FC2ブログ

2014-09

Latest Entries

御岳山





御岳山にKmさんの友人の山は初心者と言う3人の女性を連れて行く。Khさんにリーダーをお願いする。Ttさんは金時山の足慣らし。他にNzさん、Nkさん、Mzさん、Toさんはサポーター。11名。
5時20分に起きて準備万端だったが、Sさんとしゃべったりして時間が無くなり、おまけに駅を出る時間を家を出る時間と勘違いして、一本乗りそこなう。御嶽駅集合に20分遅刻。まずい。Khさんに遅れるとメールしたら3人組のTnさんも遅刻してると連絡。。Khさんが駅で待っていてくれ、走ってバスに乗る。皆と合流出来てほっとする。
9時4分瀧本からケーブルに乗って御嶽駅に着く。
IMG_3687sfsdf (480x640)
IMG_3688sfsd (640x480)
9時21分ここから御嶽神社に向う。Khさんが先導、Nkさん、Mzさんが後詰。
IMG_3689hjkhjk (640x480)
シュウカイドウ(秋海棠)。(クリックすると拡大)
IMG_3691uioo (640x480)
9時36分国の天然記念物に指定されている推定樹齢1000年の神代欅を見上げる。
IMG_3694poop (480x640)
武蔵御嶽神社。「社伝によれば、創建はだい10代崇神天皇7年に武渟川別命が東方十二道を平定の時、大己貴命・少彦名命をお祀りしたのが起源とされ、奈良時代になり天平8年(736)僧の行基が東国鎮護を祈願し、蔵王権現の像を安置したと伝えられる。平安時代の延喜式神名帳には、この地の地主神である大麻止乃豆乃天神社として記され、古くより関東の霊山として信仰されてきました。」
IMG_3697iopop (640x480)
シュウカイドウ。一杯咲いてる。
IMG_3699uiyui (480x640)
9時46分御嶽神社への急坂を上がる。これが結構きつい。一番遅れてしまった。レンゲショウマを見に来た時も、ここで息が切れた。
IMG_3701jkk (480x640)
皇御孫命社。「瓊々杵尊を祭る。・・・社殿は朱塗りの一間社入母屋造で千鳥破風と唐破風がついている。もともとは東照社の社殿であったため、三つ葉葵の紋なども見られる。」
IMG_3702 ertrt(640x480)
常磐堅磐社。「祭神は境内案内によると、崇神天皇・景行天皇・安閑天皇・清和天皇と狭依比売神ほか96柱とあるが、神社頒布物によると、諸国一宮祭神となっている。社殿は永正8年(1511年)以前に造営された旧本殿であり、東京都指定有形文化財に指定されている。一間社流造で漆黒に塗られ荘厳な装飾がほどこされている。」
IMG_3705uioiu (640x480)
9時51分御岳山山頂(929m)。Ttさんにまだ先があると思ったのにこれで頂上なのと言われてしまった。軽すぎたか。
IMG_3708opewp (480x640)
幣殿・拝殿。「元禄13年徳川幕府によって改築された。入母屋造で、天保年間に修復、明治中頃に屋根を檜皮葺から銅板葺に改められる。 」参拝。
IMG_3712iuoiy (640x480)
「日本武尊が東征の際、この御岳山から西北に進もうとされたとき、深山の邪神が大きな白鹿と化して道を塞いだ。尊は山蒜で大鹿を退治したが、そのとき山谷鳴動して雲霧が発生し、道に迷われてしまう。そこへ、忽然と白狼が現れ、西北へ尊の軍を導いた。尊は白狼に、大口真神としてこの御岳山に留まり、すべての魔物を退治せよと仰せられた。」
「現在も「お犬様」に助けられたと、その霊験を語る参拝者が多く・・・」と言う事で犬はケーブルに乗れる。
IMG_3714hjkkj (480x640)
紅葉。
IMG_3716hjkkj (480x640)
宝物殿と鎌倉時代の武将畠山重忠公の馬上像。「山岳信仰の興隆とともに、中世・関東の修験の中心として、鎌倉時代には有力な武将達の信仰は厚く、金峰山御嶽蔵王権現の名によって信仰を集めました。特に鎌倉時代の武将 畠山重忠の崇敬は厚く、鎧・鞍・太刀などが奉納され、国宝の赤糸威大鎧は重忠奉納と伝えられます。・・・」
IMG_3718jhkkj (640x480)
ここからロックガーデンに向かう。花々が綺麗。
アキチョウジかな?
IMG_3720hgjjh (640x480)
こふうろ (小風露)。
IMG_3721jklklj (640x480)
フシグロセンノウ。下を向いていたのでTtさんに支えて貰う。手を写すなと言われたので難しい。
IMG_3724iuooiufgh (640x308)
七代の滝に向かう。
IMG_3728jklkl (640x480)
10時33分七代の滝。気持ちいい。
IMG_3730jhkjk (480x640)
「七代の滝は、落差50mの大小8つの滝の集まりで、ここで見られるのは下から4段目になります。 」
IMG_3733jkljkl (480x640)
ここからの登りは急。Khさんと女性3人組について行けない。20代の女性は山は未経験と言っても強い。
IMG_3734fdggfd (480x640)
ようやく上に着く。「遠くから見ると、天狗が上を向いたような形をしているので、「天狗岩」」
IMG_3735jkjk (640x480)
皆は天狗の岩に登る。Mzさんまで登ったが、Ttさんと私はパス。
IMG_3739lfddf (480x640)
ロックガーデンの渓流の道を歩く。
IMG_3753hffg (640x480)
IMG_3755iuyu (640x480)
綾広の滝に向かう。
IMG_3757iopop (640x480)
IMG_3760dfgdfg (640x480)
11時34分綾広の滝の手前で昼食。Khさん、Mzさんの持って来てくれた美味しいカフェオレを頂く。Nzさんがコップを持って来てなかったのでコップ持ってきたぞと自慢。お菓子が配られて美味しく頂く。Kmさんはお菓子大好き。Toさんと良いカップル。Thさんは事前に御岳山に登ったと言う。Tnさんは富士山に登りたいと言うだけあって、足取りがしっかりしてる。Mbさんもしっかり歩く。なーんだ高水三山でも大丈夫だった。
ロックガーデンは、昭和10年に当時の東京府が沢沿いの約1kmを遊歩道として整備したものなのだとか。
IMG_3764tryyt (480x640)
12時12分綾広の滝。綾広の滝の傍らにあるのはお浜の桂。樹齢約300年、高さ38m。
IMG_3767uiui (480x640)
10m位かな。
IMG_3770yuiui (480x640)
Nkさんが瀧の前で口を開けて滝を飲んでるポーズ。外人観光客がびっくりしてる。ちょっと恥ずかしい。
IMG_3775uiooi (480x640)
ロックガーデンに別れを告げる。
IMG_3778gjhgj (480x640)
12時38分、天狗の腰掛。
IMG_3780uiou (480x640)
ヘリ発着場。
IMG_3793hjkhk (640x480)
晴れてればスカイツリーが見えるとか。
IMG_3785uioui (640x480)
萩が終わりかかってる。
IMG_3788iuouio (640x480)
ツリガネニンジン。
IMG_3791fghhg (640x480)

IMG_3794fghfg (640x480)
きばなあきぎり(黄花秋桐)。
IMG_3796yuii (640x480)
シュウカイドウとアキチョウジ。
IMG_3797uioio (640x480)
土産物屋で御岳山のピンバッジを買う。Kmさんと同じバッジだったので喜ぶ。
13時17分、鳩ノ巣路に入る。
IMG_3800op@@p (480x640)
馬場家御師住宅。「1866(慶応2)年に建てられ、甲斐武田家の家臣・馬場美濃守の 末裔が代々守ってきた家とのこと。」
IMG_3801op@@p (640x480)
最初はなだらかな良い道。
IMG_3805jkjk (640x480)
8月16日に途中まで来た道。その時の見覚えのある木。
IMG_3806yuyu (640x480)
段々細くなる。
IMG_3807hjkk (640x480)
右側は崖が続く。沢を超える。
IMG_3808kjljkl (640x480)
前を行くKhさんとTnさんがめちゃ早い。
IMG_3812tyu (480x640)
Nkさんは退屈すると走る。
分岐のあたりから道が狭くなる。
IMG_3816iuyui (640x480)
写真を撮ると危ないのであまり撮れない。Ogさんの紹介だが、狭い道が好きだなあ。
IMG_3821fhfgh (480x640)
からまつそう(落葉松草)。
IMG_3822erre (640x480)
幸い、誰も滑落せず。Nzさんは膝を痛めたが滑落は免れた。
IMG_3824iuoui (640x480)
15時37分、やっと駅が近づいてきた。
IMG_3831pdasds (640x480)
多摩川に架かる雲仙橋を渡る。
IMG_3834ghj (480x640)
15時54分鳩ノ巣駅到着。
IMG_3837tutyu (640x480)
お疲れさん。
河辺駅の梅の湯で温泉に入り、打ち上げする。
Tnさん、Thさん、Mbさんの女性3人組は健脚だった。Tnさんのみ富士山に登りたいと言ってると思ったら、他の二人も登りたいと言う。今回はちょっと軽すぎたかな。
Khリーダー、ご苦労さん。Nkさんは走り足りないみたい。MzさんはTtさんを私の代わりにサポートしてくれた。Ttさんは大山の失敗から見事、復活。Kmさん、Toさんの仲良しコンビは睦ましい。Kmさんは良くぞ3人も山に引き込んでくれた。感謝。楽しい宴会。
帰ったら御嶽山の噴火で大惨事となってる。こちらは御岳山。間違って心配してくれた方が何人かいた。亡くなった方々のご冥福を祈る。これで山ブームが下火にならなければ良いが。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR