FC2ブログ

2013-04

Latest Entries

春の夜や相方ついに現れず

庭仕事しようと思ったが、小寒し、雨も降りそうなので止める。
芍薬が咲き出した。(クリックすると拡大)
IMG_4801ads (640x480)
クレマチス。
IMG_4802dgd (640x480)
イキシア。
IMG_4803dgfg (640x480)
三四郎さんから大門句会通信句会の選句結果が送られてくる。
今回は余裕がなくて、推敲しないで出したので、散々な結果。
「春の夜」 艶っぽい季語ですが、本意をずらすのも一考。
「壺焼」 焼さざえです。野趣豊か
「あなた」 貴方、貴女といえば相手に対する敬語。彼方ならむこうのこと。
「実」 「み」でも「じつ」でも読み方は自由。この字をどこかに入れて。
記号の◎は特選、〇は入選、△は次点、*はここがわからない、こうすればよくなるなどのコメント。
春の夜や相方ついに現れず  光
遊介さん:△「春の夜」なのですから、相方でなくもう少し色めいていた方が読み手の想像力を刺激すると思います。
三四郎さん:△「相方」とは辞書によると客の相手をする遊女とある。遊郭で花魁にふられた旦那か。
:頭の中で想像して作った句。遊女に振られた客を詠んだつもり。
春の夜や眠れぬままにEメール  光
:眠れないことはめったにないが、眠れない時はPCの前に座って溜まったメールの返信。
壺焼の熱々汁に舌こがす  光
:壺焼の汁にあっちっちとなったことを思い出して詠んだ。
吊り橋の彼方に霞む八ヶ岳  光
:実際に見た素晴らしい風景。そのまま詠んでしまったが、もう一捻り必要だった。
実家より石楠花咲くと便りあり   光
:母の実家の広い庭で石楠花が綺麗だった。平凡すぎた。
私の選句。
壺焼屋おやじも客も元不良  三四郎
光:◎元不良が面白い。元不良の水道修理屋を知ってるが、彼のイメージが壺焼き屋のイメージと重なった。客もというのがまた良い。
小雪さん:〇壺焼屋のおやじも客も作者とは幼なじみ? いかにもありそうな人間模様。
さらさん:〇昔はさぞ悪かったであろうという風貌の二人がにこにことやりとりをしているのでしょう。亡くなった野球の大沢親分がその昔“湘南の悪兄弟”で名をはせたのを思い出しました(古いなあ)。
糸さん:△こういう楽しい句もいいですね。
羽衣やうつつを抜かす春の夜  まーゆ
光:〇羽衣の漁師を詠んだと思うが、うつつを抜かすがきいてる。
はなさん:〇羽衣と季語が響いている、ついついこうなってしまいますね、春の夜ですもの。
糸さん:〇羽衣をまとう天女が舞を舞うというか、踊り狂っているのでしょうか、万物が輝いて見える春の夜ならではですね。
馬空さん:△この羽衣は、能の演目の羽衣ですね。良く分かりますが、能に興味がない人には、分かりにくいかな。
さらさん:*わからない。
小雪さん:*「羽衣や」とは? 羽衣伝説のこと?
春の夜の止まらぬしやくり長廊下  はな
光:〇色っぽい花街の長廊下でしゃっくりが止まらぬと言うこっけいさ。目の付け所が変わっていて面白い。
壺焼の肝は最後のとっておき  まーゆ
光:〇私もよくやってしまい奥さんにたしなめられる。心情が良く出てる。
のり子さん:〇おいしいものは最後に。大人の味ですね。
あゆかさん:〇くるっと丸まったあの濃い緑色の肝が一番うまいのだとか。
壺焼の最後の汁を啜りけり  勝山
光:〇啜る音が聞こえてきそう。けりで決まってる。
はなさん:〇[けり]の止めで最後の一滴まで覗き込んで出して食べている勢いがある。私もぐるぐる回しながら汁を出します。
馬空さん:〇壺焼きは、最後の汁をぐっと呑むことで上がりの感じが下五の啜りけりで上手く表現されています。
三四郎さん:〇「けり」というほどのことでもないがあえて大げさに言ったユーモア。
蕗味噌やここであなたと暮したい  小雪
はなさん:◎“やあ~~っ”言われてみたい!! 季語により住みたいと言っている場所が想像でき、あなたの使い方がうまい。
さらさん:◎蕗があちこちに出るのどかな田園風景の中で好きな人と暮らしたいのですね!!いいけどすぐにあきると思います。
光さん:〇蕗味噌は苦味もあるが香りもあり、一緒に暮らしてもよいだろう。
あかねさん:〇蕗味噌のできるのんびりした田舎なのでしょうか。あなたと暮らしたいそんなセリフを言ってみたいものですね。
遊介さん:〇プロポーズに句だと思いました。素朴でいいです。
馬空さん:〇上五の季語と中七と下五がぴったりと合っています。
三四郎さん:〇ぬけぬけとよく言うよという句だが、俳句は照れてはダメ。蕗味噌という野趣のある食べ物がいいですね。
あゆかさん:〇旅で訪れた場所かもしれないがこんなところで暮すのもいいね~。
おつけの実春大根の甘さかな  糸
馬空さん:◎中七に春大根の季語を選んだことで温かい家族の雰囲気まで表現しています。上手いですね。
光:〇唾が出てきそう。さぞや美味しいことだろう。
あかねさん:〇おつけの実に春大根がとても甘くておいしそうに感じます。
はなさん:△子供の頃お味噌汁のことを[おつけ]と言っていました、いまわ使われなくなってきました、おいしそうな具沢山のおつけですね。
通信句会は句評が読めて面白い。
スポンサーサイト

Nzさん宅の宴会

昨日の手引きカートの赤羽ゴルフ倶楽部でかなり歩いたので、筋肉痛。
寝床でゴロゴロしてたら、庭仕事してるSさんが飛行船よと叫ぶ。あわててカメラを持って、二階のベランダへ。(クリックすると拡大)
IMG_4796gfdfg (640x480)
二階から見たコデマリ。緑が生い茂って来た。
IMG_4798nbnm (480x640)
薔薇が綺麗に咲いた。
IMG_4785sad (640x480)
フリージア。
IMG_4793jhjk (640x480)
Sさんに言って越乃寒梅・別撰とカマンベルチーズを出して貰う。Nzさん宅に出かける。Sさんから若い人のお宅に押し掛けて迷惑なんじゃないのと言われる。そうかもしれない。
練馬の駅の改札に着いたが、Nzさんが来ていない。電話したらMkさんが車でスキー板を持ってきたので、運んでいるところだので、少し遅れるとの事。Khさんもやって来る。
しばらくしてNzさん、Mkさんに会って、Nzさん宅に向かう。
Nzさん宅は新しいマンション。部屋は独身男性にしては実に綺麗。時間をかけて整理したのだと言う。
何故、Nzさん宅に集まったのかは、私が言いだしたらしいが、記憶にない。Mkさんが以前使っていたスキー板をNzさんに譲るので持っていくと言うのを聞いて、Nzさんのところに押しかけようと言ったらしい。
麦酒で乾杯してたら、Ikさんが来ると連絡があり、迎えついでに買い物に行く。私は一人で部屋に残る。TVを見てたら眠くなる。ようやく皆が到着。
Mkさんはこれから車で多治見まで向かうのでお酒は飲めない。
お酒はKhさんが妹さんから送って貰った大吟醸。
SN3O0068.jpg
つまみは、Khさんがもう一人の妹さんから送って貰った海老、鳥、アワビなどに、Ikさんが持ってきたブルーチーズ、他にもろもろ一杯。
1升ある大吟醸は口当たりが良くてすいすい入り危険。Ikさんが持ってきた赤ワイン。これも美味い。Khさんが持ってきた「みどり」と言う抹茶の入ったお酒。口当たりが良くてロックで入る。美味しいねえと飲むのを見てMkさんがウーロン茶で悔しがる。
Nzさんをスキーと山に巻き込んだので、全員、山とスキーの話で盛り上がる。
Khさんが計画してる富士山にIkさんも一緒に登りたいと言う。Khさんがいろんなコースを説明。
昨年、Khさんは富士山に雨の中をNkさんと登って酷い目にあったそうだ。雨の登山は危険。
Ikさんが高山病かもしれないと言うので、対策方法をいろいろ出す。なったら降りるしかない。
白酔会で飲み過ぎて私の血圧が上がってしまった話。
Khさんが、アルコールを分解するのには二種類あって、西洋人はアルコールを分解する速度は早いが長く飲めないと言う。日本人はゆっくり分解するので長く飲めると言う。初めて聞いたよ。
百名山に後20となったMkさんは、2年くらいで全部登ると言う。最後は雲取山を皆と一緒に登って完成。
Ikさんは清里の山荘から帰って来たばかり。良く出かけてる。ここを拠点に赤岳に登ろうか。
Nzさんに靴を買う様に勧める。
Khさんが水曜会演奏会で私は上手に口パクしてると言う。失礼なちゃんと歌ってる。
Mkさんが途中で多治見に帰るために別れる。次回は飲める時にやろうと言う。
Sさんから珍しく電話がかかってきて、用事が出来たので、10時前に帰ってきてと言う。
Khさんに電車の時間を調べて貰い、後30分位でお開きすることになる。3時間位の宴会で済んでよかった。
帰って、Sさんに言われた用事を済ませる。かなり酔っていたので、Sさんに手伝って貰ってようようこなす。

赤羽ゴルフ倶楽部

高校時代の仲間と赤羽ゴルフ倶楽部に行く。Mkさんのメンバーコース。Mkさんに車に乗せて貰う。
河川敷のゴルフ場はほとんど経験がない。パットの練習をしたら重くて難しい。アプローチの練習もする。
今年3回目。5月はゴルフラッシュで8回もプレーが入ってるので、そろそろまともなゴルフをしたい。
医者現役のAkさんが日曜しか時間が取れないのでMkさん、Szさんが日曜に計画。Mkさんのコースに、Tnさん、Itさん、Oiさん7名が集まる。
手で引っ張るカートは久しぶり。
IMG_4765ghj (640x480)
インコースからスタート。Akさん、Tnさん、Oiさんと一緒。
10番ミドル。
IMG_4756ewrrew (640x480)
11番ショート。左右が狭いので戸惑う。
IMG_4759sdfdf (640x480)
12番ロングで網を超えてサイクリンロードに打ち込んでしまう。自転車が走っていたのでひやっとしたがかなり離れていた。動揺して大叩き。
Akさん、Tnさんも乱れる。Tnさんは3月の蔵王スキーで捻挫して今年初めてのゴルフ。
Akさんは飛ぶがその分怪我も多い。
13ホール目までは散々で狭いコースに悩まされる。
風も強い。
IMG_4766rgf (640x480)
14番でワンパッドを決めて気分良くなる。
16番ミドル。
IMG_4761ew (640x480)
少し慣れてきて、まあまあと言う気分。
昼食。
Oiさんは鎌倉彫、漆塗りに取り組んでいる。毎日ほとんどの時間を制作活動にかけている。私のスキー仲間のTmさんが社長時代の部下。Tmさんは画伯なので、今度展覧会で一緒するそうだ。
Akさんは、開業医を徐々に息子さんに譲ろうとしてる。
Tnさんはジムで鍛えている。絵もかく。
後半スタート。いきなり網にひっかけた。大叩き。
IMG_4770asd (640x480)
Akさんが変わった花があるよと言うのでパチリ。
IMG_4774yuty (640x480)
4番ロングで立ち直ったが、6番ミドルでまた大叩き。
IMG_4776eretr (640x480)
珠を二個失くす。Oiさん、Akさんはかなり失くしてる。
9番長いショート。
IMG_4779wre (640x480)
終わった。あまり良いスコアではないが、何とかショットとアプローチの感じがつかめだしてきた。
途中の池に鵜や水鳥がいたが撮りそこなったのが残念。
風呂に入る。ずっと歩きだったのでかなり疲れた。
上がってみれば、Oiさん優勝。ベスグロItさん、BB、Tnさん。
皆球を一杯失くしたようだが、Itさんは一個も失くさず。
Szさんは飛ばなくなったとぼやく。Mkさんにグロスで負けて悔しがる。
次回は秋と約束して散会。
帰りのMkさんの車中で慶応が法政に連敗した事を知りがっくり。



パート練習

歌の練習をしてから、水曜会のパート練習に出かける。
近所の薔薇。(クリックすると拡大)
IMG_4750sdfsd (640x480)
ジャスミン。毎年香りを楽しませてくれる。
IMG_4752ertet (480x640)

IMG_4753dfg (640x480)
練習場に着く。
椅子を並べる。指揮は団長。ピアノはOnさん。Onさんは他に練習が入っていたが、無理にその前に時間を取って貰った。
発声練習。
テナーは、Skさん、Kkさん、Htさん、Thさん、Frさん、Tuさんの7名の参加。
ソプラノはパートリーダーTsさんが声をかけてくれてかなりの人が参加してる。アルトもかなり来てる。バスは私が誘ったFjさん。全部で25名位が参加。皆熱心で心強い。
団長が何から練習しますかと言う。まずは「木とともに人とともに」三善晃作曲。
「木とともに人とともに」
最初ソプラノトップはTtさんしかいなかった。Ogさんが来たらTtさんが喜んでる。
「空」
はひふへほの発音に注意。
テナーの「ルルルルルル」を繰り返し練習。
後半の「ルルールルルルルいーつも」のテナーを練習。
アルト「はやくー」テナー「ルルールルルルさびしさは」出るタイミング。
「さびしさはあまえじゃない」「あまえじゃない」は言い直す。
後半がかなり怪しかったが繰り返し練習してましになったような気がする。
団長が疲れて休憩。指揮は大変。
「生きる」
「ふっとあるメロディを」の「ふ」。
「うみはとどろくということ」音が間違ってた。
「いのちという」の「の」が最初と二回目で半音違う。
最後の「ルルルルー」のテナーのタイミング。
休憩。
団長は「おしまずき抒抄」大中恩作曲、北島万紀子作詩のテナーがおかしいところがあると言う。
「夙」
「ひびきー」のModeratoに注意。
「ひかりのー」の12/8拍子に注意。
「やすらかな」Moderato。
言葉の使い方や感じ方。
「凪」
「ゆうなぎは」意識してテンポに乗るように。
「風」
「さみしさをくさにふく」「さ」力まない。
「凧」
「そらのはてー」のテナーセカンドを繰り返し練習。
「かぜのふくままきのむくままにー」与太った感じ。
「凩」
「やがてくる」テナーの出だし。バスの「やが」に続く。
「鳳凰」
「いあまいちどすがたをー」テナーの音が低い。
「あのまぼろしの」Andantino。
「ゆめきえて」前回の練習で音がおかしかったが注意すれば問題ない。
「いとしみながら」テンポ注意。
団長が思ったより良いではないかと言うので気分良くなる。
「Messe G-dur」シューベルト作曲。
「Kyrie」
「Credo」
所々楽譜を離してみる。そろそろ本格的に暗譜に入らねば。
終わった。良いパート練習だった。企画してくれたパートリーダーのSkさん、Kkさんに感謝。
飲み会に向かう。Htさんが予約。
Ttさんの隣に座る。その隣はFjさん。前はOyさん、Tdさん、Ikさん。
話が弾んで大いに愉快。Fjさんから久しぶりに毒舌(でもないか)をやりとしして楽しむ。
Ttさんと話すのも久しぶり、話し込んでたらTwさんにからかわれた。
Ikさんが山は素晴らしいと言う話をしてくれて嬉しかった。
Oyさんに山に誘ってと言われて喜ぶ。
Hmさんから(仲が良い)Htさんと席が離れて寂しいでしょうと言われたので、SさんとHt夫人が仲が良いけど、別に仲が良いわけでもないとお互いに言いあう。
誰かが団長の隣に座って団について話をしたらと言われたが、酔ってるのでまともな話はきつく遠慮した。
ワイワイと盛り上がって、3時間たった。練習3時間、飲み会3時間はきつい。
明日は、皆Md先生のコンサートに行くようだが、私はゴルフ。
良い気持ちで帰る。ご機嫌ねえとSさんに言われる。

恵比寿食事会

来客2人あり。Sさんと対応。なかなか面白い話を聞く。
庭のクレマチスが咲き出した。(クリックすると拡大)
IMG_4735werwre (640x480)
遅咲きのシンビジュームがなぜか綺麗。
IMG_4736yu (640x480)
バンマツリも咲き出す。
IMG_4740ytr (640x480)
昨年少し弱って心配したチェリーセージが復活。
IMG_4745asd (640x480)
紫蘭は水道工事で移植したので心配したが元気に咲いてくれた。
IMG_4747yuty (640x480)
Sさんと恵比寿の食事会に出かける。恵比寿のプライベートダイニング点(トモル)。
スキー仲間のMrさんが株主割引券を持っていて、恵比寿で飲もうと言う事になりその2回目。
今回はSさんが初参加。Sさんが知ってるのは、何度も家に来たMkさん、この前の偕楽園で一緒だったIkさん、Fkさん。後は初対面。Khさんが早々と来ている。Mkさん、Fkさん、Ikさん、Kmさんと現れ、遅れてTdさん、Nzさんが来る。
スキー仲間が主体だが、面白いメンバ。
Mrさんが前回と違うメニューを頼んであったので、楽しい料理が一杯出てきた。麦酒や赤ワインなど楽しく飲む。女性陣はお酒が強い人ばかりで圧倒される。その中でもTdさんが一番かな。
スキーで蔵王にFkさんの初滑りに連れて行くと言って風邪をひいてドタキャンし、Ikさんに押し付けた話。Ikさん、Fkさんからお土産に貰ったお酒をYd邸花見の会に持っていったらIkさんに非難された話。Kmさんが富士山に登りたいと言うので毎年富士登山してるKhさんが説明。NzさんにMkさんがスキー板を譲るので持っていくと話したら、そこに集まって宴会しようとなったらしい(よく覚えてない)。Nzさんのピンクのネクタイの批評。Ikさんと私で盛んにKmさんをスキーに誘う。
山の話やスキーの話には、Sさんは入れなかったようだが、映画の話やその他もろもろになると話し出す。Sさんは言葉を選んで少し遠慮がち。
Mrさんがマッサージが得意と言う事を言いだし、Tdさん、Fkさん、Kmさん、Ikさん、Sさんと全女性をマッサージ。皆肩が凝ってるらしくて上手いと言う。男性にはしないと調子が良い。奥さんには断られたそうだ。私がSさんに何時もマッサージしてると言ったらSさんが年一よと反論。(うそうそ先週もやってあげたじゃない。)俄然盛り上がったが、3時間たった。次回は演奏会が終わったらやろうと言って解散。楽しかった。

杮葺落四月大歌舞伎

庭のシンビジューム。遅れて今頃咲くのは珍しい。(クリックすると拡大)
IMG_4698ghjhj (640x480)
Sさんと杮葺落四月大歌舞伎に行く。
近所のジャスミン。良い香りが流れてくる。
IMG_4702dfg (480x640)
都忘れ。
IMG_4708jklk (640x480)
ガーベラ。
IMG_4709dfgg (640x480)
Sさんが太巻きを買うと言って、小走りで先行。私は写真を撮りながらゆっくり駅に着いたら、私より遅れるのはおかしいと文句を言われる。腕を組んで、早足で歩くので引きずられるようについて行く。
新しい歌舞伎座は初めて。Sさんは既に先週、夜の部に入ってる。
地下鉄の歌舞伎座側を出たら、屋台のようなお店が一杯。お客も一杯。
IMG_4711jkjk (640x480)
新しい歌舞伎座は、正面は同じつくりだが、後ろに高層ビルを抱えてる。
IMG_4721asd (480x640)
中も同じつくりだが、座席の前が広くなってる。
IMG_4729dfg (640x480)
以下、演目など抜粋。
一、壽祝歌舞伎華彩 鶴寿千歳
◆新開場の杮葺落を寿ぐ舞踊
 鶴は千年の齢を保つという伝説に因んだ作品。鶴をはじめ、女御、春の君たちがめでたい御代を寿いで舞い、萬歳楽を奏でて齢を君に奉ります。  歌舞伎座新開場を祝うにふさわしい舞踊をお楽しみいただきます。
 鶴  藤十郎 春の君  染五郎 女御  魁 春など。
二、お祭り
◆江戸の情緒を賑やかに華やかに
 江戸の二大祭と称される山王祭と神田祭。この二つの祭礼を題材にした清元の舞踊です。屋台囃子が聞こえ、鳶頭、芸者が華やかな雰囲気の中で、江戸の情緒を賑やかに踊ります。  由縁の顔ぶれにより十八世中村勘三郎に捧げる一幕です。
鳶頭  三津五郎  同  橋之助  同  彌十郎  同  獅 童  同  勘九郎  同  亀 蔵
芸者  福 助  同  扇 雀  同  七之助など。
三、一谷嫩軍記 熊谷陣屋
◆源平の戦乱を生きる武士の無常
 熊谷直実は自らの陣屋に戻ると、息子小次郎の初陣を気に掛ける妻相模と、我が子平敦盛を案じる藤の方に敦盛を討った様子を語って聞かせます。そこへ源義経が敦盛の首実検にやって来ます。熊谷が敦盛の首を差し出すと、そこにあったのは小次郎の首。源義経の意を汲んだ熊谷は、後白河法皇の落胤である敦盛を救おうと我が子小次郎を身替りにしたのでした。首実検を終えた義経は、石屋の弥陀六が平家の武将弥兵衛宗清であると見抜き、救った敦盛を託します。そして義経の前に進み出た熊谷が兜を脱ぐと...。 重厚さの中に世の無常を感じさせる、義太夫狂言の名作をお楽しみいただきます。
熊谷直実  吉右衛門  相模  玉三郎  藤の方  菊之助  亀井六郎  歌 昇   梶原平次景高  由次郎  白毫弥陀六  歌 六  源義経  仁左衛門など。
IMG_4732sad (640x480)
IMG_4733asd (480x640)
「お祭り」では勘九郎の二歳の子が出演していて、これがめちゃ可愛い。子供の所作で観客がどっと沸く。
踊りは何時も眠くなるのだが、今回は楽しかった。
休憩時間に太巻きを食べる。鯛焼きも食べる?とSさんが聞くので食べる食べると答える。アツアツのを食べたらお腹一杯になる。
「熊谷陣屋」は、以前、見たことがある。吉右衛門の重厚な芝居ぶり、Sさんの贔屓の玉三郎、仁左衛門には引き付けられる。歌六は芝居が上手い。
久しぶりの歌舞伎座に満足して帰る。

「窓からの眺め」

庭のコバノランタナ。(クリックすると拡大)
IMG_4670asda (640x480)
Sさんと国立新美術館に行く。
IMG_4687dsa (640x480)
光風会展。
IMG_4683ghjgh (640x480)
SSさんの「窓からの眺め」光風奨励賞。
IMG_4679sdfsdf (480x640)
屋根が評価されたのよとSさんが言う。Ssさんはずっと窓からの景色を徹底して書いている。次第に技術者の絵から芸術家の絵に変わって来た。
会場全てを見て回る。Sさんと離れ離れになったが、上手い絵があるわよと連れて行かれる。なるほど。
会場を後にして、六本木ヒルズに行く途中のラーメン屋に入る。
蒼龍唐玉堂。唐辛子記4本(最高は5本)の担担麺を食べる。
IMG_4689sfd (640x480)
六本木ヒルズの蜘蛛。
IMG_4691asd (640x480)
キリン。
IMG_4692hjk (480x640)
「リンカーン」を見る。
IMG_4696sdfsd (480x640)
「巨匠スティーヴン・スピルバーグによる、第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンの伝記ドラマ。奴隷制の廃止と禁止を強固なものにし、泥沼化した南北戦争を終結させるため、憲法の修正に挑むリンカーンの戦いを重厚なタッチで映し出していく。『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』などのダニエル・デイ=ルイスがリンカーンにふんし、国と人民の未来をめぐる理想と現実に苦悩する彼の胸中を見事に体現。」
下院の議論の沸騰を見ながら、この人たちはまさかアフリカ系の大統領が生まれるとは夢にも思わなかっただろうなと思う。Sさんはそれ程でもなかったようだが、私は感動した。

ああ「空」よ

庭の紫蘭。(クリックすると拡大)
IMG_4658fhfh (640x480)
ディモルホォセカ(アフリカきんせんか )。
IMG_4661asd (640x480)
君子欄。
IMG_4662dfg (640x480)
ハナキリン。
IMG_4663ghj (640x480)
Sさんが好きなスパラキシス。
IMG_4665sdf (640x480)
コバノランタナ。
IMG_4667fg (640x480)
歌の練習をして、水曜会に出かける。
Fjさんをテナーのパート練習に誘う。
YdさんからRnさんの高尾山のお礼を言われる。
Tsさんが体操指導。最後におだを上げさせられる。
「木とともに人とともに」三善晃作曲、谷川俊太郎作詩。
「空」
Yk先生が「空」はどうもしっくりこないようですねと言う。
最も多く練習してるが上手くいかない。バスのYdさんも同様なことを言ってる。
隣のみに合わせてると遅れる。他の2曲より遅い。遅れを蓄積させないように。自分の中に時計を持ってる。
「ルラールラル ル」のriten・・・・atempoに注意。
「あかしー」ひかないで音を繋げる。
うーん難しい。特に後ろになってくると乱れる。時計が狂ってくる。
ああ「空」よ。
「生きる」
「いきてるということ」可愛過ぎる。自分の言葉で歌う。
「ふっとあるメロディ」「ふ」は注意して歌う。明るく。
「いきーているということいまいきているということ」言葉として聞こえるかどうかを気を付ける。もっと自然に。
「Aーーーー」「BO----」の「BO----」は「(W)O----」で歌う。
以前は最も難しかったが、何度も練習して楽譜を離せるくらいになる。
休憩時間。
テナーは、Htさん、Frさん、Thさん、Tuさん、Nzさん。お休みSkさん、Kkさん、Ksさん。
団長挨拶。4月ももう終わり。
演奏会のチラシとチケットが配られる。ああ近づいて来た。
直前合宿の紹介。
Htさんが土曜日のテナーのパート練習に他のパートがどのくらい参加するかを確認。ソプラノ、アルトがかなり参加してくれそうで嬉しい。
「木とともに人とともに」
<>の松葉を良く意識すること。
「おしまずき抒抄」大中恩作曲、北島万紀子作詩。
「鳳凰」
「つるのようにーしなやかにー」しなやかに。流れを大切に。
「つまなきーあとはー」のテナーのソロをNzさんが歌う。パートリーダー二人が休みだったので代行。音があってないと批判もあったようだが、私は勇気にパチパチ。
「ゆめきえて」Ydさんからテナーが二声聞こえると指摘される。テナーがソプラノと同じ音を出してる人がいて何度もやり直し。
「凩」
「おおきくひそやかなー」子音を大切に。
終わった。疲れた。
久しぶりに飲み会参加。
傍にOnさん、Htさん、Smさん、Mrさんらがいて大変楽しかった。Onさんが熱燗が好きと聞いてうなる。Htさん、Ikさん、Nzさんと何か一杯話したが忘れた。とにかく気分良くて少し飲み過ぎ。

Dmさんを囲む会

この頃、Sさんが庭の手入れを毎朝するようになった。雑草がみるみる無くなって綺麗になる。その分、私は手抜き。
庭のシャガ。
IMG_4641adasd (480x640)
Dmさんを囲む会に出かける。
近所の薔薇。
IMG_4645etret (640x480)
サツキ。
IMG_4648rttr (640x480)
金瘡小草 (きらんそう)。
IMG_4650tyuy (640x480)
クレマチス。
IMG_4651rtytr (480x640)
「うおや一丁 横浜西口店」に到着。まだ店が開いてなくて、皆外で待ってる。
ようやくお店が開く。
Dmさん、幹事のNmさん、山梨から来たTrさん、論語研究のMnさん、楽器/コーラスと忙しいKdさん、In画伯に、Mg画伯、手術後のYdさん、髭のSsさん、初参加のSzさんの11名。
Dmさんは昨夜、脱稿されたようで、寝不足のせいか目の周りが少し黒ずんでる。今回は特にわかりやすく書くのに努力。世界の経済の危機、特に日本の経済危機について熱っぽく語る。その解決策について今回は述べると言う。
「日本を滅ぼす経済学の錯覚」「「民」富論」、「日本を貧困化させる経済学の大間違い」に続く4作目。出版を期待したい。
この会は画伯が多い。Inさん、Mgさん、Trさん、Mnさんの奥さんは二科展。
YY会のメンバは、Dmさん、Nmさん、Mnさん、Kdさん。KdさんからはYY会で雪の高尾山に登ったことがきっかけとなり、何十年ぶりにスキーをしたら、大変楽しかったと、雪の高尾山に登った事を感謝された。こういう話は実に嬉しい。
Ydさんは難しい手術を成功させ、手術のために延期した海外旅行に奥さんと出かけると言う。
Nmさんとは、土曜日に高尾山に足慣らしに行ったばかり。
怪我や病気の話も良く出るが、明るく笑い飛ばしてしまう。
楽しく会話してオーラを一杯貰った。

休息

庭のコデマリ。
IMG_4630asd (480x640)
紫蘭が咲き出す。
IMG_4631asdds (640x480)
君子欄。
IMG_4634sdfsdf (640x480)
フリージア。
IMG_4637sdf (640x480)
SさんとSsさんが入選した光風会に行く約束をしてたが、雨は降ってるし、小寒いし、今朝起きたら右膝が痛むし、止めることにした。幸い私もSさんも水曜日は空いてるようなので、水曜日に行くことにする。
右膝は階段を降りる時に少し痛むので、とうとう加齢がここまで来たかと気落ちして、Sさんに話したら、Sさんも以前、膝が痛かったが、ジムに通って足腰を鍛えたのと、膝をよく揉むようにしたら治ったと言う。サポーターすると良いよと一杯サポーターを持ってきた。Sさんは以前、良く使ってたらしい。
今年農鳥山を登りたいのでまだ足腰が痛んでは困る。

足慣らしの高尾山

高尾山足慣らしに出かける。
Nzさんを山に連れて行こうと思ったのが発端。どこにしようかとMnさん、Iwさんに相談して足慣らしなら高尾山が良かろうと言う事になる。Nzさんを誘ったら、水曜会のKmさんとOnさんを誘ってと言われたので、二人とも誘う。二人とも参加すると返事。(Onさんは都合がつかなくなって参加できなかった。)Nzさんも逃げられなくなって参加。
3人ともほぼ初登山なので、リーダーをIwさん、後詰をMnさんに頼む。Mnさんは丹沢山開きの前夜祭らしくて渋ったが、むりむり頼み込む。MnさんはKsさんと一緒に参加。
YMSの会で一緒したSgさん、Ksさんを誘い参加。(Sgさんは子供の行事とぶつかり不参加)
Yd邸の花見の会で、Rnさん、Smさん夫妻も参加することになる。
Iwさんはペースが速いので少しペースを落としたいなと思いMzさんを誘う。(Mzさんは毎日歩いて鍛えており、早かった。)
Kmさんが富士登山をしたいと言うので、富士登山を毎年してるKhさんを誘う。後は、ゴルフで一緒したNkさんを誘う。他にOkさん、Kgさんが参加を表明していたが、仕事で都合がつかなくなる。
最終的に12名となった。水曜会関連者が5名、YY会から7名。なおYY会リーダーのImさんは都合がつかなかった。
高尾山登山口に集合。何時もはぎりぎりに行くが、今日は早めに到着。顔を知らない人を紹介するために急いだ。Iwさん、Mzさんが既に到着していて、早いですねえと言う。
高尾山登山口は登山客や観光客でごったがえしている。凄い人気だなあと改めて思う。
Nzさんが少し遅れたが全員集合。簡単にIwリーダーと後詰のMnさんを紹介。ケーブルカーは乗らずに稲荷山コースを登る。全長3.1km。標高差400m。
10時6分出発。曇ってるが天気は持ちそう。Iwリーダーを先頭に初登山のKmさん、Nzさんらが続く。しんがりはMnさん。
いよいよ登りとなる。気温が低いので厚着して出発。
IMG_4482rtytry (640x480)
ツツジが綺麗。Ksさんが綺麗ですねと言う。
IMG_4491ry (480x640)
10時50分、展望台に到着。汗が出てきたので上を脱ぐ。見晴らしはきかない。新緑が美しい。
IMG_4493tyuuy (640x480)
山吹。
IMG_4500wer (640x480)
ツクバネウツギ。
IMG_4505rty (640x480)
水曜会組は健脚で何ら心配することはなかった。Kmさんは足取りが軽いし、登るのを渋ったNzさんもKmさんの側を歩いて快調。Smさん夫妻は、登山道具を新調。Rnさんは装備磐石。Mzさんは正月の雪の高尾山から鍛えなおしてるようで遅れない。
IMG_4509sdfdf (640x480)
時々休みながら進む。
最後の急な階段の登り。
IMG_4516rty (480x640)
早く登って上から写真を撮ろうとしたがKmさん、Smさんに追い抜かれてしまう。
高尾山山頂の大見晴らし台に到着。11時42分。ほぼ1時間30分強。
IMG_4523ertrte (640x480)
ここで記念撮影。お兄さんに頼んだが撮って欲しいカメラが何台もあり、お姉さんに代わる。
大混雑なので少し先に進んで食事する。雨がぽつんと来る。最後まで持ってくれよな。
もみじ台に向かう。途中山桜が咲いてる。
IMG_4530ytrt (640x480)
場所を確保して食事が始まる。11時55分。温度は3℃位で超寒い。息が白くなる。皆着込んでる。
IMG_4531asd (640x480)
何時も通り、Khさん、Mnさんがバーナーと水を持って来ており、お湯を沸かす。Mzさんは珈琲粉を持ってくる。早速珈琲を頂く。美味い。これだけでもう大満足。珈琲は皆に行き渡る。
12時半に出発。最初は、小仏城山経由で降りる計画だったが、Smさんから薬王院にと言う希望があったので、薬王院に向かう。ここからは舗装された坂道と階段が続く。完全な観光コース。ケーブルで来ればハイヒールでも来れる。登山としては美味しくない。
高尾山薬王院の奥ノ院。12時52分到着。
IMG_4540rtytr (640x480)
「六根清浄とは、人間に具わった六根を清らかにすること。六根とは、五感と、それに加え第六感とも言える意識の根幹である眼根(視覚)耳根(聴覚)鼻根(嗅覚)舌根(味覚)身根(触覚)意根(意識)」
IMG_4541ertrt (480x640)
椿がまだ咲いてる。
IMG_4548rtyytr (640x480)
石楠花。
IMG_4559uyi (640x480)
飯縄権現堂。「「飯縄大権現」は、その信仰の起こりとしては、信州善光寺の北にそびえる飯綱山、戸隠山一帯に淵源を発する。この地方は善光寺の起こりと共に仏教の歴史も古く、戸隠、飯綱の山岳信仰も古い修験道の歴史を伝えている。」
IMG_4564ghjghj (640x480)
「天狗様は飯縄大権現様の眷属(随身)として、除災開運、災厄消除、招福万来など、衆生救済の利益を施す力を持ち、古来より神通力をもつとされ、多くの天狗伝説や天狗信仰があり、神格化されています。この様に高尾山は、飯縄信仰と共に天狗信仰の霊山としても知られております。」
IMG_4565tyuy (640x480)
ここからまた階段で降りる。
IMG_4567ertt (640x480)
「正式名称「高尾山薬王院有喜寺」は今から1260余年前の天平16年(744)に、聖武天皇の勅令により東国鎮守の祈願寺として、高僧行基菩薩により開山されました。薬王院の名は創建当初、薬師如来をご本尊とした事に由来します。」「大本堂 開山本尊:薬師如来 中興本尊:飯縄権現 薬王院の中心となる本堂で、薬師如来と飯縄権現を祀る。」13時8分に着く。
IMG_4570rtyy (640x480)
八重桜。
IMG_4573ghj (640x480)
弩迫力の烏天狗。
IMG_4582ert (640x480)
大天狗。
IMG_4583eter (640x480)
「春風にのり大天狗小天狗」
IMG_4585tyu (480x640)
Nzさんに縁結びの神様にお参りするようにと強要。
IMG_4586yuiyu (640x480)
Kmさんはお団子。ここから女性陣はお団子の度にひっかかる。
仏舎利塔を経て、女坂を降り、浄心門への参道を歩く。13時37分。
IMG_4604dgg (640x480)
「高尾山の名物に、樹高37メートル、目通り約6メートル、推定樹齢450の世にも不思議な形をした「たこ杉」がある。今からおよそ600年ほども前のこと。17日の水行を終わった俊源大徳が、高尾山に登る道に大きな霊杉が根を張って、通行のじゃまであったのを見て、般若心経を唱えると一本杉は、たちまちくるくると根を巻いて道は開かれたといいます。以来、たこ杉、または、道を開いたところから開運杉とも呼ばれています。」
IMG_4606dfgdf (640x480)
さつき。
IMG_4608rtyrt (640x480)
見晴らし台は霞んでる。
IMG_4614tyt (640x480)
山ツツジとシャガ。
IMG_4615tyuyu (640x480)
ニリンソウ。
IMG_4624fdgfd (640x480)
高尾山山麓駅に到着。14時34分。踊りをしてる。Rnさんも踊ってる。
IMG_4627dsffd (640x480)
ここで秦野組とお別れ。これからお土産を買って丹沢山開きの前夜祭に行くと言う。お疲れさんと別れる。
西洋石楠花。
IMG_4628fghgfh (640x480)
高尾の湯ふろッぴィ(Iwリーダーが予約)で温泉、宴会を楽しく行う。10名参加。お風呂1時間、宴会2時間半。
初参加してくれたNzさん、Kmさん、Smさん夫妻、RnさんはYY会のメンバIwさん、Mzさん、Khさん、Ksさんと交流し、また山に登ってくれそう。嬉しい限り。一人でも多くの人に山の楽しみを味わって貰うのが無上の喜びである。

ラフォーレ修善寺カントリークラブ

日立システムズ保養所“しゅぜんじ”で目覚める。昨夜良く眠ったので、酔い疲れはない。
朝風呂に入る。
朝食を取って、Nkさんの車にKkさんと一緒に乗りラフォーレ修善寺カントリークラブに向かう。
パットとアプローチの練習をする。
ツツジが綺麗。(クリックすると拡大)
IMG_4457qweew (640x480)
4組の最終組。まずは記念撮影。
Wtさん、Iwさん、Tcさんと一緒。
Wtさんは乱視が進んで良く見えないと言う。よく聞いてみるとこの2年位で進んだと言う。メガネでは矯正しきれないと言われたと言うので、直ぐに眼科にかかるようにと強く言う。眼は怖いよと散々忠告。ようやくその気になる。廻っている間中、何度もしつくこ医者に行くようにと言う。(帰ってから、眼科医に行ったと言うメールが入り、ほっとする。)
確かにWtさんはドライバショットは何時も通り素晴らしいが、アプローチとパットが良く見えないせいかミスが多くWtさんらしくない。
最初のホールのミドル。
IMG_4459asdd (640x480)
三人ともぱっとしない。
2ホール目のロングはIwさんがOB。OBこそしなかったが、ミスが続く。
3ホールショート。谷越え。
IMG_4466rtyty (640x480)
Wtさんが谷に落とす。私も調子が出ない。酷い状態。
白いフジが綺麗。
IMG_4469ryty (640x480)
その後、次第にTcさんは実力を出してくる。
私は全部良いところがない。Wtさんは眼の具合が悪くて実力が出ない。こんなWtさんを見るのは初めて。
いらいらするのか途中、止めていた煙草を吸いだす。キャディさんから、止めていたのになぜ吸うのとたしなめられている。
前半、終わってみて、レストラン。前の組の前回BBのJnさんのスコアを聞いたら負けている。これはこの組からホタルとBBが出るなあとWtさんと嘆く。
インは山岳コースみたい。
10番ホール。後半も出だし良くない。
IMG_4470ads (640x480)
それにしても新緑の綺麗なことよ。
IMG_4471qwe (640x480)
12番ホール、ロング。
IMG_4475asd (640x480)
15番ホールで良いショットが出たが、続かず。
IMG_4477ertt (640x480)
Wtさんはカートのブレーキを踏んで、これは自動だから強く踏んだら壊れるわよとキャディさんに怒られる。
私のカメラを見て何を撮りたいのと聞かれたので、キャディさんと言ったら、どやされる。面白いキャディさんだ。
終わってみれば、Wtさんと同スコア。WtさんはBBだけは避けたいみたいで私とのスコアを気にする。
Tcさんは20回近くプレーしてるだけのことはある。
IwさんはOBが多かったが、良く飛ばす。
風呂に入って、成績発表会。
優勝、ベスグロはNmさん。連続優勝。
BBは私。Wtさんと同スコアなのに、何故私が上かと質問。どうやら前半のスコアが良い方が上に来るらしい。
Trさんが商品を貰うのに文句言うなよと言う。BB幹事を避けたかったが、なってしまう。
準優勝はFkさん。
Wtさんが皆に今までの成績と、幹事の心得を配る。次回からは優勝、BB幹事でなくて、周り持ちにすると提案。やれやれ、最後のBB幹事か。
次回は小淵沢CC。日取りが、10月は日程が詰まっており、わがままを言って私の都合で決めて貰う。
終わった。散会。
Nkさんの車に、Kkさんと乗せて貰う。無事、帰宅。
Sさんに疲れたと報告。明日の高尾山は雨じゃないのと言うので、心配してWebで調べたらかろうじて、6時くらいまでは持ちそう。但し気温が相当に下がる予報。幹事のIwさんに連絡したが、仕事中らしくて返信がない。止む無く、私から防寒の準備をしてくるようにメール。その後、Iw幹事より正式なメールが来る。

M会





庭のコデマリ。(クリックすると拡大)
IMG_4444asd (480x640)
シャガ。
IMG_4445ghj (480x640)
薔薇。
IMG_4446asd (640x480)
IMG_4448sdsad (640x480)
あわただしく 大門句会通信句会用の苦吟。
Nkさんに車で迎えに来てもらい修善寺に向かう。
高速を降りてから、修善寺の狭い道に戸惑う。
ようやく日立システムズ保養所“しゅぜんじ”に到着。
IMG_4450asd (640x480)
幹事のJnさんが玄関で待っていたので、部屋番号を聞く。既にみんな到着してるようだ。
部屋に向かったら、Mnさんが既に風呂に入って休んでいる。聞いたら、天城山縦走を4時間半かけてやって来たと言う。それは凄い。石楠花はまだ蕾だったとと言う。同室のTrさんは風呂に行ったと言う。
着替えて風呂に向かう。何人か入っていたので挨拶する。露天風呂から石楠花が良く見える。出るところでM会会長のMkさんに会い、挨拶。
しばらくして談話室に集まる。15名参加。
Wtさんの斡旋で日本パラリンピックスキーチーム監督、日立ソリューションズスキー部監督、荒井秀樹氏の講演を聞く。
「98年長野パラリンピックの開催に先立ち、当時の厚生省長野パラリンピック準備室の要請により、障害者ノルディックスキーチームに従事。障害者スキーの組織化、選手強化、指導、育成をゼロから着手し、現在に至る。パラリンピックでは、長野、ソルトレイク、トリノ、バンクーバーと4大会連続でメダリストを輩出。また、ワールドカップや世界選手権といった海外各大会でも優勝者を輩出している実績を誇る。」
元は公務員でジュニアスキーの指導をしていた。長野パラリンピック時に、依頼され、選手ゼロから出発して選手を探し、育成。パラリンピックの支援資金はほとんどなく選手個人の負担が多く、悩んでいる時に偶然、電車の隣にWtさんが座り、その悩みを話したら、Wtさんは感激。早速会社に戻って、時の社長だったNmさんに要請して、苦労の末に会社の支援を得るようこぎつける。奇しくもM会にWtさん、Nmさんが参加してる。Wtさんは在籍中、スキーチームのデータ取りなどの支援をし続けた。
荒井監督から、ソチに臨む各選手の紹介とそのデータと、対抗外国選手のデータとの比較の話があり、大変興味深く拝聴。記録から見るとかなり厳しそうだが、これを本番までにあげてセンターポールを狙うと言う。いろいろ秘密兵器の紹介もあり、凄いなあと感動する。
以前、荒井監督の話は何度か聞いたが、また新たな感動を受ける。障害がある方々に、特に子供たちに大きな勇気を与えている事だろう。
「応援してくれる人へのメッセージ:「元気をもらった・・」といつも言っていただき感謝です。でも本当は、逆で、僕たちは皆様の応援が、「やる気百倍!!」で心からうれしいです。ありがとうございます。」
短い時間だったが、素晴らしい話を聞かせて貰った。
荒井監督を交えて宴会が始まる。
幹事はNmさん、Jnさん。定番幹事はWtさん。Nmさんはゴルフの優勝幹事。JnさんはBB幹事。前回BBを競って免れた。
最初に亡くなったTdさんに黙祷。
Mk会長の挨拶。手術を何度もされているが若々しいのには感心する。遊んでもらえるように気を使ってるんだよと言う。愛妻家。
隣の席にSmさんが座る。退職して1年たって、奥さんの笑顔が素敵になって来たのが嬉しいと言う。大の愛妻家。Sさん大好きの私と良くウマが合う。Wtさんが来たので奥さんと腕を組む時にどちらが先に手を出すかと言う話をしたらあきれ返っていなくなる。
明日のゴルフは今年2回目だが、聞く限り、私が最も少ない。Kkさんは今年すでに20回を超え、Nkさん、Smさん、Tcさんもそれに近い。
Hrさん、Trさん、Mnさん、Nkさんにはこの頃しょっちゅう会ってる。
Tcさん、Iwさん、Trさん、Fdさん、Htさんとは久しぶりなので会話する。
二次会はカラオケだが、明日はゴルフ、翌日は高尾山足慣らしなので自重して部屋に帰る。
Trさんが行かないのかと言ったが、行ったら多分寝不足になりそうなので遠慮する。
阪神の試合をしてないか見ようとしたがBSが映らない。TVをつけたまま転寝。スポーツニュースで阪神が勝ったと放映してる時、偶然目覚める。やったぜ。

庭の牡丹。(クリックすると拡大)
IMG_4437asdd (640x480)
IMG_4441nvn (640x480)
キンレンカ(金蓮花)。
IMG_4430ghgj (640x480)
フリージア。
IMG_4434dsfd (640x480)
チェリーセージ。
IMG_4442dfsfds (640x480)
歌の練習をした後、水曜会に出かける。
今日は、浜離宮朝日ホールのリハーサル室で練習。
ホールに向かっていたら、ピアノ伴奏のOnさんに出会う。リハーサル室は初めてというので、案内。ホールに行く途中でOn先生がいるので挨拶。今日は、Yk先生指揮の日だが、On先生はテナーで歌うようだ。
準備体操はTsさんが行う。
Yk先生が現れ、発声練習が始まる。
恵比寿の練習場に比べると天井が高くて声が良く響く。Yk先生が、周りの声が良く聞こえるので良く聞くことと言う。
「おしまずき抒抄」大中恩作曲、北島万紀子作詩。
「夙」
女性は暗譜している人がかなり多い。
「むなしさ」の「む」の発声を注意。
「ふりかえれば」のテナーはゆっくりしすぎ。
アルトは主役が多いとYk先生が言うと、誰かが当時作曲者にアルトに好きな人がいたと言うと爆笑。
「ひかりのー」言葉を流す感じで。
「凪」
鼻濁音に注意。
「風」
「凧」
手拍子がいまいち。
「凩」
「ふりはらうように」の「ふ」をはっきりと。
休憩時間。
テナーは全員参加。
団長から、今後の水曜会の在り方について、アンケートをして貰った感謝の言葉と、今後の進め方については、On先生とYk先生を交えて方向付けしたと報告。詳しくはメールで送った通り。
演奏会の衣装係より、コサージュを自前で作ったと報告。
「鳳凰」
「ゆめきえて」yを入れて。
「いとしみながら」のテナーの出だしは指揮を見るように。
「木とともに人とともに」三善晃作曲、谷川俊太郎作詩。
「空」
今や一番難しい曲。
テナーは音がバラバラになったみたい。私のせいかな。Ydさんからテナーはいろんな音が聞こえると指摘される。
「さびしさはあまえじゃない」の「あまえじゃない」は言い直す。
「木とともに人とともに」
「生きる」
「ふっとあるメロディを・・・」「ふ」を明るい発声で。
「手をつなぐことあなたと」「あなたと」を言い直す。
終わった。疲れたが良い練習だった。
飲み会は、明日から連荘で宴会、ゴルフ、山なので行きたかったが我慢する。
帰りは、Tsさん、Ogさん、Nzさん、団長、Skさんらと一緒だった。団長にテナーのパート練習で「空」をお願いしますと頼む。

Hs先生を囲む会

この頃、Sさんが早くから庭の手入れをするようになり、お株を奪われてしまう。
庭の君子欄。(クリックすると拡大)
IMG_4406qweqwe (640x480)
アジュガ。
IMG_4410sdfsdf (640x480)
牡丹。
IMG_4416rtrt (640x480)
Hs先生を囲む会に出かける。
近所のツツジ。
IMG_4418asdas (640x480)
IMG_4419sdfsdf (640x480)
IMG_4420rtyyt (640x480)
先生に予約して頂いた自由が丘の「Le Temps 自由が丘」に着く。まだ時間前で中に入れて貰えなかったが、HtさんとNuさんが現れ、何とか入れて貰う。
なかなかしゃれたお店。どうして見つけられたんだろうと思う。
しばらくしてTnさんが現れる。交番でお店の場所を聞いてやって来た。路が狭いなあと言う。
Hs先生から医療センターの検査が長引いて少し遅れると連絡後、しばらくしてお見えになる。
先生は、コンピューターのパイオニアであり、50年以上前に世界初のオンライン座席予約システムMARS(現在のみどりの窓口)を開発される。その功績は紹介しきれない。
「いまでこそコンピュータの「オンライン処理」というのは容易なことであるが、その当時のコンピュータは、ユーザの操作をある程度蓄積してから処理する「バッチ処理」が一般的だった。しかし穂坂は、列車の座席状況がリアルタイムでわかると同時に、予約もできるオンライン処理にこだわった。しかもそもそもコンピュータ自体が国内にほとんど普及していないのだから、ハードもOSも自分たちで開発する必要があった。その難しさは計り知れない。・・・猛烈なスピードで設置が進んだわりには大きなトラブルもなく、初期10ヶ月間のシステム稼働率は99.86%という脅威の結果を残し、その信頼性も大きく評価された。この高い信頼性には、穂坂が軍で航空技術者をしていたときに航空機の設計で実感していた「実用に値するシステムの設計でミスは許されない」という強い信念によるものが大きい。・・・国内初のコンピュータグラフィクスシステムやCADシステムを開発したりと、日本におけるITの歴史にさまざまな功績を刻んでいった。」
情報処理学会の会長を務められたり、IEEE Computer Pioneer Awardを受賞されるなど数々の受賞がある。
私は入社早々、先生がおられた東大宇宙研究所に派遣されて末席を汚した。今から考えると全くノー天気な私をよく我慢して指導されたと感謝してる。
大変お元気で、もうすぐ93歳になられるが、探究心はますます素晴らしく、そのお話に感動すると同時に今更ながら先生の凄さを感じた。3人の大先輩の方々は、MARSの開発に携わった方々であるが、やはり同様の感慨を持たれたのではないかと思う。
脳の解析の話(よく理解できなくて紹介できない)、ゲームを自動的に解くプログラム(これもよく理解できてない)を毎夜遅くまで開発して完成した途端、目が回って病院に運ばれた話、太極拳の運動の解析などなど。
先生のお話にはついて行けず、ただただ驚嘆するのみであったが、話が面白く、楽しく聞かせて頂いた。「極彩色生活は望むべくもありませんが、せめて灰色でない老後を送りたい」とおっしゃったが、私の極彩色生活は先生の前では色あせてしまう。
先生と談笑しながら美味しいフランス料理と赤ワインを頂いた、あっという間の2時間半であった。名残惜しいがお別れ。
その後、友人の絵画展「びいどろ絵画展」に向かう。
Tkさんがいて、絵画を説明して貰う。3点出品。
「静物」。
IMG_4422asdsd (640x480)
「静物」。
IMG_4424asdas (640x480)
「女性像」。
IMG_4428sdfsdf (480x640)
蔵王のスキーで捻挫したそうで、今月末のゴルフまでに直したいと言う。
先輩の**さんを紹介して貰い、ガラス楽器に対する経験談を聞かせて貰う。60過ぎてからガラス楽器にのめり込み、演奏まで行う。現在78歳だが、なんでも意欲的に取り組まれている。
今日は元気な先輩方の話を聞いて、そのオーラを頂くことが出来た。

亀鳴くやお迎え無いと爺は言い

三四郎さんから、大門句会勉強会の句評が送られてきた。
兼題は馬空さん出題の「亀鳴く」。実際は亀は鳴かない。想像の産物。⇒は三四郎さんの句評。:は私の感想。
◇光
亀鳴くやお迎え無いと爺は言い
結納を終えて眺むる躑躅かな
⇒なかなかお迎えが来ないとつぶやいている爺さん。亀が鳴くようなおだやかな時候だ。長生きして下さい。
季語の躑躅がたまたま咲いていたという以上の働きがない。他の花でも置き換え可能。見たのは躑躅でも上五以下のフレーズにふさわしい季語かどうかと考えるくせをつけて下さい。ほかの花の方がふさわしければ置き換えも可。ウソも方便。
:亀鳴くの句は、97歳の大先輩のところにお見舞いに行った時に、まだお迎えが来ないんだよと言われたのが耳に残っていて、この句となった。
愛の告白の花言葉のチューリップを使うと
結納を終えて眺むるチューリップ
遊介さんに選句して貰った。
→ 緊張感から解き放たれほっとした情景をみました。躑躅満開の季節に結納を交わした若いカップルが想像できます。この季語が曼珠沙華なら・・・曰くありげな結納になるかも。
私の選句。
◇さら
亀鳴くや仏に残る金の色
⇒亀鳴くの雰囲気と剥落した金箔の仏像がよく響いています。
◇はな
箒目の残る裏道春日差
⇒裏道だから土のままか細かい砂利の道でしょう。きれいに掃かれたあとに柔らかい日差しがあたっている。静かな景です。
◇三四郎
菜の花や荒川線のゆらゆらと
亀鳴くとは俳句ならではの季語で楽しめた。
庭のスパラキシス。Sさんが増やしてる。
IMG_4392sds (640x480)
コバノランタナ。
IMG_4397sda (640x480)
Sさん好みのキンレンカ(金蓮花)。
IMG_4399sad (640x480)
コデマリ(小手毬)が咲き出した。
IMG_4401sdf (640x480)
蔓日日草(つるにちにちそう)ははびこった。
IMG_4405sdsd (640x480)
慶立戦は昨日勝って1勝1敗となった。応援に行きたいところだが、昨日の低山を登る会で右膝を痛めたので行くのを止める。ネットで状況を確認。逆転したが、最後に突き放されて敗れる。白村投手がぱっとしないのが誤算。Mkさんは残り全部勝つと前向き。
膝は風呂に入って温めたり、温湿布したら痛みが薄らぐ。今後、心配ではあるが大事にしよう。

笠置山

朝一番の新横浜6時発のひかりに乗るために、4時半の目覚ましをかけたら、3時半に目が覚めてしまう。
止む無く起きて準備。牛乳とオレンジを齧る。Sさんに行ってくるよと声をかけたら気をつけてと眠そうな声。
今日は、Fjリーダーの低山を登る会の第一回。今まで雨で二回流れた。今回はサボろうと思ったが、誰かにけしかけて置いて行かないのは我儘と言われて、それはそうだと思い新幹線日帰りで行くことに。
途中コンビニで朝飯を買う。
始発なので空いてる。おにぎりを食べたら、眠くなる。イヤホンで水曜会の曲を聴きながらうとうと。これで暗譜が出来たらいうことないがなあ。
名古屋から地下鉄で藤が丘に着く。早すぎたと思ったが、既にImさんが来ていた。南アルプスに何度も一緒した仲間。しばらくしてリーダーのFjさんがやって来る。もう一人のTbさんが来て、Fjさんの車に乗って出発。Tbさんは昨年、いきなり荒川三山に連れて行ったが、立派にしんがりを務めたつわもの。
事業所の駐車場に到着。既にかなりのメンバが到着。
最長老のCbさんは数えで80歳。写真を撮るために参加。立派な一眼レフを抱えてる。
南アルプス仲間のKbさん。降りはめっぽう強い。
初参加のFrさん、Anさん。Anさんは私とゴルフを一緒にプレーしたのが運のつき。Fjさんに立派な山の道具を買わされている。この二人は、秘かに私がくたばるのを期待してる。(人が悪い)
Adさん、Sgさんもいる。AdさんはImさんが大丈夫かなあと心配してる。Sgさんはばっちり決まってる。
車を減らすためにFjさんとAdさんの車に分かれて便乗。Fjさんの車はCbさん、Imさん、Tbさんと一緒。ひと眠りしようとしようと思ったが、話が弾んでつい眠り損ねる。
笠置公民館でNtさんと紅二点のHkさん、Nmさんと合流。Ntさんは新車に乗って横浜よりやって来た。
笠置山登山口に向かう。Fjさんが道を間違えたりしたが、無事に登山口に到着。(クリックすると拡大)
IMG_4260qew (480x640)
出発前に記念撮影。10時20分出発。
「笠置山は、岐阜県恵那市と中津川市にまたがる標高1,128mの山。見る方角にもよるが、文字通り笠を置いたような、線対称に広がる山裾が特徴的である。この山はもともと舟伏山と呼ばれていたと言われるが平安時代の中頃、花山天皇(984即位)がこの地方(現中野方町)に来て見た山の形が都の笠置山に似ているというので歌をよまれた時から笠置山と呼ばれるようにになったといわれている。また市内から見える稜線が弘法大師の寝姿にも見えることから、「寝弘法」などと呼ばれることもある。」
いきなり階段の登り。Fjさんは皆の実力がわからないので、途中脱落しても大丈夫なところを選んだはずだが、結構きつい。
10時36分。国の天然記念物ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)自生地。花がつくころは綺麗だろう。実がつくと看板に書いてあるのを見てNtさんが食べれるんだろうかと聞く。
IMG_4379sdfdf (640x480)
10時39分。あんこ沢のあんこ棲息地の看板がある。「山中各所の渓沢に棲息する6cm内外の小魚でイモリに似ている。あんことは山椒魚の方言で、ハコネサンショウウオの類」
IMG_4280qwe (640x480)
Cbさんが近づいて写真を撮る。こんなところに住めるのかなあと言うようなところ。
巨岩がゴロゴロしてる。階段を黙々登る。Fjリーダーが先頭、初登山のFrさん、Asさんが続く。Fjさんは凄く気を使ってゆっくりと歩く。いつも一緒の時はずんずん歩くのだが。後詰はTbさん。頼りになる。
IMG_4283rewre (640x480)
見晴らしがきかなく階段ばかりなので単調。
IMG_4293eqw (480x640)
11時10分頃、林道に出る。Frさんがまだあるのと聞く。Fjさんはくたびれた人はここで待ってもらうつもりだったらしいが、皆元気一杯。特にFrさん、Anさんが元気なのは予想外。最長老のCbさんは写真を撮りながら遅れないのは立派。Imさんが心配したAdさんは無論元気。女性二人はしっかりした足取り。おしゃべりしながら歩く。
おみたらし(水場)があるが手を洗うだけにする。誰か(Cbさん?)が飲んで美味しいと言う。
IMG_4316dfgt (480x640)
笠置神社の奥社に到着。11時49分。「古くから雨乞いの神として信仰されてきた神社で、笠置山山頂に本社(奥社)、麓には前社(下社)が鎮座しています。」
IMG_4318qwe (640x480)
IMG_4321qwe (640x480)
11時50分。裏に山頂がひっそりとある。
IMG_4324qwea (640x480)
Cbさんがここに5000年前のペトログラフがあると言うので皆で探索。「ペトログラフとは先史時代、岩に刻まれた文字・記号・紋様のこと。標高1128mの笠置山と山麓周辺で古代文字が刻み込まれたぺトログラフが平成6(1994)年に数多く発見された。」
IMG_4329dfgfdsdf (640x480)
注連縄が掛けられているんでペトログラフが存在する筈と探す。
IMG_4333dfg (640x480)
Fjさん、Sgさんらはヒカリゴケを見に降りて行く。上から降りる価値あるかと聞いたら、ちっこいのが一つあるだけと言うので降りるのを止める。
もう一か所あるよとFjリーダーが言うので、ここでの探索を切り上げる。皆が興味津々で探すのに若々しいと感じて嬉しくなる。
奥社の前で昼食。
鯖寿司を買ってたので実に美味かった。Kbさん、Fjさんがバーナーと水を持って来てる。Kbさんからコーヒーを分けて貰い飲む。何故こんなに美味いのだろうか。皆が持ってきたお菓子などが次々と回ってくる。何でもおいしく頂く。Anさんに北アルプス登れますよとけしかけたが乗ってこない。女性二人にも北アルプスを誘ったが振られた。
ここで記念撮影して出発。物見石周辺にペトログラフがある。文字らしきのがあった(と言う事にしよう)。
IMG_4351sdfsd (640x480)
物見石。
IMG_4370dfg (640x480)
あいにく曇っていて恵那山しか見えない。
IMG_4365dfg (640x480)
降りは皆早い。ずんずん降りる。
14時32分に駐車場に到着。
キブシ。
IMG_4382sfdsfd (640x480)
車に乗って、一望千金展望台に行く。ここも同じ景色だった。本来は御嶽山、中央アルプスが見えるはずだが見えたのは恵那山のみ。
IMG_4388sdfdsf (640x480)
終わった終わった。全員脱落することなく無事終了。次回を約束して、散会。帰りの車はほとんど寝ていた。
事業所に戻り、お別れ。車でない人だけで、藤が丘で打ち上げ。
Fjさんのお馴染みの店。若者向けのお店。串焼きで赤ワインを美味しく飲む。
Fjさん、Anさん,Imさん、Tbさんが一緒。山の話が主体でわいわい楽しくやる。新幹線の時間まで1時間半たっぷり楽しむ。山の仲間は良いなあ。
帰りの新幹線もイヤホーンで水曜会の曲を聴きながらこっくりこっくり。

慶立戦 負けちゃったよ

6大学野球が開幕し、神宮に向かう。渋谷から銀座線に乗り換えるのにえらい苦労する。
神宮球場に到着。Mkさんが二階席に席を取ってくれてるので、そこに向かう。
今年は風邪をひいたり、インフルエンザにかかったりひどい目にあったよと言う。
慶応応援団。(クリックすると拡大)
IMG_4106dfgdfg (640x480)
試合開始。
IMG_4107dgdg (640x480)
二階は風が吹くと寒いので一回の内野席に移動。かなり前。
期待のエース白村投手の立ち上がりは良い。
IMG_4111sff (640x480)
ところが3回、立大・安田の適時打、岡部通の2ラン等で4点先制される。白村投手の悪い癖が出る。
IMG_4125asdsad (640x480)
江藤監督もたまらずマウンドに行く。捕手は手嶋選手。
IMG_4146dgfdf (640x480)
Mkさんが白村を早めに代えて、明日に登板させろと言う。
6回表、立大・安田の適時打、岡部通の2点適時3塁打で3点追加され白村投手降板。7点差はきつい。
慶応は立教の斉藤投手に抑えられ全く打てず。
3番谷田選手。
IMG_4167ddf (640x480)
期待の4番、横尾選手。Mkさんが4番になると打てないだよなとぼやく。
IMG_4170asddas (640x480)
5番、藤本選手。
IMG_4212adad (640x480)
3人で谷田選手のヒット一本。全く点が入らず。
交代した1年生の渡邉義投手。Mkさんは今年の1年生は良いよと言う。
IMG_4194asd (640x480)
8回明投手。
IMG_4219rewwr (640x480)
9回土屋投手は打たれて1点追加される。
IMG_4237asd (640x480)
慶応は後続の澤田 、田村両投手も打てずゼロ負け。0-8。なんだよこれ。
とうとう試合終了。明日は頑張ってくれよ。
IMG_4257asd (640x480)
Mkさん、Mkさん弟さん、Okさんと反省会。**さんが立ち寄る。今日の試合で(実力は)分かったからもう来ないだろうと言う。
皆悲観的で、打てない打てないとぼやく。勝ち点を落とすと、5位確定だ。今シーズンはあきらめだね。明日投げるピッチャーがいない。土屋投手は打たれたし、明投手かなあ。谷田選手が最終回打ったのが救い。法政の監督が変わったから、今シーズンは優勝候補だ。慶応高校と県立高校ばかりでは勝てない。横尾選手はどうしちゃったんだろう。早稲田は強い。東大に負けるかも。
ついでに阪神も打てないなあとぼやきが広まる。ジャイアンツにゼロ封したのは奇跡に近い。
明日は見に行かないから、応援頼むねとMk兄弟に頼む。
帰りは、半蔵門線の方が近いよと言うので、銀座線から半蔵門線に乗り換えて、渋谷に出る。近い近い。今度からこれにしよう。
Sさんがどうだったと聞くのでべた負け、0-8と言う。

一緒はいいね

午前中来客あり、Sさんと一緒に接客。
興味のある話があり、楽しく談笑した。
庭のスノーフレーク(クリックすると拡大)。
IMG_4079dgfdg (640x480)
チューリップ。
IMG_4081fdgdf (640x480)
打ち合わせのためにSさんと出かける。
近所のイングリッシュ・ブルーベル。
IMG_4087ertre (640x480)
萩に似てるが今咲くわけないし?
IMG_4093tretre (640x480)
金瘡小草 (きらんそう)。
IMG_4095asddsa (640x480)
慶応の新緑の銀杏並木。
IMG_4096ertte (640x480)
鎌倉まで行って打ち合わせ。結構時間がかかったが、Sさんにお任せで、あまり口出ししない。
終わって、遅い昼食を探す。一緒にいると楽しいねと言ったら、さっさと歩いてと言われてしまった。
稲庭うどん屋に入る。
IMG_4097adss (640x480)
お茶でもしようかと言われたが、鼻水が出て、ちょっとくしゃみをしたら、Sさんが心配して帰ろう帰ろうと言う。帰宅したら、早く寝なさいと言われて、早々と布団にもぐりこんだ。いくらなんでも明るくて寝られず、苦吟した。

打ち合わせ

大好きなチェリーセージが咲き出した。
IMG_4064sadasd (640x480)
塀の半分を占めだしてきたアケビ。
IMG_4065ddf (640x480)
コバノランタナ。
IMG_4067sdffsd (640x480)
Shさんと会うためにSさんと一緒に出掛ける。
近所のオステオスペルマム。
IMG_4068fghhg (640x480)
石楠花。
IMG_4070fhgfh (480x640)
ハーゲンベルギア。
IMG_4073fghfg (640x480)
武蔵小杉の駅でShさんに会う。
新しい駅ビルのレストランは超満員と言う事なので、Sさんがジムの帰りに行きつけのファミレスに行く。
Shさんは3月末に退職し、その後も週二日と一日の仕事をしてる。沖縄尚王朝の末裔。
最後に勤務した会社で随分お世話になり、退職後も親しくお付き合いさせて頂いた。
退職後に、沖縄を案内してくれると約束をしていたので、早速Sさんと一緒に会うことにした。Sさんとは初めて会ったが、すぐに打ち解ける。
Shさんは住んだことはないが、お父さんが建てた家がある。これからは月10日は行きたいと言う。
私は3回沖縄に行き、一度はSさんと一緒に行った。Sさんは沖縄旅行の事をよく覚えていて、いろいろ話す。美ら海水族館、植物園、大石林山、首里城など。
私は石垣島や西表島にも行きたいと欲張る。Sさんの行きたいところをShさんに説明。
Shさんから首里城周辺の穴場を教えて貰う。行きたい行きたいとSさんが言う。
尚王朝の系図を見せて貰う。「琉球王国は、1429年から1879年の450年間、沖縄本島を中心に存在した王国。」最後の王尚泰王はTVドラマ、テンペストで描かれた。
時期を決めて、Shさんが計画を練ってくれる。一緒にIcさんなどを誘ってもいいかと言うので大歓迎と答える。
その後、楽しい会話をする。Shさんは以前、この辺りに住んでいたが、小杉のかわりように驚いてる。中原図書館に良く通っていたので新しい図書館に行ってみると言う。会社の現状なども聞く。
計画が定まったらまた会いましょうと別れる。
新しい駅ビルを見学に行く。ぐるぐるとお店の見物。最後に中原図書館に行く。Shさんがいたので挨拶。ここは素晴らしい。Sさんはジムに行くときによると言う。図書カードを作って貰う。
良い一日だった。

うたごえ喫茶

1泊ドックの二日目。昨夜絶食して、朝、浣腸。
直腸診、腹部超音波、上部消火管内視鏡。内視鏡は鼻から。
腹部超音波の技師から、痩せましたかと聞かれる。努力した成果が出た。
胆嚢に石かポリープがある。以前からあるが、大きくなってるかどうかを後で見て貰う。
胃は、委縮性胃炎。何時も引っかかる。
診察結果の日取りを決めてOsさんと別れる。
昼食をレストランで取る。
帰り道のツツジ。
IMG_4058add (640x480)
ドウダンツツジ。
IMG_4061sdffd (640x480)
フジ。
IMG_4062asdads (640x480)
Thさん喫茶「タンゴ」の歌声喫茶に行く前に、いったん家に帰る。
鶴見の「タンゴ」に向かう。少し時間が遅れたかなと思ったが、迷ってしまい、止む無く電話して場所を教えて貰う。途中までThさんが迎えに来てくれていて恐縮。
喫茶タンゴは、「横浜の鶴見で繁盛NO.1レアールつくの商店街にある喫茶店。昭和五十年代の喫茶店の香りをそのまま残したなつかしいお店です。それもそのはず、1976年に店を開いてから二度改装していますが、どちらも開店時とそっくり同じにしているのです。 もちろんメニューには新しいものをドンドン追加していますが、昔ながらの手作りで小豆、ソース、ドレッシングを使った料理を変わらぬ味でご提供しています。」とのこと。水曜会バスのThさんが経営。
始まっていて、既に30分たっていた。水曜会のMsさんが歌リーダー。巧みな話術で懐かしい歌の数々をリーダー指導の下に歌って行く。ピアノ伴奏はStさん。
お店はほぼ満席。女性が圧倒的に多い。楽しそうに歌う。歌詞(新しい分はMsさんが作った)が配られており、知らない歌も口ずさんでるうちに歌えるようになる。
隣の女性は、二度目の参加。しっかりと歌ってる。前の男性は、魚屋さん。商店街の会長が行ってるので参加したと言ってたが、結構楽しそうに歌っている。
珈琲を飲みながら歌うのもなかなかいいもんだ。学生時代に戻った気分。
休憩時間。Msさんから水曜会の代表なんだから、遅れたらだめじゃないですかと言われてしまった。
軽食が配られて食べる。胃カメラをしたせいか、まだ食欲がない。
後半、可愛い女の子がThさんの紹介で登場。
Ynさん。高校生になったばかり。「美空ひばりさんと昭和歌謡を愛する15歳の歌姫」
タンゴのピアノ Diapason はアップライトだが、なかなかたいしたやつだそうで、彼女のレコーディングに使った。その時のピアノ伴奏で、オリジナル曲「なくさない」を歌う。素晴らしい歌声に聞き惚れる。
美空ひばりの曲を歌い上げる。可愛らしいお嬢ちゃんが歌姫になる。
大満足。
その後も、Msさんの歌リーダーは続く。得意のカンツオーネ「帰れソレントへ」を歌う。大喝采。
時間が切迫して来たが、最後にYnちゃんとMsさんのデュエット。
楽しい会も終了で、お土産を貰って帰る。
Thさんにお礼を言い、Msさんには、さすがですねと称賛。
帰り道で、隣に座ってた女性と一緒になったので、話す。絵の関係の仕事をしてた。(子供に教えていた。先生かな。)仕事を止めてから物忘れが酷くなってきたので、また絵を描きだしたと言う。
直接、水曜会に向かう。少し早すぎたが、途中、Kkさんに会う。
椅子を並べるのを手伝う。
今日はIs先生の指導。
準備体操、ボイトレ。
メリハリがきいてる。
「Messe G-dur」シューベルト作曲。
「Kyrie」
1小節前に息を吸って準備する。
暗譜で歌ってみる。
「Gloria」
「san」のように全音符で長いところののばし方の指導を受ける。これはわかりやすかった。
背中で息を吸って声帯が開くようにする。声の背面跳びをする。
カンニングブレスをして良い声を出す。なるほどと思った。
「A men」は4声一緒になった喜びを表す。
最初は暗譜して見た。
「Credo」
伸ばした後が浅くならないように。
「om-ni-a-」口をつぐむ。
母音だけで歌う練習をする。その後、子音をつけると不思議と上手くいく。
西洋人とは骨格が違うので浅くならないよう、お腹を忘れないように歌う。
地声に響きを混ぜて行く。口先だけで歌わない。
Dの「Et re -sur-」からは輝かしさを意識。もっと奥を開ける。
「fi-------nis」の「s」は言い切る。
F「Cre--do,-cre--do」は一番いい声で歌う。ここでも母音のみで練習。
練習が終了し、臨時総会が始まる。
団長の話の後に、Smさんの司会で始まる。
次回の団の進め方について。アンケート結果が報告。
Yk先生のアンコール曲を入れる。
指揮者について。アンケート結果と団員の議論。
水曜会がある節目に来たと感じる。難しい判断だが、団員の向上心に答える必要があるだろう。
結果を持って、団長とSmさんが先生と話し合いをする。
他に外来語は嫌という意見が多いのには驚いた。ポピュラーは良い。最終的には指揮者に曲の選択は任せる。
大中先生の曲は、1ステでも良い。
Is先生のボイトレは入れて欲しい。
団員を増やしたい。少なくとも3,4人。などなど。
ちょっと団員の意見が偏っていたが、発言は控えた。団長がくしくも言った様に感じてる事は皆同じだろう。
終わって、飲み会に行くのは止めようと早めに出る。Htさんと一緒にいろいろ話す。Htさんは帰ったが、こういう時は飲み会に出たほうが良いかなと思い参加。
一番乗り。
隣は、Onさん、Nkさん、Smさん、Msさん、Mrさんなど。
Thさん、Msさんからうたごえ喫茶に参加した事を感謝される。
Onさんが熱燗が好きと言うので、おやじギャルみたいとからかう。Thさんが感心してそれは素晴らしいと称賛。 何かOnさん、Mrさんにやっつけられたが内容は忘れた。
Smご夫妻が高尾山に参加すると言う収穫有。(Yd邸の花見で奥さんから登りたいと言う話が出てたが、酔った席の話かなと思っていた。)Mrさんは、考慮中。Onさんは用事が入りそう。
胃カメラ飲んだせいか食欲がない。前に皿が並んでしまったのでSmさんに食べて貰う。
後は、何があったかなあ。
総会の後だが、深刻な話はなくちょっと安心。
帰りはMrさんと一緒。

人間ドック

昨夜は、昼間に美味しいものを食べたり、赤ワインを二杯飲んだりしたので、今日の人間ドックのために、水だけの絶食をした。早目に寝たのは良いが、夜中にお腹が空いて目が覚めてしまった。
戸塚の駅が凄く変わっていて、危うく迷うところだった。
途中のツツジ。
IMG_4050asd (640x480)
ハナミズキ。
IMG_4051dfgf (640x480)
芝桜。
IMG_4055dad (640x480)
写真を撮ったりしてたら、時間ぎりぎりになってしまう。
一泊ドックの部屋に入る。何時もの看護師さんのOsさんがやって来る。
早速、検査が始まる。
血液検査、糖代謝の検査(空腹時と負荷後1時間、2時間)。何時もながら血管が細くて採血に苦労する。
視力、聴力、眼圧、血圧測定。
やっと昼食。お腹がすきすぎてあまり入らない。
午後は、問診票の確認。
心電図、心臓超音波、胸部X線、肺機能検査、身長/体重。
新しく骨密度の検査、血圧脈波の検査。
骨密度で年齢より高いですねと言われてがっくり。
ようやくすべての検査が終わり、先生の診察を待つ。その間にシューベルトの暗譜の練習。Credoがどうもいけない。
先生の診察があり、今日の結果で分かってる事の説明。
骨密度が、わずかに低い。牛乳飲まなくっちゃ。Smさんが骨密度が低いと聞いて今回初めて検査して見た。自信があったのに少し低くてがっかり。
血圧脈波のPWVが高い。動脈硬化と言う事らしい。血圧、脂質代謝とも正常なのに。
ヘモグロビンは何時もながら低い。体質らしい。
後は、すべて正常。肺機能は実年齢より20歳若いと言われてニコニコ。BMIも正常。
Osから「道」のチケットを入手。ロシア民謡。コーラスの苦労話をする。ロシア語の暗譜はきついと言う。
水曜会に見に来てもらってる。友達を誘うと言ってくれた。
夕食。
楽譜を見てたら眠くなる。早々に就眠。

葉桜や眠る子を抱く山の道





三四郎さんから106回大門句会勉強会の句評が送られてくる。
兼題はのり子さん出題の「山葵」。
◇光
一面の山葵田覆う寒冷紗
葉桜や眠る子を抱く山の道
⇒俳句のテクニックのひとつですが、最後に来た名詞がその句の主題となります。この句の場合は「寒冷紗」ですね。「寒冷紗で覆われた山葵田」ではなく「山葵田を覆う寒冷紗」。作者が寒冷紗に注目しているなら原句のままでいいですが。
後句は草田男の「万緑の中や吾子の歯生え初むる」を思い出す句ですね。若葉風が気持ちよさそう。
:寒冷紗の句は、昨年8月に大王わさび農場行った時の事、一面の山葵田が寒冷紗に覆われてたのに驚いた時の印象を詠んだ句。(2012年8月24日のブログ)
眠る子の句は、今年の3月にYMS会で湘南平に行った時に、3歳のIkちゃんを抱っこしてIsお母さんが山道を登るのを感動して詠んだ。(2013年3月30日のブログ)
遊介さん選句→ 懐で安心し寝入る子は完全脱力。実に重いものです。花が終わりこれから葉が生い茂る桜の木と成長するわが子とが重なりあいます。優しさをイメージする季語が効いています。
私の選句。
◇のり子
石段も手摺も濡れて山葵沢
⇒雨が降ったわけでもないのでしょうが、確かに山葵沢はいつも水々しい。春から初夏の季節感が出ています。
◇馬空
山葵磨る板前修業三年目
バット振る補欠の吾子や春の月
⇒板前になって三年目ならまだまだ包丁は握らせてもらえない。下ごしらえをしたり山葵をすったり。山葵の匂いが鼻にくる。
月が出ているということはもう日が暮れているのですね。頑張れ! レギュラー目指して。
◇遊介
手を広げ身を任せたし花吹雪
本当にそんな気になる落花の時間がありますね。ちょっと恍惚とした気分で。
◇はな
リーダーに続くハーレー山葵沢
⇒黒い革ツナギを来た中年ライダーがハーレーを連ねてのツアーですね。土産に生わさびと山葵漬でも買って帰るのでしょうか。
◇勝山
山葵田や雨音そして水の音
⇒山葵田に春の時雨か、雨音に交って渓流の流れる音。音に注目して春の山間の季節感が出ました。

深夜に長男が来る。朝遅く起きてきて、話を聞くと、事件が起こって対処するのに一苦労して深夜までかかったようだ。若いうちの苦労は買ってでもせよと言う典型的な話。ぶつかってる最中の本人は大変だろうが。
長男とSさんと長男の車でうかい亭に出かける。
うかい亭の石楠花。
IMG_4006asdd (640x480)
IMG_4010dfsd (640x480)
ツツジ。
IMG_4008ggd (640x480)
ラナンキュラス。
IMG_4009tyuut (640x480)
部屋からの眺め。
IMG_4011dgfdg (640x480)
Tkさん達が到着。
会食が始まる。
スポーツ吹き矢の話を聞く。「スポーツ吹矢は、5~10m離れた円形の的をめがけて息を使って矢を放ち、その得点を競うスポーツです。性別・年齢問わず誰でも手軽にでき、ゲーム感覚で楽しみながら健康になれるスポーツとして注目されています。健康効果の秘訣は、腹式呼吸をベースにしたスポーツ吹矢式呼吸法です。
精神集中や血行促進、細胞の活性化に役立ち、内臓の諸器官にもよい影響を与えます。また精神力・集中力が身に付きます。」と言う事らしい。
声楽の話を聞く。無謀にもコーラスを続けてる身としては改めて音楽を極めるのはいかに大変かと思う。
長男は、仕事の話を楽しそうにする。ふーんこんなことを考えてたのかと、感心。
Sさんは小津安二郎作品について話、私は以前5月に天狗岳で遭難しそうになった話をする。
会話は楽しく、食事は美味しく、赤ワインも美味しい。明日は人間ドック。後、絶食すれば何とかなるかな。
散会。長男に家まで車で送って貰った。無論、長男は飲んでない。
一つ肩の荷が下りた感じがする。

桜新町の八重桜

庭の蝋梅に芽が出てきて、Sさんと二人して大喜び。下水工事の時に、蝋梅を泣く泣く抜いて、しばらくそのままにして、植え替えたので、復活するか心配していた。毎日、二人で水をやって眺めていたら復活。良かった良かった。(クリックすると拡大)
IMG_3928dsaasd (640x480)
チューリップ。
IMG_3932uyu (640x480)
シャガが一杯。
IMG_3939asd (640x480)
今日は、愛知の方で低山を歩く会の初回だったが雨で中止。
朝の内は荒れていたが、次第に晴れてくる。風は強いが良い天気。
Sさんが桜新町に八重桜が咲いてると、ジムのおばさん情報を持ってきたので、一緒に見に行く。
近所の石楠花。
IMG_3941dfgf (640x480)
ツツジが綺麗。
IMG_3948dfdf (640x480)
桜新町に到着。商店街の街路樹が全て八重桜。
IMG_3955dfgfdg (640x480)
凄い凄い。
IMG_3957xcvv (640x480)
IMG_3958sdfdf (480x640)
IMG_3968gffg (640x480)
IMG_3971tryry (640x480)
IMG_3974ertre (640x480)
八重桜をこんなにしっかり見るのは初めてではないだろうか。
桜神宮にお参り。
IMG_3979gfhfgh (640x480)
梨の花。
IMG_3984fdff (640x480)
葉桜気味。
IMG_3994were (640x480)
サザエさん、一家。ナミヘイの一本の髪が取られてしまって緑色の針金になってる。
IMG_3996dsfsdf (640x480)
記念撮影する家族連れて一杯。
IMG_3997sdfs (640x480)
長谷川町子美術館が近くにあるが、寄るのは止める。
水前寺清子が住んでるようで、彼女の曲ばかり流れてる。
白っぽい八重桜。
IMG_3998dfggd (480x640)
両サイド八重桜。
IMG_3999asdsa (640x480)
新緑も美しい。
IMG_4003rttyr (640x480)
お腹が空いたので東秀という小さなラーメン屋に入る。客は誰もおらず、親父さん一人でやってるのでどうかなと思ったが、これがなかなか美味い。その内、客がかなり入ってきた。
八重桜に満喫して帰宅。
今年は、桜を一杯見れて幸せ。
歌の練習。

今年初めてのゴルフ

ルブラ王山のモーニングコールで目覚める。
迎えにNmさん、Ygさんに来てもらう。運転手はKtさん。Trさん、Mnさん、Nkさんと一緒にゴルフ場に向かう。天候は怪しいがまだ雨は降って来てない。予報では3時までは持つとか。
多治見CCに到着。今年になって初めてのゴルフ。Nkさんはもう15回目と言う。他も初めての人はいない。
雨が降りだしたら止めましょうと言うが、誰も乗ってこない。
枝垂れ桜が満開。
IMG_3901wer (640x480)
関東より桜は相当に遅くて満開。コブシがまだ咲いてる。(クリックすると拡大)
IMG_3902sdffds (640x480)
1組はTrさん、Mnさん、Sjさん、Asさん。我々の組はNkさん、Hrさんと一緒。
始まる前にキャディさんに今年初めてなので、私だけ面倒見てくれと頼む。二人からわがままなんだからと言われる。
1ホール、ミドル。Nkさんは好調な滑り出し。私はショットはまあまあだが、後は右に行ったり左に行ったり。
IMG_3911sdf (640x480)
2ホールのロングで早くもOB。嫌なムード。
つつじが綺麗。
IMG_3913asdd (640x480)
ショートでもOB。今年初めて握るクラブばかり。
4ホール、ミドルで突然、Hrさんが乱れてグリーン周りを行ったり来たり。こんなHrさんを見るのは初めて。あまりに私が酷いので気を遣ったか。気を遣わなくていいよと言ったがそんなことはありませんよと言う。
5ホールミドルで落ち着いたと思ったら、また6ホール、ミドルで大叩き。フェアウェイウッドも、アイアンもアプローチも定まらない。天候が怪しいので雨で中止にならないかと願う。
Nkさんは、好調でがんがん。途中、麦酒を飲んだりして余裕。Hrさんはきっちりまとめてきた。
やっとハーフが終わる。天候が怪しいのでスルーで回らして貰う。
ミズキ。
IMG_3919werrea (640x480)
四手辛夷。
IMG_3920ertrta (640x480)
後半10ホール、ミドル。雨が降ってきた。
IMG_3924wreerwa (640x480)
雨が降って来たので、カメラを仕舞った直後に雉がいた。キャディさんにしまって貰ったカメラを取り出してパチリ。
IMG_3925sfdfsd (640x480)
雨が段々酷くなる。雨が小降りになると風が吹いてくる。雨にもめげずHrさんは本来の実力を発揮。Nkさんは13ホール目で乱れて少し気力が失せる。
前の組のTrさんが止めようと言わないかなあと思ったが、その兆しはなし。
上下ともレインウェアを着る。雨が激しいので、首から入ってくる。私が最年長だったら絶対にやめてる。
やっと後1ホールと言うところで、何と雨が上がる。
最後のホールは、グリーンに1打目がニアピンだと賞品が出る。知らないでグリーン周りでミスショットしたら、グリーンの傍にころり。Hrさんにニアピンチャンスと言われて、気が付く。危うい所だったがニアピンが取れた。最後までやって良かったでしょうと言われた。
やっと終わる。手袋も帽子もレインウェアも濡れたので、乾燥ボックスに入れる。
靴は磨いてもらう。
風呂に入る。極楽極楽。
表彰式。
優勝はTrさん。止めようと言わないはずだ。現役のAsさんが本来は優勝だが、Trさんに譲る。BBは後半気が抜けたMnさん。蛍は私。ベスグロはHrさん。
今年初めてのゴルフはこうして終了。これからゴルフシーズンが始まるが先行き思いやられる。
優勝、BBに続いて、ニアピンも挨拶。雨の中でゴルフをしたのは10年ぶり以上だと恨み節。良い経験だったでしょうと茶化される。最終ホールのニアピンはミスショットが生み出したと報告。このメンバも次々と山に誘ってる。Mnさん、Nkさんはもう山仲間。Asさんが今度加わる。Trさんは山に登ってるがまだ一緒した事はない。Hrさんは誘うと絶交されるので誘わない。Sjさんは社長退任したら誘うと挨拶。
帰りは、Nkさんと一緒。

友の会

庭のヒゴスミレ。(クリックすると拡大)
IMG_3887asdasd (640x480)
Sさんの好きなスパラキシスが咲き出した。
IMG_3890dfgdf (640x480)
今年は菫が良く咲く。
IMG_3891dfgd (640x480)
植えたばかりのキランソウ(金瘡小草 )が咲き出した。
IMG_3892sdfsfd (640x480)
もうすぐ終わりのハナカイドウ。
IMG_3895sdfsfd (640x480)
スノーフレーク。
IMG_3897dfgdg (640x480)
HOTS友の会に出かける。
今日は友の会で、明日は、ゴルフ、明後日は低山を登る会と三連荘。何れも愛知なので、ブレザーに、ゴルフの用意と山の道具で、スーツケースとザックを担いでいく。風雨の予報だが、中止の連絡がないのでブレザーにザックで出かける。最初は、ザックに登山靴をぶら下げて行こうとしたが、Sさんに玄関で止められて、それはあまりにひどいと、小型のスーツケースに靴を入れ、ザックも入れようとしたが入りきらず、ザックは担いでいく。
新幹線に乗ってたら、低山の会主催者のFjさんから電話があり、山は風雨が酷そうなので中止すると連絡が入る。ザックと登山靴、雨具、ストックが無駄になった。一週間延期。
名古屋駅でTnさん、Trさん、Mnさん、Nkさんと一緒にHOTSのNmさん、Ygさんに迎えられる。車二台に分かれて出発。運転手は顔馴染のKtさん。
Nkさんは久しぶりの名古屋で、景色が変わってるのに驚いてる。Mnさんが呆れてる。
出る時に水曜会のアンケートを出すのを忘れてしまって、事業所から出して貰う。恐縮。
到着して応接で談笑。Sj社長、Hr前社長、Asさんと一緒に歓談。
会が始まり、会議室に移動。
Sj社長の挨拶並びに会社概況。最長老のTnさんが質問してる。例年見えている大先輩のTkさん、Kyさんが足の具合が悪くて欠席なのが心配。
記念撮影。風が強くなりだしてる。グランドの桜は今が満開。関東より相当遅い。
工場内視察。ショールームは新しく改修したばかり。皆が質問してなかなかスムースに進まない。現場は、中国やフィリピン、豊川に移っていて、生産量の割にはすっきりしている。現場はHrさんに案内して貰う。案内役のTtさんに奥さんは元気かと聞いたら、予想してなかった質問だったらしくてどぎまぎされる。
HOTS友の会総会が始まる。
OBの参加は84名。全体で111名の参加。司会はNmさん。
物故者の黙祷。この前お見舞いしたOsさんの名前もある。
Tr会長挨拶。会社が元気だと嬉しい。苦しいことが多かったが楽しいことしか覚えてないと挨拶。
役員改選。前回から副会長だったが、前回欠席(Sさんとタヒチ旅行。)して顰蹙をかった。
会計報告。
新入会員の紹介。何とNkさんが呼ばれてる。初めての参加みたい。
会場が移って、友の会懇親会。
乾杯を頼まれる。先月、お見舞いに行ったこの事業所の初代工場長のImさんのところにお見舞いに行った報告をする。97歳。眼光の鋭さと声の大きさは変わってない。HOTSが元気だと話したら、今まで皆が苦労したのが実ったと随分喜んでくれた。生まれ変わっても今の奥さんとまた恋をする。Yk君も奥さんを愛せよと10篇も言われたと報告し、皆も奥さんを愛してくださいと言って締めくくり、乾杯。
歓談が始まる。
同じテーブルにTnさん、Mnさん、Ngさん、Ndさん、Hrさん、Trさん、Sjさんがいる。
NdさんからImさんに奥さんを愛せよと言われたのに、皆に押し付けるのはずるいと言われる。私は十分愛してますと言ったが通じない。
Tnさんは、明後日、4時起きで長野に写真撮影に車で行くので、ゴルフは欠席すると言う。写真会の会長。
Mnさんは珍しく背広でネクタイでいる。奥さんは二科展で常連。糖尿病を独特の食事療法で克服。スキーと山の仲間。
Ngさんに今度ワシントンDCに夫婦で連れて行って貰う。スキーと山に引き込んだ。
Hrさんは社長退任して気楽になったか顔色が良い。山に誘うと絶交されるので誘わない。
Trさんは山梨に住んでいるが、一昨日は同期会があり、明日はゴルフの3連荘。
Sjさんは社長に代わったばかりで苦労も多いのだろうがそんなそぶりは見せない。
Fjさんと低山を登る会の相談をする。
Ygさんが、山に登ると言うのでFjさんに教える。東谷山を毎週登ってる。
Igさんと会う。山はご勘弁と先手を打たれる。
Tbさんが用事が重なって低山を登る会は行けないが北アルプスはご一緒すると言う。
同じく山仲間のKbさんが北アルプスまで鍛えときますと言う。
AsさんがFjさんに連れられて登山靴とザックを買ったと言う。結構立派なのをかったみたい。
Msさんから腰の手術をしてから快調に回復と聞く。
Uzさんは病気治療中なのによく来てくれた。
Ynさんはゴルフで100を超えてから、これからは楽しむゴルフをすると強調。
Mgさんと久しぶりに会う。全く変わってないのに驚く。
Szさんはまだ二か所で働いており、熱っぽくものづくりについて語る。
Onさんがフルタイムから週3日に代えて貰おうとして断られたと言う。
Fmさんが21世紀会で前回優勝したが、今度は予定が入っており、参加できないと断りに来る。
HrさんとはFACEBOOKで近況は良く知ってる。
Tcさんはかっての山男。一緒に登ろうと誘う。この頃登ってないのでと言うのを無理にFjさんに紹介。
Tyさんに今シーズンはスキー日数で負ける。
Tmさんからある報告を受ける。
Nmさんから今シーズンは体調を崩してご一緒出来なかったと言われる。
Okさんは忙しそうだが、たまには出て来てと頼む。
Mrさんは、Tnさんに韓国の土産話を暴露してる。
Sgさんと会うのも久しぶり。
Krさん、Tsさん、Oyさん、Onさん、Ydさん、Stさん、Kiさんらと久しぶりに挨拶。
大先輩のKrさんに挨拶。
他にKiさん、Szさんなど多数に挨拶。
懐かしい元気な顔に会うのは嬉しい限り。
〆はTnさん。
二次会に行く。明日はゴルフを決行するとAsさんが言うので、あまり飲むのは止めよう。
歴工会懇親会。Tnさん、Trさん、MnさんにHOTSのHrさん、Sjさん、Asさん、Nmさん。
Trさんが良くしゃべり、Tnさんの昔話を暴露。Trさんは変わってる(普通でない)と話したら、どこが変わってるかと聞くので、最初会った時の豪傑ぶり?を暴露。Trさん、Mnさんから前回友の会をサボったのを糾弾される。暴露話が多くて大笑いの連続。事業所が元気が良いとOBは元気になる。
美味しい食事がまた出てきてお腹一杯に食べてしまった。飲みは自重。
すっかり良い気持ちになってホテルの部屋に入った途端、バタンキュー。

88会

88会に出かける。中学時代の仲間。中野第八中学校の第八期生。
Hrさんが幹事。星稜会館の「シーボニア」に到着したらかなり集まってる。
参加者は10名。Hrさん、Knさん、Urさん、Hdさん、Kzさん、Utさん、女性はUjさん、Nmさん。遅れてMtさんが現れて全員集合。
最初にこのメンバで今年亡くなったIoさんに黙祷。元気で毎日3万歩歩いて、ゴルフの腕を上げていたが、癌で亡くなる。
ここは会員制らしくてお年寄りばかり。
食事はバイキング形式。なかなか美味しい。麦酒の後は赤ワイン。あまり飲み過ぎないように注意してたら、Hrさんが赤ワインと白ワインのグラスを4つ並べて、これ以上飲まないようにすると言う。数えてないとつい飲み過ぎると。Mtさんも同じようなことをする。私は人が注ぐのでなければ、コントロールできる。注いでもらうとついつい飲んでしまう。見てたら、HrさんもMtさんも4杯飲んだ後、更にグラスに継ぎ足してるので効果ない。
Hrさんは、インドに移り住む計画を推進中。奥さんは美容師でインドでも店を開く計画らしい。Knさんが次回はインドにするかと言う。後、30年は頑張ると言うので驚く。
Mtさんは画家。何回か展覧会に行ったが独特の画風。絵、スキー、ゴルフと多忙。
Ujさんは昨年、体調が良くなかったが、今年は調子が良いと言う。年上の男友達がいると楽しそうに話す。
Urさんは冬の北岳を登る。雪が少なかったと言う。ゴルフは調子が良いと盛んに言うので、Knさんからじゃあ次回は対抗しようと挑戦される。体の手入れ(スクラッチなど)は良くしていて、調子は良い。
Knさんは、腰を痛めてゴルフは休んでるが久しぶりにするかと。中学時代はあまり自分自身に自覚がなかったと言うようなことを言う。
Kzさんはかっての山男。マッターホルンやモンブランに登ってる。最初は官僚だったが、すぐにやめて民間にうつる。そのいきさつを話す。
Nmさんは、20年前に会社をつぶしてからつつましやかに過ごしてきたと報告。年齢より若いようだがぽっくり行きたいと言う。
Utさんは家庭菜園が大々的で農業になったみたい。
私は3000m以上の日本の山、21の内、残すのは農鳥山のみなので今年は登りたいと話す。Urさんが北岳、間ノ岳は登ったのかと聞くので登ったと答えたら、何だ、その時に一緒に登れば簡単だったじゃないかと言われる。山男にはかなわない。Sさんを愛してるので一緒にいるのが嬉しいと言ったら、Knさんからお前だけじゃないよと。
次回のゴルフの日程を決めて散会。当初は、千鳥が渕の花見の予定だったがもう散ってしまってる。Knさん、Hrさん、MtさんからUrさんが麻雀に誘われてる。Urさんが創元展のチケットを持ってると言うので、私も貰ったが忘れたと言ったら、一緒に行こうと言う。麻雀組から逃げ出したいようで、さっさと早足で皆から分かれる。国立新美術館に向かう。(クリックすると拡大)
IMG_3878asdd (480x640)
Urさんの友人のTdさんの作品「風ひかるころ」。Urさんが住んでる近くの景色。良い所に住んでる。
IMG_3875asdd (640x480)
私の友人のKrさんの作品「古い街」。Krさんらしい作品。
IMG_3885asd (640x480)
全部、見て回る。喫茶でおしゃべり。お腹をもっとひっこめろよと言われてしまった。体の手入れを毎日1時間はやれよと散々言われる。今日からやるよ。
中学時代の仲間も楽しいね。

Messe G-dur

雨降り。
歌の練習をして、歯医者に出かける。定期的な口腔ケア。今までサボっていたが、何度も歯が欠けたり、不具合が出たりしたので、定期的に行くことにした。クリーニングは1時間。磨き残しによる歯垢が多く残っていたと指摘されてしまった。歯ブラシの当て方の指導を受ける。帰って、Sさんに言ったら、磨く時間が足りないと言われてしまう。朝晩、歯冠ブラシも使って歯間ブラシと電動歯ブラシで磨いてるが、まだ足りないとは。
近所のマーガレット。(クリックすると拡大)
IMG_3865asd (480x640)
ハナズオウ。
IMG_3868dfgg (640x480)
西洋石楠花。
IMG_3869dgdg (640x480)
ドウダンツツジ。
IMG_3871sfsf (640x480)
水曜会に出かける。
恵比寿駅で名古屋行きのチケットを買おうとしたが、行列が長いのであきらめる。
水曜会に行く途中でHmさんに会ったので、テナーのパート練習の会場でごたごたしたのを謝る。
既に机を並べ終わっていた。YdさんにYd邸でのお花見のお礼を言う。
On先生に言われて、キーボードを出す。Nkさんが手伝ってくれた。
Frさんに胸の骨のひびはまだ痛いかと聞いたら、まだ痛いと言う。胸を抑えてれば何とか歌えると。
体操、発声練習後に練習が始まる。
「Messe G-dur」シューベルト作曲。
先週、先生が録音したのを聞いて、あまり良くないと言う。
「Kirie」
アカペラで各パートごとに練習。
下がる時のお腹の支えが足りない。隣の声をよく聞くこと。
fpは直ぐに退くこと。
音楽の表現をどうするか。
アカペラの後は、歌のない時のみのピアノ伴奏。
最後に伴奏つき。
女性は暗譜で歌ってる人が多い。私も暗譜で歌ってみる。
「Gloria」
ここも楽譜を離してる人がちらほらいる。私はまだ無理。
自己満足型はうるさい。豊な響がいる。
休憩時間。
Tdさんにでんごんばんを渡す。
テナーはKsさん以外全員出席。Htさん、Skさん、Kkさん、Thさん、Frさん、Nzさん、Tuさん。
パートリーダーのSkさん、Kkさんと相談して、テナーのパート練習の場所を確定。ごたごたして迷惑をかけてしまった。ソプラノや他のパートに多く練習に来てほしい。
団長挨拶。
今後の練習の仕方についてアンケートを取る。アンケートの結果を参考にしながら次回の水曜会で臨時総会を開く。
Hmさんから来週はIs先生に「Messe G-dur」を指導していただく。
Thさんから歌声喫茶の紹介。
HyさんからHyさん作詩「あたたかな心をうたう」について。
先生から、合唱についての話。
合唱は心のハーモニー。周囲と心を合わせるだけではだめで、自分の声を合わせるだけではだめ。自分の声が周りにどういう影響を与えたか、一緒に高まって行くか。
合唱の構成員のレベル。①ハーモニーの鏡となる声。②鏡を支える声。③邪魔にならないが役にたたない声。④ハーモニーを乱す声。
正しい発声は、高低、強弱、剛柔を自由にコントロールしてイメージした上で、音楽の表現をする。
どれだけ音楽にかかわって来たか、感性を磨いて来たか。
録音を聴いたが、下手。このフレーズをどう歌うかがない。このメロディをどういう風に歌うかのイメージがない。非言語的表現、ラテン語でも、音楽を感ずれば表現できる。
愛の鞭なんだろうが、厳しいなあ。私など身の置き所がない。違う場所に迷い込んだ感じ。
「Credo」
まだカタカナで歌ってる。
「Benedictus」
「Agnus Dei」
最後に「水曜日はあなたと逢って」大中恩作曲、山岸千代栄作詩。
練習は終了。
団長とSmさんからアンケートの説明があり、アンケート用紙が配られる。これからの練習の仕方について。普段発言できないことも書いてほしい。来週の臨時総会の参考にする。
水曜会も変わる時期に来てるかもしれない。
飲み会は、金曜から飲み会続きなので、ひとまず休肝日。
帰りは、Fr夫妻と一緒に帰る。ホームではSkさんと一緒になる。

会食

雨風が強い。
庭のアケビ。(クリックすると拡大)
IMG_3861asd (640x480)
ディモルホォセカ(アフリカきんせんか )。
IMG_3863sda (640x480)
Sさんはお客を迎える料理の作成。
私はTmさんとNgさんを駅に迎えに行く。途中、外人の女性に道を聞かれる。場所の名前を言って、地図を見せてくれたが、名前は知らず地図は雨でぬれて、老眼では良く見えない。やむなく酒屋に入り、お兄さんに教えて貰う。大きな地図を出して丁寧に教えてくれた。日本人は素晴らしい。
駅には少し遅れてつく。学生でごった返してる。お二人とも見つけて拙宅にご案内。
早速、麦酒で乾杯。Sさんは挨拶後に料理が一段落つくまでと引っ込む。つまみが実に良く揃っていて、美味い。お二人からも称賛される。
話の主題は、米国旅行。白酔会でお二人が飛行機マニアと言う事がわかり、二人は意気投合。ワシントンDCの国立航空宇宙博物館を見学したNgさんがTmさんに行くことを進め、いっそ一緒に行きましょうと言う事になった。その時、私も誘われ、飛行機以外にも観光するなら参加すると言う。それで決まってしまった。
Ngさんと私は夫婦でTmは単独の5人。Tmさんはその近辺で5年ほど滞在していたので地理には詳しい。Ngさんは5人を載せて運転してくれると言う。Sさんも大喜び。日本語のガイドと運転手つき。
早速、日程の確認から始まる。私の日程がややこやしいので、お二人に合わせて貰い日程がほぼ決まる。
麦酒が終わって、Tmさんがあらかじめ送ってくれたシャンパンを開ける。もたもたしてたらTmさんが開けてくれた。
Sさんも加わって乾杯。どこに行くかと言う具体的な話になる。NgさんがSさんの要望を聞く。Tmさん、Ngさんは資料を持って来ている。Tmさんが記憶をさかのぼっていろいろ候補を上げ、Ngさんが調べる。候補がいくつか決まっていく。航空博物館とか美術館とか自然とか街並みとか、歴史的な場所とか食事とか、ホテルとか、二人ともよく知ってる。
Tmさんはゲティスバーグで負けたと言うので勝った間違いではないかと聞いたら、自分は南軍だと言う。途中まで勝ってたのに、外国の応援に負けたと語るので、聞いてると頭がこんがらかる。
後は飛行機の話になる。あまり興味はないが、話が面白くてつい引き込まれる。大戦時の日米の飛行機に対する考え方の違い。米軍機はガソリンタンクがゴムのようなもので出来ていて、燃料が少なくなるとしぼんでいくと言うのには驚いた。弾が当たっても貫通せず、爆発を防ぐためだ。したがって、日本の戦闘機乗りはパイロットの頭を狙うしかなかった。一方、日本の飛行機は軽さを重んじたので、当たればすぐに爆発。
Tmさんは忙しい時に、年間百数十回(回数は具体的に言われたが覚えてない)欧米に飛んでいた。
飛行機事故の話も出る。
私は台湾からの帰りに小牧の飛行場に墜落した飛行機に乗るべくチケットを持っていた話をする。愛知に家族がいて関東に単身赴任中。連休に入るので、愛知にいる家族の元に帰るつもりだった。上司がゴルフをお客とするのにメンバが足りないので東京に帰って来いと言われて、泣く泣く変更して九死に一生を得た。命の恩人に携わった人が3人いる。呼んでくれた上司、ゴルフを断った仲間、取り次いだ秘書。秘書には行きたくないと言ったが、直接上司と話して下さいと言われて断念した。3人には今でもお付き合い願ってる。あの時は全員亡くなってるので乗ってたら今はない。
メインディッシュのステーキが出てくる。Sさん苦心の作。肉は厳選したらしい。Tmさんがお肉大好きなので、Sさんは一番気を使った。とろけるような美味しさ。思わずSさんを称賛したくなった。Tmさんが随分喜んでくれたので良かった。
Tmさんは、画伯。私の高校時代の仲間のOiさん、Tnさんとも絵を通じて親しくなったと話す。
Ngさんは、スキー仲間のMgさん、Mrさんがウィーンで歌うのをTr夫妻と一緒に聞きに行く。
海外旅行はほとんど車で、奥さんがお酒を飲まないので、飲んだら運転して貰うそうだ。
3時間位、楽しい会話が続く。次は、計画が定まったら、Ng夫妻も入れて行くメンバで会おうと言う事になった。

わからん会

4月になる。風薫るところだが、何だか小寒い。
昨夜の花見でいささか飲み過ぎたが、二日酔いにはならなかった。しばらく飲み会が続くので、飲む量を少し控えよう。家では飲まないようにしてるが、外で飲む日が続くとあまり強くない私にとってはきつい。
庭のハナニラ。今が盛り。どんどん増えてしまった。(クリックすると拡大)
IMG_3845dsa (640x480)
花期の長いクリスマスローズ。Sさん好み。
IMG_3848etetr (640x480)
部屋から外に出したハナキリン。
IMG_3851yuiyi (640x480)
ムスカリ。あちこちのプランターに広がった。
IMG_3855erter (640x480)
アケビ。蕾が一杯ついた。実らせるには間引くのかなあ。
IMG_3857tyut (640x480)
キケマン(黄華鬘)は野草だが何時の間にやら増えてきた。
IMG_3858yuiyu (640x480)
「わからん会」に出かける。出掛けにちょっと用事が出来てしまったので、遅れると連絡。
ところが新宿西口に出たが場所がわからない。和創作Grill居酒屋 花鳥風月。探しても地図の場所に見当たらない。傍にいた中国人の団体が、同じ名前の居酒屋を聞いてる。呼び込みの兄ちゃんがわからず、周りに聞いて教えてくれた。日本人は親切。中国人の団体がエレベータに乗ったので、ぎりぎりに乗り込む。
やっと30分遅れで到着。皆集まっていたが、其々迷ったらしい。麦酒が来ていたので乾杯。ところが皆の麦酒が空いてるのに頼んだ日本酒が来ないらしい。非常に混んでるのと、係のお兄ちゃんが頼りない。頼んだお酒の種類がないとだいぶ経ってから言ってくる。Mgさんが文句を言うが要領を得ない。しばらくしたら女性がやって来た。それからはてきぱきと物事が進みだした。
「わからん会」はMkさんが幹事で珍しい組み合わせだが、基本はスキー仲間。
Mkさんとはスキーと山の仲間。百名山挑戦中。マラソンもしており、マラソンランナーのMgさんと一緒に走ってみたいと言う。Mkさんは秦野から出てきており、帰るのに時間がかかるので、あまり飲むと明日の仕事に差し支えると何度も言う。
Tmさんが最長老。現役の頃のお客様。海外スキーに何度も連れて行って貰った。画伯。何度か展覧会で鑑賞させてもらった。飛行機マニア。この話にはついて行けない。
Mgさんは私をコーラスに引きずり込んだ先輩。水曜会での現状を報告。コーラス、ソロ、ピアノと音楽にどっぷり。昔は怖かったが、今は優しい。
Wtさんはスキーを卒業。毎日何をしてるのと聞いたら、奥さんが難病で、家事を全部してると言う。これにはびっくり。以前のWtさんからは想像できない。途端に尊敬の念で一杯になる。料理のバラエティが増えたと言う。お酒を飲み散らかして、寝ようと思ったら、これは自分がかたずけなければいけないと気が付いて愕然とするらしい。フランスにいる娘さんとSkypeでやりとり。MgさんもMkさんも使ってる。やってないのは私だけだった。
Wtさんが栂池のTkさんが上京した時の幹事をしてるらしくて、5月**日に参加してくれと言う。既に予定済みと答える。Tkさんは何年もWtさんに会いたいと言ってるのに、一向に答えてくれないと私とMkさんに散々文句を言っていた。
わいわいと賑やかに皆が勝手にしゃべりだす。
何を一杯しゃべったのか、思い出せない。まあ楽しかったからいいだろう。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR