FC2ブログ

2014-09

Latest Entries

高水三山

今日は、三つ峠にKwさんご夫妻と登る予定だったが、Kwさんがお弟子さんの演奏会のレッスンで参加できなくなり、更に天候不順で、三つ峠登山が中止となった。リーダーのSkさんの提案で近場の高水三山を速目に登ろうとなり、7名の参加を得る。先週、鳥海山を天候不順で中止になったばかりなので喜んで参加。
Sさんに気をつけてねと言う声に見送られて家を出る。
軍畑駅に8時半集合。全員到着。
Skさんはリーダーを務めてくれる。YY会のImさん、北アルプスのFjさんと同じリーダーとしての資質が高い。
Kmさん、Tmさんは二人で良く山に来てくれる。Kmさんの富士山に登りたいが山登りのきっかけ。
Khさんはひょうひょうとしてるが健脚。富士登山のベテラン。
Nzさんは、山に良く来てくれる好青年。先頭切って登る。
Myさんは、Nzさんの紹介で初参加。南アルプスも登る典型的山ガール。久しぶりの大型新人。(クリックすると拡大)
IMG_2753wer (640x480)
ちょっとしたアクシデント。Nzさんが帽子を車中に忘れる。駅に届ける。
平溝川に沿って車道を進む。
IMG_2756asd (480x640)
シュウカイドウ(秋海棠)。
IMG_2757jhj (480x640)
高水山登山道入口。8時51分。
IMG_2759dfdf (640x480)
すぐに高原寺を通過。芭蕉の句碑があるそうだ。
IMG_2760ghj (640x480)
栗。
IMG_2762jhkk (640x480)
高源寺から高水山の高度差は約400メートル。今回のコースの行程では一番の登り。
異変が起こる。湿気が高く、ものすごく暑い。呼吸が苦しくて足取りが重い。Skさんからゆっくり歩いていいのよと声をかけられる。遅れだした私の後をサポートしてくれた。
IMG_2765aaa (480x640)
貧血を起こしたようで真っ青だったという。
9時半頃、汗がどどっと出て、スポーツドリンクをがぶがぶ飲んだら、体が急に熱くなって血が巡って来た。危機は脱した。いささかショックで来週の北アルプスは自信がなくなったとうっかり口にしたら、Skさんに大丈夫ゆっくり歩けばと励まされた。
Nzさんが凄い汗かきで、何度もシャツを代える。その内、着替えもなくなってしまう。皆から上半身裸で登ったらとかわかわれる。
ホトトギス。
IMG_2773asda (640x480)
10時22分。高水山常福院に着く。「高水山山頂にある真言宗豊山派寺院。 高水山の開基は智證大師(智証大師)といわれており、源平・鎌倉時代の有力な御家人である畠山重忠は、ここの不動明王に深く帰依し不動堂を再建したが、数度にわたる山火事のため焼失し現在の不動堂は1822年に再建されたものである。また、高水山常福院には近年まで畠山重忠奉納の品(鎧、刀剣等)が伝えられていたという。」
IMG_2774fddf (480x640)
お参り。
IMG_2777aaa (640x480)
ここら高水山山頂(標高759m)は直ぐ。10時35分。
IMG_2785ertr (640x480)
ここは見晴らしが良くない。記念撮影だけして出発。
急なくだりを降りる。この状況を撮りたかったが、降りるのに精一杯で撮れず。
少し行くと見晴らしが開けた。多摩川沿いかな。
IMG_2786fghgfh (640x480)
山頂へのひと踏ん張りを登って岩茸石山山頂(793m)。11時17分。三山の最高峰。見晴らしも良いのでここで昼食。
IMG_2789sdfdf (640x480)
お待ちかねのKhさんの珈琲を頂く。もう一杯ありそうなので、Skさんからココアオレを貰う。美味い。
ハイドレーションシステムに入れたスポーツドリンク1リットルを飲み干してしまい、更に残りの500ccも半分くらいになったので、Khさんに水を分けて貰う。ところがこぼしてしまい、Skさんが敷いてくれた敷布を濡らしてしまった。Skさんに危ないと思っていたがやっぱりと言われてしまう。
上半身裸の男性がいて、Nzさんにほらああしたらと教える。
Kmさんは食欲旺盛。食べるとすぐに元気になる。
奥多摩奥秩父の山々。雲取山が見えるそうだが、どれだかわからない。
IMG_2791ads (640x480)
ゆっくり休んでから出発。急坂を降りる。先頭はNzさん。後ろをMyさんが続く。彼女は典型的山ガールで健脚。私も調子が戻り次に続く。
IMG_2796aaa (640x480)
一番厳しい降りは写真に撮れず。
途中、左側が急傾斜で路が狭く厳しいところがあった。危ないなあと慎重に歩く。ところがここで前を行くNzさんが落ちたそうだ。枝を掴んで滑落は防ぐ。Myさんに引き上げて貰ったそうだ。事件になる所だった。膝とお尻が汚れてる。
最後に少し岩登りして惣岳山(760m)に到着。12時41分。
IMG_2797hjjhk (640x480)
青渭神社は、金網越しにしか拝めない。「主祭神は大国主命、創建年代は不詳だが、現在のものは弘化2年に建立されたそうです。」
IMG_2800gfh (640x480)
木の根が張り出した所や、急坂が所々ある。
途中で先頭を行く、Nzさんが立ち止まる。足がつったそうだ。Myさんに負けじと下りが苦手なはずなのに頑張り過ぎたみたい。Skさんからスポーツドリンクを飲むように言われたり、Khさんに梅干しを貰ったりして落ち着く。
14時半御嶽駅に到着。
IMG_2811ghjgjh (640x480)
ここでスポーツドリンクを買って、一気に飲んでしまった。2ℓ近く飲んだことになる。何時もは日帰りだと1から1.5ℓくらいなのに暑かった証拠。Nzさんも忘れ物の手続きをする前に飲料を買って飲んでる。
河部駅の梅の湯に向かう。ここでゆっくり温泉で疲れを癒し、打上げを行う。
露天風呂にゆっくりつかり、麦酒と澤乃井を楽しむ。
28日にKmさんの友達の山の初心者4人を高水三山に連れて行く予定だったが、この急坂は初心者にはきついかもしれないと相談した結果、御岳山に変更した。
帰宅してから左肩が痛くなり、左腕がスムーズに上がらなくなる。Sさんが心配して月曜のゴルフは無理よと言う。クラブが振れそうもない。山で捻った記憶はないが、帰りの電車で何か痛いなあと夢うつつの中で思っていた。疲れたのかな。元々左肩は調子が悪く接骨医に通っていたが、急に悪化した。
止む無く、幹事のSmさんに月曜のゴルフにドタキャンのメールをする。思いがけないアクシデントが待っていた。来週の常念岳、燕岳縦走までには直さなければ。



スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR