FC2ブログ

2013-07

Latest Entries

松の川緑道





朝起きたら、必ずヒヨドリの巣をそっと覗く。Sさんはあまり見ちゃダメと言うが、一日一回ぐらいはいいだろう。ヒヨドリの巣は体に比べて小さくて、頭と尾っぽがはみ出してる。雛が4羽孵ったら満杯になるんじゃにかと心配してしまう。Sさんによれば、1m半位の枝の上なので、猫が飛びつけないと言う。ちょうど屋根の下なので雨にもかからない。考えて作ったんだろうか。本能だろうが。しばらくはドキドキの日々が続く。
午前中は歌の練習。全曲歌うとがっくり疲れる。まだ時々、間違える。疲れて緊張が維持できないと多くなる。
一休みと思ったらぐぐっと寝てしまった。
自分が家に籠ってると、Sさんは喜んで映画の集まりやジムやニットの教室に出かけてる。
少し外に出ようと、昼過ぎに、散策に出かける。
近所のサフィニア。(クリックすると拡大)
IMG_1432fdggf (640x480)
ルドベキア?
IMG_1437gjhjh (640x480)
サフィニアはこの時期多い。
IMG_1439wewe (640x480)
何時の間にやら、松の川緑道に近づく。何時もと逆方向から入る。
大反魂草。
IMG_1443weewr (640x480)
史跡「駒が橋 鎌倉街道」。「古道としての「鎌倉街道」とは、鎌倉時代に幕府のある鎌倉と各地を結んだ道路網で、鎌倉幕府の御家人が有事の際に「いざ鎌倉」と鎌倉殿の元に馳せ参じた道であり、鎌倉時代の関東近郊の主要道の意として用いられている。」「源頼朝がこの地を通過したとき、駒(馬)を橋のかわりにしたことからここを駒が橋と言うようになった。とある。しかし、頼朝が下の道を通った記録は無い。」
IMG_1444sff (480x640)
松の川緑道は「この緑道はかって「松の川」と呼ばれ、1955年頃迄は多くの水棲動物が生息していた清流で、その豊かな水量を利用した水田が広がっており、子供達はかいぼりをしたり、飛び込んで遊んだりしていました。また、岸辺には多くの野生植物が咲き乱れ、トンボや蝶が舞っていました。1992年には「松の川」は全てが埋められ、約2.1kmの「松の川緑道」として整備されました。今でも所々に湧き水があり、一部この湧き水を利用した小川もつくられています。 かって自生していた植物も植えられ、古くから言い伝えのある史跡鎌倉街道の碑も設置されました。」
しかし以前流れていたちょろちょろ川は暗渠に吸い込まれるようになり、そこに住んでいたわずかばかりの小エビは見かけなくなった。人間の営みの前では小さな自然はもろい。
アルストロメリア。
IMG_1447tutyu (640x480)
薮茗荷(やぶみょうが)。
IMG_1451fgddfg (480x640)
野球場は整備中で端の方で選手がキャッチボールをしてた。
ホッケー場は一杯選手がいて試合を二か所でしていた。
サッカー場は練習試合。ラクビー場は選手はいなかった。
オシロイバナ。
IMG_1454gfd (640x480)
インドハマユウ。(名前を調べるのに時間がかかった。)
IMG_1458yiyi (640x480)
帰ってから、本の整理。本棚に入らなくなってきたので、そろそろ考えなくては。
Sさんと一緒に家計簿。随分溜まっていたので、時間がかかる。資料はSさんがきちんと取ってあるので、何とか大枠は捕まえたが、夜中になってしまった。詳細は後回し。
外に出かけないとやる事が次々と出てきて疲れる。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR