FC2ブログ

2010-10

Latest Entries

勝ったぞ!

慶早戦に行く。
1時開始だが、優勝がかかっているから混むだろうとMkさんは10時から席取りに出かける。私は、11時前に入門。チケット売り場は凄く並んでいる。二階席を取ってもらったので、Mk兄弟の側に座る。Mkさんとくしくもジャケットが同じ素材。Mkさんの方が高そうだが。仲が良いねと冷やかされる。
斉藤投手の最後のシーズンだし、後1勝で優勝なので、早稲田側の入りは凄い。慶応側は学生席が空いている。Mkさんが熱心でないんだからとぶつぶつ。
Mkさんはテンションが高く、連勝して、優勝決定戦に持ち込むんだと言う。決定戦になれば、50年ぶり。
二階席は、慶応寄りに座っているが、周りは早稲田が多い。
霧雨が時々ふる。二階席は屋根つきなので雨は防げる。
選手の練習や、応援合戦が始まる。
Mkさん弟の友人のOkさんが来る。おなじみの顔ぶれ。

慶応ワグネルソサエティの応援。オープンなので声が散ってしまい、もったいない。
IMG_8501rwrewer.jpg
塾旗が入り、応援が本格的になる。
IMG_8513erte.jpg
Mkさんの友人の早稲田実業コーチのObさんが来る。顔なじみ。

先発の斉藤投手がマウンドに上がる。
IMG_8518gddfg.jpg
いよいよ試合開始。祐ちゃんが投げる。
IMG_8523ertte.jpg
先頭の渕上選手がツーボールの後、いきなり先制の本塁打。
IMG_8525wrerwe.jpg
歓喜の慶応応援団。
IMG_8526erwrwe.jpg
続くキャプテン湯本選手もヒット。竹内選手がアウトの後、期待の4番伊藤選手もヒット。
IMG_8537ass.jpg
斉藤投手の立ち上がりを攻めてもう一点欲しかったが、後続を絶たれ点が入らず。ホームランで先制し、ヒットも二本続いたので、後一点欲しかった。Mkさんも斉藤投手は初回点を取らないと立ち直ってしまうと悔しがる。
慶応の先発は、竹内大投手。春は大活躍のエースだが、秋は今ひとつぱっとしない。今日はどうか。
IMG_8554rewrwe.jpg
観客は満員。3万3千人。
IMG_8556rteter.jpg
竹内投手は、二回にヒット二本打たれて危うかったが、何とか押さえる。3回もヒットを打たれるが、緩急の投球で抑える。後ろの早稲田ファンらしきおじさんが、竹内投手は緩急良く投げてるなあと感心してる。
4回に長崎選手がヒット打つも得点に結びつかず。
IMG_8579ewrre.jpg
ベンチ前の円陣。江藤監督がいると安心してみていられる。存在感が高い監督。
IMG_8585rtetre.jpg
5回に渕上選手が再びヒット。
IMG_8587erwre.jpg
キャプテン湯本選手がしっかり送る。
IMG_8589erwrew.jpg
だが得点にならず。
5回祐ちゃんが自ら二塁打。後ろの早稲田ファンは気合が入ってたよ喜ぶ。
IMG_8595erwerw.jpg
歓喜の早稲田応援団。
IMG_8596tret.jpg
ところが後続絶たれて無得点。早稲田の選手は、優勝意識してか、動きが硬い。
Mkさんはドラフト疲れだと茶化す。こっちは関係ないもんねと変な自慢。
6回青山選手が二塁打。
IMG_8602wer.jpg
続く高尾選手がタイムリーをはなって1点追加。
IMG_8607ewr.jpg
慶応応援団は大喜び。
たまらず應武監督が、マウンドに行く。斉藤投手と市丸捕手。
IMG_8610etter.jpg
慶応は4年生の活躍が目立つ。
渕上選手、キャプテン湯本選手、青山選手、高尾選手、長崎捕手。卒業したら野球をやめる選手もいる。江藤監督は一日も長く野球がやれるようにしようと4年生を励ましているとか。この激は効いている。
8回から、6球団ドラフト一位の大石投手登板。
IMG_8631ewrwer.jpg
いきなり山崎選手が二塁打。Mkさんが速球には強いんだと解説。
IMG_8632treter.jpg
おおこれは追加点と思ったが、スクイズミスらしきなどあって点に結びつかず。
ミスしたらしい高尾選手に江藤監督が注意。
IMG_8638ert.jpg
8回から、福谷投手に交代。竹内投手は7回をヒット6本打たれながら、0点に抑えた。今シーズンで一番の出来が、大一番で出た。さすがエースだ。
力投する福谷投手。
IMG_8648rettre.jpg
いよいよ9階裏。ヒット一本打たれるも零点に抑えて試合終了。
IMG_8667fsdf.jpg
IMG_8668dsasd.jpg
IMG_8670dfdfs.jpg
IMG_8671asddsa.jpg
ヒーローインタビューは先発の竹内投手と先制のホームランを打った渕上選手。
IMG_8672ert.jpg

勝ったぞ、勝ったぞ。
喫茶店で祝勝会。コーヒーは、弟さんにおごってもらったので、申し訳ないといったら、優勝したら麦酒おごってと言われる。
Mkさん兄弟、Okさん、遅れてMkさんの友人も来る。
お店は全て、慶応か早稲田ファン。あちこちで野球談義。
今日の竹内投手は今シーズン最高だった。渕上選手の本塁打が効いた。一度は、優勝を諦めたのに、這い上がってきたのは、今までの慶応のパターンと違う。江藤監督は凄い。早稲田も来年は監督が変わる。早稲田はドラフト疲れだ。動きが硬かった。選手層から言えば、慶応は早稲田、明治、法政、立教の下だ。紙一重のところを勝つのは、気力と采配だ。次から次に野球の話が続く。
もう明日も勝って、優勝決定戦になる気持ちになっている。早稲田との優勝決定戦は、50年ぶり。大学一年の時、6連戦して、早稲田の安藤投手に敗れた。今度は、50年ぶりのリベンジだと叫ぶ。
私は、用事があって、明日は行けない。Mkさんも孫の子守を頼まれて珍しく行けない。弟さんとOmさんにゆだねる。
明日勝ったら、何が何でも3日の優勝決定戦は応援に行くぞ。50年ぶりのリベンジだ。
スポンサーサイト



台風の影響で、雨。風はそれ程でもない。
M会が中止になったので、時間が出来た。
Sさんは、風雨の中、映画祭に出かける。ご苦労様。

社友会懇談会用の資料を作成。打ち合わせが月曜に早まったので、少しあせっている。
「極彩色日記」と言う題で、パワーポイント33枚分作成。時間がかかる。題目だけ抜粋すると。
1・ブログを始めたきっかけ。 2・極彩色生活の始まり。 3・コーラス。 4・俳句。 5・スキー。 6・山。 7・仲間達。 8・前立腺がん手術。 9・今年一年。 10・極彩色日記Ⅱ。
案外スムーズに出来る。18頁はブログからの抜粋だから、作りやすい。
一度しゃべってみる。1時間20分以上かかる。途中に水曜会の演奏会のDVDを6、7分入れるから、1時間30分かかってしまい、長すぎる。1時間15分から20分に抑えたい。
まあ今日はこの位にしておこう。
次に配布するレジメ作り。1枚から3枚くらいと言われたが、1枚で収まる。

かなりかかってしまった。M会が中止になってよかった。中止でなければ、月曜には間に合わなかったかも。

「でんごんばん」住所録の作成に入る。
住所録そのものは、全てデータを貰っているので、変更と確認のみで直ぐに終る。
ここで止めて置けば簡単だったが、色気が出る。
今歌っている「街」大中恩作曲の、作曲時の記事が載っている「合唱界」昭和40年11月号を貰っている。
PDFをThさんから、コピーを副団長から貰っている。これを裏表紙に載せたくなる。
記事「私の諸作品 大中恩」から「街」を抜粋すると丁度裏表紙に収まる。
PDFを加工しようとしたが、やりかたがわからず断念。
次にコピーをスキャナして、PCに取り込み加工する。切り張りするのは、初めてなので、最初は時間がかかったが何とか、一頁にまとめる。
今度は、住所録の空きにイラストで「街」シリーズを入れたくなる。
表紙は「機関車」。指揮者等の頁は、「街」。ソプラノは「水族館」。アルトは「太陽」。テナーは「橋」。バスは「コンクリート」。
夫々イラストを探して、挿入していたら午前様になってしまった。

台風接近で中止

M会が小淵沢であるが、台風が近づいており、明日は天気が怪しい。ゴルフは、雨の中をやるのかなあと思っていたら、幹事のHrさんの秘書Inさんから電話がある。台風の影響を、午前中に見極めるので、待って欲しいとの事。久しぶりのInさんの声に、もっとしゃべりたかったが、連絡先がまだあるようなので、我慢。
Sさんは、今日も東京国際映画祭。台風よ、中止よきっとと言って、出かける。

三四郎さんから、大門句会勉強会の結果が送られてきた。
切字「けり」の練習。
秋の虹岩場で飯を食べにけり
初紅葉熊避け鈴の近づけり
⇒虹の句、季語との離れぐあいはいいのですが、岩場で飯を食べたことだけでは平凡です。「食べた」がよけいなのかな。場所または飯の内容をもっと具体的に。
紅葉の句、近づけりの「けり」は切字の「けり」ではありません。「近づく」の已然形「近づけ」に完了の助動詞「り」がついたもの。けりをつけるなら「近づきにけり」。俳句としては出来ていますが、課題からははずれています。

あら、「近づけり」のけりは、切字の「けり」では、ないのか。
他の方も同じようなミスをした方がいる。
秋の雨婚礼後を片付けり  あかねさんのけりも切字ではない。

他の方の句。
山粧ふリフトは風に揺れにけり  馬空  
⇒三四郎さんの句評。スキーシーズンを待って停まっているリフトですね。人気のないスロープが目に浮かびます。
神の留守運河に波の立ちにけり  遊介  
⇒三四郎さんの筆が入った後の句。
鶏頭花百八段を上りけり     はな  
⇒三四郎さんの句評。百八とは人の煩悩の数だそうですね。鶏頭のどこかどぎつい赤と響いています。「上りけり」にかえて「下りけり」としたらまた違う句になりますね。
鳳仙花午後のチャイムの鳴りにけり  勝山
⇒散歩に出ていた道端に鳳仙花が咲いていたのか。または鳳仙花で遊んでいたのか。おだやかな秋の昼下がりが感じられます。
雨の月野良猫二匹通りけり  蒼月
⇒三四郎さんの句評。情緒があっていいですね。
月夜茸淵に大魚のひそみけり 三四郎

昼直前に、Inさんから再び連絡があり、台風の影響で、中止にするとの事。残念だが、やむを得ない。
バッグは、Inさんがゴルフ場に連絡して送り返してくれる。
ジパングで、既に切符を買っているので、キャンセルに出かける。
台風が近づいているが、まだ晴れている。

みどりの窓口で、キャンセルした後、二駅、散策。
お菓子の店で、お菓子を買う。当分楽しめそう。
ベコニア。
IMG_8477fgdf.jpg
鶏頭の花が、残っている。
IMG_8478dfgdgf.jpg
ダチュラ。
IMG_8479sdfsd.jpg
住吉神社でお参り。
IMG_8480dfdfg.jpg
ブレーメン通りに入る。相変わらず人込でごったがえしている。
IMG_8483rtyyrt.jpg
ペンタス。
IMG_8487sdfs.jpg

月曜日のIi先生のボイトレで始めて歌うイタリア歌曲「Caro Laccio」。ひやー難しい。
発音は難しいと、前回Ii先生が発音してくれたのを録音してあるが、発音以前に、リズムがついていかない。

Sさんが帰ってきて、映画の話をしてくれる。うんうんと聞くが、香港や台湾の映画が主体なので背景や俳優がわからない。

極彩色日記

社友会懇親会用の資料つくりをする。
題名は「極彩色日記」で、ブログの話が主体。1時間20分程度の話と、10分程度の質疑応答。
水曜会演奏会のDVDから、「GLORIA」を5、6分流す予定で、世話役のOdさんにお願いしてある。
パワーポイントで30頁位作成しようと計画する。
過去のブログを眺めて、題材になりそうなのを探す。今まで過去のブログをあまり参照することはなかったが、遡ってみたら、忘れていたことが思い出されて、面白い。
題材として使う予定のブログ。
極彩色日記は、今年の5月半ばより、極彩色日記Ⅱに移っているが、以前の極彩色日記からも題材を求める。
「極彩色」 2005-04-01:初めてのブログ。
「PC事業よりはましだが」 2005-07-13 :初めて水曜会に参加。
「水曜会演奏会」 2010-07-03:5回目参加の水曜会演奏会。
「てっせん・どくだみ」 2010-10-20:水曜会の練習風景。
「俳句」 2007-01-26:俳句を始めたきっかけ。
「句会」 2007-04-17:初めての大門句会。
「草の実落とす駅舎かな」 2010-10-18:最近の大門句会。
「馬の背」 2010-01-31:白酔会スキー。
「再びオフピステ」 2010-01-20:オーストリーでのスキー。
「谷川岳」 2010-10-16:YY会の登山。
「聖岳」 2010-7-28:南アルプス登山。
「中華民国」 2010-10-5:勉強会。
「OB会」 2010-10-8:オ事OB会。
「富士平原ゴルフクラブ」 2010-10-23:若手との対抗戦。
「優勝だ」 2010-5-31:慶早戦。
「うかれ坊主」 2010-9-10:歌舞伎。
「原因判明」 2008-12-06:尿止まりの原因判明。
「今年一年」 2009-12-30:一年間を振り返って。
最後は、「スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。」で締めくくる。Sさんに怒られそうだが、これがないと締まらない。

庭のピラカンサ。
IMG_8467asdasd.jpg
アケビの実は、少し色がついたがまだ青い。
IMG_8468dasasd.jpg
コバノランタナ。
IMG_8469fdssdf.jpg

みょうが

Sさんは朝から東京国際映画祭に出かけている。
歌の練習をしていたら、Sさんが帰ってくる。ジャケットが軽くて、暖かいよと言う。着てみたら実に軽い。欲しいと聞くので、欲しいと答える。それじゃ今からユニクロに買いに行こうと言う。
あわてて準備。金土とM会で小淵沢に泊りがけで行き、土曜はゴルフなので、ゴルフ場にバックを送りたい。ジパング倶楽部で切符の購入したい。水曜会の準備をして出かける。
ゴルフバックを担ぐ。宅急便を扱っているクリーニング屋までわずかだが、肩に食い込んでくる。
次は駅前のユニクロ。Sさんが直ぐに、これよと言う。試着。早速買って、着る。うーんペアルック。二人でちょっとだけ腕組んで歩く。直ぐに駅に着いてしまいSさんと別れる。

恵比寿駅でジパングで切符を買うためみどりの窓口で並ぶ。水曜会のMsさんがいる。友達との待ち合わせだとか。
チケットを入手して、練習場に向かう。
Ydさん、Fjさん、Icさんが机を並べ、Mtさんがキーボードの設置をしている。終ったら。Mtさんは後ろで軽い夕食。先生がやって来る。男性ばかり現れて、珍しく女性は遅い。Ymさん、Tsさんが来る。Tsさんも軽い夕食。
段々、揃ってくる。テナーは、何時もどおり、Thさん、Mtさん、Fnさん、Htさんが早い。少し遅れてKsさん。遅れてNzさん、Kkさん。最後に団長。超忙しいSkさんとStさんはお休み。9名参加。優秀だね。

ピアノはNk先生が休みで、代役Hyさん。Hyさんは学校の先生なので、Hy先生と呼ばれてもおかしくない。先生も学校の先生だったので、若いときから、団では先生と呼ばれていたと言う。
Hyさんに、先生は急に代役を頼んだみたい。それでもしっかり練習してきて伴奏してくれる。忙しいのに偉い。

先生が、Nk先生から(休むと)何時聞いたかで、誰かとやりあう。Htさんが終ったことだから、どうでも良いでしょう、練習しましょうと言って切り上げる。

「鎮魂歌」大中恩作曲。
「かせきになってゆめをみている」で遅くしないと注意。半音づつ変化するリズムをしっかり歌うこと。半音の変化は未だに馴染まない。

「みょうが」新実徳英作曲。
新曲なので、譜読み。家で練習した時からリズムが取れなかったが、やはり取れない。16分音符の4連符の次に、付点八分音符、16分音符との連符と、その後に16部音符の4連符と続く。このリズムが取れない。遅れてしまう。周りは直ぐにきちんと歌いだすので、さすがだ。
ラララ練習。休憩。
汗がでてきてしまう。疲れる。
Mtさんが慣れですからと言う。

合宿の部屋割りについてHmさんより説明。飲まないで早く寝る女性は小部屋を希望して欲しいと呼びかける。男は、大部屋に入りきらず、宴会場にあふれ出るみたい。Htさんと寝袋持って廊下に寝るかと話す。冗談冗談。

「みょうが」の歌詞。歌詞のほうが多少ましに歌えるが、時々、リズムが狂ってついて行けなくなる。

「北の国から」さだまさし作曲、松下耕編曲。
譜読み。歌いやすいから難しいんだと先生が言う。
歌詞。と言ってもa、u、la、Humのみで言葉はない。

「てっせん・どくだみ」新実徳英作曲。
気持ち良く歌う。

終った。
Ydさんからバスの住所録の確認が終ったと言われる。これで全てのパートの住所録が揃った。11月には作成しなければ。

飲み会に参加。
最初は、先生の直ぐ側だったので嫌だなあと思っていたが、Smさんがずれたので、直ぐに横にずれる。先生が何嫌がってるんだと言ったが、特に理由はない。小学生の時に先生の側の側に行かないようにしたのと同じ心境。
側にFjさん、Szさん、Smさん、Ttさん、Tzさんがいる。
Fjさんとかなりおしゃべり。不思議と馬が合う。
11月の西東京の会は昔使っていた品川の中華の店を取ったので、参加を呼びかける。8名以上と言ってあるので、8名以上は参加して欲しいとTzさんに頼む。
後は、何しゃべったか良く覚えてない。Szさんに携帯持つようにと迫ったのと、Hmさんに新年会やってと頼んだのと、Ttさんのバルセロナの話はあまり聞かなかったような、Smさんに広島時代のMtさんお話を聞いたような、そんな感じかな。
そうだ、Sさんとのペアルックを散々自慢して顰蹙を買った。嬉しいものはしょうがない。

水抜き

気持ち良く目覚める。
朝食を取り、帰る準備。ごみを燃やして、荷物をまとめる。
最後に、水抜き。元栓を止めて、各蛇口を空ける。トイレや排水口には、凍結防止の液を入れる。
正月に次男とスキーに行くようなことなければ、来春までお別れ。
庭のムラサキシキブ(紫式部)。
IMG_8463saddsa.jpg
庭の林ともお別れ。
IMG_8464dasasd.jpg

出発。高原牧場の上まで行ってみようと、車で向かったが、霧が降りてきていたので途中で、引き返す。
帰りは、順調。休むこともなく、家に到着。Sさんは東京国際映画祭でいない。
作ってある煮物を食べる。

メールを開く。
別荘で苦吟した結果、あまり出来が良くないが、大門句会の練習課題をメールする。
1月に予定していた、スキー仲間との、越前蟹を食い足立美術館を見る会の都合が悪くなり、断りのメールを入れる。他にもメールを確認した結果、都合が悪くなり、断わりのメールを入れる。

社友会懇親会の打ち合わせが、早まったメールを見てあわてる。それまでに資料を持ってきて欲しいとの事。
極彩色日記の過去のブログで、使えそうなのを探す。それをパワーポイントに載せる。
1標題の極彩色日記、2ブログを始めたきっかけ、3極彩色とは、4最初の極彩色日記ブログ、5ブログを始めて良いこと、6花の名前、7アクセスしてくる人、8極彩色生活の始まり、9コーラス、10水曜会初参加のブログ、11今年の演奏会のブログ、12直近の練習風景のブログ。何とかできそうな気分になって途中でやめる。1時間20分くらいしゃべるのだから30頁くらいいるかな。

一段落してから、明日の歌の練習。
Sさんが耳元でささやくのでびっくり。イヤホーンをつけて録音を聞きながら練習していたので、気付かなかった。Sさんは東京国際映画祭の話をひとしきりしゃべる。水抜きの話は、ほんの数分。

望月高原牧場

昨夜早く寝すぎて、夜中に何度も目覚める。薪ストーブの火が消えているので、その度に注ぎ足す。薪ストーブは、見た目以外は、面倒この上ないが、Sさんがお気に入りで、他の暖房具を入れない。

夜中降っていた雨が小降りになり、やがて止む。
朝食は、カレーに味噌汁。

ちょっと歌の練習をしてから、望月高原牧場に出かける。Sさんに熊避け鈴をつけろとしつこく言われたので、バンドに鈴をつけて、チリンチリンと歩く。恥ずかしい位、大きな音がするが、誰もいないので平気。
別荘は高度1100mくらいだから、高原も1200mくらいと思うが、紅葉は、あまりぱっとしない。
月曜のせいか、車も通らないし、人っ子一人いない。別荘の住人も一台車が止まっている以外は滞在していない。
何時もの道を、牧場に向かって歩く。
あざみ(薊)がまだ咲いている。
IMG_8409fghfhg.jpg
高原牧場の休憩所に差し掛かったらドウダンツツジが色づいている。
IMG_8428gfdgdf.jpg
鐘のある小堂。向こうに蓼科山がそびえているが、雲で見えない。
IMG_8430dgfgdf.jpg
ここで休憩。
IMG_8431dfgfgd.jpg
全く誰にも会わず、人工的な音がしない。木々が風でざわめく音と、かすかに鳥の声。
向こうの浅間山も雲がかかっている。
IMG_8432dgfgfd.jpg
一句と思い捻るが、ぼんやりしてしまって、ひらめかない。ぼーと雲の流れを見ている。
どれだけぼんやりしていたか、気がついたら、雨が降り出した。晴れ間も見えるので、止むだろうと思ったが、なかなか止まない。小雨になったところで小堂を出る。更に牛がいる牧場までは、まだ上に行くが、雨の中を行くのも嫌なので引き返す。
来る時に見落とした実が綺麗。ノブドウ(野葡萄)。同じ枝から、いろんな色。
IMG_8437dfssdf.jpg
IMG_8440dssdfdsf.jpg
IMG_8442sfdsdf.jpg
IMG_8443fdggdf.jpg
IMG_8445sdfsfd.jpg
リンドウ(竜胆)が一杯咲いている。来る時は、何を見てたんだろう。
IMG_8449fggfd.jpg
草の陰の赤い実。
IMG_8452sdff.jpg
かぶれの木が色づいている。
IMG_8458dfsdfs.jpg
何時の間に雨も止んでいる。
帰ってから、ベランダの枯葉を掃除。昼飯は味噌煮込みうどん。
横になったらまたぐーと寝てしまい、目覚めたら、もう暗くなりかかっている。ここでは幾らでも寝れる。

苦吟はあきらめて、歌の練習と読書。持ってきた二冊の本は読んでしまったので、本棚の本を二冊ばかり読む。
電話で予報を聞いたら、明日の午後は、山沿いでは雪かもと言うので、早めに帰ろう。

恵の平

別荘の水抜きに出かける。最初はSさんと一緒に行く予定だったが、月曜から東京国際映画祭が始まるので、行けなくなる。Sさんは熊避け鈴をつけるように言い残して出かける。

昨日のゴルフの疲れで、午前中はぐだぐだしていて、11時頃出発。
環八も関越も空いている。すいすいと望月まで来た。お米パックとカレーの素、柿、野菜ジュースをSさんに持たされたが、これだけでは食料が足りない。Sさんは、毎日カレーにしたらと言うが、味気ない。何時も買いすぎて持ち帰るので、食料品の仕入れは最小限にする。味噌煮込みうどんと鮎の天ぷら、葡萄のみとする。

恵の平に着く。
入り口に張ってある綱の張り方が違うと気付く。誰か来たのかなと考えたら、長男が9月頃に来ている。
まだ3時なのに、もう暗い。枯葉は一杯落ちているが、紅葉してる木は少ない。
IMG_8397hghg.jpg
ベランダは枯葉で一杯。
IMG_8398ghhg.jpg
掃除しようと思ったら雨が降ってきた。
部屋の温度は、10℃以下。寒い。薪ストーブをつける。暖房は、薪ストーブしかない。
何時もは、てこずるのに一発で火がつく。
IMG_8403sdfsdf.jpg
ストーブの灰の中に隠れていた虫が出てくる。なるべく逃がしてやるが、焼け死んだのもいるだろう。可愛そう。
蒲団を引いて、Htさんから借りている蒲団乾燥機を仕込む。

長男は、机を拭かないで帰ったので、汚れている。ぶつぶつ言いながら拭き取る。何時ものSさんの心境。掃除したらしく他は綺麗。麦酒の空き缶が一杯。麦酒を飲もうかと思ったが、一人ではつまらないので止める。
お腹が空いたので、鮎の天ぷらとインスタント味噌汁(夏に来た時の残り)、野菜ジュース。
葡萄を食べたら何となくお腹一杯になる。

雨と風の音以外に何も聞こえない。TVもない、PCもない、携帯は通じない。
大門句会勉強会の課題をこなそうと頭を捻る。「けり」が課題。あまりに人工的な音がしないと、ふと気がつくと、頭の中が空っぽ。これはいけないと情景を浮かばそうとするが、何時の間にやら、今度は空想が膨らみすぎて、空を飛んだり、谷を越えたり、山を一気に登ったりしてしまう。句にならない。
2時間位、苦吟したが、成果なし。

歌の練習。録音したのを持ってきたのでそれで練習。
「てっせん・どくだみ」新実徳英作曲、「鎮魂歌」大中恩作曲の復習。
「北の国から」さだまさし作曲、松下耕編曲の予習。
さだまさしは、なかなか良いなあと、今まで練習してきた曲を歌ってみる。段々、調子が出てきて、Mtさんに言われていたあくびスタイルの歌い方を忘れて、大声でカラオケスタイルで歌う。

時々、薪を放り込む。温度は20℃位まで上がる。ストーブから出て来たのや、部屋に隠れていた虫が出てくる。動きは鈍いのであまり気にはならない。

FMラジオの音を聞きながら読書。
気がついたら、こっくり。
早すぎるが、床に入る。

富士平原GC

私が勤めていた会社の若手(と言っても既に40代後半になってしまったが。私が勤めていた頃は、30代前半の文字通り若手だった。)と私の熟年の友人達との対抗戦。何度かやっている。

Nkさんに家まで迎えに来てもらう。少し迷ったが、何とか到着。
6時過ぎに出発。途中はなしているうちにこっくりする。
富士平原ゴルフクラブに到着。若手組みのTdさん、Ysさん、Okさん、Ytさんは既に到着。会発足のそもそもの原因を作ったTdさんが同じ組で廻って良いですよねと言う。Tdさんは良いやつで好きだが、一緒に廻ると、バーディを連発され、けたたましくしゃべるので、苦手。組み合わせを変えてくれとメールしたので、言われてしまう。
このゴルフ場を取ってくれたYkさんい会う。組み合わせ変えましょうかと気を使ってくれたので、わがままを発揮して後ろの組に変えてくれと頼む。Ykさんがマスター室に頼みに行く。
やれやれこれで気楽なメンバ、Nkさん、Okさん、Ytさんと廻れる。
Tdさんが嫌われてるからなあと言う。いやいや好きなんだけどね、一緒には廻りなくないだけ。
Wtさんは、退職したばかり。宴会続きだと言う。昨夜も宴会後に、こちらに来て泊まったとそうだ。まだお酒が残っているような顔をしてると思ったら、もう飲んだみたい。

富士山が良く見える。
IMG_8379asd.jpg
富士山からの芝芽が強くて、キャディ付きでないと読みが難しいので、Ykさんがキャディ付にする。キャディは、若い女性。
最初は、箱根コース。池が手前にある。
IMG_8385sdaads.jpg
Tdさんが早速、池は越えてくださいねと憎まれ口を叩く。

ショットはまずまず。
セカンドショットのミスやら、アプローチのミスが多い。それでもパットは、キャディさんの教えを守ればまずまず。
天気は最高。
IMG_8387dsfsdf.jpg

Nkさんは、尻上がりに調子を出し、素晴しいショットを連発。スコアもまとめてくる。
Okさんは、以前とは見違えるよう。私と良い勝負だったのに。相当投資したなと言ったら、営業になったので投資したんですと言う。
Ytさんは空振りは、素晴しいスウィングだが、今ひとつ、調子が出ない。
前半が終って、前の組の調子を聞く。Ysさんが30代を出したと言う。対抗戦を勘定したら、スコアは、皆良いがYsさんの30代がきいて6点ばかり引き離されている。こちらの組はNkさんが頑張り、私をカバーして1点の勝ち。5点負けている。Ysさんは続けて30代は出ませんよと言う。頑張ろうと別れる。

後半は丹沢コース。
各所で富士山が見える。雪も見える。
IMG_8388fgddfg.jpg
最初は、Nkさんも私も大叩きして、5点も差がつく。そこからNkさんは凄くて8回中、7回がパー。追いつく。
しかし私がOBを出したりして、追い越せない。
キャディが金時山と言う。
IMG_8392sadasd.jpg
Okさんは、見違えるようなのが続く。奥さんからパチンコするより、ゴルフがいいと理解あるそうだ。
Ytさんは、アルコールが入ったら、俄然調子が出てくる。ショットがばしばし決まりだす。
こうなるともう駄目。パットはキャディが親切に教えてくれるので、何とか持ちこたえているが、アプローチでミスが多い。
富士山は雲がかかってくる。雪も見える。
IMG_8394gdfdfg.jpg
寒くなってくる。
終った。私のせいで1点負け。前半とあわせてチャラ。
ところが前の組のYsさんがまた30代を出して、惨敗。

風呂に入る。
また満足すべき内容ではないが、気分は何故か悪くない。

上がってから、対抗戦の確認。総合的に13点の負け。
毎回、熟年組みが負けているので、次は年齢ハンディをつけようと提案。4人で70歳以上年齢差があるんだから、一人3点ハンディを貰うことにする。
Wtさんが次回は泊りがけでやりましょうと言うので、皆が賛成する。
泊りがけだとWtさんの独壇場になりそうだが、まあいいか。

帰りもNkさんに送ってもらう。車中、色々話が出来て、良かった。



西東京の会

この前、表に出したプランターの秋咲き球根の花が咲いた。名前は分からない。
IMG_8375jggh.jpg
ホトトギス(杜鵑草)。
IMG_8378sdfds.jpg

昨日、聞いた社友会懇親会の資料作成に取り掛かる。Webが使えない部屋なので、ブログをそのまま活用と言う安易な方法が駄目になった。パワーポイントで作成しようと久しぶりにいじくる。最初は、戸惑ったが、段々思い出してきて、ブログをコピーして読み込めばかなり簡単に資料が出来るのに気がつく。話の流れを大体決めてあるので、出だしのブログを始めたきっかけや、極彩色の由来、ブログを始めてよかったことなど書く。最初のブログと直近のブログを比較。次にコーラスを始めたきっかけや、最初の練習日や、直近の演奏会のブログなどを引っ張り出して資料を作る。11頁作成。
後は、俳句、スキー、山、勉強会、仲間達、歌舞伎・よしもと、前立腺がん手術など極彩色生活の具体例をブログで紹介。最後にSさんに感謝してしめくくるつもり。Sさんは嫌がるだろうな。

西東京の会へ行く時間になったので、打ち切る。

西東京の会。
蒲田の番屋。蒲田の駅で、Fjさんが迎えてくれたので驚く。事務局長のTzさんから店を間違えそうだからと案内役で来てくれたそうだ。大先輩に申し訳ない。
お店には、既にTzさん、Twさん、Fjさん、Ydさんが来ている。後は、遅れるだろうと乾杯。
しばらく談笑していたら、Wtさん、Hmさん、Tsさんが次々と現れ、そのたびに乾杯。更にMrさん、Smさんがかなり遅れて現れる。最後にOgさんが現れて、席が満杯になる。
Wtさんはお孫さんの誕生で子守の合間を縫って参加。ストレスが溜まっていたという。わっはっはと大笑いしてストレス発散できたみたい。
Mrさん、Ogさんは、初参加。仕事が終って駆けつけてくれた。隣のTwさんから若い女性が来て嬉しいでしょう。あっちばかり見てるわねとからかわれる。
Twさんはでんごんばんの先輩として、ミスを指摘される。またチェックを再開してくださいと頼んだら、もう卒業よと突き放された。
Fjさんからテナーは、今素晴しいと褒められる。私が入ったら、雰囲気が柔らかくなったと言われて、喜んだら、YdさんとSmさんから時々、音が間違っていますよと水を差される。
Hmさんは、コーラス(マネージャー)と家庭(妻と母)と、仕事と三役、四役をこなしご苦労さん。
Mrさんが、ソプラノのパートリーダーのTsさんに何とかかんとかを期待してると、席が端と端と離れているので大きな声で話している。
Ogさんにこの会の趣旨は何かと聞かれたので、Tzさんに何だっけとふる。私が酔っていい加減なことを言ったのがきっかけみたい。
4時間もわいわいと談笑。音楽談義が主体だが、楽しいことしか覚えていない。
明日は、ゴルフで5時起きなので、10時に退散。他のメンバはまだ残っている。

帰って、バタンキュー。

海賊たちの話

社友会懇親会の話の打ち合わせに出かける。11月に極彩色日記について話す予定。
世話役のOyさんと事務局のOdさんと打ち合わせ。演奏会DVDを渡して、GLORIAのパートの三つを分けて使いたいと話す。PCに乗るようにするのにどこかに頼むみたい。会議室のPCはネットを使えないようにしてあると言われる。極彩色日記のブログをWebで読み出して使うつもりだったので、目算が狂う。パワーポイントを使って欲しいと言われ、パワーポイントとDVDで行うかと考え直す。
次回の打ち合わせの日取りを決め、その時までに、パワーポイント資料と、レジメ、自己紹介の原稿を用意するようにと。忙しくなりそう。

10月講演の「海賊達の話」を聞く。Kmさんの講演。
始まる前の昼食懇親会でKuさんと話す。久しぶりに旭に行きたいと誘われる。
Khさんから、私の名前の漢字をPCで正確に書いたのは彼女だと事務方の女性を紹介される。私の名前の漢字は、微妙にPCの漢字辞書と異なり、自分でもPC上では記述できない。

仕事上、ソマリア海域の海賊とかかわったところから話が始まる。
最近の海賊事件とか、海賊の定義、対応の仕方など知らないことが多い。
歴史を騒がせた海賊達から、俄然面白くなる。
*ギリシャ・ローマ時代から地中海沿岸は、海賊の舞台。
*ヨーロッパ中世の、民族大移動とヴァイキングの侵攻・定住・・・海賊か?戦争か?
フランスへ:10Cヴァイキングがノルマンディ公国獲得。
英国へ:8C~アングロサクソン七王国を建国。
10C~デーン王朝を開いた。
12C~ノルマン王朝を樹立。
*地中海の宗教がらみの海賊/戦争?
11C~17Cキリスト教の十字軍海賊対イスラム教国のジハード海賊。
*国家公認の免状を持った海賊。
世界の金銀生産の大部分を抑えたスペインが金持ち強大国になり、英・仏などは、海賊のゲリラ戦法で、輸送海上で掠め取る国家戦略。
*植民地争奪戦の最中に暴れまくったカリブ海の無法者海賊「バッカニア」
*植民地争奪戦が落着し、殖民経営が中心課題に。⇒安全な沿岸都市と自由な航海が必須。⇒海賊は国の邪魔・有害な悪魔とされ⇒消滅へ。
*日本の水軍について
*倭寇について
最後にソマリア海賊への対応策で締めくくる。

なかなか聞かせる講演。
極彩色日記とは内容が大違いと考えていたら、次回の講演者と紹介され、あわてて挨拶する。
終わってから、Oyさんに挨拶して帰る。

Ii先生に頼まれた写真を取りに行く。(私の腕が悪くて)暗すぎてよく撮れていないが、少し修正してもらい、多少良くなる。
雨が降っており、濡れた花々が美しい。
近所の宿根朝顔。
IMG_8366fgddfg.jpg
コスモス。
IMG_8368retret.jpg
菊。
IMG_8370sfdfsd.jpg
白い金木犀?
IMG_8373asdd.jpg

てっせん・どくだみ

明日の打ち合わせ資料を作成と歌の練習。
それだけで、水曜会に出かける時間が来てしまった。

水曜会。
一番乗り。机並べを始めたら、Icさん、Ydさん、Fjさんが来る。机の並びの最後のチェックはYdさん。
テナーのMtさんがキーボード設置。私がカーテン掛け。
マネージャーのHmさんが一番忙しいが、役割分担が自然に決まっている。
Hmさんから演奏会のDVD、CDが配られる。

テナーの出席率は、相変わらず高い。新パートリーダーのMtさんの熱意の効果?!
Mtさん、Thさん、Htさん、Nzさん、Fnさん、Ksさんが早い。Nzさんは二週続けて早いので聞いたら、休みだとか。出勤の時は、早く来れませんが、すみませんと言う。休みは一番に来るのは心がけが良い。
次に、団長、Kkさんが現れる。遅れて忙しいSkさんが現れる。同僚のKmさんは(忙しくて)参加は難しいという。
最後に超多忙のStさんが現れて、全員揃う。おーと歓声が上がる。

バルセロナに行っていたTtさんが二週間ぶりに現れる。

Ii先生のボイトレ。
ボイトレは好きだ。思い切って声を出すのは気持ちが良い。
「さよなら秋」大中恩作曲の発声確認。
「おもいで」の「い」はおへその辺りに焦点をあわせるという。「あきー」の「きー」の発声練習。
ビブラードの取り方の説明。加齢によるものもあるそうだ。合宿で個別指導。

「てっせん・どくだみ」新実徳英作曲。
新曲なので譜読みから始まる。ソロのところは全員で歌う。Mtさんからソロのセカンドを推薦すろぞと恫喝されていたので、ひやひやしたがほっとする。
次にラララ。Mtさんから「みちのすみれでー」のテナーの音が取れていないと言われ、練習。
先生が、テナーはMtさんが新しくパートリーダーになってから、凄くなったと言う。誰かが前のパートリーダーは何をしてたんでしょうかと冷やかすと前のパートリーダの団長が、何してたんでしょうかと言い、大笑い。

休憩時間。
新入団のFsさんやFnさんから「でんごんばん」の記事の書き方について聞かれる。熱心で助かる。Fnさんは奥さんに書いてもらうつもりのようなので、二人分の紹介ですよと念を押す。
Htさんと奈良の話。
12月号「でんごんばん」は、新入団4人と、Adさんの函館紀行、Htさんの連載物でまとまりそうだ。
HmさんがDVDの説明や、合宿の説明をしている時に、珍しくソプラノのおしゃべりが止まらない。ついに先生が学生を諭すように声を荒げる。何しゃべってたんだろう。聞きたいくらい。
合宿のIi先生の個別指導は、各パートのパートリーダーが推薦した人で行うと先生が言う。全員を個別指導指導すると2分強しかないので、人数を絞りたいという。テナーは早速、Mtさんが参加者を募る。一杯いるみたい。私は個別に指導受けているので、遠慮しようかどうしようか迷う。

「てっせん・どくだみ」の歌詞。
先生が「はなはじぶんのうつくしさをしらないからHum-しっているからうつくしくさけるのだろうか」の歌詞に引っ掛けて、「女性は美しさを知らないから知っているから美しいのだろうか」と言い出す。女性陣はここで超かしましくなる。

「鎮魂歌」大中恩作曲。
「かたいぞコンクリート」の「クリート」のテナーの音が下がりきっていないと言われる。

「精霊流し」さだまさし作曲。松下耕編曲。
気持ち良く歌う。

終った。
飲み会参加。Mtさんから飲み会ですかえへへとからかわれる。
今日は少ない。12、3人かな。
Ttさんにバルセロナの話を聞く。もっと聞きたかったが独占は出来ない。
Szさんに携帯を持つようTtさん、Hmさんと薦める。
Tzさんと西東京の会についてどっかで話す。
後は、何の話だっけ。

帰って、演奏会DVDを寝ぼけ眼で見る。変な顔して歌っているが、社友会懇親会の話に5,6分使おうかと考えながら見る。

飲み会

社友会懇親会の資料を作ってみる。題は「極彩色日記」。このブログのこと。
資料作り出したら、ブログを始めたきっかけ、極彩色の由来、ブログをして良いこと、コーラス、俳句、スキー、山、勉強会、仲間達、歌舞伎・お能・よしもと、前立腺がん手術、Sさんと一杯ある。少し絞らないと1時間15分に収まりきらない。ブログを使って、話せばいいやと気楽に考える。パワーポイントも久しぶりに使ってみる。

近所のキャットテール。
IMG_8357dasd.jpg
野牡丹。
IMG_8359sadsd.jpg
菊。
IMG_8361sdaasd.jpg
宿根朝顔。
IMG_8363sadasd.jpg

夜は、Ydさんと横浜で飲み会。
高島屋の前で待ち合わせ。開店早々のお得なお店に行く。飲み放題が安い。
チラシには、食事つきの飲み放題でお得なコースがあったが、4人以上だった。チラシに4人以上と書いてないとYdさんがクレーム。飲み放題に食事をつけることにする。
麦酒で乾杯。後は、赤ワイン。
食べ物は、次々と頼んだが、まあ美味しい。
話は多岐にわたる。
コーラスや俳句を何故始めたかと聞かれたので、社友会懇親会の資料作成中なので、すらすらと答える。
Ydさんは、名幹事のようで、ブラジル(だったかな)に使節団で訪問した仲間(別会社の人たち)と20年も集まりを続けている。他にもいろんなところで幹事をしている。
勤務場所はいろんな場所に変わったので、子供や奥さんに随分苦労をかけたとか。私も相通ずる話。
前立腺がんも同じ時期に、手術しているので、情報交換する。
3時間近く、楽しく談笑。
また来春に会おうと別れる。楽しかった。

帰って、Sさんに男二人でしゃべると楽しいと言ったら、女性と二人では楽しくないのと言う。Sさんを別にすれば、女性と二人で談笑するのは、なかなか難しいと答える。何故かと聞かれて、回りの目がとかむにゃむにゃ答える。男女差別のつもりはないんだが。

草の実落とす駅舎かな

朝起きたら、まだ疲れが取れきっていない。今日こそ慶明戦と思ったが、やっぱり諦めて、Mkさんに断わりのメールを入れる。
ネットで応援。最初は0-3でリードされ、おまけに一回戦で押さえ込まれた野村投手なので、あやういかなと思ったが、その後、逆転。4-3で勝利。江藤監督になってから、慶応は粘り強くなった。何だか応援に行かないほうが勝つみたい。これで勝ち点3。慶早戦に優勝争いが持ち込まれた。Mkさんは大喜び。

少し休んでから、むくむくと起き出して、苦吟。
Sさんには、朝出かける時に、選句して欲しいから、間に合うように帰ってきてと頼む。

庭のヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)。
IMG_8346asdasd.jpg
わずかに残った朝顔。
IMG_8347asdads.jpg
ベコニア。
IMG_8348asdsda.jpg
ザクロの一種。
IMG_8352asdasd.jpg
宿根サルビア。
IMG_8354asdasd.jpg

Sさんがぶつぶつ言いながら帰ってくる。
友達に食事に誘われたが、選句しなくちゃいけないから帰ると言ったら、皆から、何でも頼られてるのねえと言われたという。美味しそうなとこだったのにとご機嫌斜め。まあまあとなだめて、何とか選句を頼む。時間があまりないので、選句が何時もよりおざなり。何時もは修正を加えて、それが結構評価されるのだが、今回は修正もない。今日は、Sさん頼りの効果があまり期待できない。

大門句会の集まりに出る。今日は、出席者は、小雪先生、三四郎幹事、はなさん、馬空さん、遊介さん、あかねさん7名と少ない。三四郎幹事のフォローがしっかりしているので、投句は全員参加。蒼月さん、さらさん、まーゆさん、勝山さんは投句。

兼題は「花野」秋の草花の咲きみちた野原。 「新米」今年米とも。早稲。 「芋」里芋、八頭のこと。サツマイモではない。  「駅」無季語。

山降りて草の実落とす駅舎かな  光
小雪先生普通選。三四郎さん、遊介さん選。
「草の実落とす駅舎かな」がおかしいと小雪先生が言う。三四郎さんが山降りてきて、駅舎について、草の実を落としている情景だからおかしくないと反論してくれる。小雪先生が納得して、普通選にしてくれた。

平安の君も詠いし花野かな  光
遊介さん選。
1300年前に花野と言う言葉が始めて詠まれたと、説明する。

後は、不調。
痒いよと芋洗いした亭主言い  光
散文的。

おしゃべりに雀飛び立つ花野かな  光
可愛い句ねと言われたのみ。

ケーブルの駅舎に映えるななかまど  光
「映える」が何処に映えてるのか分からない。
駅舎の窓に映えてるつもりだったが独りよがりだった。

小雪先生特選。
投句の勝山さんが大当たり。皆が相性が良すぎるとわいわい言う。
新米は水少なめと置手紙  勝山
小雪先生特選。三四郎さん、馬空さん、光選。

母煮たり鍋いつぱいの烏賊と芋  勝山
小雪先生特選。馬空さん選。
「母煮たり」が過去の話になってしまうというところが危惧。

いざ行かむ好きなシャツ着て大花野  勝山
小雪先生特選。
オーバーな表現が面白い。

駅前や小芋つついて昼の酒  三四郎
小雪先生特選。はな選。

蛸の足小芋かかへて煮られけり  三四郎
小雪先生特選。あかねさん、光選。

小雪先生の句。
新米の文字でかでかと定食屋  小雪
馬空さん、三四郎さん、光選。

気乗りせぬ見合話や芋の秋  小雪
はなさん、馬空さん選。

急行の止まらぬ駅や昼の虫  小雪
三四郎さん、遊介さん選。

食事しながら、お酒飲みながらの句会は、大門句会の真骨頂で、この句会独特。実に楽しい。

筋肉痛

今日は、Mkさんと慶明戦に行く予定。
昨日、0-4で負けているので、今日は絶対に負けられない。
何とか行こうとしたが、筋肉痛だし、体が凄くだるい。日帰り登山ならば、一晩で回復しそうな物だが、回復力が落ちている。
ぎりぎりまで、我慢していたが、Sさんが無理すると風邪がぶり返すわよと言われ、Mkさんに謝りのメールを入れる。Mkさんも風邪を引いているが、注射をうって、神宮に来たという。熱意が違う。
試合は8-0と久々に慶応打線が爆発して大勝。良かった。早稲田が連勝したので、慶応が優勝するには、後全部勝つしかない。

寝床に入ると、幾らでも眠れる。

やっと起きて、メールを開いたら、水曜会のテナーのパートリーダーのMtさんが、次に歌う「てっせん・どくだみ」のテナーソロをHtさんと私でやるように推薦するとの恐ろしいメールが入っている。じょうだんでしょうと返信したら本気と言う。楽譜を慌てて開いたら、セカンドのソロはハミングだったのでちょっと安心。甘いか。
バルセロナに語学学習に行っているTtさんから、16日間も最後の夜とメールが入っている。
ゴルフの最終案内が来ている。メンバを見たら苦手のTdさんと一緒なので組み合わせが良くないとブーイングしたら、Tdさんから誰と廻っても同じではと軽くいなされる。
KmさんからYMS温泉の会再開のメールが来ている。感謝感謝。
SrさんからUzさんの歓迎会の報告。術後、元気に回復しているとの事。

阪神タイガースがクライマックスシリーズに巨人に連敗。ああ!!!

明日は、大門句会。まだ句が出来ていないので、後は、苦吟苦吟。ひらめいてくれと神頼み。
気がついたら、真夜中。

谷川岳

YY会今年最後の登山。私の今シーズン最後の登山。谷川岳に向かう。
早朝、気をつけてねのSさんの言葉に送られて家を出る。まだ薄暗い。
東所沢の駅で、待ち合わせ。Imさん、Ybさんは来ていたが、車のMzさん、Iwさんは混んでいて、遅れている。遅れてKkさんがやって来る。ようよう車が来て、Mzさんの車に乗る。スリッパ付なのでらくちん。
秦野組は、Mn車で、Knさん、Ksさん、Hgさん。総勢10人。今回は男ばかり。

車中はこっくりしてしまう。
こちらは渋滞に嵌り遅れるが、秦野組は順調だったようで、待ち合わせ場所のサービスエリアは、もう出発している。
ようやく到着。上の駐車場は満杯と言う看板に釣られて、途中の駐車場に止まる。上に行ったら、まだ空きがあった。秦野組と合流。往復を買うか、片道だけにして下りは、きついコースの西黒尾根を降りるか迷ったが、一応、片道にする。往復のほうが400円安い。Ybさん、Kkさん、Mzさんは往復にしている。
ケーブルは、長い行列。紅葉狩りの観光客と登山客でごったがえしている。
ようようケーブルに乗れて、10分ほどで天神平に到着。標高1319m。
IMG_8260gjgj.jpg
展望台に向かうリフト。回りは紅葉。
IMG_8263iuyui.jpg
このリフトに乗るかと思ったが、登山道は別だった。
最初は木道でゆるい登り。登山者が多いのに驚く。11時に出発。
先頭は、Iwさん、Knさん、若手の2人Ksさん、Hgさん。後ろはMnさん。10人並ぶことは難しく、前と後ろに二手に分かれる。
紅葉。
IMG_8268tytyu.jpg
IMG_8277erret.jpg
IMG_8278rtyrt.jpg
向こうに谷川岳が見える。1963m。
IMG_8270tryry.jpg
高山植物も紅葉。
IMG_8279tyyt.jpg
天神峠1502mを通過すると下り。
谷川岳が近づいてくる。斜面が紅葉している。
IMG_8281tryy.jpg
45分かかって熊穴沢避難小屋に到着。1465mと天神峠よりかなり下ってしまう。ごったがえしている。若い女性の登山者が多いのに驚く。ブームなのか。それなりのしっかりした装備で体もしっかりしている。登るのが早い。
IMG_8286rtyt.jpg
IMG_8287tytyu.jpg
気がついたら、Iwさん、Knさん、若手の二人の内の一人はもういない。こう言うのはよくなよなあとぶつぶつ言って、出発。Imさんを先頭に立てたら、あっと言う間に離れてしまう。
ナナカマドの紅葉。
IMG_8289rtetre.jpg
次第に登りがきつくなる。
IMG_8292rterte.jpg
気になるのは、急速に雲が降りてきている。
IMG_8294erte.jpg
お腹が段々空いてくるが、先頭部隊がまだ休んでいる場所につかない。
IMG_8296tyrty.jpg
雲が降りてくるに従い寒くなってくる。登りも岩場があったりしてかなりきつい。
IMG_8298yutyu.jpg
天狗のザンゲ岩で休んで昼食を取り掛かっている先頭部隊に追いつく。
IMG_8299rtetre.jpg
最後尾のMnさんによると、Mzさんは途中で休息しているとか。
昼食をとる。お腹が空いていたので、納豆海苔巻きを食べたらほっとする。
登山者は多くて、ごった返している。若い女性が多いのに、驚く。
雲が降りてきて、全く何も見えなくなる。寒いので、上に更にはおる。Ybさんが寒い寒いと言う。

再び登りだす。景色は全く見えないので、ただ闇雲に登るのみ。急なガレ場に設置された階段状の道を上がると肩の小屋。
更にきつい登りを行き、ついたと思ったら、谷川岳トマノ耳1963m。最高峰のオキノ耳は先だというので、止まらずに進む。直ぐに急坂を降りるのでもったいあなあと思いながら降りる。直ぐにつくと思ったのになかなかつかない。やっと到着。先発のImさんがゆっくりしてましたねと言う。Ybさんが私が先頭だと丁度良いペースだと言う。茶化されているみたい。
オキノ耳1977m。
IMG_8304rterte.jpg
達成感はあるが、全く何も見えない。景色は素晴しいだろうなあと想像の世界。
ナナカマドの実。
IMG_8306tryry.jpg
頂上にいても寒いだけなので、直ぐに下山。
途中、西黒尾根経由で降りるのと、来た道を降りてロープウェイに乗る道に別れる。どうしますかとIwさんに聞かれるが、何も見えないし、時間も遅くなってきたし、標高差1200mを降りるのは賢明でないよと内なる神様がささやくので、ロープウェイコースと言う。(以前なら、西黒尾根に行っただろうが、手術してから少し慎重になる。)
元気な、Iwさん、Mnさん、Knさんと若手二人は西黒尾根に行くのでここで別れる。
IMG_8308ytrty.jpg
天候は、まだらで、急に雲が切れたりする。
IMG_8311yutu.jpg
天狗のとまり場で晴れたので、岩に登る。
IMG_8314utyu.jpg
ところが岩の上についたら、あっと言う間に雲の中に入る。若い男女がいて、女性がその内晴れるわよと言っている。我々年寄りは我慢できず降りてしまう。しばらく進んだら晴れたので、若い女性のほうが賢明だったなあとImさんと言い合う。
IMG_8316rtt.jpg
どんどん下る。時々、晴れると慌ててカメラを取り出す。
IMG_8323retr.jpg
雲はあっという間に降りてくる。
IMG_8325rtry.jpg
IMG_8332sdffsd.jpg
紅葉は両側に迫っている。登ってくる人はまだかなりいる。すれ違いに渋滞する。
IMG_8336fdggfd.jpg
IMG_8339dfgfg.jpg
IMG_8341rtyt.jpg
かなり速いペースで降りたので、追い抜くことが多いが、時々、若手に追い抜かれる。
まだ登ってくるのがいるので、あの人たちは一体どこで泊まるんだろうと話す。
ずんずん降りて、谷川岳も遠のいた。さようなら。
IMG_8344sfdsdf.jpg

さあ温泉、麦酒だと元気づく。
ロープウェイはかなりの渋滞。電話したらMzさんは丁度乗ったところだという。
下についてMzさんと会う。休んでから、頂上間近まで登ったみたい。結構頑張ったんだ。
西黒尾根部隊は30分は、遅れて到着するだろうと、待たずにMz車に乗って温泉に向かう。
ところが西黒尾根部隊は、ほんの少しの遅れで到着。
湯テルメ谷川。町営温泉館。
露天風呂に入る。露天風呂に行くまでにかなり冷える。風呂がぬるい。Imさんとぬるいなあといいながら入る。それでも気分が良いのでのんびりする。
内風呂でもう一度温まりなおす。洗い場がごったがえしているので、なかなか順番が来ない。並んでやっと洗う。
控え室に入り、麦酒で乾杯。全員10人揃う。運転手3人は飲めないが。
西黒尾根は険しい下りだったそうだ。行かなくて良かったですよとMnさんに言われる。

高速で食事をすることにして出発。
サービスエリアで食事。今年のYY会はこれで終り。今年は良く晴れた。昨年は雨で中止や延期が多かったが、今年は予定通りに4回実施。忘年会で再会する事を約束して別れる。
帰りの車は、Mz車。Ybさんと同乗。後ろの座席でほとんど寝ていた。
東所沢で、Iw車に乗り換えて、Kkさんと一緒。家まで送ってもらう。感謝。

Star vicino かなめ会

Sさんがいないので、ジュースは少なめに作る。
朝飯を掻き込んで、あわただしくIi先生のボイトレに出かける。以前、大遅刻したことがあるので、トラウマがあり、出かけるときは、何時もあせる。

1時間半近くかかって到着。まだIi先生は来ておらず、ほっとする。
先生が直ぐに現れ、練習が始まる。
先生が、山は何故登るのと言うので、山頂に立った時や、素晴しい景色を眺めた時とかは、普段とは違った感動を覚えると答える。登っている間に、何かホルモンが出て、恍惚した気分になる。何時もとは違った景色に見える。
演奏会で歌った時と、同じ感動かと聞かれたので、そう言えば、同じ感動だと答える。GLORIAを歌い終った時と同じと言ったら、良く分かったと言われる。

発声練習。あくびスタイルで歌う努力。時々、声が上ずる。そのたびに深く深くと指導される。
コンコーネ27番。
譜読み。ところどころ音程が怪しい。
「い」で発声する。次回も同じ27番。

イタリア歌曲「Star vicino(側にいることは)」。
「va~~~go」の「go」が上手く入れない。同じく「me~~~sto」の「sto」がだめ。タイミングが合わない。最後にやっと正しく歌えて開放。家で練習した時は、スムーズに行ったので、けつまずくとは思わなかった。
次回のIi先生主催の演奏会では、暗譜で歌えるようにと言われるが、来年の事だから、気は楽。来年は何が起こるかなんて誰もわからない。
次回は、「Caro laccio(いちしい絆よ)」。発音が難しいので、先生が発音して、なぞって発音練習する。

帰宅して、昨日するはずだった庭仕事。
朝顔を植えていたプランターを掘り起こし土再生の飼料を入れる。そこにCOOPから購入した水仙とうめばちそうの球根を植えつける。
次に裏に仕舞っていたプランターを表に出す。結構重いのと数が多いので汗だくになる。秋咲き球根は、芽が伸びている。少し遅すぎた。表に出して、土再生飼料と肥料をまく。最後に水をたっぷりかける。全部運びきれず、今日は終了。

庭の菊の仲間。Sさんは葉っぱがサボテンみたいと言うが。
IMG_8250asd.jpg
オオムラサキツユクサ(大紫露草)。
IMG_8251asd.jpg
ツルハナナス。
IMG_8252dsffds.jpg
あけびの実。まだ青い。
IMG_8253dgfgdf.jpg
ハープの一種。
IMG_8255fdg.jpg
チェリーセージ。
IMG_8259sdfsdf.jpg

体を洗ってから、かなめ会に出かける。
久しぶりの参加。
Th副社長のかなめ会会長挨拶。力強い。
清家塾長が挨拶。なかなか含蓄のある良い挨拶だったが、ちょっと長い。

今回誘ってくれたOkさんに挨拶。後で、会社の状況をいろいろ聞く。
Sm大先輩に、前立腺がんの時、いろいろアドバイスしてもらったことを感謝。
ワグネルソサイティが慶応応援歌を歌っているが、じっくり聞く間がなく、もったいない。
Idさんに会う。PEDの仲間、前回は参加できなかった。同じくPED仲間のUnさんとも会う。
横浜で以前、一緒だった若手のFjさんが来る。近況を聞く。海外で活躍しているようだ。
PC時代に世話になったOhさんが、来る。最近の企業ブランドイメージなど聞く。
先輩のYtさんに挨拶。同期の連中が出ていないと寂しそう。
同期のStさんに会う。写真の活動を活発に行っている。
Hyさんに会い、出身事業所の事を、宜しくと頼む。まだ会社人間から抜けてない。
Kzさんに久しぶりに会う。同じ前立腺がんの手術したばかり、先輩としてアドバイス。
他にもいろいろの人に会ったが、名前を思い出せない人も多い。
今年の新人が壇上に立って挨拶。40数人中、20数人が参加。

慶応応援団の応援歌が始まる。手拍子。最後は、皆で肩を組んで慶応賛歌。
気持ち良かった。

帰宅したら、Sさんが愛知から戻っていて、モダンダンスの話を一気に聞かされる。良く鑑賞してると感心した。

Sさん不在





Sさんが友人のモダンダンスを見たり、懇親したりするために、愛知のほうに泊りがけで行く。
朝、私がジュースを作り、飲んでから出かける。冷蔵庫にお蕎麦が入っているから、作って食べてとか、美味しいパンがあるわよと言って出かける。自分のことは自分で始末しなさいという割には、面倒見が良い。

話し相手もなく、日頃の疲れも出て、一休みと思ったら、ぐーと寝てしまう。
庭仕事と思ったが、明日に延期。
庭のピラカンサ。
IMG_8239adsads.jpg
ホトトギス。
IMG_8240fghfgh.jpg
デュランタ(はりまつり 台湾連翹)。
IMG_8241hgjghj.jpg
ザクロの一種。
IMG_8242ghjhjg.jpg
ハープの一種。
IMG_8244ghjjgh.jpg
ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)。
IMG_8248yryt.jpg

明日のボイトレの練習。コンコーネとイタリア歌曲「Star vicino」。イタリア歌曲は好き。つい長時間歌ってしまう。

俳句も出来ていない。この頃、情景が浮かばなくなった。何故だろう。困った。

蕎麦を食べたら、お腹一杯になる。二食分あるが、とても二食も食べられない。

録画を見て、本を読んだら、もう眠くなる。
この前、TF会で皆が9時とか10時に寝ると言っていたが、自分もその時間に眠る。何時もは、Sさんとしゃべっているから寝るのが遅くなるんだ。

月下美人 鎮魂歌

昨夜遅く、月下美人を見る。今年は暑いせいか月下美人の大当たり。特に今回は10個も蕾をつける。一昨日蓼科に行っている時に、3個咲いたようで、今日は、5個咲く。その5個を撮る。
IMG_8224ertret.jpg
IMG_8228retertret.jpg
IMG_8229erter.jpg
IMG_8231ertret.jpg
IMG_8238tyuy.jpg
今年は一杯楽しませてくれて、ありがとう。

蓼科ゴルフの疲れが出て、ぐっすり休む。
水曜会の歌の練習。テナーのパート練習の後で、成果を期待されそうだが、そんなには直ぐに出ない。あくびをするような発声だけは心がける。

水曜会。
先生が、テナーのパート練習ご苦労さんと、パートリーダーのMtさんに声をかける。Mtさんはいやいやと落ち着いていたが、キーボードのセットを忘れたところ見ると、多少緊張したか。
何を練習したかと聞かれたので、発声練習と「街」の復習と答える。「鎮魂歌」の予習はしてませんと念を押す。

何時ものように、吹き出し口にカーテンをかける。
団員の住所録を更新中なので、メールのない人と、メールの返事のない人の確認を各パートマネージャーに頼む。アルトのマネージャーのWtさんがお休みなので、Ymさんに頼む。アルトを素早くまとめて返事を貰う。アルトのGtさんから(メールを貰ったが)添付画面が開かなくて確認できずすみませんと言われる。Ydさんたちが、ワードのバージョンが違うと開かない事があると言われる。確かに以前、そのようなことがあったが、忘れていた。
テナーもマネージャーのKsさんが確認終了してくれる。
ソプラノとバスは欠席者もいるので、未確認。

テナーは、Mtさん、Fnさん、Thさん、Ksさん。若手のNzさんが早く登場したら、女性陣から歓迎の声が出る。遅れて団長、Kkさん。欠席は、Skさん、Stさん、Htさん。Skさん、Stさんは超忙しい。Htさんは出張。

「つばき・やぶかんぞう・あさがお」新実徳英作曲。
あくびするようにを心がけ発声。先生が軟口蓋を開ける様にと言うが、同じ事だろう。
パート練習の成果か、テナーは良く揃っていると先生が珍しく褒める。お世辞でも悪い気はしない。

「街」シリーズの最後の「鎮魂歌」大中恩作曲。
譜読み。テナーの低い音が多い。この作曲の頃は、テナーが低い声が良く出て、バスがたいしたことなかったと、団長と、先生が会話。我々にはわからない昔々の話。
苦手の「太陽」「機関車」に比べるとまだまし。少し慣れてきたせいもあるかもしれない。

休憩。
相変わらず、お土産のお菓子が多い。真面目に食べると、それだけでお腹一杯。
Ssさんが何時も終った後のごみ集めをしてくれる。

「鎮魂歌」の歌詞をつける。
歌っているうちに、あくび発声を忘れてしまう。あくび発声をしていると、声が溶け込んでしまうような気がする。

「精霊流し」さだまさし作曲、松下耕編曲。
歌いやすい。vocalise(u)が怪しかった。

「さようなら秋」大中恩作曲。
歌いやすき曲だが、出だしの音が少しずれた。油断大敵。

終った。まずまずで助かった。
飲み会は、昨日のゴルフ疲れで、腕や背中が痛いので欠席。
さささーと帰る。

帰ったら、残りの月下美人が咲いていたが、写真撮影は疲れていたのでやめる。

小淵沢CC

昨夜は、夜中に目は覚めたが、6時までぐっすり休んだ。
同室のYsさんが、先に起きるかと思ったが、私のほうが一瞬早かった。

朝食は、昨日、食べ過ぎたこともあり、あまり食欲がなかったが、全部平らげてしまった。
雲はあるが、気持ちよいゴルフ日和。
小淵沢CC。ロッジの向こうは八ヶ岳。
IMG_8201dfggdf.jpg
7月24日以来のゴルフ。今年8回目。
ThさんとYsさんと一緒。二組目。インのスタート。
IMG_8205gfhhg.jpg
キャディ付、カートなしは久々。
最初のドライバは当たるか心配したが、まずまず。
ところが、アプローチにむちゃくちゃミスが多い。明らかに練習不足。
パットはキャディのアドバイスに救われる。

途中、南アルプスが広がるホールがある。ゴルフそこのけで、写真を撮る。
IMG_8211fgdg.jpg
北岳も良く見える。
IMG_8212gfdgdf.jpg
Thさんは相変わらず、ショットもアプローチも凄い。あわや30台。
Ysさんはショットが時々、乱れるが、アプローチは、ラウンド慣れしている。

前半は、メロメロ。練習しないで、3ヶ月近くクラブに触ってないから、当然といえば当然。

昼飯には、早すぎるので、サンドイッチを3人で分けてつまむ。

後半、アプローチは、慣れてきたが、今度は、ショットが時々、左方向にテンプラ。
スコアが伸びそうで伸びない。
Thさんは、最初乱れたが、直ぐに安定してバーディ、パーを連発。
Ysさんは途中まで、素晴しいショットの連続だったが、後半、昨日の白駒池散策の疲れが出て、乱れる。
紅葉したドウダンツツジ。
IMG_8215rtetre.jpg
終わってしまった。まあこんなものか。

風呂に入る。何時もながら極楽。
しゅうめいぎく(秋明菊)。
IMG_8219dfgdgf.jpg

場所を変えて、表彰式。
Tsさんがステーキハウスにしたが、長老のKsさんが昼間から肉かよとぶつぶつ。
優勝は、長老Ksさん。糖尿病を、食事療法で克服。元気になった。昨日も白駒池の歩きを見るとしっかりしていた。ショットも随分飛ぶ。本人いわく前回の屈辱的成績を克服すべく、練習を重ねたとか。
準優勝は、一緒に廻ったThさん。ベスグロ。年を全く感じさせない。
3位は、地元のTsさん。手術後、完全回復。
私は、蛍、BBは免れた。ハンディに救われる。
Tmさんが不調で蛍。YsさんがBB。
次回の日程は、水曜日の練習に出られる日程で決めてもらう。皆は、ぶつぶつ言いながら従ってくれた。

楽しい二日間が終り、半年後の再開を約束して散会。

帰りは、Thさん、Tmさんと一緒に車中酒盛り。

白駒池の初紅葉

TF会に参加するために、小淵沢に出かける。
十も蕾をつけた月下美人が咲くのを見れずに出かけるのは、いささか心残り。
IMG_8152dsfsdf.jpg

新宿の駅でTmさん、Tkさんと合流。
席を一緒にする。甲府までしゃべりっぱなし。昨夜、早めに目覚めてしまったので、寝不足で、車中眠りたかったが、久しぶりの会話で話が弾む。甲府からは、普通車で、学生が多い。
小淵沢に到着。Tsさん、Ysさん、Ksさんが出迎える。
車2台で出発。Tsさんの車にKsさんと一緒に乗る。Ksさんは早めに車で着いて、小淵沢CCに車を置いてきている。

地元のTsさんの案内で、美味しい蕎麦屋に出かける。とろろ蕎麦が売り。蕎麦は大盛りでないと足りないのではと、誰かが言うが、Tsさんが普通で十分と言う。
野菜の漬物やら、茸などが付け出しで出てくる。これが美味い。
とろろがどんぶり一杯に来る。蕎麦よりも量が多い。これなら十分。お腹一杯になり、満足。

Tsさんは近所の山道の散策を提案したが、以前歩いたことがあるTmさんが嫌がる。紅葉なら、白駒池が良いよと提案し、皆が同意。白駒池は標高2,100m以上の湖としては日本最大の天然湖。
最初は紅葉が全く見られないので、大丈夫かなと思う。高度を上げるに従い、紅葉が見え出して、Tsさんも安心する。1時間半くらい、車で進み白駒池に近づいたら、大渋滞。駐車場に入るのに、待ちが出来ている。Ksさんと一緒に様子を見に行くが、行けども行けども渋滞が続いている。駐車場入るのを待っている車が、通過の車もさえぎっている。引き換えしたら、諦めて、路肩駐車をしようとしている。白駒池へ行く道の前で止める。
ここの道は、通行禁止になっているので、あまり使われていない道のようだ。坂道を行くと、山道に入る。向こうから来る人に池までの時間を聞くと40分とか言う。
登山みたいになる。普通の靴なので、滑らないように注意。
樹齢数百年の時を刻んだツガ、トウヒ、シラビソの原生林で、地上はまるで緑のジュウタンを敷きつめたような苔が一面を覆っている。
IMG_8160fghfgh.jpg
ようやく池の周辺に着く。初紅葉。今年は紅葉が遅れている。
IMG_8165iuyu.jpg
IMG_8167fgddgf.jpg
池の周りを歩く。凄い人手。登山客と紅葉狩りの客が一杯。
IMG_8170ghfgh.jpg
IMG_8190hjkkjh.jpg
IMG_8192uyiiu.jpg
途中、ロッジに入り、コーヒーを飲む。
初紅葉が堪能できて、満足。

2時間近く、歩いたので、明日のゴルフ分も歩いてしまった。
小淵沢CCのロッジは、Ysさんと同室。荷物を預けて、温泉に向かう。手拭を忘れたので、ロッジの手拭とタオルを借用。ロッジからタクシーを頼んだが、混んでいてなかなか来ない。ようやくタクシーが来て、温泉に向かう。
露天風呂にも入り、ご機嫌。
食事もここ。中華。まずは乾杯。料理を頼もうとするが、Ksさんがメニューを目まぐるしくめくるので、見ることが出来ない。ままよとお任せ。
幹事のThさんはTF会を長く続けている。実に39回目。しかしメンバが老齢化してきて、参加者が減ってくる。自分自身の体調不良や、奥さんの体調不良で参加できない人が多い。新メンバを加えようと、いろいろ提案がされる。
Ksさんはこの中では、最長老。病を克服して元気一杯。多少せっかちになってるが。コンサルタントをしている。
Tsさんは、そもそもこの会は、Tsさんが新潟に天気になったときに、Tsさんを囲む会として生まれた。北杜市に住んでいる。演奏会にも聴きに来てくれた。
Tmさんは、ゴルフは週一のペース。練習にも行く。良く飛ぶようになったが、方向が定まらないと嘆く。写真、囲碁を楽しむ。奥さんとの海外旅行も多い。
Ysさんは、唯一、私より年下。血糖値が高いので、お酒を控えたらと皆に言われているが、お酒が好き。良い飲み方だが、少し控えたほうが良いのに。

麦酒に紹興酒。
すっかり良い気持ち。ロッジに戻って、二次会を行ったが、もうあまり入らない。まぶたが開けてられない。前立腺がんの話のときだけ、むっくり起きたので、からかわれる。
9時過ぎに早々と床に入る。あっと言う間に就眠。

将軍江戸を去る

昨日、体調があまり良くなかったので、今日も続いていたら、歌舞伎に行くのは、Sさんに代わって貰おうと思った。朝、調子が良いので、私が行くよとSさんに言う。今回は珍しく、Sさんは行かずに私のみ。

庭でやっと咲きだした菊の仲間。水を凄く必要とする。
IMG_8143dasd.jpg
金木犀の香りが強い。
IMG_8144werrew.jpg

出かけようとすると、Sさんが心配して国立劇場への行き方を細々と説明する。渋谷から銀座線に乗って、半蔵門線に乗り換えたほうが近いとか、ホームの後ろ側に乗ったほうが良いとか。衣服も予備の上着を持って行くように言とか。真山青果作だから台詞が多いわよとも。

国立劇場は、以前、何度か来たことがあるが、道順が怪しいので、それらしき二人連れのご婦人の後を歩く。
「天保遊侠録」「将軍江戸を去る」が出し物。中村吉右衛門が演ずる。
IMG_8148eqwe.jpg
IMG_8149reert.jpg
国立劇場の中は歌舞伎座とは雰囲気が違う。
IMG_8151rewewr.jpg

「天保遊侠録」
「頃は天保年間。11代将軍家斉の治世。花見で賑わう向島の料理屋で、小吉(中村吉右衛門)が接待に追われている。小吉は30過ぎの偉丈夫で、なかなかの美男子だが、その実、わずか41石の小禄の旗本である。若い頃から放蕩の限りを尽くし、いまだお役にもつかず、毎日を気ままに暮らしている。
その小吉が今日は、お役につくべく、小普請組の支配頭を招いて、御番入り願いの振る舞いをしようとしている。実は一人息子の麟太郎(中村梅丸)を世に出すため、父親が無役では、いかにも世間体が悪い。小吉は幕臣たちへの接待と賄賂でお役を得ようとするが、彼らの横柄な態度に我慢ならなくなって、ぶち壊してしまう。甥の庄之助(染五郎)とどたばた騒ぎ・・・」

吉右衛門の「もらえる禄が人間の値打ちを決めるもんじゃねぇ!」は実にかっこよい。
庄之助は染五郎が演じているが、メイクアップで三枚目の顔になっており、背まで低く感じられて代役ではないのではないかと思ってしまったくらい。役者じゃのう。
子役の中村梅丸が初々しい。どんな役者に成長するのだろうか。
他に八重次に中村芝雀。阿茶の局に中村東蔵。
理屈っぽいと覚悟していたが、真山青果の作品とは思えない、テンポの速いリズムの良い心地よい作品。

「将軍江戸を去る」
「第一幕:江戸薩摩屋敷。
徳川家討伐のために官軍を率い江戸に到着し、いよいよ江戸上層攻めを控えた西郷吉之助(歌昇)は、徳川方より来訪した勝麟太郎(歌六)との会談で、総攻めの中止を決断する。
第二幕:第一場 上野の彰義隊 第二場 上野の大慈院。
しかし、上野寛永寺内に謹慎した前将軍徳川慶喜(吉右衛門)は、一方的に賊の名を着せられることに強い憤りを抱き、官軍との戦いを叫ぶ者たちにいつしか心を寄せる。 そこに訪れたのが、勝の信頼する山岡鉄太郎(染五郎)。彼は必死に慶喜へ和平を願い、その誠意と熱情とに溢れる言葉に打たれた慶喜は、ついに江戸の退去を決める。
第三場 千住の大橋。
江戸の境界である千住大橋に着いた慶喜は、苦労を供にしてきた江戸の人々と旧き時代に別れを告げ、江戸の外へ静かな一歩を踏み出す。」

西郷吉之助(歌昇)の長い長い台詞に真山青果らしさを感じる。台詞を覚えるだけでも大変だろう。歌昇はよどみなかったが、ところどころ台詞に詰まる役者もいた。
中村半次郎役の種太郎は、最初は台詞が一本調子と思ったが、見ているうちに半次郎らしさが出ていて、気持ちが良い。
勝役の歌六は、あいかわらず歯切れが良い。もっと台詞の多い役だと良かったのにと思ったくらい。
江戸の長屋の住人と魚屋のやり取りを西郷が語るところは、見え見えでも、感動する。
山岡鉄太郎の染五郎は、「天保遊侠録」の庄之助役とは、がらっと変わり、実に生きが良くてかっこいい。吉右衛門とのやり取りは奥が深く聞かせる。
昭和9年の作品だなあと思わせる台詞が少しあるが、現代でも十分楽しめる歴史物歌舞伎。
西郷と勝が、竜馬のことを語る段があるが、これは今風に付け加えたのではないだろうか。

Sさんがどうだったと聞いたので、実に面白かったと答える。

大門句会勉強会

昨夜の飲みすぎ、歌いすぎで、体の調子が悪い。
再び咳も出るし、熱っぽくもある。

昼頃まで休んだら、汗びっしょりになってしまう。
その後は、心持楽になる。

16回目の大門句会勉強会の結果が、7日夜には、送られて来ていたが、ようやくじっくり見る。
このところ不調。一時ひらめいた時もあったが、再び沈み込んだ。

畦道にお役御免の案山子かな  光
木犀の香りに道を迷うかな  光
⇒お役御免の案山子は「捨案山子」ひと言で済まして、案山子の様子をもっと述べて下さい。歳時記の例句には「目ん玉に力の残る捨案山子」など。
木犀の句、香りに誘われて横道にという句は木犀に限らずよくあります。類句をのがれるにはどこかに独自の発見が必要。

他に方の句。
筆描きの滲む目ん玉案山子かな   遊介
⇒案山子の目が泣いているようにも見えてあわれを感じます。

集落の灯りを包む刈田かな  馬空
⇒これもいいですね。収穫後のほっとした時期でしょうか。

石畳濡れて黒々石榴かな  蒼月
⇒取り合わせですが色の対比があざやかです。

寝坊して朝の冷たき葡萄かな  あかね
⇒これでいいです。

桟橋の手摺りにもたれ秋日かな  はな
⇒秋の静かな気分が出ています。

舟ついて秋の蚊とまるへさきかな  三四郎
台風の真下の島の灯りかな  三四郎

庭の月下美人の蕾が10個も出てきた。何時咲くのだろう。
IMG_8139sdasd.jpg

チェリーセージ。
IMG_8141sdasda.jpg

ハープの一種。
IMG_8140sasa.jpg

OB会





朝顔の網棚をしまう。暑い暑い夏の間中、楽しませてくれた。
IMG_8135hggjh.jpg
Sさんが二階の手すりに縛った紐を外して出かける。私は、ゆっくり起きて、朝顔を網ごと、ゴミ袋にしまう。これにはコツがあるが何年もやっているので手馴れたもの。ゴーヤも一緒。一個残ったゴーヤがあったので採る。その後、落ちた種を拾う。こっちのほうが時間がかかってしまう。
庭の金木犀。
IMG_8132asddsa.jpg
ベゴニア。
IMG_8134hfhg.jpg
タマスダレ(玉簾)。
IMG_8136asdds.jpg
ホトトギス(杜鵑草)。
IMG_8138fgddfg.jpg

OB会に出かける。
行く途中でAkさんに会う。熱海のゴルフが終わってから、風呂にも入らずに駆けつけてきた。
11年間続けてくれたTy幹事が引退して、Skさんにバトンタッチしたが、なかなか開催せず、とうとうOB会もつぶれたかと思ったら、急遽Nmさんに交代して、開催してくれた。Nmさんは初参加でいきなり幹事。幹事ぶりも板についていてほっとする。新人の頃に、幹事をしてもらったが、その時は、はらはらしっぱなしであったが、年季が入って名幹事になりそう。
最初の乾杯の挨拶は、11年間続けてくれたTy幹事に感謝。また無事卒業して極彩色に入られたので、お祝いする。公私とも大変お世話になった。
Ktさんも無事、極彩色に入ったので、お祝い。最初の1年間はリズムが狂うので、体調管理に注意するようアドバイス。
わいわいと賑やかに始まる。18名の参加。
TyさんからOB会の懐かしい写真集を譲り受ける。11年前からの記録。
Hdさんが始めての女性会員。11年目にして待望の女性が参加してくれた。Nkさんの同僚。
Wtさん:お寺めぐりにあちこち飛び回っている。社友会懇親会では奥さんのことをしゃべれと言う。
Akさん:やくざ映画が大好き。社友会懇親会で話した時は、やくざ映画については触れなかったとか。
Nkさん:お子さんが小さい。まだ現役で働いている。この頃心境の変化があったみたい。
Szさん:トレーニングしてるらしくて体が締まってきた。エレクトーンに嵌っている。
Kmさん:髭を生やしてますます貫禄がついてきた。別のつぶれそうな会の幹事を頼む。
Atさん:会社経営。厳しい中、よく続いている。開き直ったか、顔が一段と良い男になってきた。
Mzさん:OB会は久しぶり。奥さんを亡くしてから、参加しなくなった。山の仲間。
Kmさん:側に座って、営業の面白い話を暴露するので笑いっぱなし。ああ愉快ああ愉快。
Kgさん:若い若いと思っていたが、今年極彩色に入る予定と言う。こっちが年取るわけだ。
Ybさん:会社時代に随分、講演用の資料を作ってもらった。山の仲間。
Hkさん:仕事が暇になったので調子が狂うという。山の仲間。
Okさん:ふけ顔(失礼)のせいか何十年前にあった時と、全く印象が変わらない。
Hyさん:事業で苦労しているみたい。顔を見たら元気そうなので安心する。

2時間の予定が、3時間近くわいわいやった。
〆はWtさん。いい仲間達。

帰ろうとしたら、Nkさんがカラオケに行こうと言う。音痴だと馬鹿にしてるでしょうが変わったんですよと言う。一緒にHdさん、Kmさん、Nmさんが来る。
カラオケはこの頃、全く行っていない。
最初にNkさんの歌を聞いて仰天。あの音痴が音程が合っている。聞いたら、Hdさんに指導をうけたとか。人は年取っても進歩するんだと感心。
Hdさんはアルトに近いソプラノで賞も貰ったことがある本格派。素晴しい声量。
Nmさんも歌うとおひねりが出るくらい摩訶不思議な歌い方だったが、中国語の歌が音程があっている。これもまいったね。
Kmさんは何時もの調子。渋い声。
私は咳も出掛かっていたので、竹内まりあの「駅」声を抑えて歌ったら、Kmさんからあれどうしたんですかと言われてしまう。
Hdさんとのデュエットのあたりから、酔いが廻ってきて、段々声を張り上げる。
2時間たっぷり歌ってしまう。
合間合間に会話も弾み、久しぶりのカラオケが楽しかった。

帰りは、Hdさんのタクシーに便乗させてもらう。車中ずっと話し込んだ。
こんなに毎日楽しいとSさんではないがぽっくりいきそう。

テナーパート練習

部屋のパキラの背が伸びて天井に届きそうになったので、切ったが、又伸びて、天井につきそうになる。やむなく机からおろす。少し余裕が出来たので、今年はこれで持つだろう。
IMG_8130asd.jpg
パキラは何年か前に雪の北海道植物園で種を貰い、植えたら上手く育った。部屋の中で育てるのは、なかなか難しく、いろんな植物を枯らしているが、パキラは今のところ成功。

テナーのパート練習。
ずっと以前に、山中湖で団長に指導して貰った時以来。
少し練習しようと歌いだしたら、とまらなくなり3時間近くも歌ってしまう。
パート練習に声が出なくなってしまうと思い打ち切る。

パート練習に行く。
Thさんが既に到着。釘の出た椅子をドライバを持ってきて直している。
Mtさんが来る。パートリーダーとして今日は仕切る。
Htさん、団長、Fnさん、Ksさんが現れ、練習が始まる。

まずは発声練習。Mtさんがピアノをひきながら発声して始まる。
あくびをする時の喉の状態で、あーと発声するから始まる。柔らかく柔らかくと強調。
いろんな発声を繰り返す。あくびと柔らかくを再三言われる。段々、馴染んでくる。30分くらい発声練習。

えっもうこんな時間なのと、歌の練習に入る。何が練習したいかと聞かれたので、一斉に「街」シリーズと答える。
気がついたら、来ているのは、セカンドばかり。Htさんはセカンドだが、時々、トップに廻るのでトップで歌う。
(セカンドが一番怪しいので)セカンド中心の練習をしましょうと言う。
「機関車」大中恩作曲。
セカンドで弾いてくれるので、当たり前だが、音が取り易い。ところどころ間違って歌っていたのに気付く。
「ラッシュラッーシュ・・・」を何度も練習。「ラッシュ」の音がずれてるとは思わなかった。

「水族館」大中恩作曲。
他のパートの前の音からとるようにと指示。例えばバス「あん」とセカンドテナーの「ぷく」。
「およぎまわるおよぎまわる」の一回目と二回目の音は一音差。
「みぎへゆこうかひだりにゆこうか」の音が上がり切ってない。

一休み。
もうこんな時間になってしまったか。時間が足りないなあ。
「太陽」大中恩作曲。
「ガボガボ・・」を何度も練習。
最後の「もえてうちゅうをたいちまえーやいちまえ」を何度も練習。段々、発声が元に戻ってきましたねと言われてしまう。
ここらで遅れてSkさんが現れる。忙しいようで来るのがやっと。「街」シリーズの練習だったと言ったら、出たかったと悔しがる。とうとうStさんとNzさんは仕事が終らず間に合わない。

「橋」大中恩作曲。
「わたれわたれわたれ・・・」を何度も練習。同じ音を維持するのは難しい。最後の「わたれー」の「れー」の音が怪しかったのがピアノで弾いて貰いはっきりした。

「しおん」新見徳英作曲。
Ksさんの要望で練習。

あっと言う間の2時間。
直ぐに成果は出ないと思うが、きっと出るだろう。私次第かな。きついな。

帰ろうとしたら、当然二次会に行くんでしょうと皆が言う。私は帰るつもりだったので、驚く。Skさんも行きたいというのでそれじゃあと皆が行く。Thさんはおなかの具合が良くないと欠席。7名でHtさんが見つけた中華の店に入る。机をくっつけて座る。
まずは麦酒でMtさんに感謝とお疲れさんと乾杯。
これがまた盛り上がる。何でこんなに盛り上がるんだろう。音楽談義が中心だが、いろんな話が飛び出す。何時も伴奏でテナーのセカンドを弾いてくれれば上手く歌えると誰かが言い大笑い。Nk先生にリベート渡して頼むかとか、たわいない話が多いが、ちょっと書けない真面目で大変な話も出る。
心地よく飲んでしまう。何でこんなに楽しいんだろう。

帰って、Sさんに楽しかったと話したら、ぽっくり行かないでよと心配されてしまった。確かにあまり楽し過ぎると天国に召されてしまうかも。

精霊流し

今日期限の大門句会勉強会課題の2句を投句。
水曜会の新曲「さようなら秋」大中恩作曲、「精霊流し」さだまさし作曲、松下耕編曲の譜読み。
他の曲も2時間位練習。

近所の菊の仲間。
IMG_8127dsfsdf.jpg

出かける。咳が出ているので、あまり無理しないようにねとSさんに釘をさされる。

椅子は、Ydさん、Fjさん、Icさんが並べている。
空調の風除けカーテンをつるす。Mtさんがキィボードをセット。
先生が、明日はテナーのパート練習だなと言う。明日のほうがきつそうと呟く。

準備体操、発声練習。
発声練習では、3パートに分かれる。倍音が聴こえてくるはずと言われるが、聴こえるような聴こえないような。

いきなり「さよなら秋」大中恩作曲の譜読み。
テナーは次第に揃ってくる。Mtさん、Thさん、Htさん、Fnさん、Ksさん、団長、Nzさん。遅れてKkさん。Stさんは最後に来たかどうか確認しなかった。Skさんは忙しくて来れず。同じく同僚のソプラノKmさんも来れず。
先生が、水曜会の演奏会DVDを聴いたという。コーラスは上手でも面白くなくては駄目だという。どこそこは下手だが面白い。上手くて面白くないのは一杯あるがつまらない。水曜会はもう少し上手くなっても良いが、・・・後は良く聞こえない。
ラララで歌ってから、歌詞をつける。

「橋」大中恩作曲。
苦手。セカンドの音程が、時々怪しい。
分かれないところでも「ちきゅうのぢしんにたえている」と一オクターブ下がって、半音ずつ移動するところが何度もやり直し。
バスの後に「みんなー」の音が、バスから変調するので取りにくい。
明日のパート練習に期待しよう。

休憩。
Ttさんはバルセロナ。先生がなんとかかんとかと余計な冗談を言う。

「精霊流し」さだまさし作曲、松下耕編曲の譜読み。
「北の国から」シリーズではやさしい曲。最初の「道化師のソネット」ではリズムについていけず、どうなるかと思ったが、この曲は歌いやすい。好きな曲でもある。
ラララを飛ばして、歌詞をつける。
先生がさだまさしのバイオリンは有名と何か話したが聞き取れず。

「つばき・やぶかんぞう・あさがお」新実徳英作曲。
何とか歌えるようになったかな。

最後に遅れてきた人のために「さよなら秋」を歌って終了。

飲み会は、明日パート練習があるし、咳も出ているので止める。
Skさん、Mtさんと帰る。
Skさんはこまくさの会に初参加すると言う。残念ながら、今回も参加できず。

中華民国の成立

午前中、大門句会勉強会の課題に取り組む。苦戦。

勉強会に出かける。
近所の野牡丹。
IMG_8126asddsa.jpg
メキシカン・セージ。
IMG_8128asd.jpg

勉強会の参加者は、Abさん、Tmさん、Fmさん、Kdさん。Kjさんは腰の治療に時間がかかりお休み。Kbさんは病気治療中。
私の中国の歴史は、近代史に入る。
清国が滅び、中華民国が成立する所から、満州事変の直前まで。時期が時期だけに好評。抜粋。
「1912年中華民国の成立。
 革命派は海外で軍資金募集活動をしていた孫文を呼び、南京の臨時大統領として迎え、中華民国の成立を宣言した。 それに対し清朝は、袁世凱を起用して革命鎮圧に当たらせた。袁世凱は直接の闘争を裂け、イギリスの仲介で革命派側と和平交渉を進めた。 袁世凱は清朝の宣統帝退位を退位させ、孫文に大統領の座をゆずる密約をせまった。実質的には少数派で、しかも内乱で分裂しかかっていた革命派はそれに対して断われなかった。
 清朝は宣統帝は退位し、清朝は滅亡した。3月、袁世凱は臨時大統領に就任した。 孫文ら革命派は、「中国革命同盟会」を母体とした「国民党」を結成して立憲共和制による議会政治を目指した。国民党は、12月の第一回国会選挙において第一党になった。 しかし、袁世凱は国民党の存在が自分の権力を脅かすものと考え、国民党の代表者宗教仁を上海駅で暗殺し、国民党員を罷免した。」
「1915年対華二十一カ条要求。
 当時、日本は国内的に不況であったため、何らかの形で打開を狙っていた、そこで日本は中国に対し、対華二十一カ条要求を提示し、国益の増大を図った。・・・ 最初は袁世凱はその要求を断っていたが、日本が圧力をかけてきたためこれに屈し、受諾した。 これを機に、中国国内では、反日運動と反袁世凱政権運動が盛んになった。」
「1919年五・四運動。
 第1次世界大戦が終結し、パリでの講和会議(ベルサイユ条約)において戦勝国日本への山東省譲渡が決まったため、反日運動がさらに高まった。 そして北京の大学生約3000人は5月4日、日本の二十一か条要求反対の激しいデモ行進を行った。(五・四運動)・・・これを機に、広範な民衆の怒りを巻き起こし、多くの中国の都市で労働者・商店のストライキが行われ、・・・この運動の広がりに圧倒された軍閥政府は、無視することが出来ず、大統領の徐世昌は親日派要人を罷免し、ベルサイユ条約の調印を拒否する事になった。」
「1921年中国共産党の成立。」
「1924年第一次国共合作(~1927年)
 孫文はソビエトの力を借り、連ソ・容共・労農援助の三大政策を実施した。(第一次国共合作という) この政策により、中国国民党は民衆の支持を得、軍事力を拡大させた。そして、帝国主義・軍閥打倒運動を推進していった。」
「1925年孫文死去。五・三十事件」
「1926年北伐の再開。」
「1927年上海クーデター。
 列強各国は、共産党の勢力を阻止するため、中国国民党の右派に多額の資金を用意し、活動支援をすると約束した。 そのため、中国国民党右派実力者の蒋介石は、同年4月12日、上海でのゼネスト・開放運動の中心であった労働者武装隊と上海総工会を解散させ、数千人の共産党員・組合活動家を虐殺した。(上海クーデター) 蒋介石は南京に国民政府を樹立した。・・・国共合作はここで破綻するに至った。」
「1928年国民党による全国統一。
済南事件。
 日本軍は北伐に干渉する為、満州軍閥の張作霖を利用し、満州の利権拡大のために国民党軍と戦わせた。しかし、張作霖が国民党軍に敗れ、反日的態度を取ると、日本軍の手により、張作霖は奉天郊外で爆死させられた。」
⇒清朝が滅んでからの中国の歴史は、激動に次、激動の歴史である。
中国との関係について、議論が色々出る。

Tmさん:「制御」で挑む争奪戦。・・・創業100周年を迎えた日立製作所が攻めの姿勢を強めている。中西宏明社長は「制御」を核に、社会インフラ市場を攻略する考えだ。ただし課題は山積。有言実行できるかを市場は注視している。
水道代抑え、有事に備える。・・・日本は水資源が豊富とされるが、それは平時の話。ひとたび大地震などの災害が起これば、水道水の供給は途絶えかねない。有事に備え、地下水を飲料化するシステムの導入が広がっている。

Fmさん:クラウドブーム前夜 舵を切ったIT各社。・・・インターネットを通じて、さまざまなIT機能やその基盤までをも供給するクラウドコンピューティングは、新たな局面を迎えようとしている。
正常血圧でも危ない人。・・・早朝高血圧は通常の高血圧より、心筋梗塞や脳卒中のリスクが2~4倍高い。

Kdさん:世界新構造ーBRICsとG20・・・中国とインドの違い。中国は歴史の大半を通じて主要部分が一つの王朝の下に統治された官僚国家だが、インドは統一されたことがほとんどなく、官僚制度も弱体だ。現在のインドの範囲が一つの統治単位になったのは19世紀中頃、イギリスによってである。・・・中国は歴史と体制に裏づけられた統一政権があり、強力な官僚機構がある。官僚の汚職が多く、担当者によって規則の変わる人治主義ともいわれるが、中央政府や共産党の指導は全国に行き届く。貧富の差は大きいが、突出した世界的富豪がいるわけでもない。沿海部には何十万社もの工場があり、「世界の工場」といわれるほどに輸出が多く、貿易は大黒字だ。 それに比べてインドの政情は揺れやすく、全国的統一は希薄だ。行政官僚は弱体で議会での政争は激しい。あらゆる分野に手を伸ばすタタ財閥や世界最大の製鉄業のミタル家のような巨大財閥がある反面、文字の読み書きが出来ない者も少なくない。・・・ロシアー知価革命に敗れた社会主義」
⇒ソ連崩壊の分析の話は実に面白く、議論を呼んだ。ちょっとここで触れられないのが残念。

Abさん:躍進する中国の鉄道。・・・中国鉄道部「わが国の鉄道の技術は、日、独、仏よりもレベルが高い」 発展する中国高速鉄道、世界トップレベルへ。
⇒中国鉄道の飛躍的な発展に驚くと同時に危機感を募らせた。先進国が50年かかって築き上げたのを5年で追いつき追い越そうとしている。
長寿を目指す食生活。・・・バランスの良い食事でボケを予防 理想的な日本の食生活を見直そう 食事のあり方で防げる血管の病気 たんぱく質やカルシュウム、カリウム、マグネシュウムなどのミネラル、そして植物繊維は、血圧を正常に保つことなどを介して、血管によい影響を及ぼす。

今回は、中国にかんする資料が多く、議論も活発で大変勉強になった。

飲み会は、咳が出るので遠慮したら中止となる。

勉強会の準備

明日の勉強会の準備をする。
清国が辛亥革命で滅び、満州事変が始まる直前まで。激動の時代。尖閣諸島問題で中国との関係が微妙な時期なので、タイミングとしては絶妙。それだけに十分調べる。意外に知らないことが多いのに驚く。

大門句会勉強会の課題をこなそうとしたが、俳句の頭になりきれず苦吟。

庭の金木犀は一日立ったら凄く良い香りを放つようになる。Sさんも匂いをかいでいる。
IMG_8122asdads.jpg
彼岸花は一番、元気が良い。
IMG_8124asdasd.jpg

歌の練習もちょっぴり。

後は、Sさんと録画を見ながら、お菓子をつまみ、お茶を飲んで、おしゃべり。至福の時。この時間が一番幸せ。

庭仕事

山行きがなくなったので、慶法戦に行っても良かったが、少し咳が出るので、応援はMkさんに任せて休む。
(結局、3-4で敗れ、2連敗。優勝が難しくなってきた。阪神も優勝を逃すし、ちょっとつきがなくなった。)
後からMkさんのメールで勝てる試合を失ったと。一戦一戦、最後まで応援しようとの事。

庭を見ていたら、はびこっている蔦が気になり、庭仕事を始める。久々の庭仕事。
庭のヒガンバナ(彼岸花)。
IMG_8112asd.jpg
ハープの一種。
IMG_8118asdasd.jpg
朝顔もそろそろ終り。
IMG_8119asdasd.jpg

まず枯れてしまった斑入りおかめ蔦を処分。鉢植えも地植えも枯れてしまった。暑かったせいかな。
ホトトギスに覆い被さっている冥加を切る。
ホトギス。
IMG_8116sasa.jpg
雑草の蔦がはびこっているのを除去。足場の難しいところに生えているので、草花を踏まないよう転ばないように注意しながら抜く。 
プランターの雑草を取る。
これだけで大きなゴミ袋が二つ。

疲れてしまい、ここまで。球根の植え付けもしたかったが、咳が出るので無理はしない。

Sさんが金木犀が咲きかかってるわよと言う。まだ蕾だが、かすかに金木犀の匂い。
IMG_8120adsasd.jpg

社友懇親会の話をすることになったので、少しPRのメールを送る。こうして追い込まぬと真面目に準備しないので。

慶応敗れたり

慶法戦に行く。
Mkさんは用事で来られないので、代わりに応援。
奮発してネット裏で見る。1回の攻撃が終ったところに入る。2安打を放ちながら無得点。
2回も竹内投手がヒットしながら後続続かず。法政は、加賀美投手、慶応は竹内投手。
力投する竹内投手。
IMG_8026sdffsd.jpg
2回までノーヒットに抑えていた竹内投手が3回加賀美投手に打たれた後、長谷川選手に本塁打を打たれ2点先取される。
後ろの応援席二人組みが、竹内投手はたいしたことないよとしゃべっている。コントロールのみだよと言う。高校野球を良く見ているようで、野手の動きが鈍いと、高校より落ちるよと言う。慶応は優勝したのにだらしがないと言うので、いささかむっとして後ろを振り返ったら、おっさん二人連れだった。

4回長崎捕手がヒット打つも後続続かず。
IMG_8045qweqew.jpg
5回辰巳選手が打つ。
IMG_8050rerte.jpg
得点チャンスだったが湯本選手が討ち取られる。
IMG_8054werwer.jpg
ベンチ前の江藤監督の前の円陣。
IMG_8055ewrwer.jpg
6回山崎選手がヒットするも無得点。慶応らしさが出ていない。だんだん嫌なムードが高まる。
7回の慶応応援団。若き血。
IMG_8065werwre.jpg
3回以降は竹内投手がきっちり抑えているので何とか反撃して欲しい。
IMG_8080sdfsd.jpg
9回やっと4番伊藤選手に待望のヒット。今までチャンスに打てなかった。
IMG_8082dsasd.jpg
続く山崎選手もヒット。
IMG_8086sdasd.jpg
喜ぶチアガール。
IMG_8084werwre.jpg
満塁まで行く。
伊場選手が討ち取られる間、法政の守備の乱れで1点入る。
後一点もツーアウト。辰巳選手が討ち取られ万事休す。
IMG_8098rerwe.jpg
IMG_8099saddas.jpg
負けちゃったよ。8安打と法政5安打を上回りながら勝てなかった。勝てる試合だった。

がっくりしつつも、次の日立OB美術会展に向かう。
1階に案内をくれたKtさんがいるので挨拶。
Ktさんの力作4点。
クリフォード・ピア風景。
IMG_8104erwwer.jpg
チャイナタウンの屋根。
IMG_8102sdfsdf.jpg
浅草二丁目交差点付近。
IMG_8104erwwer.jpg
浅草仲見世通り。
IMG_8107sdfsdf.jpg
他の知人の絵を鑑賞。
Itさん、Kgさん、Kdさん、Kwさん、Tsさん、Twさん、Foさん。絵を画く人は多いなあと感心する。自分も書きたいが時間をひねり出せない。

Ktさんとワインを飲みながら談笑。Skさんご夫妻もいる。Skさんも絵を画く。今度絵画展に行くと約束。
Okさんが現れる。Okさんはコーラスを始めたきっかけを作ってくれた二人の内の一人。歌はプロ並。
楽しかった。負けた悔しさが少し薄らぐ。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR