FC2ブログ

2015-11

Latest Entries

プリトヴィッツェ湖畔国立公園(その2)





(続き)
下流の湖群は一渡り見切ったので、今度は船に乗って上流の湖畔に行く。上流の湖畔は行く人はあまりいないと言う。
この時、雨が小やみになったのでいいかなと思う。(クリックすると拡大)
IMG_7806jhjhaaa.jpg
自称お天気おばさん一人が、ここでやめてホテルで待機。そのせいか雨がすごく降ってきた。
コジャック湖は園内最大の湖で 全長2.3㎞、深さ最大46mあり、もともと異なる2つの湖が時を経て1つになったそうだ。
雨にけぶるコジャック湖。
IMG_7807aaa.jpg
鵜が休んでる。
IMG_7808gfhghaaa.jpg
景色は良い。
IMG_7809hkjhjkaaa.jpg
雨が降って、木道が滑りやすいので下を向いて黙々と歩く。
IMG_7811fghhaaa.jpg
象の鼻と紹介されたが、ふーんて感じ。
IMG_7814jkhjkaaa.jpg
もう写真を撮ってる人はいなくなったが、私は頑張って撮った。
IMG_7821hjhgaaa.jpg
ブルゲッティは小さく浅い湖が集中したエリアであり、石灰華の堰堤があちらこちらで見える。
IMG_7822gjgaaa.jpg
滝のすぐそばを通過したりして、下流の時よりは迫力があるのだが、落ち着いて眺められない。皆は下を向いてほとんど滝を見ていない。
IMG_7823ghghaaa.jpg
滝のすぐ側を通過。雨か滝しぶきか判別つかない。
IMG_7828fghfgaaa.jpg
カメラのレンズをふきふきパチリ。
IMG_7829kjjkaaa.jpg
倒木が石化してる。誰もきにとめない。
IMG_7833cvbvcaaa.jpg
ようやく帰りの船着き場に着いたときは、ほっとした。歩いてる人には出会わなかったが、船には乗ってる観光客がいた。
年取った人も多かったが、旅慣れている人が多く、大変だと言う声はあったが、苦情を言う人はいなかった。靴の中までぐしょぐしょ、ズボンはびっしょり、シャツは汗と雨でべったんこ。
レストランの食事で一息つく。
IMG_7834aaa.jpg
IMG_7835aaa.jpg
ドブロニクへの移動のバスの中で、乾かした。約443km、7時間。
ホテルは五つ星ホテルで素晴らしく助かった。連泊なので助かる。
部屋で着替えてほっとする。
食事の前にスーパーに行こうとSさんが言い出かける。
また趣味の塩の収集。
IMG_7837aaa.jpg
結婚式が行われており、にぎやか。
IMG_7838aaa.jpg
陽気な花嫁さんがやってきた。Sさんが写真撮ってあげなさいと言うのでパチリ。背が高くてモデルさんのような綺麗な人だった。花嫁花婿に幸あれ。
IMG_7840aaa.jpg
体があったまったら食欲が出てきた。何時も一緒のご夫婦と大変でしたねえと話し合う。
IMG_7841aaa.jpg
IMG_7842aaa.jpg
時差ボケも抜けてバタンキュー。
スポンサーサイト



プリトヴィッツェ湖畔国立公園(その1)





ホテルマコーラの動物たち。(クリックすると拡大)
0161c3237e6242ecc71faa48659926497994fdc3eeaaa.jpg
01336e6e04160f279d7d9f17a7cb5baba7d0cf150baaa.jpg
ホテルを出発し世界遺産「プリトヴィッツェ湖畔国立公園」へ移動。
遊歩道をハイキング。あいにくの天候で雨が降ったりやんだりしてる。
現地のガイドさんと添乗員のNjさんにリードされて出発。
IMG_7740jhjhaaa.jpg
いきなり凄い滝が目の前に広がる。
IMG_7743fghghaaa.jpg
一番大きな滝は下流のプリトヴィツェ川が流れ込んでできた大滝(78m)プリトヴィッツェ滝で、 湖群の最下流にある湖からコラナ川に流れ出す。
IMG_7745yuiuaaa.jpg
「プリトヴィツェ湖群国立公園は、ディナル・アルプス山脈の山間に点在するカルスト地形のひとつ。16の湖は、山間から流れ出てくる水が標高636mから503mまで、およそ8kmにわたって南北方向に流れる中で形成されている。」
IMG_7746rtyaaa.jpg
「湖群は紺碧、紺青、灰色など、目を見張るような色合いをもつ。水の色はミネラルや有機物の量、あるいは日照の角度などによって絶え間なく変化する。」
IMG_7755fghgaaa.jpg
湖に沿ってひかれている木道を歩く。
IMG_7770tyyuaaa.jpg
水量は豊富。雨が降ったりやんだり。
IMG_7771dfggfaaa.jpg
「92ヶ所もの滝を持つ国立公園。この滝が“世界一美しい!”と評価され、世界遺産にも登録された。」
IMG_7775fghfaaa.jpg
雨が降ってきたのでカメラのレンズを拭きつつシャッターを切る。
IMG_7776fghhgfaaa.jpg
滝の一つ一つが美しい。
IMG_7778mbnmaaa.jpg
「湖群は紺碧、紺青、灰色など、目を見張るような色合いをもつ。水の色はミネラルや有機物の量、あるいは日照の角度などによって絶え間なく変化する。」
IMG_7781kjjhkaaa.jpg
魚がいる。
IMG_7786fghgaaa.jpg
雨交じりなのに心が澄んでくる。
IMG_7789ghjhaaa.jpg
クロアチア出身のソプラノ歌手、ミルカトルニナがコンサートを開き演奏料を寄贈した。
IMG_7790jhhgaaa.jpg
名前がついてる。ミルカ・トルニナ滝。
IMG_7793jklklaaa.jpg
石灰化されてる倒木。
IMG_7797dfgfdaaa.jpg
下流湖畔の最後の滝。
IMG_7799hjkkjaaa.jpg
下流の湖群は一渡り見切ったので、今度は船に乗って上流の湖畔に行こうとNjさんが言う。上流の湖畔は行く人はあまりいないと言う。
(続く)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR