FC2ブログ

2011-01

Latest Entries

栂池

7時過ぎに起こされる。
同室は、Ibさん、Iwさん、NsさんのIw車同乗組。

7時半の食事にねむねむ出かける。
昨日から滑っている最長老のTmさん、Tnさん、Ngさん、Mmご夫妻、年休とって早く来たArさん、Ycさんがいる。
他に会長のUjさん、昨夜の宴会組のMnさん、Szさん、Kkさん、Ouさん、常連組のYgさん、Ktさん、Bnさん、久しぶりのNmさん、Miさん、女性のNdさん、初参加の二人。

9時にゲレンデ集合。雪が降っており、風、ガスもかかっており、コンディションは良くない。
IMG_1121sdfsdf.jpg
シニアの二日券を買う。
全員揃ったところで集合写真。遅れた人もいる。

第3ロマンスリフトに載って、鐘の鳴る丘ゲレンデを通過。
スカイライナーⅣゲレンデに乗り、鐘の鳴る丘第二ゲレンデで足慣らし。雪質は良い。
はんの木第3クワッドリフトに乗り、はんの木ゲレンデを滑る。まだ滑りが浅いNgさんは別行動したが、後は全員一緒に滑る。23名揃って滑るのは壮観。
はんの木ゲレンデを二本滑った後、はんの木第3クワッドリフト、はんの木高速ペアリフトと乗り継いで、カフェテリア栂の森で小休止。
直ぐに、栂第2ペアリフトに乗る。栂の森ゲレンデに行くと思ったら、馬の背に行くと言う。
止めようかと思ったが、大部分がチャレンジするようなのでしぶしぶ向かう。Mm夫妻は昨日滑ったようで、雪が柔らかいから楽ですよと言う。
とは言っても「馬の背中のような狭い尾根上に設けられた、栂池名物の難コース。最大斜度32度もの急斜面に、人の姿がかくれるほどの大きなコブが連続。モ-グルスキーの腕を磨くのに最適です。」と言った難コース。
雪は柔らかいがコブは形成されつつある。見通しは悪くギャップが見えにくい。
最初はリズムに乗れたが段々、後傾気味になり踏ん張ると腿が痛い。後少しでコブが終るというところで滑り終わったIbさんが止まってこちらを見てる。後傾過ぎるのを建て直そうとしたら見事に転倒してしまった。見てなかったらあのまま最後まで滑りきれたのに残念。後でIbさんに調子よく滑ってるなと思った途端にこけましたねと言われる。ぐやじい。
下から見る馬の背。
IMG_1127hkjhkj.jpg
白樺ゲレンデを滑り降り、白樺クワッドに乗り、何本か白樺ゲレンデを滑る。「中級者に1番人気のゲレンデです。コブの少ない整備されたバーン、平均斜度18度と高速パラレルターンに向いたほどほどの斜度。FISのスーパーG公認コースともなっています。」
白樺ゲレンデ。雪が降っており、寒い。指先がしびれる。-15℃。
IMG_1128fhgfgh.jpg
そろそろ昼飯にしようと下へ降りる。ゴンドラの乗り場近くまで降りて、お好み焼き「呑気」に入る。席が一杯かもしれないとSzさんが言うので二手に分かれる。実際はがらがらだった。
一緒の席に、Ibさん、Iwさん、Nsさん、Ouさん、Szさんと座る。後で考えるとこの席はまずかった。Mm夫妻とTnさんの席にすれば良かった。
大食かんのSzさんが焼肉を次々と頼む。ビールで乾杯。のんべぞろいなのでビール二杯頼むのもいるが物足りなく日本酒を頼む。1・5合瓶の熱燗。これが美味くてスイスイ入る。スキー談義が主体だが、話は弾んで夜の宴会みたいになってくる。
お好み焼きを食べようと、ベテランのSzさんと全くお好み焼きの経験のないOuさんが作る。こねているうちから手つきが違う。Ouさんは手つきが危なっかしくて力が入っていない。Szさんがもう良いだろうと鉄板の上に形を整えて流す。Ouさんもいまだしの感だが、まあいいかと鉄板の上に置く。形が定まらない。
Sz作品はひっくり返しても綺麗に形を保っているが、Ouさんのはひっくり返したら飛び散ってしまう。
手前がSz製、後ろがOu製。
IMG_1133ertetr.jpg
同じ材料なのに、食べてみると味が全く違う。Sz製はお好み焼き。Ou製は奇妙な味だが、強いて言えば野菜炒め。
それでも残すことなく食べきる。Ouさんは物怖じしないから大物だ。真面目な好青年が白酔会に入って、「一見」真面目そうな好青年に変わった。
お銚子は8本くらい飲んでしまう。完全に酔った。考えてみたら、20歳以上年下と一緒に飲み食いするのが無理。
スキー靴を履くためにかがんだら、前につんのめりそうになる。スキーを担ぐとふらつく。Mm夫人から飲酒運転は禁止ですよと言われてしまう。酔ってしまった。
チャンピオンゲレンデに行くと言うので、ええっと思ったが、やむなくついて行く。
(どこかでゴンドラに乗って、はんの木ゲレンデを途中で横切り、白樺ゲレンデを滑り降りたが、昼飯前だったか後だったか、怪しい。)
栂池中央トリプル、チャンピオンクワッドを乗り継いでチャンピオンゲレンデで滑る。「平均斜度26度と手強い斜面ですが、幅の広い一枚バーンのためスピードの怖さを感じさせません。コブもほどほどのサイズで、パラレルターンでも何とかOK!の中上級者向け。」
IMG_1138fdgf.jpg
下が見えにくいのと、少し荒れているのと、酔っているのとで思うようにスキーに乗れない。横から可愛いボーダーが来たなと思ったら、避けても避けても横についてこられて、とうとう接触して転倒。すみませーんと謝られたが、怪我しなくて良かった。
これ以上滑ると怪我しそうだと、NsさんとOuさんと一緒に引き上げる。
帰り道は、やけに歩いたが、何とか宿にたどり着く。

疲れた。風呂に入ってひっくり返る。
休んでいたら、眠ってしまう。食事の時間に目覚める。
食事は、麦酒で乾杯。食事の後に、白酔会恒例の反省会?がある。

飲み会が始まる。昼間から飲んでいるので、一日中飲んでいる感じ。まさに白酔状態。
幹事のMnさんの司会で始まる。名幹事のお陰でこの会が続いている。数年前から百名山を目指す。私とは10歳と1日下。随分長い付き合いになった。
新人の紹介。
Ngさん。スキー経験が浅いが、万座も一緒した。運動神経が良いので数年で追い越されるだろう。
Hdさん、最若手。偶然参加したようだが、引き続いて参加して欲しい。確かショートスキー。
Trさん、女性スキーヤー。我流と言うが上手い。小さい時から滑っているようで安定している。
最長老のTmさんは喜寿を超えている。大会社の社長、会長を務めた後、画伯になる。海外スキーにも何回か一緒した。
会長のUjさんは、白酔会の名付け親。創立時はテニス部とスキー部の合同だった。30年以上の歴史があるが、白酔会となったのは十数年前。白酔会になってからのんべ集団になったような気がする。
愛知組幹事のSzさんは布袋さんのようなお腹を抱えながら、身体は柔らかいし体力もある。海外スキーの経験も豊富。
Tnさんは、高校の同級生。万座でも一緒した。来年はサンアントンで一緒する。スキーは楽しくてしょうがないと体で表現してる。
Mmさんは、ご夫婦で参加。Mmさんはちょっかり、すっとばし派。奥さんは綺麗に板に乗る華麗派。スキーも山もゴルフも良く一緒する。
Arさん、Ydさんは、Mmさんに誘われて参加するようになってから、常連。金曜は年休を取ってやってくる。かなり上手いが、忙しくてなかなか滑れないようだ。
Ntさんはスキーは相当なもの。あまり滑る時間がないようで若干体力的に不満みたい。
Miさんは、久しぶりに参加。大病を克服し、久しぶりのMi節をずっと語り続ける。病をしてから命の恩人の奥さんに頭が上がらず。
Ygさんは、忙しくて体力つくりする間がないみたい。何時も直ぐに休んでくれるので助かる。今回は事前に鍛えてきたみたいで、期待を少し裏切ってあまり休まない。
Ktさんは、ずっと以前、凍った道路でスリップし、崖下に転落しそうになったことがある。その時に私も乗っていて、あっ落ちると思い、明日の新聞に載っちゃうなあと。
Bnさんはお酒が飲めない。以前はショートスキーだったが今はスキーヤー。
Ndさんは、数年前から常連になってくれた女性。見違えるように上手くなった。
Kkさん、ジム通いをしており、体力抜群。女性に優しいので、初心者の女性指導向き。
Ibさん、初めて一緒だった時は、何てかっこいいんだろうと思った。今もかっこいいがおじさん化しつつある。仕事は超忙しくて、白酔会と後一回くらいしか行けない。
Iwさん、スキーも山も一緒してもらっている。スキーも山も早い。体力抜群。腰を悪くした時は、私のせいかと少し反省したが、今はすっかり回復。
Nsさん、好青年。独身。世の女性は見る目がない。何とか結婚させたい一人。
Ouさん、超真面目そうな好青年。白酔会、YY会と参加するようになって少し正しく汚れてきた。

朦朧としてきたので宴は続いていたが就眠。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR