FC2ブログ

2015-07

Latest Entries

富士見桜CC

高校時代の友人Szさんの呼びかけで、富士見桜CCに出かける。
調布駅でSzさんの車の待ち合わせ。かなり早めに着いたが、Tnさんはもう来ている。せっかちな彼らしい。
Szさんの車でゴルフ場に向かう。この頃、自分で車の運転をしてゴルフ場に行く事はほとんど無くなった。
ゴルフ場にAkさんが既に着いている。医師で忙しい彼は、ようやく息子にメインを任せて、今日は休みが取れた。
Akさんとはなかなか会う機会がないので、彼と一緒にプレーしたいと思ってた。明日は登山なので、無理はしたくなかったが、Akさんとのプレーに負けてしまった。Szさんに明日は山登りなので、プレー後の打ち上げはなしで、直ぐに帰りたいと頼む。
Tnさんは早速練習に向かったが、暑いのでパターの練習位で済ます。
Szさんが珍しくシニアから打つかと言うので、直ぐに同調。毎週ゴルフしてる人が、この暑さでは無理するのを止めようと言ってくれた。明日の山も気遣ってくれたかもしれない。
INスタート。キャディさんは若い女性。
10番ミドル。
a012722e4c6b64d62e038a035bb5456216869ea7972 (640x480)
Tnさんは独特のフォームだが、ショットは安定。
Szさんは毎週プレーしてるだけあって、パンチショットが力強い。
Akさんは思い切りが良いスィング。
11番ミドルで早くも大叩き。(クリックすると拡大)
b01222ae4795d7c59c9100c771187a9f455086597cd (640x480)
13番ショート。シルバーで楽なはずだが、生かせない。
c019af24eaab22d39fae19db19bf4720147f70dbf30 (640x480)
暑さにもへばる。木陰は涼しいが、日向は猛暑。下界よりはましと思うが。
16番ショート。また大叩き。ショットが安定しない。
d01b40bdb65db092bb537ddd8657acf40e65988a644 (640x480)
18番ミドル。前半最後で一息つく。
e0123e5531e1071082639702e521e7137e4af1a737a (640x480)
TnさんとSzさんはせってる。Tnさんの上達は著しい。
Akさんとせるはずが大きく離される。
昼休みも麦酒は我慢。Akさんは元々下戸。Tnさんが美味そうに飲む。
後半、富士山が見えるところで雲がかかって見えない。キャディさんが、この池に逆さ富士が写るんですと言ったが、雲が映るのみ。
後半は、3ホールまではメロメロだったが、プレーできるだけで幸せと思ったら、ショットが当たりだした。アプローチのミスも減って来た。パターもキャディさんの指示通りに打てるようになった。
後半は、Tnさんがガンガン行くので圧倒される。
Szさんがかなわなくなっちゃったと言う。
後半、Akさんとせったが、前半のリードされたのは逆転できなかった。
9番ホール。
f0160425047189b8d64884cde531e5c2a040b1fbfde (640x480)
終わった終わった。暑い中良く頑張った。
明日は八ヶ岳登山で4時起きだと言って、打上げはやらずに風呂に入ったのみで帰る。
帰りは渋滞に巻き込まれ、途中高速を降りたが、8時前には家に着くことが出来た。
明日の八ヶ岳登山の最終確認をして休む。Sさんに早く寝なさいとせっつかれる。




スポンサーサイト



Itさん激励会

Kmさん幹事のItさん激励会に参加。急な召集だったので、5人。
この会は、不定期に年2.3回のペースで行われてる。何時もは米国から帰国したKjさんのタイミングに合わせて行ってる。今回は、Itさんが退任されるとKmさんが聞いて、急遽召集。
近所の百合。(クリックすると拡大)
aa015926e71d5e5de5fe91930cd8355a65e2a5d6bcbc (640x480)
マンデビラ。
ab018013209fd3a7c49829442996fe917febc98960d2 (640x480)
品川のわらやき屋。珍しく幹事のKmさんが早々と来てる。何時も幹事なのにぎりぎりに来るので、珍しく早いねとからかう。
沖縄から今日帰ったばかりのShさんが来る。Itさんが現れる。元気そうなのでまず安心。何時も遅刻するOnさんが時間通りに来る。何時も遅れて私にからかわれるので早く来たと言う。
まずは麦酒で乾杯。
芋けんぴ。
ac01f228eea98574e06fdd3f899cfe63affa8005c6db (640x480)
Itさんに退任のいきさつを聞く。15年も単身赴任と聞き、それは大変だと納得。本人はさばさばして元気。これからが本当の人生だよと言う。Shさんはまだ働かせたいらしくて、あんまり長くのんびりしない方が良いと言う。
川海老の唐揚げ 。
ae01f5ed0e3fefce5dd9b7d24c9797393f280fa2d3c2 (640x480)
Itさんが元気一杯なのに安心して、わいわいと大いに盛り上がる。
Km節はさく裂。きつい職場みたいだが、全くそれを感じさせない。真剣な話も落語みたいになって笑いを誘う。彼は落研。
かつを揚げ。
aee01b21ca4d69c78c0097f69140269967ca72e553bb0 (640x480)
Shさんは沖縄に半分で、向こうで仕事をしてる。何しろ王朝の末裔なので雰囲気がある。ゴルフは年と共に腕が上がって来たと言う。
af010c46f53a45f88de3d38085e0a1e9bb93cc13ba2e (640x480)
Onさんは珍しく大いに語る。残念ながらこちらも出来上がって、熱弁をうなずいて聞いていたが、覚えていない。
かつおの藁焼き塩たたき。
ag01393a7b83dbb0e2859719dae446af35b18d4f2e25 (640x480)
Itさんは今までのいろいろなことをぶちまけて、皆が喜んで同調。オフレコの話がどんどん出てくる。
地魚のじゃこ天。
ah017456a524ef895b0dd10fbf0b5bed40603cef3627 (480x640)
私は結婚式のスピーチの自慢をした。43歳年上の友人代表だと言ったが、皆ピンとこないらしくてふーんと言う感じ。
土佐はちきん地鶏 むね肉。
ai0117d391b79c8e438661aad570f1a524580dacbe61 (640x480)
皆かなり出来上がって来た。この仲間たちとは2年間一緒だっただけで、監査役だったので仕事で共に苦労したと言う間柄でもなかった。それがこんなに胸襟を開いて談笑できるとは、実に幸せ。
炙り鯖棒寿司 。これが絶品だった。
ak01bf893a8b6c69bb09e211c6453d927248a836a500 (480x640)
楽しい会も終わり。Itさんはしばらくこちらにいるようなので、また近いうちに集まろうと言って別れる。
楽しかった。良い仲間たちに恵まれて実に幸せ。




庭のピンクのサルビア。
IMG_2518fghgf (640x640)
この蝶は良く飛んでくる。
IMG_2517hjgj (640x640)
朝顔。
IMG_2516ghjghj (640x640)
この頃、早朝に目が覚めてしまう。Sさんも早起きになってしまった。暑いので目が覚めてしまう。
歌の練習してから、水曜会に出かける。
暑い暑い。
発声練習中に入る。
男性が多い。
バスに新しくKnさんが入ってくる。Kmさんの友人で山で一緒した。髭を剃ってるので若々しくなった。
テナーにTrさんが入団。先週見学に来ていた。Frさんの紹介。
最後にHtさんが来て、男性は全員参加。凄い。
「水のいのち」高田三郎作曲、高野喜久雄作詩。
「雨」
「水たまり」
「川」
「海」
最初の「m-m m-m m-m」は波が寄せて返す表現。
各パートごとに練習。
「すべてのかわはみな」「そなたをさしてつねに」は16分音符の連続で途中音が変わる。変わる所は線を入れたらとTuさんが先生から直接指導受ける。昔私がOn先生から口移しで指導を受けたことがあるが、それに似てる。
終わった。
今日は昨日と続いてなので帰りたかったが、KmさんにKnさんが入ったから飲み会に来るようにと言われたので参加。NzさんからはKmさんに言われると何でも聞いちゃうとからかわれる。
飲み会は、Kmさん、Knさんと参加して大人数。珍しくSmさんも参加。
Kmさん、Nzさん、Knさん、Smさんとやたら盛り上がった。若者三人はほとんど同じ年齢なので、やたらと賑やか。若さの特権。
Nzさんが仙台の圓通寺で作った腕輪の占いが縁がある言われたと言ったら、Ikさんが関係を整理すると言う内容だったと否定。側で聞いてたから間違いないと言う。
Hmさんから演奏会に誘われたが、山と断った。Ikさんが同じ北アルプスに登るのに、空いてるので、行けそうなことを言うのであわてて北アルプスの日だよと言う。危うくダブルブッキングするところだった。
Kmさん、Ikさん、Nzさんとは、この土日も山で一緒するので、今週はほとんど会ってる。
日本生命が逆転優勝。日生出身のMsさんが大喜び。
Hmさんの携帯メールの応答がおかしいと言うので、一度電源を切ったら、復活。以前、息子に教わった手法。
Ttさんとは帰る時、ハイタッチ。
お酒は明日もあるので、ほとんど飲まなかったので、帰るのが楽だった。




テナーの打ち上げ

ルリマツリ(瑠璃茉莉)。
IMG_2498jkjk (640x640)
朝顔。
IMG_2493hjkjhk (640x640)
アッツサクラが今頃咲いた。
IMG_2499fghgh (640x640)
ヤブラン。今年は良く咲く。
IMG_2501fghf (640x640)
コバノランタナ。(クリックすると拡大)
IMG_2513hjkjh (640x640)
ノウゼンカズラ(凌霄花)。
IMG_2510ghj (640x640)
IMG_2512ghjh (640x640)
泳ぎに行く。
1000mで30分切れた。1500m換算だと45分位。まだ遅いが、少しづつ、泳ぎやすくなってきた。まだ側を泳ぐおじさん、おばさんにかなわない。1300m泳いで切り上げる。
水中散策とジャグジー、お風呂と入る。
Sさんは毎週3回、骨盤体操と泳ぎをしてるからかなわない。
まあ焦らずに続けよう。
近所のマリーゴールド。
IMG_2502ghjghj (640x640)
水曜会テナーの打ち上げに出かける。
お気に入りの絵芙で行う。
私は考えてなかったがHtさんがやろうやろうと言うので皆に声をかける。
ゴルフで参加できないKsさん以外、全員参加の返事を貰う。直ぐに反応があるのはテナーの仲間の良さ。
テナーは結束が固く、良い人ばかりの集まり。
私の入団した10年前は練習に3人位しかいなく毎回On先生のテナー!!の叱責を受けていた。
このところ、皆熱心で演奏会直前のパート練習まで行った。自己満足的ではあるが、テナーは素晴らしい。
早めに到着したのに、既にKkさんが来てる。早めに着いたのでお店に入って涼んでると言う。昼間の仕事してるとかで良く日焼けしてる。徐々に人が集まる。
Skパートリーダーの挨拶で始まる。良かった良かったとの何時もの元気づける挨拶。
Skさん、Kkさんの丁寧な指導が実に有意義である。私が欠席したゲネプロのテナーが良くなかったらしくて、Kkさんが呼びかけて直前のパート練習をした。Skさん、Kkさんはゲネプロの録音を聞いて、怪しいところを指摘して、そこの練習を行った。これは非常に効果的。その結果、「Cantate Domino」の上達ぶりは凄いとNkさんに褒められた。
練習真面目なドンHtさん、研究熱心なFrさん、楽譜を真っ赤に書き込んでるTuさん、若手マネージャーのNzさん、歳を感じさせないKsさん。
Sm団長は、広島大ファンだが、黒田投手の登板を振り切って参加してくれた。感謝感謝。
Onさんは、パート練習のピアノ伴奏に常に付き合ってくれた。
ソプラノからマネージャーとして活躍してるIkさん、アルトから新婚早々のKmさん、バスから最若手のJbさん。いろんな方に声をかけたが、来てくれたのは山仲間だった。頼りになるなあ。
Ikさんから、Kmさんが山に嵌ってくれて一番喜んでるのが私だと言う。
入団早々のIkさんを水曜会に誘ったら、直ぐ蔵王スキーに参加してくれた。出発時間と到着時間を間違えて、皆、山形で3時間以上待たされたので、強烈なデビューだった。それからNzさん、Kmさん、Nzさん、Tkさん、Ttさん、Smさんらが次々と参加してくれるようになった。
音楽談義から、山談義と大いに盛り上がる。
Nzさんが10時過ぎに駆けつけると言ってきたが、さすがにそれまでは待てずに解散。Nzさんごめんね。
Sm団長に〆をして貰う。
また一年間、良いハーモニーを作り出そう。




義経千本桜

IMG_2489ghjhg (413x640)
庭の朝顔(クリックすると拡大)。
IMG_2480dfggf (640x640)
IMG_2483dfd (640x640)
ヤブラン。
IMG_2486gfhg (640x640)
Uy会長の伝々の会の「義経千本桜」にSさんと出かける。
神奈川県立センターへの上り坂が猛烈に暑い。汗だく。
IMG_2488ghjgj (640x640)
今回は幹事のSwさんがお休みなので、Uy会長自らチケットを配ってる。
Sさんと挨拶。前回私が休んだ狂言にSさんが代わりに行った事を覚えていて、狂言に来て頂いてとSさんに話してる。
随分、前の席。
Mdさんに挨拶。伝々の会のメンバーが一列。
解説 歌舞伎のみかた     中 村 萬太郎
義経役の萬太郎の解説は、わかりやすくて楽しい。
竹田出雲・三好松洛・並木千柳=作
中村吉右衛門=監修
義経千本桜 一幕二場
渡海屋の場
大物浦の場
(出演)
尾 上 菊之助
坂 東 亀三郎
中 村 萬太郎
尾 上 右 近
中 村 梅 枝
尾上菊市郎 ほか
船宿・渡海屋に宿泊中の義経(萬太郎)一行を捕えんと踏み込む頼朝の家来、相模五郎(坂東亀三郎)と入江丹蔵(尾上右近)をあしらう宿の主、銀平(菊之助)。女房、お柳の中村梅枝。銀平は実は平家の大将、知盛。お柳は典侍の局、2人の子は安徳天皇。
事実を隠して義経を討つ画策が破れ、愁嘆を迎える「大物浦」。血糊の顔のすさまじい形相。武将の面目が崩れゆく切なさが浮かび上がる。義経に保護された安徳天皇の「仇に思うな、コレ知盛」の言葉から父、清盛の因業を悟って碇知盛へ。

菊之助が素晴らしかった。銀平、知盛、最後の知盛と三変化するが、その変化も絶妙。最後の修羅場は女役しか見た事が無い菊之助の力強い役者ぶりに堪能した。
Sさんもなよなよしてると思ったら、素晴らしいわねえと称賛。親を超える素晴らしい役者になりそうと言う。
帰りに宴会に出られない旨、Uyさんに謝る。入笠山でご一緒したKwさんに挨拶。Kwさんも用事が出来たようで急いで帰って行った。山登りと同じ、早い足取り。
Sさんと一緒に用事を済ませる。一緒にいればこの上もない幸せ。




夏痩せの妻は一段若返り

筋肉痛はないが疲れが出て、一日ゴロゴロ。
庭のムクゲ(木槿)。
IMG_2476hjk (640x640)
朝顔(クリックすると拡大)。
IMG_2472hjkkj (640x640)
宿根サルビア。
IMG_2477jklj (640x640)
薔薇。
IMG_2478ghj (640x640)
デュランタ。
IMG_2479jkl (640x640)
大門句会勉強会その182の三四郎さんの句評を吟味。
⇒は三四郎さんの句評。
兼題は糸さん出題の「夏痩」。
◇光
夏痩せの妻は一段若返り
⇒ごちそうさま。夏痩せも怪我の功名。スレンダーな妻はあのころの妻。
野里子さん選→若返ったように感じるのは、いつもよく見ているからですね。
勝山さん選→一般的な男性の願望として共感できます。
:夏に若返るSさん。
夏痩せに縁無き人のジム通い
⇒夏が大好きで元気一杯という人、いますね。うらやましい。
:この頃、ジムに通うようになって元気なお年寄りにびっくり。
私の選句。
◇馬空
夏痩やとんと無縁な夫の腹
⇒でっぷりと太った太鼓腹で食欲も旺盛。夏痩せ? なにそれ?という御仁です。いますね、そんな人。しかし、上五をやで切ると中七以下のフレーズとつながらなくなります。「夏痩に」でいいでしょう。
◇野里子
夏痩や楚々とドレスのワンショルダー
⇒作者の正装でしょうか。夏痩せの肩があらわなドレスですね。肩甲骨のあたりも見えているのでしょう。色っぽい。
◇夢路
夏痩や泡のむかふの脛ほそく
⇒作者の脛でしょうか。温泉のジャグジーなどに入っている状態を想像します。痩せちゃったなあ。
◇糸
夏痩のからだに帯の長きこと
⇒夏痩せだから身体のサイズが小さくなったというよりも普段から長い帯が夏痩せの身体にはより一層長く感じられたということでしょう。
◇三四郎
夏痩せてしがらみひとつ捨てにけり




入笠山

YY会で入笠山に登る。
5時前に起きてバタバタしてたら、Sさんが起きてきた。気を付けてねと言うからハイキングだよと言う。
Imリーダーの計画は当初北八ヶ岳にゅうだったが、Ngさんの車を急遽お願いしたので、時間の短い入笠山に変更。ゴンドラを使わないで登るつもりだったが、無理を止めてゴンドラを使う。楽しいハイキングとなる。13名の参加。
橋本駅に集合して、3台の車に便乗。Mz車は、Kw夫妻とKmさん、私。車中で初対面のKwさんとKmさんが楽しそうに話し合ってる。山では直ぐに仲間になる。
渋滞もなく順調に来たが、ゴンドラの駐車場まで上がれず、途中の駐車場で止められシャトルバスで向かう。
マウンテンバイクの競技をしているので、自転車が一杯。(クリックすると拡大)
IMG_2287ghjgh (640x640)
冬は富士見パノラマスキー場。2月に滑ったが景色が一変してる。
IMG_2289fghgf (640x640)
ようやくゴンドラ山麓駅に着く。ゴンドラは10分で700mを一気に登る。向こうは八ヶ岳。
IMG_2294 (640x640)
ゴンドラ山頂駅から出発。下界は熱暑だが、1780mまで上がると涼しい。風が気持ち良い。側にマウンテンバイク専用の路がある。親子連れも多い。
IMG_2302 (640x640)
メンバーはYY会のImリーダー。もう15年近くリーダーをして貰ってる。年4回の計画を立ててくれてる。
YY会初参加のKwさん夫妻、Kwさんはピアニストで超忙しい。昨年は都合がつかず、一昨年の高尾山以来の登山。
YY会創立のメンバの一人Kmさん。最初はImさんとKmさんと私の3人からスタートした。お子さんが出来てしばらく来れなかったが、お子さんが小学校に入ってから、少しづつ参加してくれてる。
車の運転を何時もお願いしてるMzさん。1年越しでしつこく誘ってやっと参加して貰う。それからはほぼ皆勤。強くなった。
今回車を出して貰ったNgさん、。Ngさんも巻き込まれた口だが、楽しんで登ってる。
久しぶり参加のMnさん。一時は体調を崩し心配したがすっかり元気。歩くのは早い。
常連Ybさん。健脚になる。テニスと早足散策で鍛えてる。
富士登山10年以上の経験のKhさん。8月には富士登山のリーダー。
常連になりつつあるNkさん。座を盛り上げてくれる。変な顔して写真を撮る癖がある。
若手のホープJbさん。この頃、良く参加してくれてる。若いから強い。
旭の山のホープMdさん。旭の連中は驚いてる。やっとつかまえた貴重な人材。
入笠湿原は花で一杯。
ノアザミ。
IMG_2305gjhgj (640x640)
下野(シモツケ)。
IMG_2308ouio (640x640)
ノハナショウブ。
IMG_2310ghjghj (640x640)
ウツボクサ。
IMG_2315ghjghj (640x640)
クガイソウ。
IMG_2318ghjgh (640x640)
IMG_2319fghgfh (640x640)
ホタルブクロ。
IMG_2320ghjghj (640x640)
鵯花(ヒヨドリバナ)の蜜をアサギマダラ(浅葱斑蝶)がすっている。
Hwさんに教えて貰ったが、アサギマダラ(浅葱斑蝶)は2000km旅するそうだ。
IMG_2325fghgf (640x640)
猪独活(シシウド) 。
IMG_2326ghgh (640x640)
入笠湿原の花々を見ながら歩くと時のたつのを忘れる。
IMG_2330ghjgh (640x640)
チダケサシ。
IMG_2331gh (640x640)
楽しむ人たちで一杯。気持ちがなごむ。
IMG_2333ghj (640x640)
ちょっと外れると人はいない。
IMG_2335fgh (640x640)
アワモリショウマ。
IMG_2336ghjj (640x640)
車百合(クルマユリ)。
IMG_2337ghjjh (640x640)
靫草(ウツボグサ) 。
IMG_2338hjkjk (640x640)
IMG_2339hgjgh (640x640)
入笠湿原の大きな看板。
IMG_2340ghjjg (640x640)
柳蘭(ヤナギラン) 。
IMG_2341hjkhj (640x640)
入笠湿原の端に来る。
IMG_2344fghfg (640x640)

IMG_2345dfgdfg (640x640)
沢菊(サワギク)。
IMG_2350ghjgh (640x640)
小さな渓流。
IMG_2351ghjgh (640x640)
IMG_2352fgh (640x640)
御所平のお花畑に入る。
IMG_2353bvn (640x640)
クガイソウ。
IMG_2354hjkkj (640x640)
カワラマツバ。
IMG_2357jkljl (640x640)
車百合(クルマユリ)。
IMG_2359ghjhj (640x640)
吾木香(ワレモコウ)とトンボ。
IMG_2363vbnnv (640x640)
柳蘭(ヤナギラン) 。
IMG_2364jhjh (640x640)
白山風露(ハクサンフウロ)。
IMG_2365hjkkj (640x640)
クガイソウ。
IMG_2366jhkjk (640x640)
IMG_2401jhkkj (640x640)
麒麟草(キリンソウ)。
IMG_2367lkklj (640x640)
唐松草(カラマツソウ)。
IMG_2368jkll (640x640)
野花菖蒲(ノハナショウブ)と小葉擬宝珠(コバギボウシ) 。
IMG_2374jkhk (640x640)
柳蘭(ヤナギラン) 。
IMG_2376ghjjh (640x640)
IMG_2379hjjh (640x640)
IMG_2381kjhjk (640x640)
IMG_2388lkjkj (640x640)
IMG_2397hjkjh (640x640)
IMG_2399jklkjl (640x640)
下野(シモツケ) 。
IMG_2385hjkjk (640x640)
IMG_2387mm(640x640).jpg
IMG_2389ghjhg (640x640)
IMG_2391hjkhjk (640x640)
IMG_2402l;kl; (640x640)
猪独活(シシウド) 。
IMG_2393jklkj (640x640)
ニッコウキスゲ。
IMG_2394jkllk (640x640)
最後の岩場コースは短いが急な登り。Imリーダーは、後30分弱と言うが、私は20分位と希望的観測を言う。実際は15分だったが、息が切れてしまい苦しい。
入笠山頂上到着。1,955 m。
IMG_2405fghgh (640x640)
眺めは素晴らしい。八ヶ岳、南アルプス、北アルプスが見える360度の景観。
お腹すいた。お昼。Khさんの沸かしてくれた珈琲が美味い。水が足りなくなってMnさんの水も補給。二杯も飲んでしまった。
南アルプス、鳳凰山・甲斐駒ヶ岳・鋸山・間ノ岳・仙丈ケ岳。
IMG_2409hgjhgj (640x640)
IMG_2423hjhjk (640x640)
IMG_2430hjkk (640x640)
北アルプス、中央アルプスの山々はどれか判別できない。
IMG_2406hjkk (640x640)
IMG_2407ghjhj (640x640)
IMG_2408hjhj (640x640)
IMG_2410klkl (640x640)
IMG_2413fghfh (640x640)
諏訪湖。
IMG_2414jhkkj (640x640)
IMG_2415ltretr (640x640)
IMG_2416;ll; (640x640)
IMG_2417ghjjh (640x640)
IMG_2424gfh (640x640)
八ヶ岳。来週登る。
IMG_2429jhkhjk (640x640)
帰りは首切り清水コースを降りる。
IMG_2431vbv (640x640)
IMG_2433bn (640x640)
丸葉岳蕗(マルバダケブキ)。
IMG_2437 (640x640)
八ヶ岳。
IMG_2439ghj (640x640)
IMG_2440jhkjk (640x640)
御所平に行く途中で富士山が見えた。
IMG_2442hjkkj (640x640)
サルオガセ(猿尾枷)。
IMG_2446ghjgj (640x640)
IMG_2447k;lkl; (640x640)
この辺りの出身のMzさんが空を見て秋の空と言う。
IMG_2448 (640x640)
ホタルブクロの側に野イチゴあるよとKmさんが教えてくれた。
IMG_2452ghjjh (640x640)
再び御所平から入笠湿原に入る。
野花菖蒲(ノハナショウブ)。
IMG_2454jkljk (640x640)
IMG_2459vbnvn (640x640)
車百合(クルマユリ) 。
IMG_2460jkljkl (640x640)
猪独活(シシウド) 。
IMG_2462;];] (640x640)
河原撫子(カワラナデシコ)。
IMG_2464jhjh (640x640)
八ヶ岳。ついつい眺めてしまう。
IMG_2466jkkjh (640x640)
富士山。
IMG_2469hjkj (640x640)
良く歩いたなあ。
IMG_2463jh (640x640)
ゴンドラ山頂駅の前のアイスクリームにつかまる。Kwさん、Kmさんがアイスクリーム食べたいと言う。異論はないので行列の後に着く。
先に行って乗り場で待ってるYbさんから、早く降りといでと携帯での催促がある。
ゴンドラで降りて、Kw夫妻とここでお別れ。シャトルバスで駅に向かう。家に残した猫ちゃんが心配。
我々は富士見温泉 「ゆーとろん水神の湯」で汗を流し、一杯。
帰りはNgさんの車でMnさんと一緒に帰る。
楽しかった。また山で会おう。




1000m通して泳いだ

前回の泳ぎで、850mで何度も足がつったので、体調の確認のためにジムに泳ぎに行く。
明日はYY会登山。山はたいしたことはないがひょっとすると車の運転がいるかもしれない。
慶応の銀杏並木。
IMG_2284ghjg (640x640)
(クリックすると拡大)
IMG_2283ghj (640x640)
何時もより早めに行ったので、ワンコース占有。
ゆっくり泳ぐ。500mを超えたあたりで、今日は快調と思う。呼吸も心地良くなってきた。これはいくらでも泳げそう。
スピードは出ないので、隣のコースの男性にどんどん抜かれる。今日は1000m泳ぎ切るのが目的だから、焦らない。
1000m泳ぎ切る。まだいくらでも泳げる気がしたが、明日は登山なのでここらで切り上げた。
時間は35分もかかってしまった。1500mに換算すれば、50分を超える。これでは遅すぎる。以前、泳ぎ込んでいた頃は1500m45分では泳いでいた。頑張れば40分を切れた。まあぼちぼち行こう。
後、200mばかり泳いで、トータル1200mで切り上げた。
足もつらなかったので気分快調。
水中歩き、ジャグジー、お風呂と入って、2時間弱で切り上げる。
暑いが気分は最高。
帰ってから、大門句会勉強会の苦吟をする。
明日のYY会入笠山の山支度をする。標高差がほとんどないハイキングなので気が楽。どうやら車の運転もしなくて良さそうでほっとする。Sさんが珍しく大丈夫と心配するので、車の運転もないし、ハイキング程度だから、心配いらないと言う。
早目に就寝。




21世紀関東会

庭のタイワンレンギョウ(デュランタ)。
IMG_2273hjkj (640x640)
ベコニア(クリックすると拡大)。
IMG_2275hjkjk (640x640)
アケビの実。
IMG_2276hjkjkh (640x640)
柚子の実。
IMG_2277hjkjk (640x640)
ヤブラン。
IMG_2279jlkjkl (640x640)
21世紀会関東会に参加。何時もの鎌倉橋。15名参加の予定がOkさんが忘れて風呂に入ってしまったので、14名になる。
Mk幹事には、何時もお世話をかけている。関東にいるのも残り少ないと伺い、ポストMkしだいでこの会も存続するのかなあと杞憂。今はスキューバダイビングに嵌っている。演奏会には来てくれて、感想を話してくれた。私は段々余裕が出てきたそうだ。(本当かなあ)
Hiさんは、愛知から出てきて幹事をして頂き、ご苦労様。今度北アルプスは一緒するが、すっかり逞しくなって、ついて行けなくなった。お手柔らかに。
Tyさんは、前の席に座ったのでいろいろ話が出来た。すっかり元気になって、ゴルフ、マージャンと励んでいる。麻雀仲間が存在すること事態、素晴らしい。少し悟ったようなことを言うがまだ早いよ。
Hrさんは愛知から出て来た。水彩画を会の前に鑑賞してきて、線の書き方の難しさを語るのには驚いた。才能はあるとは思ったが、こう語れるのは本物かもしれない。
Mnさんは論語の研究が進んで、発表まで行うとは凄い。考え方がますます深淵になることだろう。糖尿は食事と体調管理で克服。感心することしきり。奥さんは二科展の出品作品100号6点に取り組んでいる。大変だ。
Smさんは、学生時代と同じ体重で羨ましい限り。ちなみに私は5k増えて、これを維持するのにもふうふう言ってる。ゴルフはもう一度、しっかりやり直すそうだ。
Nkさんは、ゴルフの回数が減ったと言ってるが、30回もやってるなら十分。道具は重いのに変えたとか。仕事を頑張ってるみたい。峠めぐりとか言ってたが、覚めたようだ。
Mjさんは、Whさん、Amさんの後をついで参加。Amさんのご冥福をお祈りする。日立との関係を取り持ってくれていて感謝感謝。
Ykさんはたくましくなった。ジムで鍛えてるそうで、ゴルフの飛距離も伸びている。筋肉がついてきたのか肩幅が広がったような気がする。顔も良い。
Szさん、新天地で世のため人のための仕事をしてるそうで張り切ってる。ケンカしないように。奥様を大切に。
Iwさん、お墓の話を聞いたのには、なるほどと思う。そういう年代に入ってきた。私のお墓は、岐阜の方にあって年一度のお参り草刈りがだんだん大変になってきている。
Ktさん、現役ご苦労さん。残り少ない会社生活を精一杯頑張って。終ってからが本当の人生が始まる。
Hgさん、監査役ご苦労様。発電所の見学またしたい。旧MSと仲間との橋渡し、感謝。足腰が回復してきて嬉しい限り。
私は乾杯の挨拶でKmさんの結婚式に43歳歳が違う山の友人としてスピーチしたと自慢。
近況報告では、山と結婚式の話とコーラスの話は長くなるからするなと言われて、スキーブーツを買った話をする。昨シーズン中にスキー板をSkさん、Skさんの見立てで、新調したら、これがぴったりで、滑りが変わってしまい、買う前は75歳でスキーは終わりと思っていたのが、80歳まで行けるかなと思うようになった。されば靴が10年近くなってるので、新調したと話した。ゴルフも道具を変えれば良くなるかと思い買い換えようかなと言ったら、道具じゃない、腕だと言われてしまった。
一緒の釜の飯を食べて苦労した仲間たちとの集いは実に楽しい。




梅干しといきなりステーキ

天気が良いのでSさんの梅干しが始まる。
20kgの梅。
IMG_2263ghj (640x640)
八笊並ぶ。
IMG_2264jkljkl (640x640)
手順があるが良くわからない。私は最初のへた取りを手伝っただけ。
IMG_2267rty (640x640)
数年たったら減塩にするためにもう一度、漬けて干す。
IMG_2268fggfh (640x640)
おかげで一年中梅干を食べることが出来る。
IMG_2269hjkhj (640x640)
干している間は雨が降ったら笊を中に入れねばならないので、Sさんは外出しない。
IMG_2271fghg (640x640)
紫蘇。(クリックすると拡大)
IMG_2261 (640x640)
梅汁。
IMG_2266 (640x640)
他に生姜の酢漬、ラッキョウ、味噌、ジャムはSさんのお蔭で毎日美味しく頂いてる。私の健康はここから来てる。愛がこもってるから。私には過ぎたるSさんである。
私の担当は朝のジュース作り。人参、小松菜、トマト、玉ねぎ、長芋、リンゴをミキサーで撹拌しどろっとしたジュースを飲む。これも欠かさない。
Skさんにお願いしてアレンジして貰った、いきなりステーキに行く。
東京駅でうろうろしてたら、Ogさんに会う。空を見上げてる。あのヘリは動いてない、何だろうと不思議がる。(クリックすると拡大)
01093fc579fc941629fdbfdd37e3af54d9354816ef (480x640)
OgさんにKm夫妻が来るとは伝えてなかったのでここで連絡。(Km夫妻は今日来ることが決まったので。)
東京八重洲地下街店。迷うと言われてKITTEで待ち合わせ。
01e4ac5bcf33b364b2aff1dbdc8b7679f034d37c90 (480x640)
しばらくしたらSkさんが現れる。このビルの上が職場だそうだ。
結婚式を挙げたばかりのKmさん、Toさんが現れる。
お店に到着したら、混んでいて行列が出来てる。待つことしばし、ようやく中に入れる。
320gの国産牛サーロインステーキ。
01e9b4a94ffff7ce1b605cd4af321d424c3f20a603 (640x480)
a0126703439764fec1ec41928f38c42f12cfe10a702 (640x480)
Ogさんは悲しそうな顔をして頼み込んで200g以上でなければならないところを160g。昼飯に肉を食べてしまったそうだ。
Kmさんは300g。
Toさんは450g。来たかったそうだ。
Skさんは300gか400g。
Skさんは黒麦酒。他に皆で赤ワインを一本頼む。
黙々と食べる。
マイレージを作ってしまう。Skさんは既にゴールドカード。Toさんも作ってる。Sさんは既に作っており、一人で出かけてる。
喫茶店に行ってゆっくりおしゃべり。これがまた楽しい。
Kmさんがケーキアラカルトを頼んだのには驚いた。一人でぺろりと平らげた。Toさんに勧めていたがさすがに手を出さなかった。
0170de49e48ea143f788246329f4941044d65070aa (640x480)
結婚式の友人代表スピーチのお礼にフラワーアレンジメントを貰った。嬉しい嬉しい。
g016b09788cf4a9c50cbfb8edadf49ee54af7af64cd (640x480)
Fjさんから預かって来てる鉢の木岳の山小屋のパンフレットを渡す。結婚式と山の話。実に楽しい会話。
元々、OgさんとIwさんに連れられてスキーブーツを買いに行った時に、出た話題から実現した。
Ogさんとは、忙しくてなかなか会えないので、会えるのは嬉しい。この近くが勤務地。
Skさんには、山でもスキーでもお世話になってる。Sさんに話すと良くお礼を言いなさいと言われてる。
Skさんは完全に山に嵌った。山ガールになってくれて無上の喜び。Toさんも体が山の体になって来た。
1時間半位しゃべって、再会を期して別れる。
Sさんに話したら、お店によっていきなりステーキの味が違うと言う。そう言えばそうかなあ。




可愛くも田んぼのギャング源五郎

庭のルリマツリ(瑠璃茉莉)。
IMG_2241sdffds (640x640)
朝顔。(クリックすると拡大)
IMG_2235sdff (640x640)
ギボウシ。
IMG_2236fghg (640x640)
百合。
IMG_2239dfgfdg (640x640)
ヤブラン。
IMG_2244ghgh (640x640)
タマサンゴ(玉珊瑚)。
IMG_2247dfgfg (640x640)
アケビが秋に楽しめそう。
IMG_2257ghjg (640x640)
歯医者。右上の奥歯の歯の型が取れたので、被せる。やっと歯の治療が終了した。歯の具合が悪いと味が変わってしまう。
プールに出かける。
今日は体が重いなあと思っていたら、850m泳ぐ間に、何回もつってしまった。1000mは泳ぐつもりだったが、脚のつりが痛くて、途中で止まってしまったので、止む無く切り上げる。泳ぎだしてから、今日が一番ひどい。体調が良くないのだろう。
大門句会勉強会その181の三四郎さんの句評を見る。
兼題はさらさん出題の「源五郎」。
生息環境の悪化で一部の種は絶滅危惧種。見かけることは少ない。
⇒は三四郎さんの句評。
◇光
玄関で引っくり返る源五郎
可愛くも田んぼのギャング源五郎
⇒この源五郎は捕まえてきて玄関の水槽などに入れてある源五郎でしょうね。上下左右にしきりに動き回っています。肉食らしいから餌の用意が大変ですね。
:瀬戸に住んでいた頃、夜帰宅したら、玄関に虫がひっくり返っていたので、何だろうと良く見たら、源五郎だった。近くの田んぼか、池から飛んできたのだろうか。元に戻してやったら、飛び去って行った。苦吟していたら、全く忘れていた記憶の底から蘇った。
⇒後句も源五郎の肉食の生態です。オタマジャクシやヤゴなどを捕まえて食べるそうです。源五郎が減っているのはこれらのエサとなる生き物がいなくなったことも一因でしょう。
野里子さん選。→肉食系の源五郎を表現しています。
:子供の頃、ドジョウやフナやメダカと一緒に源五郎を水槽に入れたら、翌日、かなりの魚がやられていた。仲良しのMnちゃんに一緒に入れたらだめよ。食べられちゃうと言われたことを思い出した。懐かしいMnちゃん、どうしてるかな。
私の選句。
◇馬空
畦道は一直線や源五郎
⇒広々とした一面の青田を想像します。そこに遠くまで続く畦道。源五郎にとっても住みやすそうな田んぼですね。
◇野里子
水口にバランス崩し源五郎
⇒水口の水流に流されそうになっておっとっとという格好ですね。ユーモラスです。
◇さら
紙片持ち飽きずに上下源五郎
⇒源五郎を捕まえてきてビンなどに入れて紙片を入れてやるとくわえて遊ぶそうです。餌と間違えているのでしょうか。子供の時の思い出でしょうね。
◇夢路
水切りの石跳ねていき源五郎
⇒池や川でよくやった水切りですね。源五郎とともに少年のころの思い出です。
◇三四郎
池沼に遊ぶ子はなし源五郎

歌の練習をして水曜会に出かける。
発声練習。
「水のいのち」高田三郎作曲、高野喜久雄作詩。
「雨」
日本語の言葉の抑揚を西洋の音楽に如何に乗せるか。
言葉が持っているものを音に取り込む。例えば「たちすくむ」。
「水たまり」
ちっぽけにならないように。深みを持つ。
休憩時間。
テナーは、Htさん休み。Nzさん遅れてくる。
藤沢男声合唱団に水曜会の人が多く聞きに来てくれて先生が感謝。皆はご苦労様と。Tuさんが公募で出ている。
写真係のIdさんより、8月18日が締め切りと。何時も女性がアルバムを占有していて、男性に回ってこない。私は演奏会直前練習が終わった後で撮った写真を、初参加した時から、9年分撮って、柱に貼ってるので10年目も欲しい。来週見れればよいが。
Kmさんから、結婚式に皆が歌いに来てくれた感謝の言葉。皆はおめでとう。
来週は総会。
テナーにFrさん紹介の見学者。Trさん。入ってくれれば嬉しい。
「川」
各パートごとに練習。
「こがれ」水のいのちでは、大切な言葉。
「雨」
「水たまり」
Nzさんが来たので、もう一度、通して歌う。
「雨」
「水たまり」
「川」
来週練習する「海」。
「みなさい これをみなさい」「それを」と言わないように。「これ」「それ」は間違えやすい。
終わった。
飲み会は明日も明後日もあるのでパス。
電車に乗ったら、Kmさんから来ないんですかとメール。電車に乗っちゃった。Kmさんが参加するんだったら、参加するんだったなあ。素晴らしい結婚式だったと言いたかった。




藤沢男声合唱団

暑い暑い。
ヤブラン。
IMG_2224ert (640x640)
庭の朝顔。(クリックすると拡大)
IMG_2218ertr (640x640)
IMG_2219erttr (640x640)
鳥が頻繁に水浴びに来る。
IMG_2232fghhgffg (640x640)
IMG_2233fghfg (640x640)
Smさんから送って貰った結婚式での私の録画をSさんに見せる。蝶ネクタイが曲がってると言われたが、まあ良かったと拍手してくれた。
猛烈の暑さの中、Yk先生指揮の藤沢男声合唱団に行く。
行く途中でKtさんに会う。暑いですねえと言ったら夏ですからと言われる。
会場の藤沢市民会館大ホールは満席。空席を探すのに一苦労。Ktさんも私も席確保。
演奏会が始まる。
26teien_Chirashi (452x640)
団歌「仲間たちよ歌おう」
吉川貴洋指揮。
創立35周年・公募特別ステージ
「月光とピエロ」 清水脩作曲、堀口大学作詩
団員が50数名に公募40名位が加わった。
公募員に水曜会のTuさんが参加してる。100名近い男声合唱は迫力がある。暗譜。
「サウンド・オブ・ミュージック」より(佐渡孝彦編曲)藤沢男声合唱団オリジナル版
ソプラノ 針生美智子 児童合唱 鵜沼ジュニアコール/湘南すみれ合唱団/藤沢ジュニア・コーラス
ピアノ&キーボード 黒澤美雪 演出 鈴木喬子/坂本一海
子供が主役。完全に舞台を牛耳る。小さな5歳くらいのお子さんがとても可愛い。
Yk先生が練習させるのが大変だったと言っていたがそうだろうなあ。
団員はお年を召してる方も多いが、完全暗譜。凄い。
「季節へのまなざし」荻久保和明作曲、伊藤海彦作詩
ピアノ 黒澤美雪
水曜会では大苦戦して、楽譜を持った人もいたが、ここは完全暗譜。
アンコール曲で公募員が加わる。
並び順ももたもたしてるが、御愛嬌。
素晴らしい合唱を聞かせて貰った。
Yk先生を待ったが出てこられない。
Tuさんには、水曜会のメンバが挨拶。
飲み会に出かける。
昨日の結婚式で美味しい赤ワインを飲み過ぎて、あまり調子が良くない。
Msさん、Nzさん、Ttさん、Tdさん、Ikさん、Tdさん、Ynさん、Skさん、Fr夫妻などがいる。
今日の演奏会の話など、コーラスの話が主体。
私のスピーチも話題になり、FACE BOOKに乗せた内容を見て貰う。
MsさんがSさんの合格を貰ったそうですねと言う。
NzさんからFACE BOOKのThさんの字が間違ってると指摘される。(帰って直した。)
Hmさんがらブログの「季節へのまなざし」を「季節のまなざし」と間違ってるとAz先生が言ってると言われる。(途中から随所で間違っていた。見つけたところは直す。指摘感謝。)
食欲もお酒も進まず、Ttさんがお孫さんが病気で帰るのを潮に帰る。
二日酔いにはなったことが最近ないが、二日酔いかなあ。




結婚式

KmさんとToさんの結婚式に出かける。
昨日、カフス釦に苦戦したので、Sさんがカフス釦を止めて、演奏会の時と同じ、釦括り付けにしてくれた。これで気が楽になった。
いい男よ大丈夫とおだてられて出発。梅雨明けの暑さなので、上は着替えるつもり。
皇居のすぐそば、パレスホテル東京。数年前にリニューアルしたようで、綺麗。
早めに着いて、着替え室で着替える。久しぶりの結婚式で少々物珍しい。
最初間違えてTo家の控室に入り、知らない人ばかりで、あれと思い、Km家の控室に入る。
Kmさんの両親と弟さんがいる。お母さんに梅茶を入れて貰う。汗をかいたので塩見が美味しい。
山の友人と言ったら、背の高いお父さんが我が家の方には山に登る人は誰もいないので心配したと言う。
お父さんは、準備のために呼ばれて出て行く。お母さんといろいろ話す。Kmさんの日常がわかって面白いが紹介するわけにはいかない。
Khさん、Nzさんがやって来る。山の写真が出てるよと言うので見に行く。登山帽と富士登山の証明書、写真が飾ってある。
ac01c921b95dd43ad4c949e4755941120319aacb9ca0 (480x640)
おおやるじゃんと思う。
その内、Kmさんの友人の女性たちが一杯やってきて華やいでくる。
山の仲間らしき女性に挨拶されたが、ドレスアップしてるので直ぐにわからない。高尾山でお世話になりましたと言われ、Mnさんかとわかる。
富士登山するMbさんにいろいろ登山の事を聞かれる。こういう話は大歓迎。丁寧に説明。
外には皇居のお堀が見える。(クリックすると拡大)
ba011dbf740506e838da73e77febc790b307f9ad7f24 (640x480)
12時30分から結婚式。前から二列目に座る。
新郎のToさん入場。ちょっと痩せたかな。緊張してるがかっこいい。
新婦がお父さんに連れられて入場。美しい。にこやかに落ち着いてる。何時ものKmさんらしい。
結婚式が牧師の誘導で結婚の誓い、指輪交換など滞りなく行われる。
bb01144ff95682b6145a1994c5b82f94cd7936be224f (480x640)
讃美歌を歌う。
Toさんの挨拶がある。
結婚式後に記念撮影。最初は屋外での撮影。日差しが強く、あまりにも暑い。
汗っかきのNzさんが顔中汗だらけ。
記念撮影も終わり、披露宴会場に移動。
水曜会の団員によるコーラスの披露があるので、その準備で団長のSmさんが、ばたばたしてる。
水曜会のSmさん、Ikさん、Nzさんと元の水曜会のSzさん夫妻、山仲間のKhさんらと同じテーブル。
コンセプトは「山」と聞かされ驚く。
テーブルも山のイメージ。
ad01b939258bff186c3bb857de2b66763fd7414a76e0 (640x480)
新婦のピアスは旦那さん手作りと紹介される。ほほうやるね。
Toさんの挨拶。二度目なので落ち着いてる。
Toさんの上司の挨拶。かなり型通りの挨拶だったので気が楽になる。
Kmさんの上司の挨拶と乾杯。少し涙ぐんでるようだ。
次が私のスピーチ。友人代表。これは正直嬉しい。
Sさんの加筆修正一杯のスピーチ。
「Ayさん、Thさん、ご結婚、おめでとうございます。ご両家の皆様に心よりお祝い申し上げます。只今ご紹介のありましたYdと申します。
Ayさんと43歳離れた友人であり、ここで一番年上の様で少々気おくれしております。
Ayさんに初めて会いましたのは、私の所属する混声合唱団「水曜会」に入団された時であります。話す機会もあまりなかったので、若い女性が入ってきたなあと言うくらいの印象でありました。
少しだけ水曜会の話をします。PRして来いと言われてますので。
団員50名くらいの混声合唱団です。外国語の曲も歌いますが、団の創設者の大中恩先生の曲など「日本語を美しく歌おう」と心がけています。年1回の演奏会と週一の練習、年二回の合宿があります。20代から80代までの幅広い年齢層で仲良く練習に励んでいます。
さてKmさんが入団して、しばらくしてNzさんから、Kmさんが富士山に登りたいと言ってると持ちかけられました。私の高校時代の初登山が富士山でした。その時の経験から、富士山は見るもので登るものではない、また、一度登れば十分と思っていましたので、あまり気が進みませんでした。Kmさんに話を聞いてみると、どうしても登りたいという熱心さに根負けしてしまいました。Khさんが10年以上も毎年富士山に登ってるという事を聞いてましたので、彼にリーダーを頼んでみました処、快諾を得ました。しかし私も登るはめになってしまいました。この時のKmさんは富士山を登ったら山は終わりと言う印象でした。
山は経験がないという事でしたので、足慣らしに高尾山に登り、次に高山病の確認の意味もあり、2500m近い北八ヶ岳に登りました。Toさんも一緒です。二人とも健脚だったので大丈夫だろうと、お盆の時に富士登山をKhさんに計画してもらいました。
7人のパーティで、天候に恵まれ、山小屋で一泊して、無事ご来光を仰ぎ、お鉢巡りも行い、大砂走り経由で下山しました。
Kmさんは、お鉢巡りあたりでかなりくたびれてましたので、これで彼女の山も終わりだなと見ていました。
ところが、終わりではありませんでした。山には積極的に参加するし、友達も大勢誘うようになりました。お蔭で山のパーティは一気に若返り華やいだものになりました。ここにも14人(もっといたかもしれない)の山の仲間が来ています。凄い動員力だなあと思ってます。
昨年は北アルプスの燕岳、常念岳にもToさんと一緒に登りました段々健脚になって、その速さについて行けなくなってきています。
今年の初めに、山の計画を聞かれたので、なぜそんなに早くと思いました。後でわかったのですが、結婚式や新婚旅行を登山計画に引っかからない様に決めようとしていたらしいです。
そこまで山に魅せられてくれたかと感激しました。この話を山の仲間にしましたら皆、大変喜んでくれました。
お式が終わってからも、八ヶ岳、富士山、北アルプスなどに登る計画になっています。将来の希望に槍ヶ岳に登りたいと書いてありましたので、大変だなあと思っています。
と言うわけで、私は43歳、歳の離れた山の友人になることが出来ました。
Thさんとは山でしかお会いしたことはありませんが、第一印象から好青年でした。私も電機メーカーの出身ですので雰囲気が心地良く、粂川さんにはいい男だいい男だと宣伝したものでした。
Ayさんは、いつも明るく前向きでやさしく素晴らしい女性であります。Thさんは幸せだと思います。お二人で幸せな家庭を築くことでしょう。
これからもご夫婦と山でご一緒出来たらと願っています。
本日はまことにおめでとうございます。」
終わった終わった。ほっとした。
始まる前に麦酒で景気づけしたが、これから気楽に飲める。
赤ワインが美味い。(注がれるままにがぶがぶ飲み過ぎた。)
ケーキカット。
ToさんがKmさんに食べさせる。何か笑ってる。(後で聞いたらスプーンを大きいのに代えさせたそうだ。)
KmさんはToさんの口にたくさん入れるのでToさんは上を向いて食べるのに大変みたい。
仲が良くていいながめ。
料理が美味しい。
スモークサーモンと彩り野菜 キャビアと洋山葵のクリーム
エスカルゴのジョーソン ポルト酒のソース ハープのサラダ
和出汁を加えたコンソメ 鴨のフォアグラ 夏のあしらい
bc0187c9017b268506469ead079b7f0b3683256ca9b2 (640x480)
パレスホテル伝統の逸品 舌平目のボンヌファム
bd018b2f5128fccdddd6beb93f39e296f0b0a0dffb77 (640x480)
ライチのグラニチ
be013330c49eb43b7634e8b0a6c7e504d0d2e45146da (640x480)
ローストビーフ英国風 シンプルなグレイビー ヨークシャープディング
bf01fd08d4cf304acbe612bcef65e741418bfda92651f9 (640x480)
ティラミスカフェ
最初は食べるのに夢中で写真を撮るのを忘れた。
新婦がお色直しのため席を外す。エスコートは弟さん。背が高い。
新郎のエスコートはお母様。涙ぐんでる感じ。
手作りビデオをみる。
新婦の幼少期「小さい頃から団子が好き」という写真と、富士登山のときに、富士山山頂で完全にくたばっている写真が出て大笑い。楽しい楽しい。
Kmさんのお母さんがお酒を注いで回ってくる。
新婦の再登場は和服。予想はしていたが美しい。可愛い。
富士登山組のTnさんとMbさんに足慣らしの八ヶ岳と富士山に行くねと念押しに行く。行く行くと元気な返事が返って来て喜ぶ。
いよいよメインイベント?水曜会の有志で歌を歌う。
団長のSmさんが挨拶。なかなか上手い。挨拶慣れしてる。
指揮はTbさん。伴奏は休団中のHyさん。ぶっつけ本番。
みんなで20人くらい。
John Rutter作曲
「For the beauty of the earth」
玉城千春 作詞作曲 横山潤子編曲
「Best Friend」
水曜会の定期演奏会で歌ったばかりの曲。
Best Friendの途中でSmさんがド派手に歌詞を間違える(隣のYdさんが持ってる楽譜が老眼をかけてなかったので見えなかったと後で聞く)。思わず吹き出しそうになってこらえる。Nzさんが噴き出す。
最後に大中恩作曲「わたりどり」を歌う。新郎新婦と大学コーラス部後輩を呼んで30人の合唱。
これは大いに受けた。
実に楽しい。
帰りの新郎新婦の挨拶の順番待ちでThさんがいたので、挨拶。山に来てよと頼む。話が出来てご機嫌。
素晴らしい結婚式。お二人の良さが随所に表れている。
水曜会の面々で軽く二次会。
久しぶりのHyさんの隣で緊張した。
Hmさんが液晶TVに黒い線が入ってしまったと言ったら、Tbさんがそれは叩けば直ると言う。私も同調。接触不良なら直ると。
Smさんが帰らなくてはとそわそわしだした頃に、新郎新婦がやってくる。
Smさんが帰り、三次会。
二人から裏話も聞き実に楽しい。Kmさんから赤ワインどうだったと聞かれたので、実に美味かったと答える。選ぶのに気を使ったそうで喜んでくれた。
Toさんが話を聞いて山に登りたいと言ってる仲間がいると言う。是非連れて来てと頼む。
Hyさんと学校の音楽隊の話をいろいろ聞く。悪がきが音楽の練習だけは一生懸命だと聞き、嬉しくなる。
大いに盛り上がり、20:30まで飲んで解散。飲み過ぎたが実に楽しい。
素晴らしい結婚式だった。おめでとう。




カフス釦

庭の朝顔。
IMG_2210fgh (640x640)
(クリックすると拡大)
IMG_2209fgh (640x640)
IMG_2211fgh (640x640)
IMG_2212fgh (640x640)
ハナキリン。
IMG_2213fgh (640x640)
万両の花。
IMG_2217fgh (640x640)
昨日インドハマユウの花に付いた虫をかなり捕ったが、Sさんが1匹捕ったと言う。私が調べたらまだ3匹ばかりいた。これは毎朝しつこく捕らないと駄目みたい。
スピーチの原稿に追加したら、6分になってしまった。Sさんが5分以内にしないと駄目と手を入れてバッサリ減らす。
それで練習したらゆっくりしゃべっても5分に入った。
スーツを着たまま行くと言ったが、暑くて汗まみれになるからダメと言われ、向こうで着替えることになる。
まず汗を落とせと言われシャワーを浴びる。
問題はカフス釦が一人でつけられるかだ。ワイシャツにしたかったが、ウイングシャツでないと駄目と。蝶ネクタイは演奏会の時に自分で〆たので、〆られる。カフス釦は、演奏会の時は別の釦で着けたままにしていたが、それではだめとカフス釦を自分でつける練習をする。何度もやったがなかなか上手くいかない。誰かに頼めないのとまで言われてしまった。あーあー面倒なと言ったら、きちんとするには面倒なのと言われてしまった。
明日は息子の時以来の結婚式。Kmさんが呼んでくれたので嬉しい。山仲間は良いね。




おにかけの会

庭のギボウシ。
IMG_2151ghjgh (640x640)
アガパンサス。
IMG_2148nm,nm, (640x640)
Sさんと一緒に用事をこなすために出かける。ところが途中でSさんが忘れ物をして引き返す。
駅で待ってる間ツバメが舞っている。4羽いる。二羽づつのつがい。
IMG_2154fghfg (640x640)
Sさんが汗だくで戻ってくる。駆けたと言う。顔が紅潮して少女みたい。
用事を二人で済ませ、Sさんはニット教室に出かける。私は泳ごうかなとも思ったが二日連続はきついので、松の川緑道を歩く。台風一過で風は強いがどんどん気温が上がる。
水たまりのザリガニ。
IMG_2161ghjjh (640x640)
クリナム。(クリックすると拡大)
IMG_2163kl;kl; (640x640)
サッカー場で練習試合してる。
IMG_2164bnmn (640x640)
野球場、ラクビー場、ホッケー場はほとんど選手はいない。
薮茗荷(やぶみょうが)。一杯咲いてる。
IMG_2168kjjk (640x640)
向日葵。
IMG_2180hgjgj (640x640)
クロコスミア。
IMG_2181ghghj (640x640)
合歓の木が風に揺れる。
IMG_2183kl;; (640x640)
ダチュラ。
IMG_2196hfgfh (640x640)
帰って、庭のインドハマユウが枯葉が多いので良く見たら虫が付いてる。葉の間にもぐりこんで何匹かいる。これをピンセットで除去。葉の間にもぐりこんでいるので、なかなか見つけにくい。30匹くらいを除去。以前、この黒い斑点のある虫にやられて、ほとんどかれてしまい、茎の根元まで切ってもぐりこんでる虫を除去した事がある。その後、春先に殺虫剤をまいて、虫の発生を防いでいたが、Sさんに庭の管理を渡した時に、引き継ぐのを忘れていた。この二年位まかなくても発生していなかったが、今年はやられてしまった。早く気が付いた方なので、間に合うと良いが。汗びっしょりになってしまったので、シャワーを浴びる。Sさんが帰って来たのでその旨報告。大急ぎで出かける。
おにかけの会。
新橋の駅から小走りで駆けつけ、1分遅れで到着。
幹事のOyさん、長老のKmさん、千葉から駆け付けたWbさんは既に到着。Aoさんが遅れてやってきた。
先ずは麦酒で乾杯。お互い元気なことを祝う。
Oyさんは手術したばかり。また半月後に手術すると言う。痩せたと言うが気が付かないくらい。手術は成功して元気そう。明るい性格なので助かる。  水曜会の演奏会に来てくれた。新しい先生が本領発揮して来たねと言う。Cantate Dominoは良かった。季節へのまなざしは大変だったろうと言う。男性が減って、女性が増えたんじゃないのと言うが、男性は減っておらず、女性が増えた。
Kmさんは、毎年聴きに来てくれていたが、今年は**路を歩く会の最終日だったので参加できなかったと言う。会社を辞めてからとみに健康になった。会社時代の公用車がなくなり歩くようになったのが功を奏した。
Wbさんは眼の手術をして良く見えるようになって、こんなに皺があったのかと思ったそうだ。奥さんに皺が増えたねえと言ったら変わってませんよと言われたそうだ。歯の手術とか、脚とか少し不調になって来たので、考え方を代えたと言う。今までは(それ行けドンドンで、とは私が思ってる事)お遍路さんやら山小屋の手伝いをしていたが、考えを代えて5か年計画を立てたと言う。Wbさんらしい。お前はこれから何を目標とするかと言われ、演奏会が終わったのでまあ山かなと答える。何を目指してと言う目標はない。
Aoさんは、私の山登りを感心してくれる。山男だったが、肺気腫になってしまい高い山は苦しくて登れないと言う。もっぱら釣り三昧。
私が40歳年下の山仲間の女性の結婚式に出ると言ったら、信じられないらしくて山仲間の娘さんかと聞く。本人だよと言ったら、一斉に羨ましそうな顔をした。うーん、これはしばらくさりげなく自慢話に使えるなと思う。Kmさん呼んでくれてありがとう。
蜂の子佃煮を頼む。誰も手を出さず、私がほとんど平らげた。実に美味い。
焼酎をかなり飲んで気持ち良くなる。最後は美味しい蕎麦で〆る。ご主人がたれを変えたがどうかと聞いてくる。材料を買えたらしい。皆が実に美味しいと言ったら大変喜んでくれた。
2時間の楽しい宴会が終わる。次は秋にと言って別れる。
帰って、月下美人を見たら、咲いてる。Sさんに声をかけて、懐中電灯で照らして貰う。蚊の襲来が凄いので、その対策もしっかりする。
一輪だが、美しいなあ。
IMG_2199hjkj (640x640)
魅力的な女性みたい。
IMG_2203hgjh (640x640)
Sさんは何時も輝いてるが月下美人は一晩だけ。
IMG_2206hjkjk (640x640)




スピーチの原稿

庭のコバノランタナの蜜を吸う蝶。
IMG_2142ghj (640x640)
ヤブランの花が咲き出す。(クリックすると拡大)
IMG_2143jlklk (640x640)
薔薇。
IMG_2145jklkjl (640x640)
タイワンレンギョウ(台湾連翹)。
IMG_2144ghjhg (640x640)
ジムに泳ぎに行く。
大分クロールのコツを思い出してきたので、出来るだけ長くと休みなしで800m泳ぐ。トータル1500m泳いだ。泳ぐ心地良さを思い出してきた。数年、時間が無くて泳がなかったのがもったいなかった。Sさんにお腹が出てるとぎゃあぎゃあ言われて、スポーツジムに入らされ、やっと泳ぎを復活した。
近所の変わった向日葵。
IMG_2137ghjhj (640x640)
ハイビスカス。
IMG_2138hjkhjk (640x640)
ベニスイカズラ。
IMG_2140ghjjh (640x640)
マツバボタン。
IMG_2141hjkjh (640x640)
19日のKmさんの結婚式、披露宴にお呼ばれしており、スピーチをするように頼まれている。
40歳年下の山の仲間だから、山について話すのが良かろうと思って原稿を作る。Sさんにチェックを頼む。加筆修正が入った。
水曜会の事を話すようにとTtさんに言われていたのを思い出し追加。
現役時代は、披露宴でスピーチをすることが頻繁にあり、原稿なしですらすらと話せた。仲人も何回かしたが、スピーチで困ったことはない。
近年、全く結婚式に呼ばれる事が無くなり、久しぶりのスピーチである。(悲しい事にお葬式は頻繁にある。まだ友人代表で話したことはない。)
最初は、以前のように原稿を見ないでしゃべろうとしたが、何度やってもつっかえるので原稿を見ることにした。5分に抑えようとしたが少しはみ出す。Sさんに減らして貰う。




水たまり

庭のタイワンレンギョウ(台湾連翹)が咲き出す。
IMG_2128fghhg (640x640)
百合。(クリックすると拡大)
IMG_2123jkljk (640x640)
宿根サルビア。この花が一斉に咲き出すと暑苦しい。
IMG_2124uyyu (640x640)
ルリタマアザミ(ヒゴタイ)。
IMG_2125fhfh (640x640)
ヘメロカリス。
IMG_2126fggf (640x640)
朝顔。
IMG_2131yuuy (640x640)
ルリマツリ(瑠璃茉莉)。
IMG_2132iy (640x640)
歌の練習をして水曜会に出かける。
Tuさんの体操。
発声練習。
「水のいのち」高田三郎作曲、高野喜久雄作詩。
先週練習した「雨」。
「水たまり」
「水のいのち」の中で一番難しいそうだ。リズムが細かい。
パートごとに区切って練習するのでわかりやすい。
12ページ「ただ」はppだが丁寧に。
tempo ritを先生の指示で追加。
休憩。
Htさんから、先の演奏会のCDを貰う。
テナーはSkさん、Nzさんが欠席。(Nzさんはぎりぎりに現れる。)
写真係のIdさんより、写真の申し込み方などの説明。
Ikさんから、Kmさんの結婚式が19日パレスホテルであるので、来れる人はお祝いのコーラスを歌って欲しいと要望。
Kmさんがよろしくお願いしますと挨拶。20名以上の方が来てくれそう。テナーはHtさん、Tuさん、Nzさんと私。
私は結婚式、披露宴に参加してスピーチをする。(まだ原稿が出来てない。)
「川」
少し練習。
先生がKmさんの披露宴で歌う歌を練習。お祝いになって良かった。Kmさんも喜んでる。
「For the beauty of the earth.」
「Best friend」
「渡り鳥」
終わった。
飲み会はソプラノがソプラノ会をして遅れてくるので参加者が始めは少ない。飲み会幹事のNzさんから出てくださいと言われて帰るつもりがつい出てしまった。
最初は女性が少なくて先生に麦酒を配って貰ったりしてしまった。
Htさんから、テナーの打ち上げをしようと持ちかけられる。7月8月の私の予定が一杯一杯なので日程を決めにくい。
Nzさんはまだしばらくは忙しいそうだ。
ソプラノがどっと来て何時ものような人数になる。ソプラノ会は上手く行ったそうだ。
Ttさん、Nkさん、Ikさん、Tdさんらがいる。
Kmさんの披露宴の話をする。Ttさんから水曜会のPRしてと頼まれる。
先生にスピーチ頑張ってと言われた。40歳年上の友人代表(私の事)のスピーチは緊張する。式では最年長だそうだ。
Ynさんと阪神の話をする。
Nkさんからテナーの直前パート練習は有効だったわねと褒められる。Cantate Domino.はゲネプロの時、テナーはばらばらだったが、パート練習の後、見違えるように良くなったと。
Kmさん紹介の新人が来ないと言ったら、先生が8月からくるらしいと言う。
何故だか、早々と酔ってしまって何を話したか記憶が飛んでいる。




蛇行して光の続く富士登山

庭の百合。
IMG_2097ghjghj (640x640)
ピンクのサルビア。(クリックすると拡大)
IMG_2101jhkj (640x640)
ノウゼンカズラ。
IMG_2115ghjgj (640x640)
今年の秋はアケビが楽しめそう。
IMG_2117hjkhj (640x640)
スポーツジムに泳ぎに行く。
800m通して泳ぎ、トータル1500m泳ぐ。
段々、泳ぎが回復して来てる気がする。まだ500mを超えたらいくらでも泳げると言うところまでは来てない。
あちこちに体が写る所があって、お腹が膨らんでるのが良くわかる。これが凹むまで頑張ろう。
慶応のグランド。
IMG_2106hjhj (640x640)
近所のマンデビラ。
IMG_2109jkljlk (640x640)
大門句会に出かける。
兼題は「夕立」 驟雨、スコール
「鬼灯市」 七月九、十日、浅草寺の境内に立つ市。四万六千日。
「登山」 キャンプなど関連季語も可。
「鮓」 馴鮓、押鮨、握鮓
「夏休」
三四郎さん始め、7名の参加。今回は珍しく少ない。遊介さんはイギリス旅行。
蛇行して光の続く富士登山  光
糸さん、野里子さん選。馬空さんから光は自分の俳号にかけたのかと聞かれたがそれは意識してない。
2013年8月17日の早朝の富士登山。
IMG_3262tyuy (640x480)
富士の御来光。
IMG_3273ertr (640x480)
夕立ちに追われて入る無人小屋  光
勝山さん選。あこがれる景色。
:合羽を着けるより避難小屋に駆け込んだことがある。
夏休み母の実家の広い土間  光
勝山さん選。小さい頃の思い出。
:高山の母の実家の印象そのもの。
鬼灯の功徳を買うや浅草寺  光
夢路さん選。鬼灯は秋の季語。
:鬼灯市とわかるはずだが駄目なのかなあ。
耳栓し雑魚寝するなり登山小屋  光
:耳栓しないととても眠れる状況ではない。選句されると期待したが残念。
三四郎さん特選句。
ポケットに肥後守あり夏休  馬空
三四郎さん特選、糸さん、さらさん、夢路さん、野里子さん選。
宅配で功徳を分けし鬼灯市  夢路
三四郎さん特選、さらさん、野里子さん選。
夫病みて薄ら埃の登山靴  さら
三四郎さん特選。
何時のように飲みながら食べながらの楽しい句会。
帰ったら、Sさんからどうだったと聞かれたが、まあまあかなと答える。




暑いよ

昨日の久しぶりの登山疲れで、眼ざめが遅く、Sさんの朝顔咲いたわよで起こされる。Sさんは毎朝庭中の水撒きで早起き。蚊対策の完全武装なので、汗だく。
起き上がったら筋肉痛。やはり鍛え方が足りない。
のそのそ庭に出る。
とんぼがギボウシにとまってる。
IMG_2087hjgfhkh (640x640)
紫蘭の葉に移った。
IMG_2083jhghj (640x640)
蝶もやってくる。暑さに強い。
IMG_2089ghfhggjh (640x640)
朝顔はげんなり。(クリックすると拡大)
IMG_2078hjk (640x640)
腿の筋肉痛と暑さでげんなり。
Sさんは元気に出かけて行った。体力あるなあ。
明日は定例の大門句会なので、暑い中、苦吟。




吉田山

早朝、名古屋に向かう。Sさんに気をつけてねと見送られる。
Fjさんリーダーの低山を登る会に参加。Fjさんに頼んで愛知の方でも関東のYY会の様な山の会を作って貰った。年に何回かは参加してる。
名古屋に着いた時は、時間通りに本郷に着くのは楽勝と思ったが8時50分を少し遅れてしまった。Fjさんの車に乗せてもらう。Tyさん、Kjさんと一緒。
ドタキャンが出て11名の参加。
長野の吉田山。2時間くらいかけて狭い駐車場に到着。車は3台。(クリックすると拡大)
IMG_1976dgd (640x640)
林道を少し進むと登山口指標があり、山道に入る。780m。
IMG_1981gjgj (640x640)
ここで恒例の記念撮影。
小さな渓流沿いにしばらく登る。
IMG_1983ryyr (640x640)
ホタルブクロ。風に揺れて上手く撮れない。
IMG_1987hjkjk (640x640)
山アジサイ。
01d5b74098fd4a83e59cde155c26ac7f80d84cfb96 (640x448)
標高差700m弱を2時間強かけて登る。登り始めは暑くて汗ダラダラ。最初は土止めの階段状の登り。
高度があがるにつれて山道となり気温も下がり涼しくなったが、ずっとだらだらした登りで息が切れて苦しい。次第に先頭から遅れる。昨夜お酒を飲んだのがやはりいけなかった。
普通は1時間位登ると呼吸が整ってくるのだが、楽にならない。
樹の間に南アルプスが見えてきた。
ようやく吉田山キャンプ場に到着。1259m。500m弱登った。後200m。
IMG_1993 (640x640)
左から南アルプスの北岳、間ノ岳、農鳥岳、更に右に塩見岳が見える。
IMG_1999fgh (640x640)
おお苦労して登った農鳥岳だと感動。
IMG_2000tyut (640x640)
更に荒川三山、赤石岳、聖岳と続く。極彩色になってから登った山ばかり。
IMG_2006dgd (640x640)
IMG_2018ghjgjh (640x640)
登山者には全く合わない。キャンプ場は閉鎖されてるようだ。
最後の登り。
薊。
IMG_2025ghgh (640x640)
ホタルブクロ。
017038fce02c3cd0ce4aaf1c60942b5d9758c79256 (640x448)
ギンリョウソウ(銀竜草)の実?
IMG_2027gjg (640x640)
IMG_2028hjkj (640x640)
後山頂までもう少しだよとFjさんが励ます。
IMG_2026ghjjg (640x640)
最後に急登があって脚力を使い切る。やっと着いた。吉田山1450mに到着。ヘロヘロ。
Tyさんが強いのに驚く。Sgさん、Kjさんは無論強い。以前はへばってくれたHrさん、Kbさんはすっかり強くなってしまった。
へばったのは私くらい。
昼食をとる。いろんなものが回ってくる。美味しく頂く。
IMG_2049aa (640x640)
Kbさん、Fjさんが沸かしてくれた珈琲を飲む。実に美味い。インスタントなのに山で飲むと何故こんなに美味しいのだろう。
その後記念撮影。
IMG_2047yuiyu (640x640)
イヌゴマ(犬胡麻)かな。一杯咲いてる。
IMG_2051fgh (640x640)
南アルプスに堪能する。
仙丈岳、北岳、間ノ岳、農鳥岳、塩見岳。荒川三山、赤石岳、聖岳など一望できる。感動。あの山々を苦労して登った日々が蘇る。
IMG_2054ghfgh (640x640)
北岳、間ノ岳、農鳥岳。
IMG_2054ghfgh (640x640)
塩見岳。
IMG_2055gfhh (640x640)
荒川三山、赤石岳。
IMG_2065rtytr (640x640)
塩見岳、烏帽子岳、荒川三山。
IMG_2066rtyy (640x640)
堪能して下山。先頭はTyさん。休みなしにどんどん降りる。早い早いあっという間に登山口に到着。
たかもり温泉でさっぱりする。最高だ。
013bf78b4e3c90ffa52928c5ab1093b1aa198fca62 (640x480)
ここで皆とお別れだったが、事件勃発。初参加のSkさんが財布を落としたと言う。Okさんが車で探しに行くと言う。見つからないと大変。(幸い財布は見つかった。)Okさんに任せて解散。
2時間かけて藤が丘の味仙に向かう
Fjさん、Hrさん、Kbさんと打ち上げ。山には来れなかったFrさん、Fdさん、Ntさんも参加して大いに盛り上がる。
待望の味仙。いやーこれでまたSさんに自慢が出来る。麦酒で乾杯。
Fjさんには、南アルプスに連れて行って貰い、3000m以上の山の制覇に貢献して貰った。最近は低山を登る会を作って貰う。
Kbさんは三年越しで山を口説いたが、Hrさんが参加したらあきらめて参加。二人が参加してくれたことで、皆安心して参加してくれるようになった。
Frさんは、毒舌を吐きながら山に来る。痩せすぎだが、全力疾走が出来ると自慢。
Fsさんは、きついきついと言いつつ早い。昔の秘話を語る。
Ntさんは、私に刺激されたのか、3000m以上の山の制覇を今年中に目指してる。
青菜。
01e89228d8f84f915784c8522f5181de7f80a33eec (640x480)
ソフトシェル。
014f8d5c362c950967efcb8bdeaaf9c56e09aba1b6 (640x480)
浅蜊。好物。
019f4add36ba25313a5c070d077d03559fa6f6cd7a (640x480)
コブクロ。これが実に美味い。
01202b0a0e2ae84a33d06c2366fcea9a3b52892721 (640x480)
餃子。
01120164bebe978c9388cc4f94fb3cb077a79730fc (640x480)
手羽先。
012a3cfc99d8154ed7a2e6350241ad2ea2422ee59b (640x480)
蝦マヨ。Fjさんの好物。
013ffbdf44a0e0c86f404e7e8ae103de77182f433c (640x480)
最後は名物台湾ラーメン。辛い辛い美味い美味い。
01127f8da5e95b781735b1a405899fae751e34002e (480x640)
話は楽しいし、食べ物は美味しい。良き仲間に恵まれて幸せ。これぞ極彩色。
帰りの新幹線は爆睡。
Sさんにへばったへばったと報告。




MUSASHINO MUSIC FESTIVAL

明日の山の準備をする。Sさんに手伝って貰う。自分の事は自分でしなさいと言いながら、手伝ってくれるからやさしい。
武蔵野合唱団創立60周年記念演奏会 MUSASHINO MUSIC FESTIVALに行く。
Tsさんが参加してる。東京芸術劇場 コンサートホールに向かう。
01be2ccac7312db098616d185f21b6f6f7573f880f (640x480)
途中でTdさんに会う。
(クリックすると拡大)
0170fd70404313ea36d5da1906c5d3088bc2978d9f (640x480)
01340a5b16654ce31647f5af323dd481bf0d98fa14 (640x480)
席はTdさん、Nkさん、Htさん、Ttさんの水曜会の仲間と並びの席。かなり前。
IMG_2072fghfh (475x640)
1st stage 宗 左近 詩/荻久保和明 作曲
混声合唱組曲 縄文(1980年委嘱作品)
指 揮:山田和樹
ピアノ:前田勝則
最初、指揮者が鈴の音がすると言って始めないので会場は水をうったように静まり返る。
始まった。
山田和樹指揮の縄文に圧倒される。
凄い迫力。200人の歌声が迫ってくる。
山田和樹さんの指揮は素晴らしい。
Tsさんが練習で絞られて大変だっと言っていたがあそこまで仕上げるのは大変だったろう。
40分以上の大曲を暗譜。
前田先生のピアノは素晴らしさを一層引き立てる。水曜会のピアノ奏者に来て頂いてる事に感謝しなければ。
Tsさんは前列でしっかり歌ってる。
演奏が終わって山田和樹指揮者や前田先生が挨拶する時、頭の中が感動でふわふわしてしまった。
Ttさんは縄文の後に他の演奏会に向かう。
2nd stage ソリストによるガラコンサート
ソプラノ:秋吉邦子
     山田英津子
テノール:松原 友
バリトン:青戸 知
ピアノ :小林亜矢乃
紹介よれば、ソリストもピアノ奏者も武蔵野合唱団のかかわったことがある人ばかり。凄い。
3rd stage 合唱団60年の歴史から
富澤 裕/AGNUS DEI(1999年委嘱作品)より
・枯れ草の中で
・Aguns Dei
指 揮:佐藤洋人
ピアノ:高橋美佐

ブルックナー/ミサ曲第3番より
・グローリア
指 揮:松井慶太
ピアノ:雲野茉里、前田勝則
前田先生の連弾編曲。弩迫力。

ハイドン/天地創造より
・もろもろの天は神の栄光を現し
・すべての声よ、主に向かいて歌え
指 揮:松岡 究
ピアノ:吉澤京子
其々指揮者が違う。
楽譜を持ってる人もちらほらいて安心する。
出口でTsさんを待ったが現れないので帰る。
まっすぐ帰りたかったが、誘惑に負けてHtさんお勧めのお店で一杯。
Nkさん、Tdさん、Msさん、Hyさんと一緒。縄文など音楽談義が中心で楽しい。
Sさんがやさしくて好きだと言ったら、またなのとうんざりされた。
明日は山なので早めに終わって貰った。しかし何時も山の前は飲んではいけないと言いながら自分が破っていては世話はない。明日はとばっちりが出るだろう。




今日も泳ぐ

今日も泳ぎに行く。
二日目なので慣れる。
直ぐに着替えてプールに向かう。
ゆっくりと200m泳ぐ。昨日よりは調子が良い。
もう200m泳ぐ。
次に長く泳ぐ。同じコースにおじさんとおばさんがいて、おじさんに追いつかれる。
500m泳いだら、昨日と同じ、スクールがあって、コース変えさせられた。もう少し早く来るか遅く来るかした方が良さそう。
ここから先は、かっては、楽になっていくらでも泳げたが、まだそこまでは行っていない。
後、200m泳いで切り上げる。スクールは参加者が一杯でウォーキングや体操をしてる。その波がかなり押し寄せてきてまっすぐに泳げない。
トータル1100m。昨日と違って脚もつらず、泳ぎも安定した。だが腕力が落ちていて、思い切りかけず、スピードが出ない。
ウォーキングをしてプールを上がる。
ジャクジーであったまる。
お風呂に入ってゆったり。
帰りの慶応の銀杏並木。
IMG_1959ghjh (640x640)
七夕がまだ飾ってある。
IMG_1960ghjghj (640x640)
宿根朝顔。(クリックすると拡大)
IMG_1961hjkjhk (640x640)
百日紅。
IMG_1963jklkj (640x640)
百合。
IMG_1964hkh (640x640)
Sさんに痩せたと聞かれたが、そう早く効果は出ない。
鼻水が出ると言ったら、プールで冷えるからジャクジーであったまるか、サウナであったまってから帰った方が良いと言われる。
庭の朝顔。まだ一輪のみ。
IMG_1943hjkjh (640x640)
ムラサキクンシラン(紫君子蘭)、アガパンサス。
IMG_1946jhkj (640x640)
ヘメロカリス。
IMG_1947tyut (640x640)
ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)。Sさんがかなり間引いたので減った。
IMG_1953jkllkj (640x640)
ルリタマアザミ(ヒゴタイ)。
IMG_1956kl;kl (640x640)
来客あり。Sさんと対応。
日曜日の山の準備をする。
火曜日の大門句会の苦吟。
演奏会が終わると歌の練習が減って、時間に余裕が出来る。




久しぶりに泳ぐ

このところ梅雨らしい雨続き。
庭の金木犀の木の間で咲き出したムラサキクンシラン(紫君子蘭)。
0115a420ac42b293cfe1d816d1a4b840da5d24e107aa (640x480)
タイワンレンギョウ(台湾連翹)が咲き出す。(クリックすると拡大)
0156ded22c6888579ebd5f203524dd0c57ef8766e1aa (640x480)
百合。
015938138f7dee292ba9679bdafffb67c3d1eb4658aa (640x480)
お腹が出てきたからジムに行って泳ぐようにとSさんに散々言われて重い腰を上げてスポーツジムに入ったが、まだ一度も行っていない。演奏会の前は歌の練習と言って行かず、終わったら毎日行く行くと言って行かないのであすなろねと言われる始末。
とうとう雨の中を出掛けた。頑張ってとおだてられながら。
0116a70273625acad110a88ff221105c9bac95c1edaa (640x480)
初めてなのでロッカーの使い方を教えてもらう。靴は持ってきたが、泳ぐのが目的。
着替えて、プールへ向かう途中の大きな鏡で見たら、お腹が出てる。Sさんがぎゃあぎゃあ言うわけだ。
往復コースが早いのと遅いのとある。片側コースと初心者コース、歩きのコースとある。
遅い往復コースで泳ぐ。クロール。おばあさんが多いが、お爺さんもいる。さすがに若者は、ジムの人しかいない。
軽く100m泳いで一休み。次に200m。久しぶりに泳ぐので息がきついが気持ち良い。
更に400mまで伸ばす。かなりきつい。息が弾む。腕を上げると70肩の残りか痛む。
500mを超えれば、何時も楽になっていたので、次は500mと泳ぎだしたら、250m泳いだところで、レッスンがあるからとコース変更させられた。
コースを代えて、泳ぎだしたら、200mで足がつってしまった。親指を揉んで再び泳ぐ。
また100mでつってしまう。これはいかんと上がろうとしたが、計算するとトータル1500mまで後150m。
どうせならと少しピッチを上げて150m泳ぐ。
やっと1500m泳いだ。以前よく泳いでいた頃は通して1500mでも2000mでも泳いでいたのでかなり衰えた。泳ぎこめば戻るだろう。
歩くコースでしばらく歩いて息を整える。
ジャグジーに入って、のんびり。
充分休んでから、スパに入って、体を洗う。気持ち良い。
帰りは心地よい疲れ。ふらふらするかと思ったが、そんなことはなかった。
帰って、休息してたら、Sさんが帰って来た。どうだったと聞かれたので足がつったがトータル1500mは泳いだと報告。
帰ってからぱくぱく食べたと聞かれたのでお腹が減ったので、インドカレーと西瓜とヨーグルトとお菓子を食べたと言う。食べ過ぎよ、我慢しなくちゃお腹減こまないわよと言われる。と言いながら、草餅食べないと誘う。喰う喰うと直ぐに乗ってしまった。




演奏会コメント

庭の百合が咲き出す。
IMG_1921fghgf (640x640)
宿根サルビア。(クリックすると拡大)
IMG_1922gfhgf (640x640)
ギボウシ。
IMG_1924fghf (640x640)
キンレンカ。
IMG_1925ghj (640x640)
ヘメロカリス。
IMG_1927hjkjh (640x640)
歯医者に行く。左上奥の欠けた歯の型を取る。
帰りに久しぶりに松の川緑道に足を延ばす。
気になっていた小さな流れに生息していた蝦がいないか探す。以前は水たまりに一杯生息していたが、水たまりが埋め立てられてしまってから見かけなくなった。小さな流れの水溜りに蝦が素早く動くのが見られた。しぶとく生き延びていた。
IMG_1935fhfg (640x640)
小池にもいた。生き残っていて良かった。
IMG_1939fghdfgh (639x640)
多分、暗渠になる前の松の川に一杯生息していたのだろう。頑張れ。
アブチロン。
IMG_1941hjkj (640x640)
クロコスミア。
IMG_1936hgjh (640x640)

IMG_1937ghjhg (640x640)
帰って、演奏会に来て貰った方々のコメントを見る。42名の方に来て貰った。
大学時代の友人、Njさん。
「特にⅣ、は感動し迫力に引き込まれました。 アンコールの時代は、よかったです。
ⅠとⅢのある部分は女性の高音域が元気がよすぎて男性のよいところがマスクされてしまったような気がしました。」
TF会、YH会など先輩Trさん。
「時代が分かりやすくて良かったです。」
高校時代の仲間のMkさん。
「讃美歌や大好きな「時代」,又ピアノも良かった。」
中学時代の仲間、Ogさん。
「昨年とだいぶ変化した合唱でした。変化を楽しんで聴かせて頂きました!」
FANY'SのFmさん。
「難しい歌が多かったですね。「賛美歌集」は覚えるのがタイヘンな気がしました。
「時代」はポピュラーな歌ばかりでしたが、編曲で別の歌のようになるのですね!新鮮でとてもよかったです。」
YH会のTbさん。
「賛美歌の中でもCantate Dominoはエクセレントでした。男性のパートは、テノールもバスもとても良かったと思います。
素人の苦言と聴き流していただきたいのですが、女性の特にソプラノは、ほんの少しですが、調和がとれていないように思えました。ソロの部分もイマイチだったと思います。」
山の仲間のKmさん。
「Cantate Doninoは出だしから迫力があり、私も聴き入っていました。次の展開が楽しみな曲でした。
季節へのまなざし、こちらも素晴らしかったです。静と動を感じられ詩の持つ力と、コーラスのハーモニーが一体となってよかったです。まるで声が生き物のようでした!全体的に高音の混声ハーモニーがパワフルで声量もあり、とても綺麗で感動しました。
中島みゆきの「時代」、こちらも個人的に好きな曲の一つでしたので、気持ちよく聴かせて頂きました。感動しました。」
山の仲間のNkさん。
「1番の難曲の4ステを終わってからの皆さんに笑顔と余裕が戻った後のアンコールの時代とか最後の楽曲、とても素敵でした。
3ステは、知っている曲ばかりで、一緒になって、声出さないか心配に… σ(^_^;) 涙そうそうのソロパートが、急に音量が下がるせいか? 出だし全く聴こえず、ヒヤリ、そわそわ… 後ろの方でかつ、耳が悪い私だけ??でしょうか、怖くて会場内で、そんなこと口にも出せず… (´・_・`)
4ステは、合唱の醍醐味を味わえる素敵で感心しきりのステージでした。
欲を言うと、昨年の3ステ?のステージも暗転して圧倒されるような超大物楽曲が欲しかった気がしました。
ステージが、終始明るいとついつい皆さんの衣装だ、表情に目が行ってしまい、感情移入が不足がちだったように思いました。
3ステ、4ステあたりで、これでもかって位、盛りあげてくれると… 歌う人達は、大変でしょうが… σ(^_^;)」
おにかけの会のOyさん。
「今回のコンサートから新しい指揮者の新機軸が鮮明に出てきた様に思えました。レパートリーが広がった分ここに至るまで皆さんのご苦労と努力が大変だったと推察しておりました。出来栄えの評価は私にはできませんが、賛美歌集はさすがに美しくきれいなメロディーでしたね。最後の季節へのまなざしは聞いていても大変な難曲だなと感じておりました。」
Sさんの友人のKbさん。
「趣味の集まりとは思えぬ歌声とハーモニーに感動しました。どの曲も力がこもっているのにソフトで耳に心地よかったです。
賛美歌は元職場で歌うことは(かなりの音痴ですので、いつも口パクですが)ありましたが、あの様な重厚な賛美歌は初めてでした。
個人的には、最後のステージ「季節へのまなざし」が面白かったです。映画好きとしては、どの曲も映像が浮かび「のびる」では「ジャックと豆の木」のように空に向かい、豆の弦が伸びていく様が広がりました。」
高校時代の仲間、Ktさん。
「門外漢の小生には難しい理論は分かりませんが、数多くの難曲をよく身に付けることができるものと感じ入りました。中島みゆきの時代が聞けたのも予期せぬことで、これからも新しい試みが続くといいですね。」
YH会のTuさん。
「うちの女房も以前、女声コーラスに参加していたこともあって、「レベルが高い」と喜んでいました。
「作曲者/編曲者達が来てくれるなんて、余程レベルが高くなければ、ないことだ」とも言っていました。
確かにCantate Dominoは、迫力があって、揃っていてきれいで、山田さんが一番の出来という通りの感想を女房が述べていました。自信作は、聴衆にも判るということですね。
「季節へのまなざし」は、どんどん曲想が変わっていって、凄い曲、難しい曲をよく歌えるものと感心していました。」
中学時代の仲間、Kzさん。
「私には音楽会などまるで無縁のものでしたが生で聴くと大変素晴らしいものだということが好くわかりました。・・・男性の声が大変好かったように思いました。」
山とゴルフの仲間、Nkさん。
「今までで一番良かった感じです。アンケートで三重丸が3時代、次点を二重丸で2讃美歌集にしました(^^;;」
21世紀会関東会のMkさん。
「Cantate Domino プログラムによると休憩の前で、衣装が黒に変わった後ですよねー 初めて聞く曲で、なかなか難しくて、良さはよく分かりませんが聞いてる客席もその辺りから硬さが取れて来たように感じました。休憩後は、知った曲で楽しめました。」
大門句会のMrさん。
「毎年思う事ですが、いつも難曲を歌いこなされていると感心しております。」
FANY'SのAdさん。
「第三部が馴染みの曲ばかりだったせいでしょうか、難しい曲が多かった印象がありますが、ハーモニーとアンサンブルの
素晴らしさは十分に楽しませていただきました。上手く表現は出来ませんが、吉川氏の指揮の下、ステージからは溌剌とした生気が溢れているようでした。横山氏のアレンジによるカバー曲は、ソロとは違ったハーモニーが新鮮で楽しかったです。
また、いつもながら前田氏のピアノの超美技には”目”でも楽しませていただきました。」
山とゴルフ仲間のNgさん。
「いつもながらの、皆様の合唱へのひたむきな情熱・一体感が感じられ感激しました。」
FANY'SのStさん。
「Ⅳ.季節へのまなざしの印象に圧倒され、残念ながらCantate Dominoの記憶が薄いです。 」
息子のお嫁さん。
「水曜会はレパートリーが広いですね。毎年とても新鮮です。中でも私はラターが好きでした。シンプルですっきりした和音や親しみやすい旋律を皆さんが楽しんで歌っているようで気持ち良かったです。並び方も男声がホールを包み込みように響いていました。
私の隣のご夫婦の奥様はピアニストがとても気に入ったご様子で終始鍵盤を叩く指使いを真似されていました。私もあのピアニストは大好きです。ソロのステージを作って欲しいくらい(笑)」
飲み仲間のKgさん。
「今回の演奏会は2部と3部の挿入で素人の私も非常に興奮・感動させていただきました。勿論、1部と4部も「これぞ合唱!!」だろうなあーーという大人の歌唱力を聴かせて頂いたことは言うまでもありません。」
山の仲間のYbさん。
「驚きました。あまりにもレベルが高く、予想をはるかに超えた素晴らしい演奏会でした。石川さんをはじめ、山で見慣れている人たちが元気いっぱいうたっている姿を拝見し、こちらも元気をもらいました。」
山の仲間のKhさん。
「毎年進化を続ける水曜会楽しく拝聴させていただきました。」
高校時代の仲間、Akさん。
「私にはどれがよくできて、どれがあまり良くできなかったかわかりませんでしたが、家内は季節のまなざしは相当難しいものだと
言っていました。どうしても知っている音楽だけでは終われなくて、難解な最新の曲を入れるのが普通だと言っていました。指揮者と、ピアノが素晴らしかったです。」
旅行仲間のMr夫妻。
「凄かったな~素晴らしかったね~」
山仲間のMyさん。
「どれも素晴らしい合唱でした。恥ずかしながら、知らない曲ばかりでしたがどの曲も聴いていて心地の良い曲ばかりでした。」
聴きに来てくれた方々に感謝感謝。ありがとう。




水のいのち

七夕。あいにくの雨模様。
来客あり。Sさんと対応。
庭のピンクのサルビア。
IMG_1897jhg (640x640)
ノウゼンカヅラ。
IMG_1894df (640x640)
水曜会演奏会のアンケート結果が水曜会ホームページに載ってるので参照。
何時もより多いアンケート。何時もは50位なのが倍の102件。Ssさんのアンケート用紙のフォーマットがわかりやすかったのだろう。アンケートのフォーマットがわかりやすかったから、記入したと言う声を聞いたので、それをSsさんに伝える。Ssさんはやはりきちんと考えて作っていた。
Sm団長の報告によると演奏会参加者は460名で昨年より40名減った。雨の影響か。当初チケットのさばけ方が良くて540名の定員が溢れるのではと心配されたが杞憂。私は46名に配って42名参加だった。
演奏会後の「でんごんばん」は依頼記事が多くて大変。
Yk先生、Md先生、Sm団長、Tn音楽監督、Ss演奏会マネージャー、初参加のソプラノUrさん、Idさん、Ktさん、バスJbさん、日程の確認はIkさんと記事依頼をする。これだけ頼むとなかなか出してくれない人がいて苦労する。何とか夏休み明けの8月18日の練習には間に合わせたい。
水曜会の練習が演奏会終わったばかりなのにもう始まる。
「水のいのち」高田三郎作曲、高野喜久雄作詩。
ネットで混声の合唱を聞く。
行く途中の電車で気が付いたが、楽譜を忘れた。こんなこと初めて。
着いてから楽譜係のTuさんに楽譜を借りる。
テナーは全員参加していた。皆熱心だなあ。何時も仕事でぎりぎりのNzさんも最初から来てる。
他パートもほとんど来てる。歌が好きなんだ。何時も遅れるアルトのKmさんも初めから来てる。
最初に先生が演奏会ご苦労様と挨拶。
「Cantate Domino」のようにどうなるかわからないという曲が一曲あっても良いでしょう。本番は良かったがもっと早く、そうなって欲しかった。
「時代」で楽譜を持ってもらうのは、水曜会で初めての試みでした。暗譜が目的ではないと思う。曲をよく理解して歌うには暗譜が良いと思うが、そこに到達してないと聴く人に感銘は与えられない。暗譜しても大丈夫と言う風に早くなってほしい。
毎週の練習を楽しんで充実してやってください。
「水のいのち」を練習。
今まで歌ってる人が多い。テナーは少なかった。私は歌った事が無い。
珍しく、Tuさんが後ろで歌う。
「雨」
歌いやすい曲。
最初は、各パートごとに丁寧に指導して貰う。初見でも直ぐに歌えるようになる。
休憩時間。
Htさんから、アンケート内容を聞かれたのでHtさんに誘って頂いてよかったと言うのが3件あったと報告。
マネージャーのIkさん、演奏会マネージャーのSsさんから演奏会お疲れ様と、報告事項。
Ikさんから、アンケートはホームページに載ってると。
Ssさんから次回の演奏会のために演奏会係の人は、引き継ぎ事項を残してほしい。
Nzさんから合宿の会計報告。
Sm団長から、総会が7月29日にあると。
Ikさんが、先生に遅れて来てる人もいるので、もう一度、話してほしいと言う。
同じ内容を話すのはなかなか難しい。楽譜持ちの事がやはり話題になったが、私は全員でなければ、持っても良いと思う。忙しくて暗譜できない人もいることだろう。私自身は今まで持ったことはなかったが、暗譜は年と共に大変になって来てる。
曲目が以前よりチャレンジしてるせいもある。
時間が早かったので「水たまり」まで軽く練習。この曲が「水のいのち」の中では一番難しいそうだ。
終わった。飲み会は3日続いていたのでパス。飲み会が4日続くときつい。
帰りにJbさんにYY会に来るか確認。Kkさんと一緒に帰る。この時間だと夜行バス。
Skさんは、「季節へのまなざし」は楽譜持って良いと言われたので、楽譜を持とうとしたがリハーサルで楽譜を見なくて歌えたので、本番では暗譜した。
帰ったら、月下美人が昨夜に続いて二輪咲いてる。
Sさんに懐中電灯で照らしてと頼んだが、蚊に刺されるから嫌と断られる。何とか頼み込んで、完全武装と蚊よけスプレーをかける。苦労して撮ったが、美しい月下美人が取れた。
IMG_1901aa (640x640)
IMG_1903aa (640x640)
IMG_1904aa (640x640)
IMG_1908aa (640x640)
IMG_1913aa (640x640)
IMG_1916aa (640x640)
IMG_1917aa (640x640)





ほろ酔いて月下美人に迎えられ

庭のルリタマアザミ(ヒゴタイ)の上に乗ってる蜥蜴。
0185a1ddabc348ada01ca4e7b72865e9bc473e3bbf(640x480).jpg
蜥蜴は蛇がいるといなくなる。今年は蜥蜴がちょろちょろしてるので蛇がいないのだろう。
歯医者に行く。
左上奥の穴をあけて掃除した歯は、被せ物をきちんとつけて治療終了。
右上奥歯の欠けたところは下の歯の型を取る。歯が具合が悪いと食べ物が美味しくない。幸い全部自分の歯なので大切にしよう。
夕方横浜でYdさん、Kgさんと会う。
何時ものYdさんのお店。
二人とも、水曜会演奏会に来てくれたので、まずはその話題。
若い先生に変わって、雰囲気が若々しくなったと言う。生き生きしてる。
「Cantate Domino」は絶賛。あんな明るい宗教曲もあるんだなあと思ったそうだ。
「時代」はわかりやすくて素人受けして良かった。聴きなれた曲のステージが一つあるとほっとする。楽譜を持つのは構わないが、少し硬かった。もっとカジュアルな雰囲気にしても。
テナーソロは良かった。彼はわが社出身だと言ったらびっくり。ソプラノソロは聴こえなかったので心配した。
「季節へのまなざし」は難しそうな曲で大変だったろうと言う。
ピアノは凄いと大絶賛。凄いピアニストに弾いてもらって水曜会は良かったねえ。
顔見知りと巡り合えて楽しかった。
後はギリシャ問題、安保法案、言論統制、仲間の近況報告など。
来る途中でYdさんはHrさんに会って私の事が話題に出たそうだ。仕事でお世話になった。塾出身。
帰ったら月下美人が二輪咲いている。
Sさんに懐中電灯で照らして貰い、蚊に刺されながら撮る。
IMG_1877aaa (640x640)
IMG_1879aa (640x640)
IMG_1882aaa (640x640)
雨が降ったせいか、匂いはあまり強くなかったが、美しさは格段、酔いしれる。
IMG_1885aa (640x640)
IMG_1889aa (640x640)
IMG_1891aa (640x640)
月下美人にひと時酔いしれる。蚊に刺されて痒い。
くしくも大門句会勉強会の野里子さんの兼題が「月下美人」。野里子さんのところでは5輪咲いたそうだ。
三四郎さんの句評を見る。
⇒は三四郎さんの句評。
◇光
ほろ酔いて月下美人に迎えられ
初恋は月下美人のような人
⇒深夜に酔っぱらって帰ったら玄関の月下美人が咲いていた。なによりのお出迎えですね。酔眼も覚めたかも。
遊介さん選→ 花に心を奪われる酔いもいいものではないでしょうか?
野里子さん選→玄関を開けたとたんに香りがした。咲いてくれた喜びも感じます。
:今夜はまさにそうだった。酔って帰ってきて月下美人に迎えられると怪しい雰囲気になる。
⇒どんな人でしょう。月下美人は純白大輪、芳香、夜中に咲く、こう並べると初恋の相手にしては妖艶な大人の女性を感じますね。
野里子さん選→年上の女性だったのでしょうか。いろいろ想像してしまいます。
:小学校の頃、年上の女の子。Mnちゃん。一人っ子だった私は何時も引っ付いていた。小学校5年で東京に移りMnちゃんと別れた時は、Mnちゃんは泣いていた。
私の選句。
◇野里子
月下美人姫鏡台に写りこみ
⇒女性の部屋でしょうね。月下美人と小さい鏡台。開花を待っていてふと横を見たら鏡に月下美人が写っていた。咲いた姿を花自らが確かめるように。
◇夢路
ドラキュラも月下美人に惑わさる
⇒確かに。忍び込んだ屋敷に月下美人が咲いていたらドラキュラもしばし見とれたでしょうね。
◇遊介
怪しげな月下美人の花芯かな
⇒花芯はたいてい怪しげ。まして月下美人ですからね。
◇はな
七宝の時計は帯に月下美人
⇒カバーが七宝焼きの懐中時計でしょうね。帯に挟むのかどうかはよく知りませんが、この和装の女性がまさしく月の光の中に佇んでいるような気がします。
◇三四郎
月下美人柱時計がひとつ鳴り




スキーブーツ予約

庭のコバノランタナ。
0195905e0670b4a89fcd8eb1ba04ca0332c8f1eb05 (640x480)
ギボウシ。(クリックすると拡大)
01984000c8f3ae2a6d23e45498352fde4e6178b35e (640x480)
ヘメロカリス。
01f57db82c5748393cdf8a9fb97395eed9703dad72 (640x480)
ノウゼンカヅラ。
019bf0c86b52b96f701ef240dd53c5dd98b31b115e (640x480)
一昨日は、演奏会前日で、興奮して眠れず、昨日は演奏会打上げの二次会で午前様。
寝不足で眼がしょぼしていたが、白酔会幹事のIwさんが石井スポーツの予約販売会にセッティングしてくれたので出かける。
近所のロベリア。
01de80036257bf058109d295c47ae309780b6c73de (640x480)
マンデビラ・ボリビエンシス。
0184ba3e7be349632cc90d3a6e0ee07b7b3870d587 (640x480)
恵比寿の駅で待ち合わせ。Iwさんが既に来ている。Ogさんは遅れると言っていたが、遅れないでやってくる。走って電車に乗ったと言う。赤い顔してる。
スキーブーツはもう10年たっており、昨年スキー板を新調した時に、お店の店員からこの靴はそろそろ危ないですよと言われた。今年の初めにスキー板を新調するため、スキー仲間のSkさんがお店を5軒もまわり、30本位のスキーから選んでくれた。そのお蔭で新調したスキー板が私にぴったり合って滑りまで変わり、75歳が限度だと思っていたスキーが、上手くすれば80歳まで滑れるかもと言う気になった。それではスキーブーツも新調したい。
手続きをして会場に入る。
0120f10f76af1436103c93b97e00c13f3563c7684d (640x480)
スキー仲間のSzさんから、サロモンかアトミックかフィッシャーが良いと言われていたので早速、サロモンでスキーブーツをはく。サイズは25だが最初店員が持って来てくれたのは幅がきつすぎた。外反母趾があって偏平足だと言って選んで貰う。XPRO120。脚に合ったインソールを入れたら今度はぴったり。少し硬いと言ったら、XPRO100が良いでしょうと言う。今製品はないが予約できますと言う。外反母趾は脚に合わせて熱成形できるから大丈夫と。
気に入ったが、他も見ようとアトミックに行く。脚寸法を測って、25,2と25.3と言われる。HAWX110を履く。インソールは足に合わせて加工すると言う。これもぴったり。HAWX100が良いと言ったが今はないが予約が出来ると言う。赤いブーツ。サロモンも気に行ったので迷う。
Ogさんもあちこちのお店で履いて試してる。やはりサロモンかアトミックのが良いが迷ってる。あったかいからこっちにするとアトミックを選ぶ。私もウェアが赤なので赤のブーツのアトミックにした。予約手続きをする。
ずっとIwさんが付きっきりで面倒見てくれた。10年前の靴もIwさんに面倒見て貰った。感謝感謝。
Ogさん、Iwさんはウェアも新調したいと探してる。Ogさんはいろいろ探した結果、二種類に絞る。どっちがいいと聞かれる。何時もSさん頼りなのでセンスは良くないが、それはこっちが良いと言ったら、高い方だった。Ogさんが喜んで予約。高いのでパンツは買わないで来年廻しにすると言う。
Iwさんも散々探した結果、気に入ったのがあったようで予約。最近のウェアは軽くなってる。防寒にも優れてるようだ。
二人から還暦の時に買って貰ったウェアはもう買い変えたらと散々言われたが、今のウェアは気にいってるし、ウェアを買い替えるならSさんの見立てで決めたいので今日は止め。
終わって食事。無事決まったので麦酒で乾杯。
Iwさんは、仕事で忙しい中に付き合ってくれた。帰りは自宅でなくて赴任先に戻る。二人で感謝。
Ogさんは昨シーズンの白酔会は欠席だったが、来シーズンは靴とウェアを新調したので参加すると言う。
Ogさんから、水曜会演奏会の感想を聞く。ラターのCantate Dominoは良かった。英語の発音がもう少し良かったらと普段英語を使ってるので手厳しい。
Yk先生に変わって、生き生きとして、のびのび歌ってると褒める。10年前の入団当時から見に来てくれていて、最初の頃、歩き方がおかしいと矯正してくれた。
Md先生のピアノは凄いと言う。時代でわーと明るくなったのに季節へのまなざしは重苦しくなってしまった。難曲で随分練習したんだろうなあとも。
仕事は二人とも忙しい。働き盛りだからなあ。
山仲間のKmさんが結婚すると話すと祝福。結婚式を山のスケジュールを避けて決めたと言ったら、凄いとびっくりしてる。結婚式に呼ばれたと言うと、それは良かったねえと言ってくれた。40歳年上の友人として挨拶すると言ったら、きちんとしてと言われてしまった。
来シーズンは一緒に滑ろうと約束して別れる。




水曜会演奏会

水曜会演奏会。
11698534_846428978783607_3549300481315836210_n (640x480)
いよいよ演奏会当日となった。
昨夜は9時頃就眠したが、珍しく3時ごろ目が覚めてしまった。何時もは何時に寝ても7時前後までは眠れるのだが、やはり緊張してるのだろう。
軽く練習して、Sさんに頑張ってねと見送られる。
1時の集合時間前に行ったが、既に多くの人が到着していて、行く途中の椅子に腰かけておしゃべりしてる。テナーのSkさんやTuさんらがいる。時間前だがTuさんが行こうと言うので出かけるが案の定まだ控室には入れず、入り口で待つ。
ようやく時間が来て、テナーの控室に入る。
全員揃ってる。NzさんはステマネのSm団長のサブをしてるので出入りが激しい。Frさんは熱心に音程などについてKkさんに確認してる。私はもう開き直った。
以前の仲間で九州に移ったKnさんが応援に来てる。
リハーサル室に入り、Idさんの指導で、気功の準備体操が始まる。姿勢の正し方とか教えてもらい本番に役立ちそう。
演奏会マネージャーのSsさんが注意事項を説明。
Yk先生の指導で発声練習。ピアノの調教が終わるまで、リハーサル室で練習。
前田先生のピアノで練習が始まる。
1ステ、大中先生の曲の練習。前列なので良く練習してきたが、間違えてしまう。
ピアノの調教が終わって舞台に移る。
(クリックすると拡大)
015f951b5db39f4f989924dfc180a57c155c4395b7 (640x480)
2ステのラターの曲。女性の後に男性が並ぶ。この配列は 「Cantate Domino」が歌いやすい。
「時代」は水曜会としては初めて全員が楽譜を持つ。持ち方や開き方の簡単な指導がある。ソロの挨拶の仕方とか。
「季節へのまなざし」は楽譜を持って良いと先生が言ったが、テナーは全員暗譜で臨む。女性がかなり楽譜を持つのに驚く。
「ゆめみる」の「りすりすりすりすりす」で間違えたことないのに一回多く「りす」と歌ってしまった。本番では注意しよう。
リハーサルが終わり、記念撮影。くしくもSm団長とTb音楽監督の間に入ってしまった。
記念撮影が終わって、食事と着替え。食事は朝買ってきたお寿司。あっという間に平らげる。
着替えは、Sさんが準備万端してくれたので、カフスボタンをはめたまま手を通して着ることが出来た。家でカフスボタンが一人でかけられなくて、Sさんが釦をかけたままでも着れるようにしてくれた。
黒のスーツは買ったばかり。Ksさんが交換しようと言ってくれて思い出した。昨年は自分の上着の釦がきつくなっていたのでKsさんの上着と交換して貰って、助かった。すっかり忘れていたが、Ksさんは覚えていてくれた。お礼を言って新しいスーツを買ったと伝える。Kmさんの結婚式用でもある。
蝶ネクタイは持ってきたが、音楽監督のTbさんが蝶ネクタイとチーフを持って来てくれる。テナーを激励。
蝶ネクタイをつけてチーフをポケットに入れる。最初は白のスーツ。皆格好いい。
長い一年だったが、本番はあっと言う間だよとバスのThさんが言う。
雨のせいか出足は良くない。
11693836_846428998783605_5588913077084857707_n (640x480)
最終的にはほぼ満席となり例年並みにはなったようだ。
オープニング。白のスーツ。「水曜日はあなたと逢って」前列。
入ったら大門句会のAyさんが手を振ってくれたが一瞬誰かわからず、応えられず。前の方の席にOcさんら中学時代の仲間がいるのがわかった。
1ステ、大中恩作品集。一か所一瞬早く出たところがあったが、緊張もせず、歌えた。これですっと気が楽になる。
途中、毎年来て頂いてる大中先生の席にYk先生がマイクを持って行って挨拶して貰う。とても卒寿を過ぎた方とは思えない元気さ。
名誉指揮者のOn先生にはマイクを向けたが手を振って遠慮される。
2ステ、黒のスーツ。「ラターによる讃美歌集」。毎回白黒と着替えるので、Kkさんはぶつぶつ。同じのでいいのになあとぼやく。男性陣は皆白のままでいいよと言う。女性に言ったらと言うが誰も言う勇気はない。
女性が前二列で男性が後列。このステージから隣がずっとNzさん。貴方が間違えたら私も間違えるからねと脅す。
「Cantate Domino」が今までで一番の出来だった。凄い。本番になると火事場の馬鹿力がでるんだ。皆が生き生きと歌ってるのが肌身で感じた。
ソプラノのNkさんから終わった時に直前のテナーのパート練習が効いたわねと褒められる。
帰ってきて、テナーの皆も良かった良かったと喜ぶ。
3ステ、白のスーツ。気楽になって「時代」。楽譜の持ち方が逆だとSmさんに注されたが、間に合わず。Nzさんも逆だった。
「さくら」で途中、咳が出そうになって苦しむ。唾が喉の変な所には行ってしまった。こんなこと初めて。おじいさん。何とか歌い終わった途端、ピアノが終わってなかったが二度咳をしてしまった。
失敗しても顔に出すなと言われたので顔に出さず、後は無難に歌いきる。
4ステ、黒のスーツ。「季節へのまなざし」。テナーは暗譜。Md先生のピアノが凄い。最後の力を振り絞って、何とかミスもなく歌えた。やれやれ最難関を乗り切った。疲れがどっと出てきた。
アンコールは当初、「For the beauty of the earth.」の予定だったが、急遽「時代」の「時代」に変わる。3ステでは楽譜を持っていたがアンコールは暗譜。Yk先生のプロンプター的役割に大いにすくわれた。編曲された横山先生が紹介されて挨拶。
エンディング。
終わった終わった。長い一年で、特に最後の10日間は長かった。風邪が長引いて10日くらい歌えなかったので、最後の10日間は必死だった。期末試験か受験勉強並み。
着替える前にロビーに挨拶に向かう。
高校時代の仲間、Mkさん、Kmさん、Szさん、Ay夫妻に挨拶。Szさんからは昨年より良かったよと言われる。
Sさんを見つける。息子のお嫁さんと一緒。Sさんは挨拶に忙しい。
中学時代の仲間、Ocさん、Ujさん、Knさんに挨拶。
山とスキーの仲間、Ogさん、Khさん、Nkさん、Kmさん、Mzさん、Nkさんらと挨拶。Myさんが来てるのにNzさんが驚く。MyさんはNzさんの教え子だが私が抜け駆けしてチケットを渡した。
大門句会のYsさん、Snさん、Ayさん、Hnさんと一緒に写真を撮る。
Fany'SのAdさん、Stさん、Fmさん、おにかけの会のOyさん、21世紀会のMkさん、YH会のTy夫妻、夫人には久しぶりですと挨拶、絵芙のご主人、Sさんの友人Ktさん、看護師のOsさん、他にYdさん、Kgさんと挨拶。
雨にもかかわらず一杯来てくれて嬉しい。46名の方にチケットを渡したが42名の方に来て貰った。
荷物をSさんに持って帰って貰う。
打上げは同じ建物の「アラスカ」。Thさんの司会で始まる。幹事はKkさんと二人。今までは移動して打ち上げ会場に向かったので大変だったが、同じ建物の中にしてくれて助かった。幹事の腕。
Yk先生、Md先生、Onさん、横山先生、関西のコーラス仲間と次々に挨拶。
横山先生が「時代」の編曲は小学生、中学生向けに編曲したのに良く歌って頂けたと挨拶。どうりで年寄りにはついていけないリズムだった。
テナーのメンバとは今までで一番良かったねと称えあう。Htさんは「時代」は暗譜でもできたのにと未練がましい。
パートリーダーのSkさんが良かった良かったと言う。
Szさんから私が10倍も練習してるからかなわないと言われる。それくらいやってもかなわないんだが。 
Sm団長、Tb音楽監督、演奏会マネージャーSsさん、各パートリーダー、今年の初参加者など一杯挨拶。
ワイン、ビール、食事で達成感に酔いしれる。
最後に男声コーラス、混声と歌って、Mmさんの〆で、解散。
二次会にはこの10年間行った事が無いので帰ろうとしたら、Kmさんに帰るんですかと言われたのでつい参加。
新橋までタクシーで向かう。新橋のお店に入る。
Yk先生、Ttさん、Mrさん、Nzさん、Kmさん、Msさん、Ikさん、Ynさん、Hmさん、Tuさん、Tkさんらがいる。
Mrさんが日本酒をどんどん頼み勧めるのではらはら。ここでMnちゃんになられたら大変。早口言葉になってるので危険。
Ttさんに息子の嫁さんが撮ってくれたSさんとのツーショットを見せて自慢する。
Nzさんに良い奥さんですねと言うからそういう人を見つけろと言う。
Yk先生はオペラをしていて良かったと言う。アンコールの時代はオペラのプロンプターを意識して行った。 子供たちとの演奏会の話をする。小さい子は二時間持たず、年長者がなだめるそうだ。
Kmさんは結婚式の準備がまだ残ってるみたい。気持ち良く酔ってしまった。
終電ぎりぎりになったので引き上げる。楽しい余韻を引きずったまま帰宅。玄関に入ろうとして鍵を忘れたのに気づく。寝ていたSさんを起こして開けて貰う。最後までSさんに面倒を見て貰った。
終わったぞう。




明日は演奏会

明日は演奏会。
とうとうここまで来てしまった。たかがコーラス演奏会、されどコーラス演奏会である。
念入りに練習。
「時代」に続いて「季節へのまなざし」も楽譜を持っても良いとの連絡があったが、テナーはパートリーダーSrさんの指示で楽譜を持たないことにした。まあ私自身は持つつもりはないが、持っても良いと先生が言ってるなら、それなりの理由があるのだろうから、持つ持たないは自由にしても良いとは思うが。
土砂降りの雨が止んで、一息ついたら蝶が飛んできた。
IMG_1869hjfghkhk (640x640)
庭のルリタマアザミ(ヒゴタイ)。
IMG_1865fghfh (640x640)
ギボウシ。(クリックすると拡大)
IMG_1866hjkhjk (640x640)
大門句会勉強会の課題が野里子さんの「月下美人」。そう言えば、練習の時に、月下美人の蕾が一杯出来たと言っていた。
我が家のを見に行く。4つ蕾がついていた。
IMG_1867ghjgj (640x640)
苦吟して月下美人の句をひねり出す。
Sさんに明日来ていく服のチェックをお願いする。スーツは購入したばかりなのでサイズは問題ない。問題はウイングシャツ。カフスボタンが一人でははめられない。Sさんに自製の釦を作って貰い、何とかつけたまま着れるようにして貰った。一安心。
演奏会もカジュアルにしたら楽なのになあ。
いろんな方から激励のメールを頂く。
山仲間のSkさん、Nkさん、Kdさん、会社の同僚だったYzさん、Nmさん、Ktさん、Okさん、秘書だったYmさん、Ngさん、中学時代の仲間のOgさん、Hrさん、高校の同級生のMkさん、俳句仲間のMrさん、飲み仲間のTbさん、元水曜会のTsさん、Sさんの友人のKbさん、息子夫婦などなど。頑張らなくっちゃあ。




なでしこ凄い!!!!

庭のハナキリン(花麒麟)。
IMG_1856ghjgj (640x640)
キンレンカ。(クリックすると拡大)
IMG_1851ghjhj (640x640)
菫。
IMG_1852hjkjh (640x640)
オリヅルラン。
IMG_1854hjkjh (640x640)
オステオスペルマム (アフリカンデージー)がまた咲き出す。
IMG_1857hjkj (640x640)
ツルハナナス。
IMG_1862ghjh (640x640)
ベコニア。
IMG_1864hjkh (640x640)
籠って一日中、歌の練習。
全曲通して二回り練習。まだ間違えるところがあり、何度も見直す。
疲れて、なでしこのイングランド戦、後半を見る。前半1-1。
後半のイングランドの攻めは凄い。再三ゴールに迫る。ゴールキーパーが防ぎ切った。
日本は70分に大野に代えて岩渕を投入すると、その岩渕の仕掛けからチャンスになりかけた場面もあったが得点にならず。
「最後は92分、1本のカウンターから川澄奈穂美が右サイドを駆け上がり、それに反応した大儀見優季にパスが出たところを相手DFのL・バセットがオウンゴール。」
最初は何があったかわからなかった。オウンゴールとは何と言うラッキーなことか。
このチームは神がかってる。佐々木監督は名監督。
気分が高揚して再び、練習に取り組む。声はあまり出ないが、ハーモニーは崩さないようにしたい。
良い仲間たちだから。




«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR