FC2ブログ

2010-12

Latest Entries

クリスマス・スペシャル・クラシックス

ヒルズサンピア山形での朝食後、山形駅まで送って貰う。Icさん、Inさん、Siさんとお別れ。3人は後2日滑る。Icさん、Inさんとは年明けに再び、蔵王で一緒する。

山形駅のホームは雪が積もっており、寒い。
IMG_0848sadasd.jpg

帰着後、あわただしく東京国際フォーラムに出かける。Sさんとは、会場で一緒になる。
国際フォーラムの周辺は、クリスマスのイルミネーションが綺麗で、屋台も出ており、若者がそぞろ歩きしている。
会場は、A会場なのでかなり広い。うろうろしてたらSさんが手招きしていたので、そちらに向かう。
Sさんの映画評論仲間のImさんがチケットを手に入れてくれた。Imさんは友人のStさんと一緒に来ている。
「クリスマス・スペシャル・クラシックス ~メサイア、第九&アヴェ・マリア~」。
曲目
ワーグナー 「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第一幕への前奏曲
マスカーニ 「カヴァレリア・ルスティカーナ」より間奏曲
ヴェルディ 「運命の力」序曲
      「ナブッコ」より"行け、わが思いよ、黄金の翼に乗って"
      「椿姫」より“乾杯の歌”
      「アイーダ」より"凱旋行進曲" 
ヘンデル  「メサイア」より“ハレルヤ・コーラス”
モーツァルト アヴェ・ヴェルム・コルプス
シューベルト アヴェ・マリア
ベートーヴェン 交響曲第9番より第4楽章“歓喜の歌”

演奏: レニングラード国立歌劇場管弦楽団  東京ニューシティ管弦楽団 
指揮: ヴァレンティン・ボグダーノフ
合唱指揮: 松下 耕 
合唱: The Metropolitan Chorus of Tokyo
ソリスト:
  リトケ(ソプラノ)
  ミロノワ(ソプラノ)
  ピンチューク(アルト)
  カルポフ(テノール)
  マトヴェーエフ(バス)

聞きなれた曲ばかりで、楽しく鑑賞。フルオーケストラは迫力がある。
ソプラノの歌姫の声は素晴しい。オペラグラスを忘れたので顔が良く見えない。Sさんはおばさんだから見えなくて丁度良いのよとのたまう。後で写真を見たらおばさんでもなかった。テノールのカルポフは口元だけ見ていた。
The Metropolitan Chorus of Tokyo は松下耕が音楽監督・常任指揮者をつとめる合唱団からなるグループの総称「耕友会」の合唱団。松下耕が指揮するのかなと思ったら、出番はなく挨拶だけだった。
スキー帰りだったので、疲れて寝てしまうかと心配したが、しっかり起きて楽しんだ。

終わってから、Imさん、Stさんと一緒に食事とお茶。3人は既に食事が済んでいるが、私はまだだったのでしっかり食事する。地中海クルーズの大嵐がもっぱらの話題になる。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR