FC2ブログ

2013-01

Latest Entries

雪で飲んだくれしちゃった

昨夜と言うか深夜、2時半まで白酔会恒例の飲み会だったので起きれるかと心配したが、7時20分の朝食の放送で目覚める。栂池の朝。凄い雪である。
ベルハートのレストランに向かう。みんな眠そうな顔して集まってくる。食欲なく、水ものだけ取る。9時にゲレンデの下に集合。女性二人のOgさん、Ikさんは寝てると言う。
KhさんのレンタルスキーはMkさんが面倒を見てくれる。
凄い雪で視界がきかない。カメラは持って行かず携帯で写真を撮る。
130126_0844~03q
足慣らしに鐘の鳴る丘ゲレンデで滑ったが、雪が圧雪してなくぼこぼこで後傾になってしまう。初滑りなのにコンディション最悪。まあ転ばないだけ気をつけようと思う。
皆が集合したところで、鐘の鳴る丘スカイライナーから、丸山第一クワッドと乗り継ぐ。Ngさんは別行動。軽い準備体操を各自行って、丸山ゲレンデを足慣らし。久しぶりのKhさんの後に着いたが、軽々と滑ってるのでまず大丈夫。自分の方が積もった雪に足を取られておぼつかない。
ハンの木第3クワッドに乗る。さらに上を目指すリフトは止まっていた。雪で馬の背や林間コースとは閉鎖。
ここでOgさんが合流。Ikさんは寝てたので置いてきたとか。
ハンの木ゲレンデで何本か滑る。後傾になり不安定な滑り。腰を低くして滑る。何人か止まってるところで尻餅。起き上がるのに苦労。こういう時は年を感じる。
研究年心なMgさんはSzさんやMkさんに教えを乞うている。
林間を横に移動して白樺ゲレンデに出る。白樺クワッドリフトを使って、何本か滑る。雪がぼこぼこの上に降り積もっており、初滑りで滑りを確認する余裕がない。Mgさんは新雪にはまり込んで苦労してる。Tmさんも苦戦。こういう時は技術の差が歴然とする。元気一杯はIwさん、Tnさんあたり。
私は上手く滑れたと思った次の滑りで皆が眺めてる前で転倒。見てたよーと冷やかされる。
休憩しようと言ったら、あれ誰かなそんなことを言うのはと言われたが、皆を代弁しただけ。雪の広場のレストランでトイレ休憩。あまり滑ってないのに疲れる。昨夜の酒もまだ残ってる。
もうSzさんたちは麦酒飲んでる。
再び滑る。OgさんがIkさんと連絡取ってと言うので連絡する。今起きたとこみたい。滑りに行き昼食時に合流すると言うのでその時に連絡することに。
何本か滑ったが雪ぼこぼこだし、雪は段々激しく降るし、風は吹くし、視界は悪いし、もう昼食にしよう。白樺ゲレンデ、唐松ゲレンデと滑り降りて、お馴染みの「呑気」に向かう。「種類も豊富なお好み焼きは大阪風。特製ピリ辛ホルモン焼きも自慢。」
ここでIkさんに連絡。Mkさんに迎えに行って貰うが、ゴンドラの終着駅で迎えるはずが中間駅で待っていたらしくて会えず。もう一度、連絡。Mkさんは雪の中迎えに行く。何しろ凄い雪で視界が悪いので心配になって、私ものぞきに行く。ようやく二人が現れてほっとする。
若手組と年寄り組と二つのテーブルに何となく分かれたようで、こちらには、長老Tmさん、Mgさんと私と同期のTnさん。Mrさん、若手はBnさん、Khさん(この中では若手)、紅一点Ikさん。
若手組は、Szさん、Nsさん、Iwさん、Ktさん、Mkさん(年寄り組)、紅一点Ogさん。
先ずは麦酒で乾杯。鉄板で焼くお肉や野菜がどんどん出てくる。お腹が一杯になったら、お好み焼き。Ikさんがひっくり返すがぐちゃぐちゃになる。何か盛んに弁解してるが、まあ寝てたのを起こされて来たんだから許す。熱燗が出てきてMgさんの調子が出てくる。Mrさんが女性に優しいと言う話になり、Mrさんが真面目に否定するので話が盛り上がる。これ以上は触れない(と言ってもセクハラ的なことではない)。Khさんは滑りがまだ怖いと言うがこの雪でこれくらい滑れればたいしたものだ。唯一のショートスキーヤーBnさん。Mgさんとコーラスの話をする。**さんがMgさんが人物が出来てきたと言ってるよと伝える。何を言うかと一括。
隣の席からOgさんがお酒を注ぎに来てくれる。高くつくよと誰かが言う。滑りに行くのがおっくうになる。雪も激しいし、もう止めるかなと思い始めたら、Ogさんが再三注ぎに来てくれる。段々酔いが回ってくる。隣の席に場所をあけたから移ったらと誘われついつい移動。
私のいたテーブルは出発の準備。MrさんとIkさんは、居残り組に移動。元気印のIwさんは出発。
残ったのは、Ogさん、Ikさん、Szさん、Nsさん、Mkさん、Ktさん、Mrさん。これからが大変だった。全部のメニューを食べるんだと言ってSzさんがどんどん注文する。もう食べられない。更にお酒もどんどん。やっと3時にお開き。客はもう我々以外はいない。
喫茶「憩」に移動。やっとコーヒーが飲めると思ったら、ワインが出てきた。つまみのチーズが抜群に美味いのでついワインを飲んでしまう。スキーの話から近況報告、仕事の話、温泉、山と楽しい話題。記憶が斑になり、何しゃべったか覚えてない。やっと4時半に腰を上げる。何と5時間も飲んでたことになる。
もう滑るのは危ないから歩いて帰る。リフトに乗って滑る組もいる。スキー板が重い。足取りはおぼつかないがここで転んだら起きれないと緊張して歩く。
やっとホテルに到着。
部屋でバタンキュー。食事まで眠る。
食事の時に、今日九州出張からわざわざ来てくれたSkさんに会う。女性スキー指導員のSkさんはもう10日目の滑りと言う。(月山に登った時にアイゼンが着けられなくてSkさんに着けて貰った)また高尾山でアイゼンが着けて貰ったんだって言われてしまった。
食事は豪勢だったが、昼食が凄かったのでもう入らない。他の人は、綺麗に平らげてるので年の差を感じる。
TmさんとNgさんは飛行機マニアと言う事がわかり、話し込んでいる。いろんな飛行機の型式が飛び交ってる。ワシントンに飛行機の博物館があり、そこに一緒に行こうと盛り上がってる。私も誘われたので飛行機は興味はないが、楽しそうなのでSさんと行くと約束。
戻って、また一休み。これは相当に太っちゃうなと思いつつひと眠り。
8時半から宴会と起こされる。
長老Tmさん以外は全員集まる。
Skさんのために残しておいた日本酒を注ぐ。SzさんがSkさんの講習でのデモの滑りらしきDVDを持って来ており、皆が見たがったが断固拒否されてしまった。
初参加のKhさんが自己紹介。YY会で一緒だった仲間も多いのですぐに馴染む。
この会は何時から続いてるかと聞かれ、確か35年くらい続いてる。もといた事業所でスキー部がつぶれかかっていたのをアメリカ帰りだった総務部長Mgさんが復活させ、それ以来続いてる。かなりまえにスキー部はMkさんが終了させたが、この会は続いてる。白酔会となったのは、この10年位。今回はドタキャンしたWtさんが参加しだしてから、朝から酒を飲むようになり、深夜の到着宴会も恒例となった。Mk幹事のお蔭で今年も開催で来た。
MrさんがMgさんを盛んに持ち上げる。抜群の営業のMrさんは嫌みのない貴重な存在。恵比寿で飲もうと約束。
Ogさんとは長い付き合いで、私の欠点をIkさん、Skさんと喜んで指摘。内容は便利なことに覚えてない。
私が太って来たとからかわれたが、Szさんには程遠いと言ったら、どこのSzさんだとSzさんが言う。
Tnさん、Iwさんはスキー談義。生真面目なNgさんが良くこの会になじんでくれて嬉しい。
次の栂池に若手のNzさんを連れてくるのでよろしく面倒見てとOgさん、Mkさん、Nsさんに頼む。
ずっと宴会に参加しっぱなしのOgさん、Ikさん、Szさん、Nsさん、Mkさん、Ktさん、Mrさんが元気一杯。付き合った私はメロメロ。
非常に楽しかったが、かなり怪しくなってきたので10時半に引き揚げる。会は零時過ぎまで続いたようだ。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR