FC2ブログ

2015-06

Latest Entries

息子より電話かかりし梅雨出水

庭の宿根サルビアが咲き出す。夏を呼ぶ花だ。
IMG_1486hjk (640x480)
七福の会に出かける。
近所の孔雀サボテン。
IMG_1514fdgfdg (640x480)
ガザニア。
IMG_1516gfhgfh (640x480)
ヤマボウシ(山法師)。(クリックすると拡大)
IMG_1515dfgfd (640x480)
ジギタリス。
IMG_1512fgfg (640x480)
夾竹桃。
IMG_1510fghfgh (640x480)
藤沢の七福の会、7名の参加。
大先輩の方々。
最長老のHtさん、お元気で、今回は珍しく戦前、戦中、終戦直後の話や子供時代の話をされた。
HtさんにHs先生の事を聞いたら正月頃に体調を崩されていたとの事。95歳でお元気な先生だったので心配する。
Tnさんも子供時代の話をする。現代の子供はとても経験できないような内容。無口だがお酒が入ると要所要所に的確なことを言われる。
NuさんがHs先生が情報処理学会の機関誌に記事を書かれた中にTnさんの紹介があったとTnさんに記事を渡してる。
Dmさんは、練習大変でしょうと言ってくれる。今回は用があって水曜会の演奏会には来てもらえないが、何回か聴きに来てもらった。
Sjさんは山形に奥さんを連れて行くつもりで欠席の連絡があったが、用がこちらに出来たので、山形に行くのを遅らせてこの会に参加してくれた。
Ikさんは怪我からかなり回復してきた。この会では最年少。終戦がなぜあんなに遅れたかと盛んに質問してる。
昼食会なので、麦酒一杯とチラシ丼。楽しく談笑。先輩方のあくなき追求心に何時も感心する。
帰ってSさんの手入れが良く行きとどいた庭の花々を見る。心が休まる。
アメリカンブルー。
IMG_1517nmmn (640x480)
アスチルベ。
IMG_1518n,nm (640x480)
紫陽花。
IMG_1520kldg (640x480)
アーカンサス。
IMG_1521klfgh (480x640)
三四郎さんから送られてきた大門句会勉強会その176の三四郎さんの句評を見る。
⇒は三四郎さんの句評。
兼題は夢路さん出題の「出水」。
◇光
息子より電話かかりし梅雨出水
ご馳走は那須連山の青葉風
⇒息子さんは遠くにいるのでしょうね。テレビのニュースで見たけどそっちは大丈夫?と電話があった。「電話かかりし」はこれでもいいのですが「し」は過去の助動詞「き」の連体形で電話がかかってきたのは少し前ということになります。今まさに電話があったのなら「電話かかれり」。
気持ちのいい風が吹いているのはわかりますが「ご馳走」の解釈にちょっと迷う。「ご馳走」にはふるまい、もてなしという意味と豪華な食事という意味があります。前者なら那須に招待してくれた人への感謝、後者なら自分にはどんな食事よりもこの風が美味しい、と言っている。どっちでしょうね。
遊介さん前句を選。→ 親を思う子の気持ちが出水の如く溢れています。
:息子より電話かかれり梅雨出水 の方が確かに臨床感がある。
出水と言う兼題は難しかった。地震や台風が来ると何時もすぐに息子から電話が来るから、そのことを梅雨出水に置き換えて詠んでみた。
後句はこの前那須連山に行った時の風が心地良かったので詠んでみた。三四郎さんの句評の後句の意味。ご馳走と言う表現はいまいちだった。
私の選句。
◇野里子
信号の「ゆふやけこやけ」街出水
⇒街は出水で水びたしなのに交差点の信号からはいつものようにのんびりとした童謡が流れている。このギャップが面白い。でも「おててつないでみなかえろ」はあながち場違いでもない。
◇遊介
山葵田の出水や小石蹴散らしぬ
⇒洪水が山葵田の石垣を壊して石を流してしまったのでしょう。山葵田は山あいの谷筋にありますから集中豪雨があると一たまりもありません。丹精込めて育てたのに。
◇三四郎
虫鳥の戻りきたりぬ出水明け

しばらく休んで俳句の頭を戻して歌の練習。暗譜で歌って間違えたところや怪しい所を見直すの繰り返し。2時間練習するとぐったり疲れる。




スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR