FC2ブログ

2012-05

Latest Entries

HGメンネルコール

昨日までの雨が嘘のように晴天。
庭のイキシア。
IMG_3330dsa.jpg
常盤露草 (ときわつゆくさ)。増えすぎたのでずっと抜いていたが、かなり減って来たので、今年は抜いていない。
IMG_3333fsd.jpg
クレマチス。毎年違った色が咲く。
IMG_3334sad.jpg
次男と会話して、出かける。Sさんも一緒に行く予定だったが、次男がいるので取りやめ。
HGメンネルコール演奏会に行く。男声コーラス。スキー仲間のMgさん、Mrさん、水曜会のKkさんが歌っている。指揮は水曜会のOn先生。ピアノは水曜会のHyさん。
会場についたらFjさんと会う。Nkさんらにも会う。凄い人。受付にTtさんがいる。大中先生ご夫妻が到着しTtさんが案内してる。
会場に入ったらSiさん、Hmさん、Tzさん、Szさんが手を振ってるので取っていてくれた席に座る。1475席あるそうだが、超満員。水曜会のメンバも多く来ている。Ydさん、団長、Htさんらを見かける。
幕が開く。テナーにMgさん、Mrさんがいる。Mgさんは私をコーラスに引きずり込んだ張本人。バスのSmさんは水曜会に入った後の面倒をしばらくよく見て貰った。今は水曜会は退団。テナートップに水曜会のKkさんがいる。
指揮 大野敏彦 ピアノ 桧山いずみ
演奏曲目
Ⅰ 懐かしい歌
    アニーローリー  イギリス民謡 
    カリンカ    ロシア民謡 
    水夫のセレナーデ  訳詞 オリオンコール 作曲 エマーソン 
    赤とんぼ 作詞 三木露風  作曲 山田耕筰
    巴里の若者の唄    訳詩 津川主一  作曲 A.アダム
Ⅱ 清水脩 作品集
    普香天子  作詞 宮沢賢治  作曲 清水脩
    高原 作詞 宮沢賢治  作曲 清水脩
    智恵子抄巻末のうた六首 作曲 清水脩 
Ⅲ 大中恩 こどもの歌
    おなかのへるうた   作詩 阪田寛夫  作曲 大中恩
    いぬのおまわりさん  作詩 阪田寛夫   作曲 大中恩
    サッちゃん   作詩 さとうよしみ 作曲 大中恩
    ひげをはやしたい  作詩 やなせたかし 作曲 大中恩
    犬はくさりがきらい  作詩 宮中雲子  作曲 大中恩
    よる     作詩 宮沢章二  作曲 大中恩
    すっからかんのかん  作詩 阪田寛夫   作曲 大中恩
Ⅳ 男声合唱組曲「心の四季」全曲
作詞 吉野弘  作曲 高田三郎 
1・風が 2・みずすまし 3・流れ 4・山が 5・愛そして風 6・雲の日に 7・真昼の星
最初に指揮者の楽譜が置いてなくて楽譜楽譜のしぐさを先生がして笑いが渦巻く。会場の雰囲気がぐっと和らぐ。ピアノの音取り、譜捲りの女性がゆったりと楽譜を持ってくる。
Ⅰはアカペラ。
平均年齢70歳と高いが、声は柔らかく若々しい。若い人も少しいる。
「カリンカ」では会社の同僚だったMkさんがソロ。トップテナー。
「赤とんぼ」では水曜会のKkさんがソロ。
Ⅱもアカペラ。
男声コーラスの柔らかいハーモニーに酔う。
休憩時間。Siさんは智恵子抄は美化しすぎと言う。
体をほぐしにロビーに出る。Hmさん、Ttさんが階段のところで会話してる。
ボイトレ指導のIi先生が現れる。
Ⅲの大中恩先生の曲の前に、先生が大中先生を壇上に招く。88歳米寿。長生きの秘訣はと聞かれ、恋だと答える。
若い奥さんも会場に来ている。
ピアノ伴奏が入り、水曜会のHyさんが登場。
ここではいろんな振付が入り笑いの渦に包まれる。
「犬のおまわりさん」では、お巡りさんの犬と迷子の猫が出てくる。
「ひげをはやしたい」では立派な髭を生やした人が出てくる。
傑作は「犬はくさりがきらい」で電信柱の看板を下げた長身の男性。犬がおしっこをひっかけたのを嫌がり、ハンカチで拭いたりそれで顔を拭ってあわてて見せたり、役者みたい。
全て振付は団員が行っている。
Ⅳ 男声合唱組曲「心の四季」はなかなか聞かせてくれた。
終わって、花束は先生とピアノ伴奏のHyさんに団員が捧げる。
アンコールに「銀色の道」塚田茂作詞・宮川泰作曲があり、4人で歌う。テナートップにKkさん、テナーセカンドにMrさんがいる。
会場全員で「故郷」岡野貞一作曲、高野辰之作詩を歌う。
アンコール曲の中に水曜会のアンコール曲でもある「草原の別れ」大中恩作曲、阪田寛夫作詩があった。
終わった。
ロビーでMrさんに挨拶。アンコール曲で歌った「銀色の道」良かったと言う。Mgさんが既に着替えていたので挨拶。Sさんは次男が来たので来れなかったと謝る。Kkさんに出口で会う。打ち上げが終わったら、飲み会に参加すると言う。
水曜会のメンバは随分来ている。団長が場所を探すと言うのでぞろぞろついて行く。Ikさんは明日もあるのでどうしようかと言うので少しだけ付き合おうと言う。以前来た店は、名前が代わっていた。随分参加。側に団長、Ymさん、Iwさん、Msさん、Ydさんがいる。他にHmさん、Ttさん、Adさん、Twさん、Siさんらがいる。テナーのHtさん、Tuさんは明日もあるので帰ったみたい。
Ymさんの側にいるのは、久しぶりで、緊張すると言ったら私はもっと緊張してるとやり返された。団長が珍しく麦酒をぐいぐい飲むので、心配になる。誰かが団長も鍛えられて強くなったんだと言う。話は弾んだが、記憶が定かでない。Adさん、Twさん、団長が帰りだしたので、私も明日があるので帰ろうとした。ところがもうすぐ、Kkさんが来るのでそれまでいるように言われ、残ってしまう。これが敗因。
Kkさんが花束を持って現れ皆が拍手。打ち上げの後に反省会をしていたが逃げてきたと言う。Kkさんと飲むのは久しぶり。気持ち良さそうに飲む。
次にフロアマネージャーのSmさんが現れる。皆が最初に先生の楽譜がなかったのは、演出かと聞く。あれは単なるミスだと言う。開始時間が遅れたのは、超満員なので、当日券の50名が入るかどうか確かめていたので遅れた。結局全員入った。
最後に先生とピアノ奏者のHyさんが現れる。Hmさんに呼び出されてきたと言う。お疲れのようだが、皆は大喜び。話が活発になる。酔いが回ってきて、一杯しゃべったが何をしゃべったか記憶がない。
5時間も飲んでいた。最初は2時間の時間制限だったはずだが、Hmさんが交渉して時間延長。
Msさんは眠ってるし、Smさんも足元がふらついている。気持ちの良い酒だからまあいいか。
帰って、Sさんに一杯話したがこれも良く覚えていない。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR