FC2ブログ

2010-12

Latest Entries

9日目 大暴風、大波

9日目 大暴風、大波。
午前2時15分、突然の大揺れ。電話台がすっ飛ぶ。電気が一斉につく。ベッドが窓とクロークの間をぶつかって前後に動く。Sさんが起き上がろうとして、床に足を付けたら、滑ってベッドから落ちる。ドアに向かって滑っていく。危ないと思うが一瞬の事。揺れ戻しで、再びこちらに滑ってきた時、ひょいとベッドに飛び乗る。後はベッドにしがみつく。ベッドは前後に大きく移動する。棚に入っていた食器やグラスが一斉に落ちる。化粧室の棚のものは全て落ちる。TVが落ちてくる。Sさんが落ちたままだったらぶつかって怪我をしたところだ。
最大の揺れは数回だったが、大揺れは依然として続く。窓の外は、波が窓にぶつかるくらいの揺れ。大波が下がると次はぐぐっとせりあがってくる。後で聞いたら、13階まで波が届いたそうだ。私の階は3階だから、その時は波の底だったに違いない。
大揺れで、緊張したせいか、船酔いには全くならず、かえって冷静。物が良く見える。

しばらくして、ベッドメイクのおばさんが大丈夫かと見回りにやって来る。まだ大揺れしている中、廻っている。
こちらもTVを棚に上げる。コードが切れている。
IMG_0201rtyrt.jpg
船長のメッセージが何度となく入る。アレクサンドリア港に航行中、気象予報から予測した以上の激しい風と荒波を受け船が大きく傾いた。船長も11年間クルーズをしているが、初めての経験と言う。
アレキサンドリア港は、避難船で一杯で、入港できず周回して待っている。
Okさんから電話が入る。怪我人が出たという。Ygさんは腕を骨折、Kd夫人は眼の下を打撲。
落ちついてきたら、凄いことになったと言う実感が湧いてくる。
窓の外は、大波。
IMG_0203fghfgh.jpg
Sさんは波に強く、ずっと外を見ている。
私は大揺れの中、眠くて眠ってしまう。

朝、Sさんは11階のビュッフェがやってるか見に行くと言う。私は食欲がないからパス。
エレベーターが止まっているのに、Sさんは揺れの中、11階まで階段で上がってビュッフェに行ったが、締まっていたとの事。ガラスが割れてあちこち大変と報告。

ベッドメーキングのおばさんがやってきて、一晩中寝てないので、疲れたと目の下に隈を作っている。ベッドカバーの替えがもうないというので、夜のメーキングは入らないと断わる。

やっと4階のメインダイニングが空いたので出かける。
あちこち散乱している。クリスマスツリーは倒れている。サンタは倒れて壊れている。
IMG_0207hgjghj.jpg
飾りも掃除しつつあるが、倒れたり無残。
IMG_0208jkhkjh.jpg
バイキングスタイルで食事。
凄い行列。待ち時間が延々と続くがスタッフが賢明に説明するのでクレームはつかない。
IMG_0213sdfsdf.jpg

隣の二人のご婦人は、救命具をつけて震えていたという。Hsさんはベッドから落ちて、腰を打った。

まだ揺れは続いているが、全体がどうなっているか、観察に出かける。
船が飾ってあるガラスが割れている。
IMG_0209jkhhjk.jpg
ガラス類や、食器類はひびが入っても破片が飛び散らないようになっている。

窓の外は大揺れが続いている。
IMG_0211ghjghj.jpg
6階のチェアで休んだら、Sさんはぐっすり寝込んでしまう。大揺れの後、寝なかったので疲れが出たのだろう。

パリが零度の寒波に襲われ、それが南下して来て、暖かい空気とぶつかり台風並になったようだ。風速129km/hと大型台風。

昼食、夕食ともビュッフェスタイル。冷たいものばかり。
WtさんとHgさんは学校友達。Wtさんはスキー、ゴルフ、ダンス、水泳と活動的。Hgさんは衣装、宝石に凝っている。転んで怪我をして、手術したばかりで杖を突いているが、気丈。

夜のショーは臨時の開催。
揺れているので、3人の歌手。フィリピーナの男女と長身の白人男性。
IMG_0217asdasd.jpg
IMG_0219sdasda.jpg
女性の歌声は素晴しかった。揺れているので途中で裸足になって歌う。
観客はさすがに少ない。

ついにアレキサンドリア港に入れず、マルタに向かう。
エジプト、ピラミッドが夢と費え去った。



スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR