FC2ブログ

2010-11

Latest Entries

武蔵村山CC

高校時代の仲間とゴルフ。
Szさんから何度も誘われたが日程が合わず断わっていたが、やっと実現。
Mkさんの車に乗せてもらう。渋谷の待ち合わせ場所を間違えて、電話で指示を受ける。何度も同じ場所で待ち合わせしたのに、反対側に降りてしまった。お巡りさんに聞いてやっとたどり着く。

車中、慶応の野球談義。来シーズンは、期待できそう。Mkさんはラクビーも慶応の応援に行っており、大変。
慶大野球部江藤監督講演のDVDを貰う。

武蔵村山ゴルフ場に到着。
セットしてくれたSzさんに挨拶。Tnさんもアプローチの練習をしている。
アプローチの練習場があるのは嬉しい。このアプローチの練習で、悪い癖を修正。
キャディ付きなので最初に廻るコースだが安心。
Tnさんは先週、同じコースで廻っている。
最終ホールはこの池越え。
IMG_9487asdasd.jpg
始まる。長いがトリッキーではない。
Ykさんから教わった左肩を入れるを繰り返す。ようやくコツが掴めてミスショットが減る。
前半、ショートで崩れてこれまでと思ったが、その後持ち直す。
ショットとアプローチが珍しく良い。
Szさんは、ゴルフとテニスが中心の生活をしてるから、パンチショットが確実。海外までゴルフに行っている。
Mkさんは、長身だがバックスウィングが小さく安定している。このところ進歩がないと言うが、まずまず。
Tnさんは独特のフォーム。あれで良く打てると思うが身体が柔らかいので打てるのだろう。絵筆を取る。
どんぐり。時々コツンと落ちる。日向は暖かいが日陰に入ると寒い。
IMG_9489hfgfhg.jpg
前半は、珍しく崩れず。
Ykさん指導の左肩を入れるが、3ラウンド目でようやく身についた。
何時も惨敗しているMkさん、Tnさんを上回る。Tnさんはバンカーで大叩きしたのが響いた。

昼食は、Szさん、Tnさんが麦酒を飲むのを見ながらぐっと我慢。
後半は、前半ほどではないが大崩はない。
山茶花。
IMG_9494fdssdf.jpg
紅葉。
IMG_9496fgddfg.jpg
池越え。
IMG_9497xcvxcv.jpg
池には珍しく落ちなかった。ショットは疲れて飛ばなくなったが、最後まで安定していた。
天気は良かったが、急速に寒くなってくる。前半はコンペが入っていて時間がかかったが、後半は待ちはほとんどない。
珍しくTnさんを上回り、Mkさんと並んだ。Szさんから、上達したなあと褒められるが、たまたま。つい3日前の水戸レイクスは、最悪だった。
今年最後のラウンドが上出来で気持ちが良い。Ykさんの指導がやっと身についたが、4月までゴルフはないので、忘れてしまいそう。だが、ゴルフをまたやりたくなった。現金なものだ。

Tnさんとは12月の万座スキーで一緒する。Mkさんは3月に明治神宮近辺の穴場を教えてくれると約束。Szさんは世話人なのでまた会えるだろう。

帰りも、Mkさんの車。談笑が楽しい。
スポンサーサイト



おにかけ会

でんごんばんのコピーに出かける。
近所の菊。
IMG_9479sdfsdf.jpg
紅葉した蔦。
IMG_9480asdsad.jpg
ドウダンツツジ。
IMG_9481sdffds.jpg

コンビニのコピー機を使う。
A3の裏表のコピーは何時も間違える。手順を書いてメモしておけば良いが成功するとほっとして、メモするのを忘れる。家を出るときに頭の中で裏表と順番を考えてA4を並べて考えておく。
A3の表は上手くいって、55枚コピーして、それをA3の用紙入れを引き出して、入れる。裏側のコピー、うっかりすると表裏を間違える。今回も確認のための一枚で間違いが分かり、ひっくり返す。
55枚を裏表2回、各3枚と片側コピー1枚をするには、かなりコピー機を占有する。385コピー。なるべく客のいない時を狙うが、学生が多いので、コピーしている間に次の人が来る場合が多い。コピーが1枚の場合は、先にやってもらうが、多い場合は待ってもらう。今回も女子大生が、1枚コピーだったので譲る。

帰ってから、今度は、用紙折、ホチキス止め。こういう単調な仕事は、苦手。直ぐに腰は痛くなるし肩が凝る。
最後のA3片面で、コピーの裏表を間違えたのに気が付く。55枚コピーしなおすのももったいないので、ホチキスで袋とじにしてごまかす。
次に名前を記入して終り。
手際が悪いので半日以上かかってしまう。前広報のTtさんやTwさんは何年も一人で良くやってきたものだと今更ながら感心する。記事集めと、編集、冊子作成と三段階あるが、冊子作成が一番苦手。

新橋のおにかけ会に出かける。
駅の出る場所を間違えて、ぐるぐる廻ってしまう。以前、たどり着けなくて、迎えに来て貰った事がある。何とか自力でたどり着く。
Kmさんが都合が悪くて欠席なので、Wtさん、Oyさん、Aoさん。
Aoさんは少し遅れる。
Wtさんは、四国のお遍路を廻ってから、お寺巡りに凝って、4年間で500寺廻る。年間200日以上、お寺に参拝する。その記録も凄い。歴史や仏像、お寺さん、歩いた距離、日時と克明に写真入で記録している。資料を見たが、飲み会で片手間に見れるものではない。発表すれば貴重な財産。1000寺になるまで公表しないそうだ。仏教の造詣も深い。
Oyさんは、忙しくてジムに行ってなかったら、太ったという。ゴルフは50回以上している。一ヶ月間ゴルフを歩きにしたら、3、4k減ったという。見た感じは、相変わらずスマートでダンディ。愛知のほうのお寺めぐりをしている。
Aoさんは、風邪を引いたみたいで、飲まないと言っていたが、途中から熱燗をがんがん飲みだす。まだ働いており、いろんな人と会っている。
コーラスをWtさん、Aoさんは聞きに来てくれた。上手くなったという。続くとは思ってなかったみたいで、不思議がる。俳句も続いていると言ったら、驚く。もっとあきっぽいと思ってたな。
魚が美味い。すっかり良い気持ちになる。あっと言う間に2時間半以上たってしまう。Aoさんが風邪を引いているので早めに切り上げようと言ってくれたので助かる。
また半年後にKmさんを入れてやろうと言って別れる。

でんごんばん

庭のザクロの一種。よく咲いている。
IMG_9474adsads.jpg
ハナキリン(花麒麟)。
IMG_9475das.jpg
クレマチスが間違って咲く。
IMG_9476asd.jpg

水曜会の機関紙12月号の編集。
Htさんの「薬よもやま話ー化粧品とはー」の改訂版が送られてきた。連載してくれるので助かる。内容も皆の興味を引いてる。一頁増えたので、編集しなおす。
裏表紙に、1989年12月の「伝言板」を復刻させようとしたが、次回に回す。
Mtさんのテナログの最新版を入れる。
Hmさんに貰った日程表を追加修正。
今回は、新入団のFn夫妻「出会いとご縁」、Fjさんの「歌ってやめられないのですね」、Stさんの「テナーのStでございます」の記事がある。
Adさんが早々と書いてくれた力作、夏の函館旅行「ようこそ僕のまちへ」。
記事集めに苦労はしなかった。
最後に、役員会の報告と編集後記を入れる。
イラストは来年の干支の兎とコーラスを主体。これに時間をかけすぎると切りがない。
終った。印刷してチェック。ミスを見つけて修正。原版の印刷が終る。コピーは明日にしよう。

旅行のパンフレットを見る。
Sさんは洋服のファンションショー。
どちらが良いかと聞かれるがどちらも素晴しい。

水戸レイクスCC

朝、Syさんが迎えに来てくれる。
車中、いろいろ話が出来て楽しかった。

水戸レイクスCC。亡くなったTdさんの別荘が近く、ゴルフの後、Td邸で懇親会をした。今年の5月のことだが、はるか昔のような気がする。
何時も蕎麦打ちを食べさせてくれたKgさんが今年は蕎麦の出来が悪いのか新蕎麦が手に入りにくく、蕎麦打ちできなかったのですみませんと言う。
Nhさんが昨夜の会食に急に仕事が入って出られなくすみませんと言う。
Isさんに、品川の会の確認を頼む。ゴルフは進歩しないと言うから、こちらは退歩してると答える。
Akさんはゴルフ新興国で、熱心に練習している。
初参加のHyさんに挨拶。
Shさんは風邪が直ってないのに、この会をセットして参加してくれた。感謝。

一組目は、Syさん、Kgさん、Akさん、私。2組目は、Shさん、Isさん、Nhさん、Hyさん。
ここにTdさんがいないのが寂しい。
レイクスと言うだけあって池が多い。
IMG_9461fghhg.jpg
プレーが始まる。
IMG_9465yty.jpg
フェアウェイが酷い状態で、芝がない。砂やら泥がむき出しになっている。以前は、こんなことはなかった。夏の暑さにやられたんだろうとKgさんが言う。動かしても良いですよと言うが、動かしても芝がない。
逆境に弱いので、気にしていたら、フェアウェイウッドが当たらない。アプローチも駄目。
グリーンも手入れが悪い。
Nhさんが民事再生法の適用を申請してると言う。そのせいで手入れが疎かなのかな。お客は多いが。
散々で前半終る。
悪い環境でも、Kgさんはがんがん飛ばし、しっかりまとめてスコアは良い。
Syさんは、このところゴルフはしてないと言うので、時々乱れるがまずまず。
Akさんは、尻上がりに良くなってきた研究熱心でKgさんのアドバイスを受ける。

シロダモ(白だも)の実?
IMG_9466dsaasd.jpg
後半も池越えが多い。
IMG_9471uyu.jpg
大きな池もある。
IMG_9470gfdfgd.jpg
後半も立て治らず。
Akさんは格段の進歩。
KgさんはAkさんを教えながらも、スコアをまとめる。
Syさんはよく飛ぶが、乱れる。

今年最悪のスコア。
枝垂れ紅葉が紅葉して散ってるが、こんな心境。
IMG_9473dfggdf.jpg
Syさんはこの後、会食があると帰る。
風呂に入って、散会。スコアは散々だが、楽しかった。
帰りは、Isさんに送って貰う。車中で近況を聞く。山に随分登っているようだ。極彩色に入ったばかりだが、もう忙しくて時間がないと言う。仲間が財産と嬉しいことを言う。

勝田

庭のヤツデ(八手)。
IMG_9447zxzx.jpg
台湾連翹の実。
IMG_9450asddas.jpg

勝田に出かける。
途中、JRが人身事故で遅れており、上野で特急に乗りそこなうところだった。
勝田駅で、タクシーに乗ったら行き先の会社の名前を言っても分からず、側の運転手に聞いてもらう。こんなことは初めて。
守衛に名前を告げたら、伝わっていて、玄関に向かう。
Shさんが迎えに出ている。
席で、Skさんと一緒に、会社の状況説明を受ける。厳しいが何とか頑張ってるようで嬉しい。
工場見学。**さんに案内してもらう。
ラインがせいせいと流れているのを始めてみる。半年前は、事故対策で止まっていたし、その一年前は、ラインが流れてなかった。
活気のある製造職場を見るのは嬉しい。
図面レスのシステムで作業を具体的に指示してるのも、説明を充分にしてもらう。
現場が整然としていて、気持ちが良い。
1時間位たっぷり工場見学。

終わってから、Shさんに職場を案内して貰う。2年しか在籍しなかったが、知った顔がかなりいる。
Ksさん、Asさん、Kgさん、Tgさん、Onさん、Syさん、Kdさんなど。懐かしい女性にも挨拶。

懇親会に出かける。
Shさん、Syさん、Akさんと一緒。何時もと違う店。Syさんが開拓した店。
まず麦酒で乾杯。焼肉やだが、魚料理が美味い。
竹筒に入った日本酒が美味い。店の了解を貰っていると、Syさんが持ち込んだ日本酒がめちゃうま。
飲みすぎに注意と思いながら、つい手が出る。チーズの盛り合わせが絶品。花びらのようなチーズが美味い。
会社の近況から、政治、経済の話まで多岐。
Akさんの結石の激痛の話。お産より軽いと奥さんに言われたとか。
社友クラブで話した話をする。Sさんが話題になる。
Shさんは風邪が抜けないと言いつつ最後まで付き合ってくれた。会社のナンバー2は気苦労が絶えないだろう。
すっかり気持ち良く酔ってしまって、時間の経過が分からなくなるが、明日はゴルフなので切り上げる。

ホテルのお風呂は、温泉。温泉の湯が出る蛇口がある。温泉につかってから就眠。

西東京の会

庭のヤブラン(藪蘭)。
IMG_944sdfre1.jpg
ヤブコウジ(藪柑子)。
IMG_9442fgdfg.jpg
千両。
IMG_9444fghghf.jpg
万両。
IMG_9445dfgfd.jpg
IMG_9448dsfdfs.jpg
ピラカンサ。
IMG_9449dsfsdf.jpg

大門句会勉強会の結果が三四郎さんから送られてくる。
「をり」「なり」「たり」の使い分けの勉強。
夜鷹蕎麦歯抜けし友と語るなり 光
朴落葉奈良の余韻を残したり  光
⇒夜鷹蕎麦の句、「歯抜けし」がユーモアがあって面白いのですが言い方が窮屈。いっそ「語るなり」を省略して「となりの友は歯抜けなり」「友の歯二本抜けてをり」とか歯が抜けていることだけにしたらどうか。
朴落葉の句、何に奈良の余韻が残っているのかわからない。記念に持って帰った落葉ですか?

玉子酒とろり甘くに作るなり  遊介
⇒「なり」が適切に使われています。

小春空老犬抱いて歩きをり  馬空
⇒小春の句、おだやかな気分が出ています。

渡り鳥同じ古巣にもどりたり  あかね
⇒こんなことがあるのかなとも思いますが、「たり」が適切ですね。

メロンパン冬日を浴びて並びたり  勝山
⇒パン屋の店先でしょうか。斜めから差し込む日差しがいかにも冬ですね。

牡蠣船の灯り川面にゆれてをり  三四郎
鹿鍋の煮えて大峰暮れるなり  三四郎

知識が増えるほど奥が深い。

今年最後の西東京の会に出かける。
品川の「絵芙」は最後の勤務地、品川時代に、仲間との懇親に使った。そこを始めて設定したので、気に入ってもらえるかいささか、緊張気味。早めの到着。
ご主人は私のことを覚えてくれていたし、お嬢さんも覚えていた。この店はSzさんに教えてもらったが、ご主人と娘さんの雰囲気が好きでよく使った。
11席用意してもらったが、Mtさんが来るかどうか不明だったので、ご主人には10席になるかもと伝える。席は、トイレに行きやすいようにと真ん中が開いていたが、くっつけてもらう。何時ものスタイル。
赤ワインは常温かと聞いたら、常温と冷やしてあるのとあると言うので、常温にして欲しいと頼む。予算を伝えて、この範囲に納まるように頼む。超えそうになったら教えてくれと頼む。
早々とFjさんが来る。続いてTwさん。Mtさんが早々と来たので良かったと思う。Ydさん、Oyさんが来たあたりで、麦酒で乾杯。料理は、女性に頼む。Twさんに頼んでもらう。Wtさんが現れる。
通夜に行っていた、Tzさんが現れてほっとする。もうこれからはTz事務局長にお任せ。
Hmさん、Ttさん、Smさんが来る。最後に仕事の関係で分からないと言っていたMrさんが来たので席を追加する。
12名参加。良かった。
お店の評判が気になる。Ydさんがご主人とお酒の話をしている。値段が良心的だという。かつなかなかお目にかかれない何とかと言う焼酎があるという。良かった。Ydさんが気に入れば一安心。赤ワインも美味いし。
中華主体だが、バラエティに富んでいる料理も美味しいという声があちこちで聞こえる。その声が聞こえると、話の途中でもにやっとしてしまう。
コーラスの仲間だと言ったら、ピアノを使っても良いという。土日は休みなので、練習に使ったらと言ってくれる。テナーのパートリーダーのMtさんにパー練、ここでやろうよと言う。娘さんが練習の終った後に、食事してもらえば鍵をあけに来るという。
更にHmさんに頼んでいる新年会もここでやらないかと持ちかける。40人位いれば貸切に出来ると言うが、とりあえず人数が分からないので、使うと仮予約だけする。
良かった。気楽になって、話に戻る。側にTwさん、Tzさん、Oyさん、Fjさん、Mrさんがいる。歌の話や、水曜会の話、何でも愉快に話す。2時間半以上いて、ひっきりなしに話を聞いたり話したりしたが、楽しいことしか覚えていない。Hmさんの入院に見舞いに行くと言って、Ttさんに止められたような。Tzさんと一緒に行こうと言ったような。FjさんにSさんの自慢話をしたような。Ydさんがお酒を連日飲んでいるので奥さんに怒られそうだと言ったような。Mrさんの逆単身の話をしたような。2年しか勤務してない仲間から明日呼ばれるんだと自慢したみたい。
Oyさんが気を使って、料理を個人別の皿に盛ってくれていた。TwさんがTzさんが来たらほっとしたわねと言われる。遠くに座っているSmさんに風邪うつされたと言う。Wtさんのガハハが時々流れてくる。次回は、Hmさんの快気祝いをすると騒いだみたい。

終った。二次会に流れたようだが、明日は勝田なので流れに加わらず。
楽しかった。



大失敗

風邪薬を貰いに出かける。
近所の紅葉した蔦。
IMG_9437sdffds.jpg
クロガネモチ(黒鉄黐)の実。
IMG_9438hgjhjg.jpg
ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)の実?
IMG_9440hjgjgh.jpg

帰ってきて、歌の練習やら、でんごんばんの編集をする。
メールを見たら仰天。
Mnさんから「七福の会、待っていたけど来ませんでしたね」と連絡。あっと驚く。日にちを一日間違えていた。昨日、休日にくろがね杯ゴルフをしたので、曜日が狂い七福の会は明日だと、勘違いした。ノートにはきちんと書いてあるし、おまけにTrさんとDmさんには確認のメールまでした。大先輩のHt幹事や皆様に謝りのメールを入れる。おまけに私のつたない話を聞きに、Htさん、Nuさん、Dmさん、Mnさんとこの会から4名も来て貰ってお礼を言うはずだった。
Htさん、Nuさん、Ssさん、Tsさんからは、多分そうだろうと思ったなどと返信メールが来たが、全く、どうしようもない。まだぼける年ではないのになあ。これからは気をつけよう。

水曜会。
先週は風邪でドタキャン。Ydさんも風邪で休んだようだ。
机並べは、Ydさん、Fjさん、Icさん。キーボード設置はMtさん。準備はHmマネージャーが一番忙しい。
Ttさんが眼帯で現れる。目が充血して見苦しいので眼帯をしたと言う。すかさずFjさんがTtさんは何をしても美しいですよと言う。さすが*男。こうは咄嗟に言葉が出ない。
Gtさんに住所録の予備を渡す。 Tzさんが明日の西東京の会は通夜で少し遅れるという。 Htさんにでんごんばんの連載記事「薬よもやま話ー化粧品とは」に変更があるなら早く欲しいとせっつく。Htさんは原稿を会社に置いているようで困ったなと言う顔をする。それでもどうにかしましょうと約束。 

ソプラノの出足が悪い。アルトはほぼ揃っている。テナーも6人。Thさん、Mtさん、Fnさん、Htさん、Ksさん。団長が休みなので、テナーのセカンドは大変だねと言われてしまう。バスも少ない。
テナーはその内、Nzさん、Kkさんが現れて、8人となる。忙しいSkさん、Stさんと珍しく団長が休み。

「風になって」大中恩作曲。
最後の「うれし~~い」の「い」の音が何時も下がりすぎ。やっと正しく歌える。

「さよなら秋」大中恩作曲。
「おもいでおもいで」でアルトとテナーは寄り添うように歌うと言う。嫌だろうけどねとアルトに向かって言う。アルトがわにゃわにゃと何か言ったが良く聞き取れず。

「機関車」大中恩作曲。
テナーのパート練習の録音を聞きながら散々練習してきたが、音が取れていない。「ポポポポ・・・ピピー」の「ピピー」の音が取れていない。半音の音取りが難しい。

休憩。
お菓子が一杯廻ってくる。何時も女性のお菓子のごみ集めを今日はNzさんがやっている。

「水族館」大中恩作曲。
出だしの「つきよーの」の「つ」が低すぎて声にならない。無理して出さなくても良いと言われる。「つ」だけバスが出したらどうかと誰かが言う。
最後の「小さな真珠をだいていた」の♯は上げて、ナチュラルは下げてが難しい。
ちょっと表現が難しいが、バスの出足に「~~あん」とある。この「~~」は二回繰り返す時の一回目の終わりの「る~~」から戻って続く記号だが、バスThさんは最初の「~~あん」は何て歌うんだろうと悩んだといったので大笑い。(楽譜を見ないと何を言ってるか分からないでしょうね。)

「太陽」大中恩作曲。
時間切れで脱兎の如く。

最後に遅れて来た人のために「風になって」大中恩作曲を立って歌う。

飲み会は、風邪を治したいのと、明日は西東京の会があるので欠席。
帰りは、Fn夫妻と一緒になる。

くろがね杯

くろがね杯。
Nkさんが迎えに来てくれる。
6時過ぎには来るので、5時起き。
Nkさんが到着。Hdさんも一緒。

早めに、東名厚木カントリー倶楽部に到着。もう大阪から来たThさんや、Kzさんは到着。前回(渋滞に巻き込まれて)遅刻して皆の顰蹙を買ったYkさんは早い。
早めに到着だったので、練習する。まあこんなものか。
引き上げたら、NkさんとHdさんはもう麦酒を飲んでいる。飲んだほうが調子良いと言う。

全員集合。前日飲み会で午前様と言う酒臭いのもいる。6組23名。
ドウダンツツジの紅葉。
IMG_9395rteert.jpg
最初の組で、幹事のNhさんと初参加のNkさん、Hdさんと一緒。
以前、WESTで何度かプレーしたKzさんに聞くと、アップダウンが激しい、ブラインドホールが多いと言う。厳しそう。
スタート前にYkさんが心配して老人向けゴルフのアドバイスをしてくれる。足腰に力をいれ、上半身は力を抜く。打つ前に左手を右肩につけて、左肩が平行になるようにする。
純真だから直ぐに言うことを聞いてやってみたが、付け焼刃はいけない。OBしてインスタートは大叩き。21世紀会のゴルフをドタキャンして、風邪を治したのにふがいない。
凄い打ち下ろし。
IMG_9397fdggf.jpg
Hdさんはレディスティーで打たないのに(同じレギュラーティー)、オーバードライブされる。フォームが実に綺麗。ますますあせっておかしくなる。
Nkさんは前回対抗戦で廻った時よりは調子が良くないが、まずまずまとめている。
Nhさんは何時ものようにがんがん飛ばす。
Hdさんが途中、大叩きしたが、私も大叩きがあり、競ってしまう嫌なムード。嫌な予感どおり。
昼飯。
Kkさんが絶好調と言う。握らなくて良かった。
麦酒は我慢。Nhさんも運転手なので我慢。NkさんとHdさんは景気良く飲む。
後半はトリッキーなWESTコース。
山茶花。
IMG_9407fdsdf.jpg
4ホール目でHdさんがかなりの距離からチップインバーディ。それまでもパットはパカパカ決まっていたが、これには参った。
紅葉が綺麗だが、楽しむ余裕がなくなる。写真撮っている状態ではないのだが。
IMG_9408ryy.jpg
厚木の街かな。
IMG_9412sdfdsf.jpg
NkさんもHdさんに負けそうとあせりだす。かえってそれが調子を崩す。
調子が出てきたのは、Nhさん。ホールが見えるが、打ち下ろしのトリッキーなミドルコースで、スプーンで打とうとしたら、Hdさんがドライバーでワンオンしなさいとけしかけて、しぶしぶドライバーで打つ。あわやワンオン。凄い。ますます調子付く。
最後まで調子が戻らず、Hdさんにはとうとうおよばず。

表彰式。
Ykさんが優勝。この会は、17回目だが、何度も優勝している。最初からのメンバ。優勝カップはSさんが買ったもので、私が手渡す。
仰天の挨拶がある。独身三羽烏を誇っていたThさんが結婚。良かった良かったと大騒ぎ。どうもYkさんと私には内緒にしてたみたい。10うん歳年下。奥さんは、今、大阪から一緒に来てるそうだ。何故つれてこないと迫る。1月にお祝いの会を計画してくれと(私が)騒ぎ立てる。大人気ないね。
独身三羽烏の残りのHyさんとKhさんい向かって、早く何とかしろと言ったら、Hyさんがもう補充したから大丈夫と言う。Yuさん(だったかな)が入る。新独身三羽ガラスですと挨拶。おいおい自分の部下から補充するな。
Kgさんも極彩色に入るので、これからは参加するという。
Nmさんが前回撮った写真を配る。Nmさんの奥さんのことが話題になる。
Kkさんは後半崩れたようだが、それでもいいスコア。
Nkさんは21世紀会のゴルフも出た。どうだったと聞いたらむにゃむにゃ。
Okさんがスキー板をIwさんに預けっぱなしなので、連絡してくれと頼む。
Nmさんはゴルフは新参者。オ事OB会の新幹事。
Tnさん、Tjさん、Tnさん、Moさんは常連になりつつある。Wtさん、Mzさんのような若手も一杯いる。
Th幹事の時代が長かったが、新しい人を積極的に参加させて、年々活性化。Nh幹事になってからその傾向が著しく長く続いている会にありがちな、老齢化を免れている。
若々しい顔を見るだけで、嬉しくなってしまう。
何時までも騒いでいたいが、終わりの時間となる。

帰りもNkさんの車で、Hdさんと一緒に帰る。Nkさんが俳句をやろうかと言うので、大いに賛同。

でんごんばん編集

水曜会機関紙「でんごんばん」12月号の編集に本格的に取り組む。
Adさんの力作、函館紀行の「ようこそぼくの町へ」のチェックが終る。AdさんにFAXで送って確認してもらおうとしたら、チェックしなくて良いと言われてしまう。
Fnさんの新入団紹介「出会いとご縁」はワードで送られてきているので、部分的に編集するのみ。ソプラノの奥さんがテナーのご主人の分も含めて記述。
アルトFjさんの新入団紹介「歌ってやめられないのですね」はFAXで送られてきたので、入力。
テナーStさんの新入団紹介「テナーのStでございます」はワード。部分編集。
連載物のHtさんの「薬よもやま話ー化粧品ー」。原稿はずっと以前に貰っている。女性が興味を持ちそうな内容。
テナーパートリーダーのMtさんのテナログが毎週出ているが、面白いので秋合宿特別版を載せる。
日程表を加えると丁度12頁。切が良いが、役員会の報告と編集後記のために後一頁欲しい。
裏表紙に、Nkさんから借りている、昔の伝言板を復刻させるか。
14頁だとA3、3枚裏表とA4、1枚裏表となり、少し不経済。裏表4回ひっくり返して55枚コピーすると時間がかかり、コンビニ占有になる。休日は避けて29日に仕上げよう。
何とか12月1日の練習日に発行が間に合いそうな見通しになり、ほっとする。

肝心の水曜会の練習がおろそかになっているので、「街」シリーズを合宿でパート練習した録音を聞きながら練習。いまだ道遠しの感。

俳句の課題も苦吟。すぐに眠くなってしまう。

明日は、早いので早々と休む。

FANY'S

でんごんばんの記事が出揃う。少し編集作業をする。
大門句会勉強会の課題で苦吟。
庭の万両。
IMG_9386fghgfh.jpg

FNAY'Sの集まりで、中華街に行く。
駅まで行く途中、以前は古びた大きな家に、緋寒桜があり、早春は何時も綺麗な花を咲かせ楽しみにしていた。取り壊しになり、緋寒桜も切られてしまった。楽しみが減った。唯一残った庭の隅のハナユ(花柚)。
IMG_9390ghjghj.jpg

場所は、「萬珍樓 點心舗」。私がSさんに聞いて予約。本館のほうが空いていると言われたが、間違えて新館を取ってしまった。
中華街は凄く混んでいる。
IMG_9393hgjghj.jpg
「萬珍樓 點心舗」に着いたが、時間が早く、まだ席が空いていない。店の前で待つ。場所が分かりにくいので少し心配。
IMG_9394hjggjh.jpg
Ntさんが現れる。店の場所が分かりにくくて、電話で確認したという。
しばらくしてAdさんが来る。店に入る。
ボックスでゆったりする。
FmさんとStさんが現れる。5人のメンバが揃う。FANY'Sは、この前、名古屋であったSkさんもメンバだが、なかなか出かけられない。
料理の注文は女性二人に任せて、お酒を頼む。まずは麦酒。
久しぶりの集まりに乾杯。以前、熊野散策を泊りがけで計画したが、Stさんの介護の関係でドタキャン。Ntさんの農園の収穫祭も日程が合わず中止。
Adさんは、長年参加していた楽団を退団。毎日の練習から開放されて、時間が出来たという。何をしようかと思案中。家の片付けとか、家事手伝いをしている。
Ntさんは、ファーマー。かなりの時間を農業に割いている。種をまいたダチュラが温室で大きくなってしまい処分したいと言うので、もったいないから移植したらと薦める。
Fmさんは、仕事が来年終る。ご主人を亡くし、次男と一緒だが、何れ一人暮らしを覚悟しなければと言う。今まで一人で暮らしたことがない。
Stさんは、介護をしているので遠出は出来ない。iPhoneに嵌っており、映画とか音楽を溜め込んでいる。私に何であんなに忙しくしてるのと糾弾。
わいわい取り留めのない話をする。昔話にならないように気をつけないと、直ぐに昔話になる。
焼酎に酔ってしまう。
来年は、秋の収穫祭で会おうと別れる。

ようこそぼくの町へ

ホテルで目覚める。
絶好のゴルフ日和で、21世紀会ゴルフも4組で楽しんでプレーすることだろう。
昨日、早々と休んだお陰で、喉の痛みも薄らいでいる。
朝食はホテルでとる。学生らしき団体やサラリーマンらしき団体が居る。

ホテルを出て、駅に向かう。
ポインセチア。
IMG_9380adsads.jpg
ビジョザクラ(美女桜)、バーべナ。
IMG_9381sdffsd.jpg

新幹線で帰着。Sさんがあら早いのねと出迎える。
休息。
水曜会、機関紙でんごんばん12月号の編集に取り掛かる。
手書きのAdさんの函館紀行の力作「ようこそぼくの町へ」を入力する。手書きで5枚を4枚にまとめる。
早々と原稿は貰っていたが、今まで入力をさぼっていた。入力に時間がかかる。チェックは疲れてしまい、後回し。

講演のパワーポイントにつなぐために演奏会のDVDを外に貸し出していたが、講演が終って、戻ってきた。
Sさんと演奏会のDVDを聞く。演奏会の直前に風邪を引いて、ようやく直ったところだったので、やつれている。おじいさんねえとSさんが言う。もっと楽しそうに歌ったら。女性とか、Htさんは楽しそうじゃないと言われてしまう。口のあけ方も、初めはぎこちなく、GLORIAを歌うあたりから、ちゃんと開く様になったとも言われる。

風邪を治すのが目的なので、早々に休む。

21世紀会

朝、喉がまだ痛いので、かかりつけの病院に行く。
待合室は、おじいさん、おばあさんばかり。おしゃべりを、しているのはおばあさんばかり。
やっと順番が来て、喉風邪で、インフルエンザではないと言われ、ほっとする。
近所の実。何の実か分からず。
IMG_9378sdfsdf.jpg

薬を飲んでから、あわただしく出かける。
名古屋に向かう。
駅で待ち合わせのSkさんと会う。Skさん常連の食堂に向かう。区役所の地下にあり、昼時の職員が使う時を除けば、老人の溜まり場になっていると言う。
Skさんは市と県のシニア向けの学校に通って、仲間が一杯出来る。ボランティアでパソコン教室で週二回教えたり、仲間達と月一回旅行したり、週一回以上この食堂で仲間達と集っている。
パソコン教室は、おばあさんが多く、教えても、次に来る時は、忘れているが、おしゃべりして楽しそうだという。多くの仲間達と金をかけずに、集まって、おしゃべりして、出かけることが、大切と力説する。
腰が悪くて、治療しているが、治らないが安定してきたと前向き。
奥さんは、津軽三味線と陶器をしていて、趣味は違うが、旅行は一緒にしている。
2時間位、一緒に居たが、Skさんが8割がたしゃべっていた。オーラを貰って嬉しくなる。

21世紀会に参加する前に、元の事業所によって、手術後回復途上のUzさんに会う。
FrさんとTmさんも同席。
Uzさんは手術後にお見舞いに行った時より随分、元気になっている。食事が一度に多く食べられないので、痩せて顔が小さくなっているが、元気一杯。お酒を飲みすぎていると、Frさん、Tmさんは心配する。
手術後もずっと奥さんと一緒にいたので、お互いに息苦しくなって、奥さんも自由に出かけるようにしていると言う。それが一番。一緒に旅行はしているようだ。
自分の経験から、半年は静かにしたほうが良いと言う。丁度半年たったところのようだ。
Uzさんの元気な姿を見て、所期の目的は達成。
Hrさんも忙しい合間をぬってやって来る。心労で身体が痛いという。大変なことは事実だが、肝は据わっているので大丈夫だろう。しかし痛いのは良くないので、Tmさんに検査するよう段取りを頼む。
秘書のInさんは3月に結婚したそうでおめでとうを言う。結婚しても勤めると言う。また会えそうだ。
幹事の両Szさんが顔を出す。明日のゴルフは、風邪で休むと伝えてある。ドタキャン。元気そうだから、参加してくれても良いですよと何度も誘われる。まだ喉が痛いので、ここでゴルフをしたらぶり返しそうなので、じっと我慢。Srさん、Ydさんが顔を出す。
時間が来たので、Hrさんの車を出してもらい宴会場に向かう。

21世紀会。21回目。24名の参加。幹事は、Szさん、Smさん。
Hsさんの隣に座る。Cbさんが久しぶりに現れたので喜ぶ。腰も治ってきたので、次回のゴルフには参加すると言う。Cbさんの挨拶で始まる。この会は貴重な会だと言う。
隣にSrさんを呼ぶ。楽しく一杯しゃべったが、覚えていない。女性で3役こなしているのに、変わらないとか言ったみたい。両Sz幹事に加えて、Srさんもやって欲しいと頼む。Frさんが実質Srさんがサポートしてると言う。
Kmさんがスキーで滑落した話をする。直ぐに助けに来なかったと言う。その時、私はどうしてたか思い出せない。
Frさんに昔は机を叩いて大変だったと過去を蒸し返される。
挨拶で、仲間が大切だと言う話をしたら、Hrさんから何時もらしくないと言われてしまう。何時もは近況の自慢話をしてたみたい。
Imさんにまた南アルプス行こうと誘ったら、行くところによって考えると言われてしまう。
Tbさんは前回、呼んでくれといったのに、幹事が忘れてしまったが、今回は参加。逆単身。
Mzさんは、病気をしたが元気に回復。岐阜のほうの事業所に居る。
Adさんは、いろいろ苦労しているようだが、顔色は健康的。開き直ってる。
Ntさんに久しぶりに会って喜ぶ。少し痩せたと言うがそうは見えない。
Knさんもいよいよ極彩色。この会にこれからは常連になると言う。
Ukさんは会社経営10年。そろそろ終わりにしたいと言う。よく頑張った。もう良いんじゃないのと薦めたが、まだ頑張るのかな。
Ysさんに明日のゴルフは何故でないのかと言うので、風邪を引いてるので休む。火曜日にもゴルフがあり、そちらは女性が居るから優先したと酔ってうっかり言ったら、何時までも若いですねえとからかわれる。
両Sz幹事から、明日は21回の記念大会で優勝カップの取りきりなのに、提供者がいないのでどうしましょうかと言うんで、(カップ提供の)自分とCbさんが出る次回にするようにと言う。次回のカップはHrさんにと迫っていたが、Hrさんはこのカップは歴史があるので大切に使いたいと言ったみたい。優勝者の名前を書く場所がないと言っているが、追加して書く場所作れないば良いと言っている。私も取りきってすっきりしようと思っていたが、Hrさんがそう言ってくれたので嬉しくなる。
他にImさん、Uzさん、Kkさん、Ssさん、Sgさん、Ydさんが参加。
Hrさんの挨拶で終了。この会を長く大事にしようと言ってくれた。

Hrさんの車で、ホテルへ。
酔うと喉の痛みが感じなくなるので、明日のゴルフは行っても大丈夫かなと悪魔のささやきが聞こえるが、ぐっと我慢して休む。

極彩色日記

まだ喉が痛いが、社友クラブ懇親会に出かける。
早めに行って、準備にお世話になったOdさんに挨拶。司会のOyさんも来る。
風邪対策にOyさんからのど飴を貰う。こうなったら開き直ってやるしかない。
世話人のKhさん、Njさん達に挨拶。
画面の確認、音の確認をする。水曜会演奏会が美しく流れるので一安心。

開場早々、Mnさんや大先輩のHtさん、Dmさん、Abさん、Kjさんなど次々と現れる。案内した方々がほとんど来てくれて嬉しい。Idさん、Hdさん、Mzさん、Ydさん、Itさん、Nuさん、Akさん、Onさんなど。大先輩のYmさんに声をかけられて驚く。

Oyさんの司会で始まる。私の略歴の中で特に小型コンピューター開発時代のことを紹介される。

最初に極彩色日記の紹介。感動、興味、ときめきの極彩色社会生活。プロフィールに載せている今年4月に旅行した沖縄熱帯ドリームセンターの蘭を表示。
IMG_3967erwer[1]
1・ブログを始めたきっかけ
元同僚の女性に、退職の挨拶をしたら、ブログのテンプレートを作って送ってきた。 ほっておいたら、催促され、しかたなく始める。女性だからと言うわけではないがしつこくフォローされた。3日休むとフォローされ、何回かそれを繰り返し、1ヶ月たったら習慣になり、以来毎日5年半くらい続けている。今では、感謝している。
*極彩色とは
現役の頃、事業が思わしくなく赤字で悩んでいた。スキー場で悶々としていた時、冴えない顔してるなあと先輩に言われて、赤字になりそうだと言うと赤字を黒字にするだけの話だろうと言われる。それが簡単ではないんだとむっとしたら、たかが二色ではないか。会社を辞めたら、二色ではなくて、毎日どんな色を出すかで大変なんだと言われた。・・・
*初めて書いたブログ「極彩色」2005-04-01 の紹介
*ブログを始めて良いこと
毎日、書く習慣をつけると、生活にリズムが出る。1日分1時間。
記憶力があがる。最初の頃は、2,3日前のことが思い出せなかったが、今は一週間前の事も思い出せる。 
二度楽しめる。長期間の旅行とかスキー、山は帰ってきてから、メモや写真を見ながら綴る。二回楽しめる。 
分かって良いこと、悪いこと。友人にブログで見たよと言われてしまい話せない。
*花の名前
花の名前を入れて欲しい。 Web上の花図鑑を3種類くらい調べる。⇒チェリーセージ
IMG_8259sdfsdf[1]
10数年歩いていた駅までの道に四季折々花が咲いているのに気が付く。
*アクセスしてくる人
毎日30人位。 東京、埼玉、神奈川。 お父さん、お母さん。 中学生、高校生もいる。 タイガースファン。 SFファン。 コーラス。奏者。 山、スキー。 病気療養者(前立腺がんの手術をした後の半年くらいは多かった)。 仲間。
2・極彩色生活の始まり
会社を辞めたら、何をするのとSさんに聞かれたので、大好きなスキー、山登り、水泳、Sさんとの旅行をするつもりと答える。 知的な活動がないから、右脳を使うことを始めたらと言う。これには困った。・・・
3・コーラス
始めは謡をしようかと思ったが・・・
1月にスキーに行った時に、リフトの隣に座ったMnさんにその話をしたら、コーラスをやれと誘われた。合唱は小学校以来したことがないし、楽譜も読めない。と言ったら、カラオケの延長みたいなもんだと・・・
Oyさんに相談したら・・・
水曜会の演奏会を聞きに行き、これはとても無理と断わろうとしたが・・・・
*「PC事業よりは、ましだが」 2005-07-13 初めて水曜会に参加した時のブログ。
*「水曜会演奏会」 2010-07-03 5年たった演奏会のブログ。ここでアンコール曲「Rejoice and be merry」J・Rutter作曲を流す。
*水曜会のメンバの集合写真
*「てっせん・どくだみ」2010-10-20 最近の練習風景を紹介のブログ。
*コーラスの素晴しさ
右脳も左脳も使う。 一年かけて作品を共同で仕上げる。 ハーモニーは共同作業。日本人向き。 私にとって新鮮なことばかり。 体育系。 腹式呼吸。 あくびをするような発声。 大声はストレス発散。 テナーが増えた。5人⇒11人
4・俳句 2007-01-26 ブログで紹介。
「伝々の会」(Uyさん主催)で今日は俳句の会。2句作ってもって行かねばならない。頭をひねっても何も出てこない。季語にスキーがあったので、スキーがらみでうんうん言いながら2句作ってSさんに見せた。大笑い・・・
辻桃子先生。60歳を過ぎておられるとはとても思えないほど若々しくて魅力的・・・
*「句会」 2007-04-17  初めての句会をブログで紹介。
*「草の実落とす駅舎かな」2010-10-18 最近の大門句会の様子を紹介。
5・スキー
学生時代から大好き。 会社辞めたらがんがん滑ろうと思っていた。 工場のスキー部から派生した白酔会が、30年以上続く。20人くらいで滑る。 大先輩が元気に滑っているので心強い。 一シーズン20~30日。 海外スキーは病み付き。 先々シーズンは手術で一年間お休み。
オーストリアInnere Schwarze Schneld(3370m)頂上より 2008-01-31
IMG_1578gfhddfgh[1]
*「馬の背」 2010-01-31 白酔会スキーのブログ。
IMG_1864fdssdf[1]
*「再びオフピステ」 2010-01-20  海外スキーのブログ。
IMG_1298reerw[1]
6・山
単独行は遭難しかかってから、Sさんに禁止を言い渡される。 山の仲間を作るのは大変。昔登った仲間はもう止めている。 YY会をベテランのリーダーの下で作ってもらう。日帰り登山を10人くらいで登る。 南アルプスに嵌る。 大先輩についていけない。
仙丈ケ岳(馬の背ヒュッテにてナナカマド) 2007-09-29
PICT0019pipiopi[1]
*「谷川岳」 2010-10-16 YY会のブログ。
IMG_8332sdffsd[1]
*「聖岳」 2010-7-28 南アルプスのブログ。
IMG_6468werw[1]
7・仲間達
仲間達は財産。 勉強会:月1回。 飲み会:年間100日以上。 ゴルフ:仲間と会うのが目的。 慶応野球応援:神宮に年10回程。 歌舞伎・お能・よしもと・絵画、演奏会:月数回。 旅行 園芸 散策  水泳 家事手伝い
*「勉強会」 2010-10-5 勉強会のブログ。
*「OB会」 2010-10-8 飲み会のブログ。
*「富士平原ゴルフクラブ」  2010-10-23 ゴルフのブログ。
*「優勝だ」 2010-5-31 春のリーグ戦で慶応が優勝した時のブログ。
IMG_5744xcvxcv[1]
*「うかれ坊主」 2010-9-10 歌舞伎鑑賞のブログ。
8・前立腺がん手術
人間ドックのPSA値。 助言がなかったら。 けっこうきわどかった。 手術後に尿止まり。 3回手術。 6ヶ月間は。 Sさんに感謝。
*「原因判明」 2008-12-06 尿止まりの原因が分かった時のブログ。
9・「今年一年」 2009-12-30 昨年一年間を振り返った時のブログ。
1・昨年11月手術の前立腺がんから、回復。健康はありがたい。
2・7月の水曜会演奏会。皆の支えで、休みを克服して歌えた。
3・甲斐駒、妙高山、十文字峠、両神山、金峰山、蓼科山、など、登山。
4・俳句。入院中も投句したので、大門句会は無欠席。奥が深い。苦吟中。
5・北海道、九州、遠野、高知、岡山など旅行。Sさんと一緒の旅行が多い。
6・甲子園に初めて慶応高校の応援。高校野球、大学野球観戦に嵌る。
7・よく歩く。回復期には、日に日に歩けるようになって嬉しかった。
8・観劇増える。歌曲の世界、よしもと、歌舞伎、お能、阿修羅など。
9・飲み会復活。健康で会話しながら飲めるのは幸せ。
10・ゴルフできることの喜び。何十年ぶりに練習場に行く。
Sさんに、2ヶ月近くの入院と回復期に面倒をかけたことで感謝。
10・極彩色日記Ⅱ
プロフィール スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。
 Y・K
IMG_0562sdaasd[1]
⇒Sさんが一番好きは早く消せとSさんに何時も迫られている。
*最後に「○と△の歌」武満徹作曲を流しておしまい。
1時間20分に納まる。

質問はHtさんからテンプレートについて。
Dmさんから、会社時代と今と睡眠時間はどちらが良く取れているか。⇒会社時代は5時間、今は7時間。
楽譜は今は読めるのか。⇒読めない。 Oyさんが有名なオペラ歌手だって読めないんだから心配ないという。
*さんから、地域活動はどうしてるか?⇒Sさんに任せている。
*さんから、非常に幸せな方だと言われる。

皆に挨拶して終了。
やれやれ。世話人の方々とコーヒーを飲みながら談笑。Oyさん、Khさん、Njさんたちと。次にやる人の候補が話題になる。
Odさんに挨拶。社友だよりに書く原稿を依頼される。

一旦家に帰る。Sさんに終わったよと報告。Sさんに、原稿から話し方までチェックして貰った。

Kmさんを偲ぶ会に出かける。
Szさんがアレンジしてくれて、講演会に来てくれたHdさんと3人。亡くなったKmさんを偲ぶ。
Hdさんとは久しぶり。次第に話は多岐にわたる。Hdさんの情報通に驚く。
今度はOyさんを入れて正月にやろうと言う事になった。また楽しみが増えた。

風邪でダウン

朝気持ち良く目覚めず。寝汗をかいている。長時間休んだのにすっきりしない。
喉が痛い。風邪引いたかな。合宿でひいたか。風邪引いてた人がいたから移ったかな。

水曜会の日。歌の練習。
さだまさしの曲が上手くリズムに乗れないので、Tkさんから貰った音取りMDで何度も練習。付点16分音符のところが要注意。何とか歌えるかなと行くところまできたら、熱っぽくなる。
熱出ちゃった。明日の講演のことを考えると、無理するのはやめよう。また廻りに移すのも良くない。
Hmさんにメールしてドタキャン。
夜、講演会世話人のOyさんから電話がかかってきた。Sさんが風邪引いて寝てると言ったら驚いたみたい。大丈夫かと心配そう。
とにかく寝るしかない。

休みの水曜会の様子は、テナーパートリーダーのMtさんのテナログを見れば、分かる。
「今日は、『風のいざない』から1、2、3曲目のアンサンブルでした。まだ楽譜から目が離せず、テンポが遅れました。楽譜は少し高めに持ちながら、しかし翁の指揮は見ながら歌えば、遅れる事無く歌えるようになります。同じ箇所を何度も演るうちに見なくても大丈夫なのでそうして段々と暗譜できるようにしましょう。サダマサは、リズム これを克服するしか手はありません。Tkさん作成の音源でしっかり練習しましょう。
今日練習の帰り道、アルパリンのTdさんが「アルトも12月にパー練するよ!」って仰りました。 皆さんが張り切ってパー練した事で、やろうとしたきっかけになったみたいで、やってることは他のパートにも刺激を与えたって事ですね、すごい事だと思います。テナーだけが頑張って上手く歌えてもクリープのないコーヒーみたいなもんですもんね。頑張れ、ベース・アルト・ソプラノさんたち。我々テナーは応援するゾー。
本日8名出席です。欠席の方は必ずざっと楽譜見て於いてくださいね。サダマサは道化師と防人です、よろしく。 あくびの「あ」も忘れずに。
Y・Kさん、たくさんやる事が多すぎて休む暇が無いんじゃありません?  過ぎたるは及ばざるが如し ですよ。
  テナログは何処までも続くよ~(年内までョとの噂もあり)」

最後の確認

明後日講演の最後の確認に行く。
近所の菊。
IMG_9375dsa.jpg
IMG_9376asd.jpg
IMG_9377asd.jpg

社友クラブのOdさんに会いに行く。
まずは昼飯を食べに行く。
講演会のレジメを渡す。
会議室で、当日のパソコンで確認。
音楽はきちんと入っている。「Rejoice and merry」と「○と△の歌」。
パソコンが違うと文字がずれることに気がつく。DVDを作成したパソコンでは文字配列がきちんとしてたらしいが、ずれてしまっている。Odさんに何箇所も直してもらう。ついでに位置関係がおかしいところも直す。
随分、世話になってしまった。後は本番のみ。
Odさんにノーネクタイでも良いかと尋ねる。了解してもらう。

帰って、練習。歌を入れても1時間20分に納まる。
何となく調子が悪いので早めに休む。風邪引いたかな。

腰毛布

大門句会の当日。
まだ苦吟中。Sさんが出かけるので、3時までに帰ってきてと頼む。帰ってきてから、選句を頼みたい。またなのと言われながらも帰ってくると約束してくれる。やさしいね。
さあ、何とか搾り出さねば。奈良、吉野紀行を何とか句にしたい。辿った情景を思い出しながらメモする。メモは一杯できたが句になかなかならない。
一休みして、三日後に迫った講演の練習。何とか1時間20分に収まる。
再びうんうんうなっていたら、3時きっかりにSさんが帰ってくる。約束守ったわよと言う。ありがたい。
もう期限切れ。詠んだ句を印刷して、Sさんに渡す。しばらくして選句してくれた。少し直されたが、何とか間に合った。

大門句会に行く。
幹事の三四郎さんとあゆか先生が来ている。参加者は、はなさん、馬空さん、さらさん、遊介さんと7人。投句がまーゆさん、蒼月さん、勝山さん、あかねさんと4人。11人の句からの選句。
兼題は、「日短」「暮早し」とも。「山眠る」 冬の山の形容。「毛布」。「味噌・醤油」どちらでも無季語、別途季語が必要。

開始待つ早慶戦の膝毛布 光
あゆか先生普通選。三四郎さん、遊介さん選。
この前の慶早優勝決定戦の情景。膝毛布が応援で立ち上がりずり落ちる様を詠いたかったがうまくいかなかった。

短日や浄瑠璃寺に猫眠る 光
あゆか先生普通選。
浄瑠璃寺の猫で選んで貰う。浄瑠璃寺で猫が丸まってのんびり寝ている様を見て詠ったもの。亀も石の上で甲羅干ししていたがこちらは上手く句にならず。

妻はまた朝からこもり味噌作り 光
はなさん選。
はなさんは味噌つくりをしている。それで選んでくれたのだろう。5kを年二回作る。Sさんは年一回。

別荘の水抜きするや山眠る 光

短日や遷都新たに朱雀門 光
季語を選んだほうが良い。枯菊や、菊の香や、残菊やとか。

あゆか先生特選。
落ちついた三年味噌や冬ぬくし はな
三四郎さん選。
三年味噌や冬ぬくしが良い。落ちついたは再考。

ここよりは女人結界山眠る 三四郎
馬空さん、遊介さん、さらさん、はなさん選。人気句。
結界と山眠るの組み合わせが良い。

木枯らしや蔵に納まる味噌醤油 遊介
遊介さん復活。

人気句。
新品の毛布広がる通夜の居間 遊介
あゆか先生普通選、三四郎さん、馬空さん、はなさん選。

刺繍糸こんがらがって暮早し はな
あゆか先生普通選、遊介さん、光選。

注ぎたる醤油弾くや寒卵 勝山
あゆか先生普通選、はなさん、遊介さん選。

短日の灯もれくる縄のれん 三四郎
あゆか先生普通選、遊介さん、はなさん選。

レコードの音の飛びたり山眠る はな
あゆか先生普通選、馬空さん、光選。

あゆか先生の句。
短日やあはてて主婦に戻る顔 あゆか
遊介さん、さらさん、三四郎さん、光選。

湖に影を預けて眠る山 あゆか
馬空さん、さらさん選。

味噌樽をころがし洗う文化の日 あゆか
馬空さん、三四郎さん選。

三四郎さん主催の勉強会で、素晴しく上達したとあゆか先生が褒める。
講評で句が良くなることがある。詠んでしまえばその人の手元は離れて、選者に移る。
疑問に思うことが上達した証拠。勉強会の三四郎さんの句に遊介さんが疑問をぶつけるのは良い。俳句は遠慮したらだめ。裸になる。
主語がないときは、私が今ここでと言う事。
自分で俳句タイムを作る。テーマだけメモする。
五文字を書き出す。季語は覚える。
かっこよくは駄目。
俳句談義が楽しく続く。



合宿二日目

飲みすぎで目覚めは良くない。
顔を洗ったがあまりさっぱりしない。
隣に寝ていたHtさんが頭を蹴飛ばしませんでしたかと聞く。さあ?
Mtさんが昨夜歌いすぎたらしく声が枯れて酷いことになっている。バスになったと言う。

散歩に出かける。
養沢渓谷。
IMG_9349sdfdf.jpg
宝沢線を遡る。鱒の釣り場がある。
IMG_9353sdfsfd.jpg
更に遡ろうとしたら、放し飼いの大きな犬が道の真ん中で吠え立てるので諦めて引き返す。
ウラシマソウ(浦島草)の実。
IMG_9357asdasd.jpg
食事。
Htさんが養沢神社に行くと言うので便乗。先生、Nk先生、Isさんも一緒。
Isさんが以前この道の向こう側から来たと言うがHtさんは行き止まりと言う。どうやらIsさんの勘違い。
遡って行くと養沢神社に着く。一対の龍像に迎えられる。
IMG_9361asdasd.jpg
養沢は、日本武尊が東征の折にこの地で静養し病が快癒したことに由る地名である。Htさんが古事記の世界だと言う。
IMG_9367adsads.jpg
神社の裏は登山道になっており、急峻な山道。登りたいなあと言ったら、どうぞどうぞと言われてしまう。
大きなトチの木がそびえている。

戻って、練習が始まる。
体操、発声練習。
「花に寄せて」新実徳英作曲。
「たんぽぽ」「ねこじゃらし」「しおん」「つばき・やぶかんぞう・あさがお」「てっせん・どくだみ」「みょうが」「ばら・きく・なずな」と練習。
「みょうが」がまだリズムが取れない。大口を空けると追いつかなくなると指導。
他の曲は、何となく様になりつつある。
午前中に終る予定が遅れて、午後に廻る。
副団長が、昼食後幹部会をやるという。広報の私も参加とか。

昼食はカツカレー。
幹部会。団長、副団長、Sm統括マネージャー、Hmマネージャー、Ym会計、私広報が参加。
先生の傘寿の会について。先生が指揮する3団体(4団体かも)で130人から140人くらい。11月3日(木)が候補。場所について議論があり、副団長が案を出し、あたってみると言う。団長が各団体に打診する。
次の議題は、25回演奏会をどうするかと言う話。候補はモツレク?何をやるか未定。オーケストラが入るとどれくらいかかると試算。その前にオーケストラつきで演奏する団体を参考にする。場所は1年かけて探す。費用は積み立てるかどうするか。など議論。
いずれにしろ、12月打ち上げの時に、団長が総会を開催して団員の意見を聞くことになる。
時間ぴったりに終る。

午後は、「花に寄せて」の残りと、「北の国から」さだまさし作曲、松下耕編曲。
「道化師のソネット」「防人の詩」。
あかん。さだまさし調がうまくリズムに乗れない。これは相当に練習しないと駄目だ。Thさんに作ってもらった音取り用MDを活用しなければ。
「防人の詩」のバリトンソロはSmさん。風邪を引いてると言っていたがさすがと言う歌い方。聞きほれる。さだまさし調のリズムにしっかりのっている。
テナーソロは女性の声援が多くMtさんが選ばれる。昨日の宴会で歌いすぎて声が出ないみたい。Stさんと一緒のソリに落ち着く。

終った。
帰りはFjさんが送ってくれると言ってくれたが、行きと同じMt車に乗せてもらう。今度は、Stさん、Siさんが一緒。後ろで寝ようと思ったが、Siさんの奈良、吉野の話が面白くて寝そびれる。奈良、吉野は何かひきつけるものがある。

出迎えたSさんに疲れたよと言う。

合宿初日

水曜会合宿に出かける。
Mtさんの車に乗せてもらう。当初はStさん、Skさんも一緒の予定だったが何れも仕事が出来て、時間に間に合わず単独で行くことになる。
Mtさんにキーボード持って来たかと声をかける。メールで確認してくれと言われていた。テナーパート練習用のキーボード。
合宿場の養沢センターを目指す。途中Hmさんから高速が混んでると連絡があるが、Mtさんは下を走る。運転は好きなようで安心して乗ってられる。
2時間位、歌の話やら、広島の話やらいろいろ。人柄がわかって楽しい。

到着。
IMG_9359hjgf.jpg
既に到着している人がかなりいるが、後続部隊も次々とやってくる。
男性の部屋は大部屋一つ。溢れたら宴会用の場所で寝ると言われたが、充分間に合いそう。

練習場に楽譜を持って集まる。
体操をして、Ii先生の発声練習。肋骨の下から二番目に指を当てて、そこが膨らむように腹式呼吸。
人数が最初から揃っている。
テナーは全員参加。Stさんが少し遅れてやってくる。

Ii先生の個人レッスンが始まる。テナーは、Fnさん、Nzさん、Skさん、Kkさん、Htさんが受ける。
その間、パートごとに分かれて、「街」大中恩作曲を練習。
テナーは、Mtパートリーダーが指導。
ソプラノはNk先生、アルトはTdパートリーダー。バスは先生。

以前パート練習をした時も、「街」を行った。独特のハーモニーで難曲。
Mtさんがキーボードを使って、練習をしていく。サポートは団長。
「鎮魂歌」「機関車」「水族館」「太陽」「橋」と練習。
私の音が時々外れて何度もやり直し。思いもかけないところで間違える。随分、役立つ。
1時間40分の練習は、長いなあと思っていたがあっと言う間に終了してしまう。

全員揃ったところで、「街」大中恩作曲の練習。
Ii先生の個人レッスンは続いており、順番が来ると抜けていく。
「機関車」「水族館」「太陽」「橋」「鎮魂歌」と1時間半練習。
苦手意識が少し減り、ハーモニーに乗れてきたような気がする?パート練習の効果絶大。

夕食。
昼飯を抜いていたので、お腹が減っていてあっという間に平らげる。コーヒーを飲んで終了。
Nzさん、Thさん、Skさんは帰る。Nzさん帰るのと女性から残念そうな声が上がる。
Mmさんたちが蒲団をひいてくれたので場所を確保。

夜の音楽会が始まる。MtさんのMC。(以下はMtさんのアンチョコを借りて記述。
ピアノ伴奏はNk先生。

最初はソプラノ新人のFnさん。フィガロの結婚より。
「練習不足に、ピアノなし。ゲネプロもなきゃ、ついでにドレスもなし。でも歌う舞台あり、観客ありなら、是非その舞台に立ち恥をかいて・・・と恩師の後押しもあり思いきっての薄氷の舞台・・・伯爵夫人になれるかな。」
トップバッターにもめげず朗々と歌う。女性は強し。

ベースFjさんのスチールギター。
「合唱三昧を送る男藤川が50年ぶりの楽器。演奏上手く言ったらお慰み・・・和田ひろしか藤川か。奏でますはスチールギター。アロハオエやもろもろで、南国を思い浮かべてください。」
ブラボー。Fjさんやるのお。

我らがテナーのKkさん。
「「島の歌」スペインはカタルーニャ地方のクリスマスキャロル。世界的なチェロ奏者、カザルスが国連本会議場で演奏して有名になる。昨年はカタルーニャ語らしきもので歌いましたがせっかく日本語の詩をつけてもらいましたので今回は日本語で」
美しい。こんな歌声と一緒に歌えるのは幸せ。

ブッディスターズ。(仏スターズ?)
「男性Mtさん、Smさん、女性Tsさん、Adさんと同窓生が二組いました。それも仏教系の・・・でもアーメン系の大中作品バンバン歌ってますが、そこで仏教系らしく三帰依、仏法僧、花まつり。」
Tsさんの話が大部分で、歌は練習不足。大笑い。終わってから録音している、団長にSmさんがここだけ消してと頼んでいる。

ソプラノKtさん、アルトSnさん、Nnさん。トーンチャイム演奏。3曲。
「河は呼んでいる」「太陽が一杯」「アメイジング・グレイス」。
ティンカーベルらしきかっこうで現れる。Ktさんが先生で二人はお弟子さん。二曲目は14本のトーンチャイムをKtさんが一人で演奏。
素晴しい。大喝采。

ソプラノNiさん。
「蜂の子」。オペラ「アドリアーナ・ルクヴルール」より「私は卑しい芸術の下僕」「哀れな花よ」。
「欲張って三曲歌わせていただきます。「哀れな花よ」が2010・7・17アマチュア声楽コンクール受賞曲です。果たしてアドリアーナになりきれるでしょうか・・・」
秋合宿音楽会定番のNkさんの登場。何時も参加して歌うのは偉い。

ベースIcさん。
モーツアルトの「もう飛ぶまいぞ,このちょうちょ」「奥さんこれが恋人のカタログ」。
直前までNk先生のピアノで練習。Mtさんから、合唱よりソロのほうが良いかも言われる。人前で歌うのは何十年ぶりだそうだ。堂々としたものだ。

ベースYdさん、ソプラノHmさんのデュエット。
「日曜日の詩集」より「指輪」。「九つの楽器モノローグ」より「はるかな営みの彼方から」。
「二年ぶりの復活。今回は大中作品のデュエットにチャレンジしてみました。」
絶妙のコンビ。

ベースのMsさん。
「高一の文化祭で学校が始まって以来、初めての音楽部男性ソロに選ばれ人前で歌った曲「帰れソレントへ」。
一昨年、あるディケアセンターで日頃全く何にも関心を示さず無表情のおじいちゃんを泣かせてしまった曲「カタリカタリ」」
Nkさんと双璧で常連。朗々と奏でる。

ベースのThさん。
谷川俊太郎作詩、大中恩作曲「男の唄」。
可愛い曲「あやとり」。
素晴しいベースの響き。「あやとり」は大うけ。

先生とMrさん、Ogさん。
「落葉松」先生とMrさん。
「メリー・ウィドウ・ワルツ」先生とOgさん。
「いよいよおおとりの翁の登場です。」
先生は美女二人と一緒に歌い実に嬉しそう。Ogさんとは手を取り合って踊る。これも定番になりつつある。

Nk先生が皆の要望に答えて「ベートーヴェン ソナタ18番1楽章」を弾く。練習中の曲と紹介したが素晴しい。
レオン・ラッセル作曲「song for you」の弾き語り。柔らかい声で皆うっとりする。
先生がお金が取れるよと言い、皆がCD出そうよと言う。
最後に素晴しいものを聞かせてもらい陶酔。

いよいよ宴会が始まる。
始まりが少し遅いので、12時前には寝ようと自らに言い聞かせる。昨年は、最後の午前二時過ぎまで付き合ってしまった。翌日がきつい。
最初は、テナーが何となく集まる。団長、Htさん、Ksさん、Mtさんなどがいる。Gtさんに側に座ってと頼む。
Htさんと奈良吉野の話をする。また行きたいとアッピール。
Ydさんの赤ワインが飲みたくて、Ydさんの側に座る。ワインが一杯あるのでYdさんのワインは空けてないと言うのに飲みたいとせがんであけてもらう。美味い。葡萄を乾燥させたワインらしい。二種類飲んだが答えられない。
MtさんにNk先生の曲名を聞いたが、直接聞いたらと言うので、Nk先生にメールで曲名を知らせてくれるよう頼む。
カラオケが始まっており、Smさん、Msさん、Mtさん、Mmさんが舞台を占有。Ynさんが盛んに歌っている。誰かが何かあったのかなと言うくらい元気一杯。
Nk先生に歌ったらと言われて、何時もは歌わないが「帰って来いよ」を歌う。直ぐにOyさんがこれは私の曲よと舞台に上がってきたので一緒に歌う。
酔いが廻ってきた。
Gtさんの梅酒を飲む。
Twさんに変な事言うと書かれるからと言われたが、そんな覚えはないけど。
Ktさん、Snさん、Nnさんのトーンチャイム演奏組に割り込む。Ktさんは教えてるそうだ。Snさん、Nnさんコンビは仲が良いので何故かと聞いたら、考えてることが一致するという。
Ogさん、Hmさんと話す。何しゃべったか忘れたがOgさんに何か質問したらHmさんが答えてくれて納得した。
Twさん、Wtさんたちのグループに入ったら、女性を単純化してるとか言われた。なんのこっちゃ。
Fjさんと女性たちの輪に入る。スチールギターは素晴しかったと言おうと思ったが、言いそびれて何時ものFj談義を聞かされる。
Tsさん、Adさん、Ssさんと馬年だと言って握手。Tsさんから二周り違うわよと言われる。
先生にテナーの「街」ハーモニーが取れていると言わせる。酩酊。
Ttさんにバルセロナの写真を見せてもらい解説を受ける。良く廻っていて楽しそう。全部見せてもらい全部解説を聞きたいと頼んだので長引いてお陰で酔いが醒める。
Tzさんとデュエット銀恋。西東京の会の事務局長と歌えて幸せ。
お茶を飲むようにして酔いを醒ます。酔ったままだと最後まで行ってしまう。
テナーの新人Stさん、Fnさんが楽しそうに最後まで残っている。
片づけが始まったところで、会場を去る。
さっさと歯磨きして寝る。

歌 俳句 ブログ 講演

明日から水曜会の合宿。付け焼刃だが、歌の練習をする。全曲歌ったら声がかすれてしまう。
「街」シリーズ大中恩作曲、さだまさし作曲が上手く歌えない。「街」は合宿の中でパート練習があるので、それに期待。

庭に出て、あけびを取る。Sさんが取ってくれたが、手が届かないところはかなり残っていたので、蔓を引っ張って取る。大収穫。
IMG_9343saddas.jpg
庭の秋咲き球根。花の名前は?
IMG_9331sdaasd.jpg
ザクロの一種。
IMG_9334asdsd.jpg

合宿から帰るとすぐに句会なので、こちらも苦吟。
随分時間をかけ一杯駄作を作る。ひらめかないなあ。

社友クラブの講演会の練習。まずまずまとまってきた。

たまっているブログ。追いつかない。
たまっている録画鑑賞。HDDが一杯ぎりぎり。

ああ疲れた。

YY会忘年会

YY会の忘年会。
荏原中延駅前のインド・バングラデシュ料理「MAHA BHARAT」。珍しいところでやるなあと思ったら、Imさんの知り合いのお店。
駅で場所が分からず交番で聞いたら、あのピカピカしてるところですよと教えてくれる。忘年会参加者が何人も尋ねたらしくて、何かあるのですかと不思議がられたとか。
途中、Mkさんに会う。秦野から二時間かけてきた。
10名参加の予定がOgさん参加で11名になったという。お店のImさん知人の女性に挨拶。
幹事でリーダーのImさん。今年は天候に恵まれた。3月の北八ヶ岳の縞枯山周辺のスノーシューは残念ながら風邪を引いて欠席。5月の笠丸山、8名参加。8月の木曽駒、15名参加。10月の谷川岳、10名参加。
それ以外にImさんには、4月御前山、7月榛名山・掃部ヶ岳、7月聖岳・赤石岳に連れて行ってもらった。
Mnさん:昼間の宴席と連荘の飲み会。この頃、直ぐに酔うようになったというが、ピッチが早い。糖尿病を食事療法で克服し、元気になり嬉しい限り。
Ybさん:テニスを良くして鍛えているが、山で足がつりそうになる。テニスの筋肉と山に筋肉と使うところが違うそうだ。
Thさん:自転車に乗って木にぶつかり、むち打ち症になる。1年たって回復。まだ本調子ではないが山に登りたいと渇望。やさしい山を計画して欲しいと要望。
Mzさん:2時間かけて参加。何時も車の運転をして皆を運んでくれる。登山はこの会が初めてだが、段々強くなる。
Khさん:今日参加の男性では、最年少?富士登山を毎年行っている。くろがね杯ゴルフでも一緒。
Mkさん:仕事が忙しい忙しいが口癖。いい年なんだから手を抜いたらと言っても出来ない真面目人間。とは言っても百名山を目指してせっせと登っている。
Knさん:最も新しい参加者だが、すっかりメンバに溶け込んだ。頑張りや。若手と張り合って早く登ろうとする。
貴重な女性Skさん:健脚。道具はしっかり揃えている。スキーは指導員。髪型を短くしたせいか印象がかわった。素敵。
最後に来たOgさん:今年のYY会は残念ながら参加できず。昨年までは紅一点だったのに残念。土曜は着付けの勉強で来れないとか。日曜にやるかと皆が言う。私が着物を見る会を提案。

Ykさんがこの頃ちっとも来ないと話題になる。Ykさんは社長を辞めて暇になったはずだから、もっと参加して欲しいと皆が言う。やさしい山だと言って誘おうとか女性が来て欲しいといってると言って誘おうとか盛り上がる。人気あるなあ。
わいわい楽しくやる。料理は野菜が多くて美味しい。お腹一杯。

あけび

庭のあけびをSさんが採ってくれた。壁に垂れ下がっているのを伸び上がって手を伸ばして取ったと言う。塀の上から伸び上がったので、少し危険。
嬉しい。
IMG_933asddas0.jpg
早速食べる。まろやかな甘さ。種の周りのぬるぬるが美味しい。食べるところが少なくてSさんはあまり好きでないが私は大好き。Sさんに食べられる心配はないので、大事に少しづつ食べよう。

HBIに行く。社友クラブ懇親会講演の下打ち合わせ。
事務局長のOdさんと待ち合わせ。Oyさんも少し遅れて現れる。
HBIのTjさんにパワーポイントに「Rejoice and merry」J・Rutter作曲を貼り付けた結果を見せてもらう。追加で最後に「○と△の歌」武満徹作曲を貼り付けて欲しいと頼む。一枚追加。時間調整用に使う。
Odさんから文字が細いと言われてMS明朝をMSゴシックに変える。
Oyさんに、紹介文を渡す。
もう一度、最終版を、会場で表示しながらやろうとしたが、会場が予定一杯で確保できず。会場のパソコンに入れて最終確認することに。随分、手数をかけてしまった。

食事に出かける。Odさん、Oyさん、Tjさんに本部長のSsさん。画像処理の話などが会話の主体。勉強不足であまり質問できず残念。

一旦家に戻る。
水曜会の練習を少しして出かける。

作成した住所録を配る。
テナーは、全員参加。忙しい方が多いのに凄いね。パートリーダーのMtさんの熱心さが皆に伝わったんでしょうか。Mtさん、Thさん、Htさん、Ksさん、Fnさん、団長、少し遅れてNzさん、Kkさん、Skさん、最後にStさん。

最初から新曲「ぶどう摘み」新実徳英作曲。
譜読み。自宅練習では、簡単に歌えると思ったが、先生から、簡単な音楽をしっかりそろえて歌える様にと指摘される。メロディをどう歌うか、歌の背景を歌いこむ、歌には起承転結がある、とか言われる。
ラララ、歌詞。
これで週末の合宿までに全曲の練習が終る。正確には昨年も歌ったアンコール曲3曲を除いて、23曲。

「みょうが」新実徳英作曲。
速いテンポで多少遅れてしまう。口をあけすぎないで歌うようにと指摘。ベースがメロディで上三声はハーモニー。「ゆうがたひょいっとでかけてみょうがをとり」の「みょうが・・」のところで頁が移るので遅れてしまう。「かってきてくれたっ・けねー」のsfpがどうも上手く行かない。

休憩。
Htさんに奈良吉野旅行の御礼。Mtさんに合宿場に行く車の確認。Stさん、Skさんも同乗。
団長の挨拶。住所録のことを取り上げてくれた。合宿までに風邪を引かないように。Hmさんから合宿の注意事項。
アルトのパートリーダーのTdさんが自分の演奏会が終って、久々に参加。合宿でのIi先生の個人レッスンのメンバを3名選ぶ。これでソプラノ3名、アルト3名、テナー5名、バス1名。テナーが人数割りでは突出。
合宿の夜の演奏会のMCを務めるMtさんがテナーの参加が少ないとぶつぶつ。Kkさんが出ると言う。

「ばら・きく・なずな」新実徳英作曲。
フェルマータを先生が今までより長く延ばすようになった。今まで短すぎたという。意識して前もって息を溜め込まないと続かない。最後のハミングはうっかり入ってしまうと息が切れる。

「北の国から」さだまさし作曲。松下耕編曲。
気持ち良く歌って終了。

飲み会。
側にTtさん、Hmさん、Ydさん、Fjさん、Tzさんがいる。常連幹事のSmさんは風邪で欠席。
Tzさんから西東京の会は10人くらいは来ると聞く。品川の以前良く使った店を紹介。
Ydさんは知人にショックな事件があって、呆然としたようだが、飲み会参加で少し落ち着いたようで良かった。
Htさんがテナーは(合宿のIi先生の個人レッスンに)何故参加が多いのと女性陣から迫られる。ソプラノはもっと参加したい人がいるのにと言われている。先生がまあいじゃないかととりなす。先手必勝だもんねとつぶやく。
女性の入院に見舞いに行きたいといったら、女性陣に反発された。なぜかなあ。見舞いに行ったら嬉しいかと思っただけなのに。
Fjさんとむにゃむにゃしゃべったが良く覚えていない。

ああ忙しい

庭のグミ(茱萸)。
IMG_9263assa.jpg

今日は一日、予定はないがやる事が一杯。
水曜会の住所録の作成。最終的なチェックをして、印刷。イラストは「街」シリーズにした。「コンクリート」のイラストが気に入らず差し替える。編集後記を入れて完成。
これをコンビニでコピー。A3、2枚の裏表。裏表のコピーは間違えやすい。確認するが失敗がニ三枚出る。
A3、2枚裏表くらいだと、コピー機をあまり占有しないが、もっと多くなると長く占有してしまい待ちが出来る。はらはらすることもあるが、コンビニの店員は顔見知りがいて親切。
帰ってから、ホチキス止め。これが苦手。A3を折ってから、ホチキス止めだが、単調作業で嫌になる。午後までかかってしまった。名前を書いて終わり。
12月号は、まだ原稿が揃ってないので、揃ってから考えよう。

明日、社友クラブ講演会の下打ち合わせがあるので、レジメを作り、紹介文を作り、パワーポイントの説明資料の最終版を作る。33枚。途中に7月の水曜会演奏会で行った「Rejoice and merry」J・Rutter作曲を入れて貰うつもり。最後に「○と△の歌」武満徹作曲も入れたくなる。
練習してみる。1時間20分のところ1時間15分から20分位かかる。歌が5分強だから、まずまず。1時間15分から20分に収められそう。
Sさんにパワーポイントを見てもらう。分かりにくいとかおかしいとか言われて、何箇所か直す。

明日の水曜会の練習。出歩いていて、練習していない。付け焼刃練習。
Ii先生の魔王の声や、Mtさんのあくび発声を加味しながら行う。
新曲「ぶどう摘み」新実徳英作曲の譜読み。やさしそうな曲だが油断大敵。
「みょうが」新実徳英作曲のリズムがいまだ取れない。

苦吟。
兼題は、日短」。「暮早し」とも。「山眠る」 冬の山の形容。「毛布」。
「味噌・醤油」どちらでも無季語。別途季語が必要。
旅行した奈良や吉野の歌が詠みたい。一杯情景は浮かび、メモは一杯できるがなかなか句にならず。

疲れたら、ブログ作成しようとしたが、奈良、吉野の貰ったパンフレットや写真を見ているだけで終わってしまう。

天衣紛上野初花

庭のあけびが色付いた。
IMG_9261sdaasd.jpg
良く見たら、一杯なっている。初めて収穫が出来そう。

三四郎さんから、大門句会勉強会の結果を送ってくる。今回は切れ字「けり」の応用編。
講評は全て三四郎さん。大変だと思うが、極めて勉強になる。

ななかまど駅舎の窓に映えにけり 光
別荘に残菊ひとつ揺れにけり 光
⇒ななかまどの句は前回の大門句会の句を添削されたそうです。いいやり方ですね。そして成功しています。
二句目は、「残菊」だけでわびしい様子がわかりますので「ひとつ」まで言うのは言いすぎ。「残菊ひくく揺れにけり」ではどうですか。

他の方の句。
木守柿葉の一枚もなかりけり さら
⇒晩秋の感じが出ています。
曼珠沙華ひとつ遅れて咲きにけり 蒼月
⇒目のつけどころがいいですね。発見があります。
人の家の垣の通草を数へけり 勝山
⇒ぬーぼー度が高くていいですね。ちなみにぬーぼーとは虚子が渇望すると言った「ぬうとした句、ぼーとした句」のこと。
ななかまど実のたっぷりに撓ひけり 遊介
⇒秋色極まるの景がよく出ています。
冬苺犬のお産を見舞いけり あかね
⇒犬のお見舞いに苺を持って行ったのですか。意外性がいいですね。
太刀魚を切れば夕冷えきたりけり 三四郎
錦より柞紅葉を好みけり 三四郎

勉強会の成果で、皆腕が上がってきてる。

Sさんと新橋演舞場に出かける。
近所の菊。
IMG_9316adsasd.jpg
ベコニア。
IMG_9319sdaasd.jpg

天衣紛上野初花。
講談「天保六花撰」をもとに作られた作品で、江戸城のお数寄屋坊主河内山宗俊(幸四郎)と、その悪事の片棒を担ぐ御家人くずれの片岡直次郎(菊五郎)を中心に、直次郎の恋人で遊女三千歳(時 蔵)、剣客の金子市之丞(段四郎)など江戸をにぎわせる小悪党や交錯する人間模様を生き生きと描いた河竹黙阿弥の代表作を今回は通しで上演。
⇒以前も河内山宗俊は幸四郎で見たことがあるが、通しで見るのは初めて。

河内山宗俊(幸四郎)は、金の無心に質店の上州屋を訪れる。腰元浪路(梅 枝)として奉公に出ている上州屋の娘が、奉公先の松江出雲守(錦之助)から妾になれと迫られているとのこと。それを聞いた河内山は、礼の金と引き換えに娘を連れ戻すことを請け負う。⇒この場面は始めてみる。

上野寛永寺の使僧に化け、出雲守の屋敷に乗り込んだ河内山。出雲守は、浪路を帰すことを渋るが、河内山に説き伏せられ承知する。無事に役目を終えたが、帰りがけ、家臣に素性を暴露される。しかし居直って啖呵を切り、堂々と屋敷を後にする。⇒「とんだところに北村大善」は有名な台詞。

雪の降り積もった入谷の蕎麦屋にやってきた直次郎(菊五郎)は、悪事を重ね追われる身。三千歳(時 蔵)が出養生に来ていると知った直次郎は、一目会いたいと忍んでいく。折しもここへ三千歳を身請けした金子市之丞(段四郎)もやってくる。・・・⇒Sさんは直次郎が蕎麦屋で寒いのにざる蕎麦を頼むのはおかしいと言う。

入谷から逃れた直次郎は、甲州へ向かう途中、河内山のもとを訪ねる。そこで河内山は、縄にかかる覚悟を告げると、直次郎もまた、そんな河内山に感服し、逃げずに縄にかかる決意をする。やがて捕手に囲まれる中を、河内山は悠然と直次郎に酌をさせる。⇒この場面も記憶がない。

宗春のモデルは、(巷説では)水戸藩が財政難から江戸で行っていた富くじの経営に関する不正をつかみ、同藩を強請ったことが発覚し、捕らえられたというが、正式な記録はない。
河竹黙阿弥が、明治時代に入り描いた作品。

Sさんは幸四郎と仁左衛門と両方見ている。仁左衛門びいきのSさんは、仁左衛門のうほうが良いと盛んに言う。私は幸四郎は実に上手いと思うが仁左衛門のは見ていないのであえて逆らわない。

帰りは、目黒の「活」で思い切りお寿司を食べる。体重を気にしなければ大満足。

YMS温泉会 茅ヶ崎散策

久しぶりのYMS温泉会。
Arさんが幹事だったが仕事が多忙のため、Kmさんに変わる。
茅ヶ崎散策。参加者は、Km幹事、Itさん、Thさん、Hgさん。Arさんは仕事が忙しくてドタキャン。Iwさんも忙しくて温泉飲み会のみ遅れて参加。
早速出発。Kmさんが幹事だが、Itさんが地元なので詳しい。
Itさんに会うのは久しぶり。NPO活動や、バイク、絵画と多忙を極めているようで何より。
Thさんは自転車で木に激突して1年たったがようやく長く歩けるようになる。元気印が回復してきて嬉しい。
Hgさんは、唯一の現役。足腰を痛めて山歩きも出来なくなっていたが回復してきて山に登りたいという。
Kmさんは髭も良く似合うようになってきた。私もはやしたいがSさんに禁止されている。

高砂緑地。名の由来は、かつてこの付近に砂山があって「たかすな」と呼ばれていたこと。明治30年代に、「オッペケペー節」で知られる明治の俳優、川上音二郎が愛妾の貞奴と暮らした別荘がこの地にあった。高砂緑地の日本庭園の一角にある前庭つき茶室・書院が「松籟庵」。梅林があり2月には梅祭が行われる。
庭が綺麗。
IMG_9278sadasd.jpg
平塚らいてうの碑がある。
五重塔のミニチュアがる。奈良で本物を散々見てきたので、感動しない。

茅ヶ崎文化資料館に入る。誰もいない資料館がひっそり。
茅ヶ崎の昔の写真は田んぼばかり。
懐かしい乗り物。
IMG_9286sadsad.jpg
二階の考古資料を見たかったが次々とせかされて諦める。

茅ヶ崎の海岸線に出る。
烏帽子岩。
IMG_9295zxczxc.jpg
砂浜に下りる。釣り人がいる。誰かが尋ねたが河豚ばかりで収穫がないという。
海の音をぼんやり聞くのは心が洗われる。
海岸線を歩いていったら、カヤック?の競技をしている。丁度ゴールに入ったところ。
IMG_9300dsfsdf.jpg
トップは40数分、ラストは1時間を越える。八艘。
誰かが応援の女性に競技の名前を聞いている。(忘れてしまった。)
江ノ島が見える。
IMG_9306sadasd.jpg

開高健記念館に向かうところで、この後NPOの集まりがあるItさんと別れる。
開高健は、昭和の初期に生まれ平成の幕開けとともにこの世を去る。文壇にデビューするまで、芥川賞受賞とその後、ベトナム戦争との結びつき、茅ケ崎時代と4つに区分し、それぞれの時代における活動を追うとともに、当時執筆された代表的な作品を展示。
開高さんが、パイプをくゆらせ、あるいはグラスを傾けながら構想を練り、また愛用のモンブランの万年筆を手に原稿に向かった書斎。壁にはイトウやキングサーモンなど自身が釣り上げた剥製、ルアーが飾られている。
映像を見る。男は遊びと危機だと語る。
IMG_9308sdasda.jpg

かなり歩いてくたびれてきた。以前は元気印で休もうとなぞ言ったらまだ早いよと言うThさんが、疲れたから、茅ヶ崎の駅に戻り途中で食事しようと言う。
たまたま私が見つけた蕎麦屋「そばちり青海岸」に入る。これが当たり。まだ8月に出来たばかり。蕎麦は二枚三枚四枚と値段が同じ。最初は二枚にしようと思ったが、三枚と欲張る。
蕎麦が美味くて量もたっぷり。二枚までは片付けたが、三枚目は食べきれず暖かい蕎麦を頼んだHgさんに助けてもらう。満腹満足。

Iwさんから連絡が入り、日帰り温泉の「湯快爽快」の側に来ているという。あわてて出発。歩いたほうが早いと歩き出す。結構ある。Thさんが遅れ気味なので付き合う。
「湯快爽快」に到着。Iwさんと合流。早速温泉に入る。
野天元湯風呂に入る。ゆったりして疲れが取れる。お父さんに連れられてきた子供達がおおはしゃぎ。
信楽壷湯。信楽焼で作った大きな陶器。一人分だがいささか窮屈。
うたた寝之湯に入ろうとしたが満席。
うたた寝之蒸窯。スチームサウナの中でゆっくり流れるお湯の湯ぶねに寝そべる。気に入って二度も入る。
露天ジャグジー、露天泡風呂。、ストロングバス、ボディーバス、高濃度炭酸泉、電気風呂、電気風呂(漢方)全て入る。電気風呂はビリビリきてびっくりしたが、落ち着くと気持ちが良い。
あっという間に1時間以上かかる。一番最後に出たみたい。

既に宴会席が確保されている。麦酒で乾杯。
久しぶりの仲間達との談笑は楽しい。近況とか、中国問題とか、健康管理とか、仲間の様子とか、事業状況とか、いろいろ。楽しい限り。
飲みすぎた。

奈良遷都1300年

平城遷都祭のメイン会場に行く。Ht夫妻の好みではないが、ミーハー的な私が希望。偶然今日が最終日。
奈良駅から会場までのシャトルバスで向かう。
せんとくんが見送り。
IMG_9129zxccxz.jpg
Ht夫人は最初は気味悪いといっていたが、その内、可愛いと言う。

平城宮跡は、西暦710年に、藤原京から遷都された平城京の中核。
遣唐使復元の会場は、大行列なのでカット。
朱雀門に向かう。こちらも混んでいるが、並んで門が開くのを待つ。衛兵が行列してやって来て、門を開ける。
IMG_9139cxzzxc.jpg
太鼓を鳴らしている。

大極殿に向かう。途中衛兵が戻って来るのに出会う。かなり歩く。
IMG_9152cxzzxc.jpg
大極殿。正面約44m、側面約20m、地面より高さ約27m。直径70cmの朱色の柱44本、屋根瓦約9万7000枚を使った平城宮最大の宮殿。
IMG_9163xczcx.jpg
中に入るが大混雑。壁面に十二支。玉座がある。

再びえんえんと歩いて戻る。蹴鞠のイベントをしている。

浄瑠璃寺に向かう。
738年(天平11年)行基によって開かれたといわれる説もあるが、浄瑠璃寺の記録は少なく、浄瑠璃寺流記事によると、1047年(永承二年)義明という上人が、薬師如来を本尊とし、一日で屋根を葺けたというほどの小さな堂を建てたのが始まり。
池を一周する。亀が日向ぼっこ。
IMG_9189sdaasd.jpg
浄瑠璃寺本堂 九体阿弥陀堂(国宝)藤原時代。
IMG_9192sdfdfs.jpg
浄瑠璃寺三重塔 (国宝)藤原時代。
IMG_9194sadsa.jpg
阿弥陀如来像九体(国宝)藤原時代にお参り。九品往生、人間の努力や心がけなど、いろいろな条件で下品下生からはじまり、下の中、下の上と上品上生まで九つの往生の段階があるという考えから、九つの如来をまつった。
四天王像四体(国宝)藤原時代、薬師如来像(重文)藤原時代、吉祥天女像(厨子入り)(重文)鎌倉時代などお参り。

岩船寺。
729年(天平元年)聖武天皇の勅願で行基が建立したのが始まりで、806年(大同元年)智泉大徳が報恩院を建立。813年(弘仁四年)嵯峨天皇が皇子誕生を感謝し、堂塔伽藍が整備され岩船寺となる。
十三重石塔(鎌倉時代)重要文化財。
IMG_9202sdsfd.jpg
岩船寺三重塔。
IMG_9212dfsdf.jpg
三重塔の壁画は、五大明王、十六羅漢、など極彩色に描かれている。
Sさん、夫人、私と鐘を鳴らす。
IMG_9213zxczxc.jpg
貝吹岩に登る。Htさんがさっさかと登るのでついていけない。見晴らしは良いが、残念ながら少しもやっている。
IMG_9218fsdfsd.jpg

海住山寺。
天平七年(735)創建。
五重塔(国宝)鎌倉時代。
IMG_9225sfdfd.jpg
文殊堂(重要文化財)鎌倉時代。
IMG_9224hfghgf.jpg
木造十一面観音菩薩立像(重文)平安時代、木造四天王立像(重文)鎌倉時代などをお参りする。
庭が美しい。
IMG_9232dsfsdf.jpg
上に上がると見晴らしが良い。Htさんも私同様高いところが好き。
IMG_9238fdgfgd.jpg
寺の和尚さんが、現光寺の木造十一面観音坐像のご開帳の参加を募る。直ぐに申し込む。
和尚さんの車を先頭に7台連なって向かう。途中信号待ちの所で、前の車が石に乗り上げそうだったので、Htさんが前の車に教えに走る。親切。

現光寺は無人のお寺で荒れている。
IMG_9242dfgfgd.jpg
お堂に木造十一面観音坐像が祭られている。像高74.0cm、重要文化財。その造形表現から、13世紀第一四半期に慶派仏師により制作されたと考えられる。お参り。

最後のお寺、鷲峰山金胎寺に向かう。くねくねした山道を進む。こういうところがHtさんは大好きのようで俄然元気が出る。
天武天皇白鳳4年(675年)9月、役小角(役行者)によって開かれたといわれる鷲峰山は、奈良時代、平城京の鬼門封じとして、聖武天皇によって堂が建立され勅願寺となる。笠置へと落ちのびていった後醍醐天皇が一日滞在したそうだ。かなり急な坂を登る。Htさんに追いつけない。
向こうから降りてくる男女が、お寺はもう仕舞ってますよと教えてくれる。到着。
金胎寺多宝塔、重要文化財。
IMG_9251fghhg.jpg
行者が火渡りする場所だそうだ。
IMG_9253dfggdf.jpg
最後を飾るに相応しい紅葉。
IMG_9255fgdgdf.jpg

旅の終了。
楽しいお寺めぐりも終りが来る。
レンタカーを返す。3日間、Htさんにはずっと運転してもらい。夫妻には、寺を案内してもらい感謝感謝。
また春に来たい。

薬師寺 唐招提寺 興福寺 正倉院展





当初、早く起きて正倉院展に行く予定だったが、遅く行ったほうが空いているとHt夫人が聞いてきたので、正倉院展は夕方に回す。(正倉院展のチケットは既にHtさんが入手して渡されている。)
奈良遷都1300年を記念して、いろんなお寺でご開帳をしているので、それを見て廻るのが楽しみ。
途中、昨日拝観した吉野の金峯山寺の金剛蔵王権現堂のポスターがある。ポスターでも迫ってくる。
IMG_9035ewre.jpg

薬師寺。天武天皇により発願(680)、持統天皇によって本尊開眼(697)、更に文武天皇の御代に至り、飛鳥の地において堂宇の完成を見る。
金堂。
IMG_9045sdfsdf.jpg
金堂の仏像、薬師三尊像(国宝、白鳳時代)をお参りする。金堂内の白大理石須弥檀上に、中央に薬師瑠璃光如来、向かって右に日光菩薩、向かって左に月光菩薩がお祀りされている。
大講堂の弥勒三尊像(白鳳~天平時代)にお参りする。
仏足石・仏足跡歌碑(国宝、天平時代)を拝顔。インドの鹿野苑(お釈迦さまが初めて法を説かれた所)の仏足石をもとに、天平勝宝5年(753)に刻まれたことがわかる日本最古の仏足石。

東塔。薬師寺で唯一創建当時より現存している建物で、1300年の悠久の時を重ねてきた。
IMG_9046ewewq.jpg
西塔。
IMG_9047dssdffd.jpg

大宝蔵殿で吉祥天女の特別公開をしている。ポスター。
IMG_9056ewrrwe.jpg
実物を見るのは初めて。感激。

玄奘三蔵院の玄奘塔。
IMG_9062rewwre.jpg
玄奘三蔵像は右手には筆を、左手には貝葉(インドのお経)を手にしており、天竺からの帰国後、経典の翻訳作業中の玄奘三蔵の姿をモデルにしたもの。

移動途中の塀の瓦が面白いとHt夫人に教えられる。
IMG_9064werwer.jpg
東院堂。養老年間(717~724)に吉備内親王が元明天皇の冥福を祈り、建立。現在の建物は弘安8年(1285)に再建。
IMG_9076asdasd.jpg
聖観世音菩薩像(国宝、白鳳時代)にお参り。

唐招提寺に移動。
多くの苦難の末、来日した鑑真大和上は、東大寺で5年を過ごした後、天平宝字3年(759)に戒律を学ぶ人たちのための修行の道場を開く。「唐律招提」と名付けられ鑑真和上の私寺として始まった当初は、講堂や新田部親王の旧宅を改造した経蔵、宝蔵などがあるだけだった。金堂は8世紀後半、鑑真和上の弟子の一人であった如宝の尽力により、完成したといわれる。奈良時代建立の金堂、講堂が天平の息吹を伝える、貴重な伽藍。
戒壇を見る。石段のみ鎌倉時代。Sさんがカンボジャやベトナムで見た戒壇と全く同じねと言う。
IMG_9074rewre.jpg

金堂は大修理中。
新宝蔵でHt夫人は以前来た話を受付のおばさんとする。右側はキササゲ。
IMG_9079fsdsdf.jpg
おばさんは今年は花が好く咲かなかったと言う。花の写真を見せてくれる。キササゲの実はもっと長くなるそうだが今年は短い。落ちている実をSさんと夫人と拾う。
金堂に安置されていた木造大日如来坐像(重文)のほか、旧講堂木彫群と呼ばれる、奈良時代末期に制作された多数の木彫像が収められている。

鑑真和上の墓所に行く途中の苔庭の美しいこと。ボランティアの人が世話をしている。
IMG_9082wererw.jpg
開山廟前。
IMG_9085rteret.jpg
鼓楼(国宝、鎌倉時代、仁治元年(1240))。
IMG_9086ertert.jpg
講堂(国宝 奈良時代(8世紀後半))。
IMG_9088saddsa.jpg
本尊弥勒如来坐像(重文、鎌倉時代)と、持国天、増長天立像(重文、奈良時代)の他、多くの仏像が安置されている。
修学旅行の学生が一杯いる。途端に騒々しくなる。何班何人いますとか言っている。

興福寺に移動。
途中一刀彫の店による。
IMG_9098rtetre.jpg
Ht夫人はここのお雛様を持っている。Sさんも買いたそうで、どうしますかと聞くので、ご自由にと答える。一対のお雛様を買う。

興福寺の五重塔が見えてきた。
IMG_9104dsfsdf.jpg
興福寺は、710年、平城遷都の際に、藤原不比等が飛鳥にあった厩坂寺を移築し、興福寺に改名。
五重塔は天平2年(730)、興福寺の創建者藤原不比等の娘にあたる光明皇后が建立。 現在の塔は、5回の焼失・再建を経て、応永33年(1426)に創建当初の位置に再建されたもの。
IMG_9108dfgfd.jpg
東金堂。
IMG_9109ewrrwe.jpg
薬師如来坐像をお参り。

阿修羅像はものすごい行列。1時間以上の待ち。以前東京で見たのでパスする。

北円堂の運慶像を見に行く。わが国に現存する八角円堂のなかでは最もその姿が美しいと言われる。
IMG_9113wewer.jpg
運慶作の無著像、世親像(1212年)を見る。

時間が丁度良くなってきたので正倉院展に向かう。
鹿が一杯いる。
IMG_9116tertre.jpg
正倉院展のポスター。螺鈿紫檀五絃琵琶。
IMG_9118rewrew.jpg
物凄い行列。これでも少ないほうだとか。
IMG_9120erwrew.jpg
中も凄い混雑だが、何とか見物できる。Ht夫妻とは別々に見学することに。Sさんとはぐれないように時々、確認したり手をつないだり。
螺鈿紫檀五絃琵琶は正面から見るのは凄い行列なので、後回しにして背面だけ見る。背面は螺鈿や玳瑁(たいまい)で表現した豪華な品。

繍線鞋:麻布と紙を芯とし、表面を錦と平絹で包んだ女性用の履物。中国から、遣唐使などを通じてもたらされたと考えられる。
種々薬帳:光明皇后が東大寺大仏に薬物60種を奉納した目録。Ht夫妻は興味心身で見たことだろう。
五色龍歯:ナウマン象の第3臼歯の化石。
青斑石鼈合子:蛇紋岩を加工して作ったスッポン形の入れ物。仙薬を入れたとか。
伎楽面 酔胡王:奈良時代の寺院の法要でしばしば伎楽などの楽舞が上演された。本面は伎楽の最後に酒に酔った胡人の一群を率いる王の役がつけたもの。迫力がありしばらくたたずんで眺める。
蓮華残欠:金銅製の茎に木製の花弁などをとりつけたもの。
その他、鏡、書物、壷、薬、調度品、屏風、文房具、楽器など多数。
引き返して、螺鈿紫檀五絃琵琶の列に並ぶ。前よりは列が短くなっている。ようやく正面に来る。
インドが起源とされる五絃琵琶で、世界唯一の現存品。全長108.1cm。ラクダに乗り琵琶を演奏する人や熱帯の食物、唐花文と含綬鳥などを螺鈿や玳瑁で表現した豪華な品。五絃琵琶の音が流れている。しばし幽玄な心地に浸る。

Htさんと再び合流。
良かった良かったと喜び合う。
帰る途中に和食やに入る。麦酒が美味い。
今日一日も素晴しかった。

金峯山寺 曽爾高原

今日から2泊三日で、Ht夫妻と一緒に吉野・奈良旅行。
Ht夫妻は、何度も、吉野・奈良に行っているので、計画は全て、夫妻任せ。Sさんと私は、申し訳ないが、おんぶに抱っこ旅行である。
のぞみの新幹線の車中で、夫妻と一緒になる。当初の計画では、京都駅でレンタカーを借りて、金胎寺、笠置寺、浄瑠璃寺等を廻る予定だったが、天気が良いので、曽爾(そに)高原のすすき原に落ちる夕日を先にしようと言うことになる。
京都駅で、レンタカーを借りる。免許証は持ってきたが、運転は全てHtさんまかせ。旅行中分かったが、Htさんは山道、悪路に来ると俄然血が騒ぐみたい。
まずは、高天原(たかあまはら)に向かう。Htさんは神話の世界は大好きなようで実に詳しい。
古事記神話に登場する天照大神の孫にあたるニニギノミコトが地上界に降臨する天孫降臨伝説はこの高天原から天孫ニニギノミコトが日向の高千穂へと天下る神話だそうな。
金剛山(高天山)の中腹に広がる台地が高天原エリアで、そこに高天彦神社(たかまひこじんじゃ)がある。
IMG_8915jhk.jpg
祭神は高皇産霊尊、市杵嶋姫命、菅原道真の3柱だが、元々は葛城山の地主神の高天彦を祀っていたとも言われている。御祭神を祖とした葛城族は、大和朝廷に先行する葛城王朝を築いた。と立て札にある。葛城と言う地名が残っている。
社殿の背後にそびえる美しい円錐状の山がご神体の白雲嶽。
IMG_8920dasdas.jpg
そこから、畑の中を突っ切り、道が分からなくなって、絵を描いているおじさんに聞く。蜘蛛塚を見に行くと言う。こうなると、Htさんの世界。
IMG_8921rerw.jpg
蜘蛛窟には次の様な伝説が残っている。『むかし、千本の足をもつ大きな土蜘蛛がすんでいた。時の天皇はお悩みであったので勅使がきて、字 サルチ(猿伐)から矢を射て殺した。矢の落ちたところを矢の段という。土蜘蛛を高天彦神社の傍に埋め、蜘蛛塚といった。』

吉野山に向かう。桜の季節は素晴しい景観だそうだ。春にもう一度来たい。
IMG_8926erwwer.jpg
金峯山寺に向かう。菊が美しい。
IMG_8928rewre.jpg
金峯山寺(きんぷせんじ)は、天台宗単立の寺院で、修験道の本山。本尊は蔵王権現、開基(創立者)は役小角(えんのおづぬ)と伝える。
IMG_8938rewer.jpg
IMG_8940wetwter.jpg
金剛蔵王権現像 百日特別ご開帳を参拝。釈迦如来を真ん中に、千手観音菩薩、弥勒菩薩と並ぶ。青い色が凄い迫力で迫ってくる。Sさんは事の他、感銘したようで長く拝んでいる。私も並んでお参りする。
Sさんが感銘したのでHt夫妻が喜ぶ。

古事記、万葉集の舞台ともなった、歴史の里奈良県大宇陀町。街並みが綺麗。
IMG_8947qwew.jpg
トウワタ(唐綿)。
IMG_8943eqwwqe.jpg
森野旧薬園に入る。
森野吉野葛本舗は創業400年。葛粉を作り始めて10代目の藤助が享保年間に自宅の裏山に開いた「小石川植物園」と並ぶ日本最古の薬草園。約250種類の薬草。
吉野葛を晒している。
IMG_8951rwewre.jpg
森野吉野葛本舗。
IMG_8952rerew.jpg
裏山の薬草園。
IMG_8957rwerwe.jpg
薬剤師のHtご夫妻は、薬草には興味深く、良く観察している。

時間が丁度よくなってきたので、曽爾高原に向かう。
標高約900mで倶留尊山(くろそやま)と亀山の山肌が見渡す限りススキ。
IMG_8968rwerwe.jpg
夕日のススキを目指してカメラマンが一杯いるのに驚く。
上まで登ろうと先に進む。登る間も夕日が段々沈んでくる。
IMG_8981qweweq.jpg
下には湿原が広がる。
IMG_8984gkjh.jpg
ようやく山の中腹に到達。更に上が頂上だが、夕日が落ちそうなので、ここで止まって眺める。
IMG_8998werrwe.jpg
いよいよ夕日が落ちてきた。
IMG_9010rewrwe.jpg
IMG_9016rewwer.jpg
素晴しい眺望にしばし見とれる。夕日が落ちると急に寒くなってきた。降りる。
IMG_9023rter.jpg
降りて、湿原側を歩く。灯篭のような灯が立っている。
IMG_9032weqqwe.jpg
以前は、こんな灯はなかったそうだ。有名になって人が多くなったとHt夫妻は少し不満げ。
後で聞いたら、明日にでも野焼きをするところだそうだ。野焼きをすると真っ黒の原になってしまう。ラッキーである。普段の行いが良いと喜び合う。

一路、奈良のホテル日航奈良に向かう。
レンタカーにカーナビがついているが、Htさんはカーナビを使わない。カーナビは私がセット。少し役立つ。
食事は、ホテルの日本食。麦酒が上手い。Ht夫人はお酒を飲まないので麦酒は3人。まずは乾杯。今日一日、吉野を堪能した。とてもSさんと二人では行けない所ばかり。運転もお任せで、感謝感謝。
赤ワインを飲んだら、酔ってしまう。
部屋に入って、Sさんは風呂に入ったが、私はその間に寝てしまった。

50年ぶりの早稲田との優勝決定戦

50年ぶりの早稲田との優勝決定戦。50年前は大学一年生で、6連戦に通った。来る日も来る日も安藤投手にやられ、慶応絶対有利から、優勝を逃した。そのリベンジである。
Mkさんから、神宮が凄いことになっているので、9時に席取りに行くとメールがある。なるべく早く来てくれと言うので、9時前に家をでて、10時に球場につく。ダフ屋までいる。長蛇の列。フリーパスチケットがあるので、直ぐに入れる。
Mkさんがいると言った席に、いない。電話したら、違う席を教えてくれる。メールの席は、間違っていた。興奮して間違えたみたい。Mk兄弟が確保してくれた席に座る。10時なのに、内野は満員。外野も埋まってきている。
慶応野球部発行のパンフや早稲田発行の新聞を見て、時間をつぶす。興奮しているせいか、待ち時間があまり長く感じない。
応援合戦や、練習が始まる。慶応の選手が出てきて大きな拍手。早稲田の選手がグランドに出てくると祐ちゃんの応援が凄い。
3万6千人。超満員。入れなかった人もいるみたい。

試合開始。
IMG_8719rewwer.jpg
先発は竹内投手。
IMG_8742weqew.jpg
いきなり打ち込まれ点を取られる。江藤監督が出てくる。
IMG_8728werwre.jpg
3点を奪われる。3点目はやらずもがなだった。
斉藤投手は好調。落ちる球が有効。
IMG_8733sdfsdf.jpg
竹内投手はその後点は取られないが、毎回打たれる。初戦時の勢いはない。慶応は竹内投手の代打を出すもノーヒット。
4回田中投手に交代。
IMG_8775asddsa.jpg
田中投手も打たれて5回福谷投手に交代。
IMG_8795weqew.jpg
ここで抑えるはずが打ち込まれて5回6回で3点取られる。福谷投手も連戦で疲れが出たのか、らしからぬピッチング。
慶応はノーヒット無得点。おいおいノーヒットノーランかよと周りがため息。
早稲田応援団は、常時大騒ぎ。慶応は静まり返っている。
1年生の山形投手が7回登板。更に1点追加され7-0。敗色濃厚。
IMG_8820qweew.jpg
8回金子投手。
IMG_8837asddas.jpg
斉藤投手は落ちる球が有効で、慶応のバッターはそれを振らされている。
IMG_8843asdsad.jpg
8回ようやく松本選手にヒット。
IMG_8853sdffsd.jpg
鬱積が発散されて優勝したような騒ぎ。ノーヒットノーランは免れる。ここから立って応援。応援歌、歌いっぱなし。
IMG_8855sdffd.jpg
奥橋選手のタイムリーが出て1点。
IMG_8857xcvvxc.jpg
渕上選手もヒットで追加点。2点目。
IMG_8814sdasda.jpg
キャプテン湯本選手も続き更に1点。3点目。
IMG_8737sdfsdf.jpg
金子投手の所でスクイズ失敗。途中交代で伊場選手が代打。あれもう投げるピッチャーいないんじゃないのとMkさんが言う。伊場選手はフォアボール。
ここで期待の4番伊藤選手。
IMG_8872dsfsdf.jpg
期待にこたえて3塁打をはなつ。塁上ガッツポーズ。7-5まで迫る。
たまらず斉藤投手交代して大石投手。
IMG_8879asas.jpg
慶応の反撃もここまで。
9回は、ピッチャー登録いなくなり、内野手の正木選手がマウンド。
IMG_8887dfsfds.jpg
Mkさんが高校時代はピッチャーだったが、1回くらいしか投げてないよと言う。
コントロールが定まらないが、慶応の応援団は、やさしく頑張れと激励。
3点取られる。9回裏も大石投手に押さえ込まれ、ゲームセット。10-5。
IMG_8903sdasad.jpg
50年ぶりのリベンジはならなかったが、最後の反撃が素晴しかったので、皆、満足。
慶応選手の挨拶に暖かい声援。
IMG_8907sdas.jpg
早稲田の胴上げ。
IMG_8910asdsda.jpg
優勝したら、祝賀会に行くところだが、この後があるので、Mkさんと引き上げる。応援仲間は残念会に向かうだろう。

高校仲間のTnさんの絵画展があり、それを見た後、懇親会の予定だったが、絵画展に行く時間はないので、直接、懇親会に向かう。中野の駅でTnさんが迎えに来てくれた。
Knさん、Hdさん、Akさん、Tnさん、Mkさん、Smさんの7人。高校1,2年で同じ組。
Hdさんとは、久しぶり。体調は良くなったが、会社の具合が良くないという。社長が自ら営業活動。飲み会が多いという。
Akさんには、前立腺がんの時に、病院紹介してもらい世話になった。眼科医。70歳を過ぎたら仕事量を減らしたいと言う。
Kmさんは、奥さんが骨折して、家事は全て行っている。買い物をメモどおりに買っても、文句を言われるとぶつぶつ。癌克服して良かった。
Tnさんは、スキー仲間。栂池、志賀では一緒する。北海道スキーに行くとか。
Smさんは、面倒見が良い。この会も彼の発案。ゴルフとテニスが大好き。年内にゴルフを計画。
麦酒と赤ワインを飲む。
1時間ちょっとで、水曜会に行くために抜ける。おいこんなに楽しい会を抜けるなんて、本当にコーラスに行くのかと疑われたので、楽譜を見せる。一緒にいたいのは山々だが、練習も出たい。もっとも優勝していたら、この会も水曜会もすっ飛ばして、祝勝会で夜中まで騒いだだろう。

水曜会は休日なので、始まりが30分早く6時。既に1時間位経過している。
休みなので参加者が多い。テナーは、Skさん以外全員参加。10名。遅れて参加したので、3列目。
先生が、優勝できなくて残念だったねと言う。銀座に繰り出したかと言うので、中野と答える。(負けて)やけになってるなと言われてしまう。
日に焼けてるわねと誰かが言うが、実はお酒で赤い。

「ばら・きく・なずな」新実徳英作曲。
初めての曲なので譜読み。3列目は楽と言えば楽。おまけに隣が団長なので、音取りがしやすい。団長と音がずれていたら間違いと思えば良い。
ラララで練習。
お酒を飲んで歌うと息が切れる。長いフレーズは息が続かず。

休憩。
Htさんから明日からの吉野・奈良旅行の資料を貰う。
先生の誕生祝。1日が誕生日だが、今日お祝い。年齢を感じさせない。
Tsさんが代表してお祝いの言葉。Ssさんが文章を作る予定だったが、旅行に行ってお休みなので、即席の祝辞。
電気を消して、ハピーバースデーを歌いながら、ケーキの蝋燭を吹き消す。
何時までも元気で水曜会を続けて欲しい。

「ばら・きく・なずな」の歌詞をつける。
後ろで歌うとあらが見えない。

「てっせん・どくだみ」新実徳英作曲。
テナーのソロは、トップがKkさん、セカンドのハミングは全員と先生が指示。Mtさんにセカンドのハミングソロをやれと言われていたが逃れられた。Mtさんが良かったですねえと冷やかす。
緊張感が少しあって良かったかも。

「みょうが」新実徳英作曲。
相変わらず、リズムに乗れない。そんなに難しいとは思わないが。

「北の国から」さだまさし作曲、松下耕編曲。
気持ち良く歌ったら、もっと抑えてと言われる。

終った。お酒飲んでると疲れる。心臓に良くない。
Hmさんから先週、先生のお祝い会をするので出る様にと言われたが、明朝早いし、出る元気がない。
ささっと帰る。駅でMtさん、Siさん、Fn夫妻、Stさんと一緒になる。このメンバが揃って帰るのは始めてねとSiさんが言う。Fnさんが慶早戦をTVで見ていて、8回の金子投手のスクイズ失敗は、代打を出すべきと言う。もう投手がベンチにいなかったので、代えられなかったと答える。Stさんから生まれたばかりのお子さんの話を聞く。

勉強会

勉強会の準備をして出かける。
庭の秋咲き球根。名前は不明。
IMG_8684sadsda.jpg
ミズヒキ(水引)。
IMG_8685sdf.jpg
ザクロの一種。
IMG_8686dasdas.jpg
近所のビオラ。
IMG_8688asdasd.jpg

参加者は、幹事のAbさん、Tmさん、Kjさん、Fmさん、Kdさん。Kbさんは病気療養中。
私は中国史をずっと取り扱っている。現代史に近づいてきた。項目のみ抜粋。
1931年:満州事変。
1934年:長征。さまよう中国共産党。
1935年:八・一宣言。抗日民族統一戦線の結成。
    西安事変。共産党の主張が張学良を動かした。
1937年:盧溝橋事件。長きに渡る日中戦争が始まった。
    第二次国共合作。蒋介石は、約束を守った。
1941年:国共内戦。
    太平洋戦争勃発。
1945年:ポツダム宣言。
国共内戦:日本の敗戦によって中華民国は戦勝国となり、国際連合の常任理事国となったものの、共通の敵を失い再び国民党と共産党は戦後構想の違いより対立へと転じ、1946年6月より内戦を再開させた。国民革命軍は約430万(正規軍200万)でアメリカ合衆国の援助も受けており、共産党軍の約420万(正規軍120万)と比べ優位に戦闘を進め中国全土で支配地域を拡大したが、・・・国民革命軍は満洲で大攻勢をかけ、1947年中頃になると共産党軍は敗退・撤退を重ね、国民党は大陸部の大部分を手中に収めようとしていた。だが、法幣の大量発行がインフレーションを招き、農民を中心とした民衆の支持を失う事となった。そしてアメリカの国民党への支援も、第二次世界大戦の終結以降ヨーロッパにおける冷戦の開始や・・・等の理由により、先細りになっていった。・・・1949年に共産党による中華人民共和国が成立した一方、蒋介石は中国国民党軍とともに台湾島一帯へ退却した。

Tmさん:脱ガラパゴスの三か条。1・消費者が抱える普遍的な悩みを解決する製品作りに集中する。2・当初から世界展開を目指し、市場の地理的多様性を広げる。3・すべてを消費者目線で考え、柔軟な組織で変化に機敏に対応する。
IMD学長のドミニク・テュルパン教授が取り上げた、トムトムの急成長から導き出す。カーナビ分野で欧米で圧倒的シェアを獲得。日本のカーナビが一時は、世界を覆っていたが一蹴されたようだ。

Kjさん:気まぐれなお金持ち チャイナマネー。中国はいまや世界一の金持ちだ。2000年にわずか1600億ドルだった外貨準備は、2兆6500億ドルまで膨れ上がり、毎年4500億ドルのペースで国際収支黒字を積み上げている。・・・対日M&Aで米国を抜き中国がトップに・・・中国市場で生き返る日本ブランド・・・高まる中国依存度、日本の存在感低下。貿易相手先別に見た中国の比率は上昇しており、輸出入とも二割前後。米国に変わって最大の相手国。
⇒尖閣列島事件に絡めて、中国の台頭に対する日本の難しい舵取りについて、議論活発。

Fmさん:企業は30年でつぶれるように出来ている。 日立製作所:100年目の再構築に挑む。 クラウド日米攻防激化。

Kdさん:謝罪の時代。日本では企業から芸能界まで「ご迷惑をおかけしました」のオンパレード。迷惑の意味も明らかではないのに、意味の無いお詫びが繰り返される。アメリカには「ご迷惑」や「ご心配」はない。
⇒謝罪の文化は日本だけだろうかと大議論。中国、韓国にはない。欧米には無論ない。農業国、仏教国のなせる業か。タイにはあるのだろうかと喧々諤々。

Abさん:リニア新幹線。 遺伝子の面白い話:細胞と言う工場で作る製品がたんぱく質。すべての製造手段を書き写した分厚い設計図。それがDNA。作業を受け持っている作業員が、RNA。ところが最近大量に発見された作業員ではないRNAは、多くがそれらの生産をコントロールする機能に深い関係を持っていることがわかってきた。

勉強会は、文字通り勉強になる。




Caro laccio いとしい絆よ

社友クラブ懇親会の話「極彩色日記」の資料作成。
社友クラブのOdさんと懇親会幹事のOnさんとHBIを訪問し、資料作成をお願いする。
HBIのOdさんとTjさんに会議室で打ち合わせ。
講演用に作成したパワーポイントに、水曜会演奏会の「GLORIAⅠ」J・Rutter作曲を挿入したいとお願いする。
演奏会のDVDが、PCに載らない。いろんなソフトを試し、最後にこれなら大丈夫と言うソフトで変換しPCに載せる。
パワーポイントの水曜会演奏会のブログにくっつける。試してみると「GLORIAⅠ」の時間が7分くらいかかる。Onさんから少し長いなあと意見が出る。もっと短いのがないかと言われ、アンコール曲の「Rejoice and be merry」J・Rutter作曲に変える。時間は4分程度なので、こちらが良いと言う。
GLORIAの演奏を流せないのは、残念だが、7分も音楽に興味がない人に聴かせるのは、無理と言われ断念。
次回は、最終打ち合わせで、最終のパワーポイントに「Rejoice and be merry」を挿入したDVDとUSBを作成する。
その時に、レジメと紹介文も用意。
面倒をかける。気軽に引き受けたが、結構大変。
映画の話をしたAkさんの資料の、映像を編集するのは大変でした。それに比べれば楽ですよと慰められる。

今日は、慶早の二回戦。今日連勝すれば、50年ぶり優勝決定戦だが、この後もIi先生のボイトレの練習があるので、観戦は諦めて家に帰る。
近所のヒメツルニチニチソウ(姫蔓日日草)。
IMG_8675sdaasd.jpg
トレニア。
IMG_8677sdasad.jpg
コエビソウ(小海老草)。
IMG_8679asdasd.jpg

IMG_8680dsfdfs.jpg
菊。
IMG_8682sadasd.jpg

Mkさんにメール。孫の世話を抜け出して、神宮に着いたところだという。勝ってるぞとメールが飛び込む。
家に帰って、TVをつけたら、7-1で勝っている。しかもドラフト一位の早稲田の福井投手、大石投手を打ち込んでいる。慶応は福谷投手が完投。山崎選手、福谷投手が本塁打。
勝った勝った。50年ぶりの早稲田との優勝決定戦。水曜会があるが見に行くぞ。

興奮冷めやらぬまま、Ii先生のボイトレに出かける。
発声練習で変わった練習方法を受ける。記述するのが難しい。魔王の声とか言う発声練習をしてから、歌うと低音の音域が広がる。高音もスムーズに出るから、音域が広がる。魔王の発声をして、どのポイントで発声するかを記憶して発声するとよい。何度も練習して、お腹のどの辺りかを掴み取る。
効果が抜群にでたので、Ii先生が喜ぶ。色に染まってないので、何でも素直に受け入れるせいだろう。

コンコ-ネ27番。その発声方法で歌うように言われるが、つい元に戻ってしまう。何度もやって発声が出来るようになる。繰り返し練習して、発声方法を掴み取ってくださいと言われる。

水曜会の合宿で、Ii先生の個人レッスンをテナーが5人受け、各パートの最高人数ですと言ったら、ソプラノより多いのと驚く。テナーは熱心ですからと言ったら、喜んでいた。

「Caro laccio」いとしい絆よ。初めての曲。
前回、発音を指導してもらったが、発音もリズムも難しい。初めは譜読み。次に、音は一定にして、リズムだけ取って歌詞をつける。il-mio-pen-sie-ro,・・・のリズムが取れない。付点八分音符と16分音符の2連符や、付点八分音符と32分音符との3連符が続くと、リズムに乗れない。
歌詞をつけて歌う。ゆっくりだと何とか歌える。リズムを正規にするとおかしくなる。
今日は、時間切れ。これは苦戦しそうだ。でも上手く歌えたら、好きになりそうな曲だ。
汗かいちゃった。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR