FC2ブログ

2015-08

Latest Entries

クルーズ4日目(その2)秋田竿灯祭り

(その1から)
次は秋田竿灯祭り。このお祭りは初めて見る。席は、道路の真ん中の壁沿いの椅子席。眼の前で見れる。
最初にバトンガールのお姉さんたちが通過。(クリックすると拡大)
IMG_3143hgfg (640x640)
太鼓の山車。
IMG_3192ghjgh (640x640)
「竿燈全体を稲穂に、連なる提灯を米俵に見立て、額・腰・肩などにのせ、豊作を祈る。 」
IMG_3194fghfgh (640x640)
その高さに驚く。
IMG_3196fghgf (640x640)
額「首の根っこが座った、重量感あふれる技。前の差し手から利き腕の手のひらで受ける。指の間から静かにずらしながら額に乗せる。静止して、両手を大きく開いてバランスを取る。 」
IMG_3201dfg (640x640)
肩「差しやすく、もっとも覚えやすい技。利き腕の手のひらに受けて静止。利き腕を曲げないでまっすぐ肩に降ろす。利き腕をまっすぐに伸ばし軸足と肩を一直線に。片手で持ち上げ次の差し手へ。 」
IMG_3207hjkh (640x640)
腰「かなりの修練が必要で派手な技。利き腕の手のひらに受けて、持ち上げ静止させる。指の間からずらして腰にのせ、上体をほどよく横に傾ける。両足を開いてバランスを取る。 」
IMG_3208dfdg (640x640)
流し「次の差し手が竹を継ぎやすいように支える。二人で竿燈を起こし、利き手で差し上げ、次の差し手が継竹を足す。高く差し上げいったん手のひらに静止。指の間から15~20センチずらして持ちこたえる。 」
IMG_3209rtry (640x640)
平手「高々とかざし上げて見せる、力強く豪快な竿燈の基本技。前の差し手は継ぎ終わるまで静止し、持ちこたえる。二本目の継竹を足し、手のひらにかざして静止。指の間からずらして次の差し手に余裕を持って流す。 」
IMG_3212ghgh (640x640)
「笹などに願い事を書いた短冊を下げ、それを手に練り歩き真夏の邪気を払う「ねぶり流し」が原型とされている。ねぶり流し自体は江戸時代以前より行なわれており、宝暦年間には現在の原型があったといわれ、五穀豊穣や無病息災、技芸上達を願って、旧暦7月7日にあわせて行われる七夕行事とともに、旧暦7月15日のお盆を迎え入れるために一連の行事として現在の形になったとも言われている。」
IMG_3214ghjg (640x640)
凄い凄いと大興奮。
IMG_3220hjh (640x640)
子供が頑張ってる。
IMG_3232jkjkl (640x640)
竿を継ぎ足してどんどん高くなるとしなってくる。
IMG_3255ghjgh (640x640)
あまりにしなり過ぎて倒れる。観客席に向かってくることもあり悲鳴が上がるが、扱いは見事で、観客席に突っ込むようなことはない。
IMG_3259gjgh (640x640)
IMG_3260hjj (640x640)
続いて日立が来た。
IMG_3271fghfg (640x640)
思わず大喜び。40年以上世話になった会社のマークで嬉しくなってしまう。
IMG_3286dff (640x640)
ついつい声をかけてしまう。
IMG_3290hjkhj (640x640)
Sさんも喜んでる。
IMG_3295gjhgjh (640x640)
IMG_3310iopiop (640x640)
大若 50kg 12m 提灯の数 46個
中若  30kg 9m 46個
小若 15kg 7m 24個
と言うから驚きである。
IMG_3232jkjkl (640x640)
竿を継ぎ足して竿がしなる。
IMG_3313rrytr (640x640)
IMG_3316rtt (640x640)
倒れてもご愛嬌。
IMG_3320gjgh (640x640)
再び立ち上げる。
IMG_3324ghjgh (640x640)
前のチームより、疲れ気味なのもご愛嬌。
IMG_3325hjhj (640x640)
日立マークが天に伸びる。
IMG_3339ghgh (640x640)
大満足。
IMG_3342fghfgh (640x640)
日立が通過。
IMG_3347dfd (640x640)
もう後は見なくても良いとSさんと帰路に着く。帰り路はかなり遠かった。御船についてほっとする。
IMG_3348gj (640x640)
パシフィックムーンの自由席で食事。鹿児島の夫婦と一緒。こちらも仲が良い。奥さんがしっかり者。
シャワーを浴びてバタンキュー。疲れた。




スポンサーサイト



クルーズ4日目(その1)鳥海山展望台と元滝伏流水

クルーズ4日目。秋田寄港。
IMG_3060gfhgh (640x640)
ホライゾンコートで朝食を済ませる。
下船。(クリックすると拡大)
IMG_3064ghjjh (640x640)
秋田も暑い。34℃。最も暑い時期に来てしまった。
お昼近かったので、バスでホテルまで移動して昼食。
IMG_3066hjkkj (640x640)
IMG_3067fghfg (640x640)
その後、鳥海山展望台に向かう。
ガマズミの実。
IMG_3069hjkkj (640x640)
ホタルブクロ。
IMG_3070asd (640x640)
ヨツバヒヨドリ。
IMG_3071dfg (640x640)
オクキタアザミ。
IMG_3072ghjj (640x640)
マイヅルソウ。
IMG_3073jhgjg (640x640)
駐車場から10分位登ると鉾立展望台に着く。
IMG_3085ghjgh (640x640)
ここからの鳥海山は良く見える。
IMG_3074fghgf (640x640)
以前、一度登ろうとしたが、天候不順であきらめた。
IMG_3076dfgf (640x640)
見晴らしは良いが日陰がないので超暑い。
IMG_3077kkl; (640x640)
IMG_3084sadsd (640x640)
ガマズミの実。
IMG_3086jklkjl (640x640)
ミヤマカラマツ。
IMG_3087dfgg (640x640)
ハクサンボウフウ 。
IMG_3088fghgh (640x640)
ナナカマドの紅葉。
IMG_3089hjjh (640x640)
ここで鳥のピンバッジを買う。
バスで移動して、元滝伏流水に向かう。到着しておじさんの案内で伏流水に向かう。
IMG_3090hjkhjk (640x640)
くるみの実。
IMG_3092jhkjk (640x640)
小川に沿って進む。
IMG_3094jlkjkl (640x640)
途中、おじさんが奥入瀬渓谷みたいでしょと言うところを通過。
IMG_3100jklkjl (640x640)
IMG_3097kl;lk; (640x640)
IMG_3102hjkj (640x640)
元滝伏流水に着く。「元滝伏流水は元滝の下流200m位の所にあります。現在は元滝と言えば元滝伏流水を指す場合が多く元滝には通行禁止になっています。」
IMG_3105hjhkj (640x640)
鳥海山の伏流水が岩の隙間から流れ出てきている。
IMG_3106jkljlk (640x640)
百合が一輪。
IMG_3109hjkj (640x640)
高さは5m、幅は30m程度の小さい滝だが、別世界のように涼しい。
IMG_3111kl;kl (640x640)
滝周囲は苔が張り付き、滝の白と苔の緑のコントラストが絶妙。
IMG_3112dfgfg (640x640)
IMG_3113l;l; (640x640)
「年間を通じて水量が安定していることから、地域住民の生活用水として今でも利用されている。」
IMG_3115df (640x640)
ここだけ別世界。34℃の暑さがちょっと前まであったとは信じられない。
IMG_3117sad (640x640)
IMG_3119kjhhjk (640x640)
IMG_3124uiouoi (640x640)
ずっとここに留まりたかったが、後がつかえていて、あまり長くとどまれない。
IMG_3126ljkkjl (640x640)
霧は林の中を進む。
IMG_3128dfg (640x640)
美味しい水を飲む。
IMG_3130gffg (640x640)
キバナツリフネソウ。
IMG_3132hjjk (640x640)
タカネアオヤギソウ?
IMG_3137ghj (640x640)
再びバスに乗り、秋田竿灯祭りに向かう。(続く)




«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR