FC2ブログ

2014-02

Latest Entries

腹腔鏡下胆嚢摘出術

いよいよ手術日。昨夜から食事も水分も採っていない。
昨夜、下剤を飲んだので、明け方になって何度もトイレに駆け込んだ。
Sさんは早々とやって来てくれた。
あらかじめ金属類を外す。指輪は外してSさんに預ける。6年前の前立腺がん手術の時は、指輪が外れなくて油を縫ったりしてやっと外した。その後、指輪を着けないでいたが、Sさんが母が父のために買った指輪を見つけて渡してくれた。父は使わなかったみたい。これは緩くて大丈夫だが、一度泳いでる時にプールで外れて探すのに苦労した。看護師さんにこの話をして笑われる。
手術室に運ばれる。Sさんは手術室の前でお別れ。
最初に手術用のベッドに移る。
背中から硬膜外麻酔を受ける。脊椎(背骨)の中にある脊髄の側まで針を刺し,その中にカテーテルを通し,脊髄を包んでいる硬膜の外側(硬膜外腔)にカテーテルを留置し,そこから麻酔薬を注入する。針がなかなか通らないと心配してしまう。ほどなく入ってほっとする。
全身麻酔をしますよと言われたら、記憶がなくなり、目覚めた時は、手術が終わっていた。
呼びかけに答えたら、直ぐに人工呼吸用の気管内挿管チューブを喉から外した。これが一瞬だったが痛い。
痛みはありますかと聞かれたが痛みはない。
Sさんが終わったわよと顔を覗き込む。
ベッドで部屋に移動。手術後の個人部屋。
ここらは頭がぼんやりしてるので時間の前後が確かでない。
医師が、昔手術した盲腸の跡が癒着していて、腸からはがすのに時間がかかったと言う。相当に炎症を起こしていたんですねと言う。中学一年の時の手術だったと思うが、何度か痛みがあり、散らしていたが、とうとう化膿が酷くなり、手術した。破裂寸前だったみたい。そのせいかもしれない。
石は黒っぽい石が十個ぐらいあったと言う。最初、ドックで見つかった時は砂状だったので、数年で石になったのだろう。Sさんは摘出された胆嚢を見ており、黒いぺしゃんこの長細いものだったと言う。石は朝顔の種みたいなのよと言う。まだ見ていない。医師に言ったら持って来てくれた。
ビリルビンカルシウム結石のようだ。(写真は後で家で撮ったもの。クリックすると拡大。)
IMG_6355sdffds (640x480)
IMG_6356asdd (640x480)
酸素マスクがついていたが、看護師がマスクをちょっと外しても血中酸素濃度が落ちないので、主治医の回診時に外せると思いますと言う。その通りに回診時に、外して良いと言う事になる。
看護師さんがすっきりしたでしょうと言う。後で、一度血中酸素濃度が一時的に92位になったら、あまり下がるとまたマスクを着けなければならなくなるから、深呼吸しなさいと言われ、深呼吸したら直ぐに98になった。深呼吸は有効だなあ。
食事も水も採ってないので、全て点滴で補給。尿の管がついている。
点滴は無くなったらナースセンターでモニターしてるからわかりますと言う。確かに無くなるとぴっぴとなって看護師さんが交換にやって来る。(神経質な患者は鳴る前に自分でナースコールするようだが、その必要はない。)
ベッド上で安静。寝返りはするように、足首は動かすようにと言われる。
血液検査、血圧、熱、血中濃度などを測る。熱は37℃ある。血圧は最初のみ140あったが、直ぐに120代70代に下がる。
本を持ってきたが、読む気がしない。うつらうつらしてる。
Sさんはまた明日来るからと帰って行った。
お婆さんの怒鳴り声ではっとする。食事をおかゆにしてと頼んだのに普通のご飯じゃないのと騒いでいる。総入れ歯で御飯が噛めないと言う。しばらくしておかゆを持って来たら、お菜は全て細かく切ってくれと言う。配膳の人が困って明日からならできますがと言ったら、それじゃ食べないと言う。うるさいので耳栓をしてうとうとし、もう終わっただろうと耳栓を外したら、看護師や誰かを捕まえてまだぐだぐだと文句を言ってる。
それが収まったら、ナースコールが壊れてると言う。押しても鳴らないと言う。看護師がここを押すのよと言ったら何だそんな事か、最初から教えてくれればいいのにとまた一文句。これは大変だ。
次にTVの付け方がわからないと騒ぐ。看護師さんが丁寧に教えたが、わからないもういいわと言う。しばらくしたら別の看護師さんを捕まえてまた同じことを聞いてる。
まだあるがここらへんにしよう。年とってもああならないようにしようと思う。
夜は、耳栓をして寝たが、自分の鼾で何度も目が覚める。普段は鼾をかかない方だが、手術後なのでかくみたいだ。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR