FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

Km夫妻と赤ちゃん

11月9日。
Km夫妻が赤ちゃんを連れて来てくれる。Sさんが駅に迎えに行く。
坂道を赤ちゃんのベビーカーで来るのは大変だったみたい。
赤ちゃんは2か月半。眼がくるっとして可愛い男の子。
ご機嫌で笑ってくれる。
Sさんがお茶とお菓子を用意して皆で頂く。
抱っこしてと言われたが、手の痺れで危いのでSさんにお願い。やっぱり抱きたくてSさんと共同で抱っこ。脚がや腕がくるっとして健康的。
Sさんは育児やお菓子の事になるとKmさんとおしゃべりがとまらない。
赤ちゃんがぐずりだすのでご主人があやす。ご主人がうまいそうだ。少し寝付く。
しばらくしてお乳の時間。おむつも代える。
再びご機嫌。良い子だなあ。
私にとってはもう中学になった仮孫ちゃん、本孫ちゃん、この赤ちゃんは三人目のお孫ちゃんみたい。赤ちゃんを連れて来てくれるだけでありがたい。
また時々赤ちゃんを連れて来てくださいと別れる。
実に楽しかった。
庭のアーカンサス。Sさんのお気に入り。
IMG_6988aaa.jpg
Sさんが貰って来た水草。
IMG_6989aaa.jpg
これもSさん気に入りのヒトツバ。
IMG_6990aaa.jpg
スポンサーサイト



用事で出かける

11月8日。
用事でSさんと出かける。まずは一つ目の用事をSさんがすませる。
病院以外で電車に乗る。
二つ目の用事はすませて食事をしようとしたが蕎麦屋以外にお店を知らない。蕎麦は唇の腫れですすることが上手くできないので敬遠。結局家で食事することに。
電車で戻って三つ目の用事。時間がかかるので本屋で待つ。本屋で立ち読みしようとしたが、永く立ってるのがつらくてベンチで休む。
クリスマスツリーがもう飾ってある。
IMG_6987aaa.jpg
三つの用事をすませて帰宅。全てSさん頼り。
庭のムベ。
IMG_6982ccc.jpg
ガザニア。
IMG_6973ccc.jpg

ようやく秋らしい

11月7日。
ようやく秋らしくなった。
水盤にメジロがやって来た、
IMG_6957aaa.jpg
ホトトギス。
IMG_6962aaa.jpg
オキザリスフラバ。
IMG_6969aaa.jpg
キンレンカ。
IMG_6976aaa.jpg
蝉の死骸。夏を頑張ったね、
IMG_6983aaa.jpg

退院後初の外来診察

11月6日。
退院後初の外来診察。Sさんに手を引いてもらって行く。
電車が座れず1時間近くたっていたので疲れた。
まずは血液検査。噂には聞いていたがこれが凄い待ち。何とか終わってリウマチ内科へ行く。
慶応大学病院は各科の間が離れていて結構歩く。入院中は車椅子だったのであっと言う間の移動だった。
リウマチ内科の先生は入院中の先生と同じグループだが、違う先生。手の痛みはやわらいだが、痺れが取れないと訴えたが痺れには良く効く薬がないみたい。血液検査の結果、腎臓の値が少し悪いが続けて観察するとのこと。貧血気味だが、これは以前からなので大丈夫。リウマチの触診、血液検査の結果は良い。
口腔外科の先生は若い先生で観察するのみで特に何もない。上唇の腫れが減ってきているのでまあいいか。
神経内科は午後からだったが早めに行って正解だった。先生は入院時と違う先生。
IMG_6952aaa.jpg
近畿大学に調べてもらってる結果待ち。痺れを訴えたがリリカで効く方もいるんですがねえと言う。リリカを増やすのは副作用の心配があるので止めましょうと。
次回は1月になる。
清算と薬を貰って終了。三つの科に診察してもらったのに血液検査以外は待ちが少なかった。
先生は丁寧。後は自然治癒をまとう。
移動でヘトヘト。月一なら我慢しよう。
病院の前庭の樹。何の樹だっけ。
IMG_6953aaa.jpg
病院に離接してる店で食事。
IMG_6955aaa.jpg
鰻重があったので美味しく頂く。
IMG_6954aaa.jpg
帰りの電車は座れたが疲れた。
駅から家までが遠いこと遠いこと。帰って歩数を見たら1万Ⅰ千歩だった。疲れるはずだ。
Sさんに手を引いてもらわなかったら無理だった。

退院のベッドの皺も身に入みぬ

11月5日。
昨日の疲れがとれないので部屋に籠る。
大門句会勉強会その329の三四郎さんの句評を見る。
兼題はあかねさん出題の「身に入む」。

◇光

身に入むや学生街の古本屋

退院のベッドの皺も身に入みぬ

⇒学生街の古本屋がなぜ身に入むのかわかりませんがさびれていたということでしょうか。それとも苦い思い出のある古本屋?

退院は本来はうれしいことですが、ベッドの皺につらかった闘病のことを思い出しているのかも知れません。

勝山さん選。

退院のベッドの皺も身に入みぬ

退院の身支度をして、自分の横たわっていたベッドの目をやる。

シーツの皺が、晴れ晴れしない気分を表している。

:学生街の古本屋が次第に寂れているのを詠みたかったが言葉足らずだった。

退院の日に今まで気にならなかったベッドの皺が病みのつらさを思い出させる。

庭のチェリーセージ。今が花盛り。

IMG_6945aaa.jpg

ヒメツルソバ。

IMG_6946aaa.jpg

ガザニア。

IMG_6948aaaa.jpg

Mk夫人より譲ってもらったピンクのサルビア。

IMG_6950aaa.jpg

ルリマツリ。

IMG_6951aaa.jpg

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR