみれなかった大きな鯉も一杯いる。
ai012ce9fd0c71e1666b99f3973383d285865882dd69bbbaaa.jpg 
日吉橋通過。
ao0192585434867936423ab6c7eed87eacbbe38fb276aaa.jpg 
彼岸花。
ap017d180dc63cdfa7b30b4ffb4e9b116a29fb7922f7aaa.jpg 
夏の終わりにカンナが頑張ってる。
aq0152ca320a9afff809e46eee0982aeab8e9e9bedf8aaa.jpg 
鵜が羽を休めてる。
ar01d227c64473b11816b694444fd31266dc01cbe642bbbaaa.jpg 
キクイモ。
av0160cc694d5900be5b4461a6ed58075e3af45d2811aaa.jpg 
矢上川橋。
ax01522a7ea11e40a31e75a0cee68c6c1d4aa3abed48aaa.jpg 
そろそろ鶴見川。思ったより近かった。
az0157d98ff5f0d690334d02676d5da80101787877b3aaa.jpg 
鶴見川との合流点。
bb015a812978989fcac822e7d79e4f418fdfe1df07d0aaa.jpg 
猫ちゃんが毛繕いしてる。側を通ったが全く知らんふりしてる。
bc01fdeebdda4e2912361aecc4dbb371f0c71c802affaaa.jpg 
鶴見川に到着。
bd011ac29607f5c7ee2cbe0aa8950241c910d67f9cedaaa.jpg 
広い。
bdd0101d0cb6696b11de6ddd892718596e101205aa365aaa.jpg be01470f2b661e86217a2b86e683d7fcf75670110263aaa.jpg
川で魚が盛んに跳ねるが、いろんなところで跳ねるので上手く撮れない。30分位構えないとだめだろう。
猫ちゃんが寝てる。やたらと猫ちゃんが多くなる。
bf0193bc6613fbda5940df7df869fd0a7118720879beaaa.jpg 
鳩が猫ちゃんの側で平気でいる。猫ちゃんも鳩を無視。不思議な光景。
bh01a62c730bac146cc857852c204f8a7994f6129308aaa.jpg 側を通ったらじっろみたが、悠然としてる。
bk0184739edef538a6768d3b8c964cfec4fc537d223eaaa.jpg 
野良なんだろうか。それにしてはおどおどしてない。
bo01164f119dfd45f861b98611792b2d12958a1249bfbbbaaa.jpg 
気持ちよさそうにお昼寝。ここは人が来ない。
bp0150f3d70e7e83b080247d4727f64ebc2bb558866baaa.jpg 
鶴見川を引き返し、矢上川に戻る。
bq013806f507fed13807702e430d9638eb051a888d77aaa.jpg 
葛の花。
br019609f8a9645244731cf3bcf41daf8631c612599caaa.jpg 
白鷺。
bt01e44331f7c665709e72520a18b5d2e4c7526ef3b1bbbaaa.jpg bu01f4be3243485fd46701268d5d919a80b40251ceecbbbaaa.jpg
アオサギ。この頃、よく見かける。
bz01f7e5edf5c189b8fc23f4f970f1d7e37227c41d6abbbaaa.jpg 
家に着く頃はへとへと。
カルガモは無事だとわかって満足。
15560歩。

微笑みの次男遺影に栗おこわ

今日は雨降りなので外出は控えた。
外出許可が出てから、毎日5日間外出。平均9500歩以上歩いた。ここらで一休み。
日課の関節リウマチ体操、腹筋100回、スクワット200回、腕ふり100回、腹式呼吸を朝晩こなす。Sさんがお腹が出てる出てると言うので、頑張ってるが、なかなかへこなまない。
Sさんは小雨になったので出かけて行った。
雨がちょっと止んだので庭に出る。
庭のコムラサキシキブ。
e0197f163c682902c6be0ae2802281203fdf2cb1547aaa.jpg 
百日紅。
a012b60dce6d3ab27c83e766a9234af20c2ede6bb7eaaa.jpg 
ポンテデリア・コルダータ。
b01a41d23051bdd17d4e149db33e65eec6937a856deaaa.jpg 
ノウゼンカヅラ。はびこり過ぎたのでSさんが剪定すると言ってる。
d018e52c3d453b3e34e95f69712ebafd2edd9d011cbaaa.jpg 
斑入りヤブラン。
g018d86b55967a7d79866f72c4ba513b05f552a7dedaaa.jpg 
大門句会勉強会その221の三四郎さんの句評を見る。
兼題は夢路さん出題の「栗飯」。
⇒は三四郎さん句評。

◇光

微笑みの次男遺影に栗おこわ

栗飯を妻はお食べとてんこ盛り

⇒栗おこわを次男の仏壇にも供えた。微笑んでいる顔がよけいにつらい。

まるで大きな子供ですね。まあ男は奥さんから見ればもうひとりの子供とよく言われますね。でも悲しいかなこの子供はそんなにたんとは食べられない。

:次男の遺影にはいつも美味しいものが供えられている。栗おこわもまず次男にお供えする。

:栗おこわ大好き。奥さんも好きだが、私に栗を一杯よそってくれる。

野里子さん選。

 微笑みの次男遺影に栗おこわ

→初物は先ず仏壇へ供えるのが慣わしでした。笑顔の遺影がせつない。
遊介さん選。

微笑みの次男遺影に栗おこわ

→ 親心がしみじみ湧きあがります。家庭の味の栗おこわであるなら、この家に育った我が子を思う親心が強く感じます。

蒼月さん選。

微笑みの次男遺影に栗おこわ
仏壇にはその時々の季節のものをお供えするのでしょう。栗おこわは自分たちだけで食べるのはもったいない。次男も喜んでいるだろう。

私の選句。

◇野里子

栗飯や米の出来高言ひ合ひて

⇒もう収穫が始まっているのかこれから稲刈なのか、そんな時期ですね。今年の米の出来を話題に栗飯を食べる農家の夕餉です。言ひ合ひてで多分豊作という感じが伝わります。

◇あかね

鼻歌が聞こえる厨栗ご飯

⇒前句と同じ家かも知れません。久しぶりに家族がそろってうれしい夕ご飯です。

◇さら

栗飯やはるばる来つる五十年

⇒結婚五十年でしょうか。いろいろあったけど今年もこうして一緒に栗飯を食べている。

◇糸

卓袱台に二つ並べて栗の飯

⇒卓袱台とはなつかしい。まだ現役の家庭があるのでしょうか。古い卓袱台と古い夫婦。二人だけの夕餉です。

◇遊介

栗飯を口実にして早仕舞

推敲句→栗飯やにまり微笑む三兄弟

◇三四郎

突つぱりの子供黙つて栗ご飯

贈って頂いた栗きんとんをSさんがいない間に一つ食べたら、Sさんが帰って来て、あら一つ食べたねとばれてしまった。そのあと仲良く一つづつお茶した。

人混みは疲れる

Sさんと駅で待ち合わせをして、クルージングのキャンセルの最終手続きに出かける。例によってマスク。私が微熱が出たところで、Sさんはバルト海、サンクトペテルブルク・クルージングをキャンセルした。行っていたら命も危うかったかもしれない。
横浜駅の壁画。午年なのでパチリ。
h0155388dc119ca44a8c2179aaa351ec4b8ced4d4ebaaa.jpg 
横浜の人込みを久しぶりに歩く。何だか人にぶつかりそうで歩きにくい。
旅行社に行って最終手続きを済ませる。
帰りに、山下公園でも行こうかと思ったが、疲れてしまって、あきらめる。
人混みにつかれた。まだ回復途上だと思い知らされる。
一昨日も、回転ずし「活」に行ったが、また行きたいとSさんに頼む。
n010589ad930f3aa5047da0e24da6251c697ecd6b49aaa.jpg 
昼のサービス。
i01c92a3e9698e976b2503d7001272492ac4a1ecf54aaa.jpg 
美味しいなあ。
k018ac4fff4ad33c041ba8df2fcd25b8ac7dcfa506eaaa.jpg m01a8ca670c09f1e461750290937fd317b63e85fa32aaa.jpg
満足満足。
Sさんが毛糸屋に行きたいと言うので付き合う。
紙の鳥が飛んでる。
o01f3392f682e78af9b77ddd0b98dc296400a9d9989aaaaa.jpg 
ビル群と水辺。
p0127323382cb7a6be843daeecd7b30920280f3cfccaaa.jpg
毛糸屋。
r01351aca14579b5a39e4d4129e3dc42fc577337356aaa.jpg 
Sさんによれば、狭くなったそうだ。編み物する人なんかあまりいないからねえと言う。それでも品物を探す女性は一杯いる。
疲れてアイスクリーム屋で一休み。
t013348c11e324df98e401507d5b4e82ed3cba3149faaa.jpg 
あの車は仮ナンバーよとSさんが言う。
賑やかな女子学生がいた。Sさんはいなくなって静かになったと言うが、あまり気にならなかった。
後は、買い物をして帰る。
人混みは疲れる。歩いたのは10227歩だったが、昨日に比べるとどっと疲れた。
うがい、手洗い、シャワーをして、録画のポアロを二人で見ていたらいつの間にやらうたた寝してしまった。


江川せせらぎの遊歩道

息子が昨夜遅く泊まりに来た。遅くまで仕事で自宅に帰る電車が無くなった。
朝話を聞いたら、結構苦労してる。胸突き八丁のようだ。体だけは注意するようにと言う。
疲れているようだが、元気に出かけて行った。
昼過ぎに、リハビリ・ウォーキングに江川せせらぎの遊歩道に行く。Sさんについてきてもらう。
近所のブラシの木。
aa010cee47f2b89841e1f5a53f56be17bb08a2c4161aaaa.jpg 
江川せせらぎの遊歩道に入る。
aj018c03afe9073f8a6120ae90ddb279dc8420658fecaaa.jpg 
ミゾハギ。
ak01da74e7d4d1c0272dc89ef4e58d4755cb90269c5baaa.jpg 
彼岸花がもう咲いてる。
an0150a4824401ee8ed9610d5974c3a962e3dded7d31aaa.jpg 
女郎花。
名前が痛々しい。
ap01293f7d2688c4efa5b73e0ab32a1a6657b4041c5daaa.jpg 
メキシカンセージ。
ar0124d3981ba9bdc14bf1c71d8e4b48eaba4ac10f2faaa.jpg
マスクして歩くのも慣れた。涼しくて汗もあまりかかないが、Sさんは背中に汗が一杯。
モミジアオイ。
as01b7b84f266f48ce5d19ff96f230159bc059119ba5aaa.jpg 
鯉の稚魚が一杯泳いでいた。素早いのでなかなか写真が撮れない。
be01d726f96ebab934d5cfd7e4e485acb22caf296126aaa.jpg
大きな鯉たちはどこか(矢上川?)に移されておらず今年生まれた稚魚ばかり。
bj01e80e05ab2a7553e22f99eb270ad9ba0c85252444aaa.jpg 
小魚やドジョウを子供たちが、捕まえている。
親が夢中で、捕まえるのはいただけない。子供たちはそれなりのルールを守ってとっている。小魚を狙ってそのだけに網を入れる。子供たちはおしゃべりしながら楽しみながらしているのでそれほど大量にはとれない。子供が取ったバケツ。
au01e35f384c70a77c614507f1870a58050d60be5155aaa.jpg
親は無差別でたもでざーとさらえて入った小魚、ドジョウ、金魚をバケツに放りこむ。しかも長時間しつこくする。子供は既に飽きてるのに親は夢中。家に持ち帰ってもすぐに死んでしまうのにかわいそう。どういう教育してるんだろう。
カルガモは不思議な事に一羽しかいない。どこに行っちゃんたんだろう。
bi014c918b0ee8170023747be63c29fbd58b1ec94ccaaaa.jpg 
キバナコスモス。
aw01b5ff516ef272d6ea58b85a09e411be2e37bab155aaa.jpg 
クサフジウツギ。
ay0191040601c01ae3b28ad756a689e8630136a542dbaaa.jpg
Sさんが疲れたと言うので一休みして引き返す。
途中に、ヤマボウシの実が一杯なっていて、鳥たちがついばんでいる。
Sさんがほのかに甘いわよと言うので一つとって割って舐めてみたら果肉が甘い。一杯落ちてるので拾って行こうと言ったら、犬のおしっこがかけられてるかもしれないと言うのでやめた。
bm0153d69beeddc4b1035f46edb7026484f22ba9abcdaaa.jpg 
11827歩歩く。坂道以外は普通に歩けるようになった。坂道はまだぜいぜいである。
歩くのは実に気持ち良い。このまま順調に回復して、20日の七福の会に出られるようにしたい。

足慣らし

毎朝の関節リウマチ体操、腹筋100回、スクワット200回、腕ふり100回、腹式呼吸をこなす。毎日、増やしてきたが、入院前にほぼ戻った。体は軽くなってきたが、これがプレドニゾロンによるものか、体力が回復してきてるのかよくわからない。主治医が慎重に減らしてるので、その内、わかるだろう。
今のところ、プレドニゾロンの弊害は眠りが浅いこと。
午後から、足慣らしを兼ねてお墓参りに行くための切符をみどりの窓口に手配しにSさんと行く。
マスクをしてるのでうっとおしい。昨日よりは慣れて汗をそれ程かかない。
一駅歩く。
日吉公園を通過。
ab016983fd9936d5571f5b4924e4c18a05f0da9eaf9faaa.jpg 
矢上川で鷺がいるわよとSさんが言う。
ad0104faa3787f3be7a76f606db9217c38cfcf9f15d0aaa.jpg 
近づいてみると珍しくアオサギ。
ag0151c4f482ca3fb274698889741c04160d478ddd0ccccaaa.jpg 
今年生まれた鯉の稚魚が群れを成して泳いでるので、それを狙ってるかも。
鶏頭。
az0138f42bd9031b984fd733d6cc80009c047a4da222aaa.jpg 
何の実か鮮やか。
ca01703ee8e787d870bcdd8ba00c1fb4c2dcc58b8388aaa.jpg 
Sさんがご贔屓のパン屋さんで食パンを購入。出かける前に予約していた。
e01a62ab97bd87fe8336a3377140cb21223fe9724bdaaa.jpg 
ブレーメン通りを行く。相変わらず人出が多い。
g012654b2f9c128604ca3dce6a79a7612f3bbf56d1eaaa.jpg 
みどりの窓口に到着。
長い順番待ち。その間にお掃除のおばさんが来て、丁寧に掃除していくのに見とれる。Sさんが中国残留孤児2世が「清掃作業を極致まで高めるという態度」で事業を成功させたと言う話を教えてくれた。
ようやく手配が終わったので、お寿司が食べたいとSさんいせがむ。Sさんは蕎麦にしようと言ったが、お寿司が食べたい食べたいと言って押し切る。
「活」に入る。
k01c5bab3c8ea47294779e0e580927ed42dbd866e87aaa.jpg 
久しぶりのお寿司で大満足。
h01f7d9875502f51d067f5b14266bd617bfa5096928aaa.jpg i01ae15d3269c10956f780d263f7e44c5265d4e4f5eaaa.jpgj013f7faeadf43d36484ed441806d57516614ffc1ccaaa.jpg
いささか食べ過ぎた。
帰りも一駅歩く予定だったが、お腹も一杯だし疲れてしまったので取りやめ。
家に到着。
我が家の手入れが良いと植木屋さんが褒めていたとSさんが嬉しそうに話す。伸びているツルを払ってあるし、花も実もつくように剪定してると言われたそうだ。
l01f86edb6c0f19e1c4d5e2c69d186ca69f585fe3b8aaa.jpg 
今日は8000歩歩いた。
歩くのは気持ちが良い。昨日よりは坂の登りで息が上がらなかった。
うがいと手洗いをし、シャワーを浴びて一休み。
広島の優勝が決まる瞬間が見たくて、初回から実況放送を見る。広島のファンでなく、阪神ファンだが、黒田投手は好き。その黒田投手が先発。
「一回に坂本選手にツーランホームランを打たれて2点を先制されました。追う広島は3回、相手のエラーで1点を返し、4回に、5番・鈴木選手がチーム初ヒットとなる、25号ホームランを打って、同点に追いつきました。さらに続く6番・松山選手にも10号ホームランが出て、3対2と勝ち越しました。5回には鈴木選手が2打席連続ホームランとなるツーランを打って、突き放しました。
広島は、黒田投手が6回3失点と先発の役割を果たし、リードを保ったまま、9回は抑えの中崎投手が締めて6対4で勝って、25年ぶり7回目のリーグ優勝を果たしました。広島の前回の優勝は平成3年で、12球団では、最も優勝から遠ざかっていました。」
黒田投手が新井選手と抱き合って泣いている。胸にジーンときた。黒田投手が広島の若手選手に与えた影響は大きかっただろう。
こうなったら日本シリーズでまた黒田投手が投げて日本一になってほしい。

卓上の月

9月9日。
Sさんに連れられて、二科展に行く。
3週間ぶりの本格的外出。夏にマスクをするのはきつい。汗がだらだらでる。
3週間ぶりの電車。Sさんが汗が一杯出てるわよと拭いてくれるがどんどんでる。マスクの下も汗が吹き出すので拭う。私の前に立っていた女性が、私を見てマスクをする。
乃木坂の駅に着くころやっと、汗が治まる。Sさんに手を引かれて行くので、まさに介護老人。
お目当は、Mn夫人の作品。Mnさんはスキーと山の仲間。夫人はずっと二科展の常連。
a0169d0a730179a102fd460cda25a19041b89f66211aaa.jpg 
3階にMn夫人の『卓上の月』があった。
特徴あり、すぐにわかる。Sさんの評価は高い。
aa0105e3e4860003afcb35ed69d4d45ef56ff509bbfeaaa.jpg 
私も何度も見てるので何となく画風がわかるような気がする。Sさんが解説してくれると色遣いなどなるほどと思う。月がどれだろうと楽しい会話をする。
3階の作品は、さーと流れるように見る。こういう時は何か気持ちがふわふわし心地よい。
Sさんはこのエレベーターを怖がる。
b01b3e676014435c7250774cd7ae2559acc4bde236caaa.jpg 
2階で工藤静香さんが会友に推薦されていた。2階は疲れて半分くらい見る。
2階の写真展をじっくり見る。素晴らしい写真ばかり。お祭り、舞子、鳥の瞬間、動物、植物、風物などが多い。山岳写真はあまりなかった。
一通り全部見たので、へとへと。
1階の絵画や彫刻、デザインはパス。
ティータイム。
良かったなあ。
c01511a4b5a8457b6367194efe11f544c5553def05daaa.jpg 01ad3f2ef020450ae5938ed26170bffc1f77870f7eaaa.jpg
少し休んで帰宅。
ちょっと欲しいものがあってSさんに聞いたら、お店に行って探してくれた。あったあった。
辛いの大好き。
d01767c49f5e3d0bf53224ccfc20ce3c683fa9eebc7aaa.jpg 
お店で蟹とウニの弁当を売っていた。Sさんが欲しいかと聞くので欲しいと答える。
帰りは行きより慣れて疲れなかったが、坂道はダメ。Sさんに置いてかれる。押してほしいところだが、荷物を持ってるので遠慮する。
ついたついた。シャワーを浴びてひっくり返る。
一万歩歩いていた。歩けて良かった。歩くのは実に楽しい。


外出許可

9月8日。
朝スクワットを200回ともう一種類100回やってみる。
何とか続けてできた。
食器洗いと野菜ジュースつくりをして、朝食。Sさんは入院中にさやいんげんが食べられるようになったとどっさと出してくる。苦手で無くなったので美味しいが、量が多すぎた。
今日は退院後の初の診察日。
血液検査。何時も血管が細いので看護師さんが苦労するが、今回も血管が逃げたと言われたが、何とか採血で来た。レントゲンを撮って、診察を受ける。
どうですかと聞かれたので、咳も出ないし、体温も血圧も正常で、体調も良い。寝汗をかくくらいですと答える。寝汗は**だと怖いが、血液検査の結果は問題ないので、大丈夫でしょうと言う。
CRPの値が正常値になった。炎症は収まったようだ。レントゲンも異常はない。GOT、GPTの値が少し高いが、様子を見ましょう。と言われたが、外出禁止がとけた。
プレドニゾロンは17.5mgに減る。免疫性がまだ落ちてるから、マスクとうがい、手洗いをきちんとすること、無理はしないこと。運動はどうですかと聞いたら、山ですかと笑って、入院で体力が落ちてるから、無理はダメですと言われる。すぐに登るわけではありませんと答える。もたもたしてると何か指摘されそうなので、お礼を言って引き上げる。来週も血液検査の後診察。
帰って、Sさんに報告し、喜んでもらえる。
早速床屋に行く。2か月くらい床屋に行ってないので、伸びに伸びている。床屋さんが髪をすきますと言ってバサバサ切る。更にすきましょうかと言ったが、このくらいでいいですと答える。
おおなんとすっきりしたことよ。
プリンターのインクが無くなってるので購入。
帰り道の花々。この道を通るのも3週間ぶり。暑いが風が心地よい。
i01c99ef586bdf98e91396601cc5a8091b37b892205aaa.jpg d015e567db71e4906603a374788aa7416c483a8bb93aaa.jpgf01e06e1542c368d0249917e7ea494db8e04b9a4fa0aaa.jpgg01436ddf07db663578f5d1f6c4e60f5d385a8852ebaaa.jpgj013b0ab96e69ede9af4b9e418a3da2b0e14163eca7aaa.jpg
帰って、Sさんからすっきりしたわねえと言われる。
つくつく法師が鳴いてる。Sさんは鳴き方を聞いてまだ暑さは続くと言う。何でわかるんだろう。

脳は年取らない

昨夜は睡眠導入剤を飲んだのでバタンキューと寝たが、寝汗で2回起きる。
関節リウマチ運動の後にスクワット2種類100回づつする。
Sさんからお腹が出てると言われたので腹筋を50回。これはきつい。
(寝る前にも100回スクワットしたら、寝つきが良かった。)
食器洗いとジュース作りを再開する。野菜ジュースは、トマト、人参、小松菜、林檎、玉ねぎ、キウイをジュースを少しレてミキサーで砕いたドロッとした液体。Sさんが工夫したもの。内臓の調子が良いのはこのおかげ。
食欲が旺盛で少し抑えないと入院前に戻ってしまいそう。入院中2週間で3kg減って、退院して5日で1kg戻った。
庭の斑入りヤブラン。
IMG_2154aaa.jpg 
デュランタ。
IMG_2155aaa.jpg 
ピンクのサルビア。Mk夫人より譲ってもらったもの。
IMG_2159aaa.jpg 
ポンテデリア・コルダータ。水辺の植物。
IMG_2164aaa.jpg 
百日紅。Sさんが液肥を撒いたら盛んに咲きだす。
IMG_2165aaa.jpg 
月下美人がようやく蕾を付けた。今年は遅い。
IMG_2167aaa.jpg 
ムクゲ。我が家の古い住人。
IMG_2169aaa.jpg 
万両の実。鳥が種をついばんで落ちた種で増えている。
IMG_2170aaa.jpg 
コムラサキシキブ。私の好きな実。
IMG_2172aaa.jpg 
入院中にたまっていたブログがほぼ追いついた。
種類整理、作成がまだ残っているが、気にしていたことはほぼ終わった。
後は、俳句と楽譜かな。
ネットで「こうして脳細胞はいくつになっても増えると言う事が証明されました。」と言う記事を偶然見つける。
確かに私と付き合いのある大先輩方は、決して脳の衰えを見せない。
96歳の敬愛するHs先生。コンピューターの創世記の世界的権威。専門以外の事でも興味を持たれ、徹底的に調べ理解する。脳細胞が増えてると言われれば納得いく。
90歳間近の、Htさん。気持がとっても若い。自分の信念については追及し、調べ、啓蒙する。
88歳のTnさん。誰にも敬愛されている素晴らしい方。話の含蓄が深い。
87歳のスキー仲間のKbさん。若い仲間と15日間も滑ってる。考え方が若々しいし楽しい。
私を救って頂いた80歳のDmさん。経済学を執筆中。山は健脚で天狗のよう。
どなたもますますさえておられる。肉体的衰えが頭に現れない。なるほど、脳は使えば脳細胞も増えるんだ。
Sさんに話す。
無理はしないが、チャレンジはしたいと話す。何歳まで滑れるか登れるかやってみたいと言ったら、無理しないならいいわよと言ってもらう。

カサブランカ

朝はまず体温と血圧を測る。
関節リウマチ体操で関節をゆるめる。今はプレドニゾロンを20mg投与してるので、関節のこわばりは全くない。
続いて2種類のスクワット。昨日50回だったが、少し増やして75回。
朝食前にシャワー。昨夜寝汗をかいてるのでシャワーですっきり。
朝食は野菜ジュースと納豆、めかぶ、梅干し、生姜、ラッキョウ、ニンニクとSさん手作りのものを少しづつ頂く。パンとお米が半々。お魚か肉。さやいんげんやカリフラワーが平気になったので、良く出てくるようになった。味噌汁。牛乳。
病院食と違ってお腹一杯。
ネキシウムカプセル20mg、プレドニゾロン15mg、火曜なのでバクトラミンを飲む。
今まで薬をほとんど飲んだことがないので、面白いと言えば面白い。
関節リウマチになるまでは、全く経験してない世界。
庭のポンテデリア・コルダータ。
IMG_2145aaa.jpg 
ピンクのサルビア。
IMG_2141aaa.jpg 
百日紅。
IMG_2144aaa.jpg 
IMG_2153aaa.jpg 
コムラサキシキブ。
IMG_2149aaa.jpg 
書類作成に時間をかける。Sさんにチェックしてもらったら2か所ミスがあった。
PCでたまっていたブログを作成していたら、偶然映画「カサブランカ」が飛び込んできた。
以前、見たことがあるが、もう一度見てハンフリー・ボガードにしびれる。
時代背景は第二次世界大戦の最中(1941年)、舞台はフランス領モロッコのカサブランカです。そこで酒場を経営しているアメリカ人のリック(ボガート)は、ナチス兵やフランス兵とうまくやりながら過ごしていました。そんなある日、パリで付き合っていた元恋人イルザ(バーグマン)に出会います。しかし、彼女は、反ナチスの活動家ラズロの妻だったのです。様々な感情が交差する中、ラズロ(夫)とイルザはナチスに追われ、アメリカへの国外逃亡を企てますが、チケット(ビザ)が手に入らない……。そんなある日、リックの手元にアメリカへ出国できるビザが。リックは昔の忘れられない恋人を手に入れるために使うのか、それとも……。」
As Time Goes By」も素晴らしい。
「君の瞳に乾杯」ってSさんに言ってみたい。
以前、ボガードに夢中になって、DVDをよく見たことがある。もともとはSさんがハンフリー・ボガートでかっこいいわよとい言われて見たのが「カサブランカ」。こんなにかっこいい男がいるんだろうかと思った、自分とは正反対な人間なので余計憧れた。ほとんどレンタルだったが、買ったものもあるはずだから探してみよう。

星月夜病衣の前を合わせおり

昨夜も寝つきが悪く、寝汗で何度も起きてしまった。薬のせいかなあ。

朝は関節リウマチ体操にスクワットを加えてみた。50回でくたびれてしまった。普段は200回はやっていたのに体力が衰えた。

また寝汗をかいたので、シャワーに入る。Sさんも寝汗をかいてると言うので蒸し暑いのだろう。

Sさんの用意してくれた手作り野菜ジュースと朝食を頂く。食欲は旺盛。体重は3kg減ったが、減りどまったようだ。

連絡事項と書類整理、ブログの作成、たまった録画をちょっぴり見る。

楽譜を開いたが、疲れてすぐにあきらめる。

庭のノウゼンカヅラ。勢いあり過ぎでコバノランタナやツルハナナスが圧倒されている。

IMG_2147aaa.jpg 

タマスダレ。

IMG_2133aaa.jpg 

大門句会勉強会その220の三四郎さんの句評を見る。⇒は三四郎さんの句評。

兼題ははなさん出題の「星月夜」。

入院中だったので作ればよいと言う気持ちだった。

◇光

星月夜病衣の前を合わせおり

星月夜何に向かつて吠えるやら

⇒診察が終わって病衣の前を合わせている、あるいは着替えてから合わせている。いずれにしても視線は病衣に向いていますよね。星月夜はどこに見えている?

遠くから犬の鳴き声が聞こえてくる。わんわんという吠え方か、オオカミのような遠吠えか。犬も星月夜になにかを感じているのでしょう。

:前の句は病室から見た星月夜。寒いわけではないが、星月夜を見て小寒く感じられ、病衣の前を合わせたくなった。

病室からも犬が吠えるのが良く聞こえる。月夜なら月に向かって吠えるのかもしてないが、星月夜だと何に向かって吠えてるんだろう。

私の選句。

◇野里子

亡き母の年忌終はるや星月夜

⇒命日の法会を終わって夜空を見上げれば満天の星。母の星もあの中のどこかに光っているのだろうか。

 ◇あかね

被災地に子牛産まれて星月夜

⇒被災地に新しい命の誕生、その夜は子牛を祝福するような星月夜だった。明るい希望に満ちた句です。先日、牛の出産は満月の夜が多いという研究結果の報道がありました。まるで月夜のような星月夜も影響しているかも知れません。

◇はな

蹲にぽつり水音星月夜

⇒つくばいに落葉が落ちたのか鳥が水を飲みに来たのか水音がした。水鏡のように星空を映していた水面が揺らいだ。しばらくたてばまた静かな星月夜。

 ◇勝山

星月夜よき塩梅に酔ひにけり

⇒ちょうどいいほろ酔い気分を夜風にあてて上を見ると満天の星。たまりませんねえ。

◇遊介

手を取りて誘ひし浜の星月夜

⇒手を取って誘ったのは誰かが気になりますね。作者が男性なら相手は女性。作者が女性なら母親かな。まあいらぬ詮索です。ふりで眺める浜の星月夜。言葉はいりませんね。

◇三四郎

早立ちの双六小屋や星月夜


一昨夜の話だが、阪神が7連敗してむしゃくしゃして眠りについた。

ところが気がついたら甲子園球場にいる。甲子園球場は慶応高校が甲子園に進出した時に行ったことがあるのみ。大応援のさなかで私も応援したが、おかしい確か外出禁止だったはずと思ってる。しかしタイガーズが逆転したので大喜びして声を上げたら、自分の声で目が覚めた。眼が覚めても現実みたいで7連敗終わったんだと思う。しかし日曜日の朝。

これはきっと正夢だ。タイガーズが負けるはずがないと思ったら、3-1で勝った。正夢だ。

 

Nzさん来る

9月4日。
部屋のパキラ、伸びすぎるのでSさんは切り詰めろと言ってる。
a017c19c4912c7d73b1e38a2cf5d213111eb21520b5aaa.jpg
今年は花が咲かなかったアナナス。水草を入れ替えたので来年は咲くのを期待しよう。
b01a129e4f9b7ea0b5d1db63e3d35ff1c6ab57ad90baa.jpg
朝は、体温を測り、血圧を測る。
関節リウマチ体操をする。以前はこれをやらないと関節が自由にならなかった。今はプレドニゾロンを飲んでるので押さえられていて自由に動く。指を30回屈伸、指を10回マッサージ、手首を10回動かす、肘を10回動かす。両腕を回して上げ下げを10回、片手を後ろに回せるだけ回す。左右10回。膝の屈伸左右10回。脚車前後10回。後は深呼吸体操。
明日からは、これにスクワットを追加しよう。
庭の百日紅。
IMG_2130aaa.jpg
花の虎の尾。
IMG_2132aaa.jpg
朝顔。
IMG_2136aaa.jpg 
Nzさんが我が家に見舞いに来てくれる。休日なのにわざわざ時間を割いてきてくれて嬉しい。
いまのところ主治医から外出禁止と言われているので、自宅に来てもらった。
Sさんに駅まで迎えに行ってもらう。出口が二つあるのを教えなかったので、違う出口でお互いに待っていた。まだ合わないとNzさんから連絡が来たので、場所を聞いたら、地下の改札口に行っていた。上の改札口に来るように言ってSさんと会う。うっかり二つ改札口があり、地上の方だと言うのを忘れた。
汗かいて到着。忙しいのにありがとう。
日本間の客間で迎えたので、脚を崩すように言う。私も正座は出来ない。
山のストックが壊れたので修理する部品を買ったそうだ。
ますは病状の説明。薬のことはすぐに反応がある。薬局で自己注射も売ってるそうだ。私も10月からはそのお世話になりそう。早めに対応できてまずは良かったですねと喜んでくれた。
主治医の話になり、丁度Nzさんと同じくらいの年齢。最初は大丈夫かなと思ったが、今は全面的に信頼してる。
無理しないでゆっくり回復し、軽いハイキングから行きましょうと言ってくれた。いろんな方から軽いハイキングのお誘いがあり、嬉しくてしょうがない。
薬局の状況を聞く。全く門外漢なので興味がわき、Sさんと一緒にさんざん質問をする。なんでも楽な仕事はない。大変だなあと思う。何時もの雰囲気と違って、仕事の話になると的確に説明する。Sさんもしっかりしてるわねえと後で感心してる。私は久しぶりに仕事の虫が頭を持ち上げた。
今月末には水曜会に復帰できるように養生すると約束。
ハイキングと食事会に行けるように無理せず回復を図りたいと話す。
2時間があっと言う間にたってしまう。ああ楽しかった。

やっと自室でのんびり

9月3日。退院後の初日。
自宅のベッドでゆっくり休めると思ったが、意外に病室で薬の軽い副作用で寝つきが悪いのが続いてる。睡眠導入剤を貰ってるが、3回くらいしか飲んでいない。飲むとすぐに寝てしまうのだが、昼間も眠いような気がする。
もう一つ、病室で収まっていた寝汗がまたぶり返した。3回くらい着替えに起きる。
熱もないし血圧も正常なので27℃に保っているが、蒸し暑いのかもしれない。
Sさんの手作りの野菜ジュースと朝食を頂く。病院食も美味かったがやはり数段美味い。
Sさんとおしゃべりをする。明るいから話をしていてこちらも超明るくなってしまう。
庭のクリナム・パウエリー。私の好きな花。
IMG_2124aaa.jpg 
朝顔。
IMG_2120aaa.jpg 
百日紅。
IMG_2123aaa.jpg 
レインリリー。
IMG_2125aaa.jpg 
ハナキリン。
IMG_2128aaa.jpg 
ツルハナナス。
IMG_2129aaa.jpg 
庭のセミの声が騒々しいくらいだ。あと少しの夏の命。
メールで心配してくれた方や、激励してくれた方々に御礼と退院報告をする。皆からの返事は、良かったね、無理しないでとの趣旨の返信ばかり。ありがたい。
部屋の整理をする。椅子や机の下にちらかっていたものを片付ける。
汗だくになってしまったのでシャワーを浴びる。気持いいねえ。
たまってるブログをさかのぼって書きだす。入院する前からだから、2Wくらい前だが、随分前のような気がする。
やはり自宅は良いなあ。
美味しいSさんの料理が食べられるし、Sさんがいる時は、おしゃべりできるし、静かだし、のんびりゆったりできる。

退院

入院12日目。
退院の日。
最後の朝食。
a01a44e0dc71e4f353021e00a1a8ed4f31bdd8f9642aaa.jpg 
看護師さんは、毎日かわるが、入院した時の看護師さんと退院する時の看護師さんが同じだったので、二人で喜びあう。看護師さんが夜勤明けで帰るときに挨拶に来てくれ、退院を喜んでくれた。
Sさんが来たら、薬剤師が来て薬の説明をしていく。
主治医から、まだ体力も免疫力も落ちてるので、無理しない様にときつく言われる。1週間は外出禁止ですかと残念そうな顔をしたら、にこっと笑ってそうですと言われた。可愛い女医さんだが、ほっておくと何するかわからないと思ったみたいだ。次の診察は木曜日。
Sさんに、Mn夫人の二科展入選作を見に行きたいと言ったら、人混みはまだダメ、私が見に行きますと言われてしまう。
清算して、薬を貰い、退院証明書を貰って退院。看護師さんに挨拶。
帰り道は、前回の一時帰宅の時よりは息が切れなかった。少しは回復してるのかな。
近所のポーチュラカ。
f019d827db5e6732817b6c819fc08403fd562d4dba2aaa.jpg 
マンデビラ。
g0183e92f3a5298d9ba115b52ba61c1236098b9e537aaa.jpg 
家に着いた。庭のノウゼンカヅラ。
j01eadccf4d0f8aac30bdd28f5664ab40f2d3777004aaa.jpg 
斑入りヤブラン。
l01963d20843c5f437be9586c188d3067d1fff9f63daaa.jpg 
デュランタ。
r01b18508f227fa343947cde12238e37d5ffd0f3dc4aaa.jpg 
百日紅。
x01c6942a390f96b1da705242975a277feff7184f03aaa.jpg 
コムラサキシキブ。
y016bb20829daa8f2830f34273e2ecb308e562bfc4aaaa.jpg 
ムベ。
za0197d485e09c4b69aa5b1107587c54ca257733e37eaaa.jpg 
柚子。
zb01078d908b0c73506f353d79b371bb803a38708cd9aaa.jpg 
部屋を整理したら、汗がどっと出て疲れたので、シャワーを浴びて休む。
我が家は、いいなあ。

IkさんとTdさん来る

入院11日目。
とうとう9月。8月は肺炎騒ぎで過ぎてしまった。
血液検査。慣れた看護師さんで手首近くの血管の太いところで採血した。栄養がいいみたいねと言われたが何故わかるんだろう。
朝食。
c01dfe058e907d81c45318d0d635616a0ac6d1c814daaa.jpg 
レントゲンを撮る。
昼食。
c011c97ce01281ae109fcf5eb5711cf8d6d760083fbaaa.jpg 
主治医が来て、血液検査の結果がまずまず(CRP0.5。正常値0.3以下よりは少し高い。)だから、明日退院して良いと言われる。一週間は外出しない様にとも。
あらら、直ぐに床屋に行って、どんどん歩こうと思っていたので、甘かった。
主治医からまだ体力的にも免疫力も落ちているので、徐々に体を慣らしましょうと言われる。
外出を許すと何するかわからないと見透かされたみたい。
プリドニゾロンを徐々に減らして、1ヶ月経ったら、生物学的製剤を始めましょうとの事であった。
生物学的製剤は副作用の少ないものから選びたいとのこと。近づいたら相談すると。
とにかく嬉しい。
多くの方々から、お見舞い、電話、メールで、励ましの言葉を頂き感謝。優しい良い仲間を持って幸せ。
Sさんが来たので、報告。喜んでくれた。退院しても暫くは介護老人なので、S様々状態が続く。感謝感謝。
これからは無理しないようにきつく言いますからとまた言われた。
このベッドともお別れ。
e01ef602b782aafbf7b5a2f1e6f452f94b3e1f30249aaa.jpg 
秋みたいな空。
f019c1842f2c44ec597a8e726477619cdac07406a0faaa.jpg
夕食。
g01936d9b23ed5115e28cc03bd705e507ff530b3eabaaa.jpg
Ikさんが仕事が終わったのでそちらに向かうと連絡ある。
Sさんは遅いので帰宅。
Ikさん一人かと思ったら、Tdさんが来てくれた。嬉しいびっくり。来てくれないかなあと思ってたところ。
明日退院だが、1週間外出禁止だよと言ったら、Tdさんからあたりまえよと言われた。
病状の説明をするとIkさんが薬を説明してくれるので、自分なりによく理解できた。
生物学的製剤のうち、6種類は完全人型製剤だが、どうやって人から取り出すんだろうと思ったら、マウス型を遺伝子操作で人型に変えるのだそうだ。
いろいろ聞きだしたかったが、つい嬉しくて話し込んでしまった。コーラス、山、大曲花火大会、めいっこちゃん、お孫さん、などなど。
二人の楽しい話と雰囲気に酔ってしまう。
夜は興奮して眠れないだろうな。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR