FC2ブログ

2012-09

Latest Entries

平標山

YY会で平標山に登る。Sさんに気をつけてねと見送られる。
駅で待ち合わせ。Im車にIkさん、Nkさんと一緒に乗る。他にIw車、Mz車。別の駅でMn車。
16名の参加。Imリーダー、Skさん、Ikさん、Ykさん、Nkさん、Keさん、Mzさん、Khさん、Ksさん、Hoさん、Ybさん、Iwさん、Mnさん、Knさん、Ksさん。
天気予報は晴れだが、行く途中で雨が降ったりして怪しい。新潟方面は晴れてる事を祈る。
車中でIkさんからアームカバーを受け取る。自転車売り場でわざわざ買ってくれた優れもの。Skさんが持っていて、日よけと涼しさを兼ねている。早速試着。喜んで腕を振り回したら涼しい感じ。
10時に平標山駐車場に到着。標高980m。頂上が1984mだから標高差1004m。なかなかのもの。(クリックすると拡大)
IMG_6894dgffg.jpg
そこからだらだらした林道を歩く。皆元気でわいわい話しながら進む。
Keさんは再来週登る予定の荒川三山を登ったばかりで、いろいろ情報を教えてくれる。
Khさんは恒例の富士登山をした。山に登りそうもない**さんと登ったと言うので驚く。
Hoさんは富士登山をしたがその後、不摂生をして太ってしまったと言う。
Ybさんも体調を崩しテニスをしてないので、これが直近の運動と言う。
Mzさん、Ykさんは調子は良くないと煙幕。
Nkさんはゴルフ連荘したばかりなので心配と言う。
Skさんは不参加だったが、直近に都合をつけて参加。
皆、まだまだ余裕綽々。
水場。
IMG_6898dfgd.jpg
登山口に11時到着。標高1200m。
IMG_6899fghgh.jpg
いよいよ本格的登山。
「平標山(標高1984m)は谷川連峰の西端に位置し、展望と高山植物に恵まれた山として知られ、「花の百名山」の一座にも選ばれている名山。」
平元新道に入る。途端に木段の急坂。見晴らしが悪く、曇っていて何も見えず、ひたすら登るのみ。汗がだらだら流れて目に入ると痛い。アームカバーは快調で涼しい。
先頭は何時もながらIwさん。Ikさん、Knさんあたりが続いてる。後詰はSkさん、Mnさん。リーダーのImさんは後方だが時々前に出る。Mzさんが心配とドクター(何でも医療キットを持ってる)KeさんもMzさんについている。
私は最初、後方に位置した。一歩一歩歩いてると、立ち止まって後ろに回る方々を気持ち良く追い抜く。Ykさん、Ybさん、Ksさんなど。Khさんは後ろにぴったりつかれたので前に行ってと言ったが良いですと言うので、引き離そうとペースを上げるが駄目。その内、珍しくIkさんが立ち止まっている。顔色が良くない。調子に乗ってNkさんも追い抜く。Imさんが電話を受けて、Ikさんの調子が悪いので、SkさんとKeさんがついて降りると連絡が入る。(後で聞いたらIkさんは登りたがったらしいが、SkさんとKeさんが顔色を見てドクターストップをかけたらしい。正しい判断。)
人がくたびれてくるとますます元気が出る悪い性分なので一気に元気が出てどんどん登る。降りてくる人に聞くと、頂上は土砂降りの雨だとか。平標山の家までは何とか持ってるらしい。霧がかかってくる。
途中、リンドウが良く咲いている。
IMG_6902fghgf.jpg
平標山の家に到着。12時20分。標高1650m。ここまで2時間20分かかる。まずまずのペース。
IMG_6904dfgdf.jpg
後続部隊も頑張って次々と現れる。Mzさん、Ykさん、Ybさん、Kkさん、Hoさん、後詰のMnさん。
頂上は雨と言うので、ここで休んで引き返すかと相談。
木段には参ったと皆が話してたら、Iwさんがまだ楽な木段ですよと言うのであんたは別格と黙らせる。
昼食を取る。握り飯。お腹が空いていてあっと言う間に平らげる。
Mnさんが美味しいコーヒーを沸かしてくれる。Knさんが小まめに皆に配ってる。ありがたい。二杯も飲んでしまう。実に美味い。
この山の家は広くて新しくて実に気持ちが良い。既に入っていた山ガール二人に若い男性はびしっと決まっていてかっこいい。帽子も良く似合う。既に頂上に行ってきた帰り。
もう温泉に入ってもいいなあとつぶやいたら、Iwさんが晴れてきましたよと言う。
おお霧の合間に平標山が見える。
IMG_6911dggf.jpg
Imリーダーも迷ったが、晴れてきてしまったので、とりあえず行くかと言う事になる。13時出発。
IMG_6915fghfgh.jpg
ところがしばらく登ったら土砂降りの雨。あわてて合羽を着る。
雨の中をひたすら歩く。今日は調子が良くて、前の方に出た。珍しく前を行くIwさんが見える。晴れたと思ったらすぐに土砂降りと変な天気。
ヨツバヒヨドリ(四葉鵯)。
IMG_6917fghfg.jpg
ガマズミの実。
IMG_6918rtyr.jpg
平標山頂上到着。1984m。13時45分。45分と思ったより早く着く。
IMG_6922dfgdf (800x600)
後続部隊も続々到着。Ykさん、Mzさんは良く頑張った。
風、雨、霧で何も見えず。無事登頂できた事だけ喜び合う。ここにIkさんとサポート役のSkさん、Keさんがいないのが残念。
13時50分過ぎ、早々に引き上げる。
下りはかなりきつい。雨風霧の三重苦が続く。
途中、花々が咲いてるが写真撮るのも大変。
ウメバチソウ。
IMG_6931fghfg (800x600)
リンドウ。
IMG_6932tutu (800x600)
ハクサンフウロ(白山風露)。
IMG_6936fghfg (800x600)
ハンゴンソウ(反魂草)。
IMG_6940dfgfd (800x600)
14時20分頃、稜線に出る。途端に物凄い風。合羽の中の帽子が飛ばされそうで頭を押さえる。
IMG_6946dgdg (800x600)
更に降ると霧の切れ間に下が見えるようになる。
IMG_6950dfgdf (800x600)
右奥の霧に隠れているところが、降りてきた平標山。
IMG_6951fghfg (800x600)
更に木の段をどんどん降りる。奥に苗場スキー場が見える。
IMG_6964fhfg (800x600)
時々、待たないと後続部隊との間が離れてしまう。後続部隊はMnさんが後詰。Ykさん、Hoさん、Ybさん、Mzさん、Ksさん、Knさんら。
IMG_6965vbnvb (800x600)
前方奥に苗場スキー場。
IMG_6967fghh (800x600)
おっとっと、登山道に蝦蟇がいる。
IMG_6969fgddfg (800x600)
松手山(1614m)に到着。15時5分。
IMG_6970dfgdg (800x600)
送電線のところで後続部隊を再び待つ。大分疲れてきたみたいで後ろとは相当に離れる。
IMG_6975dfgdf (800x600)
苗場スキー場。
IMG_6977dfgfdg (800x600)
やっと下に到着。16時半。
IMG_6978sdffds (800x600)
ちょっと道を間違えたようで、出発点の駐車場に向かう。キクイモが風に揺れる。
IMG_6980dfgfdg (800x600)
菊の種類。
IMG_6983xcv (800x600)
女郎花。
IMG_6984fghfh (800x600)
コスモス。
IMG_6986xcvxv (800x600)
駐車場に到着。16時半過ぎ。2時間40分かかってしまう。ちょっとかかり過ぎ。何度も後続部隊を待ったため。早目に降りたIkさんは元気に回復していた。サポートしたKeさん、Skさんはご苦労様。お茶して随分待ったようだ。後続部隊も全員揃い無事終了。
苗場スキー場の温泉に向かう。
ゆったり露天風呂につかる。鉄分が多く、茶色。気持ちいい。さっきまでの辛さは吹っ飛んで極楽極楽。
さあ麦酒と思ったら、お店が終わっていた。ここでMnさん、Hoさん、Knさん、Ksさんは明日の仕事の関係で早めに帰る。苗場スキー場をうろついたがシーズンオフなのとさびれてるのとでお店が空いてない。
止む無く高速のパーキングエリアで食事したので、麦酒はお預け。Nkさん、Khさんは要領よく温泉場で缶ビールを飲んだ。
帰りは混みもせず順調に帰着。11時頃に帰宅。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR