FC2ブログ

2015-08

Latest Entries

日本周遊クルーズ10日間

今日から10日間、Sさんと日本周遊クルーズに出かける。
暑い中、スーツケースをがらがら駅まで運ぶ。もう汗が出てくる。
横浜大桟橋客船ターミナルに停泊中のダイヤモンド・プリンセスに向かう。最寄りの駅は、日本大通り駅だが、暑いので横浜からタクシーで向かう。
到着したらスーツケースは阪急の人に運んでもらう。入船手続きはスムーズ。
まずは部屋で落ち着く。(クリックすると拡大)
IMG_2737asd (640x640)
部屋は10階。船首でベランダ付。なかなか良い眺め。
IMG_2741ghjh (640x640)
大桟橋の向こうには、飛鳥Ⅱ。
IMG_2742fgfg (640x640)
最上階の15まで行く。旗がたなびく。
IMG_2745asd (640x640)
IMG_2746jkjk (640x640)
出港まで時間があるので、5階アトリウムでアダージョ・ストリングスによるクラシックメロディを楽しむ。
IMG_2749jklklj (640x640)
いよいよ出港。再び15階まで行き、大桟橋の見送りを受ける。
IMG_2750hjjh (640x640)
大桟橋が遠のく。
IMG_2757ghjghj (640x640)
夕日が沈む。
IMG_2758gjjh (640x640)
タグボート。
IMG_2759hjkkj (640x640)
横浜ベイブリッジ。
IMG_2763hk (640x640)
ベイブリッジに向かう。部屋に戻ってベランダから眺める。
IMG_2764kl;kl; (640x640)
下をくぐる。
IMG_2767kl;;kl (640x640)
くぐる瞬間。
IMG_2768ghjhj (640x640)
真下。
IMG_2770fghfgh (640x640)
くぐった。
IMG_2771fghgf (640x640)
通り過ぎた。
IMG_2773ytuy (640x640)
外洋に出る。
IMG_2774ghj (640x640)
荷物を仕舞い落ち着く。
Sさんとこれから10日間べったり一緒なので幸せ。
夕食は、スマートカジュアル。Sさんの指示に従って、着替える。まあ気楽な服装。
6階のパシフィックムーン。席は決まってる。
相席は、千葉からのご夫婦。仲の良いご夫婦。クルーズで仲の悪い夫婦はほとんどいない。
奥さんは旅行大好き人間。活動的。
ご主人はこのクルーズが最後だと言う。奥さんはもっと一緒に旅行して欲しそう。
ご主人は何年か前に大病をしたそうで、時差ぼけのある所へは行きたくないと言う。昔は山男だったみたい。
二人ともお酒大好き人間で、持ち込んだ焼酎は部屋でもう飲んでしまったそうだ。ワインを飲んでも顔に出ない。
寄港地でお酒を飲むのが楽しみと言う。
楽しい食事を終わらせて、ショーを見に行く。
ウェルカムアボードショータイム ダイヤモンドプリンセスのシンガーズ&ダンサーズ。
aa01830c1d26ba06b96138a9a964c4d2acb970e1ff83 (640x480)
ab018518aa4ced5bc4ea043083ebc689719516ee8aff (640x480)
ac01f46bdbe01bf73e0b1cb5de4aaaf2bd6650cba5c2 (640x480)
add0176606c0f804bdda93fb2de179ad4126db3ce5c8b (640x480)
ae010e699f6739f51ace4a6841d93d89e7f2550f934f (640x480)
さあ、楽しいクルーズの始まりだ。




プレ富士登山 二日目 権現岳

プレ富士登山二日目。青年小屋で早々と5時前に目覚める。良く眠った。
富士山が見えるよと言うので見に行く。うっすらと富士山が見える。
IMG_2598aa (640x640)
昨日登った編笠山に朝日が当たってる。
IMG_2596aa (640x640)
今日登る権現岳。(クリックすると拡大)
IMG_2600aa (640x640)
5:30朝食。食欲がない。Skさんから食べられないなら少な目によそって貰いなさいと言われる。みんなおかわりをして元気。若さにはかなわない。
乙女の泉に往復して顔を洗いに行く。冷たくて体がしゃんとする。
IMG_2603jkjhk (640x640)
支度を終えて6:30に青年小屋を出発する。
IMG_2601hjkhj (640x640)
当初は権現岳は荷物を小屋に置いて往復する予定だったが、皆、元気なのでSkリーダーの判断で、三つ頭を経由して尾根伝いに下山することになる。
編笠山を後ろに出発。
IMG_2604aa (640x640)
登りは暑い暑い。汗っかきのNzさんがセンスで煽いでる。
霊峰富士。
IMG_2605aa (640x640)
見晴らしの良い所に出たら、御岳が見える。
IMG_2606aa (640x640)
オトギリソウ(弟切草)。
IMG_2608gfhgf (640x640)
良く見かけるが名前は不明。
IMG_2609fdg (640x640)
南アルプスが見える。一昨年までは何度も登った。
IMG_2613aa (640x640)
北アルプス槍が見えて喜ぶ。
IMG_2614aa (640x640)
乗鞍岳。
IMG_2615lty (640x640)
北アルプスの槍、大キレット、穂高が見える。
IMG_2619aa (640x640)
暑い中、権現岳目指して登る。汗がしたたり落ちる。
IMG_2632aa (640x640)
富士は何度見ても良いなあ。心がすくわれる。
IMG_2633aa (640x640)
振り返ると編笠山の向こうに南アルプス。
IMG_2634aa (640x640)
ゴゼンタチバナ。凛として咲く。
IMG_2636jklk (640x640)
イブキジャコウソウ。
IMG_2639tryty (640x640)
カワラナデシコ。
IMG_2640hggh (640x640)
コバノコゴメグサ。
IMG_2644ghf (640x640)
イワオウギ。
IMG_2645fghg (640x640)
次第に険しくなってくる。遅れ気味なので花があっても撮るのが段々難しくなるが、足元に可憐な花があるとつい立ち止まってしまう。
IMG_2646fggh (640x640)
富士。
IMG_2647aa (640x640)
ミヤマダイコンソウ。
IMG_2649kjljlk (640x640)
ミネウスユキソウ。エーデルワイスを想う。
IMG_2650hkhkj (640x640)
チシマギキョウ。一杯咲いてる。
IMG_2652hgjhj (640x640)
IMG_2656ghjj (640x640)
今朝出発した青年小屋がかなり下になって来た。
IMG_2653fghg (640x640)
権現岳までは急な登りが多く、時々鎖場もある。
鎖場は慎重に登る。こういう登りは嫌いではない。皆のスピードが落ちるので一息つける。
IMG_2658aa (640x640)
厳しい岩場にチシマギキョウ。落っこちないようにカメラを構える。
IMG_2660ghjgh (640x640)
後一息で権現岳。権現小屋が見えてきた。
IMG_2661fghfh (640x640)
途中、頂上かと間違える。
IMG_2662aa (640x640)
手前のギボシかな。
IMG_2667 (640x640)
八ヶ岳の山々が連なる。赤岳。
IMG_2668lk;;l (640x640)
富士が噴火してるように見える。
IMG_2669fdgfd (640x640)
権現小屋に到着。8時20分。
IMG_2672fghfgh (640x640)
南アルプスがくっきりと。
IMG_2679aa (640x640)
あそこが権現岳の頂上みたい。誰か立ってる。
IMG_2684gfhhg (640x640)
無事権現岳頂上(2,715 m)に8時半、到着。
足場が狭いので、荷物を下ろし、1人ずつ山頂によじ登る。
IMG_2688hfg (640x640)
Skさんは立つ。おおかっこいい。皆も次々と立つ。Jbさんは踊りそうではらはらする。
私はおしゃかさんスタイル。
何と山ガールのMyさんは、しがみつき。
IMG_2690hkjk (640x640)
わいわいと盛り上がる。素晴らしい景観。
北アルプス。トンボが飛んでる。
IMG_2692ghjj (640x640)
いぶきとらのお ( 伊吹虎の尾 )?
IMG_2700dfgd (640x640)
ここから三つ頭を経由して尾根伝いに下山。
IMG_2703ghjhj (640x640)
雲が少し出てきた。青年小屋ははるか彼方。
IMG_2706ghjjh (640x640)
IMG_2708jkjk (640x640)
チシマギキョウ。
IMG_2709kjk (640x640)
高度が下がるにつれ、暑さがより激しくなる。
11時過ぎに昼食。食欲はない。Khさんの珈琲が救い。
下りも急なところがある。
IMG_2710ghjj (640x640)

IMG_2711ghjhj (640x640)
岩にしがみつくように咲いてる。
IMG_2712jkljkl (640x640)
下りは得意なはずだが、暑くて足がもつれる。
それでも登りよりは快調。
やっと三つ頭(2580m)。
IMG_2714fghgf (640x640)
IMG_2715ghgh (640x640)
ここから延々1000m降る。
木戸口(2240m)。
IMG_2719ghjg (640x640)
マルバダケブキ(丸葉岳蕗) に蝶が舞う。
IMG_2724fghgf (640x640)
後少し。
IMG_2728hjkjhk (640x640)
長い下りが終わり、あと少しで観音平に着く。
IMG_2734sfsdf (640x640)
14時頃観音平。
IMG_2735dfgdfg (640x640)
猛烈な暑さ。木陰で涼む。
IMG_2736fghgf (640x640)
タクシーをSkさんが呼んでくれたので、 行きと同様12人が3台のタクシーに分かれて乗る。乗る順番は代表者のジャンケンで決める。
代表のNzさんが負けて3台目のタクシーに乗る。3台目だけ遅れたが、直ぐに来てくれて助かった。ものすごく暑い。Nzさん、Khさん、Myさんと一緒。
温泉までタクシー。スパティオ小渕沢。以前、何度か入ったことがある。
サッパリしてからバスで小淵沢駅に戻る。
小淵沢駅でチケットがあったのでIkさんと先にホームに入ってしまい、Skさんが探してたのに気づかず。随分探したようで、失礼してしまった。こういうところは気が利かない。何時もSさんに言われてる。
Skリーダーのお蔭で、無事終了。感謝感謝。
当初の目的のTnさん、Mbさんの高山病確認は全く問題ない。
Kmさん夫妻は、富士登山二回目で何ら問題ない。Kmさんのお蔭で若い仲間と登れる。
Nzさんは、登りは相変わらず強い。下りが弱いのはご愛嬌。
Jbさんは、疲れが顔に出ない。疲れてないのかなあ。
Myさんは、今度20kしょって飯豊連峰に登るそうだ。
Khさんは、本番の富士登山リーダー。
Ikさん富士登山は行かないが、今回付き合ってくれた。何時も楽しい。
Nkさんは、楽しいキャラクター。山の仲間でユニーク。
今回も、セブンティズに付き合って頂き、ありがとう。
帰って、Sさんに報告。
早速、明日からのクルーズの荷物の最終確認をする。Sさんがほとんど揃えてくれていたが、追加をする。
何時もより、重くなってしまった。私のスーツケースは20kぎりぎり。Sさんは15k以下。
疲れた体を休めたが、興奮してなかなか眠れない。




プレ富士登山 編笠山

Skリーダーの元、プレ富士登山で編笠山に登る。富士登山を始めて登るTnさん、Mbさんの高山病の確認が主目的。とは言っても、12人の方が参加してくれて楽しい登山になる。Skさんにリーダーをお願いして、計画、宿、タクシー、状況判断を的確にして貰うので、安心して登れる。
朝早いのでSさんを起こさないようにしたつもりだったが、起きて来て気を付けてねと言う。
あずさでSkさんと一緒。Jbさん、Myさんは一本前の鈍行で既に到着。
あずさを降りて皆と合流。予約してあるタクシーで観音平に向かう。
登山者は多い。駐車場は満杯。
観音平(標高1570m)を9時10分過ぎに出発。
最初は、登りの遅い私が先頭をとSkさんに言われる。スピードが出ないのでそれなりに好評。
(クリックすると拡大)
IMG_2522sdfd (640x640)
とにかく猛烈に暑い。水は欠かせない。
IMG_2523dfgf (640x640)
10時12分雲海展望台(1880m)に到着。標高差300mを1時間のペース。
IMG_2531jhkjh (640x640)
まずまずのペースと思ったが、先頭を変わった途端、凄く早くなり、あっという間に差が開く。Myさん、Khさん、Jbさんが強い。睡眠不足のNkさん、前日飲み会のIkさん、私等が後詰のSkさんの前を歩く。
ヤマホタルブクロ(山蛍袋)。
IMG_2538fghg (640x640)
シモツケ(下野)。
IMG_2532jkljkl (640x640)
ツリガネニンジン(釣鐘人参)。
IMG_2534hjkjk (640x640)
カラマツソウ(唐松草)。
IMG_2539ghjhj (640x640)
ヤマオダマキ(山苧環)。
IMG_2540hjkhjk (640x640)
Kmさんが好きなキノコ。キノコキノコと騒ぐ。
IMG_2541ghjgh (640x640)
Nzさんは凄い汗っかきで、皆から水分85%とからかわれる。(実際は60~65%)
高度があがっても日向は暑く、汗がだらだら出る。私も他人事でなくスポーツドリンク1.5リットルを背負ってるがかなり飲む。予備のお茶500ccまで手をつけそう。
11時20分過ぎに押手川に到着。(2100m)
IMG_2546hjkhjk (640x640)
ここで昼食。
IMG_2551hjkjk (640x640)
昼食は、おにぎりとサンドイッチ。
あまりに暑くて食欲がない。
何時もながらKhさんの珈琲が実に美味い。
12時過ぎに出発。
IMG_2552aa (640x640)
後半、Nzさんが頑張ってMyさんの前を行く。無理してる。
あともう少しで頂上。
IMG_2563hjkkj (640x640)
編笠山(2524m)登頂。13時40分過ぎ。
IMG_2564aa (640x640)
IMG_2573aa (640x640)
明日登る権現岳が見える。
IMG_2570ghjgh (640x640)
奥には八ヶ岳の主峰、赤岳。
IMG_2567aa (640x640)
頂上は平らで岩ゴロゴロ。
IMG_2568ghjhgj (640x640)
初心者のTnさん、Mbさんは頑張る。早いなあ。二人の元気さから、高山病の心配はない。
Skリーダーのお蔭で無理のない登山が実現。
Myさんは3歳から山に登ってる、ばりばりの山ガール。鍛え方が違う。
Kmさん、Toさん新婚夫妻も参加してくれて嬉しい。珍しくKmさんが疲れたを連発してくれて助かる。
Jbさんはすっかり山の仲間に溶け込んでくれた。記録魔で止まるたびに手帳に記入してる。
Khさんは富士登山のリーダー。10年以上毎年登ってる。
Ikんは、水曜会のメンバーが山に来てくれるきっかけを作ってくれた。
Nkさんは、饒舌で楽しい。今日は睡眠不足で比較的饒舌度が減ってる。
編笠山から宿泊地の青年小屋までは岩ゴロゴロの降り。こういうのは比較的好き。やっと山のペースに慣れてくる。降り苦手のNzさんが遅れる。Skさんがサポート。
IMG_2575aa (640x640)
14時40分、青年小屋に到着。
IMG_2576kjkjl (640x640)
青年小屋は男女2部屋で6人づつで楽々寝れる。ラッキー。
まずは5分位の乙女の水場に水を汲みに行く。冷たくて実に美味い。水が無くなってのどがカラカラになっていたので助かる。今日は2ℓ飲み干してしまった。
向こうに明日登る権現岳がそびえる。
IMG_2580hkhjk (640x640)
反対側は今日登った編笠山。
IMG_2583lk;;l (640x640)
コバイケイソウ (小梅蕙草)。
IMG_2581l;l; (640x640)
コオニユリ(子鬼百合)。
IMG_2582hjkjk (640x640)
早速麦酒を楽しむ。これがこたえられない。ワイワイと楽しく談笑。
Nzさんの半パンで肌が真っ白なのを皆が冷やかす。KmさんとNzさんは兄と妹みたいな感じ。ご主人のToさんはやさしい。
夕食は豪勢だったが、食欲がない。
食後、宿のご主人のギターの演奏がるので起きてなくてはと思ったが起きてられない。盛り上がったようだが、白川夜船。Skさんが歌ったらしいが聞き損った。




«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR