FC2ブログ

2013-04

Latest Entries

足慣らしの高尾山

高尾山足慣らしに出かける。
Nzさんを山に連れて行こうと思ったのが発端。どこにしようかとMnさん、Iwさんに相談して足慣らしなら高尾山が良かろうと言う事になる。Nzさんを誘ったら、水曜会のKmさんとOnさんを誘ってと言われたので、二人とも誘う。二人とも参加すると返事。(Onさんは都合がつかなくなって参加できなかった。)Nzさんも逃げられなくなって参加。
3人ともほぼ初登山なので、リーダーをIwさん、後詰をMnさんに頼む。Mnさんは丹沢山開きの前夜祭らしくて渋ったが、むりむり頼み込む。MnさんはKsさんと一緒に参加。
YMSの会で一緒したSgさん、Ksさんを誘い参加。(Sgさんは子供の行事とぶつかり不参加)
Yd邸の花見の会で、Rnさん、Smさん夫妻も参加することになる。
Iwさんはペースが速いので少しペースを落としたいなと思いMzさんを誘う。(Mzさんは毎日歩いて鍛えており、早かった。)
Kmさんが富士登山をしたいと言うので、富士登山を毎年してるKhさんを誘う。後は、ゴルフで一緒したNkさんを誘う。他にOkさん、Kgさんが参加を表明していたが、仕事で都合がつかなくなる。
最終的に12名となった。水曜会関連者が5名、YY会から7名。なおYY会リーダーのImさんは都合がつかなかった。
高尾山登山口に集合。何時もはぎりぎりに行くが、今日は早めに到着。顔を知らない人を紹介するために急いだ。Iwさん、Mzさんが既に到着していて、早いですねえと言う。
高尾山登山口は登山客や観光客でごったがえしている。凄い人気だなあと改めて思う。
Nzさんが少し遅れたが全員集合。簡単にIwリーダーと後詰のMnさんを紹介。ケーブルカーは乗らずに稲荷山コースを登る。全長3.1km。標高差400m。
10時6分出発。曇ってるが天気は持ちそう。Iwリーダーを先頭に初登山のKmさん、Nzさんらが続く。しんがりはMnさん。
いよいよ登りとなる。気温が低いので厚着して出発。
IMG_4482rtytry (640x480)
ツツジが綺麗。Ksさんが綺麗ですねと言う。
IMG_4491ry (480x640)
10時50分、展望台に到着。汗が出てきたので上を脱ぐ。見晴らしはきかない。新緑が美しい。
IMG_4493tyuuy (640x480)
山吹。
IMG_4500wer (640x480)
ツクバネウツギ。
IMG_4505rty (640x480)
水曜会組は健脚で何ら心配することはなかった。Kmさんは足取りが軽いし、登るのを渋ったNzさんもKmさんの側を歩いて快調。Smさん夫妻は、登山道具を新調。Rnさんは装備磐石。Mzさんは正月の雪の高尾山から鍛えなおしてるようで遅れない。
IMG_4509sdfdf (640x480)
時々休みながら進む。
最後の急な階段の登り。
IMG_4516rty (480x640)
早く登って上から写真を撮ろうとしたがKmさん、Smさんに追い抜かれてしまう。
高尾山山頂の大見晴らし台に到着。11時42分。ほぼ1時間30分強。
IMG_4523ertrte (640x480)
ここで記念撮影。お兄さんに頼んだが撮って欲しいカメラが何台もあり、お姉さんに代わる。
大混雑なので少し先に進んで食事する。雨がぽつんと来る。最後まで持ってくれよな。
もみじ台に向かう。途中山桜が咲いてる。
IMG_4530ytrt (640x480)
場所を確保して食事が始まる。11時55分。温度は3℃位で超寒い。息が白くなる。皆着込んでる。
IMG_4531asd (640x480)
何時も通り、Khさん、Mnさんがバーナーと水を持って来ており、お湯を沸かす。Mzさんは珈琲粉を持ってくる。早速珈琲を頂く。美味い。これだけでもう大満足。珈琲は皆に行き渡る。
12時半に出発。最初は、小仏城山経由で降りる計画だったが、Smさんから薬王院にと言う希望があったので、薬王院に向かう。ここからは舗装された坂道と階段が続く。完全な観光コース。ケーブルで来ればハイヒールでも来れる。登山としては美味しくない。
高尾山薬王院の奥ノ院。12時52分到着。
IMG_4540rtytr (640x480)
「六根清浄とは、人間に具わった六根を清らかにすること。六根とは、五感と、それに加え第六感とも言える意識の根幹である眼根(視覚)耳根(聴覚)鼻根(嗅覚)舌根(味覚)身根(触覚)意根(意識)」
IMG_4541ertrt (480x640)
椿がまだ咲いてる。
IMG_4548rtyytr (640x480)
石楠花。
IMG_4559uyi (640x480)
飯縄権現堂。「「飯縄大権現」は、その信仰の起こりとしては、信州善光寺の北にそびえる飯綱山、戸隠山一帯に淵源を発する。この地方は善光寺の起こりと共に仏教の歴史も古く、戸隠、飯綱の山岳信仰も古い修験道の歴史を伝えている。」
IMG_4564ghjghj (640x480)
「天狗様は飯縄大権現様の眷属(随身)として、除災開運、災厄消除、招福万来など、衆生救済の利益を施す力を持ち、古来より神通力をもつとされ、多くの天狗伝説や天狗信仰があり、神格化されています。この様に高尾山は、飯縄信仰と共に天狗信仰の霊山としても知られております。」
IMG_4565tyuy (640x480)
ここからまた階段で降りる。
IMG_4567ertt (640x480)
「正式名称「高尾山薬王院有喜寺」は今から1260余年前の天平16年(744)に、聖武天皇の勅令により東国鎮守の祈願寺として、高僧行基菩薩により開山されました。薬王院の名は創建当初、薬師如来をご本尊とした事に由来します。」「大本堂 開山本尊:薬師如来 中興本尊:飯縄権現 薬王院の中心となる本堂で、薬師如来と飯縄権現を祀る。」13時8分に着く。
IMG_4570rtyy (640x480)
八重桜。
IMG_4573ghj (640x480)
弩迫力の烏天狗。
IMG_4582ert (640x480)
大天狗。
IMG_4583eter (640x480)
「春風にのり大天狗小天狗」
IMG_4585tyu (480x640)
Nzさんに縁結びの神様にお参りするようにと強要。
IMG_4586yuiyu (640x480)
Kmさんはお団子。ここから女性陣はお団子の度にひっかかる。
仏舎利塔を経て、女坂を降り、浄心門への参道を歩く。13時37分。
IMG_4604dgg (640x480)
「高尾山の名物に、樹高37メートル、目通り約6メートル、推定樹齢450の世にも不思議な形をした「たこ杉」がある。今からおよそ600年ほども前のこと。17日の水行を終わった俊源大徳が、高尾山に登る道に大きな霊杉が根を張って、通行のじゃまであったのを見て、般若心経を唱えると一本杉は、たちまちくるくると根を巻いて道は開かれたといいます。以来、たこ杉、または、道を開いたところから開運杉とも呼ばれています。」
IMG_4606dfgdf (640x480)
さつき。
IMG_4608rtyrt (640x480)
見晴らし台は霞んでる。
IMG_4614tyt (640x480)
山ツツジとシャガ。
IMG_4615tyuyu (640x480)
ニリンソウ。
IMG_4624fdgfd (640x480)
高尾山山麓駅に到着。14時34分。踊りをしてる。Rnさんも踊ってる。
IMG_4627dsffd (640x480)
ここで秦野組とお別れ。これからお土産を買って丹沢山開きの前夜祭に行くと言う。お疲れさんと別れる。
西洋石楠花。
IMG_4628fghgfh (640x480)
高尾の湯ふろッぴィ(Iwリーダーが予約)で温泉、宴会を楽しく行う。10名参加。お風呂1時間、宴会2時間半。
初参加してくれたNzさん、Kmさん、Smさん夫妻、RnさんはYY会のメンバIwさん、Mzさん、Khさん、Ksさんと交流し、また山に登ってくれそう。嬉しい限り。一人でも多くの人に山の楽しみを味わって貰うのが無上の喜びである。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR