FC2ブログ

2014-02

Latest Entries

フィヨルド ミルフォード・サウンド

10日目。フィヨルドランド国立公園に入る。最高温度16℃、最低温度8℃。時差は1時間増えて4時間。
「フィヨルドランド国立公園はフィヨルドランドと知られている地域、ニュージーランドの南島の南西部角を占めている国立公園である。ニュージーランドで最大の国立公園(12,500 km2)であり、ワヒポウナム世界遺産の大部分を占めている。・・・地形はおよそ15,000年前に氷河に削られて形作られ、浸食は続いている。」
6時45分にはミルフォードサウンドの入り口に着くと言うので、甲板に出る。風が強く冬装備。添乗員のWdさんの赤いマントが良く似合ってかっこいい。
「ミルフォード・サウンドはニュージーランドの南島の南西部のフィヨルドランド国立公園に位置するフィヨルド。テ・ワヒポウナムの一部としてユネスコの世界遺産に登録されている。別名として、ピオピオタヒ(Piopiotahi、マオリ語で「一羽のツグミ」)と呼ばれる。」「ミルフォード・サウンドはタスマン海から15キロ内陸まで続いており、1200メートル以上の断崖絶壁に囲まれている。鬱蒼と茂った多雨林がその絶壁に生えている一方で、そのしたの海中にはアザラシ、ペンギン、イルカなどが頻繁に出現し、稀にではあるがクジラの目撃もある。フィヨルドランドはかつて、捕鯨とアザラシ猟の拠点であった。」
7時にミルフォードサウンドに入る。
IMG_4927aaaaa (640x480)
滝が現れる。「ミルフォード・サウンドは、年間7000-8000mmもの降水量があり一年の3分の2は、雨が降る。その度にいくつもの一時的な滝を形成する。中には1000mを越える滝もある。」
IMG_4949asddddddd (480x640)
いるかを見かける。2回見るが撮影できず。Sさんは3回見る。
7時22分。スターリン滝。「スターリン滝は、落差155mと大きく水量も多い迫力のある滝です。・・・スターリン滝の水しぶきを体に浴びると、10歳若返るというジンクスが伝えられています。」残念ながら大型船なのでそれ程近くまでは行けず。
IMG_4975aaaa (480x640)
この傍にアザラシがいるとWdさんに教えて貰い目撃出来たが、写真は撮れず。
霧の中に標高約1,692mのマイター・ピークが見える。「形が司教の冠や女性用の頭飾りに似ていることから名づけられたという。」
IMG_4978aaaa (640x480)
IMG_5000aaaa (640x480)
7時45分。
IMG_5005aaaa (640x480)
7時51分。遊覧船船着場が見えてくる。左はボーウェンの滝。プリンスからタグボートで降りて山に入って行く客が40人ほどいた。
IMG_5009aaaaa (640x480)
IMG_5017aaaaaa (640x480)
IMG_5019aaaa (640x480)
ボーウェンの滝。「ミルフォード・サウンドでは最大の滝で、高さ161m。後方に見えるダーラン山脈の谷からフィヨルドに流れ落ちている。ボーウェン滝の名は、ニュージーランドに入植当時の総督の夫人の名前からきている。」
IMG_5020aaaa (640x480)
7時53分。ここでしばらく停泊。
IMG_5023aaaa (640x480)
8時30分に船を旋回させブリゲットポイントを出発。
再びスターリング滝。隠れてるが、ライオン山とゾウ山の間から流れ落ちている。
IMG_5039asdds (640x480)
IMG_5040aaaa (640x480)
9時12分。ミルフォードサウンドの出口が近づいてくる。
IMG_5066aaa (640x480)
9時27分。タスマン海を臨むセント・アン・ポイント(19世紀末に灯台が設置された)に戻ってきた。
IMG_5083aaaa (640x480)
13時、昼食後、船の最後尾の航跡。
IMG_5095aaa (640x480)
14時、ブレイクシーサウンドに入る。
IMG_5109dfggf (640x480)
ブレイクシーサウンドの島を半周してダスキーサウンドを出る航路。
14時8分。
IMG_5136dfgdfg (640x480)
このルートは滝はあまり多くない。
IMG_5158rttr (480x640)
14時17分。
IMG_5163aaaa (640x480)
14時25分。
IMG_5178aaaa (640x480)
IMG_5180aaaa (640x480)
IMG_5189aaaa (640x480)
「ダスキー・サウンドは、この海岸にある数多くのフィヨルドの中で、最も入り組んだものの1つである。また、この海岸で最大級のフィヨルドの1つでもあり、長さが40キロメートルで最も広い地点で幅が8キロメートルある。レゾリューション島のファイブ・フィンガーズ半島が、北西からダスキー・サウンドの入り口をおおう形になっている。この島の東海岸に沿って、アケロン水道が、ダスキー・サウンドと北にあるブレイクシー・サウンドを結んでいる。」
「ヨーロッパ人による歴史以前、マオリ族がモア狩りの際に、この入江の水辺で時折、野営したと信じられている。ダスキー・サウンドが、ヨーロッパの探検家によって初めて観測されたのは、ジェームズ・クックが、ニュージーランドへの初航海中の1770年2月13日に、この入江への開口部を観察したときである。彼は、それをダスキー・ベイと名付けた。クックは、ニュージーランドへの2回目の探検で、この入江を探検するのに2か月を費やし、そこを港として用いて、作業場と観測所を設けた。ニュージーランドで最初に醸造されたビールは、この時にクックの隊員によって醸造されたと信じられている。クックは、また、この入江で多数のマオリ人と友好的な関係を結んだ。」
14時36分。
IMG_5203gfhhf (640x480)
IMG_5208dfgfdg (640x480)
14時47分。島が大変多い。小さな島にも木々が茂ってる。
IMG_5230aaaa (640x480)
Sさんが風邪気味なのでいったん引き揚げる。
立ち寄った港。
IMG_5238asdd (480x640)
IMG_5239sdfsdf (640x480)
弦楽四重奏に耳を傾ける。アレグレアストリングス。
IMG_5241aaaaa (640x480)
15時30分にダスキーサウンドを出る。
17時。
IMG_5251aaaa (640x480)
Sさんはプールで泳ぎ過ぎて咳をしてる。熱はなく、体調は悪くないと言う。
治ったと言った途端に咳をする。
夕食では株価の大暴落で損をしたと言う方がいた。
鯨を見たと言う人有。秘かにあれは岩だったよと言う方もいて、実物を見てないので何とも言えない。
夜のショーはピアノマン。歌手は肉体派でかっこいいと思ったが、側に握手をしに来た顔を見たら、かなり年を召していた。後でこの話を女性たちにしたら、がっかりしてた。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR