FC2ブログ

2015-05

Latest Entries

水曜会合宿二日目

酔ったせいか早々と目が覚めてしまう。
5時過ぎには目覚めてしまった。
朝食前に同室のKsさんと海を見に行く。
センターの前では野菜や花を売っていた。漬物が安いと買っている女性がいる。
昨日よりは曇天。
01d17139da8cd8d11b4218913cc975fcb92afad277 (640x480)
海も少し霞がかってる。(クリックすると拡大)
01b9ecbdce7d9dd1454c68c509e31fc0f5cdc55dd5 (640x480)
010d3de848867a1589f104b9c3913f6d2a13a9c566 (640x480)
空木の花が咲いてる。
01f086e787a170fbdb56fd835460f7bf56c260950f (640x480)
朝食はバイキングなのでつい取り過ぎる。
Yk先生は午前1時に寝たとおっしゃる。何時もの3時よりはまし。
Ttさんが何時も最後まで粘るMnさんを早めに部屋に連れて行ったので、1時に終わったと言う。
練習が始まる。
オープニングの曲「水曜日はあなたと逢って」大中恩作曲、山岸千代栄作詩。
アンコール曲「草原の別れ」大中恩作曲、阪田寛夫作詩。
「幸福が遠すぎたら」大中恩作曲、寺山修司作詩。
何時も歌ってる曲なので暗譜はたやすい。
初参加の人は歌ってないが、残念ながら二日目は仕事で帰ってしまった。
「Cantate Domino」
楽譜を離すと怪しいところが散見される。
幹事のNzさんが体調を崩して休んでる。皆が心配したが、1時間位遅れて参加。
「三日月」
「月の中」
「花のある杜」
「すみれ」
「さくら草」
「たんぽぽ」
「菜の花」
大中恩作曲は何とか暗譜出来た。
「季節のまなざし」4曲は難曲。なかなか覚えられない。
「ひらく」
「のびる」
「みのる」
「ゆめみる」
昼休み。
二日目は寝不足もあって辛い。
午後は演奏会の曲目の順番に通して歌う。
テナーのSkさん、Kkさん、Frさん、Nzさんが立って歌うので私もたって歌う。
オープニング「水曜日はあなたと逢って」。
大中恩小品集。
「三日月」
「月の中」
「花のある杜」
「花のある風景」大中恩作曲。
「すみれ」
「さくら草」
「たんぽぽ」
「菜の花」
J・Rutterの曲。女性の後に男性が並ぶ。
「all things bright and beautiful.」
「The Lord bless you and keep you」
ここまでは暗譜。
「Cantate Domino」
「For the beauty of the earth.」
この2曲は暗譜は怪しい。
「時代」横山潤子編曲。
まだ先生は順番を迷っている。
「涙そうそう」
「秋桜」
「Best Friend」
「なごり雪」
「さくら」
「時代」
何とか暗譜できるかなあと言うところまで来たような気がする。
順番が決まらないと出だし迷いそう。
「季節のまなざし」萩久保和明作曲、伊藤海彦作詩。
「ひらく」
「のびる」
「みのる」
「ゆめみる」
一番苦労する。相当歌いこまないと演奏会に間に合わない。
Yk先生は他の合唱団の練習があるので、先に帰る。またこれから練習に向かうのだから大変だ。
後はTb音楽監督がアンコール曲の「砂山」萩久保和明作曲、園田恵子作詩を指揮。
初めて歌う曲なので大苦戦。メロディでない所は歌いきれない。
大苦戦のまま時間切れで終了。この曲の暗譜は出来そうもない。楽譜持っても怪しいが。
全て終了。二日目7時間が終了。二日間で14時間。疲れた。
帰りもTuさんに送って貰う。同乗はYdさん、Siさん。
帰宅して疲れた疲れたとSさんに言う。
何とか演奏会まで間に合わせなくては。
7月4日第27回水曜会演奏会浜離宮朝日ホール。




スポンサーサイト



水曜会合宿初日

5月最後の土日は水曜会の演奏会直前合宿。
Tuさんの車に乗せてもらう。事前に9時15分に迎えに来てくれるとの事。早すぎると思ったので、早いと思うが間違いないかと聞き直したが、間違いないと言う。準備して待っていたが、なかなか到着しない。9時半になったので、電話したら後、30、40分かかると言う。遅れてると言う感覚ではないので、これは時間を間違えてるなあと思う。10時過ぎに到着。Ydさんも一緒。
9時15分と言ってたよと言ったら、ええって言う。Ydさんにも9時と言って、実は10時だった。Ydさんは9時前から外で待っていたが9時20分頃到着したと言う。Ydさんも時間が早いんじゃないかと確認したらしいが9時ですと言ったようだ。
車に乗せて貰ってるから、責めるのは失礼だが、つい時間を間違えるのは、早期認知症の始まりだよと言ってしまった。
途中で玄関にお酒を忘れてきたことに気付く。Ydさんはワインを6本も持って来てる。
後は、順調に合宿場の湘南国際村センターに向かう。途中でコンビニに寄って昼飯を買う。
団員43名とYk先生、ピアニストOnさん、みんなで45名の参加。テナーは用事で来れないHtさん以外全員参加。
受付に幹事のKmさんとNzさんがいる。Kmさんに皆が食事をしている場所に案内して貰う。
昼食後、天気が良いので海を見に行く。
先に来ていたJbさんが富士山が見えますよと言う。かすかに雲の上に頭を出してる。
aa01e9888151923761ef5d705c7040ce3bca08b2fd3b (640x480)
昨年と違って素晴らしい天気。
aa0130dbb97435f1bfb5ec606966c51f14e27e753c8c (640x480)
鳶が舞ってる。
aa0160b6d0b671e2fe45be7dbc6f16667e71d610595b (640x480)
湘南国際村センター。(クリックすると拡大)
aa0185a6e848928b9d30af309f10a5378ea909b2a6c0 (640x480)
aa01332c31db1a9801b2695ed4a98846b50b03d03d92 (640x480)
12時半頃練習場に入る。
練習は13:00から。
まずは、Idさんの気功から始まる。ゆっくりした呼吸法だが、頭がすっきりする。声も出やすいような気になる。
演奏会まであと1ヶ月、楽譜をなるべく外してみよう、という音Tb楽監督の声かけで2日間で12時間の練習スタート。
楽譜は外して歌ってみる。
最初のJ.Rutterは女性の後に男性が並ぶ。女性は歌いやすいらしい。男性も何となく歌いやすい。ただアルトの後のバスの声量があり、アルトから耳が痛いとクレーム。少し間を空ける。
「all things bright and beautiful.」。
この曲は皆、暗譜で歌ってる。
「The Lord bless you and keep you」。
この曲も何とか暗譜で歌える。
「Cantate Domino」。
ところどころ見ないと歌詞が出てこない。
セカンドが分かれるところは何度もやり直し。音が取れてなかった。
「For the beauty of the earth.」
途中、怪しい所がある。
「三日月」大中恩作曲、大木惇夫作詩。
「月の中」大中恩作曲、佐藤義美作詩。
「花のある杜」大中恩作曲、佐藤春夫作詩。
何とか暗譜出来てる。
「花のある風景」大中恩作曲、田中浩一郎作詩。
「すみれ」
「さくら草」
「たんぽぽ」
「おとうとのてにした」の「てに」の音注意。
「しおれたー」本当に萎れたように歌う。
「菜の花」
「なのはなのおびしただんだんばたけ」ppだが少し柔らかく。
「花のある風景」は入団した時に歌ったので、暗譜は進んでる。
「季節へのまなざし」荻久保和明作曲、伊藤海彦作詩。
「ひらく」
「かぜはーたちーにおいーきらめきー」表現を変える。見えないものをどう感じるか。ここで先生がこれは(ブログ)に書か無いでと言う冗談を言う。誘惑に駆られるが書かない。
「のびる」
「じゅえきはのぼる」生命力。
「かなたのむこうにーみえてくるじぶん・・・」発声練習する。
「みのる」
「さなぎのちんもく ねむりのみのり」常に息が流れるように。
「ゆめみる」
「りすりすりすりすりす かえるかえるかえるかえる・・・」が上手く行ったとSkパートリーダーと喜ぶ。
楽譜を見ないように心がけたが時々間違える。
「時代」横山潤子編曲集。
先生がまだ順番を迷ってる。
「秋桜」さだまさし作詩作曲。
言葉を丁寧に。
「Best Friend」玉城千春作詞作曲。
何とか楽譜を離して歌う。
「涙そうそう」森山良子作詩、BEGIN作曲。
「なごり雪」伊勢正三作詩作曲。
出だしのテナーの「きしゃをまつ・・・」は本番で緊張しそう。
「さくら」森山直太朗、御徒町凧作詩、森山直太朗作曲。
テナーのソロはSkさん、Kkさん、Tuさんが順番に歌う。
「時代」中島みゆき作詞作曲。
楽譜をちらちら見ながら何とか暗譜に努める。
初日、夕食をはさんで合わせて7時間の練習が終わる。
夕食時にKmさんから披露宴のスピーチを頼まれる。光栄なことだ。ご主人も山の仲間なので話す事には事欠かないが演奏会が終わってから考えよう。
Nzさんに聞いて、泳ぐ準備をする。水着に着替えてプールに。昨年はNzさんとMrさんが泳いだが、今年は私とMcさんが加わる。何年ぶりかの泳ぎ。コースは20m位。軽く往復できると思ったが、意外に疲れる。こんなはずはと何度も泳いだが、腕の力が落ちてる。ひとかきで進む距離が短いので無理して力を入れるので呼吸がはやく荒くなってしまう。500mを超えると恍惚の境地になるのだが、100mでへばってしまう。Nzさんは平泳ぎだが大きな泳ぎ。スピードもクロールの私が負けてしまう。Sさんがもっと泳ぎなさいとジムに入れられたがまだ一度も行ってない。これは鍛えなおさなければと思う。
部屋はKsさんと一緒。先輩だがじゃんけんに勝ったので大きい方のベッドを取る。
Sさんに電話してから宴会に出かける。
遅れて行ったので席が一杯。どこに座るかと迷ってるとHmさんがここが空いてるよと呼んでくれた。どこに座りたいと言うのでOnさんの隣に座る。就職活動の話など聞く。若いと言うのはそのことだけで素晴らしい。年取って初めてわかるんだが。
赤ワインはYdさんお勧めのを飲む。美味い。
11時近くなってきたのでそろそろずらかろうと席を移してたら、Ttさんがやってきた。山の話など楽しくする。
11時過ぎになったので、そろそろMrさんがMnさんになる頃。そっと引き上げる。
部屋に戻ってバタンキュー。




アフタヌーン・コンサート

庭のベコニアが咲き出す。
IMG_1470bnmb (640x480)
キンレンカ。
IMG_1471bnm (640x480)
ムラサキツユクサ。(クリックすると拡大)
IMG_1473ghj (640x480)
薔薇。
IMG_1474nm,m, (640x480)
歌の練習をしてから、Is先生のアフタヌーン コンサートに出かける。
近所の紫陽花。
IMG_1476hjhgj (640x480)
IMG_1478jklkj (640x480)
ペチュニア。
IMG_1479jkljkl (640x480)
Htさんからチケットは受付で預かって貰ってるとメールが来た。
亀戸カメリアホールに出かける。
受付にTtさん、Ht夫人がいてチケットを受け取る。
会場に水曜会のメンバの顔がある。
Mgさんが来たので隣に座る。
「アフタヌーンコンサート」二回目。
ピアノ伴奏は前田先生。共演のメゾソプラノは背戸さん。
IMG_1524fgh (463x640)
「花に歌う」
すみれ(スカルラッティ)
すみれ(モーツアルト)
蝶と花(フォーレ)
薔薇(フォーレ)
さくら横ちょう(別宮貞雄)
市の花屋(高田三郎)
曼珠沙華(山田耕作)
サルビア(中田喜直)
トルコ桔梗(大中恩)
大中先生が夫人と来ていて、挨拶される。
休息時間に水曜会のHmさん、Tdさん、Ssさん、Hyさん、Tkさんらが来てるのを見つける。
スキー仲間のMrさんもいた。
「歌芝居の楽しみ」
花すみれ(大中恩)
モーツアルト「フィガロの結婚」より「お先へどうぞ~あなたこそ」
モーツアルト「コシ・ファン・トウッテ」より
見てよねえ、ちょっと!
岩のように
私は選ぶわ、栗毛の方を
恋は盗人
オッフェンバック「ホフマン物語」より
舟歌
歌劇形式で面白い。笑いも多い、楽しい舞台。
ピアノの前田先生のセリフがあり、これが何とも面白い。
最後に皆で「花」(武島羽衣)を歌って幕。
楽しかった。
Mgさんと石井先生に挨拶をと思ったが、場所を間違えて外に出てしまった。
遅れてきたMrさんはちゃんと握手して来たと言う。
ちょっと珈琲でもと出かける。
音楽談義をわいわいやる。
Mgさんは、私をコーラスに誘い込んだ張本人。
Mgさん、Mrさんとはスキー仲間。
Mgさんはコーラス二つ、ソロ、ピアノと忙しい。
「きせまな」を今度、歌うと言うので何のことかと思ったら「季節へのまなざし」だった。
「藤沢男声合唱団」を聴きに行く約束をする。終わった後の飲み会に誘われる。
Mgさんがあと何年続けられるかと言うようなことを言う。スキーも。
スキーは板を代えてから好調で、75歳で卒業しようと思っていたのを80歳まで延長すると言う話をする。
板はSkさんに選んで貰った。
楽しく談笑して別れる。




一日中歌の練習

庭のアスチルベが咲き出す。
IMG_1463fghfgh (640x480)
ハツユキカズラ。(クリックすると拡大)
IMG_1458ghjhgj (640x480)
近所で頂いた水草。
IMG_1462hjkhjk (640x480)
アーカンサス。
IMG_1460fgh (480x640)
カンパニュラアルペンブルー。
IMG_1465ghjhgj (640x480)
ツルハナナス。凄い勢い。
IMG_1466dfgdg (640x480)
ツルマンネングサ(蔓万年草)。
IMG_1468fghfg (640x480)
一日中籠って歌の練習。
特に「季節へのまなざし」「時代」を重点的に。暗譜って大変だなあ。
暗譜してると歌の意味が分かってくる。特に「季節のまなざし」は意味不明で歌っていたが、何となく作曲者作詞者の意図が薄らぼんやり分かってくるような気がするから不思議だ。
疲れたあ。
Sさんは自分で望んだんだからぐちゃぐちゃ言わないのと言う。
自分で望んだと言うか流れるままにいたらこうなった。




暗譜暗譜暗譜

庭の紫陽花。
IMG_1449hjk (640x480)
空木。(クリックすれば拡大)
IMG_1450mfdsm (640x480)
ツツジ。日陰のせいで花付が悪い。
IMG_1453jkjk (640x480)
チェリーセージ。
IMG_1456hjkhjk (640x480)
今週末の水曜会の合宿までに暗譜を何とか実現したい。今まで合宿までには暗譜が何とか出来るようになって、合宿で間違いを修正してゲネプロに臨むと言う段取りだった。今回は暗譜が遅れている。
まだ「Cantate Domino」「季節へのまなざし」「時代」と半分以上が楽譜が離せない。
水曜会の練習に行く。
ピアノは本番の奏者Md先生。
「all things bright and beautiful.」
「eyes」「lips」のsの発音。
「The Lord bless you and keep you」
楽譜を離してみた。老眼をかけていると鼻眼鏡みたいになる。
「For the beauty of the earth.」
「Sun and moon and stars of light--」の発音。
「花のある風景」大中恩作曲、田中浩一郎作詩。
「すみれ」
「ちいーさい」「かなしみ」トップとセカンドが分かれるとこの音程が怪しくて何度も練習。
「さくら草」
「たんぽぽ」
「菜の花」
休憩。
衣装係のNkさん、Ktさんが演奏会衣装を宅急便で取り寄せ配布。試着してる人もいる。
演奏会の追加費用がTtさんより説明がある。
合宿の説明。
でんごんばんの紹介をする。
「砂丘」荻久保和明作曲、園田恵子作詩の楽譜が配られ、アンコールで歌う事になる。
「Best Friend」玉城千春作詞作曲、横山潤子編曲。
「涙そうそう」森山良子作詩、BEGIN作曲、横山潤子編曲。
「時代」中島みゆき作詞作曲、横山潤子編曲。
「季節へのまなざし」荻久保和明作曲、伊藤海彦作詩。
「みのる」
「ゆめみる」
終わった。疲れた。
飲み会参加。
Yk先生、Md先生が参加。
Htさん、Ttさん、Tdさん、Msさんと先週仙台に行ったメンバに囲まれてちょっと浮いてしまう。
Yk先生が練習中にエンジニア時代に担当した製品を軽く薄くするための苦労話をしたのは楽しかったと話しかける。
暗譜で「時代」で楽譜を離していたとTdさんに褒められてこそばゆい。
TtさんからIs先生のリサイタルに行かないかと誘われる。予定は空けてあるがむにゃむにゃ言ってたら、Htさんから弟子が行かないのはまずいと言われてしまい行く事にする。
Kmさんの結婚式の話、山の話など。随分しゃべったがあまり記憶がない。




でんごんばん

庭のクレマチス。
IMG_1439mlkm (480x640)
ハツユキカズラ。(クリックすると拡大)
IMG_1436ghgh (640x480)
オキザリス。
IMG_1440fghfgh (640x480)
カンパニュラアルペンブルー。
IMG_1441dfgdfg (480x640)
キンレンカ(金蓮花)。
IMG_1447ghjjh (640x480)
水曜会の機関誌「でんごんばん」の最後の仕上げ。演奏会特集号なので良く活用される。特に新しい人は必ず良く見て参考としてる。ミスは許されないので良くチェック。文字やフォントは統一したいが、以前活用した文章を使うのでなかなか難しい。
日程表は8月までだが、それ以降は決まり次第とする。Ikさんより入手。Sm団長確認。
ゲネプロは例年と同じ場所時間なので、日にちだけ変えて昨年の物を活用。
演奏会場は例年と同じ浜離宮朝日ホールなので昨年のを活用。
演奏会当日のタイムスケジュールは演奏会担当マネージャーのSsさんに作成して貰う。熱心に何度も修正。Sm団長確認。
演奏会衣装は各ステージごとの衣装だが、女性が決まらず、後報。男性は決まった。衣装係NkさんKtさんが苦労してる。例年、女性の衣装はなかなか決まらず衣装係は苦労してる。
打上げの案内は、Kkさん、Thさんに作成して貰う。何時もと違って同じ浜離宮朝日ホール内なので簡単。
人の動き。新人はHmさんに確認。
大中恩先生の挨拶文はSm団長より入手。
次回の選曲委員会の議事録はMrさんに作成して貰う。
Ssさん、Ttさんに全体のチェックをお願いした。
とこれだけの内容だがレイアウトや文字の大きさ等をいじっていたら一日仕事になってしまった。
完了後、Smさんに送って水曜会のホームページに乗せて貰った。ひと仕事終わってほっとする。
皆が期限通りに原稿を送ってくれたので助かる。
以前、紙印刷で渡していた時は、これからコンビニでコピーして、冊子に仕上げるのに更に1日かかった。




暗譜はきつい

昨年採った種から育てたキンレンカ(金蓮花)がようやく咲き出した。
IMG_1429fghfg (640x480)
紫陽花を植え替えしてから二年目で蕾が付いた。(クリックすると拡大)
IMG_1430fghfg (640x480)
本来は蓼科で友人たちとゴルフをしてるところだが、所用が出来て欠席したので三日間の余裕が出来た。
この時間で暗譜しようとしたが思うようにいかず。記憶力の衰えか、曲が難しいのか。
J・Rutterの曲は4曲。「For the beauty of the earth」「Cantate Domino」は言葉が覚えきれない。特に「Cantate Domino」は演奏会は大丈夫かなと思ってしまう。
大中恩先生の曲7曲は何とか暗譜できそう。大中先生の曲は何時もほっとする。
「時代」のリズムには苦労した。6曲の内、特に「なごり雪」「涙そうそう」は言葉が覚えきれてない。
「季節へのまなざし」4曲全部難しい。
Sさんと出かけて用事をこなす。
近所の立葵。
IMG_1432ghjgjh (640x480)
ビジョザクラ(美女桜)。
IMG_1433jkljkl (640x480)
マンデビラ・ボリビエンシス。
IMG_1434jklljk (640x480)
ジギタリス。
IMG_1435jkl (640x480)
近所に花好きな家が多く、何時も楽しめる。
帰って、また歌の練習。声がかすれてきた。
Sさんは下でTVの音を大きくした。




あきらめぬ金魚掬いの親子かな

Sさんが面白い構図よ撮ったらと言う。
IMG_1424ghj (480x640)
アマリリス。
IMG_1426hjkhj (640x480)
本来は今日から3日間友人の蓼科の別荘を拠点にゴルフ合宿だった。
昨日、登山から帰ったら、Sさんから連絡があったと相談を受け、急遽行けなくなり、残念ながら断りの電話を入れる。
一昨日、車にゴルフバックを積み、ナビも確認してあり、仲間との再会も楽しみだったのに残念。この会はこの頃、ドタキャンが多くて申し訳ない。
時間がたっぷり三日間出来たので歌の練習をしようと張り切る。暗譜がこのままだと合宿には間に合いそうもない。
2時間歌うと疲れてしまう。
送られてきた大門句会勉強会その175の三四郎さんの句評を見る。⇒は三四郎さんの句評。
◇光
夜も更けて金魚と話す独り者
きらめぬ金魚掬いの親子かな
⇒野里子さんの句と同じく独り者の句ですがこちらはわびしすぎる。「話す」とまで言わないで起きているのは自分と金魚くらいで止めておいて下さい。
投句は「きらめぬ」となっていましたが「あきらめぬ」の間違いでしょうね。子供がすくって親が後ろからそこだっとか言っているのか、それとも親子で一緒に競うように掬っているのか。歓声が聞こえそうです。
遊介さん選句→ 上五を「あきらめぬ」として、手には破れたポイ持ってこの心情は誰も経験しているのでは・・・
:ワードからメールにコピーする時に「あ」を落としてしまい「きらめぬ」になってしまった。あわてて送ったので確認がおろそかになっていた。失礼してしまった。この句は、親の方が結構夢中になって金魚掬いしてるのを見かけたのを思い出して詠んだ句。
前句は若い頃、友人が下宿先で金魚を飼っていて、大切にして名前を付けて呼んでいたのを詠んだがつい暗くなってしまった。
私の選句。
◇馬空
検番の芸子覗くや金魚鉢
金魚売り町の噂で客を釣り
⇒検番の玄関に金魚鉢があったのでしょう。お稽古にきた芸子がちょっと覗いていつもと変わりがないのを確かめてから二階にあがっていく。金魚も芸子もあざやかな衣装。
金魚売が魚を釣るのではなく客を釣るとした言葉遊びがうまい。店主と客の軽妙なやり取りまで聞こえてくる。
◇勝山
やきもきす餌に気づかぬあの金魚
⇒ほかの金魚は餌を食べているのに一匹だけ気がついていないのかすみっこにいる。ほっとけばいいようなもんですが、気になるんですねえ、ペットのことは。
◇夢路
下宿屋の金魚に話す国ことば
⇒一昔前まであった古い木造の下宿屋でしょう。住んでいる学生の出身もいろいろなので玄関に飼われている金魚にかける言葉もいろいろなお国なまりが交じる。金魚はたぶん標準語で答えているのでしょう。
◇遊介
金魚鉢越しに九九言う子供居て
⇒透き通った金魚鉢の向こうで九九を暗唱しているちょっとゆがんだ子供が見える。近くもなく遠すぎでもなく、この距離感がいいですね。




那須連峰・南月山登山

YY会、花の那須連峰・南月山登山に行く。
直前にImリーダーが体調不良で来れなくなった。Imリーダーが体調不良で来れなくなったのは初めて。
急遽Ikさんに車を出して貰う。車はIwさん、Mzさん、Skさん、Ikさん。リーダー不在なのでベテランSkさん、Kdさん、Khさん、Keさんにサポートを頼む。19名の参加。初参加がKmさんの友人2人とIkさんの友人の3人。女性は6人。
最長老はDmさん。
ロープウェイ山頂駅(1684m)から茶臼岳山頂(1915m)に向かう。(クリックすれば拡大)
IMG_1306aa (640x480)
IMG_1309aa (640x480)
標高差は230m位で40分位で着くが、Dmさん、Kdさん、Myさんらが早いのでかなりおいてかれる。
IMG_1313aa (640x480)
赤い土が目立つ。
IMG_1315yryrt (640x480)
ようやく到着。
IMG_1316aa (640x480)
那須嶽神社。
IMG_1318aa (640x480)
茶臼岳山頂(1915m)。
IMG_1321aa (480x640)
奥に見えるのは日光連山。
IMG_1324aa (640x480)
IMG_1323hjkjhk (640x480)
ここでは混んでるのと時間が早いので峰の茶屋跡避難小屋に向かって降りる。
IMG_1325rtyrt (640x480)
向こうに見えるのは朝日岳。下の小屋は峰の茶屋跡避難小屋。絶景かな絶景かな。
IMG_1327aa (640x480)
茶臼岳のお釜の周辺を歩いてる。
IMG_1332aa (640x480)
お釜口。
IMG_1334fghg (640x480)
下界は緑緑。
IMG_1335ghjgj (640x480)
下りが続く。登山は今シーズン初めてのIwさんが珍しく慎重に歩いてる。
IMG_1336aa (640x480)
見上げると茶臼岳。
IMG_1340yuytu (480x640)
硫黄ガスが噴き出てる。かなり臭い。
IMG_1348aa (640x480)
先頭のDmさん、Kdさん、Myさんはかなり離れて見えない。Mnさんが追いかけてる。
3人は特別なのでペースを乱されないようにする。しんがりは何時ものSkさん。彼女がいれば安心だ。Mzさんも一緒。
IMG_1349aa (640x480)
硫黄鉱山跡で昼食。後は剣ヶ峰と朝日岳。
IMG_1354aa (640x480)
IMG_1355aa (640x480)
Khさんが沸かした美味しい珈琲を楽しむ。これはこたえられない。水があるよとSkさんが言うのでおかわりをする。
ところがKhさんのコンロがガス欠。Skさんも乏しいのでMyさんのを使う。
天気が良いし風も適度に吹いてるので実に気持ちが良い。
たっぷり休んでから南月山を目指して進む。
残雪がある。
IMG_1360aa (640x480)
「現在噴気活動をしている茶臼山は3万年前から活動しているが、この山は流動性の少ない安山岩のみを噴出しているため、こんもりと盛り上がった溶岩ドームになった。」
IMG_1366fghfh (640x480)
岩ゴロゴロだが、横方向の歩きなので、あまり疲れない。
IMG_1370ghj (640x480)
池に雪が積もってるのかなあ。
IMG_1372tyyt (640x480)
無間地獄に近づくとガスの噴出が多い。活動してる。
IMG_1375fhfgh (640x480)
残雪がどさっとあった。
IMG_1376aa (640x480)
無間地獄。怖い名前。
IMG_1377aa (640x480)
無間地獄(噴気孔群)の噴煙はかなりのもので硫黄臭い。
IMG_1379aa (640x480)
姥が坂を通過。
IMG_1384aa (640x480)
牛が首に到着。
IMG_1386aa (640x480)
一休みしてから日ノ出平~南月山に向かう。ミネサクラが咲いてる。
IMG_1394aa (640x480)
向こうに南月山が見える。
IMG_1395aa (640x480)
ガマズミの花。
IMG_1400aa (640x480)
途中、Kmさん、Tmさんが私が遅れたので心配して待っていてくれた。
日の出平に着く。先頭が待っていた。
IMG_1397fdgfg (640x480)
南月山到着。
IMG_1402aa (640x480)
IMG_1403ghjghj (640x480)
ここで小休止して帰路に着く。あっと言う間にDmさん、Kdさん、Myさんに離される。78歳と20代は早い。
IMG_1405fghgh (640x480)
再び牛が首。
IMG_1411dfgfg (640x480)
ロープウェイの終了時間があるので早目に降りる。Khさんがたっぷり時間があるよと言ったが、Kdさんが間に合わなければ歩いて降りればいいんだよと言う。歩けば2時間位かかりそう。
IMG_1415fdgf (640x480)
IMG_1418aa (640x480)
十分余裕を持ってロープウェイの駅に着く。
IMG_1422aa (640x480)
ロープウェイで降りた後は、鹿の湯に入る。
Imさんの推薦。41、42、43、44、46、48度(女湯には48度がない)の6種類の浴槽から好きな温度を選んで入浴。44度でギブアップ。Khさん、Ksさんは46℃に入ったみたい。洗い場もほとんどないのでお湯につかってるか外で休むしかないが、結構楽しめる。
「那須温泉元湯・鹿の湯は、七世紀前半、約千三百年前の舒明(じょめい)天皇の御世に開湯されたといわれます。
狩野三郎行広という者が山狩の際に、射損じて逃げる鹿を追って山奥に入ると、鹿は傷ついた体を温泉で癒していました。 」という由緒ある温泉。
頭が洗えないとぶつぶつ言ってる。
打上げは、19人は入れる場所が無くてIwさんがPCで見つけたファミレスCOCO'Sに入る。
大いに盛り上がる。山の仲間は実に楽しい。
新しく来てくれた3人が続いてくれるとうれしい。Nkさんは山は良く一緒したがYY会は初めて。YY会の古くからの仲間、Skさん、Mzさん、Iwさん、Mnさん、Ksさん、Ybさん、Keさん、Khさんと健脚3人組最長老Dmさん、Kdさん、最若手山ガールMyさん、新風を吹き込んでくれたIkさん、Kmさん、Toさん。多士済々のメンバ。
また一緒したい仲間ばかり。
Skさんの車に再び乗せてもらう。
帰りは、Skさんお勧めの羽生PAによってびっくり。
01f3f9b05359e958c6a9b31f2a7b1079ca7176a165 (640x480)
「鬼平江戸処は、故池波正太郎氏の人気小説「鬼平犯科帳」の世界を表現したPA。鬼平犯科帳の著作権を管理する「オフィス池波」と提携して実現した企画で、同作品が描き出す江戸の世界観を表現しているという。」
014f51e02e16f502e024a5497095be348ff1883947 (640x480)
最後まで楽しませてもらっちゃった。
帰りの電車はKsさんと一緒で久しぶりに良く話した。
Sさんに実に楽しかったと報告。




書類整理

庭のムラサキツユクサ。
IMG_1293hjk (640x480)
名前のわからない花。(クリックすると拡大)
IMG_1292ghjhg (640x480)
百合。
IMG_1296jkkjl (640x480)
グラジオラス。
IMG_1297rty (640x480)
雪の下。
IMG_1299dfgfd (640x480)
庭はSさんが手入れするようになって植物が元気になり、花が良く咲くようになった。
雑草と言って、育てていた小さい草花が抜かれてしまう事がたまにあるが。
机を埋め尽くしていた書類の整理をする。良くもこんなにため込んだものだ。期限が過ぎていた書類もあった。
パソコンの前に座ってせっせと整理して、返事を出したり、記録したりして机の上が綺麗になった時はすっきりした。
途中、見当たらない書類をSさんに探して貰ったりした。
水曜会の演奏会に昨年参加した方々に案内を出す。昨年は40名以上の方が参加したが、今年は案内が遅れてしまったので少し減るかもしれない。すぐに返事が来だす。予定表に入れて待っていた方もかなりいた。嬉しい限り。
返信の郵便と明日の登山用の食料を仕入れに行く。
日課である歌の練習。発声が悪いのか直ぐに疲れる。
大門句会勉強会の俳句を1時間以上かけて作る。
外出から帰って来たSさんとおしゃべり。




でんごんばん

庭のアマリリス。
IMG_1302hgjjh (640x480)
空木。(クリックすると拡大)
IMG_1300hjjh (640x480)
ツルハナナス。
IMG_1301hjhj (640x480)
カンパニュラアルペンブルー。
IMG_1304ghjhgj (640x480)
万年草。Sさんに雑草駆除されてしまった。
IMG_1305ghjgh (640x480)
一日中籠って「でんごんばん」の作成に取り組む。
演奏会特集号なので、団員が良く活用する。
日程はIkさんにお願いして8月までの日程を出して貰う。それ以後はまだ未定。
ゲネプロは昨年の記事を使う。
演奏会当日のタイムスケジュールは演奏会担当マネージャーSsさんに作成して貰う。全体に良くチェックして貰った。
演奏会衣装は衣装係のNkさんにお願いした。女性はまだ決まっておらず決まり次第更新するつもりで作成。
打上げの案内は、打上げ係りのKkさんにお願いする。
新人の案内は新人係りのHmさんに確認。
大中先生の演奏会への挨拶はSkさんより送って貰う。
選曲委員会の議事録はMrさんに記録して貰った。
他にTtさん、Thさんにもチェックをお願いした。
ミスが見つかって何度も見直したので、10ページのでんごんばんの編集に時間がかかってしまった。
Frさんより連載記事を貰っていたが、演奏会に絞ったので次号以降に掲載とことわる。
でんごんばんは担当になって8年たつ。30号くらい発行してきた。そろそろ潮時だが。




月夜の森のBAR

中学時代のHrさんが作った88会の仲間のMmさんが三軌展に出展してるのでこの機会に集まろうと呼びかけがあった。
国立新美術館の三軌展の入り口に皆がたむろしてる。Urさんからチケットを貰う。Mmさんは中にいるよと言う。
「月夜の森のBAR」の前にMmさんがいた。女性に説明してる。
IMG_1291ghjhgj (640x480)
何度もMmさんの絵は見てるが何時もユニーク。
鑑賞した後に他の絵画や写真を見る。途中にHrさんに会う。Ogさんにも会う。後で気づいたが、Ogさんからどこに行けばいいのと言うメールが入っていたが、気が付かなかった。後で謝る。
ゆっくり見て、出口を出たら、Hrさんがいた。入り口に皆がたむろしてるのでそちらに向かう。
Hrさん、Mmさん、Knさん、Urさん、Kzさん、Utさん、紅二点Ogさん、Gtさん。
Mmさんがセットしたお店に行く。
ワイワイやってるうちに爺婆が中学時代に戻ってしまう。
Ogさんは中学時代のマドンナ。あこがれたものだ。
UrさんはOgさん、Gtさんの間に挟まって喜んでいる。まだ若いなあ。
Ogさんが水曜会の演奏会に行くと言ったら、Gtさん、Knさん、Kzさん、Mmさん達も行く行くと言う。
3時間近くいたが、たわいない事ばかりしゃべった。
二次会にカラオケに行くと言うので参ったが、Ogさんも行くと言うので、止む無くついて行く。
二曲ばかり歌う。Ogさんとのデュエットもした。
カラオケではアルコールは飲まなかったが、一次会で飲んだ赤ワインの酔いが回って来て足元がふらつく。Ogさんに大丈夫?と言われてしまった。
何とか家にたどり着く。弱くなったなあ。

いよいよやばくなってきた

庭の私のお気に入りだが名前のわからない花。
IMG_1278dfgfg (640x480)
ハーデンベルギアはそろそろ終わり。(クリックすると拡大)
IMG_1282dfg (640x480)
グラジオラス。
IMG_1283fghhg (640x480)
空木。
IMG_1286fhf (640x480)
ツルハナナス。
IMG_1287jghjg (640x480)
歌の練習をしてから、水曜会に出かける。
エレベーターでIkさんと先生と一緒になる。Ikさんが愛知の方に行ってたんでしょう、忙しいのに練習を良く休まないわねえと言うので、いよいよやばくなってきたから(休めない)と言ったら、先生に大笑いされた。
体操、発声練習。
「all things bright and beautiful.」
少し怪しい所もあるが暗譜はかなり進んだ。
「The Lord bless you and keep you」
暗譜はまあまあかな。
「For the beauty of the earth.」
暗譜はいまだし。
「Cantate Domino」
楽譜から半分くらいしか顔を上げられない。
「三日月」大中恩作曲、大木惇夫作詩。
比較的暗譜が進んでる。
「月の中」大中恩作曲、佐藤義美作詩。
子音をしっかり。外国語の曲をやるのは子音をしっかり歌うため。
「花のある杜」大中恩作曲、佐藤春夫作詩。
休憩。
テナーはKsさん欠席。
演奏会の衣装の説明をNkさん、Ktさんがする。男性の衣装は蝶ネクタイを外さないことで決着がついたが、女性はきまらっず、結局、合宿の時に決着することになる。女性は真面目で大変。
Kkさんが打ち上げの宴会の説明をする。
「さくら」森山直太朗、御徒町凧作詩、森山直太朗作曲、横山潤子編曲。
まだ不完全だが、暗譜は出来そう。
「秋桜」さだまさし作詩作曲、横山潤子編曲。
「なごり雪」伊勢正三作詩作曲、横山潤子編曲。
テナーのソロをTuさんが歌う。綺麗な声。リズムが少しくるった。
終わった。疲れた。以前、歌って疲れるのはしっかり歌ってるからだと言われたが、段々真剣みが増してるのは確か。
Htさんがだいたい暗譜は出来たと言うので感心する。
飲み会はパス。ちょっと体を酷使しすぎた。




ダム底へ続く道あり青嵐

庭の空木。
IMG_1262;lkkl; (640x480)
クレマチス。(クリックすると拡大)
IMG_1268hjjh (640x480)
百合。
IMG_1270fghgf (640x480)
アマリリス。咲き出した。
IMG_1275jklkl (640x480)
私の好きなチェリーセージ。
IMG_1276ghjhj (640x480)
ずっとばたばたしていて今日の大門句会の句が出来ていない。
大急ぎで苦吟。当日に作ったのでは良い句は出来ない。ひらめきがない私は、まず俳句を1時間位見て、俳句の頭にならないと出来ない。それから苦吟して何度も推敲してやっと何句か出来て、時間があればSさんに見て貰う。
今回は、時間が足りなかった。兼題は小雪さんから随分前に貰ってるので、サボっていたのが悪い。
遅れないように早めに出たのに電車が止まってしまった。何か不具合があったみたい。10分遅れて到着。
今日は参加者が多い。11名。一番奥の席に座る。待ってたのよと誰かにチクリ。
あわてて短冊に句を書いて提出。
既に皆は清書を済ませてる。そこに追加して貰った。
兼題は小雪さんより。
「青嵐」 若葉のころのやや強い風
「更衣」 昔は旧暦4月朔日に薄手のものに着替えました。
「蜥蜴」 瑠璃色や茶色の爬虫類
「先生or師」 非季語です。別に夏の季語が必要。
選句して句評。やはり出来が良くなかった。
ダム底へ続く道あり青嵐  光
三四郎さん、野里子さん選。
⇒季語の雰囲気が出ている。
:この前宮ケ瀬ダムに行った時の句。ダムが出来る前の写真もあったのでダム底に沈んだもろもろの事を想った。
更衣するたび妻は若返り  光
三四郎さん選。
⇒のうのうと言うのが良い。
:本当だもの。
森を抜け笹原駆ける青嵐  光
⇒青嵐とはそういったもの。(説明になってる。)
:白草山の時の笹原の風を詠んだ。
水撒きにちょろちょろ逃げる蜥蜴の子  光
:Sさんが庭の水撒きをすると蜥蜴が水撒きの先を逃げる。
夏めくやファイスブックの老師かな  光
⇒切字のやとかなを使ってる。 夏めいてフェイスブックの老師かな
:電車の中で季語を代えたのがいけなかった。
小雪さん特選句など人気句。
棟梁の木遣り朗々青嵐  三四郎
小雪さん特選、さらさん、糸さん選。
⇒気持ちの良い句。
また母のちひさくなりて更衣  小雪
三四郎さん、馬空さん、勝山さん、はなさん、さらさん、野里子さん、あかねさん選。
⇒薄いものに変えると更に小さくなる。
往診の先生急ぐ青嵐  あかね
小雪さん特選、三四郎さん、勝山さん、光選。
⇒先生の背中を押してる青嵐。
羅をざつくりと召す茶の湯の師  さら
小雪さん特選。
朝礼は起立一礼柿若葉  馬空
小雪さん、三四郎さん、さらさん、あかねさん、野里子さん選。
⇒朝礼の起立一礼柿若葉
この句会は飲みながら食べながらなので実に楽しい。
三連荘の疲れのせいかあまりお酒が進まなかった。




白草山

6時起床して、ホテルをチェックアウト。6時50分の藤が丘の駅に行く。Fjさんの車が来ている。直ぐにIwさんも現れる。
低山を歩く会で白草山に登る。飲み会、ゴルフ、登山の三連荘なので体力が心配。
低山を歩く会は百名山登頂のFjさんに愛知でも山を登る会を作ってくれと頼んで作って貰った。頼んだ手前、年に何回かは愛知まで来て参加するように心がけている。Fjさんは3000m以上の山を登り切るのに何か所も連れて行って貰った。
会社の駐車場に集まる。山の仲間が集まってる。
昨日のゴルフから連荘のAsさんもいる。
3年越しに山登りを口説いたKbさん、Hrさんも来てる。すっかり山仲間になってくれた。
強力な紅二点KjさんとHkさん。Kjさんは白草山に何度も登っており、今回白草山をFjさんに推薦した。
Adさん、Sgさん、Knさんは低山の会の常連。
本日は運転手の一人Skさんが体調不良で来れなくなり、車に乗る予定の3人も来れなくなり、14名の参加となった。
白草山の登山口でOkさんらと合流。
車を止めるのがなかなか大変で路肩に何とか止める。(クリックすると拡大)
IMG_1171aa (640x480)
綿のような花?。
IMG_1172asd (640x480)
最初は林道を歩く。ところがここでもう体が重く遅れだす。
IMG_1176aa (640x480)
小さな流れが涼しい。
IMG_1178fdg (480x640)
ここから山道。
IMG_1179fghgh (640x480)
山道に入ったがまだ調子が出ない。息が苦しい。
IMG_1181hjk (640x480)
白山が見える。
IMG_1185aa (640x480)
ようやく白草山が見えてきた。
IMG_1188aa (640x480)
Asさんが落ちて来るのを期待したが、快調でKjさん、Hkさんと先頭を切ってる。
もう少しだが段々遅れて、スロースターターのKbさん、大病を克服したOkさん、後詰のFjリーダーと最後尾になる。
突然、Hkさんから私の名前が呼ばれ、水芭蕉が見えますよ!頑張ってと声がかかる。
木陰に着いたらびっくり。水芭蕉が咲いてる。
IMG_1189aa (640x480)
皆がなぜこんなところに水がわくのかと不思議がる。
IMG_1191fghg (640x480)
Kjさんは何度も登ってるが水芭蕉を見たのは初めてという。
IMG_1193aa (640x480)
水芭蕉のお蔭ですっかり元気を取り戻す。
IMG_1197aa (640x480)
御嶽山がくっきり見えてきた。
IMG_1200aa (640x480)
風が涼しい笹原を進む。
IMG_1203aa (640x480)
通り過ぎた時には気が付かなかった三ツ岩が見える。
IMG_1204ghj (640x480)
頂上到着。1641m。
IMG_1209aa (480x640)
歩いてきた登山道の向こうに箱岩山が見える。
IMG_1207rty (640x480)
御嶽山(3,067m)が噴煙を上げる。 
御嶽山の左側に乗鞍岳が見える。
IMG_1213aa (640x480)
乗鞍岳。
IMG_1206aa (640x480)
更に左側にうっすらと笠ヶ岳、黒部五郎岳、薬師岳、北ノ俣が連なってるそうだ。
IMG_1220aa (640x480)
IMG_1221aa (640x480)
しかし何と言っても御嶽山。
IMG_1215aa (640x480)
想像はしてたがこんなにくっきり見えるとは思わなかった。
IMG_1219fghgh (640x480)
噴煙を上げて活発に活動してる。大参事で亡くなったか方々を心の中で祈る。
IMG_1217aa (640x480)
楽しい食事の時間。Kbさんの沸かした珈琲が実に美味い。
IMG_1233ghjhgj (640x480)
いろんなものが回って来てどれも美味しく頂く。
飛行機雲も綺麗で最高の日より。誰が晴れ男だとつい自慢する。年寄は直ぐ自慢したがるからいけない。
IMG_1225aa (640x480)
十分堪能してから下山。下山は回復してきた。
IMG_1240aa (640x480)
白草山よさようなら。
IMG_1243fghgh (640x480)
三ツ石を通過。
IMG_1246aa (480x640)
渓流のところまで降って来た。
IMG_1250aa (640x480)
山道終了。帰りはノンストップ。
IMG_1251aa (640x480)
暑い林道を降りる。
IMG_1252aa (480x640)
低山の会終了。素晴らしかった。山良いなあ。山の仲間は良いなあ。
Hrさん、Asさんが強いのには驚いた。AsさんはKjさんから北アルプス大丈夫と太鼓判を貰ったが逃げ回ってる。
私はもっと鍛えておかないと夏山を乗り切れない。
Fjさんに途中、寄って貰ってSさんにお土産を買う。
多治見の駅で降ろして貰う。多治見は小学5年までいたが駅が立派になったのに驚く。
帰りの新幹線は疲れてほとんど寝ていた。
帰って、Sさんにお土産を渡して良かったよと報告。




中部国際GC

朝4時50分の目覚ましで起きる。準備してホテルを出る。明日も泊るので山の道具はホテルに置いた。
Smさんの車を待つが雨が降ってる。5時15分に出発。中部国際ゴルフ倶楽部に向かう。Szさん同乗。
途中、コンビニで朝食を仕入れ車中で食べる。
雨が降っていて最悪。少し経つと止むと言ってるが、時々激しくなる。コンペが一杯入っていて、キャンセルはないそうだ。
関東だったら雨でやーめたと言うところだが、どうもそんな雰囲気ではない。合羽を着て7時スタート。
一緒に回るのは地主のYgさん、幹事のSzさん。
IN10番ロングはまだ体がさめきってない。
ab0148d4447adcbb766b64dd3819e913c69d5ea5ea36 (640x480)
12番ホールで雨が上がる。今度は猛烈に蒸し暑い。
13番ミドルで大叩き。
ac01ec09c7b54052a7368a980b3f2aca0038b858e3f3 (640x480)
雨は上がったが霧が出てる。湿度が高くて蒸し暑い。
ad01f415e785f6f1b3586217428fce6ba4b340699a8c (640x480)
16番ショートの池が気になったがここは何とかしのぐ。
ae01e47fb7dc099e30d6b61bde95b9e441f613797e89 (640x480)
17番18番とも冴えずに終了。後半にかけるしかなくなった。
Ygさんは徐々に調子が出てきた。Szさんにはどんどん行けと言ったら振り回して凄いショットを打つがまっすぐに行かない。
昼食は食欲がない。
後半ますます暑くなってきた。
4ホール目位までは何とかしのいだが、5ホール目に大叩き。
段々与太ってきて、谷にバンバン落とすようになる。
af016799a621e926f5f8d02667484664a2d20c30a5a6 (640x480)
ag012c232c3727d377e52a984dab3db712836a22f954 (640x480)
後で気が付いたが軽い熱中症になっていた。(以前になったことがあるが汗が出なくなって頭がぼんやりする。)危ないところ。後ろから見ていたHrさんがクラブに振り回されてますよと言う。
メロメロになって終わる。Ygさんは後半凌ぐ。Szさんも後半少しスコアを上げる。
お風呂に行って汗をどっとかき、スポーツドリンク一本を一気に飲んだら正常になった。
表彰式。優勝、ベスグロはHrさん。後半、あの暑さで驚異的にスコアを伸ばした。怪物。優勝杯を渡す。ベスグロは毎回HrさんなのでHrさん自身ががベスグロ賞は止めようと提案。幹事のSmさんはHrさんがベスグロだったらベスグロ賞は無しで他の人だったら有と変な提案をする。
準優勝Fjさん。(Smさんは同スコアだがHDの差で逃す。)Hrさんが手渡す。Fjさんは優勝から逃れてカップなしと思ったらしいがこの会は準優勝でもCb杯が出る。
BBは何とAsさん。ちょっと遠慮しすぎ。明日の登山の事を考えて手を抜いたか。ちなみに私とAsさんは明日の登山も参加。
ハンディのお蔭で蛍、BBは免れた。後半のスコアは史上最悪。
まあ無事に終わって良かった。次回もここでやろうと地主のYgさんに頼む。今回は一か月前に頼んだら既に満杯で7時スタートに押し込んだ。早く頼めばと次回の日程を決めて遅いスタートで頼んだ。
夜はセットしましょうかと言われたが、明日の登山の事を考えて遠慮した。
ホテルで休んでから味仙に行く。Sさんに今から味仙に行くよと言ったら羨ましがる。
久しぶりの味仙。
01cb60c68299c246e0c0f9446bc8c94f48eec696ba (480x640)
手羽先、青菜、コブクロ、浅蜊炒め、台湾ラーメンに大満足。
016fc61f275bd461234859047ae5fcabce529e64ac (640x480)
0141ea7d48748eeac76179c551b3b5d0f33187d9d2 (640x480)
コンビニで明日の朝飯と昼飯を購入して、ホテルで早々と休む。明日も早い。




21世紀会

部屋に飾ってあるWb夫人より頂いたお人形さん。
IMG_1160sdf (640x480)
胡蝶蘭。(クリックすると拡大)
IMG_1161fghf (480x640)
庭の百合。
IMG_1162ghj (640x480)
薔薇。
IMG_1165hjkh (640x480)
カンパニュラアルペンブルー。日当たりだと白っぽくなるが日陰だと綺麗にブルー。
IMG_1167fghgh (640x480)
柚子の花。
IMG_1169jkljlk (640x480)
21世紀会に出かける。飲み会、ゴルフ、山の三連荘なので衣類などでザックがパンパン。
21世紀会は20年以上続いてる。幹事は初代Syさん、二代目Mkさんで、今は3代目のSmさん、Saさん。忙しい中良くやってくれている。
場所は楽食FU-ZI。しゃれたお店で入ったところは若者ばかりで気が引けたが二階に行って見慣れた顔に出会いほっとする。
013bd208a986e5804cdc4db1e0004e199ad7a9b195 (640x480)
18名参加。懐かしい仲間たちと一緒にいると何時の間にか年取った顔が若者に変身してしまう。
Hrさんの乾杯で始まる。この前蓼科の新居に訪問。社長業が終わったらますますゴルフの腕が上がる。Hrさんを八ヶ岳に登らせる会と言うのをFjさん会長、私副会長、幹事Hiさん、Kbさんで結成した。
Fjさんは低山の会を主催してくれて、愛知でも山の仲間が増えている。北アルプスは愛知と関東の仲間が一緒に登る。
Kbさんは3年越しで山に登るよう説得。今や常連。今度の北アルプス鉢の木岳、爺が岳は丁度退職の時で記念すべき登山となる。
Hiさんも3年越しで山に説得して常連となった。愛知から関東まで時々顔を出してくれて嬉しい。何時までも気持ちが若いいい男。
Ujさんは白酔会の会長。この頃、怪我で不参加してるが、志賀高原で偶然会って嬉しかった。
お客さんから参加のMjさん。Wtさんから始まって続いてる。
風邪をひいてマスクをして参加してくれたNtさん。迷ったが来てしまったと言う。良い奴だ。
Ucさんはまだ会社経営をしてる。継続は力なりを実践してる。
奥さんを亡くし病に一時は倒れて心配したが、今やウィークデーは娘夫婦の食事を作って忙しいと言う。娘夫婦のところへ食事を配達してる。生きがいが出来て良かった。
ゴルフで優勝が続いてるFmさん。ゴルフカップを運ぶのでそろそろ変わって欲しいみたい。
痩せると誓ったのにちっともやせないYdさん。晩飯を抜けば痩せると言ったがそんなあと言われてしまう。
退職してから元気一杯のAdさん。いろいろ活動してるが家族サービスが一番と言う。
パチンコもあきたしやる事が無いと言うFrさん。今も時々毒舌が出る。出る内は大丈夫。
地元の名士のMhさん。長久手の火縄銃を撃つみたい。
Mzさんは愛知に戻ってから良く参加してくれる。農業してるようだ。
最後に挨拶をする。ガラパゴスとコーラスの話をしたかな。長く話すと思ってたっぷり時間を取ってくれたようだが、長いと長いで顰蹙を買うので簡潔にした。酔ってるので長く立ってるのがきつい。
ワイワイやってるうちにあっという間に時間となる。Frさんの発声で〆る。
良き仲間に恵まれて幸せ。
ホテルに戻ってSさんに電話してバタンキュー。明日のゴルフは5時45分に、迎えが来る。




休息日

庭の空木。
IMG_1143klk (640x480)
ツルハナナス。(クリックすると拡大)
IMG_1144jkhjk (640x480)
コバノランタナ。一時は凄くはびこったが、この頃、ツルハナナスとアケビに押され気味。
IMG_1146kjkjk (640x480)
カンパニュラアルペンブルー。
IMG_1148fghgh (480x640)
クレマチス。
IMG_1154ghj (480x640)
以前から生えているが名前がわからない。好きな花だが。
IMG_1156jklkjl (480x640)
今日一日、家にいる。Sさんはお出かけ。
明日からまた愛知の方に出かけ、飲み会、ゴルフ、登山の三連荘。
歌の練習、苦吟、ブログ、メールの返信。雑用があれこれある。机の上が一杯になってるので、少し消化。
TVは録画の消化。
ゆったりするつもりだったが、結構忙しかった。
健康で動けるのを感謝。




花のある風景

水曜会演奏会パンフレット。
chirashi27[1] (452x640)
いよいよ水曜会演奏会の足音が近づいてきた。段々、暗譜が気にかかって来てる。
毎年覚えが遅くなってるような気がする。それとも練習時間が足りないかな。極彩色になって年が立つほど忙しくなってるような気がするが、気のせいか。
庭の菖蒲。今年は花付が悪い。
IMG_1120fggf (640x480)
空木。
IMG_1121jhgj (640x480)
ムラサキツユクサ。(クリックすると拡大)
IMG_1125hjkjh (640x480)
アメリカンブルー。ツルニチニチソウ(蔓日日草)に負けて数が減った。
IMG_1127opwere (640x480)
グラジオラス。花が増えた。
IMG_1135ghjg (480x640)
イキシア。
IMG_1138ghj (640x480)
歯医者に出かける。
右側の下の奥歯の土台を付けて、歯型を取る。次回でこのところ通った歯の治療が終了する。
固いものをがりがりやるのを止めて歯を大切にしよう。磨きはSさんの指導で以前よりしっかり行ってる。
近所のジギタリス。
IMG_1129jhkjhk (640x480)
水曜会に出かける。
エレベーターで練習ピアニストのOnさんに会う。今日は本番のピアニストのMd先生のピアノだが、楽譜めくりを手伝ってくれと言われたようだ。
ピアノはMd先生。
元水曜会指揮者で名誉指揮者のOn先生が来てる。
「花のある風景」大中恩作曲、田中浩一郎作詩。
「すみれ」
楽譜を見ないで、先生の指揮を見るように心がける。
「さくら草」
「ガラスどにしろいハンカチ」>に注意。音の強弱、特に下げるのは難しい。
「たんぽぽ」
「Hum--たんぽぽ」この曲でたんぽぽが出てくるのはこの一か所のみ。しっかり発音する。
「菜の花」
「ここにすわれば」mp。大きくしない。
「まひるまの」静かに。
休憩時間。
テナーはHtさんが最後に現れて全員揃う。
On先生挨拶。週二回のリハビリに行ってるが一番元気なのでキングと言われてるそうだ。
3つの合唱団の指揮を元気にしている。
Yk先生の緻密な指揮は大変勉強になった。
Md先生は大切にして下さい。
Nkさん、Ktさんから演奏会の衣装の紹介があった。女性の衣装はなかなか大変だ。
「時代」横山潤子編曲集。
「時代」中島みゆき作詞作曲、横山潤子編曲。
「Best Friend」玉城千春作詞作曲、横山潤子編曲。
リズム感がやっと少し出てきた。
「さくら」森山直太朗、御徒町凧作詩、森山直太朗作曲、横山潤子編曲。
「秋桜」さだまさし作詩作曲、横山潤子編曲。
「くちびるかんで」>に注意。
「なごり雪」伊勢正三作詩作曲、横山潤子編曲。
「涙そうそう」森山良子作詩、BEGIN作曲、横山潤子編曲。
終わった。今日は充実した練習で疲れた。
久しぶりにOn先生が飲み会に参加されるので疲れていたが参加。Yk先生、Onさんも参加。
On先生から船が沈没したり座礁したりすると(クルージング好きな)私が乗ってるんじゃないかといつも心配してると言われる。君がいなくなると水曜会は(音が取れて)安心だと言われてしまった。大笑い。Msさんから私ばかりに注目が集まってると言われる。
Htさんが計画してる仙台旅行は豪華と言う噂だと言ったら、来ればいいじゃないかと言われたが、その日はYY会の山登り。Nzさんはその日がステージマネージャーでYY会に来れず残念がる。
Ttさん、Smさん、Ikさん、Nzさんらとワイワイ話す。楽しい会話で疲れが取れた。




伊豆にらやまCC

TF会二日目。
早めに朝食をたっぷりとり、あずまやとお別れ。(クリックすると拡大)
IMG_1117fghfgh (480x640)
Ngさんの車で伊豆にらやまCCに向かう。
aa01f3439d1ee1714ad61028ccd3252c5e821aa977f8 (640x480)
ホタルかBB続きなので、自信が全くない。
面白いコースだが難しいとも聞いてる。Tmさんが取ってくれた。
西コース一番ミドルで右に打ち込んでしまい大叩き。一緒に回るNgさん、Azさんは堅実。
ab0113225c666360ce446906f2da88e775b74a08bd68 (640x480)
2番ミドルでも大叩きしてここで戦意を失う。
4番ミドルでも大叩き。どうなってるんだろう。
ac010adff6630ab820115798e61111c751b58afc7499 (480x640)
6番ミドルでも落ち着かず。うっすらと伊豆の山が見える。
ad0148e506f13729fcb299bc84929ca44456b2c99430 (640x480)
7番ショートで少し落ち着く。
ae014a334c3814bd2e609e419d6dead66f06b98c677e (640x480)
8番ミドルで持ち直したと思ったが、9番ロングでまた叩く。
終わってみれば凄いスコア。
Ngさんは安定しており優勝候補。
Azさんは腰を痛めたと言っていたがショットは力強く凄く飛ぶ。
昼休みは麦酒を我慢。このままではまずい。
東コース1番ミドルでまずまずのスタートを切る。
ah011777785c440c3b940ac9a548cd36c9e280d2b70a (640x480)
3番ショートの庭園風の美しいコースで珍しくワンオン。ニアピンを取る。
ai01ff59592be664a73a5dbc45e46e9697dcb0a4b21a (640x480)
7番ショートで叩いてしまう。
8番の打ちおろしのロングは何とかしのぐ。
aj01afd1138f4446394e6d4a9ee2c7b16aeb7ec2778e (640x480)
後半は何とかゴルフになった。
風呂に入ってさっぱり。
表彰式。
優勝は我が組のNgさん。
準優勝はYnさん、Tmさん。Tmさんは後半Hrさんの指導のお蔭でスコアを大幅改善。
Hrさんは教え疲れたのか、何時もよりは良くない。
私はハンディにすくわれてかろうじて4位。蛍、BBは免れた。
BBTrさん。珍しく叩いてる。
蛍はMnさん。後半凄く乱れてる。
最長老の幹事Thさんは安定してる。フォームが美しい。
楽しく会話して散会。
Ngさんの車に乗せて貰って帰る。
これで少しゴルフが持ちなおしてくれると楽しいんだが。




夏めくや指さす先の八ヶ岳

Sさんは息子夫婦から母の日の贈り物を貰って、喜んでる。
写真の左側は、ガラパゴスのフロレアナ島の無人のポストにSさんが投函した葉書を、ブラジル在住の日本人夫婦が我が家までわざわざ持って来てくれた。Sさんがびっくりして応対したが、これもまた大喜び。
Sさんは息子夫婦にも投函したが、アメリカのテキサスの消印で送られてきた。親切な人が世界中にいるんだ。
01ef3cfcbaa2572cdad10f5215bb3f4159cac207ba (640x480)
部屋の胡蝶蘭。
IMG_1094sdfds (640x480)
大門句会勉強会その174の三四郎さんの句評を見る。
兼題は勝山さん出題の「夏めく」。
⇒は三四郎さんの句評。
◇光
夏めくや指さす先の八ヶ岳
夏めくや男ばかりのバーベキュー
⇒淡い新緑に包まれていた山も緑が濃くなってきた。日差しも明るく強い。さあ夏山の季節だ。登山口かな。
男ばかりのバーベキューと「夏めく」の季語が響かない。夏めくはまわりに夏の兆しを感じるという季語ですが男ばかりのバーベキューにそんな要素はない。
遊介さん選→ 指さす先と具体的に言っているのが良いと思います。遠くの景色が爽やかです。
:先日、Hr邸にお邪魔した時に、八子ケ峰に登ったが、八ヶ岳が良く見えた。
後句は、同じくHr邸のおじさんばかりのバーベキューをあまりに楽しかったので詠んだが、三四郎さんに句評されるとおり。
私の選句。
◇野里子
首筋に陽のちくちくと夏めきぬ
⇒日差しの強さを感じ始めるのも初夏です。女性は紫外線対策が欠かせません。
◇遊介
夏めくやアンクレットを付ける妻
⇒アンクレットは知りませんでしたが足首につける飾りだそう。履物もサンダルで涼しそうだ。素足かも知れません。
◇勝山
バスガイド締めに歌へば夏来る
⇒これで本日のご案内は終了。では最後にこの曲でお別れとでも言ったのでしょうか。あれも「締め」というのかな。歌ったら夏が来たというのは面白い。
◇三四郎
湧水の池にさざ波夏きざす

Tkさん幹事のTF会に出かける。
Ngさんの車に乗せて貰って、伊豆に向かう。
スムーズに伊豆長岡に着いたので、Thさんお勧めの世界遺産候補の韮山反射炉を見に行く。
世界遺産候補になったので看板が新しくなったり、歩道の道路工事をしてる。
駐車場にはバスや車が一杯。
案内のおばさんがいて、丁寧に説明してくれる。
「末期の代官江川英龍が手がけ、後を継いだその子英敏が完成させました。」
IMG_1096ghjhg (480x640)
「反射炉とは、金属を溶かし大砲を鋳造する炉。稼働した反射炉が現存するのはここだけです。」
IMG_1100hjkj (640x480)
焚所風入口。煉瓦は当時のまま。煉瓦は高熱に耐えねばならないので、当初は他の地から土を運んで苦労したが、のちに伊豆の地でも同じ粘土があることがわかり作業がはかどったそうだ。
IMG_1104ghj (640x480)
「反射炉とは、銑鉄(鉄鉱石から直接製造した鉄で、不純物を多く含む)を溶かして優良な鉄を生産するための炉です。銑鉄を溶かすためには千数百度の高温が必要ですが、反射炉の場合、溶解室の天井部分が浅いドーム形となっており、そこに熱を反射させ、銑鉄に集中させることでその高温を実現する構造となっています。そこから、反射炉という名称が与えられたわけです。」鉄製の枠は耐震のために現代に付けられたもの。
IMG_1105jkjk (480x640)
鋳口。
IMG_1107pdg (640x480)
「炉と煙突の部分を合わせた高さは約15.7m、実際に稼働した反射炉が残っているのは世界でもここだけです。当時、反射炉の周囲には各種の作業小屋や倉庫などが建ちならび、多くの職人が働いていました。」
外国人の手をかけずに文献だけで反射炉を作った技術の高さに外国人は驚き、日本を見直したとおばさんは誇らしげに説明。
IMG_1111ghjhg (480x640)
「嘉永6年(1853)のペリー来航により、日本は外国の脅威にさらされました。江戸湾海防の実務責任者となった江川英龍に対して、幕府は江戸内湾への台場築造と平行して、反射炉の建造を許可します。ペリー来航以前から反射炉の研究を続けていた英龍でしたが、蘭書の記述のみを頼りに大規模な反射炉を建造することは非常に困難が伴いました。
しかし安政2年(1855)正月、江川英龍は反射炉の竣工を見ることなく病死してしまいます。後を継いだ江川英敏は、蘭学の導入に積極的で、反射炉の建造も行っていた佐賀藩に応援を求め、技師の派遣を要請しました。その結果、安政4年(1857)11月、反射炉は着工から3年半の歳月をかけて、ようやく完成したのでした。」
「完成した反射炉では、元治元年(1864)に使用が中止されるまでに、数多くの西洋式大砲が鋳造されました。これらの大砲は品川台場に28門配備されたといわれています。」
当初は良い鉄が出来ず、大砲がなかなか出来ず、お台場には大砲と一緒にお寺の鐘を並べて大砲の代わりにしたそうです。お寺の鐘は口を向けると遠目には大砲に見えたそうです。
IMG_1112bnbn (640x480)
IMG_1113kl;l; (640x480)
幕末の日本の技術もたいしたものだとNgさんと二人感銘を受ける。
伊豆長岡温泉 あづまや旅館 に到着。
部屋はHrさん、Thさんと同室。
早速温泉に入る。
「古奈温泉の開湯は、約1,300年前とされ、鎌倉時代の史書「吾妻鏡」にも登場します。蛭ヶ小島に流配された源頼朝も入浴したと言われております。」だそうだ。
温泉は何時入っても気持ちが良い。
すっかりのんびりしてしまう。
部屋に戻ったら、宴会が始まってる。
Thさんが幹事でこの会は長く続いてる。
愛知から、Ynさん、Hrさん。Hrさんの蓼科の新居には行ったばかり。
山梨からTrさん。元々この会は、Trさんが新潟転勤になった時に作られた。
Tmさん、Mnさん、Azさん、Ngさんの9名の参加。
食事に向かう。かなり出来上がってる。
日本酒が美味しくてつい飲み過ぎる。
わいわいと盛り上がる。
カラオケに行ってYnさんの歌を聴きたいとTmさんがわめく。Ynさんはもうそんなことはしないと言っていたが、Tmさんの死ぬまでには聞きたいと言う懇願に負けて歌ったようだ。
私は疲れがどっと出て(飲むと直ぐに眠くなる)カラオケパスして早々と休む。





東京競馬場

ネパール旅行でお友達になったWb夫妻にお願いして、Sさんと東京競馬場に行く。
競馬場に行くのは二回目。
入り口でWb夫妻と合う。(クリックすると拡大)
IMG_1003aa (640x480)
Wbさんは独自にデーターを膨大に蓄積している。今回は前回と違って出たとこ勝負でないので頼もしい。
夫人は初めてだそうだ。Wbさんも何時も招待席で見てるので、前の席で見るのは初めてという。馬を見たいので前の方が良い。
食事をしてから、Wbさんの膨大なデーターの説明を受けるがほとんどわからない。
予めWbさんが用意してくれた馬券の買い方の説明を受ける。新聞は見ないと言うが念のために購入。
酒樽の上で説明を聞く。馬連BOXとか馬単フォーメーションとか3連複とかいろいろあって、さっぱりわかったようなわからないような感じ。とにかくWbさんの用意した予想表のとおりに買う。一部変更。
馬券の買い方も分からないが、何とか購入。
パドックに馬を見に行く。
我々の購入したのは、東京9Rからだが、8Rの馬がパドックにいる。
IMG_1008aa (640x480)
1番から並んで廻ってる。(結果としてこの一番が優勝。)
IMG_1022aa (640x480)
先導の馬は白い馬で美しい。騎手が入って来た。
IMG_1029aa (640x480)
武豊がいる。
IMG_1032aa (640x480)
8Rのレースを見に行く。席は満杯で立って見るしかない。良く見えるが後半は疲れた。
IMG_1035aa (640x480)
あっという間に勝負が決まる。
IMG_1036aa (640x480)
1着は1番の ロジメジャー (内田騎手)、2着に武豊のロンギングゴールドが入る。
いよいよ東京9Rが始まる。馬が入って来た。
IMG_1043aa (640x480)
スタート前に揃う。
IMG_1046aa (640x480)
スタート。
IMG_1048aa (640x480)
走って来た。早いのでお目当ての馬がどこにいるのか良くわからない。
IMG_1049aa (640x480)
ゴール。Sさんが8番見たいと言う。
IMG_1050aa (640x480)
1着、8 ダローネガ 岩田 康誠
2着、12 ピオネロ 武 豊
IMG_1057aa (640x480)
当たった。これで1勝してWbさんがほっとしたみたい。
京都10Rははずれ。
京都11Rもはずれ。Wbさんのメモに難解とある。夫人が言い訳してるとからかう。
眼の前で見てないので負けたと言う悔しさが乏しい。
東京10Rスタート。
IMG_1061aa (640x480)
駆け抜ける。
IMG_1062aa (640x480)
コーナーは砂煙が上がる。
IMG_1063aa (640x480)
お目当ての馬が遅れてるみたい。
IMG_1066aa (640x480)
後半追い上げて入ったかな。
IMG_1067aa (640x480)
1着 10 ドコフクカゼ 岩田 康誠
2着 14 ソリタリーキング 戸崎 圭太
IMG_1071aa (640x480)
また岩田騎手のお蔭で当たった。2勝。
ここまではまずまず。後、1勝すればチャラか少し+かなと欲が出た。
新潟競馬場11Rは負け。これも難解のメモ。
いよいよ本命の11R、第20回NHKマイルカップ(GI)。
IMG_1077aa (640x480)
途端に人がどっと沸きだしてきた。
IMG_1083aa (640x480)
スタート。
IMG_1084aa (640x480)
本命が遅れてる。
IMG_1085aa (640x480)
ゴール。皆総立ち。本命が来ず。
IMG_1086aa (640x480)
1着 7 クラリティスカイ 横山 典弘
2着 9 アルビアーノ 柴山 雄一
3着 12 ミュゼスルタン 柴田 善臣
残念ながら負け。
横山騎手とクラリティスカイ。
IMG_1087aa (640x480)
IMG_1091aa (640x480)
終わった終わった。
立っていたのでどっと疲れが出た。
表彰式は負けたので見る気せず。
払い戻しをして、帰る。
喫茶店で、今日の反省会?
晴れたし、馬は美しかったし、気持ち良かった。
Wbさんは申し訳ないと言っていたが、それ程、悔しくない。
夫人からお土産の人形を貰って、Sさんはすっかりご機嫌。
またリターンマッチをお願いした。




宮ケ瀬ダム

Kmさん幹事のYMS温泉会(当初は山と温泉会だったが、山が落ちてしまった。)に行く。Hgさんが水力発電関連の仕事をしてる関係から、臨時幹事で「宮ケ瀬ダム」探索を計画してくれた。
紅一点Kmさん、大阪からSmさん、愛知からHrさん、退職間近のUnさん、他にKsさん、Hcさん、Tjさんが参加の10名。
本厚木駅集合。私が最後だった。昼飯のお握りをコンビニであわてて買う。
バスにかなり乗って愛川大橋で降りる。ここから歩いて宮ケ瀬ダムに向かう。(クリックすると拡大)
IMG_0876gfhf (480x640)
エゴノキの花が満開。
IMG_0877dfgfg (640x480)
結構皆早足。
IMG_0879jklljk (640x480)
ダムが見えてきた。Hgさんはあれは宮ケ瀬ダムじゃないよと言う。石小屋ダム。
IMG_0882ou (640x480)
石小屋橋を渡ったら行きどまりだった。
IMG_0885dfgf (640x480)
石小屋ダムの上からの眺め。
IMG_0887fghfg (480x640)
石小屋ダム。「石小屋ダムは宮ヶ瀬ダムの下流0.8kmの位置に建設された重力式コンクリートダムです。」
IMG_0889aa (640x480)
空木の花が美しい。
IMG_0893ghjh (640x480)
鹿がいた。皆大騒ぎ。
IMG_0895aa (640x480)
宮ケ瀬ダムが見えてきた。
IMG_0901aa (640x480)
大澤の滝。「新石小屋橋からは落差40mの大沢の滝を眺めることが出来ます。 」
IMG_0905aa (480x640)
宮ケ瀬ダムに近づいたら凄い迫力。
IMG_0907rtyt (640x480)
「堤高156.0mの重力式コンクリートダム、総貯水容量約2億トンという首都圏最大のダム計画は難航する補償交渉を経て、計画発表から29年後の2000年(平成12年)12月に完成した。」
IMG_0909aa (480x640)
階段を登りたいと言うのがいたが、通行止め。
IMG_0916aa (480x640)
黄色い花が遠くからでも目立つ。
IMG_0915yuu (640x480)
インクラインがあったが、帰りに乗ることにして行きは、ダムの中を歩いて、エレベーターで上まで行く。
IMG_0921fghf (640x480)
IMG_0922aa (480x640)
上からはいささか怖い。
IMG_0924aa (480x640)
歩いてきたところが良く見える。
IMG_0926tyuyu (640x480)
丹沢がかすかに見える。
IMG_0933aa (640x480)
宮ケ瀬ダムの資料館があってお勉強。「相模川の支川である中津川に、宮ヶ瀬ダムはあります。「洪水の調節」「水道水の供給」「河川環境の改善」「発電」を目的とし、 都心から約50km圏内に位置した首都圏最大級のダム貯水池 として、貯水池と周辺地域の自然環境の保全を図りながら良好な地域づくりを目指しています。」
勉強に疲れて一休み。熱心なTjさんなどは最後までお勉強。
帰りはインクラインで降りる。誰かがインクラインについて質問してる。「インクラインは、工事中に活躍したダンプトラック搭載型インクラインの一部を活用し設置されたケーブルカーです。」
IMG_0943aa (640x480)
もう一度ダムをつくづく眺めて大きいなあと思う。
IMG_0946aa (640x480)
ロードトレイン「愛ちゃん号」に乗ろうよとSmさんが言うが、Hgさんは無視して先に進む。
IMG_0948aa (640x480)
あいかわ公園に向かう。
ラベンダー。
IMG_0949aa (640x480)
40種類のツツジが咲く花の斜面を登る。途中、Kmさん、Unさん達がおしゃべりに夢中になり花の斜面を取り過ぎる。大声で呼んでも気が付かないので、Kmさんが追いかける。
IMG_0950tyytu (640x480)
エゴノキは満開。おばさんが落ちた花を掃除してる。
IMG_0951tyutyu (640x480)
階段が多い。
IMG_0953aa (640x480)
風の丘に到着。ダムが下に見える。
IMG_0955aa (640x480)
ここでお弁当。
IMG_0956hjkjk (640x480)
トンビが弁当を狙ってる。
IMG_0957aa (640x480)
あれはホウノキかと聞かれたので、カメラで拡大して見てそうだと答える。
IMG_0959uioiuo (640x480)
ゆっくりしてから再び移動。森のわたり橋を渡る。
IMG_0962aa (640x480)
服部牧場に向かって進む。
IMG_0964tyrty (640x480)
親子が一杯遊んでる冒険の森、広場を通過。
IMG_0966yuyu (640x480)
菜の花が咲いてる。
IMG_0968tyy (640x480)
服部牧場。かなり歩いた。
子ヤギが草をついばんでる。
IMG_0970rtyty (640x480)
お馬さん。
IMG_0972aa (640x480)
ロバ。
IMG_0973yuiui (640x480)
「マンクス・ロフタン」という種類の羊だそうだ。
IMG_0974aa (640x480)
仔馬がじゃれてる。
IMG_0978aa (640x480)
動物たちに癒される。
IMG_0981aa (640x480)
お目当てのアイス工房「カサリンガ」で全員アイスクリームを楽しむ。
IMG_0984ghj (640x480)
古いトラクターがあり皆夢中。
IMG_0986dfgfdg (640x480)
帰りは降り坂で楽ちん。
エゴノキとお別れ。
IMG_0990fghfgh (640x480)
再びバスで戻る。付き合ってくれたKmさんと別れて湯花楽で温泉、大宴会。
温泉は全て入ってゆだってしまった。
宴会はわいわいと楽しく談笑。笑いが絶えない。こういうのは免疫性を高めて、活力になる。
楽しかったよ。
帰ったらSさんはまだ映画の集まりから帰ってなかった。




小淵沢CC

天気は少し雲がかかってるが丁度心地よいゴルフ日和。
寒さ対策はしてきたが、半袖でも良かった。
甲斐駒ケ岳が良く見える。北岳には雲がかかってる。
IMG_0858hfgh (640x480)
このところ、ホタルかBBが続いてるので、何とか普通の状態(と言ってもへぼだが)に戻りたい。(クリックすると拡大)
1ae019766c8c4401f810904f605974f1aabd2ecb748c5 (640x480)
八重桜が綺麗。見とれてる場合じゃない。
2ag01b0b384daa19deee0b20a27e10d42591e199c28df (640x480)
前半は写真も撮らず、真剣にプレー。
出だしはミスったが、比較的ミスショットが少ない。Hdさんから10年前よりヘッドスピードが出るようになりましたねとおだてられ気分良くなる。
Trさんはメンバだけあって落ち着いたプレー。
Sjさんは腰を痛めてるがゴルフ大好きで止められない。
Hdさんはめったにプレーしないようだが、もともとは長距離ヒッター。
前半は、今年になって初めて何時も通りのプレーが出来た。
スルーで回る。
後半は、景色が良くてパチパチ。
南アルプスが見える。
3ak01bfffde6114c3603a47978c1c849cd76ee1dea334 (640x480)
甲斐駒、北岳。
4al019ff6de87a7f417c98a85373496659b6641a04f36 (640x480)
八ヶ岳も良く見える。
5am0186b8a0a2c1d58ea324b6ba266ea22f1fecebcbc0 (640x480)
景色に見とれたせいではないが、スコアはまとまらず。ショット、アプローチが安定せず。
最終ホールは3人とも乱れたが、私はかろうじて持ちこたえた。
6an01e16ade78c7c60281b240a2379f884ca365d0ce20 (640x480)
上がってみれば、Trさんは何時も通り安定したスコア。
Sjさん、Hdさんは同スコア。前半の貯金が効いて、二人を上回った。まあ良しとしよう。
昨日、Trさんに渡すのを忘れていた仙台のお土産の「竹鶴」を渡す。
風呂に入る。Trさんが内によって珈琲飲まないかと誘ったが、明日も忙しいので失礼する。
帰りの車もすいすい。
Sさんにどうだったと聞かれたのでまあまあと答えられた。




小淵沢

庭の芍薬。
IMG_0843yui (480x640)
部屋の胡蝶蘭。
IMG_0845ghj (480x640)
小淵沢に車で出かける。
この前も蓼科に来てるのだから、そのまま望月の別荘にいれば移動しなくて済んだのだが、水曜会の練習に出たかったので、一旦帰った。
連休が過ぎたので高速は空いていて、前回の半分の時間で、小淵沢CCのロッジに着く。
ロッジのツツジ。(クリックすると拡大)
IMG_0846hjkhj (640x480)
ロッジ。
IMG_0847kjljkl (640x480)
八重桜が満開。
IMG_0849fgh (640x480)
芝桜。
IMG_0850jkljlk (640x480)
ドウダンツツジ。
IMG_0852ghj (640x480)
南アルプスが見える。甲斐駒。
IMG_0853ghjhg (640x480)
ここでTrさん、Sjさん、Hdさんと合流。
温泉に入る準備をしてきたが、連休明けでお休み。
ロッジの経営者が変わって、ロッジが経営するステーキ屋に行こうと地元のTrさんが言う。車に迎えに来て貰って、ステーキ屋に行く。キースプリング。
01ce694a6e2c7728af0fbec1732ae13faaa64da13e (480x640)
Trさんが支配人に紹介されてきたが、美味しかったらまた使うと脅し?てる。
お勧めのステーキは高いので、一品物やサラダを頼む。
麦酒で乾杯。
YH会で会うようになってから、このメンバで年2回小淵沢CCでお泊りゴルフをするようになった。
Sjさん、Hdさんは其々実にユニークであるが、大変楽しい。
Trさんは地元でゴルフ場のメンバ。支配人を知っており、情報通。
話があちこちに飛び、噂話、近況、会社の状況、政治経済国際情勢まで及ぶ。紹介できないような内容が多い。
一品物とワインがなかなか美味い。
お茶漬けみたいのはないかとHdさんが聞くが、うちはステーキ屋ですからと女性に苦笑いされる。
まあ合格だねとTrさんが言って、次回も使うことになる。
車でロッジまで送って貰い、二次会をやったが、起きてられなくて抜け出して休む。この頃、飲むと直ぐに眠くなる。
Sさんにお休みの電話をしてバタンキュー。




口ずさむ勿忘草を妻と和す

庭のイキシア。
IMG_0628khjk (640x480)
ハーデンベルギア。
IMG_0636yuiyu (640x480)
クレマチス。
IMG_0823ghjhg (640x480)
ノビル(野蒜)。(クリックすると拡大)
IMG_0827kl;lk; (640x480)
芍薬。もうそろそろ終わりが近い。
IMG_0831yui (640x480)
ツルハナナス。
IMG_0833kl;lk (640x480)
ムラサキカタバミ(紫酢漿草)。
IMG_0834try (640x480)
オキザリス。
IMG_0836hjkhj (640x480)
紫蘭。
IMG_0837tyty (640x480)
ピラカンサの花。
IMG_0838yuiu (480x640)
久々のお休み。これからまた忙しいので一日ゆっくり休む。
大門句会勉強会その173の三四郎さんの句評を見る。
⇒三四郎さんの句評。
兼題は糸さん出題の「勿忘草」。
◇光
口ずさむ勿忘草を妻と和す
愛しさよ勿忘草は空の青
⇒勿忘草の歌と言えば私などは倍賞千恵子さんの「忘れな草をあなたに」を思い浮かべますが、別のドイツなどの歌があるのかも知れません。夫婦で歌う歌があるのはいいですね。
あの明るい青は空の青を映したもの。勿忘草賛歌ですね。広々とした高原の春を思い浮かべます。
野里子さん選。→西独映画の「わすれな草」に、テノール歌手役のタリアヴィーニが歌っていました。
50年以上も前の話です。倍賞千恵子さんのわすれな草もいいですね。
:Sさんはご機嫌だと時々口ずさんでる。そういう時、私もそっと口ずさむ。必ずしも勿忘草ではないが、想像して詠んでみた。
勿忘草の青はとても好きだ。澄み切った山の空の青と同じ。
私の選句。
◇野里子
時差慣れし勿忘草の国を発つ
⇒勿忘草は中世ドイツの悲恋物語に由来する名前。訪れた国でそういえばと古い物語を思い浮かべながら今日はもう出国。時差がその国との距離を感じさせます。
◇遊介
胸元に勿忘草を差す叔父貴
⇒粋な叔父さんですね。派手な薔薇などではなく可憐な勿忘草ですか。「私を忘れないで」と言いたいのかな。まさかね。
◇勝山
勿忘草売り物なれど隅にあり
⇒生花か鉢植えか、花屋の店頭で勿忘草を見つけた。隅っこにあるところが勿忘草らしい。
◇三四郎
勿忘草流人の墓の竹筒に
歌の練習をした以外は、Sさんとゆっくり過ごす。笑い声が絶えない。




八子ケ峰

皆早く起きてFjさん推奨の八子ケ峰に向かう。8名全員参加。
スズラン峠に到着。車が多い。蓼科山に登る登山者の車。八子ケ峰に向かう人はいない。(クリックすると拡大)
IMG_0745asd (640x480)
Iwさんが先頭で結構早い。後詰はFjさん。
IMG_0747fghf (640x480)
蓼科山が見えてきた。
IMG_0751aa (640x480)
八ヶ岳も見え始める。
IMG_0757aa (640x480)
登りが緩やかになる。
IMG_0758ytuyu (480x640)
ショウジョウバカマ。寒さのためか丈が低い。
IMG_0761fghf (640x480)
ヒュッテ・アルビレオ。
IMG_0763ghjgh (640x480)
360度の凄い景色が広がる。
八ヶ岳の右は南アルプス。
IMG_0764uioio (640x480)
仙丈ヶ岳に日があたってる。以前登った。富士登山の足慣らしに登るかもしれない。
IMG_0766aa (640x480)
御嶽山。噴火して多くの犠牲者を出した。
IMG_0767aa (640x480)
中央アルプス。木曽駒が見えてるはず。
IMG_0768aa (640x480)
標識の後は南アルプス。
IMG_0772aa (640x480)
北アルプス。右端に槍。
IMG_0776aa (640x480)
南アルプス。北岳が頭を出してる。
IMG_0777aa (640x480)
後は夢中。凄い景色に感動。
Fjさんが最高峰に行こうと歩き出す。
雪が残ってる。
IMG_0783ghjghj (640x480)
1869m。
IMG_0786kjlkj (480x640)
どうしても北アルプスに眼が行く。槍、穂高、大キレットが見える。
IMG_0788aa (640x480)
IMG_0792aa (640x480)
車山の向こうは乗鞍かなあ。
IMG_0789aa (640x480)
御嶽山に祈る。
IMG_0795aa (640x480)
もう興奮状態。
鳳凰三山、甲斐駒ヶ岳、北岳も登った。
IMG_0797aa (640x480)
八ヶ岳は登ってないルートがないくらいに登った。
IMG_0798aa (640x480)
槍だ穂高だ。
IMG_0805aa (640x480)
その内、雲が出てきた。
IMG_0809aa (640x480)
八ヶ岳の隣は南アルプス。
IMG_0812uioio (640x480)
最後にもう一度北アルプスを見る。
IMG_0815aa (640x480)
大満足して下山。
IMG_0818aa (640x480)
こんなにアルプスが全部見えたのは貴重。
帰って、Hr邸でしばし休息してから帰宅。また大渋滞で6時間かかって帰る。
帰ってすぐに水曜会の練習に出る。
練習は始まっていたが欠席の表示がされていたので、あれ来たのと声をかけられた。
疲れて声を出すのがやっと。
「The Lord bless you and keep you」
「For the beauty of the earth.」
「Cantate Domino」
女性は暗譜が進んでる。テナーのSkさんは暗譜してる。
「すみれ」大中恩作曲、田中浩一郎作詩。
「さくら草」
「たんぽぽ」
「菜の花」
休憩時間。
Mrさんに選曲委員会の記事作成を頼む。良く来たわねえらいと褒められた。
テナーは全員参加。
チケットが配られる。
「Best Friend」玉城千春作詞作曲、横山潤子編曲。
「さくら」森山直太朗、御徒町凧作詩、森山直太朗作曲、横山潤子編曲。
「秋桜」さだまさし作詩作曲、横山潤子編曲。
疲れた疲れた。
Sさんに疲れたよと連発。活躍しすぎよと言われる。




Hr邸のバーベキュー

Hr邸新居に向かう。連休中なので早めに出たが高速は大渋滞で6時間かかってしまう。(後で何でこんな時にしたのかと聞いたら私がここしか空いてないと言ったそうだ。やれやれ。)
蓼科湖の集合時間に遅れる。Hiさんに電話したら待ってると言ってくれた。
蓼科湖。(クリックすると拡大)
IMG_0639aa (640x480)
蓼科湖の蕎麦屋が満員で待っていたが丁度私がついた時席が空いた。嘘みたいなほんと。
美味しい蕎麦を食べてからHr邸に向かう。
新居でピカピカ。
IMG_0640ghj (640x480)
IMG_0647ghgj (640x480)
少し休んでからHrさんの案内で、Fjさん、Iwさんと散策に出かける。他の4人は料理の準備で買いだしやバーベキューの準備。
まだ花桃が咲いてる。寒いんだ。
IMG_0649aa (640x480)
水仙。
IMG_0653uiio (640x480)
レンギョウ。
IMG_0656iuoio (640x480)
山桜が咲いてる。
IMG_0657yuiuy (480x640)
ちょっと散策のつもりがHrさんはサッサと歩く。写真を撮ってると追いつくのが大変。
IMG_0665ioio (640x480)
ツツジ。また遅れた。
IMG_0668iop (640x480)
横谷峡の乙女滝まで行くと途中でわかる。
やっと横谷峡入り口に到着。4kは歩いた。
乙女滝の源。
IMG_0670aa (480x640)
かなり急な階段を降って乙女滝に到着。
IMG_0674uyiu (480x640)
マイナスイオンが一杯。
IMG_0676aa (480x640)
Iwさんは渋ったが急な登りはきつそうなので横谷峡を少し先に進んで緩やかに上にあがる所を探す。なかなか良い所だ。
IMG_0683aa (480x640)
珍しい岩もある。
IMG_0689aa (640x480)
先に行きたかったが、かなり歩いて疲れる。迎えに来てもらおうとHiさんに電話。Frさんに迎えに来て貰う。もう少し遅かったら飲んでいたので迎えに来れなかったよと言われる。
戻ってから小斉の湯に向かう。以前、YY会で来たことがある。
01e8569ec85610ff2c4373d8eaf7207a4b709a3e49 (640x480)
長い階段を上がって露天風呂に入る。
010ef74b261a7417272cbe0e23c9882c93e82edf92 (480x640)
小さな子供連れが入って来て賑やかになる。
戻ってからバーベキュー。Imさんの包丁さばきと、Hiん、Adさんの手伝い、Frさんの監督による力作。
IMG_0695yuiiu (640x480)
麦酒で乾杯して始まる。最初は火がなかなか燃え上がらない。
IMG_0704tyy (640x480)
Adさん、Hrさんが再度火を起こす。
IMG_0716ghjhgj (640x480)
少し肉が焼けだした時にあわててたれをこぼしてしまう。水で流して貰う。何しろ新居。しょうがないなあと皆に言われる。
IMG_0722tyty (640x480)
その内、どんどん焼きあがり、凄い量なので食べられるかと思ったが、肉がどんどん無くなって行く。
IMG_0727ghjhj (640x480)
麦酒、ワイン、日本酒、焼酎とどんどんはける。
ランプがあったので電灯を消して楽しむ。暗いので驚く。昔の人はこれで過ごしたんだと言いあう。
IMG_0740yuii (640x480)
薪が一杯ある。林を切り開く時に貰って薪割をしたそうだ。どうも手伝わせたみたい。
IMG_0742dfgfg (480x640)
小寒いので薪ストーブをつける。
IMG_0744aaa (480x640)
同じ釜の飯を食べたおじさんばかり8人の集まり。
Fjさんは山のリーダー。低山を登る会と北アルプスを登る会のリーダー。
Hiさんも山の仲間。あちこちの集まりに気軽に参加してくれる。楽しいキャラ。
Hrさんとは良く会ってる。ゴルフは名人。新入社員だった頃は超生意気だった。社長会長を退任して新居をたてる。
Frさんはいまだに毒舌が衰えてない。昔お公家と言う綽名があって見た目はおっとりしてる。
Iwさんはこの頃集まりに良く参加してくれる。ご機嫌でかなり饒舌。
Adさんは家で料理してるので一家言ある。模範的御亭主(自称)。
ImさんはHr邸の料理人に収まってる。本人は奥さんが不在の時のみの料理なのでたいしたことないと謙遜。
楽しかったが、前日の高尾山と渋滞の運転疲れが出て服を着たまま寝込んでしまった。




再び高尾山

再び高尾山。Ttさんの登りたい山、大山、金時山に続いて最後の高尾山を計画。
リーダーは再びKhさん。久しぶりに山に参加のTkさん。メールが故障で連絡が付かなかったNkさんも参加。Nzさんは前回に続いて参加。
高尾山口駅に集合。前回は屋根が工事中だったが完成していた。(クリックすると拡大)
IMG_0446aa (640x480)
混むからと別のルートを主張したが、Khリーダーの判断で王道の1号路を行く。
高尾山ケーブルの駅。無論ケーブルには乗らない。
IMG_0447aa (640x480)
六根石。「六根清浄とお唱えしながらお回し下さい。六根が清らかになる願いを髙尾山に宿る神仏にお祈りして精一杯ご精進下さい。 」「六根とは人の感覚器官である眼(見る)・耳(聞く)・鼻(嗅ぐ)・舌(味わう)・身(感触)以上の大切な情報を正しく判断する意(心)のこと。 」まず眼。
IMG_0449gfhhg (480x640)
おそうじ小僧に見送られて出発。
IMG_0451aa (480x640)
野いちごの花。
IMG_0453hkjh (640x480)
ほうちゃくそう ( 宝鐸草 )。
IMG_0455aa (640x480)
オカタツナミソウが一杯咲いてる。
IMG_0464aa (640x480)
前回降りた道を登る。かなり混んでいる。
IMG_0475ghjh (480x640)
変わった根っこ。
IMG_0476ghjhg (480x640)
天狗焼きを食べる。
IMG_0481aa (640x480)
展望台から高層ビルが見える。
IMG_0488k;;l (640x480)
各所に像が立ってる。
IMG_0491fghfg (480x640)
たこ杉。「かつてまだ参道が整っていなかった頃、参詣の人たちが参道がきついのに難渋していたため、山の天狗たちが道普請をはじめましたが、途中で大きな根を四方に張る杉にぶつかりました。そこで、天狗たちは明日にでも杉を引き抜こうと相談し、次の日の朝に来てみると、杉は根をくるくると縮めて、邪魔にならないようになっていた、という伝説が残っています。」
IMG_0492ghjh (640x480)
IMG_0493sdffd (480x640)
ひっぱりだこを皆なでる。
IMG_0494aa (480x640)
「身」があった。
IMG_0495gfhh (480x640)
浄心門。1号路で最初にくぐるのがこの門。
IMG_0496aa (640x480)
「鼻」。
IMG_0499hjkj (480x640)
更に階段を上る。1号路は階段が多い。
IMG_0500ioio (480x640)
句碑が至る所にある。
IMG_0505gjhj (640x480)
だんごを売ってる。珍しく女性陣が通過。
IMG_0507ghgf (640x480)
石楠花。
IMG_0508fgh (640x480)
「山門には東西南北を守護する四天王様が祀られています。東から持国天・広目天・増長天・多聞天となります。」
IMG_0509aa (640x480)
天狗に出迎えられる。「天狗様は飯縄大権現様の眷属(随身)として、除災開運、災厄消除、招福万来など、衆生救済の利益を施す力を持ち、古来より神通力をもつとされ、多くの天狗伝説や天狗信仰があり、神格化されています。この様に高尾山は、飯縄信仰と共に天狗信仰の霊山としても知られております。」
IMG_0513aa (640x480)
大きな六根清浄大石車を回してお参り。
IMG_0515hjkkj (640x480)
Nzさんは縁結びの神様にお参り。
IMG_0523aa (480x640)
更に階段を上がる。
IMG_0524yuyu (640x480)
「正式名称「高尾山薬王院有喜寺」は今から1260余年前の天平16年(744)に、聖武天皇の勅令により東国鎮守の祈願寺として、高僧行基菩薩により開山されました。薬王院の名は創建当初、薬師如来をご本尊とした事に由来します。現在は真言宗智山派の大本山として「成田山新勝寺」「川崎大師平間寺」「高尾山薬王院」が三大本山として知られております。」
IMG_0529aa (640x480)
「行基菩薩開山以来「薬師如来」を本尊として奉祀してきた高尾山は、俊源大徳の祈請によって「飯縄大権現」を勧請し、爾来これを本尊として奉安している。「飯縄大権現」は、その信仰の起こりとしては、信州善光寺の北にそびえる飯綱山、戸隠山一帯に淵源を発する。この地方は善光寺の起こりと共に仏教の歴史も古く、戸隠、飯綱の山岳信仰も古い修験道の歴史を伝えている。」
IMG_0526yuy (640x480)
ついうっかり寿命長久のところでお参りしたら、Nkさんからまだ長生きしたいのと言われてしまった。
階段を上って奥ノ院に向かう。
IMG_0534hkhkj (640x480)
奥ノ院。
IMG_0540aa (640x480)
「鼻」
IMG_0539gfhhg (480x640)
「意」。これで全部かな。
IMG_0542jkl (480x640)
浅間神社。
IMG_0544uiooiu (640x480)
山頂は大混雑。頂上の標識は記念撮影の列。
IMG_0545jkhjk (480x640)
おそうじ小僧がここにもいた。
IMG_0546fghgh (480x640)
富士山がかすかに見える。
IMG_0547dfgf (640x480)
大山が見えた。あそこに登ったとTtさんが喜ぶ。
IMG_0549aa (640x480)
ヘリが舞ってる。
IMG_0552gfgf (640x480)
山頂は混んでるので、昼食は更に先に進む。奥高尾。
IMG_0556khjkh (480x640)
前回お昼したもみじ台を通過。
IMG_0557jklklj (640x480)
レンゲツツジが真っ盛り。
IMG_0559k;kl; (640x480)
階段を降る。
IMG_0563hjkhj (480x640)
ウマノアシガタ?
IMG_0565gfhgf (640x480)
一丁平に到着。
IMG_0567uiuy (640x480)
ここで昼食。
IMG_0570hjghj (640x480)
Khさんんがシーツを広げたら蜥蜴が飛び乗った。
IMG_0569aa (640x480)
Khさんの沸かしたコーヒを楽しみながら楽しく食事。
城山から相模湖駅に下ることに。
高尾山は東海道自然歩道の起点になってる。
IMG_0573ghjh (640x480)
城山到着。
IMG_0585yuyu (640x480)
城山でなめこ汁を飲む。Nkさんがかき氷を食べてるので羨ましいと思ってたら、Ttさんが買ってきたので、少し強引に分けて貰う。ご満悦。
IMG_0583aa (640x480)
Nzさんはお腹を壊してるらしくてかき氷は食べない。
ちょっと景色を楽しむ。
IMG_0586uiui (640x480)
八重桜が咲いてる。
IMG_0591aa (640x480)
IMG_0592kjlkjl (640x480)
オオチゴユリ 。
IMG_0595ghjgh (640x480)
ジュウニヒトエ。
IMG_0598ghhg (640x480)
下山中ムカデが横切る。
IMG_0600aa (640x480)
オダマキ。
IMG_0605jklk (640x480)
相模川にかかる弁天橋が見えてきた。
IMG_0608aa (640x480)
弁天橋に到着。
IMG_0614ghj (640x480)
相模川。
IMG_0613ghjj (640x480)
猫に迎えられる。
IMG_0616aa (480x640)
もうすぐと思ったが、先はまだあった。
築井大橋を渡る。
IMG_0626aa (640x480)
やっと相模湖駅に到着。
IMG_0627hjgh (640x480)
Nzさんはお腹を壊してトイレへ。
電車が来たので、後で追いつきなと無情にも出発。後は高尾まで戻って、ふろっぴぃに向かう。
温泉に入ってる間にNzさんが追いつく。
打上げ。大いに盛り上がる。
Ttさんは願望の三山が登れたので大満足。Tkさんは久しぶりだったがNkさんのサポートもあり、最後まで頑張った。Nzさんはお腹壊していながら良く来てくれた。Nkさんはこれからも暇なうちに山に来ると言う。Khさんのお蔭で二度も高尾山に行けた。
T皆満足してるので良かった良かった。




恵比寿で会食

慶東戦に行く予定だったが、用が出来たので断念。
庭の芍薬。
IMG_0429fghf (640x480)
クレマチス。
IMG_0439tyuy (640x480)
ツルハナナスが咲き出す。一時枯れてしまったので、挿し木して復活した。(クリックすると拡大)
IMG_0432tyuytu (640x480)
シャガ。
IMG_0442rty (640x480)
部屋の胡蝶蘭。
IMG_0445ghjjg (480x640)
恵比寿ビヤホールに出かける。
最初に到着。Tdさん、遅れると言っていたMdさん、最後にTsさんが来る。
久しぶりのTsさん。元気そうで何より。
まずは琥珀麦酒で乾杯。
話が弾んで盛り上がる。おせっかいをして集まって貰ったが良かった。
綺麗なお姉さんがサラダを作ってくれたのでついパチリ。
01b26c3d8539413eda1365157bc641b0bb8fd4b7a9 (640x480)
011af6707af0d8381693ba441cfabf15674ccc4ff8 (640x480)
喜んでると言われつつもついパチリ。
014303d4405c0766d3a9b29d32c563d8c0d93ec113 (480x640)
0133fc3c34fede2b1427ead316a59c2d64600440af (640x480)
タコのガーリックバター焼き。
01608187f0d8ec1c2d0ccd1907731eb44e660eee4f (640x480)
2時間半ばかり、大いに語り合った。
私は明日、高尾山なので、帰ったが、女性たちだけで二次会を楽しんだようだ。




«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR