FC2ブログ

2015-03

Latest Entries

剪定後庭一面の光あり

庭のネコヤナギ。ピンクなのが可愛らしい。
IMG_7364gfgh (640x480)
アフリカンデージー。(クリックすると拡大)
IMG_7363gfhgh (640x480)
沈丁花。
IMG_7357fghfgh (640x480)
熱は下がったし、体の節々の痛みも取れたので、もう起きて活動しても良い所だが、今年の風邪はぶり返してしつこいと聞いてるので、もう一日、おとなしく寝てる事にする。何時も、早目に活動しすぎてぶり返し、長引かせる失敗をしてるので。
大門句会勉強会その167の三四郎さんの句評を見る。
兼題ははなさん出題の「剪定」。
⇒三四郎さんの句評。
◇光
手の届く脚立の範囲剪定し
剪定後庭一面の光あり
⇒それはそうでしょうとしか言いようがない。面倒がらずに脚立を据えなおして別のところも剪定してください。
無駄な枝が取り払われて庭に日の光が降り注ぐようになった。気持ちがいいという気分も光を感じさせるのでしょう。
:この頃、剪定をSさんがしてるので、脚立を移動させてきっちり剪定してる。以前、私がやっていた時は、脚立の移動をしないで手の届かないところは剪定しなかった。枝が変に伸びたりした。
Sさんは剪定大好きなので終わった後は、すかすかになり空も庭も大きく広がって見える。
遊介さんの選句。
◇三四郎
剪定の切口ながめ得心す
◇光
剪定後庭一面の光あり
→ 共に剪定作業の後の一景。お疲れさまでした。
三四郎さんは枝の切り口に光さんは庭に剪定後の目線が行ったところがそれぞれの個性がでていると思いました。
私の選句。
◇野里子
剪定の枝に触れつつ落ちし枝
⇒切った枝が下の枝にかかりながら落ちるまでを見守っています。時々引っかかって落ちない枝があるんですね。
◇はな
剪定の梯子の上の独り言
⇒あれとこれを切ってとか、段取りをつぶやいているのでしょうか。それともまったく関係のない繰り言。下で見ている人は首を傾げたでしょうね。
◇夢路
剪定の地下足袋の跡残る土
⇒剪定そのものではなく職人さんの地下足袋のあとに注目しました。季語そのものではなくその周辺を見まわしてみるというのも大事な作句方法です。
◇遊介
剪定のリズム外さぬ嫁姑
⇒嫁と姑が剪定をしている、じゃあ男は?とつっこみを入れたくなります。息の合った嫁と姑ですね。家庭も波風たたなさそう。
◇三四郎
剪定の切口ながめ得心す
剪定の枝の向うに岩木山

じっと寝てるのも退屈になって来た。
Sさんをやたらと呼ぶので怒られた。
Sさんに伝々の会の横浜狂言堂の鑑賞会(山本東次郎、大蔵流)に代わりに行って貰う。何でもSさんに頼み込んで申し訳ない。




スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR