FC2ブログ

2015-11

Latest Entries

クロアチアのリヴィエラ





昼食はチキン料理。(クリックすると拡大)
IMG_7718fghfghaaa.jpg
プリトヴィッツエ地方自治体へ移動。約195km、5時間。
途中に「クロアチアのリヴィエラ」と呼ばれるオパティアに寄る。
IMG_7722adaaaa.jpg
夜の散策。19世紀から王侯貴族の別荘や邸宅が続々と建てられたクロアチア屈指の高級リゾート。アドリア海沿いルンゴマーレの遊歩道をちょっぴり散策。
IMG_7726rtyrtaaa.jpg
ヨットが波に揺られてる。
IMG_7729ghjjgaaa.jpg
IMG_7731ghjjhaaa.jpg
波の中、像が立ってる。
IMG_7732ghjgjhaaa.jpg
波荒く風も強いが雰囲気がいい。Sさんはここで泊まると喜んだが違ってた。
IMG_7733jkljklaaa.jpg
波打ち際で写真を撮ってる人がいる。あぶないなあ。
IMG_7734ghjghaaa.jpg
ホテルに着く前に運転手のお友達の農家のおばさんの売店による。はちみつが安いのでSさんが喜んで買う。
IMG_7735dfgaaa.jpg
ホテル「マコーラ」着。長い一日だった。
01e0966eb47f00b6ede17c3e1a6505a463023c0fa9aaa.jpg
スポンサーサイト



ポストイナ鍾乳洞





リュブリャナからポストイナ鍾乳洞へ向かう。約53km、1時間。
欧州最大の鍾乳洞で、世界でも第3位の規模を誇る。
(クリックすると拡大)
IMG_7561rtyraaa.jpg
全長約21キロのこのポストイナ鍾乳洞は、観光コースは約5kmある。内部の温度は年間を通じ8~10℃。
IMG_7559aaa.jpg
最初の3.2キロをトロッコで移動をする。このトロッコのせいで世界遺産への登録ができないそうだ。
IMG_7562tyuuaaa.jpg
「この電車の軌道は1872年に単軌道で敷設されたもので、当初は人力で2人乗りの客車を動かしていた。1924年に蒸気機関車の運行が開始され、1957年に電化。1964年に二線軌道化された。現在の全線が開通したのは1968年であった。」
IMG_7576iyiaaa.jpg
高さ32メートル、幅40メートルの「スカイスクレーパー」と呼ばれる巨大空間からスタート。高さ7メートルの「ザ・ジャイアント」。
IMG_7582dgdaaa.jpg
フラッシュをたかなければ写真撮影は可と説明があるので喜んで撮る。
IMG_7587rttaaa.jpg
ガイドをイヤホーンで聞きながら、周りの光景に驚愕。
IMG_7589trytraaa.jpg
鍾乳石が1mm成長するのには、10年から30年がかかるといわれる。
IMG_7596fhfaaa.jpg
鍾乳石は上から地面に向かって成長するのに対して、石筍は地面から上方に成長する。そして、この2つがつがなると石柱になる。
IMG_7597rtyrtaaa.jpg
IMG_7607jghjaaa.jpg
大きい山という地下の山からロシア橋を渡る。この橋は、第一次世界大戦の間、ロシア捕虜によって建設されたものである。
IMG_7612tyrtyzzaaa.jpg
次々と素晴らしい光景が現れて、見とれてるうちにメンバの最後尾になってしまう。
IMG_7620werwreaaa.jpg
イヤホーンで聞く説明とずれが出てくる。
IMG_7621retraaa.jpg
まあ感動すればいいや。
IMG_7632dgdfgaaa.jpg
天井から無数の鍾乳石が垂れ下がっている。
IMG_7635rerezzaaa.jpg
「美しい洞窟」。
IMG_7638tyutyzzaaa.jpg
人では作り出せない芸術作品。
IMG_7639rtyryaaa.jpg
白い石柱。
IMG_7640fghfzzaaa.jpg
水が溜まってる。
IMG_7642dfgaaa.jpg
縞模を描いた幕状鍾乳石。
IMG_7644gffghaaa.jpg
鍾乳石にはいろんな名前がついてるが、これは見方によっては、スターウォーズの怪物みたい。
IMG_7646sdfsfaaa.jpg
天井から無数の極細鍾乳石が垂れ下がっている「スパゲッティ・ホール」。
IMG_7650dfgdfgzzaaa.jpg
大きな石柱に出会うとつい立ち止まる。人は次々とやってくるので、メンバーからは離れてしまう。
IMG_7653dfgdfgzzaaa.jpg
白い石柱は不純物が少ない。
IMG_7657sdfsdfzzaaa.jpg
倒れている石柱がある。
IMG_7661fghfghzzaaa.jpg
見飽きることはない。もっとゆっくり見たい。
IMG_7662reretaaa.jpg
どこかの遺跡のよう。
IMG_7666gdfgaaa.jpg
水で輝いてる。
IMG_7667sdffdszzaaa.jpg
生きてるようだ。
IMG_7671dfgfdaaa.jpg
鍾乳石が林立する林の中を進む。
IMG_7672tyutzzaaa.jpg
IMG_7677dfgfdgaaa.jpg
ローマの遺跡みたい。
IMG_7678fgdgaaa.jpg
IMG_7680fdsdfaaa.jpg
IMG_7682sdfdaaa.jpg
ポストイナ鍾乳洞の地下水には1ℓあたり200mgの炭酸カルシウムが溶解しているとか。
IMG_7688gdfgdgzzaaa.jpg
このうちの半分位が鍾乳石として沈殿するのだとか。
IMG_7689dfggfaaa.jpg
カーテンみたい。
IMG_7694fdgdfgaaa.jpg
IMG_7696dfggfzzaaa.jpg
IMG_7698dfggfaaa.jpg
「ブリリアント」と呼ばれる石筍が近づいてきた。
IMG_7699hgfghzzaaa.jpg
最も白い鍾乳石は、「ブリリアント」(Brilliant)と呼ばれ、ポストイナ鍾乳洞のシンボルになっている。
IMG_7702asdasdzzaaa.jpg
そろそろ見学コースは終わりが近づいてきた。
IMG_7704rtyraaa.jpg
まだまだ鍾乳洞は続く。
IMG_7705fghfgzzaaa.jpg
だんごのよう。
IMG_7712fhfgaaa.jpg
最後のころに洞窟生物のプロメテウスのいる水槽がある。プロテウスはイモリの仲間で、体長は20センチ。洞窟生物の中で最も大きい生物と言われている。寿命は100年を超え、6年間餌を食べずに生きたという例もあるという。写真撮影はできず、眼は見えないが人がいるのはわかるようで交代で水槽に入れないとストレスを感じてしまうそうだ。
1万人を収容できるコンサート・ホールで終了。
IMG_7714fgfghzzaaa.jpg
1万人を収容できるこの巨大な空間では、実際にクラッシックのコンサートが開かれている。
これが18世紀から続いてると聞いてくらくらした。
素晴らしい別世界だった。

リュブリャナ





ホテル「エム」を出てリュブリャナ観光。(クリックすると拡大)
IMG_7475uiiuaaa.jpg
リュブリャナはスロベニアの首都。「リュブリャナはスラヴ世界と共にゲルマンやラテン文化など様々な要素が歴史を通じて影響を与えている。」
リュブリャナ城に上がるケーブルが見える。城は1144年に建設された。
IMG_7478tyutyuaaa.jpg
龍の橋。リュブリャナのシンボルである。
IMG_7482op@aaa.jpg
しゃれたお店が並んでる。
IMG_7489uyiuiaaa.jpg
リュブリャナ 肉屋の橋の鍵。恋人たちがつけてる。恋が破れた時、女性は鍵を外すが、男は未練たらしく残すそうだ。
IMG_7493dfdaaa.jpg
スロベニア人彫刻家ヤコヴ・ブルダルの作品。ちょっと理解できない。
IMG_7495utyuaaa.jpg
リュブリャニツァ川沿いの建物は美しい。
IMG_7498uioiaaa.jpg
三本橋。1280年からこの位置に木製の橋が架けられていた。1929年にスロベニア人の建築家ヨジェ・プレチュニックが歩行者専用の橋を両側に付け加える設計をした。この設計では中央と両側、計3本の橋があるので三本橋と呼ばれるようになった。
IMG_7501yiyaaa.jpg
クリスマスの飾りつけの準備みたい。
IMG_7503ioppoaaa.jpg
詩人プレシェーレンと彼が愛したムーサの像。
IMG_7506dgdfaaa.jpg
少し離れたところにのレリーフがある。彼女はプレシェーレンが嫌いで別の人と結婚したそうだ。
IMG_7512dfgaaa.jpg
三本橋の中央の橋から、奥に市庁舎が見える。その奥の丘の上にリュブリャーナ城。
IMG_7507ghjgaaa.jpg
17世紀に建てられたフランシスコ教会。
IMG_7510gjhghaaa.jpg
リュブリャーナ城が良く見える。
IMG_7514yuiaaa.jpg
これらはプレシェーレン広場に面してる。
IMG_7518gjaaa.jpg
IMG_7519hkhaaa.jpg
市庁舎に入る。
IMG_7530yuyuaaa.jpg
井戸があった。
IMG_7531ghjghaaa.jpg
地図が刻まれてる。
IMG_7534fghgfhaaa.jpg
ハプスブルグ家の双頭の鷲。
IMG_7536sfsaaa.jpg
市庁舎の前の噴水。
IMG_7539ioioaaa.jpg
こんなところにも双頭の鷲が。
IMG_7542jkljkaaa.jpg
リュブリャナ大聖堂の扉には彫像が浮き彫りにされている。1996年に著名なスロベニアの彫刻家によって彫られたものだそうで、1250年間におよぶスロベニアのキリスト教の歴史を表しているという。
IMG_7546dfggaaa.jpg
大聖堂の中に入る。
IMG_7555ytytyaaa.jpg
Sさんに倣ってお参り。
IMG_7557ghjgaaa.jpg
市場がある。果物が新鮮。
IMG_7553dfggfaaa.jpg
Sさんはポルチーニを買う。
IMG_7558fghfghaaa.jpg
次はポイストナ鍾乳洞へ。(続)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR