FC2ブログ

2019-07

Latest Entries

メンネルコール広友会

7月14日。
雨。
庭のピンクのサルビア。
IMG_5563aaa.jpg
ポンテテリア。
IMG_5564aaa_20190722222644716.jpg
ヘメロカリス。
IMG_5569aaa_201907222226450f8.jpg
メンネルコール広友会に出かける。
駅の燕。だいぶ大きくなった。
IMG_5570aaa_20190722222647e70.jpg
杉並公会堂大ホールに到着。
IMG_5573aaa.jpg
メンネルコール広友会、創立40周年記念第35回定期演奏会。
Ⅰ多田武彦先生の思い出
1.ディオニュソスの息子たち
2.柳河
3.石家荘にて
4.遠いところで子供たちが歌ってる
5.故地の花
6.雨後
7・雨
Ⅱ.風と浪三唱
寺嶋陸也作曲
中原中也作詞
1.心象Ⅰ
2.盲目の秋
3.心象Ⅱ
休憩
スキー仲間のMgさんとMrさんが歌ってる。
Mgさんはスキー転倒で腰を痛めて何時もと少し姿勢が違う。
Mrさんは手術後だが元気そう。
広友会はいつもより迫力があり素晴らしい。歌いなれている曲だからだろうか。
Ⅲ・思い出の曲を再び
1.シューベルト 「Die Nacht」
2.サン・サーンス「白鳥」
など。
Ⅳ.月光とピエロ
清水脩作曲
堀口大学作詞
1.月夜
2.秋のピエロ

3.ピエロ

など
Sさんも何時もより素晴らしいと言う。

終わってMrさんとMgさんに挨拶。

素晴らしかったと称賛した。

Nzさんが来てるはずなので探したが見当たらず。

Sさんとお粥やに入る。

Nzさんが会場で待ってると連絡があったのでSさんに大急ぎで探しに行ってもらう。

あえてNzさんと戻ってきたのでほっとする。

3人で楽しい食事。

音楽の話や昨日のハイキング、仕事の話、カシオペアの話など楽しい。

Nzさんは老夫婦と良く付き合ってくれて嬉しい。Sさんも楽しんでる。

お粥に満足。

IMG_5576aaa_2019072222265072e.jpg
IMG_5577aaa.jpgIMG_5578aaa_20190722222653b72.jpg

結構お腹一杯になって散会。

楽しい一日だった。

スポンサーサイト

足慣らしハイキング

7月13日。
Iwさんに足慣らしハイキングを計画してもらう。
Sさんに気を付けてよと見送られて出発。
今日はらくちんなはずだが、昨夜小学生の遠足のように興奮して眠れなかったのが心配。
大船駅に集合7名。Iwリーダーと寝坊しなかった若手のNzさん、何時ものメンバーのNkさん、Khさん、毎週山のKdさん、初参加のSzさん。
バスで今泉不動で降りる。
散在ガ池森林公園に向かう。
IMG_5517aaa.jpg
名前が凄い鎌倉湖。
IMG_5522aaa_20190722205027eec.jpg
「明治2年に潅漑用水池を築造。散在の山中にある池と言う事で散在池と称される。」
別名鎌倉湖。
IMG_5523aaa.jpg
池畔の堤から馬の背の小径へ。
IMG_5525aaa_2019072220503132c.jpg
百合が咲いてる。
IMG_5527aaa_20190722205032749.jpg
カンナ。
IMG_5531aaa.jpg
タイサンボクの花。
IMG_5534aaa_2019072220503543d.jpg
公園内から、ハイキングコースに上がる。
IMG_5536aaa_20190722205036b8e.jpg
今泉台分岐から、天園へ。変わった岩。
IMG_5541aaa.jpg
大平山への登り。
IMG_5542aaa_201907222050398b0.jpg
大平山に到着。
IMG_5544aaa_2019072220504152a.jpg
ここで記念撮影してから降りる。
IMG_5545aaa_20190722205042724.jpg
また百合が咲いてる。
IMG_5546aaa_20190722205044696.jpg
鎌倉カントリークラブを通過。
IMG_5550aaa_20190722205045f76.jpg
横浜市内最高地点。159.4m。
ここで昼食。食欲はないがKhさんの甘酒とIwさんの珈琲で流し込む。
IMG_5551aaa.jpg
百合が良く咲いてる。
IMG_5553aaa.jpg
キク科の花。
IMG_5555aaa.jpg
瑞泉寺方面に向かう。
IMG_5556aaa_201907222050513f4.jpg
明王院への道。立ち寄らない。
IMG_5560aaa_20190722205053949.jpg
Iwリーダーは朝夷奈切通に行きたそうだったが、雨が少しぱらつきかかったのと温泉に入りたいので反対。
バスで大船に向かう。満員。
大船からバスで田谷の温泉「愉快爽快」に向かう。
IMG_5562aaa_20190722205054ebf.jpg
温泉でさっぱり。
宴会は私はアルコールを避けた。わいわいと楽しく宴会。
何とか持ったよ。

Mrさんを囲む会

7月12日。
Mrさんを囲む会に出かける。
行く途中のミリオンベル。
IMG_5492aaa_20190715204036f49.jpg
駅の燕の雛。うまく育ってほしい。
IMG_5496aaa.jpg
場所を間違えるといけないと幹事のHgさんと駅で待ち合わせ。Smさんも来る。
お店に到着。
IMG_5498aaa.jpg
Kyさん、Kkさん、Mrさんが到着。
Mrさんはこの店はランチで使ったことがあるとか。
Kkさんは少し迷ったみたい。
2年ぶりの集まり。
Hgさんのおかげで計画してもらった。
何時もお店を開拓してくれる。まだ二社の監査役の現役。えらいなあ。
Mrさんの何時も通りのやさしさに浸ってしまう。私の最も苦しい時期に秘書をしてもらった。感謝以外の何物でもない。
Kyさんは6年間秘書をしてもらった。その後も、山などに付き合ってもらっている。中学生の息子さんに言う話が、私の中学生の仮孫ちゃんのお母さんが言ってることと同じだった。
Kkさんはこのような会の集まりの面倒を何時も見てもらっている。YMS温泉会とか忘年会など。貰った胡蝶蘭は元気に育っている。
Smさんも社長業を退任して落ち着いたようだ。まだ会社時代の部下から相談を受けている。嬉しそう。
チーズ削り。
IMG_5501aaa_2019071520404146c.jpg
明日ハイキングなのでお酒は控えた。
IMG_5502aaa_20190715204042f6f.jpgIMG_5503aaa.jpgIMG_5504aaa_20190715204045f94.jpgIMG_5505aaa.jpgIMG_5509aaa.jpgIMG_5513.jpg
楽しい集まりも終わる。
お酒を飲まなっかたので先日のように帰りに苦労しなかった。
帰って、明日に備えて早めに寝たら、何と興奮して眠れない。久しぶりのハイキングなので昔登った景色が次々と浮かんできてしまって、眠れない。参った。

神代より喉を転がす河鹿笛

7月11日。
庭のポンテテリア。
IMG_5443aaa.jpg
チェリーセージ。
IMG_5447aaa_201907151424302d1.jpg
接骨医に行く。
行く途中のセンニンソウ。
IMG_5448aaa.jpg
接骨医でマッサージと埋め針。右側の方が特に痛い。
矢上川の亀の親子?
IMG_5454aaa.jpg
今年は鯉がなかなか下流に向かわない。
IMG_5455aaa_20190715142434f49.jpg
カルガモの群れ。
IMG_5457aaa_20190715142436394.jpg
また亀が。
IMG_5465aaa_20190715142437779.jpg
コサギが餌をあさってる。
IMG_5466aaa.jpg
サボテンの花。
IMG_5474aaa_201907151424407a1.jpg
日吉公園のヒメオウギスイセン。
IMG_5479aaa_20190715142441a1d.jpg
ハマユウ。
IMG_5486aaa_2019071514244335a.jpg
帰って、大門句会勉強会その319の三四郎さんの句評を見る。
兼題は夢路さん出題の「河鹿」。

◇光

笛のみで姿を見せぬ遠河鹿

神代より喉を転がす河鹿笛

⇒「遠河鹿」はそういうものでしょう。

神代というと天地開闢からの神々の時代ですね。その時代から河鹿は鳴いていたということですか。そう考えればご苦労様と言いたくなりますね。
:遠河鹿の言葉の説明だった。
笛のみで姿を見せぬ朝河鹿
万葉人も河鹿を楽しんだと聞いたので詠んでみた。
私の選句。

◇野里子

映写機の襖に向けて河鹿宿

⇒昔の八ミリ映写機でしょうか。山間の宿の暗い部屋に集まって記録映画を見ている。高校や大学のクラブの合宿のようなイメージです。
:発想が違うなあ。

◇はな

朝市に寝癖の髪や河鹿宿

⇒宿の玄関スペースで地元の野菜や山菜などをならべて朝市が開かれている。寝癖の髪のままで(たぶん浴衣のまま)のぞいている人がいた。

:寝癖と河鹿の取り合わせとは発想が違う。

◇馬空

湯治場の橋は朱塗や夕河鹿

⇒渓流沿いに湯治の温泉場があるのでしょう。宿下駄をつっかけて橋を渡ると河鹿の鳴き声が聞こえる。山の日暮れは早い。

:橋を朱塗りとしたところが面白い。

Asさんとの会

7月10日。
庭のヘメロカリス。
IMG_5423aaa.jpg
キンレンカ。
IMG_5425aaa_20190714213715a60.jpg
Asさんとの会に出かける。
近所の百合。
IMG_5426aaa.jpg
駅舎の燕。
IMG_5428aaa_2019071421371846b.jpg
大手町の駅の出口を間違えてしまい。迷う。
IMG_5429aaa.jpg
響に到着するのに遅れてしまった。
おまけに座るのに滑ってしまい、おい大丈夫かとMgさんに言われてしまう。
この会は、本来は私が幹事で愛知でお世話になったAsさんを歓迎するはずだったが、私がもたもたしてついつい歓迎されるべきAsさんにお世話になってしまった。
Asさんは愛知ではHOTSが大変お世話になった。今は社長でご苦労されてると思うがそんなことは微塵も見せない。愛知の時に山に登らなければ友の会の会長をしないと言ったらしくて、真面目に愛知の低山の会に毎回参加してもらった。体形から言ってくたばることを期待したがこれが健脚で二番手でさっさと登り、圧倒された。
Mgさんはいろいろ話題には事欠かない。旭のスキー部を再稼働させ、その流れで白酔会が続いてる。もう40年近くのお付き合い。コーラスにひきづりこまれたのもMgさん。志賀で転んで圧迫骨折をして腰が痛くて不調をかこってる。私もリウマチで怪しいので来シーズンのスキーは危うい。
Trさんは山梨の住人。珍しく饒舌で罪のない話をする。Sさんを愛してると言うのは後ろめたいだろうと言う。心底愛してると言うとどうかしてるよと言う。奥さんは染色作家の素敵な方だ。
Mnさんはスキーと山の仲間。一時体調を崩され大丈夫かなと思った時期もあったがいまや私の方が怪しい。論語研究者で講師をしたり執筆したりしてる。奥さんは二科展の常連でSさんは素晴らしい才能と評価してる。
Hrさんはこの中では一番長い付き合い。もう50年近くなる。蓼科の住人だが、奥さんが移ってきてないので何時まで続くか危ぶまれるが、蓼科にいる間はちょくちょく遊びに行く。社長業を退任してゴルフと画業にいそしんでいる。
IMG_5430aaa_20190714213721a96.jpgIMG_5431aaa.jpgIMG_5432aaa.jpgIMG_5433aaa_2019071421372685e.jpgIMG_5435aaa_20190714213729ef2.jpg
美味しい食事とお酒ですっかり良い気持ち。
楽しい会も散会。
帰りになぜか、貧血になってしまい、何度もおりてホームで休む。ようやく混んだ電車に乗ったら、サラリーマンらしい中年の方から席を譲られた。よほどひどい顔をしてたのだろう。
帰ってSさんにマッサージをしてもらい生き返った。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR