FC2ブログ

2015-01

Latest Entries

ちょっと散策

友人のNkさんが20年前の後藤さんと知り合いで、とてもいい青年だったと言っていた。Sさんと二人で祈る。
スキーに備えて、毎朝、真向法、屈伸運動、スクワットを行う。
その後、食器洗いとジュース作り。Sさんと会話しながらの食事は楽しい。
スキー板とスーツケースを宅急便で送る。
Sさんは、映画評論の集まりで出かけると言うので、私も切符を買いにみどりの窓口に行く。
近所の梅。(クリックすると拡大)
IMG_7105hjkkj (640x480)
みどりの窓口で並んであと一人と言うときに前の二人がすごく時間がかかる。私の後にずっと行列が出来たが皆静かに並んでる。ようやく順番が来て、赤倉行きと、蔵王行きの往復チケットをジパング倶楽部で買う。その次の志賀高原は次に買うことにした。
帰りは二駅歩く。何時ものルートでなくてスマホのマップに従って歩いてみた。今までのルートとは違っていたが、確かに短い。
最初にお菓子の店でお菓子を買い込む。
市ノ坪神社でお参り。
IMG_7108ghjhj (640x480)
「当神社は元、神明宮と称し、創建年代は詳らかでないが、武蔵風土記の市ノ坪村の項に「大神宮、村の北にありこの所の鎮守なり」と記されている。大正五年第六天社を合祀し、昭和四十七年社殿改集と同時に、市ノ坪神社と改称した。」
IMG_7109jkljkl (640x480)
小さな小川を渡る。寒々としてるが春に来たら違って見えるだろう。
IMG_7111hgjhgj (640x480)
カルガモ。
IMG_7113klkjl (640x480)
「ブレーメン通り商店街は、1991年3月にブレーメンの旧市街にできたロイドパサージュ(商店街)と友好提携を結びました。その後、お互い頻繁に行き来してイベントを開催したり、環境先進国ドイツにならって商店街でも積極的にエコ活動に取り組むなど、今日まで、20年以上の長きにわたって交流を深めています。」
IMG_7114hjkhjk (640x480)
プリムラ。
IMG_7115hjkjk (640x480)
やっと家の側の矢上川に来る。親子連れが川を覗いていたのでカルガモか鯉がいるかと思って覗いたが、何もいなかった。
IMG_7116fdgf (640x480)
日吉公園の階段を登る。
IMG_7117ghfgh (640x480)
家に到着。
Sさんがいないので、メールの返信をしたり、本を読んだり、溜まった録画を見たりして過ごす。
集まりが終わってSさんが帰ってきた。直ぐにしゃべりだして圧倒される。Sさんの囀るような話を聞いてると心があったかくなる。




スポンサーサイト



雪やこんこん

Sさんが雪降ってるよと言われて起きる。
降ってる降ってる。
着込んでベランダに出る。
IMG_7081fggf (640x480)
周り中が白くなる。
IMG_7083dfgdfg (640x480)
見慣れた景色が一変する。(クリックすると拡大)
IMG_7085rett (640x480)
コンクリートのところは雪が積もらない。
IMG_7087fghgh (640x480)
土の上は積もる。
IMG_7096sfsfd (640x480)
少し霙気味になる。
IMG_7100ghjj (480x640)
温度が少し上がった。
IMG_7101ghjgh (640x480)
Sさんが道路の雪かきをしてる。
浄水器交換の人に、Sさんが車だと坂の昇り降りが危険なので、どこかに車を止めて歩いて来てと話してる。
雨に代わる。
Sさんはニット教室に出かける。寒いのにご苦労さん。私の靴下を手編みで編んでくれてる。今着てるチョッキはSさんの手編みであったかくて重宝してる。
大門句会勉強会の兼題をこなす。野里子さんの出題で「春近し」。傍題は、春隣、春まぢか。
作りやすい兼題だがかえって平凡になりがち。苦吟して何とか投句。
机の上に溜まった書類整理。毎月一度は行う。家計簿も兼ねるので、夜中までかかる。やっと終了。疲れた。






M会新年会

Skさんが参加してる「第64回 サロン・ド・ジュディ展」に行く。
場所は例によってスマホのマップ頼り。
会場に着いたら、Trさんが既に来ていた。この前の湘南旭会新年会の時に見に行こうと約束した。
Skさんは軽い脳梗塞で眼が一時不自由になったが、今は回復途上。全く元気そう。奥さんからいろいろ話を伺う。外のスケッチも近いうちに復帰できそう。私も軽い脳梗塞はやったことがあるので他人事ではない。元気になって良かった。
Skさんの作品の一部。Trさん邸がある大泉に行った時の作品もある。
IMG_7069gaaahjj (517x640)
爽やかな作品が多い。
IMG_7073gjaaaghj (640x414)
IMG_7075lfaaagg (510x640)
IMG_7077jkjaaah (640x415)
IMG_7078gaaajhg (451x640)
Skさんの今までの作品は下記のWebで見れる。
「Tosky's Watercolors」 (http://www.toskyworld.com/water/)
Trさんも絵を描くので興味深く鑑賞。
終わって、M会の会場に向かう。Trさんは山梨から今日出てきて、今日中に帰ると言う。しょっちゅう東京に出てくるので実に忙しい。
M会はかなりの人が集まっている。幹事はSmさんとJnさん。
とりあえず予行練習の乾杯。
長老のKkさんから極彩色生活を感心して頂く。Nkさんから良く活躍してるねえと言われ、嬉しくなる。
会長のMkさんが登場したので、会長の音頭で乾杯。
16名集まった。参加率が実に良い。
Hrさんが傍にいるので、蓼科に住所を移したが、まだ奥さんが決心がつかずに移れないと言う。奥さんのためにしたことが通じないと言う。奥さんにきちんと言わないと駄目だと言って。Sさんに聞いてみろとSさんに電話をかけさせたが、久しぶりの挨拶で終わってしまった。
IwさんからFace Bookを良く見てる。良く動いてますねえと感心される。Face Book仲間は他にもHtさん、Fdさん、Nmさん、Toさんと5人もいる。彼らが見てますよと言う。
近況報告で新しいスキー板が私にぴったりで若い頃の様にかっ飛ばせて爽快だと言ったら、スキーの選手だったWtさんに皆がどんなものかと聞く。Wtさんとはレベルが違う。Wtさんも困ってむにゃむにゃ言ってる。
Nmさんがそんなにすごいなら、頭に着ける何とかいうカメラを買って、撮影してみせてくれと言う。
Mk会長に85歳のKbさんと一緒に滑っていると報告。華麗な滑りでスキー仲間の励みになってると話す。今度会ったらKbさんに報告しておくよと言って貰う。
Fdさん、Kyさんとネパールは是非良いから行くべきだと力説。Fdさんの妹夫妻は南極に行ったそうだ。そう言えばSさんも行きたいと言っていた。Kdさんが極彩色にチャレンジしてるとFkさんから聞いて嬉しくなる。
皆の挨拶が非常に前向き。仕事をしっかりした人たちは、退職後の生活も前向き。皆の熱気で熱くなる。オーラを一杯貰っちゃった。歳を重ねた男たちもなかなかのものだ。
最後に長老のKkさんが〆る。
帰って、Sさんに実に楽しかったと報告。良かったわねえと喜んでくれた




涙そうそう

部屋のシンビジューム。
IMG_7063dfgd (640x480)
IMG_7064fghf (480x640)
歌の練習を一通りしてから、練習に出かける。毎日歌ってないと声が出ないのだが、スキーシーズン中は時間の余裕が無くてなかなか出来ない。
めちゃ寒い。
発声練習が既に始まっていた。
参加率が下がってるので、前列に座る。TuさんとNzさんの間。
「all things bright and beautiful.」
47小節「He made them ev-'ry one:」「one」は軽めに。
「The Lord bless you and keep you.」
24小節「・・・his coun-te-nance up on youーー」なめらかに。
29小節「and give you peace,--」なんども練習。
「Cantate Domino.」
71小節「For the Lord is・・・」4パート揃える。
「涙そうそう」森山良子作詩、BEGIN作曲、横山潤子編曲。
初めての練習。
出だしの「ahーー」を各パートごとに練習。
リズム感がいまいち。例えば「いちばーん ぼしに いのるー」の「いちばーん」「いのるー」。
休憩。
テナーはKkさん以外出席。
お菓子の袋の開け方がわからなくてSkさんに教えて貰ったら、Htさんも空けられなかったそうだ。Htさんが何かわめいたが良く聞こえず。
Nzさんは筋肉痛があまりないと言う。
大中先生の曲が決まったので、楽譜係のTuさんが張り切って報告。
伊藤忠コンサートはSmさんステマネ、Nzさんが見習いステマネ。
「秋桜」さだまさし作詩作曲、横山潤子編曲。
「みのる」伊藤海彦作詩、荻久保和明作曲。
50頁「(U)<」は「ウオ<」。
終わった。
外に出ると超寒い。
来週は赤倉スキーで休むので飲み会に行く。
側にTtさん、Tdさん、Adさん、Hmさん、Onさんがいる。隣にいたMsさんが何時も女性に囲まれてますねと言う。意識してないがたまたまそうなっただけ。
Adさんに「新しい板が大当たり」とLINEしたら、「スポンサーはどなた?当たったのは切手一枚・・・」何か年賀はがきの抽選と勘違いされたみたいな返事が来た。スキー板とわかり大笑い。
途中からパートリーダー会、マネージャー会が終わって、参加者が増える。
Onさんにマスターの授業内容や将来のことなど聞く。しっかりしてる。
HmさんとKmさんから誘われた話をする。不思議なつながり。
Ttさんといろいろおしゃべりする。中学時代の仲間との新年会の話をする。
帰る時に先生に握手されて、今度お話しましょうと言われる。困った。何しゃべろうか。




88会新年会

昨日より暖かいのでノースポールが開いてる。(クリックすると拡大)
IMG_7055dfgf (640x480)
アフリカンデージーも昨日より元気そう。
IMG_7056fgdg (640x480)
中学時代の仲間の88会に出かける。
近所のパンジー。
IMG_7059fghfh (640x480)
水仙。
IMG_7061bnmbnm (640x480)
会場の銀座コットンは何度も来てるが、方向音痴なので覚えてなくスマホのマップ便り。細い道の入り口がわからず少し迷ったが何とか到着。幹事のHrさん以外全員揃っていた。この会はHrさんが10年位前の中野第八中学校の同期会の時に、ゴルフをやるメンバと言う事で始まった。一時はかなりな人数がいたが、少しづつ減って今回は寂しい事に6名の参加。
幹事のHrさんは一時インド移住を考えたが、断念した経緯がある。
Knさんが八中が2,3年で統合されて無くなると言う。また鷺宮小学校も統合とか。少子化で学校統合が進んでいく。
都立家政の名前の由来とか、誰それがどうしてるとかと言う話が飛び交う。
次回のゴルフはHdさんのコースでやろうと言う事になる。
そこらまでは良かったが、Kzさんが昔話をしだす。高校受験の時や高校時代のラクビーの話。最初は良かったが、長々と続くのでいささかうんざり。
Hrさんが将来の話をしようよと言ったが、Knさんがもうやりたいことはすべてやったから、後は東京オリンピックを見たいだけだと言う。私は仕事をやってる最中は仕事しか出来なかったので、今はやりたいことが一杯あると言ったが、スキーも山も旅行もやりたいことはやりつくしたと言う。
Knさんが、マドンナのOgさんにおじさんたちの話をどう思うかとか、女性たちの話はこんな感じかと聞くと、Ogさんは多彩な活動をしてるので受け答えがしっかりしてる。女性はようやく育児と介護から開放されたので、これからいろんなことをやりたいと言う話が多いと答える。その後のおじさんとのやり取りは、Hrさんとの話が弾んで聞き損った。彼はインドで挫折したが今はやりたいことを見出したと意気盛ん。
3時間の新年会が終わって、次回は桜の花見と言う事で散会。男性3人は更に飲み会、カラオケ。
Hrさん、Ogさん、私は喫茶店に入る。これからの話は面白かった。昔話より、今何してるかとか将来何したいかの方がよっぽど楽しい。
Hrさんは健康管理をしっかりしていて、その関係の仕事を始めて張り切ってる。100歳まで生きて世の中を見届けたいと言う。若い奥さんとも仲が良い。
Ogさんは学校の相談員を長くしており、20回も講演が入ってると言う。子供のいるマレーシアやオーストラリアに一人で行くと言う。
スキーの板を新調したら滑りが変わって、楽しいと言う話をしたら喜んでくれた。多少元気が出てきた。
帰ってから、Sさんにその話をする。普通のお年寄りはそんなものよ言う。新年会に出て来るだけでまだましで出て来ない人の方がもっと年寄り臭いわよと言う。貴方は良い仲間がいて良かったわねと言ってくれた。




ジョガー行く土手の日溜り冬菫

庭の水仙。
IMG_7053hgjjh (640x480)
ノースポール。(クリックすると拡大)
IMG_7051fhgh (640x480)
アフリカンデージー。
IMG_7052hjkh (640x480)
新年会の予定だったが、Kgさんが急遽用事が出来たので、Ydさんと相談して延期する。
おかげで一日、スキー疲れを癒す事が出来た。
筋肉痛はないが体は少しだるい。
三四郎さんの大門句会勉強会その162の句評を見る。
「兼題は馬空さん出題の「冬菫」です。私の近所では見かけませんが暖かいところでは咲いているのでしょうね。」と。
⇒は三四郎さんの句評。
◇光
ジョガー行く土手の日溜り冬菫
そこここに亡き子の気配冬菫
⇒気持ちのいい冬晴れの日ですね。大きい川の土手なんでしょう。腰を下ろした作者のそばに冬菫。後ろをジョギングの人が通り過ぎる。
冬菫の咲いているような場所というと野山ですね。亡くなったお子さんと遊びに来た場所なんでしょうか。ただ、そこここがどんな場所なのか少し手がかりがほしい。
後句を遊介さん選。→ 動くもの「ジョガー」と動かぬもの「日溜りの菫」の対称が面白い。
後句を野里子さん選。→隣には愛妻も。暖かい景です。
:以前、多摩川の土手で見かけた風景。柔らかな日差しだった。いろんな人が走っていて良く思い出せないが若い女性がさっと通り過ぎて行ったような気がする。
後句は、風がそよぐような感じがして亡き次男の気配が感じられる。歳月がたっても次男が帰ってくるような気がする。
私の選句。
◇野里子
五十年ぶりの校庭冬菫
扁額の比翼連理や榾の宿
⇒母校の小学校でしょうか。日当たりのいいフェンスのそばに菫が咲いている。五十年前は遊びに夢中で気づかなかったなあ。
◇遊介
念入りに紅を差してや女正月
⇒今日ばかりは家事も休み晴着でお出かけ。芝居見物か温泉か。わくわくする気持ちがわかる。
◇勝山
犬とよく登りし丘や冬菫
⇒「登りし」だから今はその犬はいないのでしょう。思い出の丘ですね。
◇はな
SLの煙は残り冬菫
⇒SLが走る鉄道の堤ですね。南側の土手に菫が咲いている。たぶん周りは田んぼがひろがっているような田舎の路線だろう。
◇三四郎
どんど焼吉書も反故も舞ひあがり
湖光る安土城址や冬菫

Sさんが帰って来たので、スキーの楽しかった話を散々する。編み物しながら聞いてくれた。
私の靴下を編んでる。途中時々、足を上げて編みかけの靴下をはかされるので、聞いてるのか聞いてないのかわからない。




栂池よ また来るよ

昨夜は11時ごろ眠ったので、それ程寝不足ではない。以前の白酔会だと毎日寝不足のまま滑っていたが、今年は助かった。
Khさんは朝風呂に入ったようだ。
朝食には寝過ごす人もなく、全員揃う。昨夜は飲み会は午前様にはなったようだ。Nsさんはこれで帰るのでお別れ。
Iwさんは幹事として、集金に忙しい。幹事部屋に荷物を集める。
ゲレンデ前に揃う。(クリックすると拡大)
IMG_0614a.jpg
取りあえず上に向かう。天気は昨日ほどよくない。曇天。
初心者二人Kmさん、Myさんのレッスンは、Skさん、Szさん、Thさん指導で続いている。MdさんがSkさんが滑れないので気の毒がって、Mrさんに代わってあげてと言うが、Skさんは最後までレッスンに取り組む。
栂の森ゲレンデに到着。
IMG_0619a.jpg
二三本楽しく滑る。仲間たちと一緒に滑るのは爽快。Ktさんが一緒に滑って面倒見てくれる。Tmさんはあっという間にかっ飛ばして見えなくなる。馬の背にIwさん、Mdさんは向かう。Khさんも初めてなのでとチャレンジ。私は遠慮。
ハンノキゲレンデを滑る。
IMG_0623a.jpg
Nzさんが何時も最後尾。皆が待つ。彼は弱音を吐かずに頑張る。
IMG_0624a.jpg
白樺ゲレンデを何本か滑る。
IMG_0625a.jpg
一旦、休憩。皆集まってくる。Khさん、Szさん、Thさんはもう麦酒を飲んでる。レッスンを受けてるKmさん、Myさんはさすがに疲れた顔してる。
再び上に向かう。馬の背を滑って来たKhさんは滑るのではなくて降りるだけですねと言う。
IMG_0628a.jpg
中間駅でゴンドラに乗り、再び頂上の栂の森ゲレンデ。天候が回復してきた。晴れ男は誰だと自慢する。
IMG_0633a.jpg
ここから下まで一気に降りる。気持ちいい。レストラン「ラ・ビスタちくに」に入る。ここで昼食。皆が揃ってくるが、Nzさん、Jbさんが来ないので心配したが、間違ってお好み焼き屋に入ったみたい。やがて現れる。電車組のTmさん、Ngさん、Tnさんは既に別行動で帰路についてる。
半日券組はここから歩いて帰る。BnさんがリーダでKmさん、Myさん、Jnさんを引き連れて降りる。一日券組はゴンドラに乗って上まで上がり、滑り降りる。
再び栂の森。
IMG_0636a.jpg
滑りを見て、良くなったわねとSk指導員に褒められた。嬉しいね。Iwさんからも後ろから滑ったが早くなって良くなったと言われる。
IMG_0643a.jpg
気分良く終了。
ベルハートに戻って温泉に入りさっぱりする。パッキング。
老眼鏡を誰かが忘れたと騒ぎになる。幹事のIwさんが探してやっとTnさんととわかる。彼は万座でもマフラーを忘れた。
Teさんにお別れの挨拶。また雪祭りの時に来ますと言う。
栂池よさようなら。また来ますよ。
ベルハートにお別れ。
IMG_0650a.jpg
皆にお別れをして、帰路に着く。
Skさんの車で帰る。Mdさん、Nzさんと一緒。
直ぐにMdさん、Nzさんは静かになり眠りだす。私も睡魔が襲ったが、しばらく我慢。Skさんが寝ても良いよと言ってくれたのであっという間に寝入る。
目が覚めたら、お土産屋による。道の駅。Sさんの好きな干し柿を買う。
高速が空いていてスムーズに帰れる。Skさんにお礼を言って別れる。
帰って、Sさんにスキー板が良くて上手く滑れたと報告。Sさんは大変喜んでくれて安い買い物をしたわねと言ってくれた。こういうところが好きだ。




白酔会

同室のKhさん、Bnさんは午前1時ごろ、到着した。Iwさんの車も同じ頃到着。Szさんの車はそれより少し前に着いたと言う。その頃私は白河夜船。
朝食の呼び出しでレストランに向かう。全員19名が揃う。
白酔会は、40年位前に事業所のスキー部がつぶれたのを、米国帰りだったMgさん(残念ながら、今回は所用で不参加。)が再構築。その時に私がおこがましくもスキー部の部長になる。それ以来スキー部がつぶれても白酔会と言う名称で続いてる。最近は栂池のベルハートが拠点。メンバは入れ替わったが、20名位が何時も参加してる。
白酔会とは白馬で酔う会と言う意味。何時からか酒豪の集まりとなった。
幹事はMkさんから今回Iwさんに代わる。Mkさんは体調を崩して不参加。
初参加は、Kmさん、Myさん、Jbさん。3人はレンタルしたり、Iwさんの持ってきた板を借用。
ピーカンの天気で最高。チケットを購入。(クリックすると拡大)
IMG_0504a.jpg
広大なゲレンデからは、鹿島槍ヶ岳や五竜岳、白馬八方スキー場のある唐松岳、岩岳スキー場、白馬鑓ヶ岳、白馬杓子岳、白馬岳、白馬乗鞍岳等、様々な山が見えるがどれがどの山かわからない。
IMG_0502a.jpg
IMG_0503a.jpg
まずは鐘のなる丘ゲレンデで足慣らし。
IMG_0511a.jpg
初心者のKmさん、Myさんには指導員のSkさんがついてマンツーマンレッスン。後になってSzさん、Thさんが加わって3人体制でレッスンとなる。
Myさんの滑る後ろをついて滑ったが、高校時代に2日間しか滑った事が無いにしてはしっかりしたボーゲン。山で鍛えて足腰がしっかりしてるから、上手くなりそう。
全員揃ったところで丸山に向かう。初心者とSkさんは鐘の鳴る丘ゲレンデでレッスン。
丸山ゲレンデ。
IMG_0507a.jpg
IMG_0508a.jpg
気持ち良く滑っていたら、Ktさんが滑りが変わりましたねと言う。新調した板に代わってから、軽く滑れると思っていた。緩やかなコースだからかもしれないと思いつつ、気分が良い。
向こうにハンノキゲレンデや白樺ゲレンデが見える。
IMG_0510a.jpg
ハンノキゲレンデが見える。
IMG_0513a.jpg
Kmさん、Myさん、Skさんはここでレッスンすると言う。Szさんも指導に加わる。
Iwさんのリードの元、上を目指す。
リフトを乗り継いで栂の森ゲレンデに着く。
白馬鑓ヶ岳、白馬杓子岳、白馬岳、白馬乗鞍岳等が見える。
IMG_0515a.jpg
IMG_0516a.jpg
IMG_0517a.jpg
IMG_0518a.jpg
栂の森ゲレンデを滑り降りる。気持ちいい。
IMG_0521a.jpg
「標高1700mならではの、たっぷり積もった上質の天然雪が自慢のゲレンデ。」最大斜度:23度。かっ飛ばす。
IMG_0522aa.jpg
景色を満喫しながら滑るのは最高だね。
IMG_0523a.jpg
板が私にぴったり合って、実に滑りやすい。かっ飛ばしても後傾にならない。
IMG_0526a.jpg
カフェテリヤ栂の森で休憩。休むのがもったいないくらい。
IMG_0527a.jpg
仲間たちが次々と集まってくる。
Nsさん、Mrさん、Khさんはもう麦酒を飲んでる。滑る間は飲まなようにしてる。Tnさんはバーボンをペットボトルに入れている。
一休みして、昼食会場に向かう。
IMG_0528a.jpg
ハンンノキゲレンデを降りる。Khさんは随分上手くなった。蔵王でがんがん滑ったみたい。
IMG_0536a.jpg
「最上部から麓まで3km以上のダウンヒル。」最大斜度:30度。
最長老80歳を超えるTmさんが絶好調で休まずすっ飛ばしてる。我らのお手本。
IMG_0538a.jpg
急斜面でもいつもと違って楽に滑れる。Ikさんが滑りが変わったと言ってくれる。板が変わるだけでこんなに滑りが変わるんだと言う。うーん、自分の滑りは見えないが、何となく板にしっかり乗ってる感じはする。
IMG_0542a.jpg
Nzさんが苦労して滑ってる。時々転ぶ。Mdさんがサポート。かなり疲れてるようだが、頑張ってついてくる。こちらはゆっくり休めて助かる。
IMG_0549a.jpg
IMG_0554a.jpg
途中、林道を抜けて、からまつゲレンデを降りる。
Bnさんはショートスキー。
IMG_0559a.jpg
今まで滑って来たコースが見える。
IMG_0565a.jpg
鉄板焼きのお店が満杯。あきらめてもう一軒の常連「ラ・ビスタちくに」に入る。
混んでいたが、少し経ったら空いて来て全員座る。Skさん、Szさん、Thさん達レッスンの先生と生徒のKmさん、Myさんもやって来て全員揃う。Kmさんにどうだと聞いたら疲れたと答える。
昼食後にゴンドラで上まで行く。
この板が良いんだねえ。
IMG_0588a.jpg
ハンノキゲレンデを降りる。Ngさんの先生はTnさん。先生が一杯いて心強い。
IMG_0589a.jpg
チャンピオンゲレンデを滑る。「平均斜度26度と手強い斜面ですが、幅の広い一枚バーンのためスピードの怖さを感じさせません。」最大斜度:35度。
滑りがいがある。Szさんから少し頭を前に出したらと注意される。
IMG_0593a.jpg
帰路に向かう。脚の疲れがない。腿ははっていない。滑りが変わったんだ。
IMG_0597a.jpg
途中にレッスン組と合流。一緒に滑る。
Kmさんは調子良く滑ってるが変なところで転ぶ。Sk指導員は止まり方は教えてないと言う。変に止まる癖を着けたくないそうだ。
IMG_0606a.jpg
無事怪我もせずに終る。
風呂に入ってさっぱりする。
Sさんに無事終了と報告。
食事前にMrさんがやって来て、一杯やる。
レストランの食事は女性4人に囲まれてハーレム状態。記念にパチリ。男共を羨ましがらせる。
二次会の宴会。
全員揃う。Iwさんの司会で始まる。
まずは乾杯。
初参加の紹介が始まる。
Kmさんは水曜会のメンバ。富士登山をしたいと言い出したのが私との接点。その後北アルプスも登りすっかり山ガール。スキーにもほとんど滑った事が無いらしいが、行くと積極的。気持ちの良い前向きの女性。
Myさんは、受験の時、Nzさんが先生だった。南アルプスも登る健脚。御岳山でNzさんが滑落した時、助けた。スキーは高校の時、2日間滑ったのみ。2,3年で私に追いつくかもとSkさんに脅かされる。19人の中で最年少。
Jbさんも水曜会の仲間。水曜会の最年少。非常にまじめで山に誘ったら参加。スキーも誘ったら参加してくれた。最近はあまり滑ってないようだ。
最長老のTmさんは80歳を超えるが、ノンストップのすっ飛ばし屋。海外スキーを何度もご一緒した。知り合ったきっかけは、社長時代に仕事上のお付き合いから始まった。
Skさんはこのチーム唯一の指導員。Kmさん、Myさんの指導を引き受けてくれた。私のスキー選びをしてくれ、これが大当たりだった。山でもリーダを勤める。山登りでは月山でアイゼンをはめるのを手伝って貰ったら、良いお嬢さんですねえと言われてしまった。
Mdさんは水曜会でスキーに誘ったらすぐに来てくれた。水曜会のメンバが次々と山やスキーに来てくれるようになったのはMdさんのお蔭。彼女から私のスキーが見違えるようになったと言われ、舞い上がった。
Szさんは愛知組。かってはほとんどが愛知組だったが、今は東京に転勤したりして愛知組はすっかり減ってしまった。白酔会では最古参組。海外スキーもこなしスキーを楽しんでる。
Iwさんは今年から新しく幹事となる。新しい白酔会に脱皮しそうな感じがする。彼の会社に赴任した時に、スキーに行くメンバを募ったら参加してくれた。17,8年位一緒に滑ってる。一時はこぶ斜を滑り過ぎて腰を壊したが今は回復。かっ飛ばし屋。山でも早く先頭を行く。
NsさんもIwさんとほぼ同じ時期にスキーで一緒するようになった。仕事が忙しくて、この会位しか滑れなくなる。今回も仕事で明朝帰る。酒豪。髪型を最近変えて貫禄が出てきたと言われてる。
MrさんはMgさんと同じ合唱団に所属し参加するようになる。秋田出身なので基本が出来てる。典型的営業マン。何時も秋田のお酒を持って来てくれる。サッポロライオン割引券を何時も貰ってる。マッサージがプロ並みで女性中心にマッサージしてる。私は強引にマッサージを頼んでる。
Ktさんもかなり古参。以前はスキー三昧だったが、今はスポーツジム三昧。面倒見が良くて、今回も私はサポートして貰ってる。
Nzさんは最近の参加。水曜会で誘ったら山もスキーも来てくれた。周りを明るくするタイプ。実にいい男だが、女心がわからないと言われてる。Mrさん、Thさんにマッサージをして貰い痛い痛いと悲鳴を上げる。
Khさんも最近参加。急速に上手くなってきた。富士登山はリーダーを務める。山では記念写真を皆に配って喜ばれてる。面倒見が良い。
Tnさんは高校時代の友人。スキーは華麗。Ngさんの指導をしてる。オーストリーのスキーで一緒した。今回忘れたマフラーを渡した。
Thさんは隊長と呼ばれる。隊員はいないと言う。酒豪。運動の選手だった。久しぶりの参加。
Bnさんはショートスキー。前幹事だったMkさんが体調を崩したことを非常に心配してる。MkさんにSkさんが電話して、私が出たが、膝を痛めていて元気がない。一度会いに行かねば。
Arさんも久しぶりの参加。手術をしてスキーにはこれなかったようだ。復活してくれて嬉しい。
Ngさんはスキーを始めたばかり。段々ものになりつつある。ゴルフは名人なのできっと上手くなるだろう。海外で奥さんとゴルフを良くしてる。
Skさんが何時も取り飲んでるなあと思ったら眠りだした。私も眠くなり一度お開きとなる。飲み会は続くが、もう帰っちゃうのと言われたが帰ってしまう。
部屋に戻って、Mrさんにマッサージして貰う。万座の時より体が柔らかいと言う。滑りが良くなったせいか。
Mrさんは、Kmさん、Myさん、Skさん、Mdさんの女性全員とNzさん、私の6人をマッサージしてくれた。疲れた疲れたと連呼。皆は気持ち良くなる。




栂池

Unさんの告別式に出かける。今日は栂池に向かう日だが、告別式に行くと言ったら、Skさんが30分集合時間をずらしてくれた。
黒のダブルの背広を久しぶりに着る。黒いネクタイを結ぼうとしたら良く結べない。やむなくSさんを呼んで結んでもらう。
葬式場は駅から遠いがマップを見ながら進む。方向音痴の私にとってスマホのマップは欠かせなくなった。
既にMnさん、Trさん、Tmさん、Ikさん等の昨日のメンバが揃っている。
読経の後、線香を上げる。花を捧げて最後のお別れの挨拶。
お見送りの間にIkさんと話す。Aoさんが亡くなったのは急だったが、Unさんは闘病が長かったと。同じQA仲間で最後まで連絡し合っていた。
お棺を見送った後、Trさんが珈琲でも飲もうと言うので、連れだって向かう。Skさんが30分ずらしてくれたので行くことが出来た。
Trさん、Tmさん、Mnさん、Nkさん、Azさん、Bbさんと昨夜のメンバが揃う。Unさんの思い出話が中心。
帰りはNkさんの車で送って貰う。かっこいい車。膝を痛めてるが高尾山なら登っても良いと言う。元気なHs先生の話をしたらびっくりしていた。何時までも興味を持つことが必要だねと話し合う。
帰って、玄関でSさんに清めの塩をかけて貰う。
直ぐに準備して出発。Sさんに怪我しないようにねと見送られる。
八王子の集合場所にSkさんの車が待っていた。続いてNzさんがやってくる。最後にMdさんが来て出発。
Skさんは車好き。安心して乗れる。おしゃべりが弾む。新しい板がなかなか良いと選んで貰ったお礼を言う。
Mdさんは先週、赤倉で滑って来てる。今シーズンは万座、蔵王と一緒に滑った。
Nzさんは今シーズン初滑り。板はMkさんから譲って貰った。ちょっと風邪気味のようだ。
行く途中で富士山、南アルプス、八ケ岳などの眺望を楽しむ。
Skさんが夕食は何にしようと相談する。焼肉、とんかつ、カレー、中華、蕎麦など。Nzさんはカレーと言うが却下。次に焼肉と言ったのでそれで決まる。ところが予約を入れたら、満席のキャンセル待ち。あきらめて次の候補の中華にしようと話し合ってたら、ラッキーな事に、キャンセルが入る。1時間後に着くのでそれで予約。
お店に着いたら外人が多く、満席。
若手3人が次々と頼むのにつられて一杯食べてしまう。麦酒はグラス。
IMG_0500dfg (640x480)
栂池のベルハートに向かう途中にMrさんから電話がかかり、何時に着くのと聞く。9時頃と言ったら、日本酒を冷やして待ってると言う。
ベルハートに到着。宿のご主人が除雪車で雪かきしてる。今年は雪が多そう。
中に入ったら女主人のTkさんに挨拶。無理しないでねとSさんみたいな事を言われてしまう。
朝から滑ってるMrさん、Tmさん、Tnさん、Ngさんに挨拶。
お風呂に入る。Mrさんが日本酒を持って現れる。秋田の美味しいお酒。3種類。酒盛りになる。Mdさんがつまみを一杯出す。5人の酒盛りですっかり盛り上がる。後発組は午前1時ころ到着とわかったので、待つのは厳しいと23時ごろお開き。




湘南旭会

部屋のシンビジューム。(クリックすると拡大)
IMG_7048asd (640x480)
ながめてるとほのぼのとする。Sさんは一番咲いてるのを仏壇に飾る。
IMG_7049sdfsdf (480x640)
錦織選手の全豪オープン二回戦イバン・ドディグ戦をSさんと最初から最後まで見てしまった。Sさんはきゃあきゃあと声を上げ、私はオオっと大声を上げる。4―6、7―5、6―2、7―6で競り勝つ。疲れた。
夕方湘南旭会に出かける。
Azさん幹事で17名の参加。
最初に20日に亡くなったUnさんの哀悼を表し黙祷。
Trさんの開会の挨拶で始まる。
この会は、亡くなったUnさん等が始めた会が広がった。
Hrさんが挨拶し、住所を蓼科に移したと言う。北杜市に移り住んで10年位になるTrさんが、持つかなあと言う。まだ奥さんが決心がついていないので完全には移り住んでいないと言う。雪かきをさせたら考えますと言われたとか。今度新築祝に呼んでくれと頼む。料理人のHiさんとImさんを呼んでおきますと言う。話を聞いたTrさんやIwさん、Szさんらが皆呼んでくれと頼む。
Asさんから出身事業所の現状報告を聞く。山仲間でまた一緒に登ろうと誘う。低い所ならご一緒しますと言ってくれた。久保田万寿を3本も差し入れてくれたので、喜んで飲み過ぎる。
Tkさんのところに訪問しようとTrさん、Hrさん、Tmさんに声をかけ承諾を貰う。その時にKyさんのお見舞いに行った時のお土産の割勘分をTmさんから貰うのを思い出して支払って貰う。
Szさん、Mnさんは志賀高原から帰って来たばかり。Mnさんとはニセコで一緒するが、Szさんはニセコに行かないので今シーズンは一緒できませんねと残念がる。Szさんは先輩だがスイスでスキーしたいと言う。この頃、また元気になって来た。
Iwさんはワンゲルで若い頃山を歩いたが、この頃は西沢渓谷が限界と言う。
Bbさんから私の若き頃の話を聞かされ、赤面。全く忘れていた。生意気だった。
Shさんに一時倒れたと言う間違ったニュースを私が流してしまい元気だよと否定される。飲み会には来ないしメールにも返事がないので、てっきりまた倒れたと思い、心配してNkさんやHrさんらに心配だ心配だと騒いだ。
真に受けたNkさんは、Shさんを囲む会をあわてて招集したと言う。ごめんごめん。 昨年一度も山に登らなかったNkさんには今年は是非一緒しようと誘う。
Sjさんはあたらく務めた会社で年下の上司とぶつかったみたい。憤懣やるかたないようだが、まだ血が多いなあ。奥さんが元気になって良かった。Hrさんが髪結いの亭主に徹しろと盛んに言ったが、奥さんからは外に出るように言われてるようだ。
ワイワイと楽しく談笑してすっかり酔いが回ってしまった。苦しい時期に同じ釜の飯を食べた仲間との飲み会は実に楽しい。
Tmさんの一本締めで散会。




生命の起源不思議と餅を焼く

ぐっすり眠ったので気分爽快。昨日歳かなと思った気弱さが薄らぐ。
今日はこの冬一番の寒さ。
庭のノースポールが寒さに震えてる。
IMG_7042fghgf (640x480)
猫柳の芽。(クリックすると拡大)
IMG_7046fghfh (640x480)
あられが降る。
IMG_7044dfgd (480x640)
IMG_7047sdfsfd (640x480)
来客あり。Sさんと対応。寒い中良く来てくれたと歓待。
一休みしてから、三四郎さんから送られてきた大門句会の結果を見る。スキーに行っていて欠席投句。
スキーに行く前にあわただしく作ったので成績は良くない。やはりじっくり俳句モードになってから詠むべきだ。
兼題は
「隙間風」 戸や壁の隙間から吹き込んでくる風
「餅」 地方によって丸餅、のし餅など。
「障子(or襖)」 昔は防寒具なので冬の季語
「それから」 非季語、漱石の小説は有名
「刃」 非季語
私の句。
生命の起源不思議と餅を焼く  光
小雪さん、三四郎さん、勝山さん選。
:アッテンボローの生命の起源と言うドキュメンタリーを餅を焼いてる時に思い出した。餅が膨らむのと生命が生まれる神秘さが何となく結びついた。
愚痴こぼす話聞いてる隙間風  光
亡き祖父の障子に写す指狐  光
それからは夢にまで見し雪女郎  光
大根にざくりと刃入れ鏡割  光
特選
それからの話に戻り榾をつぐ  はな
小雪さん特選、三四郎さん、のり子さん選。
白足袋のすつと隠れし障子かな  三四郎
小雪さん特選、あかねさん、のり子さん選。
鏡餅ちよと橙の位置直し  勝山
小雪さん特選、のり子さん、あかねさん選。
凍て土にがつんと鍬の刃のこぼれ  小雪
さらさん、はなさん、馬空さん、のり子さん選。

奥が深いなあ。頂きが見えない。




ブランシュたかやま

今日は滑った後に帰るので早めに起きてスーツケースにパッキング。自分の車にスキーやスーツケースを積む。雪は止み晴れそう。
IMG_0460tyuyu (640x480)
昨日と打って変わって待望の晴天。張り切ってブランシュたかやまに行く。
Mgさんが同乗。Mgさんからいろんな話を聞きだす。面白い。
雪道は苦手なのでSnさんの車の後をのろのろ進む。後でSnさんになんであんなに遅いのと言われてしまう。
駐車場はバスが一杯。
学生のスキースクールが多く初級コースは混んでいる。
IMG_0462tyutyu (640x480)
(クリックすると拡大)
IMG_0463uiouoi (640x480)
展望台まで登る。
IMG_0466iopiop (640x480)
ロマンチックコースを降りる。最大斜度20度 長さ1,580m。
ファンタジーコースで足慣らし。最大斜度14度 長さ400m。気持ち良くかっ飛ばす。Snさんは今日は調子良さそう。
展望台まで行く。1800m。蓼科山の向こうに八ヶ岳が続いてる。富士山は残念ながら見えない。
IMG_0467yiyui (640x480)
車山。
IMG_0468tutu (640x480)
エコーバレースキー場が見える。
IMG_0469werewr (640x480)
ピーカン。
IMG_0473ertet (640x480)
浅間山。
IMG_0483tyutyu (640x480)
パノラマコース最大斜度25度 長さ1,300m  、スラロームコース最大斜度26度 長さ1,300m  をガンガン滑る。
早いSmさんを追いかける。新しい板は滑りやすい。久しぶりに飛ばした。
IMG_0489tyuyut (480x640)
すっ飛ばしのSaさんから、追い越さないように注意したよと言われて、しゃくにさわる。ガキだね。
最後にNgさんと一緒にパノラマコースを滑って切り上げる。
昼食後水曜会の練習に参加するため、仲間と別れて帰路につく。皆は後2日滑る。大学時代の仲間はいい奴ばかり。
帰りの最初は苦手な雪道。2ギアでのろのろ進む。高速は工事中で片側車線が多く、途中30分も休息して4時間もかかってしまった。
雪道でドロドロになった車を洗う。
さあ出かけようとしたら、疲れがどっと出てきた。Sさんが帰ってきて疲れた顔してると言う。練習ができそうもなく、欠席の連絡をする。歳を感じてしまう。
横になったらぐーと寝てしまった。




ピラタススキー場

7時前に起床。Saさんが早々と朝食の用意をしてくれている。
8時出発予定だったが、少し遅れて8時半出発。Snさんの車に4人乗って出発。
ピラタス蓼科スノーリゾートに向かう。
駐車場はがらがら。(クリックすると拡大)
IMG_0410kldfg (480x640)
新しい板の初滑り。
足慣らしに白樺コースを滑る。恐る恐るだったが快調。
IMG_0413ghjhg (640x480)
雪質がいいのと傾斜が緩やかなせいかもしれない。気持ちいい。
IMG_0415fghfh (640x480)
残念ながら、ずっと雪が止まず見通しがきかない。午後からは晴れると言う天気予報を信じて滑る。
Snさんは昨夜飲み過ぎたのか一本でひっこんだ。
Saさんは最初、私よりゆっくり滑っていたが、次第に飛ばし屋の本領発揮。Ngさんは安定した滑り。
遅れてMgさん、Smさんがやって来て合流。
石楠花コースや斜度24度のテクニカルバーンを滑る。Smさんは華麗に早い。Mgさんはテレマークから切り替えたので、ゆっくり滑ってる。
IMG_0427ytutyu (640x480)
昼食。
IMG_0418fghfgh (640x480)
上まで行こうとピラタス蓼科ロープウェイに乗る。がらがら。
IMG_0431rtytry (640x480)
標高2237mまで登る。
IMG_0429ryrty (640x480)
雪は一向に止まない。
IMG_0432tyutyu (640x480)
ここから4kと言われる樹氷コース、カモシカコース、モミの木コース、石楠花コース、テクニカルバーンを一気に降りる。
二回ばかり滑ってから、今度は写真を撮りながら降りる。誰もおらずスキー場を独占。
IMG_0438yuiuyi (640x480)
IMG_0442tyutyu (640x480)
IMG_0449tyuty (640x480)
4回目の滑走が終わる頃の3時過ぎにようやく雪が晴れる。
IMG_0451uiouoi (640x480)
同期の仲間と楽しくゆったり滑り、蔵王や栂池の仲間達のようにガンガン滑らず助かった。
新しい板は実に快調。スキーを選んでくれたSkさん、候補を提供してくれたSzさんに感謝。
終わってからの温泉はNgさんご推奨の水明閣。ピラタスのリフト券でただで入れる。
IMG_0456werrew (640x480)
寒いが露天風呂に入る。最高。寒さで凍えてしまった指先、足先を揉みほぐす。
帰ってからはSnさんの鮟鱇鍋を囲んで大宴会。近所に住むMrさんもSnさんが電話で呼び出してやって来る。
Mrさんは明日検査なので食べ物、飲み物は取らず。Snさんとは悪口を言いあいながら仲が良い。しばらく談笑してから帰る。
Snさんが持ってきた大好物の海鼠や海鼠腸、海鞘を美味しく頂く。自分一人で食べるなよと言われてしまった。海鞘は食べれない人がいたのでかなり食べた。
学生時代の話や入社のいきさつ、会社での話など昔話に花が咲く。時々年寄りらしい病気の話も挟む。
もっぱら。Snさん、Mgさんがしゃべり、他は聞き役。
Mgさんは会社時代の秘話をもう時効だと言って話す。なかなか面白い。
Smさんは四日市の名士。気仙沼出身で、地盤が1m沈下して、海側に10m移動したと話す。
Snさんは入社した時のいきさつを話す。もう何度聞いた事か。
Saさんは、用意した料理を次々と出してくれる。Saさんも料理の名人。
Ngさんも時々会話に参加。
Smさんが持ってきた四日市のお酒が美味しくて飲み過ぎた。
9時過ぎに早々と眠る。




スキー合宿

大学時代の仲間たちとのスキー合宿に出かける。
Saさんの三井の森の別荘を使わせて貰っての合宿?である。
元々、何かの拍子にSaさんと一緒にスキーと山で一緒することになり、それを聞きつけたNgさんが参加して、次々と仲間が増え、今は冬のスキーと春のゴルフを合宿と称してSaさんの別荘に集まって、わいわいやってる。
私の悪い癖で、なかなかやりくりがつかず、参加率は低くなってしまったが、忌憚のない仲間たちの楽しい集いである。
車の運転で出かけるので、板とスーツケースを積み込む。
Sさんに怪我しないようにねと見送られる。
車の運転はこの頃、めったにしなくなって、何度もバッテリーを上げてJAFのお世話になってる。
今回は事前に動かしたりして準備万端。道路は渋滞に巻き込まれることもなくスムーズ。
途中、富士山が良く見える。
途中のパーキングで南アルプスと八ヶ岳が見えているが、遠くてどこの山かわからない。
IMG_0404ghjaaajg (640x414)
(クリックすると拡大)
IMG_0405ghjgj (640x480)
あらかじめSaさんから雪がかなり多いと聞いていたので、覚悟していたが、途中から雪道となり、四輪駆動でスタッドレスなので、大丈夫だが、ゆっくり走る。坂の下りや急カーブは怖い。
ようやくSa邸に到着。ほっとする。
向こうに八ヶ岳。
IMG_0407op@op@ (640x480)
2時半頃着く。既にNgさんが到着していた。
部屋割りは、Ngさんからあんたは向うと鼾組(失礼ながらSaさんとSnさん)に追いやられてしまった。鼾をかかないので不満だったが、強力な耳栓を持って来てるのでまあいいかと思う。
Saさんに挨拶。早速麦酒飲むかと聞かれたがSnさんが来るまで待つよと答える。
聞いたら、Saさんは医師より禁酒を言い渡されて3か月間一滴も飲んでいないと言う。凄い酒豪だったが、良く飲まないでいられるねと言ったが、すんなり禁酒できたと言う。検査結果によるが、禁酒が解けてももう以前のようには飲まないだろうとも。一生分飲んでしまったんだろう。
私も胆嚢摘出手術後の後遺症で肝機能が悪化した後で1か月間禁酒した後、肝機能は回復したが。お酒がめっきり弱くなったと話す。
しばらくしてSnさんが来る。途端に騒々しくなる。
二人ともお土産を持ってきたが、私はすっかり忘れてしまい手ぶら。おまけに布団シーツを持ってくることになっていたが、それも忘れてしまった。Saさんに謝ったが、体が来てくれるだけで良いよとSaさんらしい優しい言葉を受ける。
料理人はSnさんで、いろいろ献立を考え、材料を仕入れてきている。
明日は、MgさんとSmさんがやって来て、6名揃うので、明日がメイン。鮟鱇鍋にすると言う。
Snさんは口が達者。酒が入るとますます達者になる。
松茸酒と言うちょっと松茸の匂いのする酒を飲む。
Snさんは奥さんの話を盛んにする。仲が良いねと言うとそうではないが話題に乏しいから奥さんの話しかできないと言う。私みたいにSさんべったりではないと言う。
ネパールには二度も行っておりヒマラヤの凄さを共感する。カトマンズの猥雑さが良いと言ったら、変わってるなあと言われてしまった。
Ngさんは政治の話をしかかったが、奥さんに政治の話はしなさんなと言われたと言って口ごもる。話の限りではこの中では同調者はいないだろう。
山男でスキーも達者だったが、腰を痛めてから山は控えてる。スキーはかなり上手いがスピードを出さなくなった。
Saさんのお蔭で面倒な仲間がまとまっている。亡くなったNkさんがいた時は、口論が起きたが、Saさんがまあまあとまとめたり、自分が怒ったりして収まっていた。
私はもっぱら聞き役。つまらなくなるとスマホをいじくりだすので、Snさんからガキみたいなことは止めろと怒鳴られる。つまらない話を聞くよりスマホをいじくったほうがましと言うと喧嘩になるのでガキだもんと答える。
Snさんは麦酒、日本酒、焼酎と飲んでこっくりしだす。
私も眠くなり、お開き。耳栓をしっかりして休む。




寝不足

昨晩、帰宅後Sさんと遅いお茶したのがいけなかったのか、眠れず。
寝つきの良い方だが、4時近くまで眠れなかった。心臓がドキドキしてしまった。
Sさんに眠れなかったよと言ったら、Sさんも4時まで起きてたと言う。ニットの会で珈琲を飲み、帰ってからお茶したのがいけなかったかもと言う。私も同じパターン。
部屋のハナキリン。(クリックすると拡大)
IMG_7033dfgf (640x480)
IMG_7034dfg (640x480)
来客。Sさんと対応。この頃、来客が多い。その度に掃除掃除とばたばたする。
お客が帰ってから、明日からのスキーの準備をする。新しいスキーなのでドキドキする。靴を履いてスキーに乗って見たりする。
どんな滑りが出来るか頭で描く。頭の中ではすいすい滑れるんだがなあ。
その後、疲れて休む。
Sさんの行ってくるわよの声で起きる。




YMS新年会

この時期、花が乏しい。
庭のアフリカンデージーも寒そう。(クリックすると拡大)
IMG_7023dfgfg (640x480)
沈丁花の蕾。
IMG_7027dfgfg (640x480)
君子蘭の実。
IMG_7028fghfg (640x480)
コバノランタナ。
IMG_7029fghgh (640x480)
Sさんが昨夜の雨でぬれた傘を干してる。
IMG_7030utyy (480x640)
来客。Sさんと二人で対応。午前中一杯談笑。
夕方、YMS新年会に出かける。
方向音痴の私を心配したKmさんが地図を送って来た。
お店は、GOCHIYA。
iPhoneのmapを見ながら到着。ちょっと迷ったが。
Kmさんが外に出て待っていてくれた。
既にかなり集まっていた。
この会は、Kmさんの小まめなフォローで連携を保っている。Km様様である。
幹事は、忙しい中、Otさんが引き受けてくれている。
参加者は17名。若手現役8名、現役3名、OB6名。
久しぶりにお会いするItさん。おかわり無く元気そう。バイクは家族に反対されて売り払ったそうだ。今はNPOを立ち上げて活躍してる。画家でもある。
Itさんが参加すると言うので、元部下だったIkさんが講演を終わらせてぎりぎりに駆けつけてくれた。若手との対抗戦を復活させてくれと頼む。
Thさんは、ItさんのNPOに参加して活躍中。自転車の事故で一時は危うかったが、復活して声も大きい。山登りは無理なようだが、他は全く元気になる。
Hgさんに散々、ヒマラヤの自慢をする。是非行くべきであるとけしかける。発電所の見学を実現してくれるように頼む。
Kmさんは**の追っかけ。日本国中を駆け回る。この会のメニューはSuさんが選んだそうだが、肝心のSuさんはドタキャン。
Smさんは、前社長。新入社員以来のながーい付き合い。若い頃の忘れていた私の行状を良く覚えてる。
Unさんは声がかすれてしまった。奥さんと過ごす方法をいろいろ考えている愛妻家。
Nsさんはスキー仲間。そろそろ吉報を聞かせてくれと迫る。Muさんにフォロー頼むよと依頼。
Ktさんは禁煙したはずが煙草を吸ってKmさんに叱られてる。YMS温泉会の幹事。前回雨で流れたので春には再会してくれそう。
Hrさんは愛知から駆け付けてくれた。新幹線の時間があると言って速目に席をたつ。記念撮影で引き止めたら乗り遅れると騒いでる。
Sgさんは仕事で遅れてやって来た。移動中の電車の中で一杯やって来たらしい。
Hcさんは公務員なので、接待禁止。飲み会は偶然出会ったことにするそうな。
Njさんとは席が離れていてあまりおしゃべりできなかった。
Keさんもかなり遅れてやって来る。ほとんど食べれなかったのではないだろうか。
3時間近くわいわいと盛り上がる。
二次会にSgさんに誘われたのでKeさんが行くなら行くよと答える。考えてみたらKeさんは飲めなかった。
SgさんとHcさんが先行して店に向かう。その内、はぐれる。Ktさん、Unさんもどこかにしけこんだようだ。
Smさんがケーキ屋に行こうと言いだす。ええっと思ったが、Keさん、Kmさんが賛同するのでついて行く。最初の店は満杯。次の店も混んでいたが、空きそうなので待つ。しばらくして4人組の若い女性が引き上げて空く。なかなか魅力的な女性たちだった。
お店に入って、カプチーノとケーキを頼む。ケーキはKeさんが選んで皆でシェア。
顔の形が可愛い。
IMG_0399fghfg (640x480)
ケーキは美味しいがかなり重い。Kteん、Kmさんが分けてくれて食べる。太るなあと思いつつ。
IMG_0401fghfgh (640x480)
周りを見回したら、若い女性ばかり。麦酒も飲めるので飲んでる人もいる。
おじさんたちだけで来なくて良かった。二次会でスイーツというのは流行ってると言う。初耳。
Smさんが昔の事を実に楽しそうに話すので、私も蘇ってくる。昔話は好きでないが自慢話でない思い出話はたまには良いものだ。
Keさんに高尾山を勧める。そら始まったとKmさんに茶化される。空いてたらと言うので参加してくれるかも。
Smさんに言ったら、ゴルフが無かったらと言うが、無理無理ゴルフを入れそう。
Hgさんが水力発電所の話をする。言葉をようやく覚えたと言う。
Kmさんはいろいろと話してくれた。ちょっと披露できない。
10時半が過ぎたので、帰る。
二次会はスイーツでびっくりだったが、面白かった。




免許証更新

部屋のシンビジューム。
IMG_7022fghfg (640x480)
免許証の更新に行く。雨がふっていて、風もあり、寒い。止めようかなと言ったらSさんがこういう時は空いてるわよと押し出す。
場所はiPhoneの地図を頼りに大倉山から出発。出だしの方向を間違えるが、何とか警察署に到着。
講習は高齢者講習で受けていたので、講習なし。眼の検査だけだったので簡単。
免許証を更新しなくて証明書を貰ってるおじいさんがいた。いずれはああなるだろう。
よたよたしてるおじいさんが更新手続きをしてるので大丈夫かなあと思ってしまう。
そう言えば、スキーを買うときに80歳過ぎのお爺さんが来て、よたよたしてスキー靴をはくので大丈夫ですかと店員が言ったら、スキー場ではしゃんとするから大丈夫と言われたとか。
速目に手続きが終わって、後は出来上がったら取りに来るだけ。
Sさんに電話したが、まだジムでトレーニング中で出ない。一旦帰宅。ぼんやり休んでいたら、Sさんが日吉の駅にいると言うので出かける。
Sさんと自由が丘に行って用事を済ませる。ブックオフで本を仕入れる。
雨が激しくなってきたので、近場のラーメン屋に入る。中国人か韓国人のお店。やすくてまあまあの味。
帰ったら、ズボンも靴の中もびしょ濡れだった。
苦吟。
月曜日の大門句会は、スキー場で欠席。欠席投句。1時間ばかりたってやっと頭が俳句モードになる。
兼題は
「隙間風」 戸や壁の隙間から吹き込んでくる風
「餅」 地方によって丸餅、のし餅など。
「障子(or襖)」 昔は防寒具なので冬の季語
「それから」 非季語、漱石の小説は有名
「刃」 非季語
「それから」「刃」は難しい。
疲れてしまい、明日に持ち越し。




なごり雪

車の一年定期点検とスタッドレス交換に出かける。
車にスタッドレスタイヤを積み込むのをSさんに手伝って貰う。猫が車庫にたむろしてらしくて猫臭い。
Sさんと一緒にディーラーに行く。作業中にSさんは編み物、私は読書。今野敏著の「パラレル」。これが痛快で読みふける。Sさんが編み物をしながらしゃべりかける。本に夢中で、生返事をしていたら、Sさんから何故私がついて来なくちゃいけないのよと文句言われてしまった。
ようやくタイヤ交換、オイル交換、点検もすみ、終了。
帰って再び車庫にノーマルタイヤを仕舞うのをSさんに手伝って貰う。力仕事が怪しくなってきた。Sさんからぎっくり腰にならないようにもっと腰を落としてと言われる。
近所の山茶花。(クリックすると拡大)
IMG_7011ghj (640x480)
プリムラ。
IMG_7019gfhfh (640x480)
歌の練習。
久しぶりなので声が出ない。
水曜会に出かける。
エレベーターでMkさん、Msさん、Thさん、Ksさんと一緒になる。Mkさんが男性に囲まれて緊張すると言う。
Htさんから咳はどうですかと聞かれ、何とかおさまって来たと答える。先週より顔色が良くなってると言う。
Tuさんの体操。先生の発声練習の後に練習が始まる。
「For the beauty of the earth」
105小節「This our joy-ful hymn----of praise,---」止まらないように。
「Cantate Domino」
練習番号E[As for all the gods of the hea-then,・・・」息が流れるように、連続的に変わって欲しい。母音の流れを繋ぐ。
「なごり雪」伊勢正三作詩作曲、横山潤子編曲。
20小節「きれいになったー」リズムに注意。
休憩。
テナーはNzさんが遅れてやって来たが、全員参加。
Yhさんにでんごんばんを渡す。紙のでんごんばんは皆の協力で7部まで減った。原則ホームページを見て貰ってる。必要なら自分で印刷して貰う。
Ttさんが演奏会費用の集金について。
Ssさんから、演奏会当日係がAdさんとTuさんと報告。
「Best Friend」玉城千春作詩作曲、横山潤子編曲。
リズムにとまどうが最初よりかなり慣れてきた。
「みのる」萩久保和明作曲、伊藤海彦作詩。
55頁、音が変わる所でブレスしない。
終わった。先週は咳き込んでしまったが、今週はほとんど咳が出なかった。
飲み会に久しぶりに参加。行く途中で、Adさんからスキーを教えてると思ったら教わってるのねと言われる。
今回は参加人員が少なくて13,4名。側にTtさん、Szさん、Hmさん、Tdさん、Adさん、Msさん。
Skさんはいなかったが誕生日おめでとうで乾杯。
Msさんが先生とOnさんらに何か熱心に話してる。
HmさんにKmさんを知ってるんだねと話す。
Tdさんから、この前新年会で一緒だったFkさん、Hrさん達がインフルエンザにかかってると聞く。
誰かが、インフルエンザの予防注射は効かないと言う。香港A型とか。予防注射してるから大丈夫だと思っていたがそうではないらしい。
Ttさんから、スペインの話を聞く。
Sさんの手編みのチョッキを自慢。なんでそんなに嬉しそうなのと言われる。
先生が傍にいたので話したかったが、MsさんやHmさんらが占有していて話す機会がなかった。
Nzさんが来たので、スキー板にワックスを塗るように言う。彼が来ると周りが華やぐから楽しい。
人数が少ないのに、料理が次々と出てきて、食べきれない。Sさんから早目に帰るように言われてるので、途中で先生に挨拶して引き上げる。




Sj夫妻と

庭の蝋梅。
IMG_7020hjkh (640x480)
歯医者に行く。取れてしまった被せ物をつけて貰う。
ティッシュに包んで持って行ったが、ティッシュからこぼれてザックの中に転がり出てる。探してあったと叫んだら、看護師に笑われる。
先生が、かなり長くかかって取り付ける。補強しておいたから、今度は大丈夫と言われる。先日付けたところは、土台の歯が欠けているので取れやすいかもと言われる。
すっきりして、松の川緑道を歩く。各慶応のグランドは、整備中でほとんど選手はいなかった。
「眞福寺は、杉窟悦(慶長17年1612年寂)が開山、欄室關牛(明暦3年1657年寂)が開基となり創建したといいます。」(クリックすると拡大)
IMG_7016jkljkl (640x480)
お参り。
IMG_7012kjljkl (640x480)
大きな銀杏の木。「 高さ約19m、幹回り約6mのイチョウの大木。市の天然記念物に指定。かつて近くが海だった頃、船をつなぐ杭としてイチョウを逆さに打ち込んだ杭が根付いたとの伝説から、逆さイチョウとも呼ばれる。 」
IMG_7013fghhg (480x640)
クスノキ。
IMG_7014hjkkj (480x640)
下田神社。
IMG_7018hjgj (640x480)
お参り。「祭神: 伊邪那美命、天照大神、速玉男神、事解男命、天満天神。 下田神社は、もとは熊野神社があった。駒ヶ橋村の村社天照大神と、東部鎮守熊野神社と境外末社天満天神社を昭和45年に合祀、下田神社とした。熊野社、天照大神は宝暦年間(1551-1763)以前の創建といわれる。」
IMG_7017dfg (480x640)
帰って、しばらく休息した後、Sさんと日本大通りに行く。Sさんはここから関内の「うさぎや」が行きやすいと言う。
Sさんの先導の方が、MAPで道順をたどるより早い。
「うさぎや」に着いたら、珍しくSj夫妻がまだ到着していない。
Sさんはメニューを見て「ナメタガレイの煮付け」が良いと言う。
直ぐにSj夫妻が到着。落し物をして遅れたそうだ。
まずは麦酒で乾杯。Sj夫妻とのうさぎやの会食はSさんが何時も楽しみにしている。Sj夫人とSさんとウマが合うみたい。
Sさんは早速「ナメタガレイの煮付け」を頼む。これが実に絶品。卵を持っており、柔らかくて美味しい。
Sさんがこれだこれだと言うわけだ。ここのお店は、品物が良いのと料理の腕が良い。Sjさんの紹介だが、Sさんのお気に入りのお店。
しめ鯖 蕗の薹の天ぷら 揚げ銀杏 白子ポン酢 イカ焼き 馬刺し を頼む。
美味いものばかり。その内十四代大吟醸が残り少ないながら出てきた。Sさんも美味しいと飲んでいる。
話は弾む。Sjさんの独演会にならず、Sj夫人もSさんも良くしゃべる。Sjさんはしゃべりたくてうずうずしてるが、ご婦人方に譲って我慢してる。
猫の話、鯉の話、山形の話、ネパールの話、台湾の話、映画の話、忘れ物の話など話は尽きない。
何時もの甕焼酎を飲んですっかり良い気持ちになる。Sさんもかなり飲んでるが酔っていない。こちらは酩酊。最後に塩ラッキョウを食べてお開き。ああ楽しかった。またやりましょうと約束して別れる。
帰り路、良かったねえとSさんと語り合う。




疲れちゃった

部屋のシンビジューム。
IMG_7005yrr (640x480)
シンビジュームは花の少ない時期、楽しませてくれる。(クリックすると拡大)
IMG_7006hgfd (480x640)
セダム。Sさんはあまり好きでないが、私は好きで、一時期、どんどん増やした。
IMG_7007hjkhjk (640x480)
庭のツルニチニチソウ。
IMG_6995rtyy (640x480)
咳が止まって、風邪が完全に治りかかってるらしくて凄く眠い。
昨日、一昨日と久々にかなり歩いたので、疲れたせいもある。
今月の大門句会は欠席なので、欠席投句の苦吟をしたが、直ぐに眠くなってしまった。
年末年始と三四郎さんの大門句会勉強会がお休みなので、助かってるが、俳句の頭になるチャンスが減って寂しい気もする。俳句の思考は、私にとって頭の違う部分を使うようで、俳句の頭になるのに先人の俳句を詠んだりして、1時間以上かかる。俳句の頭になるとやっと句が頭に浮かびだす。私は俳人でないので、その気にならないと俳句の頭にならないようだ。科学的に解明できると面白いのだが、右脳のどこかが活性化するのだろう。苦吟すると、凄く疲れるが、頭がすっきりする。
その後、歌の練習と思ったが、目が覚めたら暗くなってる。猫みたいに寝てしまった。



鎌倉

Iyさんのお宅にSさんと一緒に新年の挨拶に行く。
ついでに鎌倉八幡宮にお参りに行くと行ったら、Tkさんから物凄い込んでると聞く。三が日を過ぎてるから、少しは空いてると思ったのが浅はかだった。どこかほかのところにお参りに行くと言ったら、Iyさんが、案内すると言って貰う。
鎌倉駅に着いて人混みの多さに驚く。これは大変だ。駅でIyさんと新年の挨拶。
荏柄天神社、鎌倉宮に行った事はあるかと聞かれたので、Sさんは行った事はないと答える。私は天園ハイキングの後に立ち寄ったのと、FANY’Sのメンバで行った事がある。
まずは、妙隆寺の寿老人にお参り。「寿老人は不死の霊薬を含んでいる瓢箪を運び、長寿と自然との調和のシンボルである牡鹿を従えている。手には、これも長寿のシンボルである不老長寿の桃を持っている。」(クリックすると拡大)
IMG_0358uiouio (480x640)
丸山定夫の墓がある。「丸山 定夫(明治34年(1901年)5月31日 - 昭和20年(1945年)8月16日)は、大正・昭和期の俳優。築地小劇場第一期メンバーの一人である。新劇の発展に貢献し、新劇の団十郎と賞賛される。」
IMG_0362k;lkl; (640x480)
大佛茶廊を通る。「「鞍馬天狗」「天皇の世紀」「赤穂浪士」「大仏炎上」などの作品で知られる作家、大佛次郎の邸宅跡。鎌倉の地をこよなく愛した作家であり、鎌倉の景観保護に尽力した方でもあります。大正8年に建てられた茅葺き屋根のこの邸宅は、家具・インテリアを手がける「IDEE」さんの協力で修復されたそうで、現在は茶廊(喫茶)として週末の土曜日、日曜日に限って営業しています。」
IMG_0369iuooiu (640x480)
若宮大路幕府跡。「北条泰時は、嘉禄元年(1225)に尼将軍北条政子が亡くなると、幕府の諸庁舎をいったん辻子幕府に地に移して、大倉の幕府を廃した。だが僅か十一年で再び政庁所在地を若宮大路のこのあたりに移し変えた。北条時頼や北条時宗らもこの幕府で国政をとった。それから元弘三年(1333)新田義貞に攻められ鎌倉幕府が滅びるまでの97年間この地で国政がとられた。」
IMG_0370iopoip (480x640)
見どころが一杯あって、時間をもっとかけたい気分になる。
Iyさんが混んでない脇道を通るので、スムーズに移動できる。
荏柄天神社は混んでいて、行列が出来ている。Iyさんが整理してる警備員にどれくらいかかるかと聞いたら1時間弱と答える。ええっと思ったが、せっかくだから並ぶ。
IMG_0373tyuuy (640x480)
かなりスムーズに流れ、それ程の時間はかからなかった。
梅がもう咲いてる。
IMG_0375uiou (640x480)
お参りする。
荏柄天神社は、菅原道真を祀る神社。「当社は、古くは荏柄山天満宮とも称されました。荏柄の社号は、天平7年
(735年)の『相模国封戸租交易帳』などに見える「荏草郷」の”えがや”が後に転じて”えがら”となり、「荏柄」と表記されたものと考えられています。 また、長治元年(1104年)晴天の空が突如暗くなり、雷雨とともに黒い束帯姿の天神画像が天降り、神験をおそれた里人等が社殿を建ててその画像を納め祀った縁起に始まります。 関東を中心に各地に分社をもち、福岡の太宰府天満宮、京都の北野天満宮と共に三天神社と称される古来の名社です。  治承4年(1180年)鎌倉大蔵の地に幕府を開いた源頼朝公は当社を鬼門の守護神と仰ぎ、更めて社殿を造立されました。・・・」
IMG_0379jklkjl (640x480)
神社の裏に絵筆塚がある。「「絵筆塚」は、「かっぱ筆塚」を建てた漫画家清水崑の遺志を継いだ同じく漫画家の横山隆一らが建立してもの(平成元年)。 横山隆一をはじめとする漫画家154人によるカッパのレリーフが飾られた筆形の塚。  毎年10月には、清水崑を偲ぶ「絵筆塚祭」が行われている。」
IMG_0381ipooip (480x640)
IMG_0382kjllk (480x640)
「「大銀杏」は、樹齢900年ともいわれる古木。高さ25メートル、胴回り10メートルにもなる大木。『相模國鎌倉荏柄山天満宮略縁起』(国重文)によれば、1104年(長治元年)8月25日、荏草郷といわれた土地に、にわかにかき曇った天から天神画像が降ってきた。 神験を恐れた里の人々は、その場所に社殿を建て、画像の降り立った地を踏むことのないように銀杏の木を植えて御神木とし、その画像を祀ったとのだという。  現在も荏柄天神社境内に聳えている銀杏の古木がそれであるといわれている。」
IMG_0384hjkjk (480x640)
頼朝公の墓があるが、それはパスして鎌倉宮に向かう。
行列が出来ていたが、それ程でもなかった。
IMG_0386kl;;kl (640x480)
鎌倉宮にお参り。
「祭神である護良親王は後醍醐天皇の皇子で、父とともに鎌倉幕府を倒し建武中興を実現したが、その後、足利尊氏との対立により足利方に捕えられて東光寺に幽閉され、建武2年(1335年)の中先代の乱の混乱の中で尊氏の弟の直義の命で、家来である淵辺義博によって殺められた。武家から天皇中心の社会へ復帰させることを目的とした建武中興に尽力した親王の功を賛え、明治2年(1869年)2月、明治天皇は護良親王を祀る神社の造営を命じた。6月14日に鎌倉宮の社号が下賜され、7月に東光寺跡の現在地に社殿が造営された。」「拝殿前には、鎌倉宮の伝統とも言える「獅子頭守」が参拝者の皆さんを迎えてくれます。ご祭神の護良親王が戦の時に兜の中に獅子頭の小さなお守りを忍ばせて自らの無事を祈った事が由縁となっています。鎌倉宮の創建当初からのお守りです。」(獅子頭は撮影禁止。)
IMG_0389kjllkj (640x480)
これで当初の予定は終了したが、Sさんが興味を示したので里見弴旧邸を案内して貰う。「この建物は、大正15年作家里見弴が自ら設計に関り、住んだ家です。」「明治、大正、昭和にわたって活躍した作家里見弴は兄の有島武郎、生馬とともに、芸術家兄弟といわれています。天賦の文才は白樺派の同人達や、師泉鏡花との交流のなかで開花し、生涯にわたる創作活動から数々の名作を発表しました。 代表作には『善心悪心』『多情佛心』『極楽とんぼ』などがあります。」
IMG_0391p@[@p[ (480x640)
帰り路の鎌倉八幡宮。凄い混雑を眺める。
IMG_0396kl;k;l (640x480)
「運慶を始祖とする鎌倉仏師の29世。三代目 鎌倉彫後藤久慶。」
IMG_0397iopoip (640x480)
「宇都宮辻子御所は、大蔵にあった幕府の役所を嘉禎二年(1226)にこの辺りに移したもので、嘉禎二年(1236)に若宮大路御所に移転するまで十年間に使われた。」
IMG_0398ghghh (480x640)
かなり短時間であったが、お参りしながらいろんな名所旧跡を見学出来た。Iyさんの案内が無ければとてもスムースに回れなかった。感謝感謝である。
Iy邸におじゃまして新年のご挨拶。夫人とワンちゃん二匹に迎えられる。
1時間余談笑。楽しい会話で笑いが絶えなかった。
今日は充実した一日であった。




日吉神社にお参り

歯の被せ物が取れてしまった。この頃、鮭とばが大好きで、固いのをかみ切っていたら、ぽろりと取れてしまった。
歯医者に取れた被せ物を持って行く。医者から、土台が少し割れていると言われ、固いもの食べたみたいですねと言われる。欠けた歯を麻酔をかけて取り除いてから、被せ物をかぶせる。土台が欠けているので、取れやすいかもしれません。今度取れたら、被せ物を作り直しますと言われてしまった。
Sさんと待ち合わせをして日吉神社にお参りに行く。何時もは、三が日に行くのだが、今年は咳が止まらず、今日になってしまった。
慶応の銀杏並木。(クリックすると拡大)
IMG_6988fdgdf (480x640)
日吉神社にお参り。「創立年代は不詳ですが、古くから武蔵國橘樹郡矢上村総鎮守として、同村北方に位置する通称「お伊勢原」と呼ばれる丘の上に鎮座し、「神明社」と称しました。新編武蔵風土記稿には「矢上村古くは谷上と書きけり、村の北丘の上に神明社あり、入り口に鳥居二基あり、社頭に古松樹生茂りたれば古き宮居なることしらる」と記されています。
旧社殿は天明5(1758)年の修造と伝えられます。昭和11年、神明造りの本殿、幣殿、拝殿を改築。同14年にこの地が横浜市に編入させられたのを機に新町名に因み、社号を「日吉神社」と改めました。」
IMG_6989dfgdf (480x640)
矢上天満宮にお参り。「太宰府天満宮より御分霊いただき、新しく境内末社として「矢上天神社」の名称で創建。」
IMG_6990asdad0 (640x480)
なで牛。
IMG_6991zxczxc (640x480)
破魔矢を入手。人気は全くなかったが、帰り際に親子連れと老夫婦がお参りにやって来た。
Sさんがバーゲンセールに行こうと言うのでついて行く。何を買うのと聞いたら、特にないみたい。バーゲンセールはSさんが好きなもののひとつ。
行く途中の観覧車。
IMG_0336fghg (480x640)
バーゲンセールの会場。
IMG_0337ghjghj (640x480)
最初、真珠のネックレスを盛んに見ていたが、買わないで通り過ぎる。私の下着を買うと言って、あちこち探す。やっと見つけて購入。後は、お菓子コーナーで種々購入。ザックが一杯になる。もう持てないから帰ろうと言う。
遅い昼食は、Tkさんに教えて貰った「你好」に行く。
中華街。
IMG_0356dfgdg (640x480)
iPhoneのMAPを見てたどる。Sさんの方が地図を見て一目でわかり、細い路地をさっさと入る。
IMG_0349iuoio (480x640)
入り口には小澤征爾が来店した写真が飾ってある。
IMG_0350fghgf (480x640)
台湾料理。お店の雰囲気はこんな感じ。家庭的。我々以外におじさん二人とアベックがいたが、延々と話し込んでいる。
IMG_0339jkhj (640x480)
激辛ラーメン。名古屋の味仙の辛い台湾ラーメンに慣れてるから大丈夫と言って食べる。最初は良かったが、あまりの辛さに箸の進みが遅くなる。
IMG_0340uyiyui (640x480)
牛筋はお肉ったっぷりで、満腹。
IMG_0341ytutyu (640x480)
二人ともお腹一杯になる。美味しかった。雰囲気も良いね。
帰りにSさんがスターバックスに行こうと言ったが、お腹一杯で苦しいのでパス。
帰ってから、バーゲンで買ってきた、アーモンドミルクキャラメルを食べてたら、今度は違うところの歯の被せ物が取れてしまった。Sさんが噛まないように言ったのに噛んだでしょうと言われてしまった。やれやれまた歯医者。歯は全部、自分の歯が土台になっているが、歯医者に通う頻度が多くなってるような気がする。




ちょっと急ぎ過ぎた

昨日、スキー板を購入したので、今朝は早めに起きる。10日からの蔵王は、Sさんからも反対され、ぶり返しを恐れて、ドタキャンしたが、18日からの蓼科スキー合宿は万全の状態で行きたい。年末以来、寝込みがちだったので、足腰がすっかり弱ってしまった。鍛えなおそうとスクワットを400回、腕振りを200回行う。他にも呼吸体操などして汗ばむ。
食器を洗って、ジュースを作り、張り切って食事。
その後、スキーの写真を撮る。
昨日運んできた状態。(クリックすると拡大)
IMG_0328fghf (480x640)
板を出す。
IMG_0330fghgfh (480x640)
IMG_0333dfgdfg (480x640)
今までのスキー板と並べる。今までご苦労さん。
IMG_0335dfgdfg (480x640)
嬉しくなって、部屋を片づけ、大掃除をする。Sさんが見に来て、見違えるようになったわねと称賛。
シンビジュームなどに水遣り。
その後、こまごました作業をしていたら、突然、どっと疲れが出てしまった。
Sさんと日吉神社に遅ればせながらの、初詣に行こうと言っていたが、疲れてしまって休む。
結局、眠ってしまい、初詣は延期。
まだ体が本調子でなかった。はしゃぎすぎた。まだ何時もの調子で動くには、早すぎたようだ。




板買っちゃった

冬は花が少なくなるし、緑も少ない。
その中で、裏のシダ類は青々。(クリックすると拡大)
IMG_6975dfgdf (640x480)
IMG_6976fghf (640x480)
IMG_6977fghg (640x480)
アーカンサスはこの時期緑が濃い。
IMG_6980hjkjh (640x480)
ユキノシタ。
IMG_6979ghgh (640x480)
クリスマスローズ。
IMG_6981jhghj (640x480)
一ッ葉。
IMG_6982jkljk (640x480)
ヒメツルニチニチソウ。
IMG_6984gfhgfh (640x480)
ヤブラン。
IMG_6985hjkhjk (640x480)
スキー板を新調したいと思い、昨年、Skさんに見繕って欲しいと頼む。一度日程を約束したが、風邪をひいてしまい延期。延期した日が今日。
スキー靴の片方をザックに入れる。入れるのはSさんに手伝って貰う。おんぶにだっこなんだからと言われる。
神保町の待ち合わせの場所には、既にSkさんは来ていた。
正月の白馬や栂池は雪が凄かったそうだ。今年は今のところ天候は荒れ模様。
咳まだ出るのと聞かれたので、まだ少しと答える。蔵王行けるのと言うので、止めたと答える。その方が良いわよ、悪い風邪が流行ってるみたいと。
まずはお店に入り物色。Suさんが調べてSkさんに資料を送って来てるので、それを参考に吟味。お目当てのスキーもあったので眺める。
次にお店を移動。Skさんが質問しながら吟味。目移りして何がいいのかわからなくなる。
また移動。今度も店員に質問。聞いていたが、わかったようなわからないような。ここである程度目星はつける。
更に移動。ここで二機種に絞る。回ってるうちに欲しいと言う気持ちは強まったが、何が良いかわからない。
ほとんどSkさん任せでだったが、最後は、印象で決める。とうとう買っちゃった。
ブーツを出して、ビンディングの取り付けを依頼。取り付けが終了するまで、食事に出かける。
Skさんとお店に入り、麦酒で乾杯。まずは感謝。とうとう買っちゃたねと言われ、実感がわく。5年は滑らなくちゃと口に出したら、そうだそうだと言われる。喜寿だよ。本当かなあ。
Skさんの仕事の話をいろいろ聞く。頑張ってるなあ。
時間が来たので、慌ただしくお店に受け取りに行く。Skさんから宅急便で送ったらと言われたが、担いでみたら軽かったので持ち帰ると言う。
神保町の駅までは、Skさんに持ってもらった。おんぶにだっこだなあ。
もう一軒行こうかと言ったが、帰った方が良いよと言われて、あきらめる。
白酔会で華麗に滑ってねと言われて別れる。
電車は一本で座れた。駅でSkさんが手を振ってる。
駅から、家までは10分位。最後の坂道がきつかったが、何とかたどり着く。こういう時は不思議と咳は出ない。
Sさんに良い事良い事と出迎えられる。
今夜は興奮して寝られそうもない。




今年初めての新年会

部屋のシンビジューム。
IMG_6968ghjg (640x480)
(クリックすると拡大)
IMG_6967fgh (640x480)
蔵王に行く準備を始める。宅急便で送るためのパッキング。
Sさんが来て、咳をしながら準備していたら、止めた方が良いよと言われてしまう。今度ぶり返したら、長引くかもしれないと脅かされる。確かに、昨年の蔵王で風邪をひいて、万座でこじらせた。考えたが、やはり無理かなと判断。
幹事のIcさんに咳が止まらないので欠席するとメール。誘ったKhさんにも謝って、私は行けないが楽しんで来てほしいとメール。蔵王は前科が何度もあり、どうも相性が悪い。昨年は無事だったが、一昨年も風邪でドタキャンした。その時、スキー初めてのFkさんを誘いながら、ドタキャンして、Mdさんと二人で送り込んで申し訳ない事をした。
今日は絵芙で新年会。咳のおかげで今年初めての新年会。
Sさんと出かける。咳がまだ少し出るが、体調は悪くはない。
絵芙に着いたら一番乗りだった。ご主人と娘さんに挨拶。Sさんを紹介して、ご主人と談笑。
しばらくして、Fkさん、Tdさん、Hrさんがやって来る。このメンバは、偕楽園の梅見で一緒した仲間なので、Sさんとは顔見知り。Hrさんは行きたかったが、犬のお守りで残されたと言う。
Mdさんが遅れると言うので、まずは明けましておめでとうと乾杯。
30分位遅れて、Mdさんがやって来る。再び乾杯。料理は、Fkさん、Hrさんが中心になって頼む。麦酒の後は、お店自慢の紹興酒。これが美味い。
気が付いたら、お店は満席だが、女性がほとんどいない。このコーナーだけが女性ばかり。Mdさんから、ハーレム状態ねと言われる。こんなことはないんじゃないと言われたので、そんなことはないよと言ったが、考えてみたら、なかった。
話が弾むがほとんど口だせない。とまどってるんじゃにのと言われたので、いつも家でSさんが75%はしゃべってるから、慣れてると答える。しゃべりたいが考えてるうちに話題が移ってしまうとも。
Sさんと一緒で、でれでれしてるわねえと言われてでれでれする。Sさんとの出会いは、何度も話したが、また話すはめになった。
蔵王で初めてスキーのFkさんを誘っておきながら、ドタキャンした話が蒸し返される。皆が優しくしてくれて、滑れるような気になったと言って貰い、ほっとする。
何故かここにいないNzさんの話が出て盛り上がる。
ネパールの自慢話をする。
若い女性がいると、何時もと違う話題になったが、なかなか興味深い。
後半はそれがもっぱらとなり、ほとんど聞き役。Sさんは時々、口を挟んでる。
何かの拍子に、出張して2,3日家を空け、帰って玄関に入る時に、出張して帰らないと言うのを忘れてしまったと思ったのに、Sさんがあら帰って来たのと迎い入れてくれた話をした。女性から大ブーイング。Sさんだから、許されたことだった。
FkさんとHrさんは仲が良くて、お互いの事を良く知り会ってる。女性同士の友人と言うのは、微笑ましいし気持ちが良い。
あっと言う間に3時間を過ぎ、お客もいなくなったのでお開きとした。
帰り際に娘さんと久しぶりに会話。
駅で別れる時に、またやりましょうと、盛り上がる。
今年初めての新年会で、今年初めてお酒を飲んだが、実に楽しかった。Sさんも楽しいと言う。




久しぶりの水曜会

庭の蝋梅が二輪咲いた。昨年は、下水管工事で枝を払って、移植したので、生き返るのがやっとで、花は咲かなかった。今年は咲いてSさんと一緒に喜ぶ。
IMG_6963fgfg (640x480)
IMG_6964yiiu (640x480)
でんごんばんがSmさんにホームページに掲載される。最初、私のPCで前のホームページが再現してしまい見れなかったが、Smさんに聞いて閲覧履歴を消して、見れる。確認後、水曜会団員にでんごんばん新年号掲載の連絡をする。
今年初めての水曜会の練習。歌の練習をしたが、声がかすれて出ない。でんごんばんをホームページで見られない人に紙に印刷のでんごんばんを配りたいので、今日は行くことにする。
今年初めての外出。こんなことは最近なかった。Sさんがいろいろ世話を焼いてくれてあったかくして出かける。寒くはないが風が強い。
恵比寿の練習場への坂道を登っていたら、咳が出た。後ろで咳をしてるおじいさんがいると言う声が聞こえたので、誰かと思ったら、Smさんと先生だった。先生には、今日はいるだけですと言う。Smさんから遊び過ぎですよと言われる。
体操が終わったところだった。声が出ないので二列目にする。
発声練習。途中、咳が出てしまう。
「all things bright and beautiful.」
久しぶりに皆と一緒に歌うのは気持ちが良い。
「The Lord bless you and keep you」
44小節「a----men」>するとき、ブレスするような状況は作らない。
「For the beauty of the earth.」
ソプラノの「For the beau-ty of the earth,------」earthの終わりのところの伸ばし方、子音発声について、いろいろの先生の指導法があると熱く語る。いわくブルギリ、タモヤンギリとか。
「時代」中島みゆき作詞作曲、横山潤子編曲。
休憩。
Nzさんが最後に現れテナーは全員参加。
Hyさんからでんごんばん印刷して見たわよと言われ、嬉しくなる。
ホームページが見れない方に紙印刷でんごんばんを配る。7部。Smさんに印刷して貰った。
Htさんから、咳がそんなに長引くのはのは、良くない。外出を三分の一に減らして、家での食事を増やして野菜を一杯取るようにと忠告される。薬に頼らない。
Ssさんから演奏会の衣装係、打上げ係、写真係の報告がある。
Ttさんから演奏会費用の集金について。
でんごんばんホームページ掲載の報告をする。我ながら声がかすれて小さいなあと思う。
先生から、大中先生からの選曲を進めており、来週には報告すると発言がある。小品を時代をおってやっていきたい。1950,60年代から。
「秋桜」さだまさし作詩作曲、横山潤子編曲。
まずリズムを正確に体に入れる。
「ひらく」萩久保和明作曲、伊藤海彦作詩。
13頁「みえる   みえる」は恐れを表現。ぼやかして発声。
「のびる」
終わった。
きつかったし咳も出てしまったが、皆と歌えるのは実に気持ちが良かった。
仙台から来たMrさんと話しが出来なかったのは残念だったが、Kmさんに久しぶりと声をかけて貰ったのは嬉しかった。
飲み会は無論パス。
帰りの電車でSkさんから、咳に良く効いた薬の生を教えて貰う。
帰って、Sさんにどうだったと聞かれたので、疲れたがまあまあだったと答える。
強雨にスマホの画面が拡大してしまって入力できない。息子夫婦に電話して聞いたがわからず、明日サービスセンターに聞くことにした。




でんごんばん

部屋のシンビジュームの花が開きだす。
IMG_6954dgdfg (640x480)
今年になって、まだ外出していない。こんなことは近年ない。外に出ると咳が出るので、外出は控えてる。
水曜会の機関誌でんごんばんを今日中に仕上げて、Smさんにホームページに掲載して貰わねばとあせる。
編集や、レイアウトでかかりっきりになっていたら、ちょっとしたアクシデントが起こる。相談したりして、作業が遅れる。結論を何とか出して、最終校正。
Smさんに送って、明日に間に合わせてと頼む。(以前は、紙印刷だったので、これから作業工数がかかった。まだ紙印刷を必要とされる方が少しいるが。)
今回のでんごんばんは印象的だった。私なりに最良な方法を選んだつもり。私が思っていたより、でんごんばんの重みがわかった。
Sさんに疲れた~と言って、ケーキとお茶を出して貰った。
終わりまでは、咳が出なかったが、終わったら咳き込んでしまった。どうなってるんだろう。




新年会欠席し年賀状の整理とでんごんばん

庭の万両。(クリックすると拡大)これは万両を植えたら、鳥が種を落として増えたもの。
IMG_0319dfgdfg (480x640)
千両。赤いのは植えたのだが、黄色いのは鳥が運んできた。
IMG_0320fghfgh (480x640)
コバノランタナ。
IMG_0322ghjghj (480x640)
Sさんが近所で貰ってきた水草?ミズゴケで根が出てきたら、水に入れても良い。
IMG_0323fghfg (640x480)
今年は、柚子が一個しかならなかった。夏に虫が付いたのがいけなかった。
IMG_0324fghgfh (480x640)
水曜会の新年会なので、行くつもりで準備していたが、庭に出ただけで、咳が出る。Sさんが辞めたらと言うので、ドタキャン。年末の打ち上げに続いて二回連続ドタキャン。皆と談笑したかったのに残念。
部屋で暖かくしてると咳は出ないので、年賀状の整理を行う。住所録の更新と、年賀状(Web年賀も含む)を貰った方々の記録。500通くらいあるので、結構時間がかかる。
次に、水曜会の機関誌「でんごんばん」の編集。Ikさんから貰った日程表をでんごんばん用に焼き直す。新年号なので先生、Onさん、Sm団長、Tb音楽監督、新体制のマネージャー、パートリーダーに記事をお願いした。昨日、最後の記事が届いたので、その編集。フォントをそろえたり、レイアウト。連絡事項と編集後記を書いてまず素原稿が出来た。
今年初めての水曜会が6日にあるので、それまでに間に合わせたい。明日は仕上げたい。
夜遅くまで根詰めたら、咳が復活してしまった。




咳こんこん

部屋のシンビジューム。
IMG_6951ghfgh (480x640)
咳が長引いてる。
初滑りの蔵王で、咳が少し出ていたが、かってスキー場で風邪を治したことがあるので、治るだろうと高をくくっていた。-10℃で体が冷えたのがいけなかった。
帰ってから、万座スキーまで、3日間あったので、その間に治るだろうとまだ楽観視していた。
熱はないし、体はだるくないし、ただ咳が出るだけ。かなり収まってきたので予定通り、万座にスキーに行った。
初日、二日目は良かったが、三日目に温度が下がったら、また咳が出だす。最終日はレッスンをパス。
帰ってから、外に出ないで直そうとしてるが、咳だけはしつこい。
無理すると肺に行くと怖いが、そう言う事はないようだ。だらだらとただ咳が出る。
でんごんばん新年号の編集作業に入る。だらだら作業したら半日つぶれてしまった。




息子夫婦が来る

部屋のハーデンベルギア。
IMG_6944dfgfg (640x480)
ハナキリン。(クリックすると拡大)
IMG_6945fghfgh (640x480)
万座から帰ってきて、なかなか咳が止まらない。年取ると治りが遅くなると言う典型になってしまい悔しい。
息子夫婦がやって来た。新年の挨拶。
まずは次男が眠ってる仏壇にお参り。
SさんはTkさんに誕生祝を渡している。
食事は息子が送って来たおせち料理が主体。お神酒で乾杯。
息子はこの頃、台所の手伝いをするそうだ。Tkさんから、食料品を扱ってるなら、調理の実態を知らないといけないと言われてるそうだ。
忙しい中、仕事の勘所を掴みつつあるのか、落ち着きが出てきた。年末商戦もまあまあ乗り切ったようだ。休みも取ってるようで、以前の様に出ずっぱりでTkさんが心配した時期は脱したようだ。
Sさんは息子にあなたは一歩一歩着実に歩むタイプだからねと言ってる。
スマホはどうかと聞かれて、大変楽しくて時間つぶしの時は重宝だと言う。勧めた息子夫婦が良かったと喜ぶ。
使い方でわからないところをいろいろ聞く。
息子夫婦から元気を一杯貰う。
鎌倉のTkさんの実家に向かう。また近いうちに来ますと言ってもらい喜ぶ。
少し元気が出たが、咳はしつこく止まらないので、神社へのお参りは延期。




«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR