FC2ブログ

2011-01

Latest Entries

野沢温泉スキー場

さあ出発。
今シーズン11日目。
トミケンの庭先。
IMG_1158yt.jpg
歩いて、スキー場に向かう。栂池から来た3人を除いては、既に昨日滑っており、スキーをゴンドラ近くの預かり所に預けている。7,8分の道のりだが、スキーを担いで、スキー靴で歩くのはかなりしんどい。歩いているうちに準備運動がすんでしまう。
長坂ゴンドラリフトに乗る。中間駅から直角に曲がって上に向かう。
上はガスっている。やまびこ第二フォーに乗って足慣らしに一滑りした後、やまびこフォーに乗って頂上に向かう。
IMG_1169sda.jpg
雪質は良いが、ギャップが見えず、間違って新雪の深みに嵌ると大変。
頂上も見通しが全く利かない。埋まっていた頂上の看板「毛無山1650m」を掘り出している。
IMG_1174dsfdfs.jpg
何本か頂上から滑る。やまびこゲレンデ:スキー場トップ標高1650mの毛無山山頂域に広がるゲレンデ。
IMG_1181fghfgh.jpg
IMG_1186ads.jpg
やまびこフォーを降りた所のダンケで休息。
いちごケーキがあるので食べる。私が最後のいちごケーキで、Mn夫人は食べ損ないチーズケーキになる。
また何度か頂上から滑る。雪は少し小止みになってきたが、新雪ぼこぼこ。軽いから何とか凌げる。
一旦下まで降りて、昼食しようと言うことになる。
スカイラインコースを降りる。最大傾斜32度。
IMG_1187改
小毛無山頂から尾根伝いに5000mを駆けるロングコース。温泉街の素朴な町並みや北信五岳が一望。
IMG_1193改
下に降りるにしたがって次第に晴れてくる。
IMG_1196改
途中から直滑降しないと、登りきれないところがある。どこから直滑降するか。
IMG_1198sdf.jpg
気分良く下まで降りてレストランを探したが、どこも一杯。
やむなく再び長坂ゴンドラに乗り、上まで行き、上のレストランで食事。
晴れてきたので、長老のMzさんがシュナイダーコースを行こうと言う。傾斜がきつくぼこぼこらしい。リーダーのHnさんが行くのですかと念を押すが、Mzさんは行きたいと主張。長老が言う事だから従うしかないが私の本音は行きたくない。こぶは苦手。
上の平ゲレンデをたらたら降りて、パラダイスゲレンデを降りる。
IMG_1215wer.jpg
いよいよシュナイダーコースに入る。
全長1500m、最大斜度32度、高低差375mの超ハードバーン。
IMG_1218asdad.jpg
最初は良かったが、一度転んで深雪に脚を足られ、立ち上がるのに脚力を使ってしまい。それからは後傾でこてんこてん。長老Mzさんは無論、もう一人の長老のTwさんにも追い抜かれる。Mn夫人が下をスイスイ降りていく眺める。やっとびりで到着。最後にまた転んでしまい、大変ですねえと慰められる。
IMG_1222sdfr.jpg
ところがまだ一人後がいた。ベテランのIkさん。何時もの滑りではない。転ぶと立ち上がるのに苦労している。最初はどうしたんだろうと眺めていた仲間たちも不安になり、リーダーのHnさんや元気なKwさんが登りだす。Mnさんや長老のMzさんまで登りだす。こちらは脚力を使い果たし眺めるだけ。
左のほうではボーダーが雪に埋まって悪戦苦闘している。
やっとIkさんが降りてくる。呼吸困難になったようだ。皆が心配して、診療所に行くように薦めるが、下に降りて呼吸が落ちついたIkさんは直ったと行こうとはしない。何度も説得したが、段々元気になってきて、結局様子見になる。少しほっとする。

天気が良いので再び頂上を目指す。
日影ゴンドラリフトに乗って、上の平駅。そこから上の平フォーに乗り、更にやまびこ第二フォーに乗り、滑り降りる。やまびこフォーに乗って頂上に着く。
IMG_1227gfd.jpg
やまびこゲレンデの5つのコースを滑る。最大傾斜35度。
IMG_1228sda.jpg
再びスカイラインコースを降りる。
良く滑った。

外湯に入りに行く。
一番人気の大湯。
「野沢温泉のシンボルとも言える大湯は温泉街の中心にあり、外湯の中でも一番大きく、立派な湯屋建築です。この外湯は最近建て替えられたそうですが、以前の大湯のイメージを壊すことなく、改築したのだそうです。」
湯は熱いのとぬるいのとある。熱いほうに入る。うーん熱い、気持ち良い。長く入ってるのはきつい。混雑。外人もいる。

帰ってから、食事。
慶応の学生達が隣にいる。実に礼儀正しい。食後、食器を整理してしまっている。先生が一人ついているが和気藹々。気持ち良い若者達。先輩として鼻が高い。
部屋に戻って酒盛り。
昔に比べて酒量が激減したとか。
長老Mzさんはあまり飲まない。こぶ斜面にチャレンジしているようで、Hmさんにこぶ斜面の滑り方を聞いている。
Hmさんは指導員に付いて検定試験に臨んでいる。コーラスをしていたらしいが、今はクラリネットに挑戦。
長老Twさんは酒量が衰えていない。一番飲んでる。画家で、Mn夫人と絵の話をしている。
Mnさんは、スキーも山も一緒している。クルージングに目覚めたのはMnさんのお陰。
Tnさんは、スキーは二年ぶり。まだ本調子でないという。華麗な滑り。写真、コーラスが趣味。
Hnさんは、この会の幹事。実に面倒見が良い。サンアントンで滑ってきたばかり。
Kwさんは、新雪、こぶ斜面大好き。元気一杯。
Ikさんは、スキー場の情報が豊富。何時も最後尾で皆をサポート。
Otさんは、何時も先陣を切る。

時間を早々に切り上げて休む。栂池では飲みすぎ、睡眠不足で大変だったので、取り戻したい。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR