FC2ブログ

2015-05

Latest Entries

水曜会合宿初日

5月最後の土日は水曜会の演奏会直前合宿。
Tuさんの車に乗せてもらう。事前に9時15分に迎えに来てくれるとの事。早すぎると思ったので、早いと思うが間違いないかと聞き直したが、間違いないと言う。準備して待っていたが、なかなか到着しない。9時半になったので、電話したら後、30、40分かかると言う。遅れてると言う感覚ではないので、これは時間を間違えてるなあと思う。10時過ぎに到着。Ydさんも一緒。
9時15分と言ってたよと言ったら、ええって言う。Ydさんにも9時と言って、実は10時だった。Ydさんは9時前から外で待っていたが9時20分頃到着したと言う。Ydさんも時間が早いんじゃないかと確認したらしいが9時ですと言ったようだ。
車に乗せて貰ってるから、責めるのは失礼だが、つい時間を間違えるのは、早期認知症の始まりだよと言ってしまった。
途中で玄関にお酒を忘れてきたことに気付く。Ydさんはワインを6本も持って来てる。
後は、順調に合宿場の湘南国際村センターに向かう。途中でコンビニに寄って昼飯を買う。
団員43名とYk先生、ピアニストOnさん、みんなで45名の参加。テナーは用事で来れないHtさん以外全員参加。
受付に幹事のKmさんとNzさんがいる。Kmさんに皆が食事をしている場所に案内して貰う。
昼食後、天気が良いので海を見に行く。
先に来ていたJbさんが富士山が見えますよと言う。かすかに雲の上に頭を出してる。
aa01e9888151923761ef5d705c7040ce3bca08b2fd3b (640x480)
昨年と違って素晴らしい天気。
aa0130dbb97435f1bfb5ec606966c51f14e27e753c8c (640x480)
鳶が舞ってる。
aa0160b6d0b671e2fe45be7dbc6f16667e71d610595b (640x480)
湘南国際村センター。(クリックすると拡大)
aa0185a6e848928b9d30af309f10a5378ea909b2a6c0 (640x480)
aa01332c31db1a9801b2695ed4a98846b50b03d03d92 (640x480)
12時半頃練習場に入る。
練習は13:00から。
まずは、Idさんの気功から始まる。ゆっくりした呼吸法だが、頭がすっきりする。声も出やすいような気になる。
演奏会まであと1ヶ月、楽譜をなるべく外してみよう、という音Tb楽監督の声かけで2日間で12時間の練習スタート。
楽譜は外して歌ってみる。
最初のJ.Rutterは女性の後に男性が並ぶ。女性は歌いやすいらしい。男性も何となく歌いやすい。ただアルトの後のバスの声量があり、アルトから耳が痛いとクレーム。少し間を空ける。
「all things bright and beautiful.」。
この曲は皆、暗譜で歌ってる。
「The Lord bless you and keep you」。
この曲も何とか暗譜で歌える。
「Cantate Domino」。
ところどころ見ないと歌詞が出てこない。
セカンドが分かれるところは何度もやり直し。音が取れてなかった。
「For the beauty of the earth.」
途中、怪しい所がある。
「三日月」大中恩作曲、大木惇夫作詩。
「月の中」大中恩作曲、佐藤義美作詩。
「花のある杜」大中恩作曲、佐藤春夫作詩。
何とか暗譜出来てる。
「花のある風景」大中恩作曲、田中浩一郎作詩。
「すみれ」
「さくら草」
「たんぽぽ」
「おとうとのてにした」の「てに」の音注意。
「しおれたー」本当に萎れたように歌う。
「菜の花」
「なのはなのおびしただんだんばたけ」ppだが少し柔らかく。
「花のある風景」は入団した時に歌ったので、暗譜は進んでる。
「季節へのまなざし」荻久保和明作曲、伊藤海彦作詩。
「ひらく」
「かぜはーたちーにおいーきらめきー」表現を変える。見えないものをどう感じるか。ここで先生がこれは(ブログ)に書か無いでと言う冗談を言う。誘惑に駆られるが書かない。
「のびる」
「じゅえきはのぼる」生命力。
「かなたのむこうにーみえてくるじぶん・・・」発声練習する。
「みのる」
「さなぎのちんもく ねむりのみのり」常に息が流れるように。
「ゆめみる」
「りすりすりすりすりす かえるかえるかえるかえる・・・」が上手く行ったとSkパートリーダーと喜ぶ。
楽譜を見ないように心がけたが時々間違える。
「時代」横山潤子編曲集。
先生がまだ順番を迷ってる。
「秋桜」さだまさし作詩作曲。
言葉を丁寧に。
「Best Friend」玉城千春作詞作曲。
何とか楽譜を離して歌う。
「涙そうそう」森山良子作詩、BEGIN作曲。
「なごり雪」伊勢正三作詩作曲。
出だしのテナーの「きしゃをまつ・・・」は本番で緊張しそう。
「さくら」森山直太朗、御徒町凧作詩、森山直太朗作曲。
テナーのソロはSkさん、Kkさん、Tuさんが順番に歌う。
「時代」中島みゆき作詞作曲。
楽譜をちらちら見ながら何とか暗譜に努める。
初日、夕食をはさんで合わせて7時間の練習が終わる。
夕食時にKmさんから披露宴のスピーチを頼まれる。光栄なことだ。ご主人も山の仲間なので話す事には事欠かないが演奏会が終わってから考えよう。
Nzさんに聞いて、泳ぐ準備をする。水着に着替えてプールに。昨年はNzさんとMrさんが泳いだが、今年は私とMcさんが加わる。何年ぶりかの泳ぎ。コースは20m位。軽く往復できると思ったが、意外に疲れる。こんなはずはと何度も泳いだが、腕の力が落ちてる。ひとかきで進む距離が短いので無理して力を入れるので呼吸がはやく荒くなってしまう。500mを超えると恍惚の境地になるのだが、100mでへばってしまう。Nzさんは平泳ぎだが大きな泳ぎ。スピードもクロールの私が負けてしまう。Sさんがもっと泳ぎなさいとジムに入れられたがまだ一度も行ってない。これは鍛えなおさなければと思う。
部屋はKsさんと一緒。先輩だがじゃんけんに勝ったので大きい方のベッドを取る。
Sさんに電話してから宴会に出かける。
遅れて行ったので席が一杯。どこに座るかと迷ってるとHmさんがここが空いてるよと呼んでくれた。どこに座りたいと言うのでOnさんの隣に座る。就職活動の話など聞く。若いと言うのはそのことだけで素晴らしい。年取って初めてわかるんだが。
赤ワインはYdさんお勧めのを飲む。美味い。
11時近くなってきたのでそろそろずらかろうと席を移してたら、Ttさんがやってきた。山の話など楽しくする。
11時過ぎになったので、そろそろMrさんがMnさんになる頃。そっと引き上げる。
部屋に戻ってバタンキュー。




スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR