FC2ブログ

2013-06

Latest Entries

同期会から合宿へ

庭のアスチルベ。(クリックすると拡大)
IMG_0297fghfg (640x480)
クレマチス。庭のクレマチスは2種類あって、八重が最初に咲き、次にこの花が咲く。
IMG_0298gfgf (640x480)
キンレンカ。Sさんが好きな花。
IMG_0299fgfgh (640x480)
大学の同期会に出かける。水曜会の合宿と重なってるので、同期会に参加してから、合宿に向かう。
場所は、東京駅近く。
おのぼりさんらしく、東京駅を撮る。
IMG_0122dfgg (640x480)
新丸ビル。
IMG_0123vbb (480x640)
日本工業倶楽部で行われる。
早目に行ったはずだが、もう受付が始まっていた。私の説明する105三田会の資料を受付のNgさんに渡す。幹事のMdさんに挨拶。来年の幹事のNhさんも来てる。
Saさんが来たので、ゴルフ合宿ドタキャンした事を謝る。演奏会には来てもらう。(他にNhさん、Njさん、St先生にも来てもらう。)
St先生がやって来るので挨拶。同じ席なので隣に座る。ここの席は、St研究室のメンバのMgさん、Nhさん、Kdさん、Izさん、Siさんに富沢研のTzさんが座る。Mgさんは愛知からやって来た。
St先生の近況を聞く。まだ週2日ほど会社の研究の手伝いをされている。
Mdさんの挨拶で始まる。かなり人数集めに頑張って29名の参加と先生方4名の参加。
幹事をやるのは嫌だったと言うがなかなかの名幹事。嫌なのは直ぐに忘れてしまうからだと言う。
この場所を確保してくれたのは、元幹事のNbさん。奥さんがゴルフに凝ってるそうだ。
私はスナップ写真のカメラマンを仰せつかったので忙しい。話をするのも食事をするのも落ち着かない。お酒は合宿があるので控えねばならないし。
私の役割の105三田会への参加を勧める紹介。老眼を掛けるのを忘れたので、資料が見にくく顔をしかめて資料を読む。学科での参加率が下から二番目なので参加を募る。個人の自由だからなかなか難しい。
Sbさんと久しぶりに話す。Snさんからゴルフ合宿、どうして休んだのかと聞かれる。Ojさんとは前立腺がんの治療について。Skさん、Smさん、Ngさん等とも話すがカメラマンも忙しくて、しっかり話が出来ない。カメラマンの役は楽しいが、話が出来ないのが難点。
Sk先生が呼んでると言うので席に行く。健康管理は、あくせくせずにのんびりすることだと言う。
遠方から参加のTdさんが挨拶。
米国から駆け付けたKtさんがNASAの話をする。なかなか面白い。
Sk先生挨拶。80うん歳とは見えない元気さ。
Hr先生挨拶。癌治療中だが、元気に蘇ってきた。Sk先生と同じ年。
Km先生挨拶。研究活動を活発に行われてる。
St先生挨拶。私の極彩色生活の紹介をして頂いた。
Mkさんが政治の話の紹介。
Onさんがネパールでのボランティア活動についての紹介。
最後に次期幹事のNhさんが挨拶。
記念撮影して終了。カメラのチップをMdさんに渡して脱兎のごとくに帰り、合宿に向かう。実にあわただしい。
合宿場の東京スポーツ会館に到着。
既に練習はかなり進んでおり、シューベルト作曲「Messe G-dur」のソリストとの合わせが始まっている。
ソプラノ石井恵子さん、テナー坂本貴輝さん、バス小島聖史さん。
ソリストとの合わせには間に合わせたかったので良かった。
「Gloria」
ソプラノソロが入る。
「Credo」
「Sanctus」
「Benedictus」
ソプラノ、テノール、バスのソロが入る。
「Agnus Dei」
ソプラノ、バスのソロが入る。
最後に「Messe G-dur」を通して練習。
ソロが入るとぐっと引き締まる。本番はこれにオケの伴奏が入る。
ソリストはここで帰る。練習がひとまず終わる。
夕食。On先生との別れも近いので側の席で食事。
再び練習開始。
「Ave verum Corpus」モーツアルト作曲。
「幸福が遠すぎたら」大中恩作曲、寺山修司作詩。
「月夜の果樹園」大中恩作曲、伊藤海彦作詩。
「春の風」大中恩作曲、松尾雄二作詩。
「そしてひそかにささやくー」mf>mp<>に注意。
「花八つ手」大中恩作曲、西尾君子作詩。
この曲は並行5度を使ってる。禁じ手だそうだ。(ある2つのパートが、連続する2つの和音の間で、続けて5度になっていて、しかも平行して完全5度に到達することを、平行5度といい、禁止される。)
先生が説明し、ピアニストのOmさんと話してる。Htさんが知りませんでしたとつぶやいてる。無論私も知らない。不協和音みたいだなあとは感じてはいたが。
最後に「Credo」「Ave verum Corpus」を練習して初日の練習は終了。On先生は帰られる。
テナーはThさん以外全員参加。
休憩後、臨時総会が始まる。
団長挨拶の後に、Smさんの司会で始まる。
On先生の25回演奏会を最後にご勇退されるのを受けて、26回以降の水曜会運営について議論され、以下のように承認される。
*来年の第26回演奏会は全ステージをYk先生にお願いする。
*選曲はYk先生に推薦していただき、6月11日18:30~Yk先生、参加できる役員、パートリーダー、参加したいと思う方々を交えて決定する。
*第25回演奏会後の練習スケジュールはYk先生、Omさん、のスケジュール調整をお願いしながら決める。
*長い間ご指導頂いたOn先生に感謝の気持ちを込めた感謝の会を開催する。実行委員長は団長、Tsさん。
*7月11日(水)に総会。役員改選など。
*その他、終了時間を午後9時に早めるとか、水曜日の練習日を増やしてほしいなど意見が出された。
終了。
部屋は、Ydさん、Fjさんと同室。老人部屋だと誰かが憎まれ口を言う。
宴会に参加。
最初は、Omさん、Kmさん、Nzさんの側にいて山の話をしたり、Ydさんの赤ワインを教えて貰い美味しい美味しいと飲んだりする。
Htさんに呼ばれて、Ttさん、Tzさんの側に座る。早くも赤い顔してますねえとHtさんに言われるので、美女二人に囲まれたら赤くなりますよと言う。TtさんがYmさんを呼んで水曜会の経営状態を説明されて酔いがさめる。
Frさん、Wtさんと何か話して大笑いする。
段々、わからなくなってくる。Mrさんが今日は麦酒のみに抑えると言ってる。Tsさんと何か話したような。
Kkさん、Ksさんとも何だか話した。Fjさんと馬鹿話をしたはず。再びHtさん、Omさん、Kmさんと何か話した。後いろんな方と話したはずだが覚えてない。
何故こんなに早く酔うのかと思ったら、昼間から同期会で飲んでいたからだ。
11時過ぎたので部屋に引き上げる。バタンキュー。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR