FC2ブログ

2013-01

Latest Entries

ピラタス蓼科スノーリゾート

スキー合宿2日目(他の5人は4日目)。Sa邸で目覚める。昨夜早々と寝たので、3時頃トイレに目覚めたが、また眠り込み、6時半起床。既に起きて朝食の準備をしてるSaさんから、7時まで寝てるんじゃなかったのと言われる。昨夜7時まで起きれないと言ったらしい。
Saさんはサラダを作ったりパンを焼いたり、珈琲を入れたりして準備してる。その内、皆が起きてきて朝食が始まる。昨夜たっぷり食べたので、あまり食欲はない。食後、珈琲を飲んでぼんやりしてたら、Smさんが食器洗いをしてる。先を越されて、また手伝いが出来ない。この中で、最も働いてないのが私なので心苦しい。
準備をして、ピラタス蓼科スノーリゾート へ出発。Sn車とMg車。私はSmさんとMg車に乗る。
まず小斉の湯によって温泉とリフトの割引券を購入。
噴水の凍ったのらしい。(クリックすると拡大)
IMG_1070uy (640x480)
9時20分頃到着。中学生のスキースクールが多い。長崎から来てる。
IMG_1073dds (640x480)
スーパークワッドリフトに乗る。ここはスキースクールの学生で一杯。
IMG_1076assa (640x480)
白樺コースを(全長1000m 最大斜度18度)を滑り途中から、ピラタス蓼科ロープウェイに向かう。まずは頂上を目指す。
一気に標高2240mのゲレンデトップまで到達。
IMG_1079wrewer (640x480)
南アルプスの北岳、甲斐駒、仙丈が見える。何れもFjチームで登った山。
IMG_1081dfgdf (640x480)
北岳と甲斐駒。
IMG_1093retert (640x480)
途中景色を見ながら止まる。八ヶ岳が見える。
IMG_1084qeqew (640x480)
何度もゴンドラに乗って滑走距離4kmを滑り降りながら写真を撮る。
中央アルプスの宝剣岳、木曽駒が見える。
IMG_1095sdfdsf (640x480)
左が中央アルプス、木曽駒、右側に御嶽。
IMG_1099dfgdg (640x480)
写真を撮り疲れて、Smさんの後をばんばん滑るようになる。4km一気に滑り降りるのは実に快適である。天気は良いし、景色は良いし、雪質も良いし言う事なし。
IMG_1101ertre (640x480)
最大斜度28度のカモシカコースもある。
Smさんはこぶこぶの最大斜度33度のひょうたんコースを滑る。私はこぶが苦手なので遠慮した。
たっぷり滑って昼食。11時45分位に集合。レストランは、長崎の中学生が二階に次々と入ってくる。その数は多い。Saさんが天井が抜けないかなあと言うくらい。引率者らしき先生が1階の側に座ってるので生徒が立ち寄ってくる。寄ってくるのは女学生ばかり。
昼食は軽く済ます。
Snさんは麦酒を飲んでる。ヒマラヤに行ってから、写真に凝りだして、滑るより写真撮影の方が忙しい。ヒマラヤにもはまったようで2回行っており、また行きたいようだ。今度は、南米に行くと言う。海外旅行は年3回はしてるようだ。奥さんと一緒なので多分、仲は良いんだろう。
Mgさんは来シーズンはテレマークスキーからカービングスキーに変えると言う。ゲレンデでのテレマークは滑りにくそう。帰ったら買いに行くと積極的。
昼食後、4kmを何度も滑る。蓼科山。
IMG_1111rtrtas (640x480)
八ヶ岳を見ながら滑る。
IMG_1118tryry (640x480)
少し飽きてくる。
ゴンドラの終点からは登山者やスノーシューをはいた人たちが坪庭から山に向かっている。我々もスキー靴で坪庭に行こうと言う事になる。
Mgさん、Smさん、Ngさんと出かける。夏に歩いた時はなんてことなかったが、スキー靴で坂を登るのは大変。一気に疲れてしまう。登山靴やスノーシューでないと先は無理と第一休憩所であきらめる。
IMG_1120ads (640x480)
ゴンドラ山頂駅方向。
IMG_1135rtyyt (640x480)
景色は最高。
IMG_1140dffds (640x480)
IMG_1144sdfdfs (640x480)
IMG_1147gfgf (640x480)
帰るのも大変。坂でSmさんは尻制動であっと言う間に滑り降りる。山男のNgさん、深雪に慣れてるMgさんに大きく後れを取ってしまう。脚力を相当に消耗。
一本滑り下りてみたが踏ん張りがきかない。腿が疲れてる。一本滑ってから、3時の集合時間まで、もう一本滑れそうだったが無理は禁物と上がることにした。
帰りは、まず小斉の湯。露天風呂にSmさん、Snさんたちは向かったが、Saさんが寒いよと言うので内湯にした。熱いお湯だったがゆっくりつかる。露天風呂に行った連中は寒く無かったよと言うのでしまったと思う。
生協で買い物。夕焼けに赤岳が綺麗と、カメラを構えて待つ。美しい。赤岳は確かに赤くなった。
IMG_1173sfdf (640x479)
こういうことになるとSnさんは夢中。最後までカメラを構える。
Sa邸に戻る。
Snシェフが鮟鱇鍋を作る。サブはSaさん、野菜準備はMgさん、Smさんは昨夜、余った肉ですき焼きまがいのものを作る。私は麦酒を開けて飲む。Ngさんは飲めないが少し付き合う。鮟鱇鍋の味付けは何かと聞くので無論味噌だと言ったら、反撃された。味はつけなくて自分でポン酢や醤油で味付け。
すき焼きの肉は強制的に皆に割り振られる。
鮟鱇鍋が来る。皆が揃ったので乾杯。
鮟鱇鍋は野菜一杯。よそって貰ったが、野菜の合間にわずかに鮟鱇がある。Snさんは肉より、皮とか軟骨が美味いんだよと言う。Saさんが残した骨をSnさんはまた鍋に放り込む。ええっと思ったが大丈夫だよと平然としたもの。
確かに皮や軟骨は美味しい。鮟鱇鍋は久しぶり。すっかりあったまる。
二回目の鍋は味噌で味付け。味付けは任されたが少し薄すぎた。
麦酒の後は、日本酒、ワイン、最後に度の強いウィスキーが出てくる。一番の酒豪だったSaさんがドクターストップがかかって飲めない。レモン水を飲んでごまかしてる。Saさんはアフリカを駆け巡った企業戦士だったので、職業病のようなもの。
Snさんにお酒を注いだら、お酒を注ぐのはしたことがないと言う。上役にはお酒を注がなかったと言うので、接待のためにお客に注いだんだと少しムッとして言ったら、お客接待はほとんどしたことがないと言う。接待について一番苦労したSaさんは直ぐに理解してくれた。
坪庭で脚力を使い果たしたと言ったら、Smさんはほとんど疲れなかったと言う。強い。
ヒマラヤを二回旅行したSnさんは、エベレストも飛行機から撮影。4000m級の山は日本の丘の感覚。お前も行ったらと盛んに進められる。
わいわいといくらでも話すことが出てくるから不思議。女はおしゃべりと言うが、男もおしゃべりだなあと思う。
眠くなってきたので、食器洗いするよと立ち上がったがまたも先を越されてサブ。
多分、9時半前には寝てしまったのではないか。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR