FC2ブログ

2015-03

Latest Entries

剪定後庭一面の光あり

庭のネコヤナギ。ピンクなのが可愛らしい。
IMG_7364gfgh (640x480)
アフリカンデージー。(クリックすると拡大)
IMG_7363gfhgh (640x480)
沈丁花。
IMG_7357fghfgh (640x480)
熱は下がったし、体の節々の痛みも取れたので、もう起きて活動しても良い所だが、今年の風邪はぶり返してしつこいと聞いてるので、もう一日、おとなしく寝てる事にする。何時も、早目に活動しすぎてぶり返し、長引かせる失敗をしてるので。
大門句会勉強会その167の三四郎さんの句評を見る。
兼題ははなさん出題の「剪定」。
⇒三四郎さんの句評。
◇光
手の届く脚立の範囲剪定し
剪定後庭一面の光あり
⇒それはそうでしょうとしか言いようがない。面倒がらずに脚立を据えなおして別のところも剪定してください。
無駄な枝が取り払われて庭に日の光が降り注ぐようになった。気持ちがいいという気分も光を感じさせるのでしょう。
:この頃、剪定をSさんがしてるので、脚立を移動させてきっちり剪定してる。以前、私がやっていた時は、脚立の移動をしないで手の届かないところは剪定しなかった。枝が変に伸びたりした。
Sさんは剪定大好きなので終わった後は、すかすかになり空も庭も大きく広がって見える。
遊介さんの選句。
◇三四郎
剪定の切口ながめ得心す
◇光
剪定後庭一面の光あり
→ 共に剪定作業の後の一景。お疲れさまでした。
三四郎さんは枝の切り口に光さんは庭に剪定後の目線が行ったところがそれぞれの個性がでていると思いました。
私の選句。
◇野里子
剪定の枝に触れつつ落ちし枝
⇒切った枝が下の枝にかかりながら落ちるまでを見守っています。時々引っかかって落ちない枝があるんですね。
◇はな
剪定の梯子の上の独り言
⇒あれとこれを切ってとか、段取りをつぶやいているのでしょうか。それともまったく関係のない繰り言。下で見ている人は首を傾げたでしょうね。
◇夢路
剪定の地下足袋の跡残る土
⇒剪定そのものではなく職人さんの地下足袋のあとに注目しました。季語そのものではなくその周辺を見まわしてみるというのも大事な作句方法です。
◇遊介
剪定のリズム外さぬ嫁姑
⇒嫁と姑が剪定をしている、じゃあ男は?とつっこみを入れたくなります。息の合った嫁と姑ですね。家庭も波風たたなさそう。
◇三四郎
剪定の切口ながめ得心す
剪定の枝の向うに岩木山

じっと寝てるのも退屈になって来た。
Sさんをやたらと呼ぶので怒られた。
Sさんに伝々の会の横浜狂言堂の鑑賞会(山本東次郎、大蔵流)に代わりに行って貰う。何でもSさんに頼み込んで申し訳ない。




踏青やここは海抜5メートル

部屋のシンビジューム。
IMG_7355fghfgh (640x480)
今日は今年初めてのYY会の日。スノーシューで入笠山が計画。
とてもスノーシューが出来る状態でないので、Imリーダーに欠席したいと伝える。しかし私の車が必要なので、その場合は集合の橋本駅まで、車を持って行って、Mzさんに運転して貰い、電車で帰り、帰りも橋本駅で受け取ろうかと考えていた。Sさんに運転を頼むかもしれないが。
Imリーダーはご不幸があって、急遽リーダーはKdさん。
結局天候がすぐれず、中止とImリーダーに決断して貰った。
熱は下がったし、体の調子も回復してきつつあるが、ここでばたばたして風邪を復活させ長引かせるといけないので、今日明日は休む。
1日に送られてきた大門句会勉強会その166の三四郎さんの句評を見る。
兼題は勝山さん出題の「青き踏む」。⇒は三四郎さんの句評。
◇光
無精髭スマホ片手に青き踏む
踏青やここは海抜5メートル
⇒自分ではなくそんな人を見かけたということでしょう。せっかくの野遊びなのにスマホを見ながらとは世相ですね。ながらスマホはいけませんよ。
東日本大震災以降、あちこちで海抜表示を見かけるようになりましたが、海岸からかなり遠いけど意外と海抜数メートルという場所がありますね。ここもそんな公園か遊歩道なんでしょう。
:実は私の事。スマホに嵌ってしまった。
この頃、歩いてると海抜何メートルと言う表示に気が付く。矢上川の流域で見かけた。ここまで津波は来るんだろうか。
遊介さんに海抜の句を選句して貰う。素敵な句評で感動。
→ 青青した春の野の果ては断崖絶壁。大学生の頃に観た映画「ライアンの娘」を思い出しました。まだ冷たい潮風も感じられます。
私の選句。
◇馬空
踏青や新馬従へ誘導馬
⇒競馬の出場馬をパドックから馬場に颯爽と導く馬が誘導馬。新馬戦でしょうか。蹄が踏んでいく草も青々としています。
◇野里子
ちよろちよろの流れに沿ふて青き踏む
⇒少し前までは枯れ果てていた畔の草もずいぶんと伸びてきた。側溝の水は少ないがこれも春の水だ。
◇遊介
踏青や子供のやふに手を繋ぎ
⇒熟年夫婦でしょうか。実際は転びそうなので手をつないでいるのかもしれませんが、無邪気で仲良くていいですね。
「よう」の旧かなは「やう」です。
◇さら
軽き舞ひ三津五郎丈春に逝く
⇒あまりに若い夭逝でしたね。踊りの名手と聞きました。「軽く舞ひ」とすると踊りながら旅だったということになり意味は変わりますがこれも一句。
◇はな
踏青やかけら散らばる窯の跡
⇒登り窯でしょうか。もう使われていなくて地面には草が生えている。窯の煉瓦の色と草の色の対比が絵になりますね。
◇勝山
軟球のころがり来るや青き踏む
⇒広っぱで草野球をやっているのでしょうか、それともグランドの周りの草場の散歩でしょうか。のんびりとした昼下がりです。
◇夢路
青き踏むのびらかに馬草千里
⇒馬が草を食んでいる阿蘇の大草原を思いました。大景が気持ちよく詠まれています。
◇三四郎
来し方に悔いは数々青き踏む
喧嘩して飛び出たものの春の闇




Sさん頼り

朝起きたら、熱は下がり気味だが、まだ37℃は超えてる。普段36.5℃前後なので、まだ体がヴィールスと戦っている。
寝汗もかいた。着替えて横になったらまた寝てしまった。
Sさんに起こされて、ジュースとおかゆと味噌汁を飲む。食欲はない。ジュース作り、食器洗いは私の担当だが、今日は勘弁。
また眠くなり眠ってしまう。今日は午後からどうしてもせねばならない用事があるので、目覚ましをかける。
目覚ましで起きたら、熱が下がっていた。体の節々の痛みも取れる。
Sさんに腰と背中をマッサージして貰い起き上がる。
出かける準備をする。Sさんも一緒。
庭の沈丁花が咲き出した。
a01fcc9c47d75b724e3e59eb673a39ed4941b86d074 (640x640)
蕗の薹が顔を出す。
b0138e24c5f5f72c218fdab432c630eb19abfdd68b6 (640x640)
クリスマスローズ。(クリックすると拡大)
c01df0ef91947bb9ad16be3e46f00990aa4f08309fc (640x640)
近所のクリスマスローズ。
d01f8c7e28e07a8eb905ebd8ecb56aa3fb6d13dde70 (640x480)
枝垂れ梅。
e01c1f87800da900aeb2cea2be301c058c61c7d04b7 (480x640)
緋寒桜。以前、大きな緋寒桜があったが建て替えでなくなってしまった。
f01fbb56b23c6e351715703526a8727b3b588cf1425 (640x480)
一日半寝ていただけでこんなに体力が落ちるものだろうか。
Sさんに腕を組んで貰って引きずって貰うような状態。
駅の階段がきつくてエスカレータ、エレベーターを使う。
電車で何時もSさんは素早く席を見つけて座るが、今日は譲ってくれた。
会議室に入る。1時間位の打ち合わせの間だけはしゃんとしたので助かった。
終わったので、早々に帰る。家の前の坂にふうふう言う。わずかな時間の外出なのにどっと疲れた。
帰って、直ぐに休む。熱が上がったのではと心配したが、ヴィールスの戦いに勝ったらしくて平常熱だった。
また昏々と眠る。いくらでも寝れるから不思議。免疫性を上げてるのだろうか。
Sさんは普段から優しいが、病気になると特に優しい。




風邪でダウン

明け方から寒気がして熱が出る。
風邪をひいたらしい。空港で寒気がしてたがやはり風邪だったか。
熱が出てくるので熱さましを飲んだが、下がらない。38℃になる。
今日は、白酔会中心の恵比寿の飲み会を計画したが、行けそうもない。Sさんに割引券を持って行ってくれと頼む。
飲み会はSkさんに行けないのでよろしく頼むとメール。他にNzさん、Kmさんにメール。
遅れると言うメールが、Arさん、Toさん、Myさんから入ったのでそれぞれ謝って、Skさんに転送した。
正にと年寄りの冷や水になってしまい残念無念。
Sさんが帰ってきて、賑やかで楽しかったわよと報告してくれた。13人の出席。
薬は飲まないほうが治りが早いとネットで見たので、薬は飲まずにじっと我慢。夜中まで熱は下がらず。

今シーズンのスキー終了

ニセコ最終日。今シーズン最後の滑り。
Twさんが脚を痛めたので、お休み。昨日に比べて腫れが引いてるのでそれほど酷くはないようだが、歩くと痛むようだ。
6人で出発。
昨日と打って変わって、天気は良くない。Mnさんがこれが本来のニセコの天気。昨日は非常にラッキーだったと言う。
アンヌプリでゴンドラに乗って上に行ったらガスで見通しがきかない。(クリックすると拡大)
a01380c0f97e5d85183b36d339a1a722ee0bbb361ab (640x640)
スピードがどれ位出ているかわからず不安のまま滑る。
aa0121ebb8aee028c55a7bc82a19aaa90befa886b6e5 (640x640)
上はガスで見通せない。
aaa019835eb0f5a5385035f82103a7f32b86506bdd8db (640x640)
下に降りると見通しが立ったので、下で滑る。その内ガスが晴れたので、下まで行ってゴンドラに乗ろうということになる。
ab017b4ba91b07604495214c120faef361e9f80cd1ca (640x640)
皆すっ飛ばすのでついて行くのが大変。
ac0187c9eab32fb0c290c660e738cb7eb72953bf87de (640x640)
Sさんに危ないところに行くな、怪我するなと厳命されているので、慎重にならざるを得ない。
ad017b89ea2ef366da75e2ba5abcd90a63e3900f4a4d (640x640)
Hnさん、Mnさん、Otさん、Krさんがすっ飛ばし、私がやっとついて行く。Ikさんはゆっくり滑る。
ae0155ee0d5be3f808bae3c065ed5360411354daa3ec (640x640)
美味しい珈琲の店で休憩。
af01d95c2e3c64a3de8839711f4687059576e83f60ec (640x640)
皆は林の中を滑るので、私とIkさんはパス。
ag01b1653c28545b2f8ebf04d8ff6552c72e304977d2 (640x640)
がこれが裏目。最後の傾斜のところでIkさんの後ろを滑っていて、近づき過ぎたと思って曲がった途端正面衝突した。私が悪い。Ikさんのスキー板が変な形で止まったので、Ikさんがスキー板を外す。急坂で板を嵌めるのに苦労する。何とか二人とも怪我は無かった。
ah012b624f3697d322b168efc70f47f9565d716b3f36 (640x640)
Mnさんからあんなに広いのに何故ぶつかったのと言われてしまう。
しばらく滑ったが脚が重くなってきたので切り上げる。最後までHnさんとKrさんは滑ってる。
今シーズンのラストランが終わった。23日間無事終了して感謝。
蔵王、万座、蓼科、栂池、赤倉、蔵王、志賀高原、栂池、ニセコと良く滑ったものだ。
ホテルに戻って、パッキングして、宅急便を送り出す。Twさんと合流。
奥さんと一緒に来てる旦那が何でもお母さんお母さんと頼んでるのを見て、私の方が多少ましかなと思う。Sさんがいたら同じことになってるかな。
風呂に入る。気持ちいいなあ。
ホテルとお別れ。来年も来たいなあ。
バスで新千歳空港に向かう。
途中のトイレ休憩で、100円キノコ汁を飲む。キノコ一杯でなかなかのものだった。
ai01d67e771e30b3764108371bb347d00ca9f1884acd (640x640)
新千歳空港で出発が遅れる。お土産を買う。待ってる間に少し寒気がした。
飛行機の中で、Hnさんが挨拶される。幹事ご苦労さん。Twさんの怪我はあったが、無事に終わったほうだ。感謝で一杯。
羽田からの帰りは、バスにした。
Sさんに衝突しちゃったよと言ったら、悲鳴を上げられてしまった。怪我はないよとあわてて言う。
素晴らしかったよと今シーズン最後のスキー談義をする。




ニセコ全山制覇

ニセコ三日目。晴れた。張り切って出発。
8時半のホテルからのバスに乗ってニセコアンヌプリ国際スキー場に向かう。
昨日と違って圧雪が綺麗にされている。
aa01ebe9ec85cdd97776b6e4a2cfd874f23ce98c099d (640x480)
アンヌプリゴンドラでゴンドラ山頂駅に到着。(クリックすると拡大)
ab01627734c7f6d7d0b4bd8bcfb36c4fee4acd21cca7 (640x480)
頂上に向かうリフトが強風で動いていない。隣のニセコビレッジに行くには歩いて上がって新雪を横切るしかない。リーダーのHnさんがパトロールの人に聞いてる間にKrさんがどんどん登って行ってしまった。ここらは年取ってるからなかなか統率が取れない。我々も従う。新雪を登ってから、横切って移動し、やっとニセコビレッジのコースに入る新雪を滑り降りるところで最長老のTwさんが転倒。Ikさんが心配して助けようとしたが、自分で立ち上がると言ってる。8*歳頑張る。
ac011517198607db6a14c92759cbb68ec10905a481c1 (640x480)
もうすぐニセコビレッジのワンダーランドコースに入る。
ad019b2d885b0fb15a6fe63fb13992020ff8fc4a9bf5 (640x480)
ニセコアンヌプリ山頂(1308m)。
ae01c0fbc78de27d1e664cf69685b04b218ab3d21074 (480x640)
リフトで上にあがり、ワンダーランド(最大斜度25度、960m)、たべさ(26度、1,880m)、じょっぴん(35度、970m)、ざんぎ(24度、500m)、ジャンクヤード(35度、970m)、なまら(27度、650m)を滑る。
af01846f1fac692635879bf6725334100d8b8d9bfe8a (640x480)
なまら。羊蹄山に雲がかかってる。
ag01d812175008a8852d5c6ac29f192e35b53fda331c (640x480)
下まで滑り降りる。
ah018fcf3d987499d8899f612bcb0703503b731a0376 (640x480)
ニセコゴンドラ、リフトで山頂まで行く。シュノーケルコースを降りる。急斜面だったが圧雪してあったので何とか滑れる。
ai010c5f866adc3d2b0411f3cc30f898e7543947a1b3 (640x480)
グラン・ニセコ・ヒラフコースに移動して、滑り降り真ん中にあるエースヒル・レストハウスと「白い恋人」温度計に到着。温度計は人手で動かすからあてになりませんよと誰かが言う。-5℃だった。
aj0187b8fde77b35d3cb59d41ebe3ab2cde57bd8e208 (640x480)
国体コース(34度、1,100m)、第二の壁、高原コースを滑り降りる。ここらはどんどん滑るので、ついてくのがやっとでどこを滑ってるか、いささか怪しい。
ajj01cc414750b16dcd69084818c92c63968614219a2d (640x480)
ak013ffb66bd2d9b1c08d51261244244ebfd7b8baec1 (640x480)
ヒラフゴンドラで上まで上がる。
「ヒュッテキングベル」で休憩 。
al01a9b28d0840a651a9f300b1a5740d87b7a46d777f (640x480)
羊蹄山は雲が少しづつ上にあがってる。
all01772798728408aad2f238d5c0ed1fc9248b8ddfbb (640x480)
am01de3d591336db38b704ce741a622f30c62aeaab3d (640x480)
再びアンヌプリ山頂を目指す。
an01f10b62e629fd55becd298eb36589bd98d64501bd (640x480)
リフトで山頂到着。
ao01e4be5828da7260bbb16b602cdf269af7ad7d6764 (640x480)
圧雪してないコースで急。
ap0109e86f3e0f5f242573dd8d938e0b4539c459e347 (640x480)
Mnさん達は果敢に滑り降りる。
私は少し雪が鳴らしてあるところを探す。ラージコース(32度、650m)。
aq014cdb120fb76e38e41170f8866189e8a40e041235 (640x480)
何とか滑り降りて一息つく。最初に飛び出したMnさんが来ないので待つ。
ar01aa47241c95a7c2e36c2c3be22e31032eba3b64bb (640x480)
Mnさんが到着。途中で待ったみたい。
arr010ae70e88e6f288c5066909fceb08620a2b65af01 (640x480)
センターコース(25度、900m)、国体コースを滑り途中から、脇道に入る。
as013f5ba41a84a2d231113f0c7a2a30f91a691ce263 (640x480)
at01bbbefc8f11b6de77129cc569147184fd5949d72c (640x480)
望羊荘に到着。Twさんが転んで足を痛めた。転んだ時に脚の筋が伸びたと言う。
au01730a0ed41c9c8f4cc5396bfb45c2e721203acfb1 (640x480)
外人ばかり。日本人は我々のみ。外人の穴場になってるようだ。外国語が飛び交い、ヨーロッパのスキー場に来てるみたい。メニューは純日本風で安い。
望羊荘の横のリフト。
auu016b4cd692ff9deb284c949545c707a6b7c3995d13 (640x480)
羊蹄山の雲がますます上にあがって来た。
av01a3a9528ce7a14daeff64b4c0550c467392b4e40b (480x640)
Twさんがこれ以上滑るのは無理とわかり、下まで送る。
aw01bcdc8ae5b3fd8854d29ec113d48fb2f9a3a84fbb (640x480)
羊蹄山が全容を見せ始める。
ax016907f20be749f53ad57087a341e2730946fd5b18 (640x480)
ヒラフの下まで降りる。
ay0193aeb790d85c8ce8ad464d6b08ee5477113b5502 (640x480)
タクシーでTwさんをホテルまで送る。8*歳で良く付き合って頂いた。酷くなければ良いが。
ヒラフゴンドラ、リフトを乗り継いで、再び山頂。
ayy01185d7b501c04a9348fd8b28a59320de5a485771d (640x480)
羊蹄山が美しい。「羊蹄山(ようていざん)は、北海道後志地方南部(胆振国北西部)にある、標高1,898mの成層火山である。後方羊蹄山(しりべしやま)として、日本百名山に選定されている。富士山によく似たその整った姿から、郷土富士として蝦夷富士(えぞふじ)とも称される。」
az011c4210784644c923f7160a373acd561336797892 (640x480)
ダイナミックコース(30度、530m)を滑って花園コースへ向かう。
ba017b2d3b09c71028428c6839bceba4e342f776ca3b (640x480)
花園コースは急坂となだらかとが交互に来る。
羊蹄サンセット(29度、1,238m)、クリスタルガーデン、ステアウェイ・トゥ・ヘブン(26度、1,506m)。
bb01b2780c3e9cb10a38f63ef28f2a32c3451e6f1168 (640x480)
羊蹄山は美しい。こちらの富士の方が好きと言う人がいるそうだが、良くわかる。
bc01c1d37682a944bac013b67a239880a0615459b765 (640x480)
リフトを乗り継いで再び山頂。
bd01c70ee52546c00f04a551da146321239eb58cc052 (640x480)
シュノーケルコースを降りて再びビレッジを滑る。長いランで疲れる。
be01c08c36b2236a15189ec77f292a26d5c21dbcfd1a (640x480)
ゴンドラ、リフトを乗り継いで、再び頂上。チャンピオンコース(25度、565m)を滑ってアンヌプリに向かう。
be01f30ca74089119ec28be9e25508bb65ad2cecf950 (640x480)
アンヌプリを滑り降りる。
bf01d18787c12aac0729b9aa05c00be25d3fc58f02f5 (640x480)
パノラマコース(24度、475m)などを滑り降りる。
bg01095ba7e0fb79be79d63bf87f51cb18064e0eadab (640x480)
最後は脚が張って来たので、Ikさんにサポートして貰い、皆と別れて降りる。元気なMnさん達は、更に滑った。飛ばし屋が多いので、大変。
bh01c405c29e3cb34ea426b8fd6ce5c27d1e2868ea82 (640x480)
疲れたが最高の一日だった。ニセコの全コース制覇した。
帰って、Twさんの様子をうかがったが、早目に冷湿布をしたので腫れもそれ程ではない。軽い方だと思うが、明日にならないとわからない。Mnさんが痛み止めを渡してる。
温泉。ほっとするひと時。
Sさんに無事に終わったよと連絡。危ない所は避けて慎重に滑ったよと言う。声を聞くと心がときめく。
食事前の一杯は軽めにする。
夕食は何時も通り豪勢。全部食べないようにした。
bi01971cc0ca06b59103dd17ac3b8ae748b55b56f795 (640x640)
bj011e54c8edbf45d896924c7c9f773180b4c3f27c78 (640x640)
bk01e9693f22672f057d73ef855faa6b1613287dcbce (640x640)
bl0154e01bcb0e37077271154e54c84f5621ad8e544d (640x640)
bm014ec8b6f47bd05fd0b32e49d3394daeb1321e5fb1 (640x640)
bn0185c596ecf83dbf960fde6510327c6fefecfdb0e5 (640x640)
bo019f3cb4247895ba7759d10d8d12dd9fb84057df88 (640x640)
bp0146968531ebbb64edb52de91dafc116aac04c2549 (640x640)
bq01ad5b60921a275dc6b27b6967a75e2a2611ff08a3 (640x640)
二次会はTwさんが休んでる事にかこつけてパス。良く滑ったので疲れがどっと出てきた。




ニセコは吹雪

ニセコ二日目。
朝風呂に入る。雪が降って風が吹いてる.。寒いけど露天風呂が気持ち良い。
朝食はバイキングなのでつい取り過ぎる。
ニセコアンヌプリに向かうバスに乗る。ホテルからの出口。(クリックすれば拡大)
aa014f1c521d14b551b6c73c9089027fcb3e8b882752 (640x480)
ニセコアンヌプリで滑るかと思ったら、強風で上のリフトが動いていない。
ab011a29970623ece71e19e2f8741e07a36f53b8173e (640x480)
一本滑って、Mnさんの提案でバスでヒラフに移動。ここもヒラフゴンドラ以外はほとんど動いていない。
ゴンドラで上に行ったが吹雪が激しくて良く前が見えない。
ac01b889cdbef9c6ebf98e298cdbcd0f192da94a6850 (640x480)
さすがのベテランたちも見えないと怖いと言う。
ad013ff2edbfe9af975e8533a91189e4bae7dca9af4f (640x480)
見晴らしコースとあるが何も見えない。
ae01e6349eb27c5fc98994cf603335118db67a376d4d (640x480)
どこを滑ってるかわからないがとにかくはぐれないようについて行く。
先頭はHnさん、Mnさん、Otさん、Krさんが続く。見失わないように滑るがかなり早い。後ろは最長老Twさんがゆっくり滑り、Ikさんがサポートする。
af012a16d4657e7d433c18663c849b900216340ba539 (640x480)
ヌプリの鐘。「初代ヌプリの鐘、昭和48年設置の「小助川の鐘」と標高が同じ千m台地に、ツアースキーヤーの遭難防止にと願いを込め設置。」
ag016a49c5bbf37565d816c90adfb1393547b284e46a (640x480)
吹雪が激しくなったら休んで、見えるようになったら滑るを繰り返す。
ah016a01ea43ce502b4effe70866529ecfa80699c104 (640x480)
aj011016fa3e3756e32fc893a0d42bf0e8327daf64bc (640x480)
ゴンドラしか動いてないので滑ってはゴンドラに乗る。
ゴンドラは混んでいて長蛇の列。久しぶりに20分位待つ。
外人が半分以上で海外で滑ってるみたい。
ak01e51bb37b9a92e0f0cb33b60d8258963c95cc07dd (640x480)
雪は固く滑りにくく疲れる。
al01851b5245e50e87eeca95ae3ee3b31bef5fc6a457 (640x480)
国体コース(最大斜度34度、1100m)、第二の壁(かなり急坂)、高原コース、フリココース(30度、460m)、アルペンコース(28度、814m)を滑ったのでないかと思う。
am01e39d8748009e1a559c2bcfb4ecc0ad8f66db4f54 (640x480)
an01ffaf129a179bf261c1240f8d1705b9ccf5d9025c (640x480)
ゴンドラを6本乗っては降りる。
ao01c639ec1b8f41d35f517e38f677fb9a6f0a4ce06f (640x480)
良く滑った。5時間近くヒラフに留まる。
ap01ddb5b315d2df2d99883335499b6541f6fa4704b8 (640x480)
明日は晴れると言う予報を信じてバスでホテルに戻る。途中、アンヌプリでリフトが午後から強風で全部止まってしまいスキーヤーはヒラフに移動しようとしたが、バスが無くて行けなかったと聞く。朝のMnさんのヒラフに移動しようの判断が正しかったと感心する。
早速温泉、飲み会。飲むのはほどほどに控える。昨日はつられて飲み過ぎた。
料理は今日も豪華。
aq0187333e4c53c0d57ace35793d2d15b09a67071020 (640x480)
ar010da806c2720bfe4c23916e6ec8df30b279acf4ab (640x480)
as01b3f65aec09a0f13d406759b143df08da25edad9b (640x480)
at019a1c3c4b57b746b86356a60e8259ca65bab99d2d (640x480)
au01e3c1b6fdcf62dc1b909d13aa97d3a40b14951559 (640x480)
av01f11c01d8054bbe88c2a612863ac7ed2b64742f4d (640x480)
aw016b91ec42197f7e8725d41ed3a57503b7d9087e35 (640x480)
ax01b3d3b5ca6aa6f3fc99b2ff7d91f6bc5c86daaf65 (640x480)
ay014004829f8abd7710772985b3416ef8ea009ac7f3 (640x480)
前半喜んで残さず食べたので後半入らなくなり残してしまった。冷酒が美味しくてつい手が出てしまう。
お腹一杯で生演奏を聴く。
az016b7e367c9202ab2ef290a018ec776f639d8c0d77 (640x480)
二次会。
もう飲めないが何とかお付き合いする。それにしても皆お強い。
Sさんが吹雪だったんじゃないのと心配したが慎重に滑って転ばなかったよと報告。
部屋は最長老のTwさんとMnさん。Twさんが直ぐに眠られるので助かる。




ニセコ

3月になる。
今シーズン最後のスキーに出発。
ニセコスキー場。
傘輝会に参加。この会は傘寿で元気に滑ろうと言う会。最長老のMzさんに誘われて参加するようになった。Mzさんは残念ながら怪我でこのところ参加されてない。幹事はHnさん。この会は、蔵王、志賀、ニセコと3回計画があるが、今年はニセコのみ参加。最長老8*歳のTwさん、喜寿のIkさん、年上のKrさん、同じ年のOtさん、唯一1歳年下のMnさんの7名。
Sさんに危ない所に行かないようにね、怪我しないようにねと見送られる。
初日は羽田空港で集結。時間通りに行ったが一番後だった。
新千歳空港に向かう。
新千歳空港からニセコ昆布温泉、ホテル甘露の森に向かうが、バスの時間に余裕がある。一本前にできないかとKrさんが言い、Hnさんがかけあったが既に満席。
時間があるので北海道ラーメン道場に向かう。(クリックすると拡大)
aa0195e0f1c95a8ee51036385ad52dd47059dc914328 (640x480)
呼び込みが激しくて迷ったが、札幌味噌拉麺専門店けやきに入る。
辛い味噌ラーメンを頼む。ふうふう言いながら食べる。辛いが美味い。
バスで3時間位かかってニセコ昆布温泉、ホテル甘露の森に向かう。
途中、トイレ休憩。雪が一杯。
ab012edb4b931b967edbf2e0abcbb06b88ec34ea4f3e (640x480)
これでも少ない方だそうだ。今年は例年と違って道東が多いそうだ。
ホテルに到着。
ホテルの温泉にゆっくりと浸かって、部屋でビールで乾杯。
皆酒豪揃い。Hnさんが持ってきた余市のウイスキーを飲む。これが51度。オンザロック。恐る恐る飲んだが、香りが良くて美味い。ついおかわりしてしまいすっかり良い気持ち。
食事は美味しい。
ac01906eae805b0c4db7481ebc8c2ab895d91293d1ff (640x480)
ad018079da10b4912c183417f4914018df6dc3c1bb85 (640x480)
ae01f6ab10a0dcdd726fd9ed4647b9e58586a9d360b1 (640x480)
af017c632b1be70d594c72312cb978052e633659b77b (640x480)
ag01bd88adb8833207ec02e8311284149e12da7f407f (640x480)
ah01e4aa6cacdca5e37440efa77f1d45376922dda473 (640x480)
ai0105fc5c00fcfe8b1e821605fb0a803c9aef4ed1b7 (640x480)
aj01d1b129a78ba9f2a30e8d734ca6c6da20b3be2665 (640x480)
赤ワインを飲み出来上がる。お腹一杯。
フロアでお雛様が飾ってある。
ak017a771a95b18e874c9790551672e46b001a3790b0 (480x640)
生演奏があったのでしばし楽しむ。
al01df48607d7fda509878c0d389b4326a4d1aa53baf (640x480)
ボサノバの演奏。Twさんがアルハンブラを頼んだが、クラシックは出来ないと断られる。
部屋に戻ってSさんに電話してからバタンキュー。




«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR