FC2ブログ

2018-09

Latest Entries

講演会

9月18日。
仕事でお世話になったMjさんの勧めでシャクリーを始めたが、Mj夫人の勧めでYsさんの講演(セミナー)に参加。駅で待ち合わせをして会場に向かう。
IMG_2586aaa_20180921210335995.jpg 
会場はほとんど女性。初めての方はと前の席に夫人と一緒に座る。
Ysさんの話は面白くて興味を持つ。
基本として糖分→すてる、塩分→取らない、神経→考えない、寝不足→10時には寝る。他にお酒は減らす、煙草は止める。
なぜ必要かというのがわかりやすい。
質問時間が来て、いろんな方が質問を次々とする。私もマイクを渡されたのでリウマチについて質問した。何故リウマチになりやすいかと言うのでまじめなで頭の良い人と言われた。リウマチの仕組みとか対処法とか、何人も改善したとか、熱心に説明。
終わって、Ys夫人の話が続いたが、途中でMj夫人に断って帰る。
帰りのコリウス。
IMG_2588aaa_201809212103377ed.jpg 
矢上川の鯉。
IMG_2589aaa_20180921210338fa7.jpg 
コサギが休んでる。
IMG_2593aaa_2018092121034064a.jpg 
羽繕い。
IMG_2595aaa_20180921210341eaf.jpg 
カルガモ。必ずつがいでいる。
IMG_2598aaa_20180921210343954.jpg 
日吉公園を通過。
IMG_2600aaa_20180921210344f6a.jpg 
ハクモクレン。
IMG_2601aaa.jpg 
この頃、お孫ちゃんのところに暑さもあってなかなかいけない。涼しくなる10月に行こうとSさんと話し合ってる。
行けない間にもお孫ちゃんはどんどん大きくなってる。息子の奥さんから写真や動画をLineで送って貰う。息子からは休日の時にLine電話でお孫ちゃんの顔を見ながら話をしたりする。Sさんは時々、孫の写真や動画を見て喜んでいる。楽しく便利になったものだ。
スポンサーサイト

大門句会吟行、銀座裏通り

9月17日。(その2)
大門句会吟行に行く。遊介さんが計画。新橋駅に集合。肝心の遊介さんが少し遅れたが全員揃う。大門句会の幹事の三四郎さん、主宰のあゆかさんも来てる。
IMG_2526aaa.jpg 
最初に遊介さんから銀座の地図が配られる。出発。ちょっと蒸し暑い。
銀座の柳4世を通過。
IMG_2528aaa_20180920210040b79.jpg 
金春屋敷跡を通過。「室町時代から栄えたもっとも伝統ある能役者の金春家の屋敷が有った場所です。江戸時代の寛永年間には現在の銀座8丁目6番7番8番全域に相当する大きな屋敷だったようです。」
IMG_2529aaa.jpg 
煉瓦遺構碑。建物塗り替えをしていてビニールがかけてあったが、作業員の方が一時的に取り除いてくれた。
IMG_2532aaaa.jpg 
「明治になり江戸の大火を恐れた明治政府は、銀座に延べ約10kmに亘る稀有で壮大な煉瓦街を造り上げます。
残念ながら煉瓦街は関東大震災で消失しましたが、昭和63年に幻と言われた煉瓦街遺構が発掘され江戸東京博物館に収蔵されました。
この遺構が、かつての金春屋敷跡内で発掘されたことを重要視し、あえて収蔵遺構の一部をゆかりの金春通りに建立したのが、「銀座金春通り煉瓦遺構の碑」。」
IMG_2530aaa.jpg 
あゆかさんが良い句があると言う。
IMG_2535aaa_20180920210046977.jpg 金春通りを歩く。お能の金春流が話題。「現在、シテ方金春流は東京、奈良、熊本、名古屋などを地盤として活動」
IMG_2536aaa.jpg 
金春の湯。お休みだった。花街だったころは粋なお姉さんが来たのだろうか。「創業が江戸時代末期の文久3(1863)年で150年以上の歴史を持つ。」
IMG_2538aaa_20180920210049964.jpg 
豊岩稲荷神社。
IMG_2540aaa.jpg 
狭くて暗い路地に入る。
IMG_2541aaa.jpg 
神社にお参り。紅い幟旗が薄暗い中に目立つ。
江戸初期からこの地で火防神・縁結神として信仰を集め、なかでも歌舞伎役者市村羽左衛門が深く信仰したことで知られます。」
IMG_2543aaa_20180920210053cb8.jpg 
とんかつ屋の前の長い待ち行列に驚く。大阪なおみ効果と野里子さんが言う。
IMG_2548bbb.jpg 
あずま稲荷神社。
IMG_2553aaa_201809202100554ea.jpg 
戦後、あづま通りと三原小路の周辺が相次いで火災にみまわれました。そこで火災を鎮めるために「京都伏見稲荷神社」から分祀して建てられた神社だと伝えられています。」
IMG_2554aaa_20180920210056793.jpg 
ここは三原小路。
IMG_2555aaa_20180920210057cb6.jpg 
数寄屋橋公園。
IMG_2561aaa_20180920210059497.jpg 
数寄屋橋跡。数寄屋橋ここにありき 菊田一夫。
IMG_2562aaa_20180920210101311.jpg 
泰明小学校。
IMG_2564aaa_20180920210102560.jpg 
何時もは公園などで苦吟するのだが、蒸し暑いのでお店に入ることになった。
IMG_2565aaa_20180920210104cdb.jpg 
お店に入って句会が始まる。はなさんが遅れてやって来て10名揃う。4句提出。
大門句会がいいのは飲み食いしながら句会をすること。
IMG_2569aaa_2018092021010508b.jpg IMG_2568aaa.jpg 
IMG_2570aaa.jpg IMG_2571aaa_201809202138073cc.jpg IMG_2572aaa_20180920213808270.jpg 
大の苦手の吟行句会。何時もは5句作るのに二日くらいかけるのに、わずか1時間の吟行と30分強の苦吟で4句作るのは至難の業。
新涼や東稲荷の紅い旗  光
あゆかさん、三四郎さん選。
→あづま稲荷と正しく詠むべき。お稲荷さんは旗でなく、幟旗。
新涼やあづま稲荷の幟旗
:特に小路に紅い幟旗が映えたのでそのまま詠んだ。幟旗もあづまも調査不足。
久々の銀座の風や秋日和  光
あゆかさん選。
→実感がこもってる。
:銀座に来るのも久々でちょうどその時心地よい風が吹いたのを詠んだ。
秋風や色恋夢の金春湯  光
野里子さん選。
→色恋沙汰もいなくなった。
:昔は花街と言うので色恋も夢のごとしと詠んだ。
吟行の歩み進まず秋日和  光
→季語とあわない。
季語の使い方が安易と言われた。確かに季語は適当に選んでいた。
特選句、人気句。
新しきビルが断ち切る鰯雲  遊介
あゆかさん特選、勝山さん、さらさん、糸さん、馬空さん、野里子さん、光選。
→爽やかな鰯雲を断ち切ると言うのが斬新。
恋もして世に永らえて敬老日  あかね
あゆかさん、三四郎さん、馬空さん、さらさん、はなさん、光選。
→あかねさんは欠席投句。いろいろあったなあ。生きていて良かった。
とんかつにならぶ行列敬老日  三四郎
あゆかさん特選。
→吟行はその日の事を詠むのが良い。
秋日傘銀座は人を待つところ  あゆか
三四郎さん、勝山さん、さらさん、はなさん選。
重たげな引き戸の老舗秋ともし  はな
あゆかさん、三四郎さん、さらさん、野里子さん選。
爽籟や銀座路地裏藍暖簾  野里子
あゆかさん、糸さん、馬空さん、勝山さん選。
秋の蜂銀座キャバレー廃業す  馬空
あゆかさん、三四郎さん、遊介さん、野里子さん選。
直角に秋風折るる稲荷様  あゆか
三四郎さん、馬空さん、遊介さん、光選。
楽しく散会。
Sさんにどうだったと聞かれたのでむにゃむにゃと答える。

シジュウカラとメジロの水浴び

9月17日。(その1)
庭の水盤にシジュウカラがやって来た。
IMG_2505aaa_20180920082221a46.jpg 
水飲んでる。
IMG_2506aaa_20180920082222cc1.jpg 
早速水浴び。
IMG_2509aaa_20180920082223f83.jpg 
全長14.5cm。体重は14gくらいらしい。
IMG_2510aaa_20180920082225821.jpg 
「四十の雀と書いてシジュウカラ。たくさん群れるから、という説や、雀40羽分の価値があったことから名付けられたという説もあります。」
IMG_2511aaa_20180920082226edb.jpg 
シジュウカラが去って、メジロがやって来た。
IMG_2512aaa.jpg 
早速羽バタバタ。
IMG_2514aaa_20180920082229286.jpg 
全長約12 cmで、スズメよりも小さい。日本で見られる野鳥の中では、最も小さい部類に入る小鳥である。
IMG_2516aaa_20180920082231562.jpg 
水浴び大好き。
IMG_2521aaa.jpg 
目の周りの白い輪が特徴であり、名前の由来ともなっている。室町時代からメジロの名で知られている
IMG_2523aaa_20180920082234eb1.jpg 
満足げ。しばらくして飛び去った。
IMG_2524aaa.jpg 
朝の楽しいひと時である。

八中同期会

9月16日。
庭のルリマツリ。
IMG_2503aaa_20180918195958445.jpg 
ハナノトラノオ。
IMG_2504aaa.jpg 
八中同期会に行く。高田馬場のティンバー。ホテルサンルートが閉店するのでここで行うのも最後。
80歳まで毎年行って終わりとするそうだ。
少し遅れてついたら、皆席に座っていて、空いてるテーブルに一人だけ座る。
隣のテーブルにWbさんがいたので、昨年、仕事辞めようかと言っていたが、辞めたのかと聞く。辞めてもすることがないから働いてると言う。お医者さん。
同じ席にUnさんとStさんが来る。二人共働いてるので話がなかなか面白い。Unさんはこの会に来るのは初めてという。Hrさんの友人なので歓迎会に誘う。Stさんは話が面白いのでついつい話混んでしまった。
IMG_2494aaa_20180918200001829.jpg IMG_2498aaa_20180918200002cbb.jpg 
88会メンバのKnさん、Urさん、Kzさんと話す。KnさんはHrさん歓迎会の人集めをしてくれた。
Urさんは来週、テント担いで山行き。天候を心配してる。3人ともHrさん歓迎会に参加。
KzさんがHrさん歓迎は口実で、集まって飲みたいだけだと言うから、Hrさんを歓迎するんだよと言ったおいた。
Tdさんからコーラスをしていてえらいと言われる。休団中だが。
Sjさんに古い建物を残す運動してると言われる。
Myさんに同期会幹事をやらないかと勧められたが体よく逃げる。80歳の時に大々的にやりたいと言う人がいると言う。一泊で飲みたいと言うのがいるようだが、80歳になったらそんな体力無くなるよと言っておいた。まだ決めなくても良いわねと言うので慌てることはないと言っておいた。
Amさんが体に爆弾抱えてるが何とかやってると言う。
Sdさんかなあ、ダンスをしてると熱心に話す。
憧れだったKsさんともおしゃべり出来て良かった。
案外昔話をする人が少なくて面白かった。

帰ってSさんに楽しかっと報告。

刀の名されどかよわき秋刀魚かな

9月15日。
Sさんに庭仕事の合間に、花の写真を撮ってもらった。
私とは一味違う。
斑入りヤブラン。
IMG_2476aaa_201809180820107b8.jpg 
デュランタ。
IMG_2480aaa_201809180820113fd.jpg 
百日紅。
IMG_2491aaa.jpg 
斑入りヤブラン。
IMG_2492aaa_201809180820140b9.jpg 
大分遅れてしまったが、大門句会勉強会その290の三四郎さんの句評を見る。
兼題は私出題の「秋刀魚」。

◇光

刀の名されどかよわき秋刀魚かな

秋刀魚焼く大忙しの換気扇

⇒形も色も刀のようだということから秋刀魚と名付けられた。でもそんなに鋭利な感じはしない(ただし「かよわき」は言い過ぎ)。むしろ太刀魚がいかにも刀のよう。

台所の換気扇でしょう。秋刀魚の煙がつぎつぎと吸い込まれていく。「大忙し」という擬人化ではなく煙の動きをもっと描写すればなおよい。

 遊介さん選句。

刀の名されどかよわき秋刀魚かな

→ 確かに名前に刀が付いています。鋭くは見えるけれど弱そうな刀=さんまです。

 :自分で兼題を出すと力が入ってしまって、良い句にならないような気がする。他の方も言っているのでそうかもしれない。

「秋刀魚」の由来は、秋にを迎えよく獲れることと、細い柳葉形で銀色に輝くその魚体がを連想させることにあり、「秋に獲れる刀のような形をした魚」との含意があると考えられている。であり寿命は1~2年だそうだ。切れる刀が弱弱しいのでそれを詠んだ。

後句は大忙しは換気扇であり、焼く人のことを表現したつもり。

私の選句。

◇遊介

海鳥が騒ぐ大渦秋刀魚漁

⇒秋刀魚の漁場は根室沖や三陸沖。親潮の流れる海だから渦を巻くこともあるでしょう。勇壮な漁が想像できます。

:雄大な秋刀魚漁を海鳥騒ぐであらわしている。

◇野里子

陰膳の少し細めの初秋刀魚

⇒陰膳は家を長く離れている人の無事を祈って供える膳。まだ脂はあまりのっていないが初物だ。召し上がれ。

;陰膳と言う言葉を知らなかった。新鮮に感じた。

◇糸

モノクロに秋刀魚の香る小津映画

⇒小津安二郎監督の映画ですね。卓袱台をかこんで笠智衆さんや原節子さんが座り秋刀魚の夕食を食べている景が浮かびます。モノクロなのに秋刀魚のいい匂いを感じとれるということに目をつけたのが成功しています。

:糸さんはどんどん上達してる。モノクロと小津映画が良い。

◇勝山

秋刀魚選る黄色き口を目印に

⇒黄色い口は新鮮な証拠。それ以外にも眼が濁っていないとかいくつか秋刀魚選びの着眼点があるそうです。そろそろ高級魚の仲間入りをしそうな秋刀魚です。選ぶのも身が入ります。

:秋刀魚を選んだことがないので知らなかった。

◇馬空

物置の七輪重し初さんま

⇒初秋刀魚が手に入ったので物置から七輪を出してきた。やはり重いが秋刀魚は七輪で焼かなくては。あとは炭と渋うちわだ。

:この頃、七輪も見かけなくなった。

検察側の罪人

9月14日。
ファンである吉高由里子が出演しているので「検察側の罪人」を見に行く。
当初、Sさんが一緒に行ってくれるはずだったが、人間ドックの胃カメラの検査が長引いて間に合わなくなった。Sさんは友人の知り合いの大倉孝二が出演しているので既に見に行ってる。吉高さんが出ているのを知って、行きたいと言ったので付き合ってあげると言ってくれたのに残念。
センター北の映画館を探すのに少し時間がかかったが、始まるまで時間がかなりあった。
側の中華料理屋で昼食をとる。
IMG_2468aaa.jpg 
まだ時間があるのでシアターのロビーで時間をつぶす。
宮崎駿監督の作品の看板。
IMG_2471aaa_20180916212508a97.jpg 
検察側の罪人が始まる。
IMG_2470aaa_20180916221103c89.jpg 
キムタクが出てるので混むかと思ったが、平日昼間なので空いていた。それでも女性客が圧倒的だった。
かなり重い作品。ちょっと現実離れしてるような気がしたが、事実だったら恐ろしい。
インパール作戦の話が何度か出てきたが、この作戦を強行したのが牟田口司令官だったが、これをキムタク演じる最上となぞらせているのだろう。インパール作戦は恐ろしい事実。
キムタクはこういう重い作品には向いてないような気がした。彼はやはり明るいキャラ。
二宮和也はそれなりに迫力がある。Sさんは褒めていた。
吉高由里子は大好きなので贔屓目に見てまあ良かった。Sさんはまあまあねと言う。
平岳大 はSさんは上手いと褒めている。
原作を読んでみたい気もした。
帰り道の日日草。
IMG_2473aaa_20180916212509e24.jpg 
帰ってから、Sさんと感想を話しあってみたが、映画評論についてはセミプロなので見方が奥深かった。

3Y会

9月13日。
庭のハナノトラノオ。良く咲いてるのでつい撮ってしまう。
IMG_2456aaa_20180915082519251.jpg 
ポンテテリアもまた咲いたので嬉しくてつい撮ってしまう。
IMG_2457aaa_20180915082520c80.jpg 
3Y会に出かける。行く途中のキバナコスモス。
IMG_2458aaa_20180915082521ad3.jpg 
3Y会。何時もの3人。
Ydさんがお通夜に出かけるので、何時もの4時半を4時に早めに初めて、早めに終わる。
IMG_2461aaa.jpg
Ydさんは喪服を着てきた。香典を忘れて取りに引き返したそうだ。
通夜は普段着でも良いと言われたとKgさんが言うと、Ydさんが普段着で駆けつけたら皆が喪服を着ていたので戸惑ったと言う。
ワンゲルの先輩。アジア大陸を横断したそうだ。膵臓がんで亡くなった。
膵臓がんの3年生存率が15%だそうだ。どうすれば見つかるのとKgさんが聞く。Ydさんが友人から聞いた話を紹介したが、まだまだのようだ。
Kgさんは北海道に住むAoさんに電話し、なかなか通じなかったが、無事を確認。Kgさんらしい。
IMG_2462aaa_20180915082524dd0.jpg IMG_2464aaa_20180915082526c74.jpgIMG_2465aaa.jpgIMG_2466aaa_20180915082529989.jpg
Kgさんが私は元気ですねと言ってくれたが、この頃、衰えてきたと答える。
夏痩せしましたかと聞かれたので、体重を4k減らしたと答える。昨年、一昨年と入院してから腿の肉が落ちてしまい、山登るのにきついので体重を減らしたと答える。スクワットしたら戻らないのと言うので、なかなか戻らないと答える。
先日あった、大先輩のHtさん、Tnさんの話をしたら、凄いなあと感嘆。なにしろ92歳と90歳。
まだ我々は洟垂れ小僧。
トランプはどうにかならないかとか、安倍さんは次の3年は地獄になるよとか、いろいろ。
社友会に最初、ジーンズで行ったら、皆背広で決めてきて困ったら、Woさんがジーンズで来てくれていてほっとしたと話す。今度、喜寿の表彰があるので行くが、何を着ていくかと言ったら、コーラスの演奏会の格好で行けばいいじゃないかと言われた。まさか蝶ネクタイ。
ビール一杯、焼酎の水割り一杯で心地よくなった。
この会も、良く続いてる。3人の健康に感謝。

熱帯魚と月下美人

9月12日。
リウマチの定期的な診察に行く。
血液検査であまりうまくない看護師さんにぶつかってしまい、左腕で上手くいかず、右腕でやり直した。何時も血管が細いので看護師さん泣かせである。
何時もは1時間くらい待つと血液検査の結果も出て診察に入るのだが、物凄く混んでいて2時間近く待った。その間、患者さんの動きを観察するとなかなか面白い。リウマチで若い女性が診察室に入ると可哀そうだなあと思う。
やっと診察に入ったので、先生に、右手の痛みから、左手も痛くなってきたと訴えた。両肩の痛みも変化がない。先生は触診して、血液検査の結果は悪くないのでこのまま続けましょうと言う。リウマチは痛みが動くことがままありますと言う。どうも私よりもっとひどい患者さんが多いようで私は軽いようだ。
帰りに薬局に行こうとしたらお薬手帳を忘れていた。家から近いので一旦、家に戻る。
帰り道のムクゲ。
IMG_2415aaa_20180914203616b0e.jpg 
帰って一休み。
庭のハナノトラノオ。一斉に咲きだした。
IMG_2417aaa_20180914203618c36.jpg 
赤い百日紅。
IMG_2421aaa_20180914203619b83.jpg 
ポンテテリアがまた咲きだした。
IMG_2423aaa_2018091420362191f.jpg 
薬局に薬を貰いに行く。
行く途中の鶏頭。
IMG_2425aaa_20180914203622317.jpg 
歯医者にいく。奥歯の詰め物が取れてしまった。少し歩こうと出かける。
善教寺通過。
IMG_2429aaa_20180914203624f14.jpg 
ブレーメン通りを歩く。相変わらず人出が多い。
IMG_2431aaa_20180914203625b8b.jpg 
少し早めについてしまったので水槽の熱帯魚を観賞。
IMG_2432aaa_20180914203627a95.jpg 
イソギンチャクとクマノミ。
IMG_2433aaa_201809142036283ae.jpg 
海老なのかなあ。
IMG_2434aaa_20180914203630b20.jpg 
看護師さんが新しく入った魚がいますと教えてもらう。
IMG_2439aaa_201809142036314b4.jpg 
ひらひらと泳いでここに収まった。
IMG_2441aaa_2018091420363374e.jpg 
先生は歯の被せ物が取れてしまったと心配したみたいだったが、昔虫歯の後に埋めた詰め物が取れた程度だった。
Sさんが映画から戻って来ていた。キムタクの「検察側の罪人」。友人の関係者が出演してるそうで見に行ったようだ。私も誘われたが、あまり興味がなくて断った。ところが私のファンの吉高由里子が出ていた。知らずに大失敗。もう一度一緒に行ってあげてもいいわよと優しいSさんは言ってくれた。
夜にSさんに懐中電灯で照らしてもらって月下美人を撮る。
IMG_2445aaa_201809142036341c3.jpg 
今年4回も咲いてくれた。もっとも一回は朝咲き終わってるのに気付いた。
IMG_2450aaa_20180914203636994.jpg 
月下美人とは良くぞ名付けたものだ。美人薄命の典型的な花だ。
IMG_2455aaa_20180914203637a66.jpg 

七福の会

9月11日。
庭のタマスダレ。凄く咲いてる。
IMG_2402aaa_20180914195539b31.jpg 
不老長寿の実と言われるムベ。秋が楽しみだ。
IMG_2411aaa_20180914195540f48.jpg 
斑入りヤブランが満開。
IMG_2412aaa_201809141955419c5.jpg 
デュランタ。花期が長い。
IMG_2413aaa_20180914195543a5d.jpg 
七福の会に行く。
近所のマンデビラ。
IMG_2409aaa_20180914195544fa5.jpg 
大先輩であり会長のHtさんが具合が悪いので欠席と連絡があり、心配してメールしたら、大きな角材に頭をぶつけて自宅で休んでるとのこと。病院にはかかっているようだし、メールですぐに返事を頂いたので少し安心する。以前も頭をぶつけたことがあるので、状況は良く分かっておられるようだ。
もう一人の最長老Tnさんの自宅に電話して、参加を確認したら行きますと言って頂いてほっとする。
七福の会はHtさん、Tnさんがいないとまとまりを欠いてしまう。前回は、Htさん、Tnさんとも欠席されて締りのない会になってしまった。
5名の参加。
Tnさんは、北海道の発電所ダウンについてDmさんの質問に答えて、的確に回答され、さすがと皆感心する。
Dmさんは、この会では珍しく経済について熱弁を振るわれた。
亡くなられたHs先生の話をしたら、皆懐かしがっていろいろ話題が出た。私がHs先生に薫陶を受けたいきさつを話したら、Tnさんが何故、先生との関係が出来たのか初めて分かったと言ってもらった。
先生のおっしゃることはほとんど理解が出来なかったと言ったら、Sjさんが、先生のおっしゃることを理解できたのはTnさんのみだと聞いていると言う。さもありなん。
帰りにこの会は、Htさん、Tnさんあっての会だからよろしく頼むとNuさんに言われてしまった。
先輩方が昔の自慢話が全くされない会で前向きであり楽しい。

蝶とふたり

9月10日。
北海道の地震の被害は甚大な様だ。この頃、災害が次々と起こる。今まで来なかったところにも起こっている。
庭の百日紅。
IMG_2380aaa_2018091308114084d.jpg 
ピンクのサルビア。
IMG_2381aaaa.jpg 
Sさんと二科展に行く。
IMG_2387aaa.jpg 
場所は六本木の新国立美術館。
IMG_2394aaa.jpg 
Mn夫人の作品を鑑賞に行く。毎年入選されており、Sさんは大ファンで欠かさず見ている。
今回は二点出展されている。二点だされているのは優れているからだろうか。
「蝶」
Sさんいわく、構成色彩とも素晴らしく、立体的に浮き出ている。と大絶賛。
IMG_2389aaa_20180913081144bb7.jpg 
「ふたり」
こことここにふたりいるでしょうと言うが言われないと私にはすぐにわからない。
IMG_2392aaa_20180913081146fd4.jpg 
一通り他の作品も見る。工藤静香の作品も見る。一時ほど、人がたかっていなかった。
Sさんは写真展が好きなので、そちらに回る。
自然、お祭りが多いわねと言う。鳥の一瞬の動きをとらえた作品は、何時間も構えて撮ったんだろうなと想像する。
かなり長時間鑑賞したので、疲れたしお腹が減ってきた。
大好きなお寿司に向かう。
IMG_2401aaa_20180913081158a77.jpg 
お腹が空いていたのであまりしゃべらずにあっという間に平らげた。何時もながら美味い美味い。
IMG_2395aaa_20180913081149300.jpg IMG_2396aaa.jpgIMG_2397aaa_201809130811523c5.jpgIMG_2398aaa.jpgIMG_2399aaa_20180913081155560.jpg
特に会の三点盛りは二人とも大好き。
IMG_2400aaa_201809130811568b0.jpg 
お腹一杯になって帰る。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR