FC2ブログ

2011-06

Latest Entries

Sさん手術

Sさんの手術の日。
朝、Sさんがいないのにぼんやりしていたので二人分、ジュースを作ってしまう。4杯も飲んでお腹がガボガボ。
付き添いに出かける。
庭のルリタマアザミ(瑠璃玉薊)。
IMG_5297asd.jpg
病院に行く途中の百合の仲間。
IMG_5302asd.jpg
マツバボタン(松葉牡丹)。
IMG_5303df.jpg
チロリアンハット。
IMG_5305sfd.jpg

病室が移っていて少し探す。
2時間くらいの手術。鼻中隔矯正術をして匂いの回復を期待。Sさんは昨日、主治医から説明を聞いて、自分の予想より大変な手術だと自覚したみたい。私がWebで調べていろいろ説明したがろくに聞いてなかったようだ。
時間が来て、看護士さんに連れられて出発。手術室の前で手を振って別れる。談話室で本を読んで待つ。2時間近くになったので、部屋に戻り、椅子に座って読書。
4人部屋。一人は静かなおばあさんで息子が見舞いに来る。息子は饒舌。もう一人は、耳が遠いのか声が大きくて騒々しい。看護士さんに良く注意される。ご主人が来ているが、仲は良さそう。もう一人は若い患者さんで、お見舞い客が多い。
外は凄い稲光。雷ごろごろ。雨も凄い。梅雨明けの雨か。
3時間過ぎたが戻ってこない。心配になる。何かあったんだろうか。ナース室の前をうろうろしたりエレベーターの前に行ったりする。神に祈る。とうとう我慢できずに看護士さんに聞く。もう少しですと言われる。4時間過ぎてまた聞く。終わったところですと聞きほっとする。それからの30分の長いこと。看護士さんが2,3回顔を出して大丈夫ですよと言いにくる。よっぽど心配そうな顔してるみたい。
やっと来た。元気そう。主治医に聞いたら、鼻中隔にポリープが多かったので除去するに時間がかかったが、全て取れたので大丈夫だと言う。一安心。
Sさんは麻酔のせいかぼんやりしてるが、言葉ははっきりしている。主治医から聞いた話をする。4時間以上かかったと聞いたらびっくりしていた。こんなに大事になるとは思ってなかったようだ。それでも成功してよかったと手を握って喜び合う。多分、鼻炎は治るだろうが匂いが回復するかどうかはしばらくわからない。
のどが渇くので水を口に含ませて洗う。体温が下がると言うので、電気毛布をしていたが暑がるので除去。側にいて話しかけるが、気がついたら眠っていた。
ずっと食事してないのでお腹が空いてきたので、心残りだったが帰る。まずは良かった。感謝感謝。
スポンサーサイト



Sさん入院。

Sさんが匂いの改善のため、鼻の手術をする。そのため今日から入院。
直前まで、道路の工事の段取りや、COOPの受け取りなど忙しい。
付き添って出発。珍しくタクシーを使う。
入院手続きの待ち時間が長かったので、周りの患者を観察。ほとんどがお年寄り。時々、若者がいるが、怪我をしてる人が多い。クーラーが効いてるので待つのも楽。
ようやく病室に案内される。看護士からいろいろ説明を受ける。やることもないので読書。
Sさんが麻酔医の説明の出かけたので、ベッドで横になっていたら転寝してしまう。
Sさんが戻ってきて、買ってきて欲しい本を聞いたり、店でイヤホーンを買ったりしたが、とうとうする事がなくなる。Sさんとおしゃべりしていたが、4人部屋なのでなんとなく落ち着かない。歌の練習があるでしょうとSさんが気遣うので、明日手術に立ち会うと約束して帰る。
出た途端、猛暑。
帰る途中のミッキーマウス。
IMG_5293sdf.jpg
アブチロン。
IMG_5294dsa.jpg
トレニア(花瓜草)。
IMG_5296sad.jpg

帰って、洗濯物を畳み、歌の練習。
明日から食事を作るのがうっとおしい。

水曜会。
机並べは、Ydさん、Fjさん、キーボード設置はMtさん。
カーテン取り付けはTtさんと私。
DVD購入の日付が間違ってるとHmさんに言ったらわかってるわよと言われる。
Ii先生がボイトレと指導に参加。
暑さに辟易としていたが、発声練習で身がきゅんと締まる。
「街」大中恩作曲。
今日は勝負だと先生が言う。
「橋」
何とか暗譜できたかな。
「水族館」
ぶくぶくの発声に指摘を受ける。
「太陽」
ガボガボ・・が何とかこなせるようになったと思う。
「機関車」
ラッシュのシュが聞こえない。Ogさんが大げさな顔して歌うのが見えて笑ってしまう。
各所で発声の指摘をIi先生が的確に行う。
休憩。
テナーは、Fnさん、Mtさん、Thさん、Htさん、Ksさん、少し遅れてKkさん、団長、Skさん。Nzさん、Stさん欠席。
譜面めくりと音取りを誰がするのか話題。団長の奥さんか?
Mrさんからあまりのチケット5枚貰う。4枚は消化済みなので更にKsさんに二枚頼む。
日曜練習の話。
GtさんからアルトFsさん退団の話。体調不良のようだ。衣装までそろえたのに残念。

「花に寄せて」新実徳英作曲。
「たんぽぽ」
一箇所Uh-があるがハミングで歌ってしまう。
「ねこじゃらし」
Skさんから「あんなにー」の出だしが遅いと指摘があり、練習。Skさんは自分が間違えたように言ってくれたが、私が間違えてる。
「しおん」
出だしはPだがしっかり出すように。
「つばき・やぶかんぞう・あさがお」
長く伸ばす箇所が多く下がらないように注意する。
「てっせん・どくだみ」
「みょうが」
「うったことも」が何時もミスるので「う」を小さくする。
「ばら・きく・なずな」
最後のハミングが息切れしないように。
「幸福が遠すぎたら」大中恩作曲。
最後の一曲はSmさんが要望して「水曜日はあなたと逢って」大中恩作曲。

終わった。Ydさんが疲れた疲れたを連発。
飲み会は迷ったが帰ってもSさんがいないので参加。Fjさんは参加しないと帰ったのでちょっとつまらない。
Adさんからでんごんばんは記事が多くて印刷大変でしょうと言われる。実は一番疲れるのは記事集めで記事が多いのは嬉しい。
側にSmさん、Szさん、Ydさん、Hmさん、Mrさんがいる。
Ttさんは盲目の方を誘導して行ったと言う。Ttさんらしいと感心する。
鞘インゲンが出てきたので、嫌いなのでより分け様かと思ったが、大人気ないと思い食べる。Smさんに鞘インゲンは実は嫌いだといったら、こんな美味しい物が何でと言われる。Ydさんからは時代違う、私のころは口に入るものは何でも食べたと言われる。誰かに単にわがままだけなのよと言われる。黙ってりゃ良かった。Smさんは茶碗蒸しが好きだが奥さんが嫌いなので作ってくれないと言う。それはSさんも同じ。
Hmさんが貸してくれた本は読んだかというのでまだ5頁と答える。
Mrさんから7月の西東京の会はやって欲しいと頼まれる。私が行けないので8月にしようと思っていたが、Htさんに頼むと約束。
後は何しゃべったかな。
少し早めに帰る。

猛暑

一転して猛暑。
朝から猛烈に暑い。
Sさんは明日から鼻の手術で入院なので、入院前最後のスポーツジムに行く。元気。
私もプールに泳ぎに行くつもりだったが、あまりの暑さにげんなり。
それでも予定を入れてないのは歌の練習のためだと、気を取り直して練習に取り掛かる。防音対策のため、部屋を閉め切って歌う。我が家はSさんの方針でクーラーを付けない。汗びっしょりになり、水をいくら飲んでも汗で直ぐに出てしまう。その内、くらくらしてきて、間違いだらけになり、打ち切る。TVを付けたら熱中症の注意。部屋の中でもなる。手遅れになると恐ろしいと放映。
朝顔やプランターの植物がぐんにゃりしてきたので、庭の水撒き。
猛暑には元気な宿根サルビア。
IMG_5192asd.jpg
暑さに強いアーカンサス。
IMG_5193asd.jpg
きんしばい( 金糸梅 )も元気。
IMG_5203asd.jpg

シャワーを浴びて、多少、すっきりして録画を見ていたら、Sさんが帰ってくる。練習で部屋を閉め切るときだけは、クーラーを付けたいと言って許可を貰う。やっとクーラーを付けて練習。
今年の夏は節電、猛暑で大変なことになりそう。なるべく外出して外のクーラーを活用するしかない。

松の川緑道

Sさんが早くスポーツクラブに行くのでせかされてジュースを作る。
Sさんが出かけたので歌の練習。もう一度しっかり楽譜を見て練習したら、間違って覚えているところがある。やれやれ。

雨がやんだので松の川緑道に久しぶりに行く。半袖で出かけたがちょっと小寒い。早足で歩いたらこんどは汗をかく。
紫陽花が今が盛りと一杯咲いている。
小海老が春になると一杯出てきていた小さな池が泥で埋まっていた。何時もは泥の掘り起しが行われていたが今年はまだみたい。小海老は見当たらない。小さな自然を守るのは大変。
ギボウシ(擬宝珠)。
IMG_5269dfssdf.jpg
ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)。
IMG_5270sad.jpg
小さな池には太った金魚とザリガニがいる。少しほっとする。
浜木綿の一種。
IMG_5272ert.jpg
アメリカノウゼンカズラ(亜米利加凌霄花)。
IMG_5274fdg.jpg
雨上がりなのでラクビー場は数人しか選手がいない。ホッケー場は試合をするのか選手がかなりいる。サッカー場はゴールコートをセットしている。草刈をしている選手たちもいる。野球場は珍しく選手がいない。ほかのグランドに行ってるのかな。
松の川緑道はこんな感じ。夏は涼しい。
IMG_5278asd.jpg
もうひとつの小さな池には金魚が一杯いた。子供が置いて行った草がおいてある。
松の川緑道の最後まで行って、別な道を帰る。昨日迷子になったので、冒険はせず、歩きなれた道を帰る。
ざくろの花。
IMG_5282asd.jpg
アルストロメリア。
IMG_5288rwerwe.jpg
シモツケ。
IMG_5291iyui.jpg
ルドベキア。
IMG_5289tu.jpg

昼飯を食べてないのでお腹ペコペコ。Sさんがまだ帰ってないので食事の支度をしたらSさんが帰ってきた。しまった。作ってしまった。
Sさんが書類を捜すのを手伝う。珍しく私が見つける。こういうこともあるのだと気分良い。



江川せせらぎの遊歩道

演奏会間近なので予定を入れないようにした。ところが一日中歌っていると疲れてきていい加減になってくる。こんなことなら少し予定を入れておけば良かった。
Sさんは、「愛の勝利を ムッソリーニを愛した女」を見に行くと言う。ムッソリーニは好きでないので、一緒に連れて行ってくれとは言わない。

久しぶりに江川せせらぎの遊歩道に行く。
矢上川の鯉の群れ。
IMG_5222ewewr.jpg
浄土宗のお寺の傍を通る。門が開放されているので、お参りしようかと思ったが通過。
江川に着いたらボランティアの人達が、草取り、水遣りなど花の手入れをしている。
ムラサキクンシラン(紫君子蘭)。
IMG_5231ty.jpg
覗き込んだらカルガモが餌をくれるのかと寄ってきた。
IMG_5232yiu.jpg
グラジオラス。
IMG_5237uoiuio.jpg
ディエゴ。
IMG_5239asd.jpg

IMG_5240yiuy.jpg
ハンゲショウ(半夏生)。
IMG_5245asasd.jpg
フサフジウツギ(房藤空木)。
IMG_5252wrewer.jpg
これ以外にも、百合、菖蒲、ミッキーマウス、タチアオイ、花しょうぶ、三尺バーベナ、なでしこ、紫陽花、ベコニア、ランタナ、コレウス、夕顔など多種多彩。
花を見ながらゆっくり歩くと、ウォーキングの人たちにどんどん抜かれる。
カルガモの親子。コガモはものすごいスピードで泳ぐ。親はまとめるのに大変。
IMG_5246wqer.jpg
思いがけず亀がいる。ここでは珍しい。
IMG_5258asdas.jpg
鯉は一杯泳いでいるが、グッピーが見当たらない。よくよく目を凝らしたら、小魚がすばやく群れを成して泳いでいる。グッピーよりは大きいのでグッピーは駆逐されたか。それとも出てくるのはまだ先なのか。
江川せせらぎの遊歩道をかなり来たので帰ることにする。同じ道を帰るのは面白くないと違う道を行く。
これが大間違い。道が真っ直ぐでないので、方向がわからなくなる。向こうに高いビルが見えてきたので、相当に違う方向に来てしまった。迷子。こっちかなと思う方向に歩いたら、南武線にぶつかった。それにそって歩いて武蔵小杉の駅に着く。二駅分さまよった。
相当にへばって家に帰る。
Sさんは戻っていて、あそこの道は曲がりくねってるので、地元の人でも間違えるそうよと言う。同じ道を帰ることねと言われてしまう。
「愛の勝利を ムッソリーニを愛した女」はなかなか良かったと言う。珍しくパンフを買ってきた。内容は可愛そう。ムッソリーニは100人の愛人がいたと聞いて、哀れな男よと思う。一人の女も愛せなかったんだろう。

朝顔の網張り

朝Sさんに昨日、朝早くに朝顔の網張りすると言ったでしょうとたたき起こされる。今朝は涼しくて気持ち良くまどろんでいたのにとんだ災難。
塵出しをし、ジュース作りと朝食をあわただしく済ませて、朝顔の網張りに取り掛かる。
1.8m×3.6mの網を部屋で二つ並べて、隣同士を留める。繋げると3.6m×3.6mとなる。それを、二階のベランダからSさんがたらす。ベランダの手すりに紐でくくりつける。Sさんは下に降りて網の下側に紐を通してプランターを一回りして縛りつける。これで作業終わり。ほとんどSさんが取り仕切るがプランターを持ち上げたりとか力仕事は私。何時もの夏の行事。
プランターに植えた朝顔は、昨年の種から生えたものと今年新しく種を買って生えたものとがある。苗は10数本。
今年もグリーカーテンと花でクーラーのない夏を凌ぐ。

先日、張ったゴーヤ用の網には既にゴーヤが網を伝って伸びだしている。
IMG_5197ewrerw.jpg
傍に紫式部の花が咲いている。昨年枯れかかったが、復活した。
IMG_5195dfg.jpg

一休みしてから、歌の練習。全曲歌う。「機関車」「太陽」「防人の詩」「小さな空」を繰り返し練習。
疲れて、雨がぱらついている中、散策に出かける。
井田さくらが丘公園を基点に、みどりの小径を歩いたり、なるべく緑緑してるところを選んで歩く。
高山植物みたいな花?
IMG_5208werwe.jpg
何の実か?
IMG_5210wrewr.jpg
ダリア?
IMG_5214sdfdf.jpg
百合。
IMG_5216dfg.jpg

お疲れ

朝、Sさんに起こされ、ジュースを作ってと言われる。
寝ぼけ眼で人参を切り、小松菜、トマト、りんご、玉ねぎを入れる。更にノニ、果実酢、野菜ジュースを加えて、ミキサーにかける。特性野菜ジュースの出来上がり。これを二人で二杯づつ飲む。お腹すっきり。
庭のホクシア。
IMG_5145asd.jpg
その実。
IMG_5190dsa.jpg

歌の練習をしようとしたら、声がかすれてしまう。風邪を引いたふうではないので飲みすぎか。演奏会間近でありなるべく飲み会を入れないようにしてるのでこの5日間くらいは飲み会がない。家では飲まない事にしているので酒断ち。
録画を見る。あいも変わらずスタートレック、スターゲート。両者とも米国の放映が無くなって寂しい。他に八丁堀の7人、税務調査官窓辺太郎の事件簿など。
猛暑。この暑さは何だ。Sさんはクーラーをつけない主義なので団扇でぱたぱた。庭仕事して汗かき、シャワーですっきり。Sさんとおしゃべり。これが我が家の暑さ対策。

M会

庭の折り鶴ラン。はびこりすぎて抜いている。
IMG_5188sad.jpg
ルリマツリ(瑠璃茉莉)が一斉に咲き出す。
IMG_5189asd.jpg

M会に出かける。
久しぶりの参加。
Mkさんを囲む会。To幹事。常任幹事のWtさん、Hrさん。初参加のIwさん。病を克服中のTdさんなど15名の参加。
Kkさんの隣に座る。社友クラブで話したのを知っていた。他にも知っていた人がいたので聞くと社友会報に載っていたのを見たとか。Kkさんは同じ前立腺がん仲間。このがんは仲間が多いし、治る確率が高いので気楽に話し合える。ゴルフを100回位してるのに足が衰えたと言うので、直ぐにスキー仲間の82歳のKbさんの例を持ち出す。良く聞いてみるとゴルフ以外は歩いていないようなので、とにかく歩くことですとえらそうに指導。
Smさんとは唯一奥さんのことを愛してると言ってる仲間。なぜ日本の男は奥さんを愛してるのに愛してると言わないか、この話になるととまらない。トイレにたったら、Smさんの同僚の女性部長がいたので、この二人は奥さんを愛してるといってるんだと自慢したら、だんなに言って欲しいと言われる。
水曜会演奏会のPRをちょっとしたら、興味を持って聞きに来ると言うのが4人Kyさん、Fdさん、Iwさん、Jnさんと現れて、手持ちのチケットが払底。来週Mrさんにあまったチケットを貰う約束になってるので何とかなるだろう。
段々良い気持ちになってMkさんにたまには名古屋の事業所に顔出してくださいと言ったら、呼んで欲しいんだよと言うのでHrさんに呼んでくれと頼む。FdさんにKdさんと合わせてくれとか、段々怪しくなってくる。
Mnさんとオーストリアスキーの話をしたらしい。Wtさんと何かしゃべった。Hrさんから近況を聞く。
しゃべりすぎだと思ったら、ようやくお開きとなる。
楽しかった。この頃、どの集まりも楽しくてしょうがない。先がないのかなあ。

ゲネプロ

いよいよゲネプロ。演奏会間近。
庭のオオムラサキツユクサ(大紫露草)。
IMG_5165asd.jpg

IMG_5167asd.jpg
ベコニア。
IMG_5169rte.jpg
近所のマリーゴールド。
IMG_5183sad.jpg
ロベリア・エリヌス。
IMG_5187ads.jpg
駅でSsさんに会う。相変わらず早足で追い越される。会場は江東区文化センター。
手術したTdさんが復活。かなり痩せたが元気そう。
テナーは団長、Htさん、Mtさん、Thさん、Skさん、Fnさん、少し遅れてKkさん、Skさん。欠席はStさん、Nzさん。
発声練習をIi先生の指導で行う。会場は節電の影響か暑い。照明を少し落として貰う。
音の響きが練習場や、本番の会場に比べるとやや良くなくて粗が目立ってしまう。
先生が「街」大中恩作曲が良くないのでゲネプロの前に練習すると言う。ピアノのNk先生はアカペラ曲なのでアルトに入る。「機関車」「水族館」「太陽」「水族館」と練習し次々に問題点を指摘。難曲中の難曲だったが、とうとう最後まで苦労することになった。
Ydさんが家の練習では上手く行くのに、どうしてだめなのかなとつぶやく。ベテランでもそうなら私なんぞは、まだ練習が足りないと言い聞かせる。
いつもと違って女性パートが多く指摘される。ゲネプロは何時も一度叩き落されて這いずり上がる。
大中恩先生が奥さんと一緒にお見えになる。先生がまだ下手ですが我慢してくださいとか言っている。
Smさんがそろそろ時間ですと先生をせかせてゲネプロに入る。
原則楽譜は持たず暗譜。現役の男性の中には楽譜をちらちら見ている人もいる。
オープニング「水曜日はあなたと逢って」大中恩作曲。この曲は前回も歌ってるので暗譜は大丈夫。
第一ステージ「風のいざない」大中恩作曲。「三月」「雨と風のなかに」「ああ、どうしよう」「風になって」「さようなら秋」。このシリーズが一番安心して歌える。気柱を長く、あくびをするようにと意識する余裕もある。
第二ステージ「街」大中恩作曲。「機関車」「水族館」「太陽」「橋」「鎮魂歌」。あんなに練習して暗譜できたと思った「機関車」で2箇所も間違えてしまう。隣のKsさんから間違えたねと言われる。先生から課題が多いと指摘。
大中先生は、演奏会には用事があってこれなかったので今回聞きに見えた。「街」についてよく見つけたねと言われたみたい。ちょっと話が長くなりはらはらする。ここでご夫妻は帰る。
第三ステージ「北の国から」さだまさし作曲、松下耕編曲。「道化師のソネット」「防人の詩」「天までとどけ」「精霊流し」「北の国から」。リズム感は合宿よりは取れた気がするがはたしてどうか。
第四ステージ「花に寄せて」新実徳英作曲。「たんぽぽ」「ねこじゃらし」「しおん」「つなき・やぶかんぞう・あさがお」「てっせん・どくだみ」「みょうが」「ばら・きく・なずな」。ハミングで間違える。
アンコール「小さな空」武満徹作曲。最初のところでテナーの音がおかしいと中断したが時間が切迫してたので先に進む。ハミングやあーーで音が暗譜し切れてない。
「草原の別れ」大中恩作曲。Fnさんが始めて歌うよとぶつぶつ。周りが皆が知ってるから口ぱくでも大丈夫と囁く。
エンディング「幸福がすぎたら」大中恩作曲。
先生が課題が多いが後三日あるので頑張ろうと言う。歌の心を掴んで歌えば多少狂っても大丈夫だと言う。Ii先生が各曲の的確な問題指摘がある。コーラスの中心、ソプラノに対する指摘が多い。
舞台の片づけをして終了。暑くて何度も水を飲んだのでペットボトルが空。休憩時間が少なかったせいかかなり疲れた。飲み会は迷ったが行くことにする。
Wtさんが電動自転車を引っ張っている。近所から乗って来てると言う。誰かが私のより高級車と言ってる。16人入れる飲み屋を探して歩くがなかなか見つからない。Hmさんが途中でずらかって別のとこで飲むかと言う。賛成。
ようやく見つかって入る。二階と下に8人づつに分かれる。先生は二階組。下組はYdさん、Hmさん、Tzさん、Wtさん、Ymさん、Smさん、Tsさんと私。Sさんが帰ってきたのに遅く帰って大丈夫と誰かに言われる。麦酒が美味い。Ydさんから団長の声が良く聞こえますかと聞かれる。後ろにいる時は良く聞こえる。Tsさんからソプラノはテナーの音にあわせて歌ってるんだからテナーがしっかりしてと言われる(ちょっと恫喝?!)。Smさんがテナーはアルトの音聞いて歌ってるのと冷やかされる。麦酒の後、日本酒を頼んだら、枡と受け皿に並々と注がれてしまう。Tzさんからそんなに飲んで大丈夫と言われる。うーん。でも美味しい。普段あまり会話したことのないYmさんが隣なのでおしゃべりを聞く。後は何しゃべったかな。記憶にない事にしておこう。
二階組が降りてくる。Mrさんと一緒に帰る。楽譜を昼飯時や、電車の中で開いて暗譜してると聞いて、感心。私にはとても出来ない。

ゴーヤの網張り

Sさんと用事を済ませに出かける。何箇所かあわただしく回る。
近所のスモークツリー。我が家のは切り過ぎたのか花が咲かない。
IMG_5171fgh.jpg
クチナシ(梔子)。我が家の梔子はまだ咲かない。
IMG_5174das.jpg
ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)。
IMG_5178asd.jpg
ヒメヒマワリ(姫向日葵)?
IMG_5179asd.jpg
七夕。
IMG_5182dsa.jpg

用事を済ませて二組の来客を迎える。下水工事の方が現在の汚水と雨水の管の配置具合を実地で調べる。Sさんはこういう事は、実にてきぱきとこなすので私の出る幕はない。  もう一組の来客が帰ってやっと落ち着く。
Sさんが、東側に植えたゴーヤの網を張ろうと言い出す。網は既に買ってあるので、片側は雨樋の金具に結び付ける。もう片側は、棒を立てたが1.8mしかなく短い。私は棒を継ぎ足そうと言ったが、風で倒れてしまうとSさんは賛成しない。もう一方の雨樋まで10mあるがそこまで紐を張ると言う。Sさんの意見が通って、紐を張る。長いので弛まない様に途中、出窓の屋根に引っ掛けたりする。やっと紐を張り終わって。網が張られる。簡単なようだが、植木が込み入っている中を行うので実にやりにくかった。網にゴーヤのツルを這わせて終了。ゴーヤの苗は三つだが、多分網に縦横無尽に張ってグリーンフェイスになるだろう。Krさんのお母さんがゴーヤを育てていると言うのを思い出す。
朝顔の網張りもする予定だったが、さすがに疲れて後日に延ばす。

一休みして、24曲すべて歌ってみる。夜が更けてSさんからもうやめたらと言われて気がつくまで集中していた。

久々の特選

大門句会に出かける。
近所の紫陽花。
IMG_5158sdf.jpg
スイセンノウ(水仙翁)。
IMG_5161jkl.jpg
コエビソウ(小海老草)。
IMG_5163asd.jpg
商店街でこの通りだけ七夕が飾ってある。
IMG_5164asd.jpg
大門句会に到着。三四郎さん、小雪先生、馬空さん、遊介さん、久しぶりに勝山さん。
投句はまーゆさん、あゆかさん。珍しくはなさんは欠席で投句もない。皆が調子が悪いのではと心配する。
お酒を飲みながら食事をしながら選句。と言っても選句が終わるまでは、お酒も食事も進まない。
私の句。
階下より呼び声かかる水羊羹  光
小雪先生特選。遊介さん選。
お土産に水羊羹を貰って二階にいる娘さんが呼ばれている情景が眼に浮かぶと小雪先生が選句の理由。
特選は久しぶり。特に小雪先生に特選を貰ったのは初めてと思う。舞い上がりそうだがぐっとこらえる。土産に貰った水羊羹をSさんがお茶して二回に**ちゃーん降りてらっしゃいと呼んだ情景。
黒南風や猫は何度も顔洗い  光
馬空さん、さらさん、三四郎さん選。
三四郎さんが湿った空気を猫が感じて顔洗ってる日本の情景を歌ってるなと言う感じがすると選句の理由。馬空さんは遊介さんが詠んだと思ったと言う。
水曜会合宿の時、散策すると何時も同じ場所で猫が顔を洗っているのを思い出して詠んだ。この句はSさんと意見が一致。
適当に見繕ってと夏料理  光
遊介さん選。夏料理は漠然としすぎ。夏料理は見繕ってと言わないのではないか。と小雪先生、三四郎さんから指摘。
合宿の陰でこつそり水羊羹  光
桜桃忌青春語る白い髪  光
は選句されず。

小雪先生特選。
黒南風に猫背の漁師海を見る  馬空
三四郎さん、光選。
小雪先生、黒南風は外の情景のほうが良い。その点、この句はぴったり。「黒南風や」の方が良い。海を見るは蛇足。
適当に口づけされて桜桃忌  三四郎
遊介さん選。皆から三四郎さんはそうだったのかと冷やかされる。

人気句。
母がいて妹もいて水羊羹  まーゆ
小雪先生、三四郎さん、勝山さん、馬空さん、遊介さん選。
太宰忌やセロハン取れし文庫本  馬空
小雪先生、三四郎さん、勝山さん、光選。
黒南風やぼうぼぼうぼと鳩の声  三四郎
小雪先生、馬空さん、さらさん、光選。

小雪先生の句。
適当に瓜持つてけと畑の父  小雪
さらさん、遊介さん選。
見舞いとて水羊羹が三人目  小雪
三四郎さん選。

次回は、吟行にしようと意見がまとまる。あゆか先生。吟行は難しいが楽しくもある。

苦吟

明日は大門句会。まだこれと言った句が出来ていない。Sさんに明日選句してと頼んだら、明日は忙しいから、今日中に作ってと言う。えらいこっちゃ。
部屋のこもって苦吟。
兼題は小雪先生から与えられた。
黒南風(くろはえ) 梅雨の始まりのころ吹く湿った南風。黒雲を伴う。
水羊羹       ご存じ夏の和菓子
桜桃忌(太宰忌) 小説家太宰治の忌日、6月19日
適当        適当な大きさ、適当にあしらう、などの「適当」。無季語。
黒南風はばかばか出来るが気に入らない。次に水羊羹も何とか作る。太宰治の本は読んだことがないので、略歴や著作物を調べる。Sさんが大嫌い。適当は最初苦しんだが、出来始めたら何とか詠める。
疲れて庭を眺める。
ノハカタカラクサ(野博多唐草)。可愛らしい花だが、はびこって何時も抜いている。
IMG_5148asd.jpg
無くなったと思ったスミレがけなげに咲いている。
IMG_5150asd.jpg
コテヒバの花?
IMG_5152dsa.jpg
ツルアナナスはコバノランタナに押され気味。
IMG_5154adssda.jpg
南天の花。
IMG_5155sdffsd.jpg
再び苦吟。
疲れると不謹慎だが暗譜の練習。
やっと夜になって、何とか句が出来上がる。今まで苦吟した句を全部、Sさんに見せる。少しは考えるかと二階に上がったらあっと言う間に選んだわよと階下から声がかかる。私の気に入った句はほとんど全滅。Sさんの心眼を信じて、選んでもらった句を提出することにする。

横須賀ウォーク

YMS温泉の会に行く。
幹事のKmさん計画の初夏の横須賀、東京湾沿いウォーク。
横須賀の駅で待ち合わせ。参加者は幹事Kmさん、Kkさん、Ybさん、名古屋から駆けつけたHrさん、現役で忙しい中来てくれたHgさん、Iwさん、Tjさん、紅一点のKrさんの9人。
横須賀駅の由来。「汽笛一声新橋を・・の歌詞で知られる鉄道唱歌に汽車より逗子を眺めつつはや横須賀に着きにけり・・と言う一節がある。明治22年の横須賀ー大船間を開通した横須賀線を歌ったもの。」
最初に訪ねたのは、ヴェルーニ記念館。「嘉永6年(1853)、浦賀沖にアメリカのペリー艦隊が現れてから、幕府も強力な海軍の必要を感じ、軍艦や船舶の建造や購入に力を入れてきた。それに伴って軍艦修理や機具製造の必要が生じ、横須賀製鉄所の建設が計画された。  この製鉄所の建設を進めたのが、幕府の勘定奉行・小栗上野介忠順ら。幕府は元治元年(1864)に、この建設をロッシュに依頼し、ロッシュはフランソワ・レオンス・ヴェルニーを招く。 慶応元年9月27日(新暦1865年11月15日)に関係者が出席して鍬入れ式が行われた。  明治維新によって、製鉄所は明治政府に引き継がれて、横須賀造船所と名前を変えて後の明治8年(1875)ころから本格的な軍艦を建造するようになった。その後も、戦艦「陸奥」空母「信濃」をはじめ、数々の軍艦を建造。」
記念館内のスチームハンマー。
IMG_5061asd.jpg
ここから横須賀港の米軍基地や自衛艦が見れる。自衛艦。
IMG_5063Zx.jpg
しばらく歩くと、薔薇園を通過。ゆっくり見たかったが、先頭のKmさん、Iwさんがどんどん先に行くので、見る暇はない。
IMG_5067ads.jpg
どぶ板通り。「どぶ板通りとは、神奈川県横須賀市中心部にある全長300m程の通り・商店街である。スカジャンの発祥地として有名。 戦前、この通りには道の中央にどぶ川が流れていたが、人やクルマの通行の邪魔になるため海軍工廠より厚い鉄板を提供してもらい、どぶ川に蓋をしたことから「どぶ板通り」と呼ばれるようになった。」
有名人の手形がある。雪村いずみ。
IMG_5071asas.jpg
ほかに宇崎竜童、前田武彦、山下洋輔やMALTAの手形がある。
商店街は閉まっている店が多い。
IMG_5078daasd.jpg
横須賀米軍基地をちらと見る。入るのにパスポートがいる。
寄り道をしたと思ったら、トランペットを持った像がある。ジャズ発祥の地らしい。
IMG_5080fsdf.jpg
ここからどんどん歩いて三笠公園に着く。以前、Szさんのお見舞いに来た帰りに寄ったところ。
東郷平八郎の像に迎えられる。
IMG_5086改
三笠記念かに入る。「三笠は、明治35年(1902年)にイギリスで建造された戦艦であり、日露戦争においては東郷平八郎司令長官が乗艦する連合艦隊の旗艦として大活躍。特に、明治38年の日本海海戦では、ヨーロッパのバルト海から派遣されたロシアのバルチック艦隊を対馬沖で待ち構え、集中砲火を浴びながら勇敢に戦い、海戦史上例を見ない圧倒的な勝利に大きく貢献。」
翻るZ旗。以前仕事で苦境に陥った時に、Szさんがミニチュアを買って来てくれた。今も自室に飾ってある。
IMG_5092dasasd.jpg
三笠の主砲。
IMG_5095zXzX.jpg
日本海海戦の時に東郷司令長官が立ったと言われる場所。
IMG_5102ZXZX.jpg
艦内を見学していたら、説明のおじさんから説明を聞く。
ロシアとの海戦での様子を語る。まさに圧勝。 しかし海戦後に佐世保港内で後部弾薬庫の爆発事故のため沈没。その時の様子を今起こったように悔しそうに話す。段々興が乗ってきて、三笠の戦後の扱いや、回天の話まで及ぶ。幹事のKmさんが時計を気にしだしたのにKkさんが質問するので、またまた話が続く。興味津々であるが、時間も気になるので残念ながら別れる。
三笠の模型。
IMG_5110das.jpg
Kmさんがここがビューポイントだと連れて行ったところ。
IMG_5115ZXzX.jpg
海岸線で昼飯を食う。釣り人や、家族連れが多い。コンビニで買ってきた握り飯。潮の香がする。
再び歩き出す。Krさんとおしゃべりしながら進む。ディエゴの花が美しい。
IMG_5120Zx.jpg
信楽寺。坂本竜馬の妻、おりょうさんの墓がある。「江戸末期の風雲児、坂本龍馬の妻 龍子は、「寺田屋騒動」の折、龍馬の危急を救った女性として広く知られている。 坂本龍馬は、慶応三年(一八六七)十一月十五日、京都のしょうゆ商近江屋で京都守護職の輩下 見廻組与力の乱入を受け、斬りつけられて、三十三歳の若さで斬殺された。未亡人となった龍子は、夫龍馬の実家 土佐の坂本家に移り住みましたが長続きせず、京都・大阪・東京と明治初年まで流浪の生活が続く。  明治十一年七月二日、三浦郡豊島村の西村松兵衛方に「西村ツル」として入籍し、明治三十九年一月十五日の午後十一時に死亡した。  龍子の葬儀は、知人や隣人の助力で明治三十九年十月二十日にささやかに営まれ、遺骨は、当時の信楽寺住職新原了雄師の御好意により、この地に葬られた。」
IMG_5123zxczxc.jpg
「贈正四位阪本龍馬之妻龍子之墓」
IMG_5126zczcx.jpg
中に竜馬とおりょうさんの木造が飾られている。おりょうさんと坂本龍馬が連れ添ったのは、わずか1年10ヶ月。
見返り観音。誰かが見返ってないよと言う。
IMG_5129asdas.jpg
海岸線を歩く。天気が怪しくなってくる。猿島が見える。
IMG_5132asda.jpg
海岸線を歩く。かなり早足なので疲れる。Kmさんは平地は早いが上りは弱いので、どこからか登りに入るというのに期待。
IMG_5133asdasd.jpg
雨が降ってきた。どうやら観音崎には行けそうもない。途中、Oyさんが手伝ったと言う壁画がある。
IMG_5140asdasd.jpg
雨が激しくなってきたので、休憩所に入って、どうするか相談。Krさんは盛んに私は雨女で、この前参加した時も大雨になったと恐縮する。皆で話し合って、この雨ではつまらないから、温泉にしようと言うことになる。残念ながらKrさんはここで帰る。Kmさんが心配してバス停の場所を教えるが、私はここらは良く知ってるから大丈夫と言う。
湯楽の里。出来たばかり。まずは展望風呂に入る。外は雨だが、のんびりつかる。中に寝湯があり、そこでうとうとしてしまう。高濃度炭酸泉に入る。ちょっとぴりぴりする。サウナに入ろうと思ったが約束の1時間になったので湯を出る。出たらもう宴会が始まっていた。
女性は姦しいと言うが、男もおじさんが揃うと実に姦しい。話題はたわいもないがあちこち飛んで実に楽しい。こうひと時は大好き。ワインと日本酒を飲んで酔ってしまう。良い気持ち。
秋にまた会おうと別れる。

帰って、Sさんに話したらご機嫌ねえと言われる。

MSC納会

昨夜、麦酒を飲むのを止めたので今日は快調。
真向法と腹筋体操をする。ジュースを飲んで、今日は快調と言い聞かせる。
暗譜の練習。
苦吟。どうも才能ない。

MSC納会に出かける。(MSCは万座スキークラブの略?スキーシーズンの初めに万座で4日間、講習会をする。1950年くらいから続いてる伝統あるクラブ。その納会。)
近所のマーガレット。
IMG_5045asd.jpg
花梨の実。
IMG_5048asd.jpg
サフランモドキ(サフラン擬き)。
IMG_5050asdasd.jpg
ミッキーマウス。
IMG_5052adsd.jpg

幹事はMnさんとSjさんだが、Sjさんが手術をして欠席なので、Mnさんより当日の手伝いを頼まれる。早めに目白クラブに行く。前を若い女性の団体がぞろぞろ歩いていると思ったら同じクラブに入る。この建物は近衛公爵邸のあった地に学習院の寄宿舎として建てられたものだと、女性たちに誰かが説明している。写真を撮ったり相当に賑やか。どこかの金融機関の表彰式らしい。
早めにつきすぎたかMnさんはまだ来ない。受付の場所を作ってもらう。ようやくMnさんが現れて、受付の準備に入る。集金と名札、資料を渡すだけの作業。
長老のKbさん、Mkさんなど次々と現れる。Tnさん、Ngさんも現れ、ご苦労さんと言われる。万座で大怪我をしたNmさんが夫人と現れる。もうこんなに元気になられたかと驚く。Hd夫妻も到着。渋滞で遅れたと謝罪。予定外に**さんが参加。
時間が来たのでMnさんに開会をお願いする。私はまだ数人現れないので、受付にそのまま残る。最後にKy姉妹、Mtさんが現れて、残るはMmさんのみなので受付をしまって、会に参加。23名の参加。
Kbさんが社友懇談会での私の極彩色日記の話を聞きたかったと言う。お知らせしていなかった。Kbさんのスキーの話しもしましたよと言う。85歳のKbさんと滑ってると言ったら皆、驚いていたと言ったら、僕はまだ82歳だよと言われてしまった。あちこちでしゃべっちゃいましたよと言ったら、しょうがないなあと言う顔されたから許してもらえたんだろう。
Nmさんの怪我の話がひとしきり。関係したHd先生、Mnさん、Tnさん、Mkさん、ホテルのYzさんが良かった良かったと輪を作る。視野が狭くなっていて、リハビリしているが、スキーをしたいと言う執念を感じる。
Ky姉妹はすごく忙しい。休みがない位働いている。大変だなあと思う。それでもスキーは15日くらい頑張って行ったと言う。
Ngさんから、お蔭様でいろんな会に参加させて貰ってると感謝された。いろんな人をスキーや山に誘いこむのは大好き。
Mtさんはスキー仲間だが、コーラスは相当なもの。今度は水曜会に聞きに来てくれる。Mtさんとは非常に馬が合う。
Tnさんとは来シーズン、オーストリアで一緒する。
次期幹事のFt夫妻は奥さんがしっかりしていて奥さん任せ見たい。我が家に似ている。
2時間半位時間がたったので、Mnさんいお開きをお願いする。かなり飲みすぎたようで、やってくれよと言われたが、役者不足なので何とか閉めてもらう。清算も傍についていてしっかり確認する。終わった。
帰りは、Mnさん、Mtさん、Tnさんと一緒。Mnさんが蛇行しているので心配してMtさんに最後まで面倒見てくれと頼む。大丈夫と請け負ってくれた。
帰ったら、Sさんが大阪から帰ってきていたので、ほっとする。時間が遅かったがおしゃべりをしまくる。



麦酒が飲めない

火曜水曜と気持ち良く、赤ワイン、冷酒を飲みすぎたせいか、調子がいまいち良くない。お酒はもともと強くはないが、ここにきて更に弱くなり、翌日の胃の具合が良くない。
Sさんがいれば叱られる所だが、あいにく大阪に行っていて不在。朝のジュースはしっかり作って飲む。食欲はないが魚と三点セットは無理して食べる。
暗譜の練習をしたが、声が出ない。
庭の薔薇。あまり手入れをしないのに良く咲いてくれる。
IMG_5036asd.jpg
IMG_5037asd.jpg
この冬に外に出したので、枯れてしまったかと思ったが復活してきたベコニア。
IMG_5039ads.jpg
ホクシアは今が盛り。
IMG_5041das.jpg
宿根サルビアがそろそろ勢いを増してきた。
IMG_5042asd.jpg

夜、Ydさんとの会食。
手の手術をしたが順調に回復している。
麦酒で乾杯したら、麦酒がまずい。ええっと思ったが飲めない。これは相当に胃がやられてるのか。Ydさんに断って、ソフトドリンクに変える。酒豪のYdさんは理解してくれた。営業仲間で九州や東北はお客周りで飲む機会が多くて体を壊すことがあるそうだ。幸い食欲は普通にあるので美味しい物は美味しい。
あちこち旅行しているので、私の行っていない、エジプト、マチュピチュ、ナイヤガラ、イグアス等の情報を得る。
会社の話や、政治経済全般など、話は多岐に渡った。
3時間近く談笑したが、飲めない私を相手にすると調子が出ないようで、Ydさんもあまりお酒が進まない。次回は体調を完全にして会いますよと約束して別れる。

家に帰ってもSさんがいないと物足りない。電話したら元気な声が聞こえた。

30周年記念

庭のアスチルベ。
IMG_5022asd.jpg
ルリマツリ(瑠璃茉莉)。
IMG_5023asd.jpg
前いた会社の創立30周年記念招待会に出かける。当初、演奏会間近の水曜会の練習とぶつかるのでサボろうと思ったが、Sm新社長のお祝いもあるので参加する事に。
近所のバーベラの一種。
IMG_5031sad.jpg
ガクアジサイ(額紫陽花)。
IMG_5032vbn.jpg
くじゃくさぼてん(孔雀仙人掌)。
IMG_5033xvcxcv.jpg

何年ぶりかに門をくぐる。。懐かしいMyさんに挨拶されるが一瞬気がつかず挨拶が遅れる。あらかじめ秘書のKmさんからIbさんが私のアテンド役と聞いていたのでIbさんに来てもらう。スキー仲間。IbさんにSm社長の所に連れて行ってもらう。Kmさんが迎えてくれる。
Sm社長におめでとうとお祝いする。何で今更と贅沢なことを言っている。Hgさんもやって来る。会社の状況やら今後取り組むことを聞いていたら、Smさんがやってくる。更にKtさんも現れる。
次にずっと以前の秘書だったMhさんのところにKmさんに案内してもらう。以前より元気そうで安心する。中に入る様に言われたが会社内を回りたいので遠慮する。また会うことを約束して分かれる。
Ibさんに会社の中を案内してもらう。途中、育児休暇明けのTzさんに出会う。すっきりしてにっこにこ。
Kgさんの所に行ったら、Ktさんが迎えてくれる。山に連れて行くといって約束を果たしてないことに気づく。
Kkさんは地震の被害を説明。Tdさんは仕事してますよとアッピール。懐かしい顔に次々と出会うが、名前が思い出せない。
式場に到着。懐かしのFtさんと挨拶。Okさん、Onさんなどに挨拶。
社長の概況報告。事業状況を丁寧に説明。
続いて製品・技術紹介。Ibさんに展示物やデモの説明を受ける。
Ysさんよりゴルフ対抗戦の挑戦を受ける。年長組みが連敗中。前回は大敗したので年齢ハンディを寄越せと迫る。しぶしぶ承知。懐かしい若手の**さんに会う。在職中に新入社員として入ってきた。

次の会場に移動。移動中のバスでSmさんが隣に来て近況を聞く。苦労してるみたい。
Ibさん、Hcさん、Tgさん、Odさんが同じテーブルにいる。談笑。思いがけずずっと以前に一緒だった**さんに挨拶される。当時の事を思い出して話す。Kyさんが来る。クラリネットはまだやっている。段々乗ってきていろんな方と談笑。Tjさん、Kzさん、Hgさん、後多数。WのTgさんがWK戦の集まりをしようと言い出す。HyさんもW。ほかにもWは多いが、Kは珍しく少ない。同じ人数でないと面白くなので調べてくれと頼んだり、段々無茶を言い出す。
2時間以上の談笑が終わり、二次会もあり、誘惑に負けそうになったが飲みすぎは後々たたるので退散。

社友会

Sさんが大阪に行ってるので朝飯は自分で作る。と言っても、ジュースを作って魚を焼いて、五穀ご飯をチンするだけだが。
梅雨の晴間で庭の花々が美しい。
カンパニュラ。
IMG_5009ads.jpg
また咲き出したアメリカン・ブルー。
IMG_5012asd.jpg
オキザリス・デッペイ。
IMG_5013asd.jpg
サルビアの一種と思う。夏になると一斉に咲く。
IMG_5016ads.jpg
クレマチス。
IMG_5017asd.jpg

最後に勤めた会社で社友会があるので出かける。つい一ヶ月前に来たばかりで、ちょっと来すぎ。
列車の中で、Ksさんと会い一緒に行く。管理部門のSyさんの席に行く。いろいろ話を聞く。震災は大変だったようだ。また節電対策の実情を聞く。休日管理やクーラーのこまめな管理に驚く。
Ky会長が来て、談笑。書を始めたそうだ。
総会が始まる。OB12名の参加。
事務局からの挨拶。開会の辞に続いて、懐かしいSz幹事長の挨拶。
来賓としてKy会長、Is社長の挨拶。近況報告がAkさんよりある。
写真撮影。(後でカレンダーとして直ぐに印刷してくれたのには驚いた。)
工場見学。一ヶ月ばかりに見学したばかりだが、地震被害の箇所がまだ生々しく残っている。天井板を支える棒の先にカップラーメンをさかさまにして使うなど、工夫が凝らされている。
半導体を集めるのに苦労してるようだが、何とかやりくりしている。

歩いて移動し、懇親会。
Is社長の隣に座る。段々、盛り上がってきて、Is社長とIc邸で花火を見てKgさんの蕎麦打ちを頂くと言う話が持ち上がる。
私の近況報告でコーラスの話をしたら、**さんがやって来て、実は学生時代に、楽器とフォークをやっていた。入社してからしばらくは合唱団で歌っていたという。それでは是非再開したらと盛んに薦める。次第にその気になってきた。来年はコーラス談義をしようと。  スキー仲間のKbさんとスキーの話、Onさんとは、7月に会うと言う話、Shさんとは沖縄に連れて行ってと言い、Akさんには歩く時に笑顔でいようよと余分な事を言う。Icさんには山に連れて行けと段々めちゃくちゃになってきた。はっと気がついたら帰る時間。皆と別れて帰る。タクシーと言われたが歩いて帰ると言い、帰り道をOdさんに送って貰う。
ああ楽しかった。

大門句会勉強会

雨。Sさんは大阪に行っていないので話し相手がいなくてつまらない。
大門句会勉強会の結果を三四郎さんが送ってきたのをじっくり見る。もう44回も続いている。皆の進歩は著しい。私も多少は進歩したかな。
今回も写生の勉強。最初に私の句。⇒は三四郎さんのコメント。

滝壺に黒犬群れて吼えにけり  光
短夜や麻雀牌の音高し  光
⇒犬が群れている場所としては滝壺は異常ですね。実際に見た光景であったとしても読者に納得してもらえるかどうかも考慮して下さい。そんな場合は場所を変えてもかまいません。もっとも季語になる場所の名前となるとむつかしいですが。
麻雀の句は、短夜の季語が効いています。
*この前、山梨県の吐竜の滝に行ったとき、濡れた黒犬の群が喜んで飛び回って吼えているのが面白く詠んだもの。飼い主達は登山の格好をしてたので犬を連れて、山を登った後かもしれない。確かに他の方に納得できるかどうか迄は考えなかった。
後者は、以前旅行中、夜中に麻雀牌の音がうるさくて、耳栓をしてやっと寝たのを思い出して。

他の方の句。
草笛を吹くや畦道腰かけて  馬空
自転車を押してどて道ほたる飛ぶ  馬空
⇒どちらもどこかなつかしい馬空さんの世界ですね。「どて」はひらがなでは一瞬なんのことか迷うので漢字で「土手」に。

梅雨晴間隣家に庭師入りてをり  さら
⇒梅雨晴間のスケッチとしてよくできています。

横腹のちらと覗くや夏のシャツ  勝山
⇒腹がふくれてきた私のことか、とドキッとします。夏は見せたくないところまであらわになる。

黒赤き梅酢滲みて志野の甕  遊介
⇒思わずつばがわいてきます。ただ「黒赤い」といいますか?普通は「赤黒い」。

にがうりの蔓雑草に巻き付けり  蒼月
⇒蔓が別の草に巻きついたのは類句もありますが、写生の目がありますね。

空梅雨の箒の先は曲がりけり  はな
⇒「曲がりけり」というとなにかが作用して曲がったようにもとれる。「空梅雨の先の曲がりし箒かな」ではどうか。

民宿の刺身大ぶり南風吹く  三四郎
火山礫敷きつむ浜や夏つばめ  三四郎

私の場合、詠もうとしても直ぐに詠めない。時間をかけて俳句モードに頭を切り替えないと碌な句が頭に浮かんでこない。1時間も悶々としてるとぱっとひらめく事がある。普段から電車の中とか、散策の時とかは俳句モードにしたいのだが、乗り越しそうになったり、石に躓いたりで、なかなかそうなれない。

演奏会直前合宿2日目

合宿2日目。
朝起きたら、どこにいるか一瞬分からない。飲みすぎて睡眠不足で、調子がいまいち。
朝食は先生、Htさん、Mtさんと一緒。先生は早朝散歩を既にしてきたという。
散歩に出かける。Ydさんが前を歩いている。
さんごしとう(丸葉 ディゴ)。
IMG_5000dsf.jpg

IMG_5001xcv.jpg
何の実か。黒い実も混じっている。
IMG_5002xcv.jpg
ヨットハーバーは朝で人気がない。
IMG_5005sdf.jpg
ブラシの木。
IMG_5008asddsa.jpg
練習が始まる。
Ii先生のボイトレ。
相当にきつい。あくびが思わず出てしまい慌てる。
Ii先生はさだまさしの曲を聞くのを楽しみにしていると言う。
「北の国から」シリーズさだまさし作曲、松下耕編曲。
「道化師のソネット」
Ii先生から例えば「わらってよー」の「わら」ははっきり言う。強調するところは強調してメリハリをつけるようにと指導される。指導された後、歌たったら相当に良くなる。
表情を豊かにつける様にとも言われる。
「防人の詩」
リズムは正確に。男性はノー天気で歌わない。ノー天気な私は慌てる。悲しい人の側にいて慰めるような気持ち。苦しさを共感。
なるほどねとつぶやく声が聞こえる。
途中でテナーのSkさんが来る。これでテナーは全員揃う。
技術と気持ちを大切にするようにと。
「天までとどけ」
一転して声を明るく。笑いの上に声が来る。
「精霊流し」
「北の国から」
リズムの怪しいところもあるが楽譜は見ないで通す。
昼休みに入るが、ソロの人はIi先生の特訓を受ける。
我々は弁当を持ってぞろぞろ外に出て椅子で食事。
幾つかテーブルがあるが、我々のテーブルは男ばかりになってしまう。可哀想ねえと女性からからかわれる。Mtさん、Ksさん、団長、Nzさん。女性だけのテーブルが一番にぎやか。男性ばかりのテーブルもしゃべるが、負けている。ソロが終ったKkさんがやって来る。まだソロは続いていると言う。
残り時間は散策。猫が何時も同じ場所にいる。

午後は、「花に寄せて」新実徳英作曲。
「たんぽぽ」
「ねこじゃらし」
疲れがじわじわ出てくる。
「しおん」
音が合ってるか不安になる。
「つばき・やぶかんぞう・あさがお」
段々、夢の中で歌っているようになってくる。それでも不思議と間違えずに歌えるから不思議。本当は間違えてるかもしれないが。
「てっせん・どくだみ」
「みょうが」
舌が廻らない。遅れそうになって気を引き締める。
「ばら・きく・なずな」
最後に「北の国から」を通して歌い終了。
完全にくたばる。
飲み会はパス。先生は飲み会はあるのかと聞いていて元気。
Mtさんと帰る。Ssさんに話しかけられながら追い抜かれる。よたよたおじさん。
Sさんは今日から大阪の次男のところに面倒見に行っているので不在。帰ってもつまらない。

演奏会直前合宿1日目

水曜会の演奏会直前合宿に行く。
駅でKkさん、Mrさんらと会う。Kkさんにぎっくり腰の具合を聞いたらもう大丈夫だと。別の演奏会で、ソロのところだけ痛い中、歌って後はパスしたそうだ。
会場のBumBに向かう。何時もは、ディエゴの花が咲いて綺麗なのに、まだ蕾。今年は陽気が遅れている。
BumB。
IMG_4997sdaasd.jpg
例年13時30分にならないとドアが開かないのに集合時間は13時。30分はロビーで待つしかない。何時も不思議に思っているが改善されない。
テナーは、Skさんがドタキャン、Mtさんが腰が痛いとかで遅れている。Htさんも遅れている。Stさんもまだ現れない。珍しく出足が悪い。Thさん、Fnさん、Kkさん、団長、Nzさん、Ksさんが参加。
やっと会場が空いて中に入る。椅子の並べ。Ogさん、Msさんが良く働いている。ピアノが移動できないので、ピアノの周りに3列並ぶようにいびつな配列。
Ii先生の指導でボイストレーニング。しっかり声を出す。
このところばたばたしていて、しっかり休んでいないので長丁場が持つかどうか心配。
半音づつの練習や、リズムの練習をする。

席は演奏会どおりに並ぶ。何時も練習は前で歌っているが、演奏会は中列。Ksさんと真ん中は楽だよと不謹慎な発言をして喜ぶ。楽譜は見ないようにしよう。
オープニング「水曜日はあなたと逢って」大中恩作曲。
普段あまり練習していないのでみっちり練習。
「風のいざない」シリーズ大中恩作曲。
「三月」
「雨と風のなかに」
「ああ、どうしよう」
もっと楽しそうな顔をしろと言われる。リラックスはしてるがにこやかな顔は難しい。歌うと顔が固くなってしまう。
「風になって」
Mtさんが遅れてやってくる。
「さようなら秋」
出だしの音が何時も怪しいのだが、今回はまあまあ。
途中休息が入る。
Htさんが現れる。
ここまでは暗譜が比較的上手くいっている。
「街」シリーズ大中恩作曲。
「機関車」
最大の難関。昨日Ii先生の特訓を受けたので、発声に注意して歌う。半音づつの変化も、全音の変化の中の半音と言う意識を持つようにした。
最後のラッシュポポポ・・・は、ポの半音上がるのをしっかり出すように、またポポポを切り過ぎないようにと指摘。先生がこれを乗り越えればと言い聞かせている。
「水族館」
超忙しいStさんが来る。Skさん以外は全員揃う。
「つきよの」の「つ」の低音を出すSkさんが休みなので、音が無声音になってしまう。
夕食。
隣のパーティがお酒を飲んでるのが気になる。また麦酒追加してるとか、日本酒良く飲むなあとか。Fjさんがあの女性は綺麗ですねえと言うから同意したら、Sさんと比べてどうですかと言う。比較になりませんと言い返す。
「太陽」
ガボガボガボ・・・accel。加速すると響きが無くなる。
「橋」
「鎮魂歌」
最後に通して歌う。「街」が始めて楽譜無しで歌えた。
6時間歌い続けるのは相当に疲れる。発声が良くないので声が枯れてしまう。
Htさんと同室。部屋割りしてくれたHmさんに感謝。Htさんがこんな立派な部屋に入って良いんだろうかと言う。私は素直に喜ぶ。
Htさんは部屋の風呂でシャワー。私は大浴場に行く。

飲み会の部屋に向かう。
先生の周りは女性が囲んでいる。先生が代わっても良いよと言ったが敬遠。
団長、副団長、Hmさんがいる無難な席に落ち着く。麦酒で乾杯。Ydさんの赤ワインを飲む。軽くて美味い。
誰と何をしゃべったかあまり憶えていない。
団長が珍しくハイピッチで麦酒を飲むので強くなりましたねと言ったら、ソフトドリンクに切り替えられた。Htさんに過ぎたる奥さんだと絡んだような気がする。Hmさんと「天地明察」話をする。新婚のSzさんに3ヶ月3年の危機を話したら、Hmさんからも同じ話を聞きましたといわれる。Nzさんに結婚とはと言う話をしたようなしないような。Gtさんに始めてあった時、年下と思ったという話をし、前も言ったことがあるなあとぼんやり思う。Stさんからシステム構築の苦労話を聞きだす。先生と何か真剣に話したが難だったかなあ。Ttさん、Smさんとも真剣に話したような記憶がおぼろげにある。Hyさんからこまくさの150回の資料を貰う。(これは休憩時間だったかもしれない。)12時になってもう起きてられない。部屋に戻りバタンキュー。

高校クラス会

午前中は、昨日に続いてSさんとおしゃべり。話していると顔がほころんでくる。

Is先生のボイトレに出かける。
発声練習。半音の発声練習やリズムの発声練習をする。
コンコーネは休んで、大苦手の「機関車」大中恩作曲の練習をする。
ところどころ音があってるかどうか分からなくなると言ったら、ちゃんと歌ってなくて、話しているようになってるから、音が分からなくなるんだと言われ、発声をしっかりするようにと指導される。
「ポポポポポポポポピピー」と半音づつ上がり、ピピーで半音下がるところでは、ポポポポと全音づつ上がる練習を譜読みで何度も行い、その後、半音を鋏む練習をする。全音をしっかり取れれば、その間の半音はそんなに狂わない。くり返し練習したら最後のポポで上がりきらない悪い癖が直る。
「太陽」の「ガボガボガボガボガボガボガボン」と半音づつ上がるところも同じ練習をする。
この二箇所が、こなせると後は、スムーズに歌えるような気分になれる。少し自信が付いた。
次の練習の方が入ってきたので、もう一度通しますかと言われたが、折角ついた自信が崩れると嫌なので、遠慮して帰る。帰って復習してみよう。

高校同窓会が始まるまで、時間があったので新長島川親水公園を散策。この前、TVで紹介されていた。
ガクアジサイ(額紫陽花)の季節。
IMG_4977sdfsfd.jpg
ペチュニアを中心とした花壇。
IMG_4984sdfsdf.jpg
親水公園。ここの水は江戸川を浄化して流しているそうだ。綺麗。
IMG_4987sda.jpg
IMG_4989sdf.jpg
IMG_4992rtert.jpg
小川に沿って歩いていくと、荒川にぶつかる。
IMG_4995dfg.jpg
途中、休んだりして時間をつぶす。涼しくてのんびりしてほんわかした気分。

時間的にまだ早いが高校クラス会の「シーボニア・メンズクラブ」に向かう。ついたら一番乗り。直ぐにTnさんが現れたので、入ろうとしたら、もう少し待って欲しいとのことで、ロビーで待つ。ボニージャックスの演奏があるそうで練習をしている。
幹事のOhさん、Oiさんがやって来る。Stさん、Sdさん、Nhさん達が次々と現れる。もう良いだろうと会場に入る。17名の出席。
Tnさん、Kmさん、Osさん、Mkさんらが側に座る。Ohさんの司会で始まる。前回初参加したら幹事を言い付かったとか。Tnさんが何か言ったら次期幹事を指名されてしまう。Tnさん、Kmさんが演奏会に来てくれるというので、チケットを渡す。今まで24枚のチケットをさばき、手持ちが無くなる。
近況報告が始まる。スポーツマンのOsさんが怪我をしてリハビリ中。Szさん、Kmさんはがんを克服。Szさんはゴルフ、Kmさんはテニスをしている。Smさんからゴルフを誘われる。Tnさん、Mkさんも行くので、日程的にはあわただしい時期だったが、参加。Mkさんは退院して元気。大学選手権、高校野球の応援に行くと言う。久しぶりにNmさんに会う。若い頃の武勇伝は有名。真面目なFtさんが日本の国情を憂う。それ程悪くもないよと楽観主義の私は思ってしまう。ゴルフの達人Itさん、地域活動に熱心なNhさん、まだ働いているStさん、Sdさん。近所に住んでるMyさんとはたまには会おうよと約束する。
ワインを飲みすぎてよい気分。直ぐに良い気分になるから経済的。
物故者が5名、海外在住が2名、所在不明が6名。返信無しが11名。欠席8名。
また来年、元気な顔で会いたいものだ。

朝の散策

朝、起きたら真向法と腹筋運動をして、散策に出かける。
歩く道はいろいろ開拓中だが、いろんな花が見れて楽しい。
ホタルブクロ(蛍袋)。
IMG_4969fghhgf.jpg
ニューギニア・インパチェンス?
IMG_4970hgfhg.jpg
サルビア。
IMG_4971dfgdgf.jpg
ペチュニア。
IMG_4975dfggfd.jpg
一汗かいた後は朝風呂に入る。至福の時。
「街」シリーズがどうも歌えないので練習。特に「機関車」。何度も練習したが、どうもしっくりこない。明日、Is先生のボイトレなので教えてもらおう。
Sさんと久しぶりに良く会話する。会話の主導権は、常にSさんに取られて、私は2割くらいしかしゃべれない。考えている内に、話題が次に移ってしまうので、追いつくのがやっとである。でも会話は何時も楽しい。

でんごんばん

朝から、でんごんばんの製本。今月号は、演奏会についての記事が多く、団員にとって必要な資料。
全部で20頁。今回は印刷後、演奏会当日のスケジュールに一部変更がSmさんから入ったので、変更分を短冊状に切って貼り付ける作業が入る。こういう作業は苦手中の苦手だが、何とかこなす。その後は、折って、そろえてホチキスで留め、名前を書くだけの作業。55人分を仕上げるのは時間がかかる。午後までかかってしまった。
内容は、スケジュール表、ゲネプロ、演奏会当日、衣装(Jnさん作成)、打ち上げパーティ(Twさん作成)、来年の演奏会演目(ここまではマネージャーのHmさん、Smさんにチェックして貰う)、大中恩先生直筆の原稿(Ttさんより)、「ティンカーベル」Jnさん、「情継ーこころをつぐー」Ynさん、「わたらせ渓谷鉄道に乗って星野富広美術館を訪ねる」Ydさん、「いよいよ南アフリカに向かって」Fnさん、「メタボリックシンドロームを取りまく話題」Htさん、編集後記。

庭の花々が入れ替わってくる。
宿根サルビア。
IMG_4948sdad.jpg
ツルマンネングサ(蔓万年草)。
IMG_4949rettre.jpg
アスチルベ。
IMG_4952sdfsd.jpg
ツルハナナス(蔓花茄子)。コバノランタナに負けて減り気味。
IMG_4953erwerw.jpg
キンシバイ(金糸梅)。
IMG_4956sdfsd.jpg
木苺。
IMG_4957sasd.jpg

かさばったでんごんばんをザックに入れて水曜会に出かける。
先生はじめ、皆に配布。やっと役割終了。年4回プラス住所録発行だが、何時も記事に追いかけられているような気がする。記事を集めるのが一番大変。

机は、常連のYdさん、Fjさん、キーボードセットはMtさん、カーテン掛けは私とTtさん。
でんごんばんご苦労さんと声をかけられる。
練習が始まる。楽譜は見ないように心がける。
「水曜日はあなたと逢って」大中恩作曲。
水曜会のために大中先生が作曲した曲。今年からオープニングに歌う。
「風のいざない」シリーズ大中恩作曲。
「三月」
「なっちゃって」の音をしっかり出すように。
「雨と風の中に」
出だしの「あめー」を柔らかく。
「ああどうしよう」
「風になって」
「さようなら秋」
優しい柔らかい曲。

休憩。Tdさん退院。Mkさんから演奏会に出ようと頑張ってると報告。
団長から「風のいざない」は音符だけでなく感じた事を表現して欲しい。この頃良い事を言う。
テナーは、Mtさん、Thさん、Fnさん、Htさん、Ksさん、Nzさん、団長。ぎっくり腰のKkさん欠席。Skさん欠席。最後に超忙しいStさんが来る。

「花に寄せて」新実徳英作曲。
「たんぽぽ」
先生がピアノのNk先生のことを優秀なピアニストがいると突然持ち上げたので、Nk先生が弾けなくなると言う。
「Hum-とんでいく」の「とんで」の出だしが遅い。
「ねこじゃらし」
「しおん」
苦手だったがどうにか音が取れる。
「つばき・やぶかんそう・あさがお」
「のぼってゆきたい」の「ゆ」に注意。
「てっせん・どくだみ」
「みょうが」
早口言葉を時々間違える。間違えると追いつかなくなる。
「ばら・きく・なずな」
終った。
でんごんばん作成で疲れてしまったので、飲み会はパス。今度の土日は合宿だ。

川俣東沢渓谷

早朝また温泉につかる。朝食後、散策組みと帰宅組みに別れる。また秋にね。
Tsさんの案内で、Mnさん、Ngさんと一緒にTs邸に向かう。
IMG_4867asddas.jpg
奥さんに出迎えられ、コーヒーと手製のケーキや西瓜を頂く。
Ng夫妻とTs夫妻は一緒にドイツ旅行をしているので、その写真を見せてもらう。ウズベキスタンの写真もある。今度はインドに行くそうだ。
庭の手入れは奥さん。花が美しい。
IMG_4870sdfdfs.jpg
吐竜の滝、川俣東沢渓谷に向かう。途中小学生の団体とすれ違う。
吐竜の滝。
IMG_4883hgfhgf.jpg
黒い犬が群れている。喜んで良く吼える。
IMG_4885rettr.jpg
ここでじっくりしたかったが、先に進む。
IMG_4887erttr.jpg
ツツジが綺麗。
IMG_4888sdffsd.jpg
渓谷沿いの道はウォーキングシューズだが歩きにくい。小学生の団体が何班かに分かれて前に行ったり後ろに行ったりとせわしない。
IMG_4893wrewer.jpg
緑が美しく、涼しくて気持ちが良い。
九段の瀬。
IMG_4898tyyt.jpg
最初はTsさんが先頭だったが、その内、Mnさんが先頭になり、早い。写真を撮ってると置いてかれてしまい追いつくのに一苦労。
覚円峰は緑の中。
IMG_4900ytu.jpg
蘭庭曲水。
IMG_4902dgdfg.jpg
獅子岩。
IMG_4905rtet.jpg
時には橋を渡る。
IMG_4909sadas.jpg
天井岩。
IMG_4913asd.jpg
まきば公園に向かう道に入る。視界がぱっと開けて、八ヶ岳が見える。
IMG_4916dfgg.jpg
県立八ヶ岳牧場の牛ちゃん。
IMG_4924sda.jpg
まきば公園でチーズを買ったら割引券をくれた。目的のアイスクリームを割引券で買う。さっぱりして美味しい。
綿羊が草を食んでいる。
IMG_4936sdfsd.jpg
暫く休んで帰り道は牧場を突っ切っていく。
IMG_4945dfggf.jpg
途中、締まっている柵を開けようとしたら牛の群がどどどっと走ってくる。柵を空けるのが何かの合図でどこかに連れて行ってくれると思ったらしい。びっくりして引き返す。牧場の中をつっきるのは諦めて、牧場に沿った道を進む。柵の向こう側に出たが、今度は牛は知らん顔している。
3時間以上歩いた。途中の岩を降りるところで足首を捻り、心配したが時々、痛くなるくらいで大事には至らない。
昼食はTsさん推薦の焼肉を食べる。これが美味。
駅まで送って貰い、Tsさんと別れる。今日の渓流歩きは予想外に良かった。



一柿会

一柿会に出かける。この会は、大門句会で始めて特選を貰った句
夕暮れや山道下り柿ひとつ  光
にちなんでつけられた。メンバのNdさんが命名した。少々こそばゆい。
小淵沢の駅をあやうく乗り越すところだった。甲府あたりで眠くなりうとうとしてしまい、はっと気付いたら小淵沢。おお慌ててで飛び出したら後ろでドアが閉まった。Tmさん、Tnさん、Azさんが一緒。Ngさんも来るはずがいない。探してもいないし携帯も通じないので、私と同じように眠り込んだんではないかと諦める。
小淵沢カントリークラブに着いたらやあやあとNgさんが来た。車で来たそうだ。そのようにメールしたらしいが誰もメールを真面目に見ていない。
天気は崩れると言っていたが、少し曇くらいで絶好のゴルフ日和。
ルピナスが美しい。
IMG_4840asd.jpg
スタートにベニバナトチノキ(紅花栃)が咲いている。松の川緑道で良く見かける。
IMG_4842hfg.jpg
一緒に廻るのは、大先輩のNdさんと幹事のYnさん。カート無しでキャディ付き。
前の組が若いのにキャディがついてカート付きなので、若いのに軟弱だと悪口を言う。
IMG_4856ghj.jpg
名手Ynさんが珍しくOB。私も釣られてミスショット。スタートで大叩きしてしまう。
すっかり気力が失せる。ショートで持ち直すかと思いきや、またミドルで大叩き。Ndさんからあわてないあわてないと慰められる。前半は、今シーズン最悪のスコア。Ynさんはさすがに持ち直してスコアは少しまともになる。キャディさんが優しかったのが慰め。
昼はもうやけくそで麦酒を飲む。前のチームは好調のようだ。
後半もぱっとしない。ショットが乱れる。Ndさんも私に釣られて乱れる。
南アルプスが見える。
IMG_4864tyut.jpg
北岳がかすかに見えるので、今年もあの山に登りたいとキャディさんに言ったら感心された。ゴルフがメロメロなのでキャディさんも言いようがないんだろう。
八ヶ岳が良く見える。
IMG_4865tyu.jpg
立ち直りかけるとOBが出て最後まで散々。今シーズン最悪のスコアで終る。
IMG_4866uty.jpg
ゴルフ場では風呂に入らず、宿泊所の鹿の湯温泉に向かう予定。
バックを送り返す手続きをし終って、玄関に向かったら、皆の車が出発して曲がり角を曲がるところ。あれっ置いてかれちゃった。携帯が通じないので、鹿の湯に連絡して、迎えに来てもらう。Ngさんが運転してすみませんとやってくる。
向こうに着いたら、皆から三台の車のどれかに乗ってるだろうと思ってたと言われる。
風呂に入ってのんびり。ジェットバス、泡風呂、露天風呂を楽しむ。
腱鞘炎でゴルフはパスしたMnさんが合流。駅から歩いたという。
部屋で練習の飲み会。一緒の部屋はゴルフで一緒に廻ったNdさん、Ynさん。Ndさんは海外旅行のビデオ編集に3ヶ月かかったという。ガイドの説明をナレーションに入れたり、歴史を入れたり、YouTubeから画面を拾ってきたりするのだそうだ。Ynさんによれば4時間の大作。読者が100数十人いるとか。ブルーレイを推奨。ブルーレイでないと言ったら遅れてると言われてしまい、ブルーレイを買ったらビデオを送ってあげると言われてしまう。
表彰式。
優勝は初参加のNgさんがぶっちぎりの優勝。最長老のKsさんが二位。三位はTsさん。BBはTnさん。私は蛍だったがロストカー賞を貰う。
宴会が始まる。賑やかな事この上ない。
最長老Ksさんのゴルフ談義、Ndさんのビデオ談義、Tnさんのカメラ談義、Tmさんは凄くしゃべったが忘れてしまった。Mnさんは論語の話、Tsさんも珍しく良くしゃべる。Ynさん、Ngさん、Azさんと参加者全員がしゃべるので騒々しい。女性が姦しいと言うが男も姦しい。私はコーラスや俳句を何故始めたかとか、社友会の話を聞かせろといわれて、話す。Ndさんから君は俳句やコーラスをしても不思議ではないと言われる。そんな事を言われるのは初めて。コーラスは時間が取られるので、どこかで止めて他のことをしたいと言ったら、止めない方が良いと皆に言われる。眠くなって一番早く就眠。

大門句会勉強会

でんごんばんのコピーにコンビニに行く。
A420頁をA3裏表5頁に仕上げる。予備を入れて55人分。おじさんがコピーにやってきたが、割り込ませようと思ったら諦めていなくなる。途中ジャムったり、順番が分からなくなったりして時間がかかってしまった。

三四郎さんから大門句会勉強会の結果が送られてくる。
課題は
「写生」と「季語」の勉強です。
①当季(6月だったら仲夏ですね)の季語を入れる。
②「写生」を意識して。しかもその対象はカメラに写るもの。
ある本に写生について下記のような説明がありました。
 「"写生"とは、作者が目にした何らかの情景を、五七五の短い言葉によって、その場に居合わせなかった読者に伝えようとすることです。」
とすれば、推敲のポイントは、この句の表現で、読者が自分が伝えたかったことを過不足なく思い描いてくれるかどうか、です。そんな目でご自分の句を見直してください。
と言う事だが実に難しい。
私の句。
雷鳥や急に黒雲湧き上がり
駒の居ぬ駒の道行く半夏生
⇒三四郎さんのコメント:駒の道とは馬が通る道のこと?それともどこかの山の名前? 俳句としては前者の解釈の方が断然いい。後者ならだじゃれっぽい。うそでもいいから「馬の居ぬ馬の道行く半夏生」にして下さい。半夏生の季語が効いていい句です。黒雲の句も臨場感があります。
それに対する私の返信:長野の望月での実体験です。望月は古く駒の名産地でした。駒の行く道と言うのは、観光用の乗馬のお馬さんが歩く道が駒の道として設けられていて、そこに半夏生の白が綺麗でしたので、詠みました。めったに馬は通りませんので、ちょくちょく散策しています。

農道にトラック残し田水張る  馬空
⇒ポツネンとした軽トラが静かな農村を表しています。
蛍袋倒れしままに花をつけ  さら
⇒ちょっとした発見ですね。
六月や敷居の溝の蝋のかす  はな
橋脚に貝べつとりと梅雨曇  はな
⇒六月の句、敷居の溝の蝋のかすとはすごいものに目をつけましたね。いいですよ。子細なところにほころびが見えるところが梅雨どきの六月にふさわしい。
貝の句も、濡れた藻の色まで見えてきます。今回は写生の目が冴えていました。
ゆふべなほ明るき町の梅雨入かな  三四郎
石楠花のすでにおとろへはじめたり  三四郎

写生は俳句の基礎。肝心なところだが難しい。

歌の練習をして疲れたので庭と買い物。
センティッド・ゼラニウム。
IMG_4830utu.jpg
ルリマツリ(瑠璃茉莉9が咲き出した。
IMG_4831ioo.jpg
もう盛りが過ぎた。
IMG_4832we.jpg
近所の?
IMG_4837asd.jpg

同期会

朝の散策。
毎回違う道を通る。この前、見つけた緑の小径を歩いてみる。
ブーゲンビリア。
IMG_4717dfhg.jpg
ガクアジサイ(額紫陽花)。
IMG_4718ry.jpg
オランダカイウ(阿蘭陀海芋)。
IMG_4719dhgf.jpg
公園から緑の小径に入る。ここは別天地。あまり人もおらず、自然を独り占め。
ヤグルマギク(矢車菊)。
IMG_4724rtty.jpg
小径はあまり長くないが、また小さな林の中に入る。
IMG_4725sdf.jpg
近所にこんな自然があるとは幸せ。

大学の同期会。
今日は、伝々の会で競馬観戦があり、Sさんが行きたがったのでサボっていきたかったが、幹事のNgさんから来年幹事を指名され、手伝わねばならないので断念。競馬ファンのKbさんに秋に連れて行ってくれと頼んだ。
少し早めに来るようにとNgさんに頼まれたので出かける。Ngさんは几帳面に名簿の更新や名札の作成、皆の近況報告を作成している。私はあんなには出来そうもないなと引き受けたのを後悔。
同期会の世話役だったSaさんも呼ばれてやってくる。
Ngさんから3年後の卒業50周年のクラス委員と再来年の幹事の相談がある。3人で相談して決める。再来年や、3年後だとどうなってるか分からない(生きてるかな)と言う気持ちが働いて、まあいいかといい加減になってしまう。

段々、皆が集まってくる。24人参加。54名で24人はなかなかの出席率。連絡つかない人もいるので、こんなに集まったのはNg幹事のきめ細かなフォローのお陰。
受付を引き受ける。会計とパンフ、名札の配布。
開会をNgさんが宣言し、前幹事のNbさんが乾杯。
しばらく談笑した後、Ngさんから卒業50周年の行事とか、今後の運営方法について報告。運営方法について前幹事のNbさんからクレーム。引継ぎ事項が伝わってなかったようで、前の幹事のTmさんからもクレーム。他に幹事を務めたSaさん、Skさんからも意見が出たが、Ngさんがかろうじてつっぱねる。隣に座っていたSnさんがややこしいこと言うなあとつぶやく。
再び暫く談笑。
何時も水曜会の演奏会に来てくれるNjさんにチケットを贈呈。楽しみにしてくれているようで嬉しい。(今まで20名の方が来てくれると言っている。)
Ojさんは前立腺がんの手術をしたばかり。手術の先輩である私は予後について懇切丁寧に説明。まわりからもう終りにしたらと言われたが、こればかりはそうはいかない。
再来年の幹事をMtさんに頼む。始めは渋ったが、7,8人の候補から選んだ意中の人なので、しつこく頼んで受けてもらう。
近況報告が始まる。遠路から来たSmさん。兄弟が津波に会ったのでその話。Mgさん、Thさんと続く。
Izさん、Nhさん、Snさん、Saさん、Sbさん等と会話。カメラマンを頼まれたので、なかなか会話に没頭できない。
その間、延々と近況報告が続く。ほどほどにワインを飲んで良い気持ちになる。
2時間はあっと言う間にたってしまう。
最後に次期幹事の私が挨拶し、Mgさんの応援指導のもと、若き血を肩を組んで歌う。
終った。

会計が終わってから、Ngさん、Saさん、Ktさん、Snさん、Smさんと集って談笑。
このメンバはSaさんの蓼科に集るメンバで、山とかゴルフ、スキーを一緒にする仲間。Ktさんのみ誘われても参加してなかったがとうとう参加を承諾。またゴルフと山をしようと日を決めて散会。

皆と別れて、100円ショップでプリンタ用紙を買う。
椅子に座って、カメラから取り出したチップをNgさんに渡すのを忘れたのに気がつく。チップを探したがない。おかしい。ついさっきに確認したのに見つからない。デバックの中を散々探したが見つからない。落ちしたかもしれないと、歩いた経路を探したりお店に聞いたりしたが見つからない。
家に帰って、もう一度探したが見つからず。諦めて、Ngさんに謝る。Ngさんは皆に写真を撮りそこなったと連絡すると言ってくれた。鬱々としていたらSさんが帰って来る。私が探してあげると言って、バックをひっくり返して本の数分であったと言う。魔術師か?!何とティッシュの中に紛れ込んでいた。そこも探したつもりだったが、Sさんにはかなわない。早速Ngさんに連絡。Sさんが見つけてくれたと言ったら、そんな素敵なSさんに是非お会いしたいと言われる。
Sさんに感謝感謝。

ゴーヤの苗を植える

昨日、一日ごろごろしていたら体調回復。
すがすがしく目覚める。早朝散策。
近所の紫陽花。
IMG_4712adssad.jpg

IMG_4714das.jpg
朝食後、Sさんがゴーヤの苗を植えるというので手伝う。台所までのガラスに日差しが強いので緑のカーテンを引きたい。居間の前は朝顔で覆うつもり。
きんしばい( 金糸梅 )の間に煉瓦を積んで土を盛る。レンガ運びは私の役目。塵のポッドに溜まった土を運ぶのはSさんと分担。かなりの重労働。やっと最後にゴーヤの苗を植える。上手く育ってくれれば良いが。つるが延びてきたとき、ネットを張るのに、一苦労しそう。
庭のオキザリス・デッペイ。
IMG_4705asd.jpg
百合。
IMG_4708dsa.jpg
アマリリス。白が増えて赤が減る。
IMG_4711das.jpg
草むしりと水遣り。
終ったら二人とも完全にグロッキー。風呂に入って休む。体力ないなあ。

一休みしてから、でんごんばんの作成。Hmさん、Smさんにチェックを依頼してミスを指摘される。
イラストを入れたり、貰った原稿のレイアウトをする。最後に編集後記を書いて終了。20頁。終ったら夜中過ぎていた。

休息

ちょっと体調不良。昨夜、そんなに飲んだわけではないのに、お酒が残ってるみたい。
庭の空木。
IMG_4700sad.jpg
カンパニュラ。
IMG_4701as.jpg
ホクシャ。
IMG_4702sad.jpg
昨年、あけびが一杯生ったので、今年も期待したが、花は一杯ついたがSさんによると風で皆落ちてしまったそうだ。

久しぶりに政治のニュースを見る。大震災、原発事故で国民が一つにまとまろうとしているのを、政治家は分からないのかあと思ってしまう。
録画のGlee、スターゲート、八丁堀の7人(村上弘明のファン)、税務調査間窓辺太郎。
Sさんは梅漬けにラッキョウ付けと大忙し。ごろごろしてるのは気が引ける。
大門句会勉強会の課題を苦吟。ひらめかず歌の練習。泥縄式。

機関車

ドック二日目。
大嫌いな浣腸を早朝に受ける。
その後、大苦手の直腸診を受ける。問題ないとの事。
腹部超音波。以前見つかった胆石がそのまま。
上部消化管内視鏡。鼻から胃カメラ。喉よりは楽だが、時間が結構かかる。時々、食事中に吐き気がすると言ったので、念入りにやられたかもしれない。以前から慢性胃炎だがそれ以外は問題なし。
終った。部屋を整理して食事して帰る。
結果は、1ヵ月後だが今までの結果から問題あるまい。何か見つかればその前に呼び出される。
病院の花壇。テンニンギク(天人菊)かな。
IMG_4695sda.jpg
ミヤコワスレ(都忘れ)。
IMG_4697dsa.jpg
帰ったら、Sさんが梅漬けの真最中。
我が家の庭で採れた梅も漬ける。
IMG_4699dsfds.jpg
庭の梅が漬けれるほど採れたのは初めて。二人で喜ぶ。
ラッキョウも漬ける。Sさんはこうなると物凄い。梅干、ラッキョウ、味噌は全てSさんの自家製。他に梅酒、かりん酒、枇杷の葉酒とかいろいろ。

歌の練習をして出かける。
Ydさんが復活してFjさんと一緒に机を並べている。Mtさんがキーボード設置。クーラーの風除けカーテンは私とTtさん。Hmさんから来年の曲目が先生から変更になると連絡が来たと言う。6月号のでんごんばんに間に合わねば未定で載せる事にする。
今日は、難曲の「街」シリーズ大中恩作曲。
「機関車」でいきなりつまずく。
暗譜しようと楽譜を見ないで歌おうとしたら、セカンドテナーの音がいきなり分からなくなってしまった。先生から今頃、音が取れないようでは困ると叱責。何時までも団長に頼っていては困る。確かにそのとおり。
ポポポ・・・の最後のポが上がりきらない。ラッシュ ポポ・・・の半音上がるところが挙がってない。散々。
Mtさんからセカンドテナーだけパート練習だと言われてしまう。
「機関車」は最初に歌うんだからここで観客からなーんだと言われたら御仕舞いとも。
「水族館」
楽譜を見るようにしたが、最後は楽譜を見なくて何とかこなす。
「太陽」
ガボガボ・・・の数を間違えてしまった。
休憩時間。
Snさんから演奏会衣装の原稿チェックでOKが出る。
団長から、「街」は音をきっちり出すようにと。
先生から、来年の曲目のうち、第3ステージの曲目を変更したいとの提案があり、終ってから選曲委員会を開く事になる。
演奏会のステージの並びに変更が出る。私は常時中段なのでちょっと気が楽。テナーのパートリーダーMtさんから自宅のPCが壊れたので、並びをテナーに送って欲しいと頼まれる。
テナーの欠席は10時まで仕事のNzさんと超忙しいStさん。9人出席。
「橋」「鎮魂歌」
「街」シリーズではやはり「機関車」が鬼門。そのつもりで練習しよう。

「北の国から」さだまさし作曲、松下耕編曲。
「防人の詩」
相当に練習してきたので、思い切って、暗譜で歌ってみる。
「天までとどけ」
もうこうなったら暗譜だ。
「精霊流し」「北の国から」
この2曲は比較的暗譜しやすい。

終った。疲れた。
選曲委員会にHmさんから出るように言われて参加。団長、パートリーダーのソプラノTsさん、アルトMkさん、テナーMtさん、バスSmさん、マネージャーHmさん。3ステの変更について先生から意見が出たが、他にも意見が出て委員が持ち帰って次回報告。男性のアンコール曲はSmさんの提案をMtさんが同意して決まる。

飲み会に参加。
側にTsさん、Szさん、Ttさん、Hmさん、Nkさん。Szさんの誕生日祝い。Ydさんの復帰祝い。Fjさん、Thさんから慶応完全優勝おめでとうと言われる。後は何しゃべったか。Szさんを慰めていたような気もする。ちょっと調子に乗りすぎて飲みすぎた。
帰りは、先生とMrさん。Mrさんは暗譜がかなり進んでいる。忙しいが集中して練習すれば大丈夫だという。うーん、私とは素質が違う。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR