FC2ブログ

2016-03

Latest Entries

欅の枝払い続編





Sさんの欅の枝払い第二弾。
歳をとったら、梯子に登って高くまで上がって切れないからと樹の高さを下げる。以前は、私がやっていたが、最近は危なっかしいとSさんがもっぱら行ってる。私は梯子を押さえる役に甘んじてる。電動でないので、糸鋸と鋸を使い分けて切る。最後に切断で間違って頭の上に落ちないように注意。
二本の高さを切り詰めて三本目に取り掛かる。(クリックすると拡大)
IMG_0618hjkkjaaa.jpg
3本目を切り詰めた時はSさんも相当に疲れてる。何とか仕上げて終わってホッとする。
庭のハナカイドウ(花海棠)。
IMG_0607jkjkaaa.jpg
ハナニラ。
IMG_0608jhkkjaaa.jpg
シャガ。Sさんの手入れが良くて増えた。
IMG_0609ioioioaaa.jpg
クリスマスローズ。Sさんの好きな花。今年は元気が良い。
IMG_0610oipoiaaa.jpg
ヒメツルニチニチソウ(姫蔓日日草)。増えすぎてSさんがバサバサ減らしたが、元気に復活。
IMG_0611iopopiaaa.jpg
菫もやたらと増えた。
IMG_0613oippoiaaa.jpg
ノースポール。昨年の種から花が咲いた。
IMG_0616oipioaaa.jpg
雪柳はSさんが切り詰めすぎたのか勢いがない。
IMG_0617iopiaaa.jpg
Sさんが疲れて休息したので、私も残りをのんびり過ごした。
スポンサーサイト



ギャラリー自遊人





今日の一枚。「紅葉」。
IMG_0586fddsfaaa.jpg
整形外科に行って、ヒアルロン酸の注射をする。夜痛くて何度も目が覚めると訴えて薬を追加してもらう。
帰りに接骨医によってリハビリ。
公園の桜が綺麗。
IMG_0552dfgfaaa_201604081103523ef.jpg
IMG_0554sdfdsaaa.jpg
IMG_0556dfggfaaa.jpg
矢上川の菜の花と鯉。
IMG_0561dfgfdaaa.jpg
Sさんと高校時代の友人のOiさんの個展に行く。(クリックすると拡大)
IMG_0574gffdgaaa.jpg
退職後芸術の才に目覚める。
IMG_0601sdfsaaa.jpg
ギャラリー自遊人。
IMG_0603sdfdfsaaa.jpg
IMG_0602sdfdaaa.jpg
おじさんは染色家の人間国宝、芹沢銈介。Sさんの染色の先生の先生。血は争えない。
IMG_0600fgdfaaa.jpg
彼の作品は極楽寺の自宅で見てる作品もあるがじっくり鑑賞。
IMG_0582dfgfaaa.jpg
配置はプロに見てもらったら、半分以上作品を減らされたとか。
IMG_0584fdsfaaa.jpg
ほとんど作品の制作に取り組んでいる。
IMG_0588dffaaa.jpg
奥さんが受付をしてる。
IMG_0591fdggfaaa.jpg
高校時代の仲間が昨日どっと来たとか。
IMG_0593fgfgaaa.jpg
柔道部の連中も来てる。
IMG_0575dfgfaaa.jpg
ウクレレはMkさんが購入してる。
IMG_0576gfgaaa.jpg
IMG_0577dfgdfaaa.jpg
IMG_0579fdgdfgaaa.jpg
IMG_0580dfggfdaaa.jpg
十分堪能して帰る。
次の集まりまで時間があるのでSさんにお蕎麦とコーヒーを付き合ってもらう。
夕方3Y会でYdさんとKyさんに会う。
政治経済の話を口角泡を飛ばしてした。私はこの手の話は好まないのだが、今日は興味のある話が多くてつい話に乗ってしまった。

欅の枝払い





Sさんが欅の枝を切って背を低くすると言うので、梯子を押さえて手伝う。以前は私の役割だったが、最近はSさんの役割になった。特に今は腕が痛くて握力が落ちているので、梯子を支えるのがやっと。
欅の木は、25年前に家を改築した時に運ばれてきた土に種が混じっていたらしい。または鳥が運んだのかもしれない。Sさんは庭には大きすぎると言ったが、私は一本位中心となる木があっても良いと抵抗して残した。夏には樹が生い茂って涼しさを醸し出している。(クリックすると拡大)
IMG_0532dfgfgaaa.jpg
一本高さを縮めるのにかなり時間がかかる。糸鋸と鋸でごしごしやるのだから大変。後二本は次にしようとSさんに言って止めさせた。Sさんは夢中になると止まらなくなる。
庭の菫。
IMG_0535fhfghaaa.jpg
雪柳。
IMG_0538fdgaaa.jpg
ハナニラ。
IMG_0539dfgfaaa.jpg
室内のアフリカシタキヅル【アフリカ舌切蔓】。香りが良い。
IMG_0543ghfghaaa.jpg
歌の練習をして、水曜会に行く。
「サッちゃん」
・バスのうた
・サッちゃん
・おとなマーチ
・くもさん
・バナナを食べる時のうた
・トマト
・犬のおまわりさん
・ドロップスのうた
そろそろ暗譜に入らなくては。かなりの方が暗譜してる。
「オペラの合唱曲」
 ・CHORUS OF CIGARETTE GIRLS
・HABANERA
 ・BRIDAL CHORUS
Skさん、Kkさんの側だったので何となくフランス語も歌えた。暗譜はきつそう。
「木下牧子セレクション」
 ・夢みたものは…
 ・方舟
 ・鴎
先生の指揮を見ないと出だしがわからない。指揮を見るには暗譜しないと難しい。女性はもう暗譜してる。まじめだなあ。
「水のいのち」
・海
・海よ
歌いやすい。暗譜に入ろうかな。
久しぶりに飲み会参加。
Ttさんの側に座って眼の具合などを聞く。少し深刻だが、明るいので救われる。こちらは腕の痛さを話す。話ができて良かった。
Tdさん、Nkさんが側にいて久しぶりに話す。
誰かにストレスがないでしょうと言われたのでフランス語がストレスだと言ったら、先生に聞こえてしまった。
楽しいが腕の痛みで睡眠不足気味なので早めに帰る。

鎌倉





今日の一枚。寿福寺の総門。
IMG_0507yuuyuaaa.jpg
鎌倉の息子のお嫁さんの実家のご夫婦と鎌倉駅で待ち合わせ。お二人は実にかっこいい。
レストランに向かう途中に鎌倉市立御成小学校。
「校名の看板は高浜虚子筆によるもの。正門前にはかつて鎌倉時代に問注所が建っていた事を示す石碑が建っている。」(クリックすると拡大)
IMG_0482dfggfaaa.jpg
裁許橋。「その名の由来として、近くに問注所があり、罪を咎められた人が渡った橋なのでその名がついたとか、 無罪の人が渡った橋だなど諸説がある。」
IMG_0484dgfdgfaaa.jpg
しゃれたレストランで食事。
IMG_0495ghjhjaaa.jpg
美味しい。
IMG_0486dgfgaaa.jpg
女性客ばかり。
IMG_0488dfgfgaaa.jpg
予約しないとなかなかとれないそうだ。
IMG_0490gfhgaaa.jpg
ご主人はお酒を飲めないので私たち夫婦のみ赤ワイン。
IMG_0491fghghfaaa.jpg
話が弾んで楽しい。
IMG_0493fghfgaaa.jpg
寿福寺に寄る。
IMG_0497fggfhaaa.jpg
総門から仏殿までの参道。
IMG_0498uiuiaaa.jpg
苔が綺麗。
IMG_0502iyuiaaa.jpg
「頼朝が落馬が原因で建久10年(1199)に亡くなると妻・北条政子が夫の菩提を弔うため,正治二年(1200)に明庵栄西を招いて義朝ゆかりの土地に創建した。」
IMG_0505iuuiaaa.jpg
源実朝を偲ぶ碑。
IMG_0508uioioaaa.jpg
英勝寺。「浄土宗のこの寺は、かって水戸徳川家につながる尼寺で、太田道灌の居館の地であったといわれています。」
IMG_0511yuiuaaa.jpg
鐘楼。
IMG_0516iuooiaaa.jpg
総門。
IMG_0517oiuioaaa.jpg
IMG_0518oiuioaaa.jpg
仏殿。お参りする。
IMG_0520ghjjhaaa.jpg
IMG_0521hjjhaaa.jpg
鎌倉市川喜多記念映画館。Sさんの得意分野。
IMG_0529fghhgaaa.jpg
ご夫婦の家でお茶とお菓子を頂く。息子夫婦の話題が出る。ご主人が息子の睡眠不足を心配して下さる。
帰りに若宮工事を通る。まだ工事中で桜も貧弱。
IMG_0530fghhaaa.jpg
楽しい一日であった。

花の山どつこいしよつと立ち上がり





大門句会勉強会その204の三四郎さんの句評を見る。
「今回の兼題は遊介さん出題の「花(桜)」です。
山本健吉氏が体系付けた季語・季題のピラミッドがありますがその頂点に位置するのが「雪・月・花」です。」
◇光
花の山どつこいしよつと立ち上がり
花の下ゲートボールの音かちん
⇒花筵かシートに座って花見を楽しんでいたがそろそろ帰ろうというときにどっこいしょという声が思わず出た。無意識でしょうがいい年ですから掛け声も必要ですね。
公園のゲートボール場でしょう。日差しがやわらかで楽しそうです。「かちん」は蛇足ですね。
遊介さん選。
花の下ゲートボールの音かちん
→ 楽しそうな光景です。「音かちん」が全体を引き締めているように思いました。
野里子さん選。
花の山どつこいしよつと立ち上がり
→意識しないでも出てきてしまうこのごろです。宴も終わった。
私の選句。
◇野里子
花の庭ドクターストップ解けぬまま
⇒あまり疲れるような遠出はだめと言われているけれど、庭に出るくらいはいいだろう。桜ももうすぐ満開。暖かくなれば病もよくなるだろう。
◇遊介
花曇笑し阿闍梨の遺影かな
⇒阿闍梨とは千日回峰行を達成した僧侶のことですね。比叡山にその遺影が飾られていたのでしょう。今日は花曇。静かに信仰の深さを偲ぶのにふさわしい。
◇蒼月
花冷やビリーホリデー流れてる
⇒ビリーホリデーの歌が流れている場所と言えばちょっとレトロのジャズバーでしょうか。花冷えの夜に温まろうと入った店かも知れない。
◇三四郎
残業のひとりがまだや花筵
庭の金蓮花が咲きだした。
IMG_0463fghfgaaa.jpg
雪柳。(クリックすると拡大)
IMG_0464fghghaaa.jpg
ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)。
IMG_0465fghfhaaa.jpg
ツリガネスイセンとハナニラ。
IMG_0466ghjghaaa.jpg
ハナカイドウ(花海棠)。
IMG_0468ghjhaaa.jpg
水仙。
IMG_0469hgjghjaaa.jpg
クリスマスローズ。
IMG_0472hgjhgaaa.jpg
息子のお嫁さんの実家の鎌倉に挨拶に出かける。
行く途中のラベンダー。
IMG_0474hjkjjaaa.jpg
ルピナス。
IMG_0478hjkhjkaaa.jpg
桜。
IMG_0479jhkhkaaa.jpg
(続く)

香嵐渓のカタクリ





この一枚。
aw01888dec9001258003f1f3de427b15ff612e1e55a2aaaaaa.jpg
低山の会の帰りにFjさん、Iwさんの提案で香嵐渓のカタクリを見に行く。(クリックすると拡大)
aa017982f7e41fabc9a4ab239513c3e1f21305b41614aaa.jpg
先週見に行ったSgさんが今頃満開ですよと言う。
af012c2aedd6ee2d345f5b4924d81c49ac9965d397feaaa.jpg
見事に咲いてる。
ag0134c6a1d40c10ed610c1cef9ec38161037d42fa54aaa.jpg
いや実にすごかった。
ai01912668174fb6fdb0d222740bd20ee54ce5718f9eaaa.jpg
こんなに素晴らしいカタクリの群生を見るのは初めてである。
aj011e6c1e3ec5884627eaa00fc5dad8eeecd0de0074aaa.jpg
「カタクリの花は、花が咲くまでに7~8年かかるといわれており、香嵐渓では昔から自生していたものを保護・育成した結果、現在の大きさになりました。」
al011f6b80b291b232695ab9b4997ab145d0c7500ee1aaa.jpg
「香嵐渓の飯盛山の北西向き斜面の約0.5haに群生地があります。」
ap01bd8e96b2d11c70be4d68e2a0833d1f933f4ef663aaa.jpg
酔いしれた。
aw01888dec9001258003f1f3de427b15ff612e1e55a2aaaaaa.jpg
カメラマンのAdさんが夢中で撮影してる。
ax01d1d31467e284f1bce179c0f9dbb832ed25ee9048aaa.jpg
ヒトリシズカ。
bc01c0fe838591c3ac4b19a07af51fe0d5b8f02c9927aaa.jpg
ヤマルリソウ。
be018ac7e03fca4d02d460b2124105e3371a28dec01aaaa.jpg
ニリンソウ等が咲いていた。
cf015e5f49f2468607004f3fbf3295323b207ffaf4b2aaa.jpg
「10 cm程の花茎を伸ばし、薄紫から桃色の花を先端に一つ下向きに咲かせる。」
bh014d30a3f1a4d4b88f7793ffbfa5be59dd48587ca7aaa.jpg
「蕾をもった個体は芽が地上に出てから10日程で開花する。」
bk0139021636adc5233b7e2d0002ca832e5eff280137aaa.jpg
「カタクリの平均寿命は40-50年ほどと推定されている。」
bn01e31e3f70c4d587739c35b9d76e3f3df7509bef2caaa.jpg
「かつてはこの鱗茎から抽出したデンプンを片栗粉として調理に用いていた。」
bp014556cac3f63920255edacc64757f607691387cf6aaa.jpg
「3月下旬の暖かい日に一気に開花し、天気の悪い日や、夜には花を閉じてしまいます。」
br0152ef55e0803ac16927629bbee868d1dd144ef1c5aaa.jpg
「万葉集 大伴家持の一首にもこの花の名前が詠まれています。」
bs0130b7d5256a9d6865635c5f7a2c11584fbd9b90bcaaa.jpg
『もののふの 八十娘子らが汲くみまがふ 寺井の上の 堅香子の花』
bt0107d291912ecb24f6e82918f3f4419ecd31ff6adfaaa.jpg
スプリングエフェメラル(早春の妖精)に酔いしれる。
bu01d551cc2eecb9510b6bb154a46dd78f8243b4e2c5bbbaaa.jpg
何時まで経っても見飽きることがない。
bz011a4843d49761e5bb898851cfd6f91b4416b81360aaa.jpg
白いカタクリ。
ca01be6534af556f2b365d97322d1388b1f9ae2dec14aaaa.jpg
ずっと眺めていたい。
cc0146a2b4104b3b07ff06ec3f945047bd89c7956b7aaaa.jpg
桃源郷だ。
cd017c6991159013a2afe307ce4aca47f6309e780fcaaaa.jpg
夢から覚めたようになって降りる。
帰りは旭の駐車場に集合して解散。また山で会いましょう。
飲み会は、Fjさん、Iwさん、Kbさん、Fdさんで山談議で盛り上がった。
帰りの新幹線では白河夜船。
Sさんにカタクリが凄かったと話す。

碁盤石山





今日の一枚。
al01e5e8d0fb344889227ab94d7b6271410d6ca0f71aaaa.jpg
新幹線ひかりの一番に乗って名古屋に向かう。早朝、Sさんに気を付けてねと送り出される。
腕の痛みはザックを背負うとしゃんとして痛まない。
Fjさんリーダーの今年初めての低山の会に参加。藤が丘の駅でFjさんに拾ってもらい、同乗のIwさんとFdさんと旭の駐車場に向かう。参加者に挨拶。15名の参加。
碁盤石山。天候が悪くて3度目の正直だとか。晴れ男の私がいれば今日は大丈夫。
かなり車に乗る。
「碁盤石山登山口」で記念撮影。
aa016077839f9a712118a434f00de51a847870344dedaaa.jpg
Fjさんが足慣らしだから楽ですよと言うが、腕が痛くて昨夜よく眠れてないので心配。
杉林の中の階段状の道を登る。偽木のアーチ橋がある。
「胸突き坂」。勘違いして10m位と思ったが、延々と急な土留め階段が続く。汗だくになる。腕の痛みは吹っ飛んで感じない。Fdさんが先に行ってと言ったので少し元気が出て何とか登り切る。Kkさんのお子さんも頑張って登ってる。
先頭はIwさん。ゆっくり歩いてと頼む。健脚Kjさん、Hkさんに前を行かれたらたまらない。
胸突き坂を過ぎると雑木林と変わり、下には笹が茂っている所を通過。
DSC_8942Laaa.jpg
舗装道路に出る。
滑らかな大岩の「七尋岩」(七尋=約12、6m)に寄る。(クリックすると拡大)
ae014c7d2f3136047b82c7477cf3e0046cda2fdace5eaaa.jpg
Kkさんのお子さんがはしゃいで岩の先に行き、危ないよとお母さんに叱られてる。
ab01aa65e122f9a9995325dcd7986a371b7fd9d91dadaaa.jpg
大きな馬酔木の木がある。
ag01c0ae2e588aca83c129a7b42faf10efc5db5ceb75aaa.jpg
しばらく登って天狗の庭に到着。ゴルフ場が見える。
ai01b3c5d7f12df3b6e9655f7dc92bc8e3bb2602711baaa.jpg
碁盤石の由来が書いてある。「かつて、この山をすみかにしていた碁好きな天狗がおり、山のふもとの村に住む碁の天才と対局したとか。7日7晩続いた激闘の末に天狗は負けました。その悔しさのあまり、天狗は碁盤石をひっくり返したことから、天狗の住む山を碁盤石山と名付けたと言い伝えられています。」
ah0184e17d2c32845981c1b4e07d0d25d0a9d8ab8069aaa.jpg
Fjリーダーの指示で見晴らしの良い富士見台で昼食。
前方には平山明神山をはじめ奥三河の山々が見える。
aj013e01500609b736cad994b0073b22469138487e4baaa.jpg
温度は低いはずだが、晴れて風がないので気持ちの良い暖かさ。
Kbさん、Fjさんの沸かしてくれた珈琲とココアを楽しむ。お菓子が一杯回ってくる。女性に加えてKnさんが一杯提供してくれる。ここで記念撮影。
さあ頂上へと向かったらすぐについてしまった。頂上の看板が書き直したばかりで少しちゃっちい。碁盤石山(1189m)。
ar011518b89b7e0f14d670b9d2b7b640ae50b5973773aaa.jpg
三角点がないかとFjさん、Kbさん、Okさんが探したが見つからず。
大きな馬酔木の木が多い。
as01151def87acd49a19cb160bd0c8c090e93602eeabaaa.jpg
降りは胸突き坂を避けて舗道に降りたのでほっとする。
av0143b67ab228b6c7d4eabb353079b2937b23ecc698aaa.jpg
舗道をだらだら歩いて駐車場に着く。やれやれ何とか登れた。
途中休憩したところでFjさんは日本酒を買ってる。
az013f53a5cf194e350b1be11c1294d448e80a6172fcaaa.jpg
帰りに寄った香嵐渓のカタクリが素晴らしかった。(続く)

ほっと一息





今日の一枚。矢上川の鯉。
IMG_0449dfgaaa.jpg
接骨医に行く。
なかなか痛みが取れないが原因が分かったのでほっと一息である。気長に痛みと付き合っていこう。そのうち治るだろう。
帰りの道で木瓜が咲いてる。
IMG_0445dfgfgaaa.jpg
矢上川の鯉の群れは相変わらず同じところに群れている。
IMG_0446dfggfaaa.jpg
コチドリがひょこひょこいる。
IMG_0450fdgdfaaa.jpg
公園の桜が二分咲き位か。
IMG_0451fggaaa.jpg
梨の花かなあ。(クリックすると拡大)
IMG_0453gfgfaaa.jpg
庭のチューリップ。
IMG_0455fgdgfaaa.jpg
菫。
IMG_0456gfgaaa.jpg
ツリガネスイセン。
IMG_0459dfggfaaa.jpg
クリスマスローズ。
IMG_0462dfggaaa.jpg
大門勉強会の苦吟。
兼題は「花(桜)」。詠みやすいようで詠みにくい。
歌の練習。
明日は一番の新幹線で愛知の山登り。早く寝よう。

YH会





部屋の胡蝶蘭。
IMG_0440fghfghaaa.jpg
庭のハナカイドウ(花海棠)がもうすぐ咲く。
IMG_0429dfgfdaaa.jpg
シャガ。(クリックすると拡大)
IMG_0430gfhaaa.jpg
キケマン【黄華鬘】。
IMG_0432gjgjaaa.jpg
クリスマスローズ。
IMG_0434ghfgaaa.jpg
ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)。
IMG_0437fghhaaa.jpg
YH会に出かける。
近所のマーガレット。
IMG_0441gfhghaaa.jpg
ルピナス。
IMG_0442fghgfhaaa.jpg
早咲き桜。
IMG_0443gdfaaa.jpg
以前、我が家にもあったが枯らしてしまった。
IMG_0444dfgdgaaa.jpg
うさぎやに到着。この頃、良く活用してる。
Sjさんが開拓したお店。Aoさんが欠席だが、Hdさん、Szさん、Trさん、Tbさん、Tuさん、Smさんと8名揃う。
賑やかで美味しいお酒も魚も上の空で食べてしまうのがもったいない。
Trさんは山梨から駆けつけてくれた。まだ雪が積もってるとか。
Hdさんは裏情報をよく知っており、耳を傾けたいがSmさんの声が大きくてよく聞き取れない。
Hdさん、Sjさんは現役の頃、苦しい時に声をかけてもらった。
SzさんはKmさんが大病を患ってると脅したので心配したが、軽い手術だったようで安心する。
SjさんとTuさんに安倍政権の話をさせると真っ向違うので喧々諤々と止まらなくなる。
Tbさんは調整役だが、手が回らない。
それでもみんな、精一杯の声を張り上げて話すのでストレスはすっ飛んでしまう。
このメンバで集まっていると言うと大概の人は大変ですねえと言ってくれる。
だが私にとっては尊敬に値する人たちである。
帰ったらSさんから何を食べたと羨ましがられた。

オ事OB会





部屋のアフリカシタキヅル【アフリカ舌切蔓】。
IMG_0439dfgfaaa.jpg
庭のナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)。
IMG_0416sdfsfdaaa.jpg
Mtさんの訃報がSzさんより入ったので、お葬式に出かける。Sさんに支度をしてもらう。
Mtさんは熱心なクリスチャン。連絡が大船教会とあったので、住所を調べずに出かける。後で考えるとSさんがどの宗派かと聞いていたので調べればよかった。
スマホのMAPで大森教会に着いたら、Mtさんの名前がない。調べてもらったら、ここはカトリック大船教会、多分、プロテスタントの教会でしょうと地図を書いてくれた。親切な方でこの地図がなければたどり着けなかった。間違えて来た方が多数いたとのこと。
教会に着いたら、満員だったが何とか端の席に座れた。讃美歌の合唱の後に、牧師の故人の紹介がある。熱心な活動をされていたことがわかる。亡くなる前日まで車椅子で教会に来ていたと言う。同じ時期に前立腺の手術をして、私の予後は良かったが、Mtさんはあまり良くなかったようだ。昨年も手術をされ、これでテニスができると喜んでおられたと言う。ご冥福をお祈りする。
献花、お見送りまで行う。
Kmさん、Ktさんと一緒になったので、誘われてお茶する。久しぶりだったので懐かしかった。
オ事OB会に参加。場所に迷うのでは心配したが、Tyさんと一緒になったのでほっとする。Tyさんは10年間幹事をしてくれた。
今はNmさん幹事で門前仲町の魚三酒場に23名集まる。
昼間にMtさんの葬式に参列したので、その報告と献杯をする。
初参加は、TbさんとOnさん。Tbさんに以前いた会社の状況を聞く。
紅一点はHtさん。Nkさんは私がいないとどこに行っちゃうかわからないと言う。
山仲間のKhさん、Mzさん、Nkさん、Ykさんがいる。
Ykさんは腕が痛いと言うのを心配してリハビリ方法を教えてくれた。
Mzさんは私が山に誘ってくれなかったら今みたいに歩いてないと言う。役に立ってると思い嬉しくなる。
Kgさんを山に誘ったが軽く断られた。
Szさん、Hyさん、Fkさんから、最近の企業動向など聞く。久しぶりに左脳がフル回転した。
Tgさんは静岡より参加。良く来てくれた。
Kmさんは相変わらず何をやってるのか忙しい。
Aoさんが太りすぎだと誰かが心配してる。
Smさんが次回のYMS会に参加すると言ってくれた。
最後にSzさんが〆て終わる。苦しい時期に同じ釜の飯を食べた仲間とは何時会っても嬉しい。
ちょっと飲みすぎて良い気持ちになる。

腕の痛み





整形外科にMRIの結果を聞きに行く。
右腕の痛みは、肩腱板損傷から来ているようだ。ヒアルロン酸の注射を受ける。痛み止めの薬と湿布薬は引き続いて使う。接骨医でリハビリを続けるようにとのことであった。
原因がはっきりしたので気が楽になる。
病院のチューリップ。
IMG_0388asdaaa.jpg
ムスカリ。
IMG_0389sdfdaaa.jpg
アネモネ。
IMG_0390sdfaaa.jpg
接骨医に整形外科の先生のMRIの写真と診断書を持っていったら、先生は、予想の範囲だったらしくてやはりそうでしたかと言う。右腕はあまり激しい動きはしないほうが良い。左腕は、肩関節周囲炎だから動かすようにと言われる。
帰りの矢上川のコガモ。
IMG_0397kjjkaaa.jpg
カルガモ。
IMG_0399kljkaaa.jpg
鯉の群れ。
IMG_0403hghjaaa.jpg
庭の水仙。Sさんが好きな花。(クリックすると拡大)
IMG_0407sfdsdfaaa.jpg
ハナニラ。Sさんが嫌い。だいぶ除去された。
IMG_0408sdfsaaa.jpg
ノースポールがやっと咲いた。
IMG_0409yuyuaaa.jpg
オドリコソウ。Sさんが雑草と除去するのを防いだ。
IMG_0410ytyzzzaaa.jpg
歌の練習をして水曜会に出かける。
今日は練習場が浜離宮朝日ホールリハーサル室。
アルトが開始前にパート練習してる。
「 サッちゃん」
・トマト
 ・バスのうた
・おとなマーチ
・くもさん
・バナナを食べる時のうた
だいぶ慣れてきた。 掛け声は何時もSkさんが行うが欠席なのでTbさんがする。
・ドロップスのうた
女性をはじめ、楽譜を見ない人が増えてきた。あせらないあせらない。
「オペラの合唱曲」
 ・CHORUS OF CIGARETTE GIRLS
・HABANERA
フランス語はいまだに発音がおかしいところがある。
 ・BRIDAL CHORUS
 ・CAVALLERIA RUSTICANA
セカンドのSkさんがいないとちょっと出だしを間違えた。
 ・NABUCCO
休憩。
テナーはSkさん、Nzさんが休み。Htさんが遅れてくる。
選曲委員会が4月7日。でんごんばん担当として出なければ。
コンサートの紹介。
「木下牧子セレクション」
 ・夢
 ・ローラビーチ
 ・方舟
難しい。出だしは先生の指揮を見てないと間違える。暗譜したほうが楽かも。
疲れた。
帰りにTbさんにもっと自信もって歌ったらと言われてしまった。

コガモ





今日の一枚。矢上川のコガモ。
IMG_0381ghjghjaaa.jpg
部屋の胡蝶蘭。長く楽しませてくれる。Kmさんに感謝。
IMG_0355dfggfaaa.jpg
庭の黄水仙とツリガネスイセン。(クリックすると拡大)
IMG_0358dfgaaa.jpg
キケマン【黄華鬘】。
IMG_0359reeraaa.jpg
シャガ。
IMG_0361jhkjkaaa.jpg
接骨医に行く。
その帰りに矢上川のコガモ。
IMG_0369jkjkaaa.jpg
羽が綺麗。
IMG_0373dgfaaa.jpg
一杯群れている。おばさんに何を撮ってるのかと聞かれたのでコガモと答える。おばさんはやっと気が付いた様で、そのあとじっと見つめていた。
IMG_0381ghjghjaaa.jpg
鯉も群れていて嬉しくなる。
IMG_0383ytuyaaa.jpg
相談に乗るために出かける。スマホのMAP頼りで何とかお店にたどり着く。
専門外の事なので、書類を見ても話を聞いてもなかなかピンと来なくて質問だらけになる。
しゃれたお店で食事も美味しそうだったが、夢中で耳を傾けたり、質問したりしていたのであまり喉を通らない。
01efce35ddccd6c1e2ea8ca7fb20d774f5ce7ffcbeaaa.jpg
アルコールも控えめにして集中したので、全く酔わない。
2時間以上質問攻めにして丁寧な回答を得たが、それに対する適切なアドバイスができたかどうか。
012fe39d8e724e25f22c6bc941b8ac3a3cc771e55faaa.jpg
少しは役に立ったかなあと思いつつ終了。真剣に考えたので疲れた。

バッティングフォーム指導の花の下





今日の一枚。鈴ケ森刑場跡。
aw010c256e8621b5296e9c14f72308f6ce340e9c5448aaa.jpg
大門句会吟行に行く。まとめてくれたのは遊介さん。幹事は三四郎さん。主宰はあゆかさん、小雪さん。参加者は12名。
(東海道品川宿を歩くその②)
立会川~鈴ヶ森刑場跡~立会川
立会川駅に集合。
まずは来福寺に向かう。(クリックすると拡大)
aa01296fa007e4c18a690ed6c75f033a1bc88c1da11aaaa.jpg
参道に桜がチラ。
初花や徳を積めよと門前に  あゆか
小雪さん、三四郎さん選。
善き人を友とせよてふ彼岸寺  三四郎
野里子さん、はなさん選。
ab01392d0172c4985bf62a5faa1eff193c64a94b4304aaa.jpg
創建は平安時代の中期の正暦元年(990)で、かつては鎌倉古道の近くにあり、広大な寺領を有していた。
初花や阿波商人の檀那寺  三四郎
あゆかさん特選、小雪さん、糸さん選。
af01d8de5cf6203e375540e22a2660c768127abb8a4baaa.jpg
早咲き桜。
aj018e0b12f509fd1ac47bd84c40d92723667acc9bcdaaa.jpg
春彼岸三回周りて祈願せり  光
ak01cba6942a720f5ac81aefcfc893b457f5f5cfc011aaa.jpg
雪中庵蓼太句碑がある。
世の中は三日見ぬ間に桜かな  蓼太 
「世の中」の後が消えて読めなかったので
世の中の句碑文字消えし桜かな  光
小雪さんから「世の中」としないと蓼太の句碑を言ってるとわからないと言われた。
「世の中」の句碑文字消えし桜かな  光
坂本龍馬が初めて江戸に出てきたのは嘉永6年(1853)4月、その 2ヶ月後の6月3日にペリーが4隻の黒船で浦賀に来航する。
龍馬来て砲台固む初桜  蒼月
あゆかさん選。
an012ae6b6748b03a0a285c07871afbe82f941473175aaa.jpg
立会川にバン。
ゆつくりと泪橋へと春ショール  はな
あゆかさん、小雪さん、三四郎さん、蒼月さん、勝山さん選。
ao011ba3ea349012e6a13751c70d0dad36b463773bacaaa.jpg
下神明天祖神社。
as012e492ac31e5fc872da2985115add4da3223790faaaa.jpg
鯉。
ar01972b28dbd865c0d378db902568cacf9794188ff8aaa.jpg
旧東海道。
au01269d1cf33cd7a87d7f61c6705189842a618abf59aaa.jpg
途中の鈴ヶ盛り中学校でバッティングの指導を熱心に行ってる。
バッティングフォーム指導の桜花下  光
馬空さん、はなさん選。
小雪さんから桜花下でなくて花の下で良いと言われる。
バッティングフォーム指導の花の下  光
商店街で店じまいの牛丼屋があった。
牛丼屋潰れし跡の黄水仙  光
勝山さん選。
鈴ヶ森遺跡。
220年の間に10万人から20万人もの罪人が処刑されたと言われている。
鳥交る刑場の塚崩れかけ  小雪
あゆかさん、はなさん、糸さん選。
ax01374a69be6913859ac011303e1ddc39df64e5a72baaa.jpg
磔台と火炙台の礎石。
花咲くやお七渡りし泪橋  馬空
あゆかさん、小雪さん、遊介さん、さらさん選。
花にらや火炙台の石古りて  三四郎
小雪さん特選、あゆかさん選。
囀や丸や四角の火炙台  遊介
三四郎さん、さらさん選。
鈴ヶ森お七哀れや春の冷え  光
哀れは言い過ぎと指摘される。
av01f70cf94bc7cb8c26fc38f6628b7d6580dc0d9959aaa.jpg
刑場の磔石やいぬふぐり  はな
あゆかさん、馬空さん、遊介さん、さらさん選。
春の闇白井権八見得を切り  さら
あゆかさん特選、三四郎さん、糸さん、光選。
aw010c256e8621b5296e9c14f72308f6ce340e9c5448aaa_20160326195821c31.jpg
ベンケイソウの仲間。
bb014164232b5e9a57b4ae5ae014faaf3b937d39c11aaaa.jpg
浜川砲台を復元。この砲台は「30ポンド6貫目ホーイッスル砲」を原寸大(全長 3メートル、車輪の直径 1.8メートル)で再現した。
黒船に向けし砲とや黄水仙  野里子
あゆかさん、小雪さん、三四郎さん、光選。
つちふるや砲台跡の石畳  馬空
小雪さん、三四郎さん選。
bd01bc7e741c03ff7af9ca116f87b3c7faf714c6b5a8aaa.jpg
勝島運河の屋形船。
花冷えの運河の舟の動かざる  勝山
小雪さん、三四郎さん、遊介さん、野里子さん、蒼月さん、糸さん選。
釣船のまだ客もなし余寒かな  蒼月
あゆかさん、遊介さん、野里子さん、光選。
bg01507aea17540db04f6c8a5818ae6b1904df363e94aaa.jpg
引き鳥のしばしたゆたふ運河かな  勝山
小雪さん、蒼月さん、遊介さん選。
bi0136a485c80144d43c7a13ec95dee9bd57a0782661aaa.jpg
吉田屋で句会。
東風吹いて潮の匂ひの蕎麦屋かな  馬空
小雪さん、三四郎さん、光選。
bk01513ad999662259bc39883104cdec22df304c276baaa.jpg
美味しい蕎麦に舌鼓しつつ、熱燗飲みつつ楽しい句会。

鎌倉アルプス





今日の一枚。勝上献展望台から鎌倉建長寺を見下ろす。
at01b93e5e0f655dd44f96b80ec800bfb4089afe1644aaa.jpg
鎌倉アルプスハイキングを行う。サポートをお願いしていたIwさんが家族サービスで来れなくなったが11名の方が参加。今回はSさんと一緒なのでご機嫌。後詰をKhさん、先導をNkさんにお願いする。実際はKmさん、ご主人、それに超山ガールのMyさんが先を行く。初心者のKgさんとKtさんが参加してくれた。
北鎌倉の駅に集合して、建長寺に入る。
aa01a70cbdaba58dc9a354550c96ce4ed8547362a07aaaa.jpg
三門をくぐる。
ab01de4f1f800bdf2d811c27aaf1a3a1f6df444f9616aaa.jpg
ビャクシンの古木。
ad0150a24448308365bc05c7e75ad81f2f16697fb76aaaa.jpg
仏殿。
aee01e615d6fc55b333b607b7bf3498835df4374f87faaaa.jpg
本尊地蔵菩薩坐像。
aef01a52e17501bfccb926fe6a0f89cf14379b04ed48daaa.jpg
法堂の雲龍図。
af01e2d6aa90609a7fedddb7643811eb4c825fef7de3aaa.jpg
唐門。
ah0132060b5cd144ffd2a9ff4d743f03d8ffc632c87aaaa.jpg
虫塚に寄る。
aj01d542857a222fd01a7af6579c5f1ce8e5bb96db91aaa.jpg
天園ハイキングコースに向かう階段を上る。
am0141a7865b137035cf9e526c46e80961dc19167607aaa.jpg
半蔵坊に向かう階段で数十体のカラス天狗に迎えられる。
ap01155e5d5ed5d1572128187b11ac2d3180580b1274aaa.jpg
ar01fbc12f90260fa7664760be3214fccc1b2a0c7673aaa.jpg
半蔵坊から急な階段を上り、勝上献展望台に着く。(クリックすると拡大)
aw01581a6837786f1c4a02d3e06252d363b92fef668caaa.jpg
下の建長寺が見える。相模湾ももやっと見える。
at01b93e5e0f655dd44f96b80ec800bfb4089afe1644aaa.jpg
ここでSさんとツーショットをKhさんに撮ってもらう。
ここから山道らしくなる。
ax0112464d976e15eac867d11552b1227c3c43116928aaa.jpg
Kmさん、ご主人、Myさんは気が付かずに通り過ぎたが、鎌倉十王岩に立ち寄る。かなり風化が進んでいるものの血盆地蔵、如意輪観音、閻魔大王。Sさんは前に見たからいいと登ってこない。
ay01c9f3b8201a970015eb2303e0ede1c2f50cec7dabaaa.jpg
「やぐら」とは、中世につくられた鎌倉独特の横穴式の墓地。
az01988deb92087da61c9cf5b66dea5b9e3587b105c4aaa.jpg
山道らしいのを楽しみながら進むとコース中最も標高が高い(159m)大平山に到着。
ba0108599e83214db46c12895d910c519351117ff0d2aaa.jpg
ちょっとした岩場を下って広場でお弁当。
bb0152a03a90f90f5b80247d372e0397c3257e8fa59aaaa.jpg
Mrさんが寝っ転がる。何時ものKhさんの美味しい珈琲を楽しむ。ここでもツーショット。Khさんがしょうがないなあと言う顔して撮ってくれた。初参加のKgさんとKtさんは楽しんでくれている。
鎌倉カントリーを左手に見ながら進む。ゴルフ場の桜が綺麗。早咲き?
be01e517ddffcf0d1cc9d02220cd3bfa4af79707b1acaaa.jpg
天園を通り過ぎて瑞泉寺方面に向かう。天園の茶店で甘いものでもと思ったが先頭のKmさんたちはさっさと通り過ぎる。
降りにスピードを出したら、元気ですねえと冷やかされる。
舗装道路に到着。鎌倉宮に寄ってお参り。
bg016bbe7acbd9380db87adeeb7bf4a4d973acbe2edcaaa.jpg
身代わり様の腕をさすって痛みを直してくださいとお参り。
bh01ed08cd63338e2eac78ac8d57579478473671efb8aaa.jpg
盃割り舎でSさんに勧められて杯を割る。Kmさんはえいっと勢い良い。Ktさんは遠慮してしまった。
bi01bc5fe8808cfbc09d308a572a7289e384a328f467aaa.jpg
三椏の花。
bk01808b5abb77eccfbb11c4f9073cfb72980f832aaaaaa.jpg
日本三天神の荏柄天神にお参り。
bl018e2a4a7a8e055ef03e22ded030191b0e68580ad8aaa.jpg
鶴岡八幡宮は人出が凄いので通り過ぎようとしたら、大銀杏まで行こうとNkさん、Khさんが言い、いやいや向かう。
bs01e7d5117c939d996d93ef1be2f211345ecb90d505aaa.jpg
芽が出ていた。
bt0187b270527419e3fea53ca87b05751b1c99e16aacaaa.jpg
階段の上までは行かない。
bu0117ee36ffb242127afce58f008067744cb9089542aaa.jpg
鶴岡八幡宮でも早咲き桜に出会う。ラッキー。
bv018a8d90757ca59d096f9acc4b521e75f3a46e8b50aaa.jpg
後は一路、鎌倉駅近くの仕立屋に向かう。紹介してくれたTtさんが待っていてくれた。Mzさんは何時も車の運転で飲めないので今日は飲めるぞと張り切ってる。
Kgさん、Ktさんは次の山にも来てくれるだろう。
Myさんは明日も登山。凄いねえ。
店員がお酒をひっくり返してMrさんが浴びてしまった。Mrさんは万座でご婦人に赤ワインをかけたことがあるので、その因果応報?
ああ楽しかった。Sさんと一緒だと特に楽しい。
また山で会おう。

うさぎや





今日の一枚。うさぎやのウニとトリ貝の土鍋ご飯。
IMG_0352kjlkaaa.jpg
整形外科に行って右肩のMRIを撮る。
土曜の午後だったので、窓口が閉まっており、最初戸惑ったが、時間が来て窓口が開いてからはスムーズだった。
今日は検査のみ。水曜に結果がわかる。
病院前のムスカリ。
IMG_0340jklklaaa.jpg
途中の善教寺にお参り。(クリックすると拡大)
IMG_0341jhhjaaa.jpg
モクレン。
IMG_0342hgjjhaaa.jpg
お参り。腕の痛みが治りますように。
IMG_0343jkjkaaa.jpg
矢上川の菜の花。
IMG_0346ghjhgaaa.jpg
ヒマラヤユキノシタ。
IMG_0347jkkaaa.jpg
ワスレナグサ【勿忘草】。
IMG_0349jkhjkaaa.jpg
ポアロの録画をSさんと喜んで見ていたら、うさぎやに行く時間が遅れてしまった。
大慌てでSさんと飛び出す。Sさんが早くて追いつかないので、手を引っ張ってもらう。
Mrさんからメールで少し遅れると来たのでほっとする。
うさぎやに着いたら、Mrさんも到着したところだった。
Mrさんには、ずっとお誘いしていたが、なかなかアンドが取れなかった。ようやく実現。
013cc34acb0a506f6a503ea1cc4e51f751d73ecc98aaa.jpg
さっそく盛り合わせ、鮭ハラス、タラの芽天ぷら、塩ラッキョウ、タケノコ土佐煮など。
美味しいと頂きながら、甕焼酎を飲みながら話が弾む。歌舞伎、スキー、映画、俳句、腕の痛みなどなどSさんも良く話す。
実に楽しい。至福の時。
最後にウニとトリ貝の土鍋ご飯を頂いて終わりになる。
0169eec65e45fc2296b754bd2b0e56c911b6e8eb60aaa.jpg
またやりましょうと言って別れる。

ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲第2番イ長調 Op. 81





今日の一枚。チェンバーソロイスツKANAGAWA2016。
チェンカナ2016aaa
庭のツリガネスイセンとハナニラ。
IMG_0334fghaaa.jpg
Sさんと一緒に出掛ける。Sさんはニット教室、私は、針灸。
近所のムスカリ。
IMG_0336fghfghaaa.jpg
?(クリックすると拡大)。
IMG_0337ghhgjaaa.jpg
チューリップ。
IMG_0338hgjjhgaaa.jpg
木瓜。
IMG_0339hjghaaa.jpg
Sさんと別れて、鍼灸治療室に向かう。
針灸とマッサージ、温熱でうとうとする。体がポカポカする。
お灸は家でやってもらうとよいと言われて、肩に印をつけてもらう。
一旦帰ってから、みなとみらい小ホールに向かう。
伝々の会でご一緒し、山仲間でもあるKwさんが出演してるチェンバーソロイスツKANAGAWA2016。
○出演:千葉純子・松下蕗子(ヴァイオリン)、大島路子(ヴィオラ)、海野幹雄(チェロ)、川井綾子(ピアノ)
○プログラム
トマジーニ:2つのヴァイオリンとチェロための三重奏曲イ長調
ヒンデミット:ヴィオラとチェロのための二重奏曲
ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲 第4番 作品11 「街の歌」
ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲 第2番 イ長調 作品81
最初の曲は、弦楽器の心地よさを堪能。
ヒンデミットの曲は、初めて聴いた曲。何かエロチック。
Kwさんによれば、「ベートーヴェンのピアノ三重奏曲「街の歌」は、溌溂とした若きベートーヴェンの意気が感じられる、当時から人気の高かった名曲。」
最後のドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲 第2番 イ長調 作品81は素晴らしい。圧倒された。
Kwさんによれば、「ピアノ五重奏曲として今までに(チェンバーソロイスツにて)シューマン、ブラームスをお聴き頂きましたが今回は「三大ピアノ五重奏曲」の残り1つである ドヴォルザークを取り上げます。
ドヴォルザークの、民族的でどこか哀愁の漂う美しいメロディーやリズムのマジックは本当にに素晴らしく、1音目から最後までぐっと惹きつけて放さない、最高傑作の一つです。
一昔前、某カレーのCMで「中村紘子さんはカレーもうまい」というのを覚えていらっしゃいますでしょうか?そこで使われたくらいポピュラーで楽しい作品です。」
とのこと。
5人の語りもあって、それぞれほほえましかった。
Khさんも来ているはずなので探したが、見つからず。(ぎりぎりに間に合ってきたそうだが、会えなかった。)
Kwさんに挨拶して帰る。
帰って、Sさんにどうだった聞かれたので、素晴らしかった。来年は一緒に行こうと誘う。
鍼灸師に教えてもらった、肩のお灸に位置にSさんにお灸をすえてもらう。熱いでしょうと言われたが、チクッとするくらいで熱くない。Sさんは以前した時に熱くて我慢できなかっと不思議がる。熱くないのはあまり良くない。気持ちは良い。

江川沿いの鳥と花





今日の一枚。アオサギ。
IMG_0325hjhjaaa.jpg
接骨医に行く。腕を積極的に動かしたほうが良いかと聞いたら、MRIの結果が出るまで、待ってほしいと言われる。
江川せせらぎの遊歩道に行く。清掃中で水が抜いてある。もう一か月近く清掃が行われてる。
散り始めてる明津桜にメジロがとまって蜜を吸ってる。
IMG_0304jlldfgaaa.jpg
さんしゅゆ( 春黄金花)。
IMG_0311hjkkjaaa.jpg
ヤナギタンポポ【柳蒲公英】?(クリックすると拡大)
IMG_0315hkkjaaa.jpg
ヒヤシンス。
IMG_0318sdfsdaaa.jpg
オウバイ。
IMG_0320uiyiuaaa.jpg
こぶし (辛夷) 。
IMG_0321hjjhaaa.jpg
水のない江川にシラサギが来てる。
IMG_0322hjhaaa.jpg
じっと佇むアオサギ。
IMG_0326hjhjaaa.jpg
わずかに残った水たまりのカルガモと鳩。
IMG_0328hjhjaaa.jpg
ハンノキの仲間。
IMG_0331hjaaa.jpg
上流には水が流れてる。ここで子供が二人メダカを探してる。つかめても小さいからかわいそうと離してる。
IMG_0329aaa.jpg
やたらと子供が多いと思ったら、春休みだった。
帰ってから、Sさんに魚を焼いてもらう。
歌の練習。毎日歌うと声は出やすくなる。何とかなるかなと言う気持ちになった。

春だ。庭の花が増えてきた。





今日の一枚。クリスマスローズ。
IMG_0291vbnvbaaa.jpg
整形外科に行く。改善が見られず、夜中の痛みがつらいと訴える。腕をいろいろ動かして、動くことは動くねと言われる。MRIを撮って調べることになる。ヒアルロン酸の注射を肩にした。
MRIは予約して1週間後に結果が出る。これで夜の痛みの原因がわかることを期待。接骨医には通ってくださいとも。
帰りに接骨医による。整形外科の先生の報告書を見せる。腕の動きは鍼治療で改善されるが、夜中に痛くなる腕の痛みにはあまり効果がない。
帰りの矢上川でコガモと鯉が仲良く餌をとっている。
IMG_0270sdaaaa.jpg
カルガモ。
IMG_0274saddsaaaa.jpg
菜の花が川岸に咲いてる。
IMG_0272asdsdaaa.jpg
我が家の庭はSさんが手入れするようになってから見違えるようになった。植物が元気になってきたのと、配置換えをするので、私が庭仕事していたころの雑木林的色彩が薄れて、庭らしくなってきた。
フキノトウ。(クリックすると拡大)
IMG_0276fghhgaaa.jpg
春だ。庭の花が増えてきた。
ツルニチニチソウ(蔓日日草)。
IMG_0277ghfghaaa.jpg
二種類の色がある。
IMG_0278fghhgaaa.jpg
雪柳。
IMG_0279fghfghaaa.jpg
菫。
IMG_0280ghghaaa.jpg
猫柳はそろそろ終わり。
IMG_0284fghhgaaa.jpg
クリスマスローズはSさんの手入れのおかげで花が一杯。
IMG_0291vbnvbaaa.jpg
黒い種類。
IMG_0294sdfaaa.jpg
色の濃いのと3種類ある。
IMG_0296vbnvbnaaa.jpg
キケマン【黄華鬘】。
IMG_0300dfgfaaa.jpg
部屋にはKmさんから譲ってもらった胡蝶蘭が真っ盛り。楽しませてくれる。
IMG_0282vbnnbaaa.jpg
結婚して早々に手に入れたのがシンビジューム。株分けして増やしたり、仕事が忙しくて手入れがおろそかになって、激減したこともある。私の花の原点。良く続いてる。
IMG_0283fghgaaa.jpg
腕の痛みで夜に何度も起きるので、睡眠不足なので、昼間に寝てカバー。
歌の練習。
今度の鎌倉ハイキングは曇りの予想で実行出来そう。一度雨でキャンセルした。打ち上げ用にTtさんに教えてもらった、仕立て屋を予約する。
Sさんと談笑。気持ちがほんわかする。

七福の会





庭の油瀝青 (あぶらちゃん)。
IMG_0288cvvbaaa.jpg
私の好きな花。
IMG_0290sfsfaaa.jpg
黄水仙。
IMG_0261khjaaa.jpg
雪柳。(クリックすると拡大)
IMG_0264khkjaaa.jpg
七福の会に出かける。
近所のムスカリ。
IMG_0257jgjaaa.jpg
最長老米寿のHtさんが手術を二回され、二か月以上の入院をされた。自宅療養中だが、検査結果が出るまでは、おとなしくしていたいと言うことで、二回続けて欠席。(その後、検査結果がわかり、次回は参加できるとのこと。喜ばしい。)
7名の集まり。
最初はもっぱらHtさんの話題。皆心配してるがきっと元気で戻ってくると信じてる。
Ikさんが鎌倉アルプスで転落して、骨折した話。これは何度も話題になってる。
今年米寿のTnさんが、昔戸塚に競馬場があった話をする。頼んだ尾頭付きの魚が立派。もう同期の半分は亡くなってると言う。
米国大統領選挙の話題。トランプが出てくるのは民主主義国家のあかしだとDmさんが言う。Dmさん自身はサンダース候補応援。
Trさんは山梨から出てきた。今朝雪が降って10cm積もったと言う。
箱根に雪が降ったので、Dmさんが行ってみたいと言う。Ikさんが元気ですねえと言うので、山では一番早いと私が教える。
SjさんにSさんから預かってきた梅干しの漬け方の本を渡す。今年は枝を切ったので実は少ないだろうが大きいのが取れると言う。
Nuさんが後期高齢者の話をする。Tnさんが耳は後期高齢者かねと聞くので、とっくにそうですと答えてる。
会社の事業の話が必ず話題になる。同業の東芝も気になるところ。
2時間弱わいわいと楽しく談笑。
帰りにTrさんと喫茶店で1時間談笑。絵の話題が出て、Mn夫人の絵が素晴らしいとSさんが激賞してると言う話をする。二科展特選。Sさん自身は描かないのかと聞かれたので、もっぱら評論ですと答える。映画評論は熱心だが、絵についても鑑賞眼がある。
家に帰って歌の練習をして、水曜会に出かける。
何と楽譜を忘れてしまった。どうもこの頃、集中力が欠如してるのかミスが多い。
先週、Htさんが楽譜を忘れていたので、Htさんのマネをして楽譜忘れてしまったと話す。HtさんがSsさんに頼んで予備の楽譜を持ってきてくれた。
その時、練習してつい忘れてしまったと言ったら、女性たちから本当かしらと言う顔をされた。Ymさんからレンタル料貰わなくちゃと言われてしまった。
・NABUCCO
「サッちゃん」
・バスのうた
・サッちゃん
・おとなマーチ
・くもさん
・バナナを食べる時のうた
繰り返しテナーの練習をしたので、少し慣れてきた。
・トマト
・犬のおまわりさん
・ドロップスのうた
大中先生の曲はほっとする。
「オペラの合唱曲」
・BRIDAL CHORUS
借りた楽譜なので発音記号がふってない。ドイツ語なので何とか歌えた(と思ってるが、かなり怪しい。)
休憩。
テナーは、KsさんとMtさんが欠席。Nzさんは遅れてやってきた。
Ssさんからアンケートの報告。
「木下牧子セレクション」
・夢みたものは・・・・
Skさんが休んでいた時に練習していたので、Skさんは初見。お願いしますよと言われたがとんでもない。
・方舟
タイミングがとれない。超難しい。
・鴎
「水のいのち」
・雨
終わった。
昼間にビールを飲んだせいかやたらと疲れた。
帰りは、Frさん、Trさんと一緒。

蝌蚪の群れ足の出たのと出ないのと





今日の一枚。
濁流の矢上川で泳ぐカルガモ。
IMG_0255sdsdfaaa.jpg
部屋のアフリカシタキヅル【アフリカ舌切蔓】。
IMG_0253sffaaa.jpg
冷たい雨の中、接骨医に出かける。
途中のヒマラヤユキノシタ。
IMG_0254dsfdfsaaa.jpg
さすがに患者は少なかった。
左腕は、後ろに回すと痛い。左の手首の腫れもひかない。右腕は良く動くが、夜になると痛む。先生もこれを一番心配している。今度、整形外科でMRIを撮ってもらう。
帰りの濁流の矢上川でけなげにカルガモが泳いでいた。愛おしい。
IMG_0255sdsdfaaa.jpg
帰ってから、大門句会勉強会その203の三四郎さんの句評を見る。
兼題は夢路さん出題の「蝌蚪」。⇒は三四郎さんの句評。
◇光
蝌蚪の群れ足の出たのと出ないのと
合奏の譜面浮かぶや蝌蚪の群れ
⇒よく見ればほんとうにそうですね。小さい足がぷつっと出始めてるのもまだつるっとしているのもいる。毎日観察するのも楽しいかも。
蝌蚪が音符に見えたのですね。四六時中合奏のことが頭から離れないのでしょう。蛙の合唱を聞けばよけいに演奏会が待ち遠しくなる。
勝山さん選。
蝌蚪の群れ足の出たのと出ないのと
オタマジャクシは同じように見えて、各個体の発育に差異が生じる瞬間がある。
それ差異をおもしろく俳句に詠んでいる。
馬空さん選。
蝌蚪の群れ足の出たのと出ないのと
写生句として、良いですね。対象をよく見ています。
遊介さん選。
蝌蚪の群れ足の出たのと出ないのと
→ 早く大人に(蛙)になるおたまじゃくしとまだちょろちょろ泳ぐおたまじゃくしの対比が面白いです。小学生低学年を見ていると、人間もそんなです。
:望月牧場の使われていない馬の水飲み場で蝌蚪が一杯群れていたが長く観察していたら、大きさもまちまちで、足の出たのとまだ出ていないのが混在していた。面白いなあと記憶に残っていた。
後句は、最近の心境。なんでも楽譜に見えてしまう。
私の選句。
◇野里子
神宮の杜の奥なる蝌蚪の池
⇒明治神宮かも知れませんが特定の神社でなくてもいい。都会では蛙が安心して子孫を残せる場所がもうこんなところしかなくなったのですね。静寂の中の生命の氾濫です。
◇馬空
日の当たる淀みに蝌蚪の五六匹
⇒川か池の流れのない場所でしょう。浅瀬で日が当たって水温も暖かい。生き物はそんなところに集まる。
◇さら
手作りの小さき池に蝌蚪生まる
⇒手作りでもなんでも水がたまっているところには蛙が卵を産みにやってきます。そのためには蛙が冬眠できる土の地面が近くにあることが条件ですが。人工の池におたまじゃくしとはビオトープみたいでうれしいですね。
◇勝山
蝌蚪生まる魔物棲むてふ鏡池
⇒鏡池という名ですからきれいな水の池でしょうね。魔物が住むといういい伝えのおかげでいまでも自然が保たれている。蝌蚪にとっては快適でしょう。
◇はな
覗きこむ転校生や蝌蚪の紐
⇒転校生の前に住んでいたところではおたまじゃくしを見かけることはなかったのでしょう。同級生がこれは蛙の卵だよと教えてあげている。いい所に越してきました。
◇遊介
池淵におたまじゃくしや頭(かしら)寄せ
渦巻いた内蔵透ける蝌蚪の腹
⇒星野立子の〈蝌蚪一つ鼻杭にあて休みをり〉を思い出しました。遊介さんの句は多くのおたまじゃくしが頭をそろえて並んでいる景ですね。かわいい。
蝌蚪の腹を観察したことはありませんが内臓がすけて渦巻きのようになっているという発見ですね。ひっくり返して腹を見るとは相当好奇心旺盛な人ですね。
◇三四郎
蝌蚪よりもその影黒き水の底
明日の歌の練習をする。
休み休み全曲歌ったら、夜も更けてしまった。

磐梯熱海さようなら





腕の痛みで目覚め、4階の貸切風呂に入ろうと言ったら真夜中なのに石風呂、木風呂とも人が入っていた。
1階のお風呂に行く。こちらは誰もいなかった。露天風呂に入ったら、雪がちらつく。寒いが風情がある。
Sさんが起きるまで、3回くらい、温泉につかる。腕の痛みの改善にはあまり効果がなかったが、気持ちが良い。
この部屋ともおさらば。
IMG_0222asdaaa.jpg
窓からの眺め。(クリックすると拡大)
IMG_0224sddaaa.jpg
原発事故にもめげず、頑張ってる。
朝食後のコーヒーも良い。新聞を読んでる間にSさんは最後の温泉に入りに行く。
きらくやにお別れ。また来よう。文字通り気楽だった。
磐梯熱海の駅。
IMG_0225sdffaaa.jpg
結構客がいる。
IMG_0226sdfdaaa.jpg
帰りの磐梯西線、新幹線はうとうと。
昼飯は武蔵小杉の活で寿司を食べる。二時過ぎだったが、かなり行列。待ってるかいがあって相変わらず美味い。Sさんは太ると最初は渋ったが、食べ始めたらお腹が空いてるのか食べるのが早い。
白魚軍艦、えんがわ、ほたて、穴子、鉄火巻、まぐろづくし三貫、貝盛三貫など。ホヤがあったので食べる。満足。
帰ってすぐにSさんは庭の確認。
沈丁花。
IMG_0227sdffaaaa.jpg
ツリガネスイセンが多く咲きだしていた。
IMG_0228dsffdaaa.jpg
黄水仙。
IMG_0229fdfaaa.jpg
クリスマスローズ。
IMG_0232dfsfdaaa.jpg
クリスマスローズは花が下向きなので、Sさんは盛り土の上に植え替えようと考えてる。
IMG_0233sdffaaa.jpg
ハナニラ。これから一斉に咲きだす。
IMG_0238sdfaaa.jpg
雪柳。まだ寂しい。
IMG_0239dsffaaa.jpg
油瀝青 (あぶらちゃん)
IMG_0240dfdsfaaa.jpg
好きな花だが、なかなかピントが合わない。
IMG_0245dffaaa.jpg
ピンクの猫柳は花が開いてる。
IMG_0247dgdfgaaa.jpg
ツルニチニチソウ(蔓日日草)。
IMG_0248dfggfaaa.jpg
軽く歌の練習。声でないや。
録画を見ていたら、こっくり。

ショートトラック





今日の一枚。ショートトラック。
IMG_0214qweaaa.jpg
夜中に腕の痛みで3回目覚める。
夜はオープンになってる貸切風呂に入る。展望 石の貸切風呂と展望 木の貸切風呂に入る。文字通り貸し切りで痛みを癒す。
3回目は、丁度日の出とぶつかった。痛みも飛んで気分よく朝を迎える。
レストランで朝食。最初は凄く混んでいたが、1時間くらいたつと空いてきたのでその時間に行く。バイキング形式。
もうひと風呂入ってから、散策に出かける。
五百川沿いを歩いていたら、丸守発電所が見える。(クリックすると拡大)
IMG_0185fghfgaaa.jpg
安積疏水。
IMG_0189xcvcaaa.jpg
「安積疏水は安積平野(郡山市)の水不足を解消すべく明治政府が士族授産・殖産興業の政策のもとに、1879年(明治12年)から国営事業第1号として猪苗代湖の水を導水した事業です。」
IMG_0191dfgfaaa.jpg
Sさんがあらかじめ調べてあった蕎麦屋「石筵」に着く。
IMG_0195xcvxcvaaa.jpg
蕎麦の写真は食べるのに夢中で撮りそこなった。Sさんが一枚板よと驚く。
IMG_0193xvxvaaa.jpg
異国風の凧。
IMG_0194dfgfaaa.jpg
郡山ユラックス熱海に行く。
プールもあり家族連れが一杯いる。Sさんが今度来るときは水着持ってこようと言う。
IMG_0197fdgfgaaa.jpg
紅梅が満開。
IMG_0200fdggfaaa.jpg
なぜこんなところに風車がと思ったら、郡山市の姉妹都市オランダ・ブルメン市との友好の象徴。
IMG_0201fdfdaaa.jpg
隣接してる磐梯熱海アイスアリーナに入ってみた。
温度が低いので寒い。競技があるようで、リンクの氷を均してる。観客席に父兄がいる。狭いリンクなのでSさんがショートトラックではと言う。
IMG_0205dsfaaa.jpg
競技が始まった。
福島県ショートトラック選手権大会の開会の挨拶がある。
中高生女子の競技。
IMG_0211dfggaaa.jpg
ショートトラックは初めて見るので興奮した。
二組目のスタートダッシュ。
IMG_0214qweaaa.jpg
コーナーワークが凄い。
IMG_0217fghhfaaa.jpg
二番手の青い服がするすると出てきて大差でゴール。
IMG_0218dfgaaa.jpg
凄い凄い。Sさんと二人で大興奮。アスリートは美しい。
まだ試合が続くので見たい気もしたが寒くて風邪ひきそうなので引き上げる。
小さな神社にお参り。
IMG_0219fgfhaaa.jpg
除染作業を至る所でしている。まだここは原発事故の影響が色濃く残っている。
IMG_0220ghgfaaa.jpg
麦酒と小瓶の赤ワインを買う。昨日の果物を買った店を探したが、どこだったか見つからずあきらめる。
駅前の弁当屋で夕ご飯を仕入れる。
カーテンの開いてるのが泊まってる部屋。
IMG_0221dfgdfgaaa.jpg
部屋に戻ってまた温泉三昧。露天風呂はたくましい男たちでいっぱいで入れず。しばらく大浴場とサウナ、ぬる湯で時間稼ぎをして待つ。ようやく男たちが上がってきた。たくましい体をしてるので、除雪作業の人たちかもしれない。ここは一般に公開されている。
露天風呂で一人のんびりつかる。
部屋に戻って、風呂上がりの二人で宴会。ビールで乾杯。赤ワインで乾杯。
段々酔いが回って来て良い気持ちになる。
温泉にSさんと来るのは実に良い。腕の痛みも役に立つ。

磐梯熱海





腕の痛みの治療のためにSさんが調べてくれた磐梯熱海のきらくやに行く。
寒そうなので冬支度をして出かける。
郡山の駅で途中下車。(クリックすれば拡大)
IMG_0172jklkjaaa.jpg
Sさんが手打ちそば「隆仙坊」に行こうと言う。
スーツケースをがらがら引っ張って向かう。
IMG_0167hjkkaaa.jpg
ここの蕎麦はSさんの勘が働いて美味かった。ジュンサイが入っていた。
IMG_0170hjkjkaaa.jpg
郡山から1時間に一本の磐越西線に乗って磐梯熱海駅に向かう。
駅前に足湯があった。
駅からゆけむり緑地を通過して旅館に向かう。
IMG_0173ertrtaaa.jpg
着いた。
IMG_0174fghaaa.jpg
早く着いて部屋が空いていないので、荷物を預けて散策。
ゆけむり緑地。温泉が流れる樋があった。
IMG_0176ertaaa.jpg
だんこうばい (檀香梅)。
IMG_0179uiouoiaaa.jpg
何もない静かな街。
店があまりなく、コンビニもない。ようやくお店を見つけて果物を買う。おばさんは親切。
酒屋で麦酒。ここのおじさんも丁寧だった。
神社があった。湯泉神社。
IMG_0180utyuaaa.jpg
砂利が入って綺麗に整地されてる。Sさんが地震の跡に修復したのよと言う。後でわかったが除染跡だった。
IMG_0181ghjghjaaa.jpg
お参り。灯篭にひびが入ってる。地震で壊れたのかも。
IMG_0183dfgfgaaa.jpg
きらくやに戻って部屋に入る。なかなか良い。
早速温泉に入る。
大浴場、露天風呂、サウナに何度も入る。
かけ流しのぬる湯に入る。35℃位でぬるいが長く入れる。気に入った。Sさんは風邪ひいちゃうと入らなかった。
萩姫伝説の湯とか。「今から約800年ほど前、南北朝時代建武の頃、京に不治の病に苦しむ萩姫という美しい姫がいました。ある日、不動明王より「都より東北方、五百本目の川岸にある霊泉に浸かれば、病は全快する」とのお告げがありました。
お告げを受けた萩姫は東北へ向けて旅立ち、道中の困難を乗越え、五百番目の川のある磐梯熱海温泉へたどりつき、湧き出るお湯で病も完治しました。」。
部屋に戻って、麦酒で乾杯。晩飯は予約してないのでSさんが家から持ってきた太巻きを食べる。美味い。
Sさんと談笑。これは何時も楽しい。
買ってきたいちごが実に美味かった。
寝る前にまた温泉。露天風呂でのんびり。サウナ、ぬる湯、大浴場と入って、出ようとしたら小中学生がどどっと入ってきた。
その会話が面白くて吹き出しそうになった。
部屋に帰って休む。
残念ながら、夜中に腕の痛みで目覚めてしまった。

鯉が遡るのを見て元気を貰う





接骨医に行く。なかなか改善しないが我慢のしどころ。明日から温泉に行き、来週は整形外科でもう一度検査。
夜、腕の痛みで目覚めると萎えてしまうが、帰りの矢上川の鯉の上流への遡りを見ていたら元気が出てきた。
IMG_0154dggaaa.jpg
腕の痛み位で萎えたらどうする。この鯉を見よ。無心に遡ってる。
IMG_0155dgdgaaa.jpg
しばらく眺めていたら、おじさんも立ち止まって眺めだした。
IMG_0153dfggaaa.jpg
庭のツリガネスイセン。(クリックすると拡大)
IMG_0156fgfgaaa.jpg
黄水仙。
IMG_0157fghgaaa.jpg
猫柳。
IMG_0160fghhgfaaa.jpg
そろそろ鍼灸に出かけようかと思ったら、電話がかかってきた。何と時間を間違えていた。11時を1時と勘違い。先週、水曜会の日にちを間違えて今週は鍼灸の時間を間違えた。ちょっとぼけてきたかと心配。
明日の温泉行の準備。Sさんがスーツケースに詰め終わってる。温度を調べたらかなり寒そうなので、冬支度。
大門句会勉強会の兼題は夢路さん出題の「蝌蚪」。苦吟。最近の出来事から子供のころまで思い出してうんうんうなって何とかまとめて三四郎さんに送る。
歌の練習。
明日からは磐梯熱海の温泉だ。

テナーセカンドのレッスン





部屋の胡蝶蘭。
IMG_0123dfggaaa.jpg
シンビジューム。
IMG_0151fghgaaa.jpg
歌の練習をして水曜会に出かける。今日はセカンドテナーのボイトレ及びレッスン。
小雨で寒くでかけるのが億劫だが、練習の始まる1時間前が特別レッスンなので出かける。今日は浜離宮朝日ホールのリハーサル室。
参加者はFrさん、Tuさんと私。セカンドテナーは、Skさん、Ksさん、Tuさんといるが、仕事で参加できない。当初Kkパートリーダーも参加予定だったが、体調を崩して不参加。
Yk先生に早々と来ていただいて練習が始まる。
最初はボイトレ。一人一人歌う。声が出ない。喉を大きく開くように、あくびをするときの状態で発声といろいろ指導を受ける。練習すると少し出るようになる。
「サッちゃん」の「だけどちちゃいからサッちゃんてよぶんだよ」の音程の確認。母音のみで歌う。確かに音はとりやすい。
「バナナを食べる時のうた」の要望が出たが、先週私が休んだので歌っていないの困ったなあと思ったら、先生が練習の時にしましょうと言ってくれた。
・CHORUS OF CIGARETTE_GIRLS
・HABANERA
のフランス語の発音。3人だといい加減に歌ってるのがはっきり露見。何とか修正。心の中で汗だく。
・CAVALLERIA RUSTICANA
セカンドのリズムが取れないと練習。指揮を見てくださいと言われる。セカンドだけだと何とか歌えた。
1時間の練習だったが、充実していて良い練習だった。
練習が始まる。セカンドは全員出席。トップは不在。Skさんの隣で歌わせてほしいと頼む。
「サッちゃん」
・バスのうた
・サッちゃん
・おとなマーチ
・くもさん
・バナナを食べる時のうた
先週休んだので私は初めて歌う。
「PanPanPan---TumTumTum---バナナHum-Wa Wa バナナHum-Wa Wa・・・」に戸惑う。
・トマト
・犬のおまわりさん
・ドロップスのうた
「オペラの合唱曲」
・CHORUS OF CIGARETTE_GIRLS
・HABANERA
事前の練習が役立った。
・CAVALLERIA RUSTICANA
タイミングがばっちり取れたので先生が上手くいったでしょうと言ってくれたがFrさんがトップがいないと上手く歌えると言ってしまう。
休憩時間。
Ssさんがアンケートが出ていないと言うので一番にNzさんに渡したと言う。見当たらないならもう一度書くから用紙をくださいと言ったがなかった。
「木下牧子セレクション」
・夢
・ローラ・ビーチ
・方舟
・鴎
レコーダーの調子が悪くてうまく録音できず。
終わった。疲れた。
帰りは、途中までTbさん、Htさん(遅れてやって来て楽譜を忘れてる。)と一緒。
Tbさんからもっと自信を持って歌えばと言われてしまった。

矢上川の鯉が遡ってきた





接骨医に行く。
行く途中の矢上川で鯉が泳いでる。久しぶりに見る。冬の間は下流に降り、春になると上流に遡ってくる。
IMG_0141aaa.jpg
何か元気が貰える。
IMG_0142gdfgaaa.jpg
痛みが長引いてるので治療の時間が長くなってる。
用事があるので、二駅歩く。
ブレーメン通り。何時もにぎわってる。(クリックすると拡大)
IMG_0144sfsfaaa.jpg
IMG_0145ffsdaaa.jpg
IMG_0146fsfdaaa.jpg
住吉神社にお参り。
IMG_0147fdsfsdaaa.jpg
モクレン。
IMG_0148dfdfgaaa.jpg
市の坪神社にお参り。神頼み。
IMG_0149fdgdfaaa.jpg
用事を済ませて帰る。帰りは疲れて電車。
庭のコデマリが少し咲いた。
IMG_0130dfggaaa.jpg
クリスマスローズ。
IMG_0133gfhhaaa.jpg
2種類ある。
IMG_0134fghghaaa.jpg
シャガが咲く。
IMG_0135dfggdaaa.jpg
フキノトウ。すぐに採って食べてしまう。
IMG_0137cbcbaaa.jpg
歌の練習。
「木下牧子セレクション」
・ローラ・ビーチ
・夢みたものは・・・・
・夢
・方舟
・鴎
難曲で疲れる。
「オペラの合唱曲」
・CAVALLERIA RUSTICANA
・BRIDAL CHORUS
・CHORUS OF CIGARETTE_GIRLS
・HABANERA
フランス語は今だし。
Sさんにマッサージしてもらい幸せ。

雨で小寒い





雨でまだ小寒い。温度の変化が激しくてストレスがかかる。腕の痛みには良くない。
接骨医に行く。途中は急坂なので雨の日は滑るので慎重に降る。
昼間は何とかやり過ごせるが、夜の腕の痛みには参る。腕が上がらないのは左の方だが、夜痛むのは右腕。性質が違うと言われた。
帰り道のヒマラヤユキノシタ。
IMG_0115sdfaaa.jpg
花キャベツ。
IMG_0116asasdaaa.jpg
庭の菫。
IMG_0118sdfaaa.jpg
このところ夜が腕の痛みで何度も目覚めるので、練習をさぼっていたが、久しぶりに練習。
声が出ない。年寄は毎日歌ってないといけないみたい。
「オペラの合唱曲」
・NABUCCO
・CAVALLERIA RUSTICANA
・BRIDAL CHORUS
・CHORUS OF CIGARETTE_GIRLS
・HABANERA
「木下牧子セレクション」
・方舟
どっと疲れた。でも歌うのは気持ちが良い。

寄り添うて眠りにつくや雛納め





疲れて一日、家に籠る。
:アフリカシタキヅル【アフリカ舌切蔓】。名前がわかった。
IMG_0109jjaaa.jpg
ハナニラが一つ咲いた。Sさんはあまり好きでない。
IMG_0110hghgsfdaaa.jpg
ツリガネスイセンが咲いた。
IMG_0111sdffdsdaaaa.jpg
大門句会勉強会その202の三四郎さんの句評を見る。⇒は三四郎さんの句評。
兼題ははなさん出題の「雛納め」。
◇光
寄り添うて眠りにつくや雛納め
七色のあられ残りし雛納め
⇒内裏雛ですね。隣同士に一緒の箱に納めてまた来年までの長い眠りです。
雛をしまったけどひなあられはまだ残っている。にぎやかだった雛の節句の余韻のように。
野里子さん選。
寄り添うて眠りにつくや雛納め
→夫婦仲の比喩とも読みとれます。
馬空さん選。
七色のあられ残りし雛納め
上五、中七の表現で、余韻を感じさせるところが、良いですね。静謐な感じが、出ています。
遊介さん選。
七色のあられ残りし雛納め
→ お雛様はもう納戸の中。楽しかった雛祭りを思い出すもあぁやれやれと安堵する作者。どちらも日常におさまりました。
糸さん選。
寄り添うて眠りにつくや雛納め
・・・らしいですよね。
:寄り添うて眠りにつくや雛納め 
無論、Sさんと私。
七色のあられ残りし雛納め
Sさんが喜んで買ってきたが、あまりぱくぱく食べるものではなくてまだ残ってる。
私の選句。
◇野里子
和紙の皺伸ばして揃へ雛納め
⇒雛はやわらかい和紙でくるんで箱にしまう。出したときにとってあった紙の皺を伸ばしてもう一度使ったのでしょう。
◇馬空
本棚の整理を終えて雛納め
⇒この本棚は雛段を飾るために移動してあったのでしょうか。それをもとに戻して雛をしまった。部屋はいつもの部屋に戻る。
◇蒼月
内戦のシリアは遠し雛納
⇒世界では毎週のようにテロで人が殺され暮らしが破壊されている。雛納めというおだやかな営みを大切にしながら世界の現実にも目をそらさないようにしたいものです。
◇勝山
夫婦雛納める箱に仕切りかな
⇒二体一緒とはいえ偏らないように間に仕切りがある。せっかく一つの箱で過ごすのにつれない。
◇糸
切れ長の目元おほふや雛納め
⇒日本人形ですから雛の目つきは切れ長ですね。そのお顔をやわらかい紙でくるんだ。切れ長の目元もおおわれた。
◇遊介
雛納め祖母に似るかなこの不器用
⇒隔世遺伝と言いますが、母ではなく祖母似の不器用というのがおかしい。おばあさんは器用というのが通り相場ですがそこをひっくり返している。
◇三四郎
くらやみのふたりに戻る内裏雛
良い句が多いなあ。皆思いが深いのだろう。

入笠山





3月5日今年第一回のYY会、入笠山スノーシューに出かける。腕が痛くて夜が睡眠不足なので心配。ザックを背負うのが痛くてSさんに手伝ってもらう。スパッツは現地でつけるのが腕の痛みできつそうだったので、あらかじめつける。Sさんに気を付けてねと送り出されたらしゃんとした。
Imリーダーの元、13名の参加。ドタキャンが一人も出なかったのでImさんが喜んでいる。配車はImさん、Kdさん、Mzさん。Mzさんの車にKmさんの友人山ガール3人Tkさん、Mbさん、Ksさんと一緒。3人のおしゃべりが面白くてつい聞きほれてしまった。
入笠山は昨春にお花畑にYY会で来たことがある。
その時のゴンドラの割引券をMdさんが持っていたので使わせてもらう。
ところがスノーシューをレンタルしに行ったら、雪がないのでスノーシューはしてないと言う。スキー場は1m位積雪があるので大丈夫とImさんは思ったが、山は雪がないみたい。富士見パノラマスキー場には、スキーヤーが一杯。
aa0101245614b359b3785b9cc9a050bf7df953d90f3eaaa.jpg
やむなくストックだけ借りて出発。
ゴンドラの上のゲレンデは雪が一杯だが、林の中に入ると雪が少ない。
ab014ee936a105e702fe044c085e5ba632d278b3baf1aaa.jpg
入笠湿原の木道を歩く。
ad0169723c4e49f7c0d2e6cd7e774e17d44427074382aaa.jpg
確かに雪が少ない。
ae01ef4a5d7179f3164f51d7512636470c1232278ec3aaa.jpg
山彦荘。雪ない。わんちゃんがいた。(クリックすると拡大)
af01cff314171632de8e810decb8144e848265083e34aaa.jpg
ようやく雪道となる。
af0121c4f64ad1d3310c54dda3f4a11efcd03c667b7aaaa.jpg
看板で確認して出発。
ag01377ac515a1e713b4c7259f11b2546271c27aa463aaa.jpg
ここならスノーシュー使えそうだが、残念。
ah01eef5b3c485fab01a5c8b88cff96ba253e06596b5aaa.jpg
春にはお花畑だったところを行く。
bbac0154442075a171af3bde22fa01e3665e21edd2ed3baaa.jpg
登りに早くも息が切れて遅れだした。
ac01fd0906db5b3af90741ef95c9b12ba65f59bb32caaaa.jpg
急坂の登りはアイゼンがないと滑って登りにくい。降りてくる人たちはほとんどアイゼンをつけている。Imリーダー、Kdさん、Khさん、女性陣は強い。私はMzさんと最後尾。腕の痛みはほとんど感じられないが、鍛え方が足りなくて胸が苦しい。
01a124768ae89a42b417f5a59f194afd2df59c0155aaa.jpg
何とか入笠山山頂に到着。
ak01fbf1b76f60951b1cce4e2f7441452156dcfee4deaaa.jpg
もやってるが、南アルプスが見える。
am01c907f52e5c0918315a771aa607f42c498cc9c3eaaa7.jpg
甲斐駒が良く見える。
aa011ab616938dd95a546a556fffcb33a436a390e7daaaa.jpg
八ヶ岳は雲の中。
aj01ae415378ce83910fb573c6bf0d9ef75aff00a2fdaaa.jpg
御嶽もかすかに見えたが、写真には写らない。
ao012a6bef2266e9eeac0b8b83bd4b8d777686d98798aaa.jpg
日が照って結構暖かい。楽しい食事。何時も期待のKhさんの美味しいコーヒー。山頂で飲むコーヒーは絶品。
楽しい食事が終わりしばらく休んでいたら、体が冷えてきた。
Imリーダーの指示で下山開始。首切り清水に向かって降りる。
P_20160305_124431aaa.jpg
下山は得意と前に出かかったが、これが下が雪とか凍っていて滑る。
P_20160305_124947aaa.jpg
Nkさんが追い越し際に転ぶ。女性たちもきゃあとか言って転んでる。
P1000187 (2)aaa
急坂の凍ってるところは避けて笹の中を歩く。
P1000192aaa.jpg
スピードが出ないまま後ろに下がる。
何とか首切り登山口までついてほっとする。
as018961dacb1be02e4a0a79ebb27fbff25da259674daaa.jpg
やっと元の入笠湿原に到着。
P_20160305_131703aaa.jpg
ゴンドラの上に到着。
au019ba240b2501e0815a4fa834ac3e49faf26bcd9f8aaa.jpg
最後の最後に転んでしまった。
スノーシューは出来なかったが、雪道を堪能?して面白かった。私の収穫は腕が痛くても山登りは出来る事がわかったこと。
「ゆ~とろん水神の湯」でのんびりお湯につかり、打ち上げを楽しんだ。
P_20160305_141607aaa.jpg
Imリーダーに感謝。彼のおかげでYY会は20年近く続いてる。最初はImさんと秘書のYmさんの三人だった。
Kdさんは、今週の水曜に登ったばかり。明日も登山とか。
YY会はKmさんが入ってから、ご主人をはじめ女性陣が参加してくれるようになって、すっかり華やかになった。今回もTnさん、Mbさん、Ksさんが参加。すっかり山になじんでくれた。
Mzさんは何時も車を出してくれる。最初のころは青くなって心配したが、今はすっかり山のベテラン。
Khさん、Nkさんもにぎやかに参加してくれ、すっかり常連のような顔してる。Khさんは何時もコーヒーを頂上で沸かしてくれる。写真を何時も皆に配ってる。
Ngさん、Mdさんもすっかりメンバとして定着。Mdさんは単身赴任だが山だけは帰らなくても許してくれるそうだ。Sさんみたい。
良き山仲間たち。
帰りは、車の中でうたた寝してしまった。
Sさんが心配してどうだったと聞いてきたので、何とか大丈夫だったと答える。

スノーシューの準備





接骨医に行く。整形外科でもらった薬が効かないと言ったら、効かない場合もありますと言う事だった。昼間の痛みは、鍼治療でかなり良くなるが、問題は夜の痛み。
スノーシューに明日行こうと思ってるがどうですかと聞いたら、脚は痛くないのだから大丈夫でしょうとのこと。気持ちが楽になる。
矢上川のシロチドリ。
IMG_0094dfgdgaaa.jpg
梅。(クリックすると拡大)
IMG_0098zxcxcaaa.jpg
ゼニアオイ。
IMG_0100zxxzcaaa.jpg
オオイヌノフグリ。何でかわいそうな名前なんだろう。
IMG_0101cxzcaaa.jpg
明日の昼食をスーパーで仕入れる。
庭の猫柳。
IMG_0104dffdaaa.jpg
福寿草。
IMG_0106sdffdaaa.jpg
明日は今年第一回のYY会入笠山スノーシュー。準備をする。
下着はスキーの時のヒートテック。上着は厚手の普段着。ズボンは厚手の登山用。
スパッツ。雪道を歩くので泥除け。
右膝がかいだんを降りるときに少し痛むのでNkさん推薦で購入した登山用膝サポーター。これはスキーで重宝した。
スノ―シュー、ストックは当日レンタル。
終わったら温泉なので着替え、手ぬぐい。
雨具と手袋、懐中電灯、磁石、地図など用意。
帽子と登山靴。ザック。
飴と昼食用お寿司。非常食少々。スポーツドリンクとお茶。
詰め込んでザックを背負ってみたが軽い。背負ってしまえば何ら問題ないが、ザックを背負う時とおろす時にに腕が痛い。
まあ何とかなりそうだ。きつかったら引き返そう。
大門句会勉強会の苦吟をして三四郎さんに投句。
ちょっと興奮して寝つきが悪い。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR